Agile Cat — in the cloud

これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!

Posted in .Selected, Digital Ocean, Strategy, Web Scale by Agile Cat on April 22, 2014

These Guys Met On Craigslist And 2 Years Later Their Startup Raised $37 Million And Is Threatening Amazon
http://wp.me/pwo1E-7qV
Julie Bort – Apr. 18, 2014
http://www.businessinsider.com/startup-from-craigslist-to-amazon-killer-2014-4

_ Business Insider

Remember last December, when Beyoncé caused a music industry firestorm by releasing her new album via her website and iTunes a full week before retailers like Amazon and Target could sell it?

Beyonce が音楽業界に嵐を巻き起こした、昨年の 12月のことを覚えているだろうか? つまり、Amazon や Target といったリテーラーを一週間も待たせながら、自分の Web サイトと iTunes で、新しいアルバムをリリースしてしまった、あの騒動のことだ。

DigitalOcean co-founders Ben Uretsky, Moisey Uretsky, Mitch Wainer

LinkedIn/DigitalOcean

Well, unbeknownst to them, these three guys were part of the controversy. Their company, DigitalOcean, runs the cloud service that hosts Beyoncé’s website. But they didn’t know about her album plans until they saw the traffic go crazy on their cloud that day.

そして、この騒ぎには、3人の男が関与しているのだが、そんなことは誰も知らない。彼らの会社は DigitalOcean であり、Beyonce の Web サイトをホストする、クラウド・サービスを運営しているのだ。ただし、その日、DigitalOcean のトラフィックが狂ったように上昇するまで、彼らは Beyounce のニュー・アルバムのことを、まったく知らなかったようだ。

"We had no idea," co-founder and CEO Ben Uretsky told Business Insider. "Her development team chose DigitalOcean because of our fast cloud servers.” That Beyoncé’s web developers had full confidence that this startup could safely handle the load when millions of people all jumped on the website the second the album launched says a lot about the startup.

「 それについて、特別なことは何もない。 DigitalOcean のクラウド・サーバーが速いということで、彼女の開発チームが選んだのだろう」と、CEO の Ben Uretsky は Business Insider に語っている。 Beyonce の Web デベロッパーは、このアルバムが発売された瞬間に、何百万人もの人々が Web サイトに殺到しても、このスタートアップが安全にワークロードを処理できるという、完全な自信を持っていたと語っている。

But it was just another milestone in a whirlwind that began two years ago, when brothers Ben and Moisey Uretsky met Mitch Wainer through Craigslist. "We met on Craigslist, but it wasn’t the personals," laughs co-founder and CMO Wainer. "Ben and Moisey put out a job listing and I answered it.”

しかし、わずか 2年前にスタートしたという観点では、彼らは別のマイルストーンも達成している。 Ben と Moisey の Uretsky 兄弟が、Craigslist を介して Mitch Wainer と出会ったのが、そのときなのだ。「 私たちは、Craigslist で出会ったのだが、それはパーソナルなものではなかった。 Ben と Moisey がジョブ・リストを出し、それに私が答えたのさ」と、Co-Founder and CMO であるWainer は笑いながら言っていた。

Wainer was bored with a dead-end job at a startup where he had no equity, and was surfing for new options. He had gotten an offer from another hot New York startup, ZocDoc, but made a "big bet" to go become a founder instead.

そのときの Wainer は、自分では投資していない、すでに行き詰まっているスタートアップに退屈していたので、この、新しいオプションに乗ったという。彼は、New York のホット・スタートアップである ZocDoc からもオファーを受けていたが、自分が創業者になるという"大きな賭け”に出たのだ。

The bet paid off. DigitalOcean landed a spot in the TechStars 2012 class in Boulder, Colo., and the team built a cloud service that quickly became astoundingly popular. In less than two years, mostly through word-of-mouth, DigitalOcean has become the ninth largest cloud infrastructure company in the world, according to a site that tracks such stats, Netcraft.

その賭けは報われた。 DigitalOcean は Boulder, Colo における TechStars 2012 クラスで、キャッシュを手に入れた。 そして、このチームはクラウド・サービスを構築し、それを、驚くほど急速に普及させたのだ。 2年前までは、絵に描いたモチに過ぎなかった DigitalOcean だが、統計トラッキング・サイトである Netcraft によると、いまや世界で 9番手のクラウド·インフラ企業へと成長している。

IT professionals love it for something called "droplets," which is what the company calls its cloud computers. Droplets can be set up in 55 seconds, they use superfast solid-state disk (SSD) flash storage (that’s what Beyoncé’s team liked) and cost as little as $5/month.

IT のプロフェッショナルたちは、DigitalOcean が droplet と呼ぶものを好んでいる。この droplet の設定は 55秒で完了し、( Beyonce チームもお気に入りの)超高速の SSDも提供されるが、そのコストというと、わずか $5/month なのだ。

Today the company hosts about 1.5 million "droplets" and was adding more servers per month than Amazon’s cloud, Netcraft says. It has 150,000 customers and recently opened a new Amsterdam data center, too.

現時点で、同社がホストする droplet は 1.5 Million を数え、Netcraft によると、Amazon を凌駕するペースで、毎月のようにサーバー数を増やしているという。また、顧客数としては 15万アカウントを有し、先日には Amsterdam データセンターもオープンしている。

In March, DigitalOcean nabbed a big $35 million Series A at a $153 million valuation led by Andreessen Horowitz (it has raised $37.2 million total). And, unlike many Silicon Valley cloud startups, DigitalOcean didn’t need the money. It’s already profitable, Wainer says. They don’t plan to use the investment to operate at a loss.

そして 3月の DigitalOcean は、Andreessen Horowitz が率いるラウンドで $153 Million の評価を得て、$35 Million の Series A という(全体では $37.2 Million)、膨大なキャッシュをかっさらって行った。 ただし、数多くの Silicon Valley クラウド・スタートアップとは異なり、DigitalOcean はキャッシュを必要としていない。 なぜなら、DigitalOcean は、すでに黒字を出しているからだと、Wainer は述べている。 彼らは、損失を補填するというレベルで、投資家たちからの支援を必要としているわけではないのだ。

"We’ll grow as fast as possible as long as we’re at break even," Wainer says. "The moment we start to go into the red, we would take a step back. We just love running profitable companies. That’s a contrast with New York. We’re real. We’re down to earth. We don’t run a fantasy revenue model.”

「 私たちは、赤字にならない範囲で、可能な限り迅速に成長していくつもりだ。もし、赤字に突入しそうなら、後戻りする。私たちは、収益性の高い企業を目指している。つまり、New York の企業とは、対照的なのかもしれない。地に足をつけて、現実を眺めながら進んでいく。 ファンタジーのような収益モデルを、推進することはあり得ない」と、Wainer は述べている。

ーーーーー

これまでにも、この DigitalOcean の名前は何度か聞いたことがあります。しかし、ここまで凄まじい勢いで伸びているクラウドだとは、ちょっと想像外でした。 なんというか、怪物と呼ばれる存在へと、このまま成長していく可能性を感じます。ちなみに、Wikipedia によると ーーー そして12月13日、突如 5th アルバム BEYONCÉ を、全世界の iTunes Store 限定でリリース。事前の宣伝は全くなく、先行シングルもないという異例の状態でのサプライズ・リリースとなった。ビジュアル・アルバムと銘打たれたこの作品は、14曲の新曲と、17編のビデオ映像で構成されている。BEYONCÉ は、発売から3日間で61万7千ダウンロードを売り上げ、2nd アルバム B’Day の54万1千枚を、デジタルセールスのみで上回った形となった。また、全世界での売り上げは3日間で82万8千ダウンロードに達した。これは、iTunes Storeにおける史上最速セールスとなり、6日後には100万ダウンロードとなった。 ーーー とのことです。この、一連の数字が iTunes だけのものなのか、Beyonce Web でのダウンロードも含むのか、そのあたりが不明ですが、楽曲だけではなく動画も含んでいるところに、スケールとしての凄まじさを感じます。これまでの事例ですと、たとえば Zynga などは、新作のローンチに AWS を使い、ピークが収まったころに Zcloud に移行するという安全策をとっていたようですが、Beyonce の Web チームには、DigitalOcean を選ぶ理由があったのでしょう。とても面白い話ですね! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている
Google Load Balancing のベンチマーク : 100万リクエスト/秒を達成!
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる

Comments Off on これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!

Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Google, Open Compute, Strategy by Agile Cat on August 28, 2013

Forget servers; One day Facebook, Google and other web giants will make their own custom chips
http://wp.me/pwo1E-6xC

By
Stacey Higginbotham
http://gigaom.com/2013/07/06/forget-servers-one-day-facebook-google-and-other-web-giants-will-make-their-own-custom-chips/

_ Gigaom

Summary: Will web giants soon follow in Apple’s footsteps with the iPhone, and design specialty silicon for the servers running their operations? An AMD executive thinks that day is around the corner.

Summary: Web の巨人たちは、すぐにでも Apple における iPhone の足跡をたどり、彼らが運用するサーバーに特化された、シリコン・チップをデザインしていくのだろうか?  ある AMD の幹部は、その日が迫っていると考えている。

ーーーーー

photo: (c) 2013 Pinar Ozger
pinar@pinarozger.com

It has become clear that ARM is invading the data center as chips built using its designs grow more powerful for enterprise computing loads and as the workloads and economics of webscale computing make the ARM architecture more attractive. But using ARM cores also changes the cost of designing a new chip, and frees the non-CPU elements on the chip from being dictated by a specific vendor.

しだいに明らかになってきたことは、ARM はエンタープライズ・コンピューティングにおける負荷とワークロードに対して、チップ構成をパワフルにしていくためのデザインを成長させ、データセンターに侵入しようとしていることだ。そして、Web スケール・コンピューティングの経済が、ARM アーキテクチャをより魅力的にする。さらに言えば、ARM Core の利用は、新しいチップのデザイン・コストを変更し、特定ベンダーにより決定されている、チップ上の non-CPU 要素を解放する。

Both of these trends are driving webscale companies to discuss making custom CPU cores for their specific workloads, and are allowing startups to try to break into the world of interconnect fabrics and memory management that used to be locked to a specific x86 core. Right now big web companies like Google and Facebook are designing and building their own gear but soon they may want to have a few chip designers on hand as well.

これらのトレンドが、Web スケール・カンパニーにおけるワークロードに対応する、カスタム CPU コアを作成しようという議論を推進している。 つまり、x86 コアにロックされてきた、インターコネクト・ファブリックとメモリ・マネージメントの世界への、スタートアップたちによる侵入を許容しようとしているのだ。そして、いま、Google や Facebook といった巨大な Web カンパニーは独自のギアを設計/構築しているが、それほどの時間を待つことなく、チップ・デザイナーも手中に収めたいと考えるだろう。

With ARM custom server chips are cheaper and faster

Facebook’s Open Compute
technologies on a rack.

Andrew Feldman, GM and corporate VP at AMD, explained this idea in a series of conversations with me over the last few weeks in which he estimated that one could build an entirely custom chip using the ARM architecture in about 18 months for about $30 million. He compared this to the three or four-year time frame and $300 million to $400 million in development costs required to build an x86-based server chip.

AMD の GM and Corporate VP である Andrew Feldman は、この数週における私との会話の中で、いくつかの考えを説明してくれた。そのときに、彼は、ARM アーキテクチャを用いる完全なカスタムチップの構築が、約18ヶ月の時間と、$30 million のコストで実現されると推定していた。そして、x86 ベースのサーバーチップを構築するためには、3年~4年のタイムフレームと、$300 million ~ $400 million のコストが必要になるとも比較していた。

He wrote in an email:

This vast change in the cost and time to market opens the door for large CPU consumers (mega data center players) to collaborate with ARM CPU vendors–say by paying part of the cost of development– in return for including custom IP that advantages the Mega Data center owners software/offering. There are conversations underway on this topic with nearly every major megadata center player in the world. The mega data center owners are building warehouse scale computers. It is not surprising that they have ideas on custom IP that would advantage their own software and would like that IP embedded into a CPU — ARM makes this feasible by bringing down the cost and development time of CPU creation.

この、立ち上げまでのコストと時間における大きな変化により、大規模な CPU 消費者(メガ・データセンター)が開発コストの一部を支払うことで、ARM CPU ベンダーとの協業のドアが開かれるだろう。そして、見返りとして、メガ・データセンターの所有者たちは、ソフトウェアと提供物に先進性をもたらす、カスタムな IP を得ていく。ほぼ、すべての、世界のメガ・データセンター・プレーヤーたちが、このトピックに関連して、なんらかのビジネスを進めているはずだ。つまり、メガ・データセンターの所有者は、倉庫のような規模のコンピュータを構築しようとしている。彼らが、自身のソフトウェアにおけるアドバンテージとして、カスタムな IP のアイデアを有し、それの IP を CPU に組み込もうとしていても、さほど驚くべきことではない。  ARM は、CPU 開発におけるコストと時間を抑制することで、それを可能にするのだ。

This is a deeper component to Feldman’s talk at Structure about how the shifts in personal computing habits from PCs to less powerful mobile phones and tablets has changed the infrastructure needs of web companies that do most of the computing in the cloud for these devices.

それは、Structure で Feldman が説明した、奥行きのある構成要素に関するものだ。つまり、PC から、それほどパワフルではないモバイルやタブレットへと向けた、パーソナル・コンピューティングにおける傾向の変化が、それらのデバイスのためのクラウド・コンピューティングを提供する、大半の Web カンパニーのインフラ・ニーズをシフトさせるというものである。

Yet custom chips aren’t limited to improving the computing economics at webscale vendors. Feldman said there is a company using custom-made chips on boards to mine Bitcoins, a rumor I had heard at our Structure event, but couldn’t confirm. I’m not sure if the custom-chips are using ARM cores however.

しかし、カスタムチップにおける経済性の向上は、Web スケール・ベンダーのコンピューティングに限定されるものではない。Feldman は、Bitcoins をマイニングするボード上で、カスタム・メイドのチップを使用した企業があるとも発言していた。そのウワサは、私たちも Structure イベントで聞いたが、実態を確認することはできなかった。また、そのカスタム・チップが ARM コアを使用しているのかどうかも分からなかった。

The point however is the same. Building a custom-chip that can efficiently mine Bitcoins is totally worth the cost of building such a processor.

しかし、視点は同じである。 つまり、Bitcoins を効率的にマイニングするカスタム·チップには、そのようなプロセッサを構築するコストに見合うだけの、価値が含まれるという事例である。

But wait, there’s more!

So the Facebooks, Amazons and Googles of the world may soon make their own chips so they can take full control of their computing economics. It may already be happening: Back in 2010 Google bought a company called Agnilux that reportedly was trying to build a power efficient server chip, and details about what Google did with that company are scant. Maybe it’s designing its own server silicon already, much like Apple designs its own iPhone and iPad processors.

したがって、世界における Facebook/Amazon/Google の人々は、ただちに自身のチップを作成することで、自身のコンピューティング経済を完全にコントロールできるだろう。すでに、それが生じている可能性もあル。  話は 2010年に戻るが、Google が買収した Agnilux は、電力効率の良いサーバーチップを構築する会社だった。しかし、Google が Agnilux を使って、何をしたかのかという情報は乏しい。おそらく、Apple が iPhone と iPad の独自プロセッサをデザインしたように、独自のサーバー・チップをデザインしているのかもしれない。

But the use of ARM cores for the CPU also means that there’s a secondary effect for startups and webscale vendors. Today’s CPUs are generally composed of the CPU core and all the related IP associated with how the CPU gets and sends bits; things like I/O, memory controllers, PCI Express interconnects and other elements that most people don’t ever think about are also on a typical x86 chip. Feldman calls these other elements Bucket 2 (the core is Bucket 1).

しかし、CPU のための ARM コアの活用により、スタートアップや Web スケール・ベンダーにとって、二次的な効果も生じることになる。今日の一般的な CPU は、CPU のコアと、CPU に関連する IP(ビットの送受信や、I/O という発想、メモリ・コントローラ、PCI Express 相互接続など)で構成されている。そして、大半の人々は、それらの IP が、一般的な x86 チップにも存在しているとは考えていない。Feldman は、それら一連の要素を Bucket 2 と呼んでいる(Bucket 1 は CPU コア)。

He wrote:

Because Intel and AMD were the only x86 game in town we each developed our own cores (Bucket 1) and each developed our Bucket 2 items as well. There has no been ecosystem, and little innovation in Bucket 2. We have limped along with incremental improvements from one generation to the next. It hasn’t made sense to start a company to do an on-chip fabric (to more intelligently tie cores together), or a better memory controller, or an application accelerator, because you only have two prospective customers, Intel and AMD both working on competitive projects. (Who wants to start a company with 2 potential customers?)

マーケットで競合する x86 は、Intel と AMD だけから提供されているため、それぞれが自身のコア(Bucket 1)を開発し、また、自身の Bucket 2 も開発している。したがって、そこにはエコシステムが不在であり、また、Bucket 2 には、わずかなイノベーションがあるのみである。つまり、私たちは、ある世代から次の世代へと、インクリメンタルな改善を引きずっているだけだ。したがって、このような形態は、オンチップ·ファブリック(よりインテリジェントなコア間接続)や、より効率の良いメモリ·コントローラ、そして、アプリケーション・アクセラレータを実現する、新たな企業を立ち上げるという意味で理にかなっていない。なぜなら、それらのスタートアップから見ると、Intel と AMD という競争力のあるプロジェクトを抱える、2つの潜在顧客しか存在しないからだ(そのような狭い市場で、誰が起業したいと思うだろう?)。

But in the ARM world things are different. Because any number of players can license an ARM core, each one is looking for points of differentiation outside the core (some with architecture licenses are looking to tweak the core itself) and can make chips with better I/O or specific workload accelerators. An example here is Calxeda, which is using an ARM core in highly dense servers but has also built a custom interconnect to send information rapidly between its hundreds of ARM cores.

しかし、ARM の世界は、それとは異なる世界である。何人かのプレイヤーが、ARM コアのライセンスを取得できるため、それぞれがコアの外側で、差別化のためのポイントを探すことになり(アーキテクチャ・ライセンスを持つプライヤーは、コア自体もの手を加えようとしている)、また、さらに効率の良い I/O や、特定のワークロードのためのアクセラレータをもつ、チップを作成することが可能である。事例としては、ARM コアを高密度サーバに用いる Calxeda が挙げられるが、そこれは、何百という ARM コアの間で、情報を迅速に送信するための、カスタム相互接続も構築されている。

So when the mega data centers look at the opportunities presented by ARM, it’s not as simple as buying a piece of silicon from Marvell or Applied Micro, or a Calxeda box from HP. According to Feldman, web giants are looking at co-developing ARM-based chips that will take advantage of the greater levels of customization offered outside of the CPU so they can optimize for their own applications’ needs.

したがって、メガ・データセンターでは、ARM から提示される機会に注目するのだが、 Marvell や Applied Micro からシリコンの断片を買うように、また、HP から Calxeda ボックスを買うように、シンプルなものではなくなってきている。Feldman によると、Web の巨人たちは、ARM ベース・チップの共同開発に注目している。それにより、CPU の外側で提供される、ハイレベルなカスタマイズを活用し、個々のアプリケーションのニーズに合わせた最適化を実現しようとしている。

This is a huge shift for the industry with big implications from players as diverse as Intel, the server makers and corporate IT buyers who suddenly may face higher cost computing than the web and cloud giants — making the move toward outsourcing IT more practical.

それは、Intel や サーバーメーカー、そして 企業の IT 購買が作り上げてきたものと同じくらいの、多様性を持ったプレーヤーたちが提供する、大きな意味を用いた業界の巨大シフトとなっていく。そして、従来からの構造を引きずる者たちは突如として、Web と Cloud の巨人たちと比較して、高額なコンピューティング・コストに直面する可能性を持つだろう。つまり、より実用的な IT アウトソーシングへ向けた移行がもたらされるのだ。

Related research

ーーーーー

image23データセンター用のカスタム・チップって、イイですね! 以前にポストした、『 OCP Summit 2013 キーノート : モノリスを破壊する! 』という抄訳では、Facebook の Frank Frankovsky さんが、ーーー すべてにおいて、最もエキサイティングなのは一連の新規開発であり、これまでのテクノロジーをさらに有効利用していくための、大きなステップを与えてくれる。 1つの産業として、私たちが直面する課題は、そこで構築/消費されていくハードウェアが、きわめてモノリシックでであるという点だ。つまり、私たちのプロセッサは、私たちのマザーボードと不可分であり、さらに言えば、特定のネットワーク・テクノロジーなどとも不可分である。こうした硬直した関係で、すべてが構成されているのだ。 そのため、急速に進化するソフトウェアに追いつくことの出来ないコンフィグレーションが、不完全なシステムへと導かれ、たくさんのエネルギーとマテリアルを浪費してしまう。ーーー と語っています。こうした懸念が、CPU レベルから払拭されていくのかもしれませんね。image

ーーーーー

<関連>

Open Compute 台湾 が 立ち上がった!
Open Compute について、知っておくべき 10 の事柄
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について
無印 サーバー は 22% UP : ブランド サーバー は DOWN – Gartner 2012 Q4

Comments Off on Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう

%d bloggers like this: