Agile Cat — in the cloud

Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Facebook, Research, Social, Tencent by agilecat.cloud on September 7, 2016
How China’s Biggest Tech Company Compares to Facebook
Felix Richter, Aug 19, 2016
https://www.statista.com/chart/5549/tencent-vs-facebook/
 
_ Statista
 
Due to the fact that social media services such as Facebook, Twitter, Instagram and Snapchat are inaccessible in China, there exists a whole ecosystem of social networking and messaging platforms that are immensely popular in and around China but hardly known anywhere else in the world.
 
周知のとおり、Facebook や、TwitterInstagramSnapchat といった、ソーシャル・メディア・サービスは、China からはアクセスできない。そのため、China の周辺には、ソーシャル・ネットワークとメッセージングのプラットフォームの、きわめて人気のあるエコシステムが存在しているが、それ以外の地域では、ほとんど知られていない。
 
tencent_vs_facebookClick to Large >>> 
 
This chart compares Tencent and Facebook in terms of financial and operating metrics.
 
このチャートは 2016年前半の、両社における収益と MAU を比較したものである。
 
Platforms such as QQ, WeChat or Qzone have hundreds of millions of users and, just as Facebook, Instagram and WhatsApp, they’re all owned by the same company. Their parent company Tencent recently became China’s largest tech company, after surpassing its rival Alibaba in terms of market capitalization this week.
 
QQ/WeChat/Qzone といったプラットフォームは、Facebook/Instagram/WhatsApp のように、数億人のユーザーを持ち、また、1つの企業により所有されている。8月中旬のことだが、その親会社である Tencent が、時価総額でライバル Alibaba を追い抜き、China で最大のテック・カンパニーとなった。
 
As our chart illustrates, there’s no need for Tencent to fear the comparison to Facebook. While its social networking / messaging services have yet to reach the billion-user mark, its financial results are roughly on par with those of the world’s largest social networking company. In fact, until as recently as 2015, Tencent was more profitable than Facebook, and has been for many years prior. From an investing standpoint, both companies have been doing great over the past 12 months: Tencent’s stock price soared 45 percent since August 2015, Facebook’s is up by 30 percent.
 
このチャートが示すように、Tencent と Facebook を比較することは、きわめて妥当なことである。そのソーシャル・ネットワーク/メッセージングのサービスは、まだ 10億人規模には達していないが、財務面での数字を見ると、世界最大のソーシャル・ネットワーク会社と、ほぼ同等であることが分かる。実際のところ、2015年以前においては、Tencent は Facebook よりも、ずっと利益を上げる企業であった。また、直近の 12ヶ月間の投資という観点では、両社とも積極的な姿勢を見せている。Tencent の株価は、2015年8月との比較において、45% も伸びている。ちなみに、同期間における Facebook 成長率は 30% である。
 
ーーーーー
Tencent日本で知られているのは WeChat の方であり、QQ に関しては名前だけという方も多いのだろうと思います。Agile Cat も疑問だったので、QQ について、ちょっと調べてみました。ctw0123 さんという方のブログによると、「中国人は大抵QQと微信の両方のIDを持っていますが、今では多くの人が微信だけを使用しています」と解説されていました。また、QQ は 1999年に立ち上げられていますが、WeChat は 2011年からとなっています。ひょっとすると、WeChat はモバイル・ファーストのコンセプトで作られたのかもしれませんね。それにしても、Tencent の経済規模には驚きです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる
China UnionPay というクレカの怪物: APAC で Visa と MasterCard をブッチギリ!
Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:エンタープライズ と コンシューマが融合
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
WeChat は中国の Facebook: 7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
 

Comments Off on Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!

Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

Posted in .Chronicle, Facebook, Instagram, Research, Social, Tencent, Twitter, WhatsApp by agilecat.cloud on August 10, 2016
Competition Leaves Twitter in the Dust
Felix Richter – Jul 27, 2016
https://www.statista.com/chart/5358/twitters-user-growth-in-perspective/
 
_ Statista
 
When Twitter reported its results for the second quarter of 2016 on Tuesday, the company once again disappointed its investors with lackluster user growth. Instead of reaccelerating its user growth, Twitter basically flatlined. Now at 313 million monthly active users, Twitter added just 3 million users in the past three months and no more than 11 million since the first quarter of 2015.
 
この火曜日 (7/26) に、Twitter が 2016年 Q2 の収支を報告したが、ユーザー数の伸びに精彩を欠き、投資家たちを失望させた。Twitter のユーザー数は、成長を再加速させるというより、死につつあるという状況なのだ。この3ヶ月間で、Twitter は 300万のユーザーを積み上げ、MAU (Monthly Active Users) を 3.13億人に伸ばした。しかし、2015年 Q1 と比較すると、わずか 1100万人を追加したに過ぎない。
 
twitters_user_growthClick to Large >>>
 
This chart compares Twitter’s long-term user growth to that of the company’s competitors.
 
このチャートは、Twitter と競合他社の、長年にわたるユーザー数の成長を比較している。
 
 
As our chart illustrates, Twitter’s competitors have overtaken the company left and right in the past years. Instagram recently passed the 500 million user mark while WhatsApp, WeChat and of course Facebook are long out of Twitter’s sight.
 
当社のチャートが示すように、数年の間にライバルたちが、一斉に Twitter を追い抜いていった。最近では、Instagram が5億ユーザーに達したが、WhatsApp や WeChat 、そしてFacebook は、Twitter の視野から消え去っている。
 
ーーーーー
twitter-55aこうして比較してみると、WhatsApp と WeChat という、メッセンジャー系の伸びが顕著ですね。この機能は、Twitter にもあるのですが、なぜ、活かすことができなかったのでしょうか? とても簡単にアカウントを作れて、また、廃棄できることが、Twitter の特徴でもあるのですが、これではアカウントが大切にされません。反対に、Facebook は実名主義であるため、メッセンジャーとの整合性も取れていますし、ページとの連携もスマートに処理されています。インターネット自体が匿名から実名へと、ゆるやかにシフトしているように思えますが、Facebook と Twitter の明暗が、それを印象付けているのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
FB も IG も歯が立たない、Pinterest とショッピングの関係を1枚のチャートで!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
 

Comments Off on Twitter の成長が完全に止まった:それを示す1枚のチャート! 

アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる

Posted in Asia, Payment, Tencent by agilecat.cloud on July 12, 2016
Tencent partners to expand WeChat Pay in Japan
Joseph Waring – Jun 8, 2016
http://www.mobileworldlive.com/asia/asia-news/tencent-partners-to-expand-wechat-pay-in-japan/
 
mobileworldlive
 
Chinese internet giant Tencent is partnering with Japanese social data provider Hotto Link to roll out its WeChat Pay service to 10,000 stores in Japan by the end of the year.
 
China インターネット・ジャイアントである Tencent が、ソーシャル・データ・プロバイダー Hotto Link と提携し、この年末までに Japan の 10,000 店舗に WeChat Pay サービスを展開することになった。
 
WeChat PayAccording to Nikkei Asia Review, only a few Japanese stores have adopted WeChat Pay, which is targeted at Chinese travellers who account for a quarter of all visitors to Japan and spend a lot more than other groups.
 
Nikkei Asia Review によると、Japan で WeChat Pay を採用している店舗は少ないが、Japan への旅行者の約 1/4 を占める、China からの人々を対象にしたサービスになるという。
 
Tencent plans to expand to 20,000 stores in Japan and match China UnionPay cards, the most popular payment method for Chinese tourists in Japan, Nikkei reported.
 
Tencent は、Japan で提携する店舗を 20,000 まで拡大し、China UnionPay カードに対応させるという。このカードは、同国からの大半の旅行者が利用していると Nikkei は報じている。
 
The mobile payment service allows Japanese businesses to promote their products and service and offer discounts via Hotto Link’s page on WeChat. To get started, stores need to download an app on a tablet, which allows them to scan QR codes from customers’ smartphone screens. China Construction Bank handles clearing the transactions.
 
このモバイル・ペイメント・サービスは、WeChat の Hotto Link ページを介して Japan の企業が、プロダクトやサービスの提供を促進していけるとも述べている。このサービスを利用する店舗は、タブレットにアプリをダウンロードする必要があるが、それだけで顧客のスマフォ画面から、QR コードをスキャンできるようになる。また、そのトランザクションは、China Construction Bank により処理される。
 
WeChat Pay also is available in Thailand, Indonesia and Singapore, popular destinations for Chinese tourists.
 
WeChat Pay は、China の観光客に人気の、Thailand/Indonesia/Singapore でも利用できるという。
 
WeChat Pay, which is linked to China’s most popular WeChat messaging app, is used by more than 300 million users in China to pay for everything from taxi fares to convenience store purchases to utility bills. The payment service also works on China’s second-largest e-commerce platform, JD.com, in which Tencent has a 15 per cent stake. It is accepted at more than 300,000 stores in the mainland.
 
WeChat Pay は、China で最も人気のメッセージング・アプリ WeChat にリンクされ、China の 300万人以上のユーザーに利用されている。そして、電気や水道などの公共料金から、タクシーの料金にいたる、すべての支払いに対応している。また、このペイメント・サービスは、Tencent が 15% の資本を持つ、China で第二位のコマース・サイト JD.com でも利用できる。そして、China 本土では、30万以上の店舗で採用されている。
 
ーーーーー
Tencent中国からの旅行客を対象にした WeChat Pay の展開ですが、ついに日本のマーケットにも参入するようです。また、China UnionPay カードについては、以前に紹介していますが、アジアで最大のクレジット・カードとして君臨している存在です。為替レートに左右される、中国からの爆買いツアーが今後も続くなら、WeChat Pay + UnionPay での決済が、そこでのスタンダードになっていくのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化:年末までに 20TB のキャパシティを追加
 

Comments Off on アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる

Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: グレート・ファイヤーウォールの弱点が見えてきた!

Posted in .Chronicle, Asia, Google, Government by agilecat.cloud on May 17, 2016
Google scales the Great Firewall, falls off 105 minutes later
Erik Crouch – Mar 28, 2016
https://www.techinasia.com/google-china-censorship-firewall-march-2016
 
_ tech in asia
 
Citizens of mainland China unexpectedly found themselves with unfettered access to Google search late last night, commencing a golden age of censorship-free searching that lasted all of 105 minutes.
 
3月27日の深夜に、China 本土の人々が、Google 検索を自ら探し出し、フィルタのかかってないエンジンに、自由なアクセスするという事件が起こった。突然のことだが、検閲されないゴールデン・タイムが始まり、それは 105分間ほど続いた。
 
Google-in-ChinaWelcome to the land where Google no longer exists.
 
For the duration of the film Edward Scissorhands, lasting from 11:30pm on Sunday to 1:15am on Monday morning, Google’s search – but not other services like Gmail or Youtube – was unblocked, according to the South China Morning Post.
 
South China Morning Post によると、Edward Scissorhands という映画を彷彿させる時間帯は、日曜日の夜の 11時30分から、月曜日の朝の 1時15分まで及んだようだ。ただし、アクセスできたのは Google 検索のみであり、Gmail や YouTube などのサービスはロックされたままだったという。
 
This isn’t the first time that holes have appeared in China’s Great Firewall – or the first time they’ve been hastily filled in.
 
ただし、China Great Firewall に穴が開き、慌てて修復されたのは、初めてのことではない。
 
A welcome accident
 
When a blocked website unexpectedly slips China’s internet filter, it can usually be explained in two ways: either the Great Firewall changed, or the website did.
 
この、China インターネット・フィルタを、ブロックされていた Web サイトが、突然くぐり抜ける場合には、Great Firewall もしくは対象となる Web サイトに、変更が生じたと説明できる。
 
In July of 2014, for example, Facebook made a short-lived return to the People’s Republic – but it was only accessible in some cities, and just for a few hours. China’s censorship authorities don’t exactly post PR releases about the Great Firewall’s glitches, so it has never been clear what exactly happened.
 
2014年の7月のことだが、この人民の共和国に Facebook が一瞬だけ戻ってきた。しかし、いくつかの都市に限られ、また、数時間のことであった。China の検閲当局が、Great Firewall の不具合について、リリースをポストすることはないので、何が起こったのかを正確に把握することは不可能だった。
 
There is more evidence surrounding this most recent Google unblocking. The SCMP reports that access to Google search coincided with the company’s launch of a series of new IP servers in Asia to assist users of Google’s Vietnamese, Japanese, Indian, and other domains. The addition of these new IP servers seems to have confused China’s censorship apparatus, which did not recognize those new connections as linked to blocked services.
 
しかし、今回の Google に関するブロック解除には、それを示す多数の状況証拠がある。SCMP のレポートによると、Google 検索へのアクセスは、同社が Asia で新しい IP サーバ群を立ち上げ、Vietnamese/Japanese/Indian へのサービスを強化した、タイミングと一致していることになる。そして、それらの新しい IP サーバが追加されたことで、China の検閲システムに混乱が生じたようだ。つまり、それらの新しいコネクションが、すでにブロックされているサービスにリンクしていること、認識できずにいたことになる。
 
See: How the Great Firewall of China Works [INFOGRAPHIC]
 
It only took a bit more than an hour and a half for China to bring the ban hammer down on Google’s new servers, however. In the time when the website was accessible, there was a flurry of commentary on Chinese social media, namely Weibo and WeChat.
 
China 当局が、Google の新しいサーバ群をブロックするまでに要した時間は、わずか 1時間から 1時間半ほどである。しかし、その時間内では、この Web サイトへのアクセスが自由であり、China のソーシャル・メディアである Weibo と WeChat にコメントの嵐が吹き荒れた。
 
In posts circulating on WeChat, users shared screenshots of searches via Google’s .jp domain, accompanied with messages ranging from the utilitarian “Welcome back, Google!” to the more poetic: “It came back! A great feeling, like spring flowers in full bloom.” As of writing, those posts are still on WeChat’s Moments service (akin to the Facebook timeline).
 
WeChat では、Google.JP ドメインを介した検索の結果が、スクリーンショットとして繰り返して共有される事態となった。そして、「Welcome back, Google!」 といった一般的なものから、「お帰り! 満開の春の花のような、すばらしい出来事だ」といった詩的なものまで、さまざまなメッセージが添付されていた。この記事を書いている時点で、それらのポストは WeChat の Moments(Facebook のタイムラインのようなもの)に残されていた。
 
It doesn’t look as though Google intentionally evaded censorship here. Launching new IP servers late on a Sunday night doesn’t exactly reek of subversive activity – it seems much more like planned server maintenance that had a pretty big accidental side effect.
 
Google が、意図的に検閲を回避したとは思えない。日曜日の深夜に、新しい IP サーバを立ち上げることから、破壊的な活動を感じることはない。それは、計画されたサーバ・メンテナンスと判断すべきことであるが、きわめて偶発的で甚大な、副作用を有していたことになる。
 
But it does show that China’s Great Firewall is primarily a reactive – not a proactive – tool. All it takes is one routine IP update to poke holes in the system, and presumably force some Beijing bureaucrats and engineers to scramble into their offices on a Sunday night.
 
そして、この事件により、China のグレート・ファイアウォールが、能動的ではなく受動的なツールであることが明らかになった。このシステムの穴を突くために必要なのは、1つのルーチン IP アップデートだけである。日曜日の夜に、Beijing の官僚やエンジニアが、オフィスに駆けつけるという事態が、これからも起こり得るのだろう。
 
ーーーーー
asia-pacific 2こんなことが、あったのですね。2010年に Google が撤退してから、すでに 6年が経過しようとしていますが、多くの中国人が Google を歓迎している様子が、いくつかのコメントににじみ出ています。そして、興味深いのが、中国のグレート・ファイアウォールが、能動的ではなく受動的なツールだという指摘です。そうならば、今後も同じようなことが繰り返して発生する可能性があります。何年先になるのか、何十年先になるのかは分かりませんが、早く、このファイアウォールが消えてくれると良いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% に!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
中国で Facebbook が解禁される ? ただし 上海の経済特区のみ ?
Alphabet と Google の傘下に収まる、すべての企業を、1枚の相関図にまとめてみた!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
 

Comments Off on Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: グレート・ファイヤーウォールの弱点が見えてきた!

Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Payment, Tencent, Uber by agilecat.cloud on February 18, 2016
Uber makes it easier for Chinese people to pay for rides overseas
Steven Millward – Feb 1, 2016
https://www.techinasia.com/uber-china-global-alipay
 
_ tech in asia
 
Uber’s recent focus on China continued today as the company revealed it’s making life easier for Chinese people going overseas.
 
China での Uber は、同国における展開を継続して強化しているが、その一例として、China の人々が容易に海外に出かけられるような、仕組みに取り組んでいることを明らかにした。
 
Uber is doing this by allowing its Chinese customers to pay for rides using Alipay, China’s top epayment service, wherever they are in the world. Previously, a Chinese tourist would have to pay with a credit card that permitted foreign currencies.
 
Uber が China の顧客に提供するのは、このサービスを世界の何処で使うにしても、China のトップ・ペイメント・サービスである Alipay を用いて、支払いを可能にするという機能だ。つまり、これまでの China からの旅行者たちは、外貨の利用を許可されたクレジット・カードで、支払を処理する必要があったのだ。
 
Uber-transportationAlipay – a partially owned subsidiary of Alibaba – first joined forces with Uber in 2014, shortly after the US startup launched in the country. However, payment was previously restricted to rides within mainland China.
 
Alibaba の子会社である Alipay が、Uber と協力関係を築いたのは、このスタート・アップが US で立ち上がった直後の、2014年のことである。しかし、これまでの Uber に関する Alipay 決済は、China 国内での利用に限定されていた。
 
The Uber-Alipay global rollout starts with Hong Kong, Macau, and Taiwan ahead of Chinese New Year, which begins February 8. It will be extended to other countries at a later date.
 
Uber−Alipay のグローバル展開は、China に春節に合わせた 2月8日から、Hong Kong/Macau/Taiwan で開始され、その後も、他の国々に展開されていくという。
 
The move comes after Uber made its two biggest expansions in China. The car-hailing service will soon cover 55 Chinese cities as it ramps up the battle against homegrown Didi Kuaidi.
 
この Uber の動きは、China 国内での大規模な拡張を、二度にわたって実施したのちに訪れている。それらの拡張により、あっという間に 55都市に、サービスを広げた Uber は、China 国内の競合相手である Didi Kuaidi との戦いの、準備段階に入ったことになる。
 
Uber’s global push with Alipay allows the service to steal a march on its arch-rivals Didi, Grab, Ola, and Lyft who recently formed a global alliance. The mega partnership makes their apps interchangeable for global travellers, so a Chinese businessperson in India could use Ola through the Didi app, or a Chinese holidaymaker in Thailand can similarly use Grab via the Didi app.
 
Uber と Alipay のチームは、先日にグローバル・アライアンスを締結した、Didi/Grab/Ola/Lyft などの主要なライバルから、顧客を奪い取る可能性を秘めている。Didi などのよるメガ・パートナーシップは、世界を旅行する人々に対して、アプリの互換性を保証するものとなっている。したがって、India を旅する China のビジネスマンは、Didi アプリを介して Ola を利用できる。また、Thailand で休日を楽しむ China の旅行者も、Didi で Grab を利用できるのだ。
 
However, the so-called anti-Uber alliance hasn’t yet come up with a solution for epayments when someone is in a foreign country. That’s a huge barrier to usage.
 
とは言え、この Anti–Uber と呼ばれるグループは、その他の国々におけるペイメント・ソリューションを考え出すにはいたっていない。つまり、そのためには、大きな障壁を取り除く必要があるのだ。
 
A Didi representative told Tech in Asia this afternoon that it and Lyft “will start rolling out their cross-border products from Q1 and throughout this year.” That will allow a Chinese person to use their familiar payment methods, such as WeChat Wallet, even when they’re in the US. “More cross-border products with Didi’s other partners will follow, and eventually get linked up to cover more geographies and population,” added the rep.
 
今日の午後のことだが、Didi の担当者が Tech in Asia に説明してくれたのは、「同社と Lyft が今年を通じて、国境をまたいだサービスの展開に取り組んでいく」という内容のものだった。それは、China に人々が慣れ親しんでいる、たとえば WeChat Wallet のような支払い方式を、US からであっても利用できるようにするものだ。そして、 その担当者は、「 Didi における他のパートナーたちも、より多くのクロス・ボーダー・プロダクツに対応するようになる。そして、最終的には、あらゆる地域と、あらゆる人々が、リンクされていく」と付け加えていた。
 
ーーーーー
Uber Logoこういうことが起こるのだと、とても驚かされるトピックですよね。 ローカル・サービスと呼んで差し支えない (?) Alipay が、グローバル・サービスである Uber に引っ張られるかたちで、いきなり世界に、しかも中国から、飛び出していくという仰天の展開です。 これが、OTT (Ober The Top) の凄まじさなのでしょう。 Anti-Uber グループも、API の共通化を進めているようですが、この陣取りゲームでは、Uber−Alipay チームのほうが足が速そうです。 おそらく、何処の国で使っても、単一のビジネス・プロセスとアーキテクチャでカバーできるような、最適化されたペイメント・ソリューションが実装されているのでしょう。 この 2016年は、こんな驚きが続いていく一年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
 

Comments Off on Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?

Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, Payment by agilecat.cloud on January 23, 2016
What Are Facebook Messenger Users Doing, Besides Sending Messages? (Infographic)
David Cohen – Jan 14, 2016
http://www.adweek.com/socialtimes/gwi-facebook-messenger-actions-infographic/632819
 
_Social_Time
 
person-woman-hand-smartphonePEXELS
 
It’s no surprise that the most popular action taken by users of Facebook’s Messenger application is sending messages, but what else are they doing with the app?
 
Facebook Messenger アプリ・ユーザーの、最も一般的なアクションが、メッセージの送受信であっても何の不思議もないが、その他のケースでは、どのように使われているのだろうか?
 
According to GlobalWebIndex, the most popular actions by Messenger users are:
 
GlobalWebIndexによると、以下のような頻度で、Messenger アプリは使われることになる:
 
  1. Sent a message, 90 %
  2. Sent a photo, 48 %
  3. Sent a sticker, 35 %
  4. Used Messenger.com on a PC or laptop, 22 %
  5. Sent a video, 21 %
  6. Made a video call, 18 %
  7. Sent a voice recording, 15 %
  8. Received a message from a brand or company, 15 %
 
GWI Infographic Messenger ActionsClick to Large >>>
 
GWI said in an email to SocialTimes:
 
GWI から SocialTimes へのメールには、以下が記されていた:
 
While receiving a message from a brand or company features at the bottom of our list (15 percent), it underlines the future direction of Messenger.
 
このリストの Brand および Company からのメッセージ受信は、8番手の 15% に過ぎないが、Mssenger における未来の方向性を明確に示している。
 
Having recently integrated Uber into its app, the service is following in the footsteps of WeChat in moving beyond a simple peer-to-peer messaging app to become a service-facilitating platform.
 
最近になって、このアプリに Uber が統合されたが、それは WeChat を追いかけた結果だと捉えられる。つまり、シンプルな P2P メッセージング・アプリから、特定のサービスを促進するプラットフォームへと、その機能が移行したことになるのだ。
 
It’s easy to see how, in the future, everyday activities such as shopping online, ordering food, making restaurant reservations and ordering taxis could all be done without leaving Facebook’s chat app.
 
そこから容易に推測できるのは、将来的におけるアクティビティが、つまり、
オンライン・ショッピング/食品の注文/レストランの予約/タクシーの予約といった日常の行動が、Facebook のチャット・アプリから離れることなく、すべて完了するという状況である。
 
Readers: What do you use Messenger for, besides the obvious?
 
Readers: 明確にされた用途に加えて、あなたは Messenger を、どのように使うのだろうか?
 
ーーーーー
facebook昨日にポストした、「WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る」という記事と、言わんとしていることが一致していますね。 つまり、企業ユーザーによる負担との引き換えで、エンド・ユーザー同士の会話は無償になるというロジックです。事例としてあげられている、Messenger と Uber のインタラクションですが、なかなかスムーズな流れになっているようです。 そして、こうしたトランザクションが発生するごとに、Uner から Facebook へと、何らかの対価が支払われるのでしょう。なお、文中でも指摘されている WeChat は、メッセンジャー・ペイメントのパイオニアと言っても過言ではない、という実績を積み上げているようです。この領域は、2016年の大きな目玉となりそうですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Photo Magic  : 撮りたて写真を Messenger で 速攻シェアだ!
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせるテストが始まったようだ
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
 

Comments Off on Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

Posted in .Selected, Asia, Oracle, Social, Strategy, Tencent by agilecat.cloud on January 19, 2016
Oracle, Tencent Reach Agreement To Advance Cloud Services In China
John Foley, Oracle – Nov 13, 2015
http://www.forbes.com/sites/oracle/2015/11/13/oracle-tencent-reach-agreement-to-advance-cloud-services-in-china/
 
_ Forbes
 
Beijing — Oracle has signed a non-binding memorandum of understanding with Tencent Cloud, China’s largest and most-used internet service portal, with an objective of offering cloud services in China.
 
Beijing — Oracle は、China で最も利用されている、最大のインターネット・サービス・ポータルである Tencent Cloud と、MOU(non-binding memorandum of understanding)を締結し、同国でのクラウド・サービスの提供へ向けて進むことになった。
 
Tencent OracleThe agreement, which signals the growing similarity between business and consumer technology services, was announced November 12 by Loic Le Guisquet, Oracle’s president for Europe, Middle East and Africa (EMEA) and Asia Pacific, at Oracle CloudWorld in Beijing.
 
今回の合意は、Beijing で開催された Oracle Cloud World において (11月12日)、同社の President for EMEA and Asia Pacific である Loic Le Guisquet がアナウンスしたものであり、企業と消費者へ向けたテクノロジー・サービス間で、類似性が増大していることを、知らせるものでもある。
 
“This is a very big thing,” Le Guisquet told a standing-room only audience of some 2,000 people. “We wanted a partner who understands social, who understands mobile, like nobody else, because that’s the new era. This is a unique combination.”
 
Le Guisquet は、2,000人のオーディエンスが溢れるレセプション会場で、「 この合意は、きわめて重要なものである。 私たちが求めてきたのは、他の誰よりもソーシャルとモバイルを理解する、つまり、新しい世代を理解するパートナーである。そのためには、この2つの組み合わせが、不可欠なのだ」と、説明していた。
 
Tencent, based in Shenzhen, China, is a powerhouse in mobile, social, and consumer web applications, and perhaps best known for its fast-growing WeChat mobile messaging service. Another one of its services, the QQ instant message service, has at last count some 860 million active users, mainly in China.
 
Shenzhen (深圳), China をベースとする Tencent は、モバイル/ソーシャル/コンシューマ Web アプリの巨人であり、また、WeChat モバイル・メッセージング・サービスを急成長させたことで、多くの人々に知られるようになった。同社における別のサービスとしては、QQ インスタント・メッセージ・サービスがあり、最新の情報によると、China を中心に 8.6億人のアクティブ・ユーザーを持つとされる。
 
Under the new agreement, Oracle’s portfolio of cloud services will be offered in China. In addition, Oracle and Tencent plan to integrate their cloud services and jointly promote them in China.
 
今回の合意に基づき、Oracle のクラウド・サービス・ポートフォリオが、China に提供されるようになる。また、Oracle と Tencent の計画によると、両社のクラウド・サービスは統合され、China におけるプロモーションも共同で推進される。
 
The arrangement covers software as a service (SaaS), platform as a service (PaaS), and infrastructure as a service (IaaS), all based on Oracle products and technologies, and it will likely result in the establishment of Oracle’s first data center in China. Oracle and Tencent will establish a business collaboration committee to determine next steps.
 
この合意は、SaaS/PaaS/IaaS といった、Oracle における全てのプロダクトとサービスをカバーするものになる。そして、Oracle としては初めての、Chine におけるデータセンターの構築まで視野に入っているのだろう。また、Oracle と Tencent は、次のステップへと進めるための、業務提携コミッティを設立することになる。
 
TencentTencent’s Dowson Tong, left, and Oracle’s Loic Le Guisquet announce plans to work together.
 
Tencent Cloud has grown into the leading public cloud service provider in China. “We hope to further strengthen Tencent Cloud’s capability, extend the range of service, fully understand customers’ choice with respect and support through the partnership with Oracle,” said Dowson Tong, Tencent’s senior executive vice president and president for Social Network Group.
 
Tencent Cloud は、China におけるパブリック・クラウド・サービスの、リーディング・プロバイダーとして成長してきた。Tencent の Senior Executive VP と President for Social Network Group を兼任する Dowson Tong は、「私たちは、Tencent Cloud の能力を、さらに強化していく。 それは、Oracle とのパートナーシップを通じて、サービスの範囲を拡張し、また、顧客の選択肢を理解し、サポートを尊重することで達成される」と述べている。
 
During his CloudWorld keynote presentation, Le Guisquet highlighted three ways that Oracle’s cloud strategy is unique from other cloud companies. He pointed to the “security in silicon” design of Oracle’s new SPARC M7 microprocessor, which provides always-on security for all levels of the cloud stack; to the flexibility Oracle gives customers in choosing a cloud deployment model (public or private); and to Oracle’s range of PaaS services, which include data management, development tools, big data, integration, and the Internet of Things.
 
Cloud World のキーノートで Le Guisquet は、Oracle のクラウド戦略について、他のクラウド・ベンダーとは異なる、3つのユニークな視点を強調していた。まず、彼は、Oracle の新しい SPARC M7 マイクロ・プロセッサに実装される、“Security in Silicon” デザインにより、すべてのクラウド・スタック・レベルにおいて、常にセキュリティが提供される点を指摘していた。また、Oracle は、パブリックとプライベートによる、クラウド・デプロイメントのモデルにより、顧客の選択に柔軟性をもたらすという。そして、Oracle の PaaS が、データ管理/開発ツール/ビッグ・データ/インテグレーション/IoT などを含む、広範囲におよぶレンジを提供すると述べていた。
 
In a media briefing after the keynote, Le Guisquet and Tong were joined by Roger Li, managing director of Oracle China, and by Lucas Liu, vice president of cloud computing with Tencent Cloud.
 
なお、このキーノートの後に行われたメディア・ブリーフィングには、Le Guisquet と Tong に加えて、Oracle China の Managing Director である Roger Li と、Tencent Cloud の VP of Cloud Computing である Lucas Liu も同席した。
 
A New Era of Cloud Computing
 
“It’s an important day for us, and we think a very important day for cloud in China,” Le Guisquet said. “I’m sure this is going to be the start of a new era of cloud computing for the enterprise in China.”
 
Le Guisquet は、「 今日は、私たちにとって重要な日であると同時に、China におけるクラウドにとっても、きわめて重要な日だと思う。China におけるエンタープライズ・クラウド・コンピューティング新時代の、幕開けになると、私は確信している」と述べている。
 
One journalist asked the executives what made Tencent, with its strength in consumer apps, and Oracle, a leader in enterprise cloud services, a compelling combination for China’s burgeoning cloud market. They responded that consumer and business apps are converging, and that as that happens, the distinction between them is diminishing.
 
あるジャーナリストが、Tencent の強力なコンシューマ・アプリと、Oracle の先進的なエンタープライズ・クラウド・サービスを組み合わせることで、何が生じるのかと、Tencent の幹部に尋ねた。それは、China で急成長するクラウド市場において、魅力的な組み合わせなのかという問いである。それに対して、プレゼンターたちは、コンシューマとエンタープライズのアプリが、合流しようとしていると回答していた。そして、傾向が進むに連れて、両者間を区別するものが、減少していると説明していた。
 
At the same time, Oracle’s experience in the enterprise market and Tencent’s experience in the consumer market are complementary, they said.
 
それと同時に、彼らは、エンタープライズ市場における Oracle のエクスペリエンスと、コンシューマ市場における Tencent のエクスペリエンスは、相互に補完しあうとも述べていた。
 
Le Guisquet said he has “very ambitious” expectations for Oracle’s agreement with Tencent, and he mentioned several factors that make the timing right. For one thing, the arrangement could make it easier for small businesses in China to adopt cloud services. In addition, Oracle’s large installed base of customers in China will now have cloud options that let them preserve their investment in Oracle technologies.
 
Le Guisquet は、Tencent と Oracle の合意において、大いなる期待を抱いており、また、いくつかの要因について考えると、そのタイミングが、きわめて適切だったと述べている。まず、今回の合意により、China の中小企業がきわめて容易に、クラウド・サービスを採用できるようになる点を指摘していた。また、China における Oracle の大手顧客が、今後も Oracle テクノロジへーに投資し続ける上で、さらなるクラウド・オプションを手にすることも指摘していた。
 
And finally, Le Guisquet said, the melding of consumer and enterprise capabilities is the wave of the future.
 
そして、締め括りの言葉として、コンシューマ市場とエンタープライス市場における能力が融合することで、未来へ向けた大きな波が生じると、Le Guisquet は述べていた。
 
Read more on Oracle.com:
 
ーーーーー
Tencentこの記事を見つけたときには、いわゆる米中提携なのかと思っていました。 しかし、訳し始めると、エンタープライズとコンシューマの融合であることが分かってきたのです。 Oracle については、説明する必要もないでしょうが、日本から見た Tencent は、WeChat の会社というイメージでしかありませんよね。 しかし、この WeChat は単なるメッセージング・アプリではなく、驚くほど広範囲におよぶペイメント・ビジネスの、基盤として機能しているのです。この提携により、どのようなビジネスが生まれるのかと、予測するのは無親しいですが、ワクワクする展開になるのは、間違いないでしょう。 ちなみに、中国市場への参入で先行しているのは、Microsoft Azure であり、(おそらく)中国国内法との関係から、21Vianet が運営の事業体となっているはずですが、今回の Oracle のケースにおいても、Tencent が事業体となり、グレートファイヤーウォールを乗り越えているのだと思います。 昨年は Alibaba/Aliyun が外へ飛び出てくる年でしたが、今年は、Microsoft/Oracle/AWS などが、中国市場へ本格参入する年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!
Tencent ユーザーがピンチだ : 中国のキャリアが課金を検討か?
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
 

Comments Off on Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!

Posted in .Selected, Facebook, Mobile, Social, Uber by agilecat.cloud on December 24, 2015
Ordering an Uber ride through Facebook Messenger feels like the future
Alex Heath, Tech Insider – Dec. 16, 2015
http://www.businessinsider.com/how-to-use-uber-in-facebook-messenger
 
_ Business Insider
 
Facebook Messenger can already be used to send money, make video calls, and get customer service support.
 
すでに Facebook Messenger は、キャッシュ送金や、ビデオ通話たけではなく、カスタマー・サービスのサポートのためにも利用できる。
 
FB-With-UberFacebook
Click to Large >>>
 
But now you can use it to order an Uber. Facebook has partnered with Uber to let you order a ride without even leaving the Messenger app.
 
そして、いま、Uber を申し込むためにも、このアプリを使えるようになった。つまり、Facebook と Uber が提携したことで、Messenger アプリを離れることなく、その申し込みが可能になったのだ。
 
We just tried it, and it felt futuristic to have Uber built directly into an app like Messenger, which many of us at Tech Insider use daily to keep in contact with friends.
 
私たちも、試しに使ってみたが、Messenger のようなアプリから、ダイレクトに Uber を呼び出すことに、ちょっとした未来を感じるようになった。そして、いまでは Tech Insider スタッフの多くが、それぞれの友人たちと会うために、この機能を毎日のように利用することになってしまった。
 
FB-with-Uber 2Click to Large >>>
 
Uber is sweetening the deal for early adopters by offering the first ride through Messenger for free.
 
また、Uber の方も、この Messenger を介した初めての乗車を無償にするという、すばらしいサービスを提供している。
 
Here’s how to use Uber in Messenger:
 
以下は、Messenger から Uber を呼び出す手順である:
 
1: My colleague Steve Kovach asked if I wanted to meet at Penn Station here in New York City. To order an Uber ride there, I just need to tap this little button.
 
私の同僚である Steve Kovach が、New York City の Penn Station で会わないかと、連絡してきた。 私は、Uber で行きたかったので、この小さなボタンをタップした。
 
2: And then tap “Transportation” to get started.
 
つづいて、”Transportation” をタップし、Uber と連絡を取る。
 
3: You may also see this little car icon in a message thread once you set up Uber in Messenger. It can be used to order a ride quickly.
 
メッセージ・スレッドの中に、小さな自動車のアイコンが見えるだろうが、それは前もって、Messenger に Uber をセットしているからである。これをタップするだけで、直ちに Uber を呼び出せる。
 
ーーーーー
facebook昨日に紹介した、WeChat のアドイン・アプリも、このような形になっているのでしょう。 スマフォの役割がインターネット・コミュニケータだとして、さらにフレンド・コミュニケータとしての使い方を重視するなら、メッセンジャーとアプリ(この場合は Uber)を一体化した方が便利ですよね。 タイトルと文中に、「未来」というキーワードが記されていますが、なんとなく解る感じがします。 このところ、スマフォのハードウェアに関心が無くなってきたというか、充分すぎるスペックに呆れてしまっている Agile Cat ですが、このようなアプリ間連携には興味シンシンなのです! _AC Stamp
ーーーーー

<関連>

 

Comments Off on Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!

%d bloggers like this: