Agile Cat — in the cloud

イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on September 14, 2016
70% of IoT adopters in APAC realize significant ROI on IoT investments
By Networks Asia staff – September 12, 2016 – 22:14
http://www.networksasia.net/article/70-iot-adopters-apac-realize-significant-roi-iot-investments.1473689668
 
_Network Asia
 
A majority (70%) of IoT adopters in Asia-Pacific have seen significant return on their IoT investment, compared to 63% globally, and 61% of Asia-Pacific companies are using IoT to support large-scale business transformation, according to Vodafone’s fourth annual ‘Internet of Things (IoT) Barometer Report.
 
Vodafone が提供する、4年目の Internet of Things (IoT) Barometer Report によると、Asia-Pacific で IoT を採用している企業は、投資額の 70% にも達する利益を得ており、グローバルでの 63% を上回っている。また、Asia-Pacific で IoT に取り組む企業が、大規模なビジネスの変革をサポートしているケースは、61% に達している。
 
iot-asiaKeiichi Matsuda
Vimeo
 
For businesses in Asia-Pacific – Australia, China, India, South Korea and Japan – IoT remains a top business focus, as 84% of companies view IoT as critical for the future success of their organization. As a result, companies are focusing on how they invest in IoT, rather than whether they should. In fact, 96% of survey respondents in the region have increased their IoT spend in the past 12 months with 52% planning to launch new connected solutions in the next 12 months.
 
Australia/China/India/South Korea/Japan といった Asia-Pcific 諸国では、企業にとって IoT がトップ・クラスのビジネス・フォーカスとなっている。そして、企業の 84% が、組織の将来において、IoT が成功を導くとしている。結果として、それらの企業は必然性に迫られてというより、どのように IoT に投資していくのかという点に注力している。実際のところ、この地域における回答者の 96% は、これまでの 12ヶ月で IoT への投資を増額し、また 52% は、これからの 12ヶ月で新しいコネクション・ソリューションを立ち上げると述べている。
 
Additionally, 68% of companies have consistently given employees access to IoT data on their mobile devices, a factor in the 51% of adopters in Asia-Pacific who have seen increased staff productivity as a result of implementing IoT.
 
さらに、それらの企業の 68% において、従業員たちは自身のモバイル・デバイス上から IoT データへのアクセスを増やしている。そして、Asia-Pacific で IoT を採用した企業の 51% が、スタッフの生産性向上を確認していると述べている。
 
The Vodafone IoT Barometer also found that companies in Asia-Pacific are creating new ecosystems through IoT – almost a third of IoT adopters are using the technology to connect multiple organizations and/or industries.
 
この Vodafone IoT Barometer では、Asia-Pacific の企業が IoT を介して、新しいエコシステムを構築することが分かった。つまり、IoT を採用した企業の 1/3 ほどが、複数の組織や業種との接続を果たしているのだ。
 
Vodafone’s Head of IoT for Asia-Pacific, Justin Nelson stated, “This year’s report shows that we’ve moved from simply adopting Internet of Things technologies towards realizing the true business value that IoT can bring to organizations. Whether it’s connected supply chains for manufacturers, remote monitoring and control of industrial machines, or a connected health proposition, businesses are seeing significant results from their IoT deployments, changing the way they do business, and even facilitating new partnerships to serve customers in new ways.”
 
Vodafone の Head of IoT for Asia-Pacific である Justin Nelson は、「今年のレポートで示されたのは、単に IoT を採用するというレベルから、組織にビジネスをもたらすレベルへと、移行が進んでいることである。産業におけるサプライ・チェーンの接続や、産業機械のリモートからの監視・制御、そしてヘルスケアという分野においても、IoT を展開している企業は、大きな成果を確認している。その結果として、ビジネスの方式が変化し、新たな顧客サービスを提供するための、新しいパートナーシップが促進されている」と述べている。
 
Important component
 
On a global level, it is clear organizations treat IoT as an important component of their IT commitment. IoT is now attracting a greater share of overall IT spending as it accounts for 24% of the average IT budget – equivalent to IT spending around cloud computing or data analytics.
 
グローバル・レベルで明らかなのは、IT を促進する企業が、IoT を重要な構成要素として捉えていることだ。IoT に費やされる予算は、大きな比率に達しており、平均的な IT 予算の 24% を占めるに至っている。この比率は、クラウド・コンピューティングやデータ分析と、同等のレベンに達している。
 
A little more than half (56%) of organizations have integrated IoT data into their existing core business systems such as ERP, cloud hosting platforms, analytics tools, and mobile applications.
 
また、それらの組織の半分以上(56%)が、ERP/クラウド・プラットフォーム/分析ツール/モバイル・アプリといった、既存のコア・ビジネス・システムに IoT データを統合している。
 
This year’s research also revealed that IoT is playing a major role in helping companies redefine their business in order to meet the rapidly changing demands of today’s customers. For example, IoT data is informing business strategy in new ways, as 64% of businesses consistently use big data and analytics platforms to support decision-making.
 
今年の調査では明らかになったのは、急速に変化する顧客の要求を満たすために、ビジネスを再定義していく企業にとって、IoT が大きな役割を果たしていることだ。たとえば、意思決定をサポートするために、64% の企業がビッグデータと分析のプラットフォームを用いるように、IoT データは新しい方式でビジネス戦略を告げるものである。
 
Additionally, 48% of companies globally are using IoT to support large scale business transformations such as helping to change a manufacturing business into a service company.
 
さらに、グローバルで IoT を活用している企業の 48% が、製造業からサービス業への転身のような、大規模なビジネス・トランスフォーメーションを推進している。
 
ーーーーー
IoTとても嬉しくなるトピックですね。IoT への取り組みではなく、相対的な収益性で、アジアが世界をリードしているわけですが、どのような理由があるのでしょう。いろいろな意味で、伸びしろが大きいアジア市場ですが、その将来性が IoT ビジネスにも現れているのでしょうか? この Vodafone レポートをダウンロードましたので、時間のあるときに、ゆっくりと読んでみたいと思います。なんらかの背景が見えてくることを期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on September 6, 2016
Internet of Things (IoT): Technology Entering the Mainstream
Dick Weisinger – August 26th, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-technology-entering-the-mainstream/
_ formtek
The concept of the Internet of Things (IoT) was first introduced in 1999.  It’s taken seventeen years, but analysts are now beginning to declare that the vision has been realized and that IoT has now become a mainstream technology.
 
Internet of Things (IoT) の概念は、1999年に初めて紹介された。それから 17年の歳月が流れたが、いまではアナリストたちも、そのビジョンが実現され始め、主流のテクノロジーになったと宣言するようになった。
 
Renoir_3How are businesses using IoT?  Use cases include fleet management and remote vehicle monitoring, building automation, security, automating supply chains, and creating new connected home and usage based-insurance (UBI) products.
 
産業界では、どのように IoT を使用しているのだろうか? そのユースケースには、テレマティクスと遠隔車両監視や、自動化を構築、セキュリティ、サプライチェーンの自動化、スマート・ホーム、使用ベースの保険(UBI:usage based-insurance)などが含まれるはずだ。
 
A report that summarizes the state of IoT technology from Vodafone found that businesses that have invested in IoT are being rewarded.
 
Vodafone がまとめた IoT テクノロジーに関するレポートによると、産業界による IoT への投資が、すでに回収のフェーズに入っていることが分かる。
 
  • 63 percent of businesses with IoT report seeing “significant” returns
  • IoT adopters say that they can measure a 20 percent improvement in metrics like revenue, cost, downtime and utilization
  • 89 percent of businesses using IoT say they are increasing their IoT budgets this year
  • IoT makes up nearly one-quarter of IT budgets for businesses using IoT
  • 76 percent of businesses say that the use of IoT is critical for their business success
 
  • IoT を用いる企業の 63% が、大きな利益を得ていると報告されている。
  • IoT を採用している企業の測定によると、収益/コスト/ダウンタイム/活用などの指標において、20% の改善が達成されている。
  • IoT を活用する企業の 89%が、今年の IT 予算を増加していると発言している。
  • IoT を利用する企業においては、その IT 予算の 1/4 ほどが、IoT により占められている。
  • IoT を用いる企業の 76% が、ビジネスの成功において IoT が重要であると述べている。
 
Matt Hatton, CEO of Machina Research, said that “enterprises rolling out IoT initiatives within their organisations must set tight parameters around what they want to achieve and what success looks like.  Deploying IoT is complex and enterprises would benefit from having a third party not only to pull together the various elements of the proposition but also to act on their behalf in areas such as security, privacy and data management.”
 
Machina Research の CEO である Matt Hatton は、「組織内において、IoT への取り組みを展開する企業は、達成したいと考える成功の周辺に、とても厳格なパラメータを設定しなくてはならない。IoT の展開は複雑であるため、エンタープライズはサードパーティの協力を得ていくことになるだろう。それらのエンタープライズは、課題を達成するための要素を引き出すだけではなく、セキュリティ/プライバシー/データ管理などの領域を改善していく」と述べている
 
Erik Brenneis, Vodafone’s Director of IoT, said that “three-quarters of the companies we interviewed now recognise that the Internet of Things is a new industrial revolution that will change how people work and live forever, and almost half the companies surveyed across multiple countries and sectors told us they’re already planning to bring connected network intelligence to millions of devices and processes over the next two years. 2016 is the year the Internet of Things entered the mainstream.”
 
Vodafone の Director of IoT である Erik Brenneis は、「私たちがインタビューした企業の 3/4 が、将来における人々の仕事と生活を変えていく IoT を、新しい産業革命だと認識している。そして、複数の国々や部門において、調査の対象対象となった企業の約半数が、これからの 2年間において、大量のデバイスとプロセスを接続するための、インテリジェントなネットワークを計画している。つまり 2016年は、IoT が主流になった年なのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayこの文脈からは、「IoT に取り組むことで、ネットワークがインテリジェントなものになり、さまざまな切り口で、効率というものが改善されていく」、というニュアンスが感じられます。この Agile Cat の IoT カテゴリを見ると、どちらかと言うと、IoT の時代のネットワークに関連するトピックが集められています。すべてのトラフィックをクラウドに集めるよりも、何らかの分散を考えるほうが、明らかに効果的であり、また、安全であると思えてきます。集約から分散へ向けた、静かな揺り戻しが始まっているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
Cloud の調査:データセンターの電力消費量は、どのように推移していくのか?
Cloud の調査: 2016年 Q1 のパブリック・クラウドは、記録破りの成長を達成したようだ!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる

Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?

Posted in .Selected, Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on June 17, 2015
Huawei, Vodafone To Establish Strategic Alliance
Huawei and Vodafone will focus on creating enterprise services
Dan Kobialka | TelcoHub – Jun 16, 2015
http://talkincloud.com/telco-hub/06162015/huawei-vodafone-establish-strategic-alliance
 
_Talkin Cloud
 
Two telecommunications heavyweights will work together to develop various enterprise communications and technology services.
 
この、テレコム業界の大物二社が、エンタープライズ・コミュニケーションおよびテクノロジー・サービスにおける、多様な開発事業について協調していくことになる。
 
Huawei VodafoneHuawei yesterday announced that it has signed a Memorandum of Understanding (MoU) to establish a new strategic alliance with Vodafone Global Enterprise (VOD). Under the agreement, the companies will focus on creating new services for the enterprise market in Europe, Asia Pacific and Africa.
 
昨日 (6/15) の Huawei によるアナウンスメントは、Vodafone Global Enterprise (VOD) との戦略的な提携を確立するための、新たな Memorandum of Understanding (MoU) に署名したというものであった。 つまり、この二社は、Europe/Asia Pacific/Africa のエンタープライズ市場へ向けて、新たなサービスの開発/供給にフォーカスしていくことになる。
 
Specific areas of cooperation between Huawei and Vodafone initially will include:
 
Huawei と Vodafone が、共同で取り組んでいく初期段階の目標として、以下の項目が含まれる:
 
  • Creating cloud data center and Internet of Things (IoT) solutions.
  • The development of new machine-to-machine module designs.
  • The use of Huawei’s fixed and mobile connectivity bonding technology for new products.
  • Examining the opportunities for in-building coverage solutions.
 
  • クラウド・データセンターと IoT (Internet of Things) ソリューションの構築
  • 新たな M2M モジュール・デザインの開発
  • Huawei における既存のモバイル接続テクノロジーの、新たなプロダクツへの採用
  • 屋内通信ソリューションに関する、検討の機会の重視
 
 Yan Lida, president of Huawei’s enterprise business group, added that the partnership could help both companies transform the information and communications technology (ICT) industry.
 
Huawei の Enterprise Business Group Presideit である Yan Lida は、今回の提携により両社は、ITC (Information and Communications Technology) 産業が迎えている変革を、さらに促進していくことになる、と述べている。
 
yan_lidaYan Lida, president of Huawei’s enterprise business group.
 
Huawei and Vodafone Global Enterprise will work together to develop various enterprise communications and technology services. Here’s everything you need to know.
 
“Now, many enterprises realize that technology-led transformation is necessary for companies to stay competitive and improve operational efficiency and performance,” he said in a prepared statement. “We aim to carry out joint innovations, integrate our ICT expertise and global resources [and] help customers cope with challenges and opportunities brought by the new industrial revolution.”
 
そして、彼は、「 現時点において数多くの企業が、それぞれの競争力を維持し、運用における効率と能力を向上させるために、テクノロジーが主導する変革が必要だと認識している。 両社の  ICT に関する専門的な知識とグローバル・リソースを統合し、共同でイノベーションを実践していくことを目指す。つまり、双方の顧客が直面していく、この新しい産業革命がもたらす課題と機会に対して、支援策を提供していくことになる」と発言している。
 
Huawei and Vodafone previously collaborated in joint innovations in enterprise technology. Together, the companies worked in several areas to deliver a branch enablement project in Asia and hosting and cloud solution in South Africa.
 
以前から Huawei と Vodafone は、エンタープライズ·テクノロジーの革新について協力してきた。具体的に言うと、Asia においては、それぞれの地域で適用が可能なプロジェクトを推進し、South Africa ではホスティングとクラウドのソリューションを展開している。
 
What are your thoughts on Huawei and Vodafone? Share your thoughts about this story in the Comments section below, via Twitter @dkobialka or email me at dan.kobialka@penton.com.
 
ーーーーー
Telecom以前に、BT との共同実験について抄訳をポストしましたが、ヨーロッパのテレコム大手に対する Huawei の取り組みが、徐々に大がかりなものになってきています。 アメリカが神経を尖らす Huawei ですが、その分だけ、ヨーロッパの企業が後押しするという構図が見えてきます。 ちなみに、アジアにおける Vodafone のマーケットは、インドとオーストラリアです。 このヨーロッパのテレコムと組むことで、さらに Huawei の勢力が拡大しそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Nokia と Alcatel の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は変化するのか?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Gartner のサーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす
 

Comments Off on Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?

Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!: その本音は どこにあるのか

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile, Samsung, Xiaomi by Agile Cat on June 3, 2014

Samsung unveils first smartphone using Tizen operating system
http://wp.me/pwo1E-7xF

June 2, 2014
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/samsung-unveils-first-smartphone-using-tizen-operating-system

SEOUL, June 2 — Samsung Electronics Co., the world’s biggest maker of mobile devices using Google Inc.’s Android operating system, announced its first commercial smartphone using the Tizen open-source platform.

SEOUL, June 2 — Samsung Electronics Co. は、Google Inc. の Android オペレーティング・システムを用いた、モバイル・デバイスにおける世界最大のメーカーであるが、Tizen のオープンソース・プラットフォームを走らせる、初めての商用のスマートフォンを発表した。

Samsung Electronics Co. announced its first commercial smartphone using the Tizen open-source platform. — Reuters pic

The Samsung Z will be available in Russia in the third quarter before expanding to other markets, the Suwon, South Korea-based company said in a statement today. The device will have a 4.8-inch screen and will be on show at the Tizen developer conference in San Francisco tomorrow.

Suwon, South Korea をベースにする同社の、今日(6/2)のステートメントによると、その Samsung Z は、今年の Q3 から Russia での販売が始まり、その後に、他のマーケットでのビジネスが展開されることになる。このデバイスは、4.8-inch スクリーンを持ち、明日に San Francisco で開催される、Tizen デベロッパー・カンファレンスでお披露目となる。

Tizen, which is being developed with companies including Intel Corp. and Vodafone Group Plc, is an alternative to Android, the most popular smartphone operating system in the world. Asia’s biggest technology company unveiled two wristwatches using Tizen in February and had previously said its first commercial phone using the platform would be released in 2013.

Intel Corp. および Vodafone Group Plc などを含む企業群が開発する Tizen は、世界で最も人気のスマートフォン·オペレーティング·システムである、Android に代わるものを目指している。 そして、このアジア最大のテック・カンパニーは、Tizen を用いる 2種類のスマートウォッチを 2月に発表したが、このプラットフォームを用いる最初のスマートフォンは、2013年にリリースされると当初は述べていた。

Samsung has been boosting incentives in its smartphones, including adding US$600 (RM1,930) of freebies to its Galaxy S5 marquee device, as it faces more competition from Apple Inc. as well as Chinese producers including Xiaomi Corp. and Lenovo Group Ltd. — Bloomberg

Samsung は、看板である Galaxy S5 デバイスの景品として $600(RM1,930)を追加するなど、スマートフォンにおけるインセンティブを高めてきた。その理由は、Apple との熾烈な戦いだけではなく、Xiaomi や Lenovo といった、中国製のデバイスの追い上げに直面しているからでもある。 ーーー Bloomberg

ーーーーー

ついにと言うか、ようやくと言うか、Tizen を載せたスマホが Samsung から登場するようです。しかも、Apple の WWDC 2014 に発表をぶつけ、同じ SF でデベロッパー・カンファレンスまで行うようです。なぜ、Android ではダメなのかという疑問が、Tizen に関するニュースを見るたびに、アタマに浮かんで来ましたが、対 Apple というより、対 Chinese の戦略というのが本音だと思えてきました。 つい先日に、Xiaomi が Mi Pad というタブレットを出しましたが、信じられないほどの低価格で攻めてきています。同じ Android では太刀打ち出来ないと判断しても、仕方のないことなのかもしれません。 だからこそ、WWDC に合わせて発表したのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

Samsung は Tizen を武器に、Google と Apple に牙をむく: Docomo もサポート?
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!
Apple は 5.5-inch の iPhone を作っているのか? 台湾からの情報を整理する
さぁ WWDC 2014 だ! iOS 8 だ!

 

Comments Off on Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!: その本音は どこにあるのか

世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート

Posted in .Selected, Research, Telecom by Agile Cat on May 23, 2014

Infonetics: AT&T, Verizon and NTT Bring in the Most Revenue, China Mobile Has the Most Subscribers
http://wp.me/pwo1E-7vY

Infonetics Research – May 22, 2014
http://www.businesswire.com/news/home/20140522006264/en/Infonetics-ATT-Verizon-NTT-Bring-Revenue-China#.U353K1iSxss

CAMPBELL, Calif.–(BUSINESS WIRE)–Market research firm Infonetics Research released demographics, capex, opex, revenue and subscriber data on more than 450 global telecom service providers from its 1st edition 2014 Service Provider Capex, Opex, Revenue, and Subscribers Database.

CAMPBELL, Calif.–(BUSINESS WIRE)— マーケット調査会社である Infonetics Research が、450 社以上のグローバル・テレコム・サービス・プロバイダーにおける、人口統計/CAPEX/OPEX/収益/加入者に関するデータをリリースした。 それらは、同社が提供する Service Provider Capex, Opex, Revenue, and Subscribers Database 1st edition 2014 からのものである。

_  space

_  space

SERVICE PROVIDER DATABASE HIGHLIGHTS

  • The world’s top 3 service providers by 2013 revenue are AT&T, Verizon, and NTT Group
  • At 29%, China Mobile has the highest capital intensity (capex-to-revenue ratio) of the top 10 service providers by 2013 revenue; this is a 6% jump over the previous year
  • China Mobile is also the top service provider in terms of mobile subscribers in 4Q13, boasting 767 million subscribers; Taking the 2-spot is Vodafone Group, followed by China Unicom
  • NTT Group, Comcast, and Orange are the leaders in VoIP subscribers, while China Telecom and NTT are the top dogs in FTTH subscribers
  • The #1 cable broadband provider by subscribers is once again Comcast
  • この世界における、2013年 売上 Top-3 は、AT&T/Verizon/NTT Group が占めている。
  • 2013 Top-10 サービス・プロバイダーで、最も Capital Intensity (capex-to-revenue ratio) が高いのは China Mobile であり、昨年の 6% から 29% へと上昇している。
  • また、China Mobile は、2013 Q4 のモバイル・サブスクライバー数が 767 million に達し、Top の座を得ている。 そこに続くのが、Vodafone Group と China Unicom となる。
  • VoIP サブスクライバー数では、NTT Group/Comcast/Orange が Top の座を競っている。 また、FTTH サブスクライバー数では、China Telecom と NTT が競い合っている。
  • ケーブル・ブロードバンド・プロバイダーのカテゴリでは、今年も Comcast が、No.1 サブスクライバー数を誇っている。

ーーーーー

TAG indexこんなふうに、世界のテレコムを比較するチャートは、初めて見るものであり、とても興味深いです。 売上で、China Mobile が China Telecom を上回っているところと、グローバル・モバイル・サブスクライバー数で、China Unicom が3位に入っている点が、中国におけるモバイルの広がりを示していると思えます。 そして、他にも、たくさんの視点を提供してくれます。 このようなグローバル・データを、簡単に Web で参照できることが、とても嬉しいです。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!
Gartner が インドの Tata Communications を高く評価:決め手は途上国のサポート
中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!
NEC と Alcatel が 海底ケーブルを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!

Comments Off on 世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート

Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす

Posted in .Selected, Mobile, Telecom by Agile Cat on September 2, 2013

Verizon board to vote Monday on Vodafone deal: sources
http://wp.me/pwo1E-6yY

LONDON/NEW YORK | Sun Sep 1, 2013 2:23pm EDT
http://www.reuters.com/article/2013/09/01/us-vodafone-verizon-idUSBRE97S08C20130901

image

(Reuters) – The board of Verizon Communication will meet on Monday to vote on a $130 billion deal to buy out Vodafone from its joint venture, meaning a full announcement could come after the London market close, sources said.

(Reuters) – Verizon Communication の経営委員会は、Vodafone とのジョイント・ベンチャーから、同社の出資分である $130 billion  を買い上げる予定だ。それに関する、詳細までを含むアナウンスメントが、月曜日の London 市場が閉まった後に発表されると、情報筋は述べている。

One person familiar with the situation said the board meeting would be held on Monday morning New York time and three people said this meant the terms of the deal would likely be announced after the London market closes at 11:30 a.m. ET.

この状況に精通している人物は、New York 時間の月曜日の朝に、アナウンスメントがあると述べている。また、別の3人は、London 市場が閉まる、New York 時間の 11:30 に、この取引が発表されるだろうと述べている。

Both the telecom giants declined to comment. The Vodafone board had been due to meet on Sunday, sources said, but it was not clear what their decision was.

この 2つのテレコム・ジャイアントは、どちらもコメントを控えている。Vodafone は、日曜日に経営委員会を行う予定だと、ある情報筋は伝えているが、そこで、どのような決定があったのはかは明確になっていない。

Sources told Reuters on Saturday that Verizon plans to pay for half of the purchase with its own stock. For the rest, it has tapped JPMorgan Chase & Co, Morgan Stanley, Barclays Plc and Bank of America Merrill Lynch to help raise the funds through a mix of bonds and bank loans, the sources said.

いくつかの情報筋が、土曜日の時点で Reuters に伝えたところによると、その株式の半分に対して、Verizon からの支払いが行われるらしい。残りの半分については、JPMorgan Chase & Co や、Morgan Stanley、Barclays Plc、Bank of America Merrill Lynch などへの打診が行われ、債券やローンの組み合わせを介して、資金の調達を支援されるようになると、それらの情報源は述べている。

The banks have committed to the financing that is expected to be split evenly among the four.

それらの銀行筋は 4社間で、均等に資金を分割し、また、調達していくとされる。

One person familiar with the proceedings said on Sunday that Vodafone would get $60 billion in cash, $60 billion in Verizon stock, and an additional $10 billion from other smaller transactions that will take the total deal value to $130 billion.

また、今回の手続きに詳しい人物は、Verizon が購入する株式の対価として、Vodafone は $60 billion を得るだろうと、この日曜日に発言している。また、他の小口の取引により、$10 billion が調達され、総額で $130 billion という、今回の買収が進められることになる。

(Reporting by Kate Holton, Soyoung Kim, Michelle Sierra and Sinead Carew, editing by Mike Peacock)

ーーーーー

TAG index久々の、超弩級買収劇の勃発で、この Reuters も、Bloomberg も、Wall Street Journal も、毎時間ごとにニュースが更新されるような、たいへんな状況となっています。北米での(南米も?)での支配権を確率させたい Verizon と、インド/アフリカ/アジアへの膨大な投資を進めたい Vodafone の思惑が一致した結果だと思いますが、その取引額が 13兆円というのには、ただ、ただ、驚くばかりです。 よろしければ、関連情報として、先日の『 インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる? 』という抄訳も ご覧ください。image

ーーーーー

<関連>

VMware と Verizon の 超弩級 提携 と ハイブリッド・クラウドとは?
Verizon に買収されても、Terremark はキャリア・ニュートラルを維持すると言うが
iPhone 5 は、初めてのグローバル・デバイスになる – Verizon CEO
Netflix は Verizon に買収されてしまうのか?
4G LTE 対決 – AT&T vs Verizon をアメリカの複数都市で
Google Play は、Verizon のキャリア課金を代行するのか?

Comments Off on Verizon は Vodafone からの出資分を 13兆円で買い上げ、完全な独立を果たす

インドのブロードバンドは、3G Connection により急成長する

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Network by Agile Cat on July 24, 2011

In India, Broadband means a 3G connection
By
Om Malik Jul. 22, 2011, 11:15am PT
http://gigaom.com/broadband/in-india-broadband-means-a-3g-connection/

_ Gigaom

When it comes to broadband, it seems Indians will be increasingly using 3G wireless connections for accessing the Internet. Research from Telegeography shows that at the end of first quarter of 2011 there were only 11.5 million wired broadband subscribers in India — a pittance given that broadband was first rolled out in 2003. In comparison, 3G growth has been explosive.

インドにおけるブロードバンドの話だが、3G ワイヤレスによりインターネット接続する傾向が、強まっているようだ。 Telegeography の調査が示すのは、2011年 Q1 末の段階で、India には 1150万人程の、ブロードバンドの加入者がいたことである。つまり、2003年に立ち上がったブロードバンドは、少数のさぶるクライバーを得ていたに過ぎない。 そして、以下の比較において、3G は爆発的な成長をみせている。

クリックで拡大 ⇒

At the end of March 2011, there were 12.2 million 3G connections, even though 3G was first introduced in India in late 2009. 3G has become widely available in recent months as companies like Bharti Airtel and Vodafone have introduced their 3G services. Telegeography estimates that 3G subscriptions jumped 73 percent in the first quarter of 2011 (ending March 31, 2011.)

2011年 3月末において、1220万の 3G 接続があるが、2009年後半に導入されたことを考えれば、充分な数字となっている。 Bharti Airtel や Vodafone といった企業が、3G サービスを導入するにつれて、この数ヶ月の間に、3G サービスが広まってきた。 Telegeography の予測によると、3G サブスクリプションは、2011年 Q1(March 31, 2011まで)においいて 73% パーセントも跳ね上がっている。

In a conference call with analysts earlier this week, Qualcomm CEO Paul Jacobs noted that Indian operators “are making plans to increase 3G coverage from over 100 cities today to over 1,000 towns by the end of the year.” What that means is that 3G will become increasingly important way to access the Internet. Jacobs pointed out that his company was selling chips to makers of affordable handsets and devices that are using HSPA+ technologies. Some of them like Spice G-6550 cost as little as $90. The emergence of cheap 3G phones should provide a nice boost for Google’s Android OS ecosystem, a point we noted last year.

今週初めのアナリストたちとのカンファレンス・コールにおいて、Qualcomm CEO である Paul Jacobs は、インドの電話会社が「 今年の終わりまでに予定していた 3G のカバーエリアを、100 都市以上のサポートから、1,000 以上の町へと広げる計画を作っている」とを指摘した。 それは、インターネットにアクセスする方式として、3G が重要性を高めていることを意味する。 Jacobs が指摘するのは、同社が販売しているチップが、HSPA+ テクノロジーを用いる、低価格帯の電話機とデバイスのメーカーに販売されることである。 Spice Gー6550 などのアイテムは、わずか $90n のコストに抑えられている。 低価格帯 3G フォンの出現は、Google が提供する Android OS エコシステムを後押しするが、それは、私たちが昨年に指摘していることだ

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

このところ、Tech2HellVincent Raja さんと仲良くさせてもらい、インドという国を身近に感じるようになりましたが、中国と同様に、この国も信じられないほどのモバイル・ポテンシャルを内在している国なのです。 アメリカやヨーロッパ、そして他のアジアの国々とは、まったく異なるプロセスで、市場の形成と拡大がなされていくのでしょう。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

TaTa に続け – インド製の Tablet は $35 だ!

 

Comments Off on インドのブロードバンドは、3G Connection により急成長する

Android – キャリアの App Store がもたらすのは混乱か? それとも利便性か?

Posted in Google, Mobile by Agile Cat on January 5, 2011

The ongoing mess of Android’s app store fragmentation
Posted in Main on December 30th, 2010 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2010/12/30/the-ongoing-mess-of-android%E2%80%99s-app-store-fragmentation/

_ pingdom

Android has received plenty of criticism for the way the platform has fragmented over time. Most complaints focus on there being so many different versions of Android out there in the hands of consumers, not to mention the different UI enhancements that different phone makers have added.

Android プラットフォームが批判されるのは、時間の経過とともに、それが分裂しているからだ。 それぞれのデバイス・メーカーが、それぞれの UIを拡張していることは言うまでもないが、大半の苦情は、カスタマーの手元に多様な Android のバージョンが存在していることに集中している。

Image

A fragmented platform is harder for developers to target and makes it difficult to create a consistent user experience, which of course is bad for end users.

プラットフォームの分裂により困難になるのは、一貫したユーザー・エクスペリエンスをデベロッパーが作成することであり、それは、もちろんエンドユーザにとって良くないことである。

But there’s another kind of fragmentation happening on Android as well.

しかし、それに加えて、また別の分裂が起きかけている。

App store fragmentation

Let’s start with a few examples from other mobile platforms.

まず、事例として、他のモバイル・プラットフォームを見てみよう。

The point we’re trying to make is, these platforms all focus on one single app store. There is usually never any doubt for users where they should go to find an app.

私たちが指摘したいのは、それら全てが、単一のアップ・ストアアに集約されていることである。 したがって、ユーザーたちは、そこに目的のアプリケーションがあると、信じることができる。

On Android, you have:

Android に関しては:

  • Google がオフィシャルにサポートする、Android Marketがある。
  • サードパーティによるアップ・ストアがある。そして、Amazon によるアップ・ストア提供のウワサまで流れている。
  • しかし、それよりも大ごとなのは、Android に対応するキャリアたちが、自らのアップ・ストアを提供することである。例えば、United States での Verizon と、Europe での Vodafone である。 これらのアップ・ストアは、デバイスの販売にも関与し、そこに新しいビジネスを絡めてくるだろう。

The third point is really what this article revolves around. It’s not at all unthinkable that some carriers will choose to only include their own app store, replacing the Android Market for millions of Android users.

そして、3番目のポイントが、この記事で指摘したいことである。 つまり、それらのキャリアが、自身のアップ・ストアだけに限定することで、何百万という Android ユーザーのための Android Market を置き換えてしまうことだ。 それも、考えられないことではない。

  • Fracturing the user experience

    You could argue that the multi-app-store approach is one of Android’s strengths, not a weakness but part of its “openness.”

    たくさんのアップ・ストアによるアプローチは、Android の強さであり、そのオープンさは弱点ではないとされていた。

    But think about it from the perspective of a regular mobile phone user, a mass-market consumer who may not even know what this thing called “Android” is. Having multiple app stores doesn’t exactly help streamline the Android user experience, does it?

    しかし、マス・マーケットにおける一般的なモバイル・フォン・ユーザーの視点から見ると、Android が何であるかすら知らないという状況である。 たくさんのアップ・ストアが存在することが、ユーザー・エクスペリエンスの助けになるのだろうか? それとも、ならないのであろうか?

    Another problem is that these people could potentially be missing out on vast amounts of apps if they for example only access a carrier-run app store. And they will most likely not even be aware of this.

    もう1つの問題は、それらのユーザーが、キャリアのアップ・ストアにアクセスするようになると、多様なアプリケーションを利用するチャンスを逃してしまうことである。 そして、そのこと自体にも、おそらく気づかないだろう。

    Even if Google wanted to reign in and take back control over the user experience for app purchases, it may be too late for that now. Google can improve the Android Market, because that’s under their control, but due to the open nature of the platform, carriers are likely to run wild with their own app stores.

    たとえ Google が、アプリケーションを購入する際のユーザー・エクスペリエンスを、後方からコントロールできるとしても、もう既に、手遅れかもしれない。 Google が Android Market を改善できるのは、そのコントロールが可能だからである。しかし、このプラットフォームの特性がオープンであるため、キャリアたちは自身のアップ・ストアを強引に展開するかも知れない。

    So, assuming this fragmentation is a fact, what does it mean for app developers?

    この分裂が、現実だと想定すると、アプリケーション・デベロッパーにとって、何が起こるのだろうか?

    More fragmentation for developers to deal with

    Where are developers supposed to place and manage their apps? Android Market is a given, but are they also supposed to place them on all of the other Android app stores or lose out?

    この分裂が、現実だと想定すると、アプリケーション・デベロッパーにとって、何が起こるのだろうか? デベロッパーは、アプリケーションのサポートと管理を、どこで行うのだろう? Android Market は前提となるが、すべての Android アップ・ストアでもサポートするのだろうか? それとも、避けてしまうのだろうか?

    And if carrier app stores become even more prevalent – they probably will, carriers love this kind of control and “uniqueness” – will developers have to deal with a ton of different carriers to make sure that their apps are available on their curated app stores?

    そして、キャリアのアップ・ストアが流行ると、さらに好き勝手なことを始めるだろう。そして、デベロッパーたちは、キャリアが作り出した多様なアップ・ストアにおいても、自分のアプリケーションをサポートする必要性があるのだろうか?

    Here is what Peter Westerbacka of Rovio, makers of Angry Birds, had to say about Android in a recent interview:

    以下は、Angry Birds を作っている Rovio の Peter Westerbacka が、最近のインタビューにおいて、Android について言わざるを得なかったことだ:

    Android is growing, but it’s also growing complexity at the same time. Device fragmentation not the issue, but rather the fragmentation of the ecosystem. So many different shops, so many different models. The carriers messing with the experience again.

    Andoroid は成長しているが、それと同時に、複雑さも増大している。 そして、問題というのは、デバイスの分裂というより、エコシステムの分裂にある。 たくさんのショップと、たくさんのモデルだ。 またしても、キャリアたちがクスペリエンスを混乱させている。

    Android is on the cusp of an explosion in terms of number of devices sold, but the positive effect on the app economy may be severely hampered by this widespread app store fragmentation.

    Android は、爆発的なデバイス販売数を示しているが、アプリケーションの経済に対する効果は、広範囲におよぶアップ・ストア分裂により、妨げられるかもしれない。

    Or is this all a good thing?

    So, what does this all mean for Android? Is it a good thing? Is it a bad thing?

    Android の全般を見るとき、それは、どのような意味を持つのだろうか? 良い結果を 導くのか、悪い結果を導くのか?

    We obviously lean toward the latter, but it’s worth discussing. What do you think?

    後になれば解るが、いま議論することが大切だ。 どうだろう?

    ーーーーー

    そうなんですよね。 流浪の Archos ユーザーである Agile_Cat は、彷徨いつつ、開放感に浸りつつという、そんな状況を楽しんでおりますが ーーー __AC Stamp 2

    ーーーーー

    <関連>
    Agile_Cat モバイル・ポータルを作ってみました
    Android Tablet リスト その_4 (21 機種)
    Android Tablet リスト その_3
    Android Tablet – 14 機種を リストアップしました
    Android Tablet のことなら Good E-Reader Blog が イチ押しです!
    Android Tablet, 5~7 インチ製品をリストアップ
    Notebook vs. Tablet – Google.com の News より

  • %d bloggers like this: