Agile Cat — in the cloud

Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! しかも、他にも 300社が テスト中だという!

Posted in .Selected, Enterprise Social, Facebook, Strategy by agilecat.cloud on November 4, 2015
Facebook at Work gets new client in Royal Bank of Scotland
Harriet Taylor – Oct 25, 2015
http://www.cnbc.com/2015/10/25/facebook-at-work-gets-new-client-in-royal-bank-of-scotland-.html
 
_ CNBC
 
Facebook at Work, the company’s social network for business communications, is gaining traction across the pond.
 
Facebook at Work は、同社における企業向けのソーシャル・ネットワークであり、また、ビジネス・コミュニケーションを円滑にするものであるが、大西洋の向こう側で成果を上げようとしている。
 
FBThe Royal Bank of Scotland will roll out Facebook at Work—which lets businesses create their own social platform for employees — to 30,000 of its employees by March 2016, and to all of its employees by the end of next year.
 
Royal Bank of Scotland だが、2016年3月まで 30,000人の従業員に対して、さらに 2017年には全従業員に対して、その Facebook at Work を展開するようだ。つまり、同行は独自のソーシャル・プラットフォームを作成し、その従業員に提供することになる。
 
“I’m excited about how bringing people together from all across the bank through Facebook At Work can help all our employees do their job better – whether it’s being able to find answers to customer queries much faster or helping us come up with bright new ideas,” Simon McNamara, RBS’s Chief Administrative Officer said in a press release.
 
RBS の Chief Administrative Officer である Simon McNamara は、「Facebook At Work を介して、すべての支店を横断するかたちで、すべての人々を結びつけるという発想に、私はとても興奮している。それにより、私たちの従業員は、より上手いかたちで職務をこなしていくはずだ。たとえば、顧客の問い合わせに対して、素早く回答できるようになり、また、新しいアイデアを具現化する際にも、大きなな助けを得るだろう」と、プレス・リリースで述べている。
 
Royal_Bank_of_ScotlandGaining the RBS seal of approval is a key win for Facebook, as the company looks to leverage its popularity with everyday users into enterprise technology, entering an entirely new market. Almost 300 other companies, including Heineken, Century21 and French Lagardere, are also testing the service.
 
この RBS から、お墨付きを得ることで、Facebook は重要な勝利を手にする。そして、同社の注目が、エンタープライズ・テクノロジーへと向かい、日常においてユーザーを惹きつけている魅力を、そこに注ぎ込むことになるなら、まったく新しいマーケットへの参入が実現されていくわけだ。さらに言うなら、Heineken/Century21/French Lagardere などを含む約 300社の企業も、このサービスをテストしているという。
 
“We hope Facebook At Work will help RBS, which employs 100,000 people, bring staff closer together and allow them to collaborate on projects much more effectively,” Sean Ryan, Facebook’s VP of platform partnerships said in the release.
 
Facebook の VP of Platform Partnerships である Sean Ryan は、「私たちは、この Facebook At Work により、10万人という従業員を抱える RBS のビジネスが、円滑になることを願っている。具体的に言うと、スタッフ間の距離が縮まり、あらゆるプロジェクトにおける共同作業が効率化されていくことだ」と述べている。
 
With Facebook at Work, the social network is going head to head with tech giants like Microsoft, with its Office suite and Yammer; Google, which offers Google for Work; and enterprise messaging startup Slack. Although right now the new service is aimed at improving communications within a company, it could one day challenge LinkedIn’s network of professionals.
 
このソーシャル・ネットワークは、Facebook at Work を手にすることで、真っ向からテック・ジャイアントたちと激突していく。そこには、Office Suite と Yammer を擁する Microsoft と、Google for Work を提供している Google がいる。 さらに言えば、エンタープライズ・メッセージングのスタートアップである、Slack も相手になるだろう。現時点において、この新しいサービスは、企業内のコミュニケーションの改善を目的とするが、いつかは、LinkedIn のプロフェッショナル・ネットワークにも挑戦していくだろう。
 
Research firm Gartner estimates that global spending for enterprise software will be $338.7 billion in 2015. Facebook is betting that, with more than 1.49 billion people already using its service personally, it can win a chunk of that market.
 
調査会社である Gartner は、グローバルにおけるエンタープライズ・ソフトウェア支出について、2015年は $338.7 billion に至ると予測している。Facebook は、このマーケットで大勝利を得ることに賭けているはずだが、その背景にあるのは、このサービスを 14.9億人もの人々が、すでに個人的に利用しているという実績だ。
 
Facebook at Work’s desktop platform and mobile apps look and feel similar to regular Facebook, but are ad-free and do not collect user data.
 
Facebook at Work における、デスクトップ・プラットフォームおよびモバイル・アプリの Look&Feel は、普通の Facebook に似ている。 ただし、当然のこととして、そこには広告が無く、また、ユーザー・データの収集も行われない。
 
For now, Facebook is offering the service for free, but plans to offer a premium subscription version with additional features that may include integration with other business tools and analytics.
 
いまのところ Facebook は無料で、このサービスを提供しているが、プレミアム・サブスクリプション版という、追加の機能を備えたバージョンを計画している。おそらく、外部のビジネス/アナリティクス・ツールとの、統合などが含まれると思われる。
 
This strategy marks an important shift for Facebook, which has always opted to sell ads against its user base, instead of charging a subscription fee.
 
これまでの Facebook は、サブスクリプション課金ではなく、ユーザー・ベースに基づく広告の販売を選んできた。 つまり、今回の戦略が示すのは、同社における重要な転換でもあるのだ。
 
ーーーーー
facebookいつかは、この領域に踏み込んでくるとは思っていましたが、すでに取り組んでいたのですね。 Facebook at Work の強みは、その対象が企業ユーザーだとしても、それぞれの従業員の中で、すでにユーザー・エクスペリエンスが確立されていることです。つまり、あらゆる企業において、このシステムを運用する側も、ユーザーとして利用する側も、あらたな学習を要求されることが、ほとんど無いのです。この Royal Bank of Scotland の場合も、仮に 10万人の従業員が、学習に 3時間を要する事になるなら、単純計算で 30万時間が失われるわけです。つまり、ユーザーとなる企業の規模が、大きくなればなるほど、Facebook at Work が選ばれるという可能性が高くなるのでしょう。
話は変わりますが、ちょうど 5年前の 2010年12月に、「Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る」という抄訳をポストしています。そして、そこで指摘されていたのは、「Facebook のようなサイトで共有できる情報は、容易さをもたらすだろうが、大半のケースにおいて、組織が保有する文化と衝突するだろう」という問題だったのです。しかし、RBS の Simon McNamara さんのコメントを読む限り、エンタープライズがコンシューマに歩み寄った結果として、Facebook at Work が採用されるのだと思えるのです。とてもワクワクする展開ですね! Agile Cat としても、追いかけるテーマが増えて、とても嬉しいです 🙂  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイルの波は コンシューマだけでなく、エンタープライズも 呑み込み始めている
Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
Yammer と Open Graph と エンタープライズ は、とても素敵なセットなんだけど
Salesforce の Chatter Mobile が、その姿を現した!
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
 

Comments Off on Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! しかも、他にも 300社が テスト中だという!

エンタープライズ・ソーシャルは、いつになったら実績を証明できるのか?

Posted in Enterprise Social, Research by Agile Cat on June 24, 2013

Enterprise Social Collaboration: Is anyone using it?
http://wp.me/pwo1E-6he

By Dick Weisinger, on June 14th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=3810

_ formtek

Enterprise users say that they’re using enterprise social collaboration software, but when asked specifically about which software tool they’re using, they mention Facebook and Twitter rather than software tools that were designed specifically for social enterprise users.  That result must be disheartening to the sponsor of the survey, Avanade, an enterprise software vendor and joint venture between Microsoft and Accenture.

エンタープライズ・ユーザーたちは、企業向けのソーシャル・コラボレーション・ソフトウェアを使用していると言うが、主に使用しているソフトウェア・ツールについて質問すると、それらのエンタープライズ・ツールよりも、Facebook や Twitter を活用していると答える。この調査結果は、Microsoft と Accenture によりジョイント・ベンチャーであり、エンタープライズ·ソフトウェア·ベンダーである Avanard(スポンサー)をがっかりさせるはずだ。

74 percent said that they use Facebook; 51 percent use Twitter for work collaboration; and 45 percent are using LinkedIn.

調査の対象となった人々のうち、ビジネス上のコラボレーションのために Facebook を使っているのが 74% であり、Twitter が 51%、LinkedIn が 45% となっている。

Highlights of the Avanade report are that:

この、Avanade のレポートで、注目すべき点は:

  • Social Collaboration is being increasingly adopted and mentioned as being on the radar at companies
  • Business decision makers have a ‘false sense of accomplishment’ when it comes to what they’ve done in the area of social collaboration
  • Businesses are often polarized: those that see strong merit in using social tools and those that are skeptical that they’re anything other than time wasters
  • An increasing number of businesses now say they plan to adopt enterprise social tools in the next 12 months
  • ソーシャル・コラボレーションの採用は増加しており、また、企業のレーダーになったと言われている。
  • ビジネスの意思決定者は、ソーシャル・コラボレーションの分野で達成したことに対して、誤った感覚を持っている。
  • 多くのケースにおいて、企業の判断は二極化される。つまり、ソーシャル・ツールを利用することに大きなメリットを見出すものと、時間の浪費に他なならないという懐疑的なものである。
  • エンタープライズ・ソーシャル・ツールを、12ヶ月以内に導入すると計画している企業が増えてきている。

Andrew Barber, deputy lead in the collaboration practice at UK branch of Avanade, said that “To be led completely by your workforce when it comes to collaboration is asking to end up with a completely undisciplined and unmanageable environment.  It’s very easy to let your corporate data end up on Facebook. Whether you should is quite a different matter… That business decision makers who are using social tools actually don’t see any value in them to the point that they think they’re a waste of time — that raises a flag with us and says these tools are not being deployed to achieve, or align with, strategic business goals.”

Andrew Barber は、Avanade の UK ブランチでコラボレーション・プラクティスを推進する副リーダーである。そして、「コラボレーションというものを、あなたの努力で完全に主導することは、手に負えない環境や、管理できない環境を、完全に取り除いていくこと通ずる。企業データを、Facebook に置かないようにすることは、とても簡単なことである。だたし、そうするか、しないかは、まったく別の問題である。。。ソーシャル・ツールを使用しているビジネスの意思決定者は、それらが時間の無駄だと思っており、また、いかなる価値も見出していない。つまり、それらのツールが目的を達成することはなく、また、戦略的なビジネス・ゴールに到達することはないと、言わんとしている」と、発言している

ーーーーー

TAG indexこのリスト(クリックで拡大)は、これまでの 約2年の間に、エンタープライズ系プロバイダーが買収した、ソーシャル系プロバイダーの一覧です。 ● 印は、BaaS なので、ちょっと意味合いが違いますが、その上で、たくさんのエンタープライズ・ソーシャル・サービスが、構築されているとも捉えられます。Chatter や Yammer は、それなりの実績を、すでに評価されていますが、その他は不明です。 それら、すべてのサービスが、どのようなタイミングで、どのようなビジネスを構築していくのか、それが楽しみですね。image

ーーーーー

エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!

 

Comments Off on エンタープライズ・ソーシャルは、いつになったら実績を証明できるのか?

Yammer の 素晴らしい業績と、不可解なレイオフ

Posted in Businesses, Enterprise Social, Microsoft, Social by Agile Cat on February 28, 2013

Microsoft On Yammer: What Layoffs? Yammer Is Killing It
http://wp.me/pwo1E-5GT
Julie Bort – Feb. 20, 2013
http://www.businessinsider.com/yammer-q4-sales-figures-2013-2

_ Business Insider

To counter the bad news about layoffs and angry employeesat Yammer,Microsoft today announced that Yammer has achieved “record sales growth” since Redmond bought the company for $1.2 billion last year. Here’s the stats Microsoft shared:

Yammer におけるレイオフと従業員たちの反感という、ネガティブなニュースに対して、Microsoftは騒ぎ収拾したがっているように見える。昨年に $1.2 billion で Yammer を買収してから、「記録的なセールスの成長」が達成されたと、今日(2/20)になって Redmond は発表したのである。以下が、Microsoft から提供された統計値である:

  • Full year 2012 sales nearly tripled year-over-year (as of Jan. 31, 2013)
  • Fourth quarter sales quadrupled year-over-year (as of Jan. 31, 2013)
  • Number of paying customers increased 165 percent in 2012
  • Yammer has surpassed 7 million registered users
  • 2012年の売上が、前年比で 3倍に成長した ( Jan. 31, 2013時点で)
  • 2012年 Q4 の売上が、前年比で 4倍に成長した ( Jan. 31, 2013時点で)
  • 2012年における有償ユーザー数が、165% も成長した
  • Yammerには、7 million 以上の登録ユーザーがいる

Yammer CEO David Sacks

Microsoft also says that Yammer added “a record 290 new paying customers” in the fourth quarter, including GlaxoSmithKline, T.G.I. Friday’s, Trek Bicycle Corp. and Woolworths Ltd.

さらに Microsoft は、2012年 Q4 における新規有償ユーザー数が 、290 を記録したと発言している。そこには、GlaxoSmithKline および、T.G.I. Friday’s、Trek Bicycle Corp、WoolworthsLtd などが含まれる。

But, as we previously reported, employees are growing increasingly unhappy at the company.

しかし、以前にレポートしたように、Yammer の従業員は、さらに不満をつのらせている。

Earlier this month, Microsoft laid off 20 Yammer employees in sales and marketing. What really burned was that the company confirmed the layoffs to tech news outlet TechCrunch before management actually told employees about it.

今月の初旬に、Yammer の セールスとマーケッティングと担当する 20人の 解雇が、Microsoft により解雇された。 そして、話がこじれた理由は、経営陣たちが解雇について従業員に話す前に、テック・メディアである TechCrunchに、その内容が漏らされてしまったことにある。

For what it’s worth, Yammer was on track to do $15-$30 million in sales in 2011, according to analysts. That would mean that 2012’s revenue was $45-$90 million.

真偽の程は分からないが、アナリストによると、Yammer における 2011年の売上は、$15-$30 million という軌道に乗っていたようだ。 それからすると、2012年の売上は、$45-$90 million に至ることになる。

ーーーーー

TAG index100人体制でやってきた Yammer ですが、その中の 5人に1人の割合で、解雇された人が出ているわけです。残った従業員にも動揺が走るでしょうし、Microsoft にとっても、良いことは何もないように思えます。 おそらく、Microsoft 側の担当者も、それは解っているはずなのですが、それでも、なお、数字として成果を挙げなければならないという、辛い立場にあるのでしょう。上記の発表内容も、そんな文脈で語られていると、感じてしまいます。

クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則

非クラウド・テクノロジーを取り扱ってきた、大手のインキュベーターたちも、クラウドの成長曲線に合わせて M&A を再考しなければならない。 こうした M&A のプロジェクトは、何年もかけて作り上げてきた既存のチャンネルを介して、取得してきた知的財産を配布していくことで得られる、シナジー効果の上に脚している。

ここでの問題点は、シナジー効果の要因が、大量のコスト・カットに依存するところにある。 そして、コスト・カッターが歓迎されるにしても、彼らはイノベーションとアイデアに対して、何がきっかけとなり、また、それを増幅していくのかを知らない。 したがって、彼らは自分たちの定義により、スタートアップをブロックごとに切り分け、全面的に経費を削減していくことになる。

仕事って何なの? 人生って何なの? ・・・って、思わず考えさせられてしまう出来事です。

ーーーーー

<関連>

Yammer と Open Graph と エンタープライズ は、とても素敵なセットなんだけど
こんな Yammer は、もう Yammer じゃない : レイオフに怒る従業員たち
ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が不可欠に?
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
Facebook の本が出る:Zuck の姉さん Randi が書き手だ

 

Comments Off on Yammer の 素晴らしい業績と、不可解なレイオフ

Yammer と Open Graph と エンタープライズ は、とても素敵なセットなんだけど

Posted in .Selected, Businesses, Enterprise Social, Microsoft, Open Graph, Social by Agile Cat on February 21, 2013

Yammer unveils the Open Graph for the enterprise, to help make business apps more social
http://wp.me/pwo1E-5FQ

By
Ken Yeung – 29 Oct ’12
http://thenextweb.com/insider/2012/10/29/yammer-using-the-enterprise-graph/

_TNW

At its first-ever user conference, Yammer has announced what it’s calling “an enhanced” way for businesses to be more social.

Yammer における初めてのユーザー・カンファレンスで、同社がアナウンスしたのは、企業をソーシャル化していくための、「強化」の方式である。

At its YamJam 2012 conference, CEO and co-founder David Sacks told the crowd that his company is unveiling its Enterprise Graph — a new platform that will enable developers and customers to “seamlessly connect people, conversations, and data across all their business services.”

その YamJam 2012カンファレンスで、Yammer の CEO and Co-Founder である David Sacks は、集まった聴衆に対して、Enterprise Graph を公表した。 それにより、デベロッパーとカスタマーは、「人対人のシームレスな接続、および、会話の支援、そして、すべてのビジネス・サービス横断するデータ」などを実現していく。

Photo credit
Jim Merithew
Wired.com

YamJam is the enterprise social network’s first public event since Microsoft closed its acquisition of the company. Companies that are at this event are looking to see just how enterprise software is being reinvented and can help transform a business.

今回の YamJam は、Microsoft による買収が完了してから初めて行われる、このエンタープライズ・ソーシャル・ネットワークの、パブリックなイベントである。 そして、イベントに集まった企業は、エンタープライズ・ソフトウェアが改革される方式や、それによりビジネスの変化が促進される様子を、確認したいと望んでいる。

And there are quite a lot of organizations interested in being at the forefront of this “transformation” — currently over 200,000 businesses use its product, including 7-eleven, UNICEF, eBay, Intuit, Ford, Boehringer Ingelheim, and many others. 85% of all Fortune 500 companies leverage the service as well, including four of the largest US companies, three of the top 10 beverage companies, three of the top global gas companies, and three of the top 10 pharmaceutical companies.

さらに、この「変化」の最前線に立とうと考える、きわめて多数の組織がある。現時点で、200,000以上の企業が、同社のブロダクトを使用しているが、そこには、7-eleven/UNICEF/eBay/Intuit/Ford/Boehringer Ingelheim などが含まれる。 具体的に言うと、Fortune 500 企業の 85% が、このサービスにテコ入れしているだけではなく、アメリカの最大手企業の 4社と、飲料企業の Top-10、グローバル・ガス企業の Top-3、そして、製薬会社の Top-10 が含まれるのだ。

With its Enterprise Graph, Yammer is hoping that it will help solve the problem they call “social network sprawl”: where businesses find that they are interacting with multiple social networks inside their own company. The company is interested in finding a way to develop a standard to bring everything together and working off the same database. You might think of this as the Open Graph for the enterprise.

この Enterprise Graph を用いることで、Yammer が期待しているのは、顧客である企業が「ソーシャル・ネットワークの不規則な広がり」と呼ぶ問題が、解決されていくことである。つまり、それらの企業は、それぞれのエンタープライズ・システム内から、多数のソーシャル・ネットワークとインタラクトする方式を探しているのだ。 そして、Yammer は、すべてを集めるスタンダードを開発し、また、共通のデータベースを提供することに関心を持っている。 それは、エンタープライズのための Open Graph だと、あなたは考えるかもしれない。

If you’re wondering what the Open Graph is or why it sounds so familiar, then you’re not alone. Perhaps the most well-known implementation of the Open Graph belongs to Facebook. By utilizing this language, companies will be able to take advantage of the user’s profile links, updates, and other useful information — it allows Yammer’s users to develop ways to draw information about more objects than simply people, such as photos, events, relationships between each other, etc. It doesn’t even need to apply to individuals — it can work for virtual non-human objects between individuals.

Open Graph について、関心が生じる場合も、よく耳にするという場合も、あなたは孤独ではない。 おそらく、最も有名な Open Graph の実装は、Facebook によるものである。 この言語を利用することで、それらの企業は、ユーザーのプロファイル・リンクや、アップデートなどの有益な情報を、利用することが可能になるだろう。つまり、Yammer のユーザーは、人々に関連するオブジェクトについて、単なる写真/イベント/相互関係といったもの以上の、さらなる情報を引き出すための、洗練された方式を開発できる。加えて言えば、それは個人に対して適用される必要もない。 つまり、人々の持つ、実質的には人間以外のオブジェクトに対しても、機能していくことが可能になる。

Sacks says that Yammer would like to figure out how to make application and businesses more social but also develop a way where humans can interact with any piece of data they’re working with. As part of this new platform, users will be able to take advantage of several new features: embeddable feeds, follows and like buttons, pages, and the app directory.

Sacks が言うには、アプリケーションやビジネスを更にソーシャル化するだけではなく、人々が作成しているデータの一片であっても、それらとインタラクトする方式の開発手法について、Yammer は理解したいと望んでいるようだ。 この新しいプラットフォームの一部として、いくつかの新機能を、ユーザーは利用できるようになる。 具体的には、エンベッド対応の Feed/Follow/Like ボタン、そして、ページとアプリのディレクトリなどである。

Yes, Yammer did have many of these features before. What this Enterprise Graph appears to do make data more readily accessible. So with respect to the embeddable feeds, businesses can now insert conversations about “business data” in context. With pages, you can now follow them and they act similarly to profile pages for individuals and view the page’s activity, followers, and conversations.

YES! すでに Yammer は、これらの特質を有している。 この Enterprise Graph が行うのは、データへのアクセスを、より容易にすることだと思われる。 したがって、エンベッド対応の Feed を用いることで、いまでもユーザー企業たちは、「 ビジネス・データ」に関するやり取りを、コンテキストに挿入することが可能である。 そしてページを使えば、それらの企業を Follow できる。 また、企業側は、個人のプロファイル・ページのように振舞い、ページのアクティビティや、フォロワー、会話などを表示できる。

Prior to today’s announcement, users had the ability to integrate other business applications into Yammer, starting with the Activity Stream API, which enabled the integration of existing enterprise business applications like Salesforce, Box, and TripIt so that data could be added to the social graph. Additionally, the company made available Yammer Connect, which enables users to port their account “identities” to their Intranet or other applications (think of it like Facebook Connect for the enterprise); Yammer Embed, a service that allowed you to instantly add Yammer feeds to any business application; and other noted integrations, specifically with Sharepoint, Salesforce, and SAP.

今日のアナウンスに先行して、ユーザーは Activity Stream API を使いはじめることで、他のビジネス・アプリケーションを Yammer 内に統合できるようになっている。それにより、Salesforce/Box/TripIt といった既存エンタープライズ・ビジネス・アプリケーションとの統合が実現され、このソーシャル・グラフにデータを加えられるようになる。 さらに同社は、Yammer Connect の提供も開始している。それによりユーザーは、自身のアカウント ID を、イントラネットなどのアプリケーションにポートできるようになる(エンタープライズ用の Facebook Connect のようなものと思える)。 また、Yammer Embed は、あらゆるビジネス・アプリケーションに対して、迅速に Yammer Feed を加えるためのサービスである。そして、その他の指摘しておくべき統合として、Sharepoint/Salesforce/SAP などがある。

All features within the Enterprise Graph will be available to Yammer’s customers starting today.

Yammer カスタマーは、この Enterprise Graph における、すべての機能が、今日から利用できるようになるだろう。

ーーーーー

TAG index実は、この記事、今月の初めにポストの予定だったのですが、Yammer の雲行きが怪しくなり、そのタイミングを失っていました。 『 こんな Yammer は、もう Yammer じゃない : レイオフに怒る従業員たち 』という抄訳でお伝えしたように、セールスとマーケティングにおける、20人の Yammer 従業員が解雇されてしまったのです。そして、今朝(2/21)の Business Insider ですが、Yammer の業績を、以下のように伝えています。

Full year 2012 sales nearly tripled year-over-year (as of Jan. 31, 2013)
Fourth quarter sales quadrupled year-over-year (as of Jan. 31, 2013)
Number of paying customers increased 165 percent in 2012
Yammer has surpassed 7 million registered users

これだけの成績を残して解雇されてしまった、セールスとマーケティングの人って、納得がいかなくて当然という話ですよね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が不可欠に?
モバイル・エンタープライズは、Facebook から学ぶべきだ!

 

Comments Off on Yammer と Open Graph と エンタープライズ は、とても素敵なセットなんだけど

こんな Yammer は、もう Yammer じゃない : レイオフに怒る従業員たち

Posted in .Selected, Enterprise Social, Microsoft, Social by Agile Cat on February 10, 2013

‘This Isn’t Yammer Anymore’
http://wp.me/pwo1E-5DN

Owen Thomas | Feb. 8, 2013
http://www.businessinsider.com/microsoft-yammer-layoffs-2013-2

_ Business Insider

Yammer CEO David Sacks will shortly face a bunch of angry employees with a lot of questions about the Microsoft-owned company’s recent layoffs.

まもなく、Yammer の CEO である David Sacks Yammer は、Microsoft に所有される同社で起こった、最近のレイオフに不満を唱える従業員たちからの、数多くの質問に晒されることになる。

Owen Thomas
Business Insider

TechCrunch reported Thursday that Yammer, a maker of social-collaboration tools that Microsoft acquired for $1.2 billion last year, laid off 20 employees in sales and marketing this week.

TechCrunchの木曜日のレポートによると、昨年に Microsoftが $1.2 billion で買収した、ソーシャル・コラボレーション・ツールのメーカーである Yammer は、セールスとマーケティングにおける 20人の従業員を、今週に解雇したようだ。

What has employees particularly upset, according to one source we spoke to, is that they read about the layoffs in the press first—and then saw that the company confirmed the layoffs to TechCrunch, before any internal announcement was made.

私たちが、情報源から確認したところによると、従業員たちが混乱するだけの理由がある。このレイオフについて、従業員たちは、最初にプレスで読み、続いて TechCrunch で確認しているのだが、それは社内でのアナウンスが行われる前のことだった。

A Yammer employee tells us the restructuring was addressed in an announcement at 1 p.m. on Friday, days after the layoffs happened.

Yammer の従業員が言うには、レイオフが起こった数日後である金曜日の午後1時に、このリストラに関する取り組みがアナウンスされている。

Yammer has, or had, a culture of “radical transparency”—news like this is supposed to be shared through posts on Yammer’s internal Yammer network.

Yammer は、「根本からの透明性」という文化を持っていたし、持っているはずである。つまり、この種のニュースは、Yammer 内部の Yammer Network で共有されるはずである。

“This isn’t Yammer anymore,” one employee put it in an internal Yammer post.

「Yammer は、すでに Yammer ではなくなった」と、ある従業員は、その Yammer Network にポストしている。

That perception of a cultural change is affecting not just employees in sales and marketing, but engineering as well. And Microsoft has been particularly keen on retaining Yammer’s engineers, to learn the secrets of how they write and ship code for Web-based software and apps so quickly.

この文化の変化の感じ方は、セールスとマーケティングの従業員だけではなく、エンジニアリング部門に対しても影響を与えている。 そして、これまでは Microsoft も、Yammer のエンジニアを保持することに熱心であったはずだ。つまり、Web ベースのソフトウェアとアプリケーションのコードを、迅速に記述して出荷していく秘密を学習したかったのだ。

imageNow those restive engineers will have a chance to vent through Yammer’s Yammer Time meeting, a periodic all-hands gathering where Sacks answers employees’ questions.

しかし、いまや、気分の落ち着かないエンジニアたちは、Yammer Time ミーティングで、感情を吐露するチャンスを持つことになる。そこは、CEO の Sacks が、従業員の質問に対して、周期的に回答していく場なのである。

Yammer had about 100 employees in sales and marketing before the layoffs.

このセールスとマーケティングでのレイオフが行われる以前には、約 100人の従業員が Yammer にいた。

In a reorganization proposed by Yammer executives, Microsoft recently took over Yammer’s marketing department, as we reported last week, prompting layoffs as separate marketing functions were consolidated. Yammer’s top marketing executive, Viviana Faga, now reports to a Microsoft executive rather than to CEO David Sacks.

Yammer 経営陣による組織の再編において、Yammer のマーケティング部門は、Microsoft により引き継がれるようだ。そして、先週に、私たちがレポートしてたように、2つのマーケティング機能が統合されるとき、レイオフが引き起こされたわけだ。 Yammer のマーケティング担当役員である Viviana Faga は、CEO の David Sacks ではなく、Microsoft の経営陣にレポートするようになってしまった。

At the time of the deal, Microsoft said Yammer would continue to operate as its own business and report to David Sacks, albeit as part of the Microsoft Office division.

この買収劇がおこった時点で Microsoft は、Yammer は Microsoft Office 部門の一部になるが、自身のビジネスを継続して営み、David Sacks にレポートしていくと発言していた。

A Yammer representative did not immediately respond to our inquiry. We spoke to a Microsoft rep who declined to comment on the record beyond pointing to Yammer’s statement about the layoffs.

Yammer の窓口が、私たちの問合せに、すぐに対処することはなかった。 私たちは、Microsoft の窓口にも問合せたが、Yammer におけるレイオフについて、公表を前提としたコメントは拒否された。

Update: We described the frequency of Yammer Time meetings incorrectly. They do not occur every week.

Update:  Yammer Time ミーティングの頻度は、不確かであると記述したつもりだ。 毎週に実施されることはない。

ーーーーー

TAG indexちょうど、Yammer について書かれている 『 Yammer unveils the Open Graph for the enterprise, to help make business apps more social 』という記事を訳しているところでした。 そこには、『 Yammer のユーザーは、人々に関連するオブジェクトについて、単なる写真/イベント/相互関係といったもの以上の、情報を引き出すための洗練された方式を開発できる 』と記述されていました。そして、タイトルからも分かるように、Yammer は Open Graph の使い手のようです

その一方で、『 現時点で、200,000以上の企業が、このブロダクトを使用しているが、そこには、7-eleven/UNICEF/eBay/Intuit/Ford/Boehringer Ingelheim などが含まれる。具体的に言うと、Fortune 500 企業の 85% が、このサービスにテコ入れしている 』という記述もあり、Microsoft の真の狙いが、どちらにあるのかと、気になっていたところでした。なんか、残念な方向へと向かっているようですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が不可欠に?
モバイル・エンタープライズは、Facebook から学ぶべきだ!

 

Comments Off on こんな Yammer は、もう Yammer じゃない : レイオフに怒る従業員たち

ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が不可欠に?

Posted in .Selected, Enterprise Social, Post-PC, Social by Agile Cat on October 26, 2012

The Social Enterprise
http://wp.me/pwo1E-55b

by Russ Zack
http://blog.kaltura.org/the-social-enterprise

image

Originally a term coined by Saleforce.com CEO Mark Benioff, the “Social Enterprise” has become an increasingly hot topic these days. Jive, Yammer, and existing incumbents such as Microsoft and Salesforce.com are delivering social enterprise applications to allow employees, vendors, and partners to work and communicate more efficiently across time zones, languages and geographies.

この “Social Enterprise” という言葉は、Saleforce.com CEO である Mark Benioff により造り出されたものであり、最近のホット・トピックでもある。 Jive および、Yammer、そして Microsoft や Salesforce.com といったインキュベータが、タムゾーン/言語/ロケーションをまたいだかたちで、従業員/ベンダー/パートナーたちが、さらに効率良く作業し、また、コミュニケートしていくために、ソーシャル・エンタープライズ・アプリケーションを提供している。

“Social Enterprises” themselves understand the value that collaborative applications and social tools bring: fast knowledge exchange through a many to many communication channel. Video and social go great together, as a social video enterprise leverages the rich characteristics that only the video medium offers.

「ソーシャル・エンタープライズ」自身については、コラボレーション・アプリケーションとソーシャル・ツールがもたらす価値だと理解されている。具体的には、Many to Many のコミュニケーション・チャネルを介した、ナレッジの迅速な交換を担うものとなる。ビデオとソーシャルの組み合わせは、ビデオ・メディアだけが提供する特質を活用した、ビデオ・エンタープライズとしての価値を認められている。

At Kaltura, we have seen an increasing demand for the use of video as part of a social media strategy at organizations. This means adding video to all the communications channels and applications that organizations are in place.

Kaltura での調査において、組織的なソーシャル・メディア戦略の一部として、ビデオ利用に関する需要が伸びていることが確認された。この調査では、対象となる組織が利用する、すべてのコミュニケーション・チャネルとアプリケーションに、ビデオが加えられていた。

クリックで拡大 ⇒
Kaltura Research
Video & Media
Use Cases
Across Indurstries

The core requirements for any enterprise creating a social environment using video include: 1. Tools for individuals to create new video assets and share existing ones, 2. Social networking features such as commenting, rating and tagging and 3. Live streaming.

ビデオを用いたソーシャル環境を構築する、あらゆるエンタープライズにおいては、以下の要件がコアとして含まれる: 1. 新しいビデオ・アセットを構築し、既存のものと共有するための個別ツール。 2) コメントや、レート、タグなどを付ける、ソーシャル・ネットワークの機能。3) ライブ・ストリーミング。

Organizations should also promote keywords and tags as well as SEO for allowing collaborators to discover video and also closely track viewing metrics to learn about how video is being consumed as part of its social video enterprise strategy.

こうした組織が、コラボレーションを実現するためには、キーワードとタグだけではなく、SEO をプロモートすべきである。 その役割を担うコラボレータたちにより、ビデオの検索が容易になる。また、ソーシャル・ビデオ・エンタープライズ戦略の一部として、それらのビデオが消費されている状況を把握するための、参照基準のトラッキングも可能になる。

However, the most challenging part of executing a social video strategy is making video sharing and consumption as easy as possible for end users. That’s where Kaltura comes in. By supplying both the end user capabilities for video creation, sharing, tagging, commenting plus rating, AND the back end platform for integrating video across all social enterprise applications, organizations can easily take advantage of the power and value that video brings.

ただし、ソーシャル・ビデオ戦略を実施するにあたり、最もチャレンジングなパートは、エンドユーザー・レベルにおいて、ビデオの共用と消費を可能な限り容易にすることである。 そのためには、ビデオに関するエンドユーザー機能(作成/共有/タグ/コメント/レート)と、すべてのソーシャル・エンタープライズ・アプリケーション横断しながら、ビデオを統合していくバックエンド・プラットフォームが必要となる。 そして、双方を供給する組織が、ビデオがもたらすパワーと価値を、容易に利用できるようになる。

We elaborate on this subject in one of our most recent webinars, and illustrate how it all works using a examples of different social collaboration applications:

私たちは、最近のウェビナーにおいて、このテーマを詳細に説明し、また、以下のソーシャル・コラボレート・アプリケーションを用いて、ビデオを運用する方式を例証している:

クリックで拡大 ⇒
Video Solutions
In The Social Enterprise

The webinar also includes examples of how Coldwell Banker and Texas Instruments are leveraging video as part of their social enterprise strategies.

また、このウェビナーでは、Coldwell Banker と Texas Instruments などが、ソーシャル・エンタープライズ戦略の一部として、ビデオを活用している方式についても触れている。

At Kaltura, we are committed to working with customers and partners to enable social video enterprises and are looking forward to hearing from you. We want to hear about additional ways in which video can be leveraged for making communications, knowledge exchange and collaboration faster and more efficient within enterprises of all sizes.

Kaltura においては、ソーシャル・ビデオ・エンタープライズを実現するために、カスタマおよびパートナーと協調していく。 そして、あなたからのフィードバックを楽しみにしている。 私たちは、すべての規模のエンタープライズにおいて、迅速かつ効果的な方式で、コミュニケーション/ナレッジ・エクスチェンジ/コラボレーションが行われるよう、ビデオを活用していくための方式を、知らせて欲しいと願っている。

Watch the webinar: Video In The Social Enterprise.

Got questions? Leave us a comment below or contact us at the Kaltura Exchange Contact Mail.

ーーーーー

imageちょっとした調べ物があり、そのために訳したコンテントですが、ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が決手になるという、とても興味深い内容となっています。 言われてみれば、組織内におけるノウハウやナレッジの共有が、ビデオで行われるというのは、きわめて納得しやすいものです。 しかし、そのビデオの存在自体を、どのようにして共有するのか? また、それぞれのビデオの有用性について、どのように評価すべきなのか? ・・・ という点が重要とのことです。 これも、Youtube を見れば明らかなことであり、コンシューマにおけるイノベーションが、エンタープライズを変えていくという、大きな流れに沿ったものとなっています。image

ーーーーー

<関連>

エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
エンタープライスのソーシャル利用を調べてみた
Facebook マーケティング : ここが間違っている!
Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!
赤いオペラと 緑のエバノ : まとめページ

 

Comments Off on ソーシャル・エンタープライズでは、ビデオ共有が不可欠に?

Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!

Posted in .Selected, Microsoft, Salesforce, Social by Agile Cat on June 15, 2012

Microsoft Is Buying Yammer, According To People At Yammer
http://wp.me/pwo1E-4jS
Owen Thomas | Jun. 13, 2012
http://www.businessinsider.com/microsoft-yammer-rumor-2012-6

_ Business Insider

UPDATE: Bloomberg is now reporting that Microsoft is in talks to buy Yammer for more than $1 billion, with a  deal coming as soon as Friday.

UPDATE: Bloomberg のレポートによると、Microsoft で協議されている Yammer の買収は、早ければ金曜日にでも、$1 Billion で締結する見込みだ。

EARLIER: We just heard from a source inside Yammer that the office has been abuzz since Monday with talk of Microsoft buying the social-enterprise startup.

EARLIER:  Yammer 社内の情報源からによると、このソーシャル・エンタープライズ・スターアップを買収しようとする、Microsoft の発言により沸き返っているとのことだ。

And the talk is spreading outside Yammer’s office hard by the Caltrain station in San Francisco. Sarah Taylor, an administrative manager at Ignition Talent Group, tweeted about overhearing people talking about Microsoft acquiring Yammer at the Creamery, a café across the street from Yammer’s office.

そして、その話題は、San Farancisco の Caltrain 駅あたりまで、Yammer オフィスの外へと向けて広まっている。Ignition Talent Group の総務部長である Sarah Taylor は、Yammer のオフィスから道を隔てたカフェ Creamery で、Microsoft が買収すると人々が話しているのを耳にしたと、Twitter にポストしている。

Yammer’s Web-based software lets employees work together on projects and share information in an environment that looks more like Facebook than Microsoft Office.

Yammer の Web ベースのソフトウェアは、従業員たちにプロジェクトと情報を共有させるものであるが、その環境は、Microsoft Office というより Facebook に似ている。

Since 2010, it’s offered some integration with Microsoft SharePoint, a cooperation which it expanded in April, along with support for other third-party apps.

同社の製品は 2010年から、いくつかの部分で Microsoft SharePoint と統合されてきたが、サード・パーティー・アプリケーションをサポートすることで、その関係を 4月から深めてきた。

Buying Yammer would also thrust Microsoft into the hot market for social-enterprise tools—putting it in competition with Salesforce.com, Yammer’s archnemesis. Salesforce has a Yammer knockoff called Chatter.

さらに、Microsoft は Yammer を買収することで、ソーシャル・エンタープライズ・ツールというホットな市場に参戦し、Yammer の強敵である Salesforce.com と戦うことになる。現時点では、Salesforce の Chatter が Yammer を圧倒する状況にある。

Yammer raised $85 million in February at a reported valuation of $500 million. An acquisition deal would have to be well north of that—maybe even double.

Yammer の資産価値は、$500 million とレポートされた 2月の時点で、$85 の上昇を見せている。 この買収は、その価値の 2倍に等しいものとなるだろう。

A Microsoft spokesman said the company wouldn’t comment on rumors or speculation. Yammer hasn’t responded.

Microsoft のスポークスマンは、ウワサや推測についてコメントできないとしている。 また、Yammer からは、なんの反応もない。

ーーーーー

imageYammer の近所のカフェで、この件とは何も関係のない Sarah Taylor さんが耳にしたウワサ話が、Twitter にのって広まってしまったというわけですね 🙂  なんとなく、Yammer と ご近所さんの騒ぎが伝わってくるようで、面白いですね。 これで Chatter とガチンコ勝負ですが、どのような展開になるのでしょうか。 なんせ、向こうには Heroku がついていますからねぇ。 --- image

ーーーーー

<関連>

Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る
Salesforce が Heroku を $212 Million のキャッシュで買収
Pinterest + Instagram = Pinstagram というハイブリッド・ソーシャル

 

Comments Off on Microsoft が Yammer を買収 : そして Salesforce の Chatter と対決!

%d bloggers like this: