Agile Cat — in the cloud

だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Posted in Advertising, Baidu, Facebook, Google, Research, Social, Yandex by Agile Cat on May 30, 2014

It’s Good To Be A Search Engine
http://wp.me/pwo1E-7wX

Jay Yarow – May 14, 2014
http://www.businessinsider.com/its-good-to-be-a-search-engine-2014-5

_ Business Insider

Here’s a look at net revenue per user for a basket of big internet sites from digital media analyst Ian Maude.

以下に示すのは、デジタル·メディア·アナリストである Ian Maude から提供された、大手インターネット・サイトにおける、1人のユーザーあたりの純収益である。

_  space

Business Insider/Statista

As you can see, it’s good to be Google! It has a magic money machine called search that drums up more money per user than anyone else. That’s why the next two biggest sites on the chart, Yandex and Baidu, are also search engines.

ここから見て取れるように、Google にとって、素晴しい状況である! このサーチという錬金マシンは、他の誰よりも、1人あたりのユーザーから、多額の売上をかき集めてくる。それに続く Yandex と Baidu も、検索エンジンであるが故に、このポジションを確保している。

This is why Microsoft tried so hard to make Bing a dominant search engine. It’s also part of the reason Facebook keeps flirting with search.

また、Microsoft が Bing により、検索エンジンのマーケットを、懸命になって支配しようとした理由も見えてくる。さらに言えば、Facebook が検索に惹かれている、理由の一部にもなっている。

ーーーーー

どこかで、同じようなデータを見たことがあると思ったら、昨年の12月に 「 Google のサーチ広告は魔法の錬金マシン : それを示す1枚のチャート 」という抄訳をポストしていました。 ただし、その時は、Google とソーシャル・メディアたちの比較でしたが、今回は Yandex と Baidu が入ったことで、別の視点からの分析が可能になっているように思えます。 そして Facebook ですが、最近は検索結果に紐付いた広告が掲載されるようになってきましたね。 いま、Agile_Cat の Facebook には、Intel の SSD の広告(Amazon)が出ていますが、これは昨夜の検索結果を反映したものです。 やはり、検索は強いのですね。

ーーーーー

<関連>

Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告:それを示す1枚のチャート
オンライン広告予測:Microsoft と Yahoo を一挙に追い抜いて、Facebook が2位に大躍進?
Apple App Store と モバイル・アド の売上を比較する:それを示す1枚のチャート
Web マーケティングはトラフィックが基本:その理由を再確認しよう!

 

Comments Off on だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する

Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?

Posted in Advertising, AI ML, Google, Yandex by Agile Cat on May 16, 2014

Yandex And Google Partner To Open Up RTB Display Inventory
http://wp.me/pwo1E-7v2
Feb 26, 2014 – Ginny Marvin
http://marketingland.com/yandex-google-partner-open-rtb-display-inventory-75269

_Marketing Land

Yandex, Russia’s largest search engine, has announced a new partnership with Google that will open up display inventory to their respective advertisers. Google’s DoubleClick clients will gain access to the display ad inventory available on the Yandex Advertising Network. Likewise, Yandex advertisers will be able to enter real-time bidding auctions on the DoubleClick AdExhange.

Russia 最大の検索エンジンである Yandex だが、Googleとの新しいパートナーシップを締結し、それぞれの広告主に対して、ディスプレイ広告の枠をオープンにすると発表した。それにより、Google DoubleClick のクライアントたちは、Yandex Advertising Network 上で利用可能な、ディスプレイ広告枠にアクセスできるようになる。同様に、Yandex の広告主は、DoubleClick の AdExhange で、リアルタイムな入札オークションに参加できるようになる。

The companies say the inventory overlap is minimal. ”Google and Yandex complement each other in terms of user data, audience-targeting and bid-optimisation, with Yandex’s machine learning technology MatrixNet providing fluidity and precision to behaviour-based targeting, and Google’s cutting-edge ad display optimisation giving all market participants the best value for their money,” says the Yandex press release.

両社とも、広告枠の重複を最小限にすると述べている。「 Google と Yandex は、ユーザー・データおよび、オーディエンス・ターゲティング、入札の最適化の面において相互に補完していく。そこで用いられるのは、Yandex の機械学習テクノロジーである MatrixNet であり、振る舞いベースのターゲティングに流動性と精度を提供していく。 また、Google における最先端のディスプレイ広告により最適化が行われるため、マーケットに参加する人々は最高の経済性を得ることになる」と、Yandex はプレスリリースで述べている。

The partnership covers display ads only and does not include text-based contextual or search advertising. The partnership expands the inventory pool available in the real-time bidding (RTB) systems of both companies.

このパートナーシップが対象とするのはディスプレイ広告のみであり、テキスト・ベースのコンテキスト広告やサーチ広告は含まれない。つまり、両社の Real-Time Bidding(RTB)システムにおける広告枠が、このパートナーシップにより拡張されることになる。

In addition to being able to offer their customers bigger pools of RTB accessible inventory, both companies clearly believe it’s good business for themselves and the publishers in their networks by increasing competition and bids for popular ad spaces. As the Yandex announcement puts it, expanding the RTB-based advertising market “gives a new kick to competition and boosts the quality of advertising space – the better is the inventory, the more desirable it is for buyers, the higher bids it generates in a real-time bidding auction.”

このパート-シップにより、両社の顧客たちに対して、より大きな RTB アクセス広告枠が提供されることになる。それに加えて、人気の広告スペースにおける入札が増加することで、Yandex と Google のビジネスが拡大され、また、同ネットワーク内のパブリッシャーにも恩恵がもたらされると、両社は考えているようだ。Yandex がアナウンスメントで述べているように、RTB ベースの広告マーケットが拡大することで、「 入札における新たな競争が始まり、広告スペースの品質が向上する。 つまり、広告枠が良い状態に保たれ、RTB 入札で高値で取引され、より望ましいバイヤーに提供される」ようになるのだろう。

The companies are working on the technical implementation of the project at this point.


両社は、このプロジェクトの、ここで述べたパートにおいて、テクニカルな実装に取り組んでいる。

Related Entries

ーーーーー

TAG index日本では、あまり馴染みのない Yandex ですが、ロシアの検索エンジンとして、同国内では Google と互角に戦う強者なのです。 2014年4月の、ロシアにおける検索エンジン・トラフィックを、StatCounter から切り取ってみましたので、よろしければ ご覧ください。 その強さを感じられると思います。ちょうど、日本の Yahoo Japan や、中国の Baidu のように、Google の世界征服を阻んでいる稀有な存在なのですが、広告枠に関しては相互に乗り入れた方が効果的だと判断したようです。 この Yandex、最近では Startup という映画のモデルになったようで、だんだんと世界に知られるようになってきました。 とてもユニークな会社なので、ご興味がありましたら、Yandex カテゴリも ご参照ください。image

ーーーーー

<関連>

Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
Yandex の狙いは、Google ぬきの Google Play なのだ!
Yandex と CERN がコラボ! 機械学習と物理学は 共鳴するのか?
Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!

Comments Off on Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:世界を牛耳る同盟が誕生するのか?

Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?

Posted in .Selected, Google, Mobile, Strategy by Agile Cat on February 15, 2014

Google Is Clamping Down On The Android Open Source Project — Here’s Why
http://wp.me/pwo1E-7cM
Tony Danova – Feb. 7, 2014
http://www.businessinsider.com/these-market-share-numbers-show-why-google-is-clamping-down-on-the-android-open-source-project-2-2014-2

_ Business Insider

Google may have just opened up Chromecast for app development, but as far as Google’s signature platform Android goes, BI Intelligence finds that Google is moving in a very different direction.

Google は、Chromecast に関するアプリ開発をオープンにしたようだ。 しかし、やはり Google が約束している、Android プラットフォームについては、きわめて異なる方向へと転換し始めていると、BI Intelligence は見ている。

Android is by far the biggest smartphone platform across the globe, thanks in large part to its decision to start the Android Open Source Project (AOSP) in 2007. Back then, with zero mobile market share, Google packaged mobile services like Search, Gmail, and Maps into an open-source platform that third-party vendors and developers could fork to run on their mobile devices. Originally, AOSP was a defense tactic against an Apple mobile monopoly.

Android は世界で最大のスマートフォン・プラットフォームであるが、それを支えてきた最大の要因は、出発点である 2007年当時に、Android Open Source Project(AOSP)を選択したところにある。そのときの Google は、モバイル市場のシェアがゼロであった。したがって、サードパーティであるベンダーや開発者が、自身のモバイル・デバイス上で走らすための、フォークが可能なオープンソース・プラットフォームを提供し、その上に、Search/Gmail/Maps などのモバイル・サービスをパッケージ化することにした。もともと、AOSP は、Apple のモバイル独占に対抗するための、防御的な戦術であった。

↓ クリックで拡大 ↓

BII

Now, AOSP is expanding beyond Google’s control. Here’s a look at the underlying data from BI Intelligence:

しかし、いまの AOSP は、Google がコントロールできない範囲まで拡大している。以下に示すのは、BI Intelligence が提供する、基礎的なデータである。

  • In the fourth quarter of 2013, phones running a forked version of Android made up 25% of all global smartphone shipments, with just over 71 million units shipped, according to new data from ABI Research.
  • That’s up from 14% of smartphone shipments one year earlier.
  • AOSP is the only platform that gained significant market share over the course of the year. All other platforms, including Android, declined or were essentially flat.
  • Looking at just the Android platform, AOSP phones accounted for 32% of all Android smartphone shipments in the quarter. That’s up from 20% in the same quarter a year ago.
  • ABI Research からの最新データによると、2013年 Q4  における Android のフォーク・バージョンは、グローバルでのスマホ出荷数の 25% を占めている。
  • 昨年同期の、この数字は 14% であった。
  • この AOSP だけが、昨年を通じて大きくシェアを伸ばしたプラットフォームとなる。Android を含む、その他 すべてのプラットフォームのシェアは、横ばいもしくは下降という状況にある。
  • Android だけに絞って見てみると、2013年 Q4 における AOSP の出荷数は、その中の 32% を占めている。昨年同期は、この数字が 20% であった。

The proliferation of these forked AOSP Android devices on the mainstream market is harmful to Google’s proprietary mobile services.

マーケットの主流と言える場所で、これらの AOSP Android フォーク・デバイスが急増することは、Google プロプライエタリのモバイル・サービスにとって有害なことである。

Right now, any developer or company can use AOSP to create an alternative Android operating system that cuts Google off from significant OS revenue. Amazon’s Kindle Fire ecosystem is a prominent example. The foundation OS is Android but Amazon developed its own app store, content store, Web browser, and email services, essentially cutting Google out of several of its key services and potential revenue streams.

そして、あらゆる開発者や企業が、代替の Android OS 作成するために AOSP の利用が可能であり、それにより、Google の OS 収益が途絶えてしまうという現状がある。 Amazon Kindle Fire のエコシステムは、その顕著な例である。基礎となる OS は Android であるが、基本的に Amazonは、独自の App Store/Content Store/Web Browser/Email Services などを開発し、その主要なサービスと、収益を生み出す流れから、Google を除外している。

Because of this, Google is attempting to pivot on its open-source ideals in order to protect its platform.

そのため Google は、独自のオープンソース理念の上で旋回し、自身のプラットフォームを保護しようとしている。

Back in October, Google took a crucial step in the fight against forks by locking down Google Play Services. Now, any apps developed using Google’s proprietary APIs will only work on non-forked versions of Google’s Android OS. Running apps developed with Google’s API on a Kindle, for example, is no longer possible.

昨年の 10月には、Google Play Services から、それらのフォークを締め出すことで戦っていくという、重要な一歩を踏み出した。そして、いま、Google のプロプライエタリ API を用いて開発された各種のアプリは、Google 純正 Android OS 上で、つまり、非フォーク・バージョンのみで動作する。つまり、Google API を用いて開発され、たとえば Kindle 上で走るようなアプリは、もはや不可能となっている。

Some may argue that the proliferation of AOSP operating systems, alongside Android, has helped Google fend off stronger competition from Apple. But for Google, a growing contingent of Android users not utilizing Google services is almost as damaging as Apple grabbing a massive market share.

一部の人々は、Android OS と伴に、AOSP OS が普及していくことで、Apple との厳しい競争から、Google は保護されると主張するだろう。しかし、Google にとって、自身のサービスを利用しない Android ユーザーが偶発的に増えてしまうことは、Apple が巨大なマーケット・シェアを掴むのと同じくらい、有害なことなのである。

Disclosure: Jeff Bezos, CEO of Amazon, is an investor in Business Insider.

ーーーーー

image悪に走らない Google と、超戦略的な Android の間で、さすがの G 先生も心が揺れると思いきや、ガッチリと締め付け始めたという感じですね。確信犯的曲解なのでしょうか? この記事を訳していて、Andy Rubin が外された理由とか、いろいろと考えてしまいました。でも、まぁ、Kindle Fire の例だけではなく、たとえば Yandex などの動向も、Google としては見逃せない、、、という展開になっているのも確かです。これから暫くは、Android の内側でのファイトから、目が離せませんね!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/12月
世界のスマホ:総数の 70% 以上を Android が占有
Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!
Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている

Comments Off on Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?

Facebook の ロシア侵攻が始まる:Yandex との提携が実現!

Posted in .Selected, Facebook, Social, Yandex by Agile Cat on January 21, 2014

Facebook Makes Inroads in Russia With Yandex Partnership
http://wp.me/pwo1E-78w

By Kurt Wagner – Jan 14, 2014
http://mashable.com/2014/01/14/facebook-yandex-partnership/

_ Mashable

Facebook is turning up the heat on its quest for users in Russia.

Facebook だが、Russia のユーザーの関心を得ようと、情熱を傾け始めたようだ。

Russian search engine Yandex will now return public Facebook posts and comments in its search results as part of a partnership announced Tuesday. Yandex announced the partnership Tuesday on its website, and Facebook posts will appear for Yandex users in Russia, Ukraine, Belarus, Kazakhstan and Turkey.

そして、Russia の検索エンジンである Yandex だが、火曜日(1/14)に発表した提携の一環として、Facebook のパブリックなポストとコメントを、その検索結果に取り込むようになるようだ。このパートナーシップは、火曜日に Yandex の Web サイトでアナウンスされたものであり、今後の Facebook のポストを、Russia/Ukraine/Belarus/Kazakhstan/Turkey などの Yandex ユーザーに提供していくというものである。

Russia’s largest search engine Yandex.

The relationship is a big step for Facebook, which competes with a Russian social network called VK, or Vkontakte, a network Mark Zuckerberg called a Facebook "clone" back in October.

この提携は、VK あるいは Vkontakte と呼ばれる、Russia のソーシャル・ネットワークと競合している Facebook にとって、大きな一歩となる。 そして、このネットワークが、Mark Zuckerberg が 10月の時点で、Facebook ”Clone” と呼んでいたものである。

“They’ve made such an awesome clone of Facebook it’s been hard to beat them,” Zuckerberg said at a Y Combinator event covered by AllThingsD (now Re/Code). “It’s almost been 10 years since we started Facebook, and we still haven’t beaten them in Russia.”

「 彼らは、倒すのが難しいほどの、素晴らしい Facebook クローンを作っている。Facebook を立ち上げてから、約 10年が経つが、Russia で VK に勝ったことがないのだ 」と、AllThingsD(現在は Re/Code)が取材した Y Combinator のイベントで、Zuckerberg は語っている。

Yandex already generates more than 60% of Russia’s search traffic, according to the company’s website, and partnering with Facebook could help improve the company’s search capabilities by adding more content and getting ahead of trending topics. Yandex already partners with other social networks, including Twitter and VK, and says that it shows no allegiances, but strives to provide users as much information as possible.

Yandex の Web サイトによると、すでに同社は、Russia における検索トラフィックの 60% 以上を生成している。そして、Facebook との提携により、数多くのコンテントを追加し、また、トレンディなトピックを得ることで、自身の検索機能を向上させていくことになる。すでに Yandex は、Twitter や VK などを含む、いくつかのソーシャル・ネットワークと提携している。 そして、今回の件については、アライアンスを示すものではなく、ユーザーに対して可能な限り、数多くの情報を提供していくためのものだと、発言している。

"We don’t compete with anybody in the sphere of social networks; instead we seek to collaborate with all the players," Yandex included in its press release. "We see one of our key tasks as being the creation of social search services, using content from all the popular social networks in equal measure.”

Yandex のプレス・リリースには、「 私たちは、ソーシャル・ネットワークの分野において、誰とも競合しない。それに代えて、すべてのプレーヤーと協力し合う。そして、等距離で付き合っていく、すべての主要ソーシャル・ネットワークのコンテンツを活用することで、ソーシャル・サーチ・サービスの創造という、私たちにとっての重要な課題に取り組んでいく 」という文面が含まれている。

The benefit for Facebook, of course, is that more of its content will appear in front of potential users. The timing works well, too. You can bet many Russians and fellow Eastern Europeans will have plenty to share with next month’s Winter Olympics scheduled in Sochi, Russia.

Facebook にとってのメリットは、もちろん、より多くのコンテントを、ソーシャルに長けたユーザーたちの目の前に並べることである。そして、そのタイミングも最高だ。 来月に予定されている Sochi 冬季オリンピックで、たくさんの Russia と Eastan Europe の人々が、素晴らしい上をを提供してくれると、あなただって、信じて疑わないだろう。

The search results will only incorporate public Facebook posts: private posts and comments will not be searchable. This new feature is already available to Yandex users in all the countries mentioned above, with the exception of Turkey.

なお、この検索結果には、Facebook のパブリックなポストのみが取り込まれ、プライベートなポストとコメントは検索されない。 この新しい機能は、すでのに前述の国々で(Turkey を除く)、Yandex ユーザーから利用できるようになっている。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

Image: Andrey Rudakov/Bloomberg/Bloomberg via Getty Images

See also: 12 Facebook Statuses You Need to Retire

ーーーーー

TAG indexお互いに、最大のライバルは Google という、似たもの同士の事情があるのですから、もっと仲良くできるはずと思っていましたが、ここまで来るのに、ずいぶんと時間がかかってしまいましたね。 昨年の、Open Graph シャット・アウト事件で、両者の関係が冷え込んでしまったのかと、ちょっと心配していましたが、そんなことも無かったようで、まずは、メデタシです :)  そして、来月には、もう、ソチ五輪が始まるのですね。 最近は、こうした大規模なスポーツ・イベントのたびに、ソーシャル・メディアの底力が再確認されていく感じがします。 どんな、ソーシャル五輪になるのでしょう? それも、楽しみですね! image

ーーーーー

<関連>

Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!
Yandex の狙いは、Google ぬきの Google Play なのだ!
Yandex の Wonder は、ロシアからアメリカへ向けた観測気球なのか?
Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
Yandex と CERN がコラボ! 機械学習と物理学は 共鳴するのか?

Comments Off on Facebook の ロシア侵攻が始まる:Yandex との提携が実現!

Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった

Posted in .Selected, Google, Open Graph by Agile Cat on October 3, 2013

Google Changed Its Core Algorithm, Affecting 90% Of Search Results — And No One Noticed
http://wp.me/pwo1E-6JC

Jim Edwards Sep. 27, 2013
http://www.businessinsider.com/googles-new-humminbird-search-algorithm-2013-9

_ Business Insider

Google rolled out the most significant change to its core search algorithm a month ago and almost nobody noticed. The change is designed to handle conversation search queries, such as "How do I tie a bow tie?" as well as it handles keyword search queries, such as "White House history." It affects 90% of search results.

Google は、1ヶ月ほど前にコアとなる検索アルゴリズムを大幅に変更したが、ほとんど誰も気づいていないだろう。 そこでの変更点は、" How do I tie a bow tie ? "(ネクタイの結び方)のような会話型サーチ・クエリーに対処し、さらに、" White House history " のようなキーワード・サーチ・クエリーにも対応するためのデザインにある。 そして、これは、検索結果の 90% に影響を与えるものとなる。

sigir2006
Amit Singhal

The company officially unveiled it to the press yesterday in California: "It is really big," said Google search executive Amit Singhal.

同社は、昨日 (9/26) に California で開催されたプレス・カンファレンスで、それをオフィシャルに声明している。 Google の Search Executive である Amit Singhal は、"It is really big" と発言している。

In fact, Singhal said that what Google has done is the equivalent of switching out the core "engine" of Google’s search system for a new one. It’s perhaps the most significant change since 2001, according to the Search Engine Land blog.

実際のところ、Singhal が言うには、Google が完了してことは、Google 検索システムのコアとなる "エンジン" を、全く新しいものi切り替えたのと等しいらしい。 また、Search Engine Land ブログによると、おそらく、2001年以来の最も大きな変更になるという。

But the new algorithm, nicknamed "Hummingbird," has been operative for a month now, and yet few noticed. That means it’s basically a huge success. The last time Google made a slight tweak to its algorithm ("Panda"), in order to weed out spam and scraper sites, many mainstream web publishers screamed in protest as the search traffic they were used to receiving began plunging.

そして、この Hummingbird というニックネームの新アルゴリズムは、すでに 1ヶ月ほど運用されているが、その変更に気づいている人は、ごく僅かである。 つまり、基本的に、大成功を納めているているのである。Google における前回の変更は、Panda というアルゴリズムの微調整であり、spam and scraper サイト取り除くためのものであった。しかし、それにより、検索トラフィックが急落したとして、数多くの主要 Web パブリッシャーは抗議の声を上げていた。

The fact that few have been screaming tells you that the new algo is doing exactly what Google wanted it to do: Work seamlessly.  You can get more details on conversational search here.

気ついた人が少数である事実は、この新しいアルゴリズムが、Google の意図を正確に反映していることを示す。 つまり、シームレスな動作である。ここで、会話型サーチに関する詳細な情報が得られる。

One last thing: At least initially, Hummingbird feels a bit like Facebook’s Graph Search, which is designed to handle more abstract or "latent" search queries such as "What movies do my friends like most?," where users do not necessarily know what they are looking for.

最後に、もう1つ。 Hummingbird を使い始めての、最初の印象であるが、以前よりも抽象的/潜在的な検索クエリーを処理するようであり、また、Facebook の Graph Search にも似たデザインを感じる。つまり、ユーザー自身が必ずしも、何を探すのかを知らなくても構わない、たとえば  " What movies do my friends like most? " といったクエリーが可能なのだ。

Facebook has made a big bet on Graph Search even though may users still remained baffled by it. Google’s move into conversational queries suggests the company thinks Facebook may be on to something.

この 5月に Facebook は、ユーザーの困惑を認めながらも、この Graph Search 大きく賭けるという方針を示した。 そして、今回の会話型クエリーへ向けた移行の背景には、Facebook が何かを掴んだという、Google なりの見方があるのかもしれない。

ーーーーー

google-55a昨年末くらいからでしょうか? 実は Agile_Cat でも、Google からの導線が細くなったような感じで、ちょっと気になっていました。 ところが、このところの Google 先生は絶好調で、それが Agile_Cat 全体を押し上げているように思えます。 それと、ここでは Facebook の Graph Search が引き合いに出されていますが、Google では Knowledge Graph という新しい試みが推進されています。 この両者が、どのように競い合っていくのか、そして BaiduYandex が どのように追いかけていくのか、とても興味があります。image

ーーーーー

<関連>

Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!
Google の Knowledge Graph は、映画の画面をタップすれば俳優の名前も教えてくれる
Facebook の Open Graph により、SEO に大変革が訪れる
Facebook の Open Graph により、マーケティングに質的変化が訪れる
Facebook の Open Graph : すでに 4000 億回 の インタラクションを達成

Comments Off on Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった

Microsoft は、依然として Bing を諦めないようだ

Posted in Businesses, Microsoft by Agile Cat on September 17, 2013

Microsoft reportedly still refuses to give up on Bing
http://wp.me/pwo1E-6Ds
Brad Reed – Sep 3, 2013
http://bgr.com/2013/09/03/microsoft-bing-future-plans/

_ BGR

There have been few bigger money pits for Microsoft over the last several years than its attempts to compete with Google in the online search realm through Bing.

Bing により、オンライン・サーチの領土で Google に対抗しようとする試みにおいて、Microsoft は この数年間で莫大なキャッシュを失っている。

Although Bing’s search market share has slowly been eating away at the market shares of smaller search engines, it still hasn’t put a dent in Google’s dominant share of the search market. What’s more, maintaining Bing has been extremely expensive for Microsoft and its Online Services Division has lost around $11 billion since 2005.

たしかに、Bing のマーケット・シェアは、小規模なサーチ・エンジンのシェアを侵食してきたが、このマーケットにおける Google の圧倒的なシェアに傷ひとつ付けていない。その上、Bing を維持することは、Microsoft に対して多額の支出をもたらし、また、Online Services Division は 2005年以来、$11 billion を失ってきたという現実が伴う。

Despite all this, Microsoft is apparently refusing to give up on its search engine. AllThingsD’s Kara Swisher says that all of Microsoft’s board members, including recently appointed activist shareholder firm ValueAct, think that Bing is critical to the company’s future in online revenues. This doesn’t mean that Microsoft will hold onto all its online properties, however, as Swisher thinks that its MSN news portal could be sold off in the future to help the company cut down on its losses from online services.

こうした、一連の事象にもかかわらず、そのサーチ・エンジンに見切りをつけることを、Microsoft は明らかに拒否している。 AllThingsDKara Swisher の発言によると、株主を代表するボード・メンバーとして先日に任命された ValueAct も含めて、Microsoft の全取締役が、Bing は同社のオンライン収益にとって不可欠だと考えているようだ。 ただし、Microsoft の全オンライン資産が、将来において保持されるという話ではない。つまり、Swisher が推測するように、たとえば、同社のオンライン・サービスにおける損失を軽減するために、MSN ニュース・ポータルの売却もあり得るのだ。

ーーーーー

ms結局のところ、広告ビジネスが展開できない以上、サーチ・エンジンでのビジネス展開は難しいのだろうと思うのですが、Microsoft の考え方は違うのでしょうかね? 昨年の10月に、『 中核となる人々が離脱しても、Microsoft は アド・ビジネスに留まるのか 』という抄訳をポストしましたが、このビジネスを立ちあげられない、Microsoft の苦悩が見えてきます。 Google に対する意地で、Bing が維持されているとしたら、それは悲しい話です。 それにしても、ValueAct までもが、Bing の存続に賛成するというのは、かなりの驚きです。image

ーーーーー

<関連>

Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
Baidu が展開する 中国版 Google Street View : 日本からもアクセス可能
キッシンジャー米元国務長官が、北京で Baidu トップと話したことは?
Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
Steve Ballmer に対する評価 : Microsoft 社員たちの支持率をチャートで

Comments Off on Microsoft は、依然として Bing を諦めないようだ

モバイル・アプリのダウンロード数:2017年には 1600億!

Posted in Freemium, Mobile, Research by Agile Cat on July 6, 2013

More than 160 billion apps will be downloaded in 2017
http://wp.me/pwo1E-6kW
By: Dusan Belic – July 3rd, 2013
http://www.intomobile.com/2013/07/03/more-than-160-billion-apps-downloaded-2017/

_ into Mobile

According to a recent report by Juniper Research, over 160 billion apps will be downloaded globally in 2017, up from 80 billion in 2013. This sharp rise is explained with more users in developing markets upgrading from feature phones to smartphones, as well as a growing number of apps downloaded at no upfront cost.

Juniper Research からの最近のレポートによると、グローバルにおけるモバイル・アプリのダウンロード数は、2013年の 80 billion から、2017年の 160 billion へと、大幅に成長していくらしい。この急激な上昇は、開発途上国におけるフィーチャー・フォンからスマート・フォンへの移行に加えて、ダウンロード時にコストが生じないアプリ数の増加に要因があるとされている。

The research firm found that the majority of annual downloads will be in the games category, with at least 40% of downloads arising from this area.

この調査会社では、年間にダウンロードされる最大のカテゴリはゲームであるとし、モバイルという領域の、少なくとも 40% を占めると予測している。

At the same time, app stores will seek to improve the experience by developing social functions for gameplay. Apple already has something like this and Google has recently unveiled Google Play Game Services to real-time multiplayer games and leader boards.

それと同時に、アプリストアは、ゲーム・プレイヤーのためのソーシャル機能を開拓することで、そのエクスペリエンスを改善していく。 すでに Apple は、そのような展開を進めており、また Google も、マルチ・プレイヤーと得点表をリアルタイムでサポートする Google Play Game Services を、最近になって発表している。

On the other hand, developers will have hard time making money as the downward pressure on pricing leaves many the only option to offer their apps for free at the point of download. In fact, Juniper predicts that only 5% of apps will be paid for at the point of download in 2017, down from 6.1% this year.

その一方で、デベロッパーたちは、ダウンロード時点ではアプリの無償提供が唯一の選択肢という、価格政策を置き去りにしてしまう展開により、マネタイズにおいて苦労することになる。実際には、Juniper による予測は、ダウンロード時点で対価を得られるアプリについて、今年の 6.1% から 2017年の 5% へと、変化する状況を予測している。

At the same time, app stores have also cut many operators out of the value chain though carrier billing helps them [carriers] stay relevant… Additional information, in case you need ‘em, are available from the full report.

それ同時に、各種のアップ・ストアは、バリューチェーンにおける多数のオペレータを排除してきた。このことは、キャリアによる課金を促進していくが、キャリアの介在を認めることにもなる・・・詳細な情報が必要ならば、フル・レポートも入手が可能になっている。

ーーーーー

imageいやはや、たいへんな勢いですね。 でも、よくよく考えると Agile_Cat も、この何年かは PC のアプリを物色していないように思えます。 もちろん、アップデートは行いますが、新しいものとなると、すべてが iOS と Android と言っても差し支えないほどです。 したがって、世界中が、モバイル・エコシステムの育成と、モバイル・アップ・ストアの確立に躍起になるという事情も分かってきます。しかし、文中にもあるように、モバイル・アプリから有益を上げるのは容易ではありません。以前に、『フリーミアムが、成功するとき、失敗するとき』という抄訳をポストしましたが、お金が上手く回って、優れたアプリが大量に出てくると、とても嬉しいですね。Image(221)

ーーーーー

<関連>

Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!
iOS と Android を支配するフリーミアム・アプリ
Yandex の狙いは、Google ぬきの Google Play なのだ!
結局は、フィリーミアムが圧倒的に強い : それを示す1枚のチャート
インターネットにおける、無償と利益のパラドックスとは?

Comments Off on モバイル・アプリのダウンロード数:2017年には 1600億!

Opera と Yandex の タッグ・チームが、Android エコシステムの再編を狙う!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Post-PC, Yandex by Agile Cat on June 13, 2013

Opera and Yandex start One Platform Foundation to “help the Android ecosystem evolve”
http://wp.me/pwo1E-6eX
BY
ROBIN WAUTERS ON 31 MAY 2013
http://thenextweb.com/insider/2013/05/31/opera-yandex-one-platform-foundation-android/

_TNW

Yandex today announced that it has banded together with Opera Software, SlideME and CodeNgo to kick off and support a new ‘open-source’ initiative dubbed the One Platform Foundation (OPF).

今日のことだが、Yandex は、One Platform Foundation (OPF) という名の、新しいオープンソース・イニシアチブを立ち上げ、サポートしていくために、Opera Software および、SlideMECodeNgo と連係していくことを発表した

According to its boiler plate, the OPF wants to “help the Android ecosystem evolve by enabling developers to easily code and submit their apps across multiple alternative application stores”.

その、OPF のドキュメントによると、「 複数の選択肢を実現するアプリケーション・ストアへ向けて、開発者が簡単にコーディング/サブミットできるようにすることで、Android のエコシステムの発展を支援する」ことになる。

In case you didn’t know, Opera and Yandex are among Google’s prime competitors in the mobile browser space, and the latter company in particular has been ruffling the Mountain View-based Internet search giant’s feathers in numerous other ways. Android marketplaces represent another battlefield.

Opera と Yandex について補足しておくと、この両社は、モバイル・ブラウザーの領域における Google の対抗馬であり、また、いくつかの戦略により Google の検索ビジネスをイラつかせる存在となる。つまり、Mountain View ベースのインターネット・ジャイアントに対抗する、タッグが成立したわけだ。そして、Android のマーケット・プレースに、新たな戦場が生まれようとしている。

One of OPF’s first projects is AppDF (short for App Description File), a format that allows developers to describe their Android applications in one file and publish it to multiple app stores in one fell swoop.

OPF における最初のプロジェクトは、AppDF(App Description File)というフォーマットの確立にある。 それにより、デベロッパーたちは、自身の Android アプリケーションを1つのファイルに記述し、複数のアップ・ストアへ向けて一挙にパブリッシュできる。

The AppDF format is for now supported by Yandex.Store, Opera Mobile Store, SlideME and CodeNgo. The OPF says all app stores are welcome to join the movement, and some are already looking into it.

この AppDF フォーマットは、現時点において、Yandex.StoreOpera Mobile Store/SlideME/CodeNgo でサポートされている。そして、OPF が言うには、すべてのアップ・ストアによる参画が歓迎され、また、いくつかの企業が注目していることになる。

Victor Shaburov, VP of Storefront Services at Opera Software, says:

Opera Software の VP of Storefront Services である、Victor Shaburov は以下のように発言している:

“AppDF is a great tool that allows cross-store app submission. It simplifies the work of developers a lot and is set to drive them a lot of new users.”

AppDF は、クロス・ストアにおけるアプリ配信を可能にする、素晴らしいツールである。それにより、デベロッパーの作業は簡素化され、また、より多くのユーザーに、プロダクトを提供できるようになる。

Chris Jones, co-founder of self-publishing platform CodeNgo, added:

CodeNgo の Co-Founder of Self-Publishing Platform である、Chris Jones は以下のように発言している:

“We believe that AppDF will significantly lower the obstacles for developers trying to monetize their apps and also enable a healthier alternative app store ecosystem.”

私たちは AppDF について、アプリのマネタイズから障害を取り除き、健康的な App Store 選択を可能にしていくことで、デベロッパーたちを支援するエコシステムになると考えている。

Another project from the OPF initiative is OpenIAB (short for Open In-App Billing), a library that allows Android app developers to support in-app billing APIs of multiple application stores with a single piece of code.

OPF イニシアチブの、もう1つのプロジェクトは OpenIAB(Open In-App Billing)である。 それは、複数アップ・ストアでの課金を、単一のコードと API を用いてサポートする、Android アプリの開発者のためのライブラリである。

The One Platform Foundation says it basically aims to alleviate many of the problems faced by Android app developers worldwide today:

One Platform Foundation は、いまの Android アプリの開発者が直面している数々の問題を、ワールドワイドのレベルで軽減したいと発言している:

The OPF was created to solve some of the big problems for Android app developers – app store market fragmentation and lack of time and resources to allocate apps to any of more than 30 alternative app stores other than Google Play.

OPF は、Android アプリ開発者の悩みである、いくつかの大きな問題を解決するために設立された。 具体的に言うと、App Store 市場の断片化がもたらす問題であり、Google Play 以外の 30 にもおよぶ App Store に、それぞれのアプリを対応させるための、時間とリソースを低減するものである。

The reason why developers usually ignore the smaller app stores is that each app store has its own app description format, form for app submission, etc.

一般的にみて、デベロッパーが小規模な App Store を無視するのは、それぞれの App Store  が、独自のアプリ記述フォイ-マットや、アプリ・サブミット形式などを持っているからだ。

We estimate that it takes on average from 30 minutes to an hour to wrap an app for each app store. It can cost up to 300 man-hours per year total (without potential updates) to cover all app stores.

私たちの見通しでは、なんらかのアプリを、それぞれの App Store 用にラップするために、平均で 30分から1時間が費やされる。 つまり、すべての App Store をカバーするためには、(突発的なアップデートを除いて)年間で 300時間が消費されることになる。

The OPF’s mission is to help Android app developers increase the number of stores their applications are distributed in without spending a lot of time and resources on it, and ultimately increase revenues by broadening the potential audience.

OPF の使命は、デベロッパーの Android アプリを、過大な時間やリソースを費やすことなく、少しでも多くの App Store を介して販売することであり、その結果として、彼らの収益を伸ばす点にある。

Of course, this will also help providers of alternative Android app stores grow and make money themselves, so it’s not like Yandex, Opera and other backers of the initiative are doing it out of sheer goodwill.

もちろん、この試みは、App Store プロバイダーたちをを成長させ、そのビジネスを支援するものでもある。言い換えれば、Yandex や Opera といった、このイニシアチブの支持者たちも、自身のビジネスのために推進するものとなる。

Also read:

InMobi offers Android developers a free way to distribute their apps to 130+ stores
Yandex signs Google agreement for submitting contributions to the Chromium project alongside Nvidia, Opera
Opera partners with TIM to bring its App Store to 70 million Brazilian mobile users
Opera’s WebKit-powered browser for Android comes out of beta with full launch

Image credit: Justin Sullivan / Getty Images

ーーーーー

TAG indexこれは、面白い展開ですね。 Opera は、そのレンダリング・エンジンを、これまでの Presto から Webkit に置き換えている最中であり、すでに Android 版を完成させています。また、Yandex は Google に対抗して、独自の検索サービスでシェアを伸ばすだけではなく、Android App Srore 機能をヨーロッパのキャリアたちに提供している最中です。 つまり、このタイトルのとおり、両者がタッグを組めば、Android エコシステムを再編するための、お膳立てが整うわけです。 Amazon が、すでに Kindle で行なっているように、Android は Google の所有物ではないのです。image

ーーーーー

<関連>

Yandex の狙いは、Google ぬきの Google Play なのだ!
Yandex が Bing を追い越した : 検索マーケットの4番手に踊り出る
赤いオペラと 緑のエバノ : まとめページ
Facebook が Opera を買収するという、ウワサが流れ始めた

Chromium ベースのユニークな Google Chrome 派生ブラウザ6個まとめ

 

%d bloggers like this: