Agile Cat — in the cloud

Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Posted in .Chronicle, Facebook, Google, Research, Yahoo by agilecat.cloud on July 27, 2016
With the Yahoo deal, Verizon will pass Google and Facebook to become the biggest web network
Matt Rosoff – July 25, 2016
http://www.businessinsider.com/yahoo-and-aol-combined-get-more-viewers-than-google-or-facebook-2016-7?
 
_ Business Insider
 
You might not think of Verizon as a web powerhouse, but with the purchase of Yahoo, it has the potential to own the biggest audience of online users in the United States.
 
Verizon は Web の大国と捉えられていないだろうが、Yahoo を買収することで、US で最大のオンライン・ユーザーを抱える、大きな存在になるのかもしれない。
 
Yahoo_AOL
Statista
 
This chart from Statista shows ComScore’s June 2016 measurements of visitors to the most popular networks of web properties in the United States. Yahoo has long been number three behind Google and Facebook, and now has about 206 million unique visitors. Verizon also owns AOL’s network of sites, including properties like the Huffington Post, Engadget, and TechCrunch, which account for another 153.6 million.
 
この Statista のチャートは、6月に実施された comScore の調査結果をマトメたものであり、US で最も人気のあるネットワークへの、2016年におけるビジターの測定値を示すものである。Yahoo は、約2.06億人のユニーク・ビジターを持ち、Google と Facebook を追いかける三番手のポジションを、長期間にわたり維持している。また、Verizon は AOL のネットワークも所有しており、その傘下にある Huffington Post/Engadget/TechCrunch などを合算すると、1.536億人というユニーク・ビジターが加算される。
 
There’s almost certainly overlap between the two audiences, so the total will be somewhat less than the 359.4 million you’d get if you simply add the two audiences together. But the total could certainly be bigger than Google’s monthly US traffic of 241.9 million.
 
Yahoo と AOL にアカウントを持つという、重複するユーザーもいるはずなので、両者を合算しても 3.594億人を下回るオーディエンスになるだろう。とは言え、US における月間のトラフィックとしては、Google の持つ 2.419億人を、確実に上回ると推定される。
 
ーーーーー
yahooついに 米Yahoo が、Verizon に買収されてしまいます。寂しいというか、時代の流れというか、そんな感傷に浸ってしまう出来事です。いくつかのメディアが報道しているように、おそらく Verizon は、Yahoo と AOL を連携させることで、なんらかの相乗効果を生み出そうとするはずです。二年ほど前に、「広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない」という抄訳をポストしましたが、その中に含まれるチャートを見ると、広告に関しては、それほど容易な道筋ではないようです。これからの二社の動きに注目ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている
Yahoo の ロゴが新しくなる : その候補を Youtube で!
Yahoo と Marissa Mayer の新体制: Pinterest からスター・エンジニアを GET!
 

Comments Off on Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!

Posted in Network, On Monday by agilecat.cloud on June 27, 2016
Internet Speeds: A Race For Faster Access
By Dick Weisinger – June 22nd, 2016
http://formtek.com/blog/internet-speeds-a-race-for-faster-access/
_ formtek
Internet speeds are growing by leaps and bounds.  AT&T is in the middle of implementing their ultra-fast fiber-based GigaPower Network in San Francisco and San Jose areas.  Select communities within those metro areas will see speeds of up to 1 gigabyte per second.  Other service providers like Verizon have similar fiber plans in the works.  Google Fiber is also slowly bringing fast speeds to select communities across the United States.
 
インターネットの速度が、飛躍的に成長している。AT&T は San Francisco と San Jose で、超高速光ファイバ・ベースである GigaPower ネットワークを実装している最中だ。それらの、メトロ・エリア内の選ばれたコミュニティは、1G Byte/秒という速度を目の当たりにするはずだ。その他のサービス・プロバイダである Verizon も、ファイバに関する同様の計画を持っている。また、Google Fiber も、ゆっくりとした展開ではあるが、米国各地の選ばれたコミュニティに対して、高速の回線を提供している。
 
Renoir_1But rollout of the infrastructure needed for ultrafast fiber networking will take some time.  Other options that may be cheaper and quicker to implement are also showing up.
 
超高速光ファイバ・ネットワークで必要とされる、インフラの展開には時間がかかる。だが、それを乗りこえ、より安価で、より迅速に調達するための、他の選択肢も提示されている。
 
For example, a startup called Starry is introducing a device called a Starry Point that can receive and transmit internet communications to a nearby central rooftop unit.  The rooftop unit is able to communicate to devices within a one kilometer range and one rooftop unit can support 600 to 900 customers.  The cost of the Starry station installed in each home is about $25 compared to a cost of nearly $2500 to wire a single home with fiber.  The Starry technology is expected to be able to transmit at speeds from 300 megabytes per second to as high as one gigabyte.
 
たとえば、スタートアップである Starry が提供する、Starry Point というデバイスは、屋上に設置された手軽なユニットを用いて、インターネット通信を送信することができる。この Starry Point は、1つの屋上ユニットで、1km の範囲内にいる 600〜900人の顧客をサポートできる。それぞれの家庭にインストールするときのコストだが、Starry ステーションは $25 であり、戸建ての家にファイバを引き込む時の $2500 と比べると、きわめて安価であることがわかる。また、Starry のテクノロジーが達成する通信速度だが、300 M Byte 〜 1G Byte の範囲になるという。
 
Yet another small company, Sckipio Technologies, based in Israel, announced their solution called G.fast that uses new technology called Dynamic Bandwidth Allocation (DBA).  DBA can turn existing coax phone lines into broadband transmitters that can reach as high as 1.5 gigabits per second in each direction.  The technology is exciting because it would allow fast connections without requiring the expensive rewiring of buildings.  AT&T and Canadian operator Telus both are interested in the technology.
 
この分野には、他にもスタートアップがいる。Israel ベースの Sckipio Technologies は、Dynamic Bandwidth Allocation (DBA) という新しいテクノロジーを用いた、G.fast という名のソリューションを発表している。DBA とは、既存の同軸電話回線をブロードバンド送信機に変換し、双方向で 1.5 G Byte の通信速度を達成するものだ。このテクノロジーは、高価である物理的な再配線を必要とせずに、高速の接続を実現する点が素晴らしい。AT&T と Canada の Telus が、このテクノロジーに興味を持っている。
 
ーーーーー
On MondayStarry Point も G.fast も、すぐにでも使ってみたいテクノロジーですね。Agile Cat の環境は Flets を使う Usen で、常に 70M くらいが出ているので、それなりに満足しているのですが、300M とか 1G とか聞いてしまうと、早く使えるようになりたいと思ってしまいます。そして、このようなテクノロジーは、IoT の普及にも欠かせないものとなります。現時点において、地球上では 1820 Tera Byte のデータが、1分ごとに生成されているそうですが、あと数年で Zetta レベルへと上昇するのでしょう。そのようなデータ量を、エッジでハンドリングするためには、文中で紹介されているようなテクノロジーが必要になるはずです。速くて、安くて、面倒のないインターネット接続の時代になっていきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
 

Comments Off on Internet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!

OCP と テレコム: AT&T や Verizon を含むメジャー・プレイヤーが、この新しいモデルに続々と参加してきた!

Posted in .Selected, Ericsson, Open Compute, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on March 4, 2016
Major telcos join Facebook-led Open Compute Project
Staff writer – February 17, 2016
http://www.telecomasia.net/content/major-telcos-join-facebook-led-open-compute-project
 
_ Telecom-Asia
Telecoms operators are signing up to the Facebook-led Open Compute Project (OCP) to build low-cost computing hardware.
 
世界のテレコム事業者たちが、コンピューティング・ハードウェアを低コストで構築するために、Facebook が主導する Open Compute Project (OCP) に参加することになった。
 
Operators including EE, AT&T, Deutsche Telekom, SK Telecom and Verizon are joining a new OCP Telco Project, which will work as an open forum to help the OCP more effectively serve the telecoms industry.
 
それらの事業者とは、EE/AT&T/Deutsche Telekom/SK Telecom/Verizon などであり、テレコム業界を効果的に支援するための、OCP オープン・フォーラムとして機能する、OCP Telco Project に参加するとのことだ。
OCP 2016
 
The open forum will aim to communicate the technical requirements of telcos effectively to the OCP community.
 
このオープン・フォーラムは、テレコム事業者のテクニカル要件を、効果的に OCP コミュニティに伝えるという役割を持つ。
 
It will also work to strengthen the OCP ecosystem to address telcos’ deployment and operational needs, as well as bring OCP innovations to telco’s data center infrastructure.
 
さらに言うなら、OCP エコシステムを強化することで、テレコムにおける展開と運用のニーズに取り組んでいくという試みであり、また、OCP のイノベーションをテレコムのデータセンター・インフラに展開することにもつながる。
 
For example, Nokia has announced that they will incorporate OCP designs into its AirFrame Data Center Portfolio.  Equinix and Nexius have joined OCP, making it easier for telcos to find efficiency and flexibility benefits through open hardware, the group said.
 
たとえば、Nokia のケースでは、その AirFrame Data Center Portfolio に、OCP デザインの取り込むというアナウンスメントがあった。また、すでに OCP に参加している Equinix と Nexius は、オープンなハードウェアによる効率性と柔軟性の利点を、テレコムのために見つけ出すという目的を有している。
 
 “OCP community momentum is strong, and we get closer to our vision of better and more open hardware development each time a new industry embraces the principles of openness and customization,” said Jason Taylor, president and chairman of the OCP board and VP of infrastructure at Facebook.
 
OCP Board と Facebook VP of Infrastructure を兼任する Jason Taylor は、「OCP コミュニティには、かなりの勢いがある。OCP とは距離のあった産業が、このオープンとカスタマイズの原則を取り入れてくれる度に、より良いかたちでオープン・ハードウェアを開発していくという、私たちのビジョンに近づくと認識している」と述べている。
 
“Leaders in telecommunications embracing OCP signifies the start of a new and exciting chapter as we work together to enable better designs, easier adoption, and efficiency gains across the board.”
 
そして彼は、「テレコムのリーダーたちは、新たに OCP に参加することを、エキサイティングな時代の幕開けだと捉えている。私たちが協調していくにつれて、より優れたデザインや、容易な適用、そして効率の向上が、幅広い範囲で実現されていくだろう」と付け加えている。
 
Andre Fuetsch, SVP of architecture and design at AT&T said the company aims to virtualize 75% of its network functions by 2020.
 
AT&T の SVP of Architecture and Design である Andre Fuetsch は、同社におけるネットワークの仮想化について、2020年までに 75% を達成したいと述べている。
 
 “To do that, we need to move to a model of sophisticated software running on commodity hardware. We’re becoming a software and networking company. As a result, our central offices are going to look a lot more like data centers as we evolve our networking infrastructure,” Fuetsch said.
 
Fuetsch は、「それを実現するためには、コモディティ・ハードウェアの上で、洗練されたソフトウェアを走らせるという、新しいモデルに移行する必要がある。つまり、私たちは、ソフトウェアとネットワークの企業になろうとしているのだ。私たちがネットワーク・インフラを進化させるにつれて、当社のセンター・オフィスは、データセンターのような形態になっていくだろう」と述べている。
 
“The Open Compute Project is innovating rapidly in this area, and we’re thrilled to be collaborating with the community of engineers and developers that are driving the evolution. We look forward to our vendors and other industry players supporting this initiative, as well,” he added.
 
そして、「Open Compute Project は、この領域を、急速に革新している。私たちは、この進化を促進しているエンジニアやデベロッパーのコミュニティに、喜んで協力していきたいと思っている。この取り組みを支持している、私たちのパートナーや、他の業界のプレイヤーと協力できることも、とても楽しみにしている」と付け加えている。
 
The OCP further said it is optimistic about the potential of open hardware to bring large-scale gains to the telecommunications industry, and that starts with increased participation.
 
OCP サイドは、オープンなハードウェアが、テレコム業界に大きなメリットをもたらす可能性について、きわめて楽観的に捉えているが、そのためには、参加者が増えていく必要があると述べている。
 
Alex Choi, CTO of SK Telecom, added that “5G, with its diverse use cases, will open up a whole new ecosystem for telecom operators.”
 
SK Telecom の CTO である Alex Choi は、「5G の到来と、その多様なユース・ケースにより、すべてのテレコム事業者のための、新しいエコシステムが開かれていく」と付け加えている。
 
ーーーーー
open-computeコモディティ・ハードウェアと洗練されたソフトウェアの組み合わせという新しいモデルにより、テレコムのシステムまでもが構築されていく時代になりました。先日に、「AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!」という抄訳をポストしましたが、文中にある Nokia だけではなく Ericsson も、この OCP Telco Project に参加とのことです。そして来週は、Open Compute Summit が開催されます。 この新しいモデルが、どこまでの伸びていくのか、そう考えるだけでもワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
 

Comments Off on OCP と テレコム: AT&T や Verizon を含むメジャー・プレイヤーが、この新しいモデルに続々と参加してきた!

コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Equinix, Research, Telecom by agilecat.cloud on July 24, 2015
As Colocation Market Consolidates, Who Are the Market Leaders?
Guest Author – June 29, 2015
http://www.datacenterjournal.com/colocation-market-consolidates-market-leaders/
 
_ Data Center Journal
 
New Q1 data from Synergy Research Group shows the leaders in the worldwide colocation market, with Equinix generating the most colocation revenue and achieving a 9.5% market share. It is followed by Digital Realty, NTT, Verizon, CenturyLink, KDDI, Global Switch and China Telecom.
 
Synergy Research Group が、2015年 Q1 におけるグローバル・コロケーション市場を、Equinix がリードしている状況を伝えている。同社は、その売上の大半をコロケーションから得ることで、9.5% というマーケット・シェアを達成している。そして、Equinix を追いかける存在として、Digital Realty および、NTT、Verizon、CenturyLink、KDDI、Global Switch、China Telecom などを挙げている。
 
An UK Data CenerFlicker
Cory Doctorow
 
The top twelve ranking features six colocation specialists and six telcos, though four of those telcos have achieved their standing in large part via the acquisition of companies that had substantial colocation product lines. It is particularly notable that market consolidation continues to play a large part in the market, with the top three companies all being active participants.
 
この Top-12 ランキングは、コロケーションに特化した 6つの事業者と、テレコムを主体とする 6つの事業者により構成されている。ただし、以下のテレコム事業者のうちの 4社は、大規模なコロケーション・プロダクト・ラインを所有する企業を買収することで、現在のポジションを確立している。ここで注目すべきことは、このマーケットにおいて統廃合が、大きな役割を果たし続けているという現実である。 それは、Top-3 である Equinix/Digital Reality/NTT が、積極的に展開している戦略でもあるのだ。
 
Equinix is in the process of acquiring tenth ranked TelecityGroup; Digital Realty is reportedly seeking to acquire top 20 player Telx; and NTT has just closed the latest in a series of data center and cloud-oriented investments, having acquired a majority stake in EMEA wholesale colocation specialist e-shelter.
 
具体的に言うと、Equinix は、10位にランクされている TelecityGroup を、買収するプロセスにある。Digital Reality は、20位にランクされている Telx を買収するようだ。そして NTT は、データセンターとクラウドへ向けた投資を継続しており、直近では EMEA の卸売コロケーション事業者である e-shelter の、50% 以上の株式を取得したばかりである。
 
Colocation Market LeaderClick to Large
 
In aggregate the top twelve colocation providers account for almost 40% of the total worldwide market. There is then a long tail of smaller providers, each with 1% or less market share. Nine of the top twelve colocation providers generate the bulk of their revenues from retail colocation, while three are focused primarily on wholesale. This split reflects the segmentation of the colocation market, where retail revenues outstrip wholesale revenues by a factor of over three to one.
 
この、Top-20 コロケーション・プロバイダーを合計すると、グローバル・マーケットの約 40% を占めることになる。それに続く、小規模プロバイダーは、いずれも 1% 以下のマーケット・シェアを持つという、ロングテールの様相を示している。Top-12 コロケーション・プロバイダーのうち、小売コロケーションから大半の収入を得ているのは 9社であり、また、卸売コロケーションにフォーカスしているのは 3社となる。この分類は、コロケーション市場におけるセグメントを反映するものであり、小売が卸売に対して、約 3倍の売上高を達成していることが分かる。
 
“There is no doubt that we will see further consolidation in the colocation market over the next five years,” said John Dinsdale, a Chief Analyst and Research Director at Synergy Research Group. “An ever-larger portion of the market is driven by service provider clients rather than enterprises, and this is helping fuel a need for both scale and breadth of geographic footprint. While they carry some risks, acquisitions are much faster than organic build in achieving the desired scale.”
 
Synergy Research Group の Chief Analyst and Research Director である John Dinsdale は、「 これからの 5年間において、さらなる統廃合が、このコロケーションで必ず生じるだろう。その背景には、このマーケットの大半が、エンタープライズではなくサービス・プロバイダーにより、推進されているという現実がある。また、規模的/地理的な要因が、その傾向をさらに加速している。その一方で、それらの事業者は、いくつかのリスクを背負っている。つまり、必要とされるスケールを得るためには、自前による構築よりも、統廃合の方が話しが早いということだ」と述べている。
ーーーーー
datacenter_55以前に「コロケーション の世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する」という抄訳で、2014年の比較について紹介しましたが、小売と卸売の比較までをカバーする比較は初めて見ました。そして、卸売に関しては Digital Realty  Global Switch のカテゴリが、Cloud News Asia にありますので、ご興味のある方は、そちらをご覧ください。 また、2013年に Open IX を調べたときに、DuPont に関する情報も拾っていました。 それと、Equinix カテゴリ もありますので、ご利用ください。 このマーケットは、どのように動いていくのでしょうかね? 興味シンシンです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!
 

Comments Off on コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!

Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Network by agilecat.cloud on April 23, 2015
This is Google’s new wireless phone service: Project Fi
Lisa Eadicicco – April 22, 2015
http://www.businessinsider.com/google-wireless-phone-service-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google just announced Project Fi, its new wireless phone service. The company is partnering with T-Mobile and Sprint for the new project. For now, it’s only available on the Google Nexus 6 phone.
 
ついに Google が、新たなワイヤレス・フォン・サービスである、Project Fi を発表した。 この新しいプロジェクトのために、同社は T-Mobile および Sprint と提携している。 そして、現時点では、Google Nexus 6 だけが対応している。
 
Project Fi is a bit like a traditional carrier plan you would get from a AT&T, Verizon, Sprint, or any other provider, except Google is focusing on two key areas: making it easier to switch between Wi-Fi and cellular, and letting you pay only for the data you actually use.
 
この Project Fi は、従来からのキャリア・プランと、つまり AT&T/Verizon/Sprint などのプロバイダから提供されるプランと似ている。ただし、Google は2つの領域にフォーカスしている。 具体的に言うと、Wi-Fi と セルとの接続を容易に切り替え、実際に使用されたデータにのみに課金する点が異なっている。
 
man-phone-window.pngYouTube/Google
 
For example, when you’re using Project Fi, the service will automatically connect you to whichever network is fastest and within range.
 
たとえば、Project Fi を使用しているなら、その場所で利用できる最も高速のネットワークが、このサービスににより選択/接続される。
 
So, if you’re using cellular but there’s a faster Wi-Fi service nearby, it will automatically switch, and vice versa. Google also says it uses encryption to protect your data once your device is connected.
 
したがって、セル接続されている場合でも、より高速の Wi-Fi サービスが近くにあるなら、また、その逆の状況であっても、自動的な切り替えが行われる。
 
そして Google は、このサービスと、あなたのデバイスが接続された直後から、データを保護するための暗号化が用いられると発言している。
 
And, Google also says it will credit you for unused data that you’ve already paid for once your cycle is up. That’s the real advantage you can’t get with a wireless carrier today.
 
さらに Google は、対応する期間が終了した後であっても、すでに支払いが行われているデータ通信料に関して、繰越を認めると発言している。それは、現時点で既存のワイヤレス・キャリアから得ることができない、本当のメリットである。
 
For $20 per month, you get all the basics such as talk, text, and international coverage. Then, you pay a flat rate of $10 per gigabyte of data. So 1GB of data is $10 per month, 2GB is $20 per month, and so on.
 
$20/月のプランで、通話/テキスト/国際電話などの、すべての基本的なサービスが得られる。 それで足りなければ、続いて $10/GB の定額料金を支払う。 つまり、1GB のデータが $10/月額で得られ、2GB のデータが $20/月額で得られるという具合である。
 
That’s a big deal — not only is Google crediting you for the data you don’t use, but the pricing plan is really simple and transparent compared to those offered by carriers.
 
素晴らしいことである。 Google は未使用のデータ分を繰り越すだけではなく、その料金プランについても、他のキャリアから提供されるものと比べて、きわめてシンプルで透明性のあるものにしている。
 
You can also connect your phone number to any device that supports Google Hangouts, so that you can make or receive phone calls on phones, laptops, and Chromebooks among other devices.
 
また、Google+ Hangouts をサポートする、あらゆるデバイスに対して、その電話番号を接続できるようになる。それにより、スマホでも、ラップトップでも、Chromebook でも、電話をかけること、そして受けるとこが、可能になのだ。
 
Google’s Sundar Pichai mentioned at Mobile World Congress that Google was working on a small-scale wireless network, but this is the first time Google has given concrete details.
 
Google の Sundar Pichai は Mobile World Congress で、小規模なワイヤレス・ネットワークで取り組んでいると話していたが、その具体的な詳細について、Google は初めて明らかにしたことになる。
 
ーーーーー
google-55a日本では当たり前になってきている MVNO ですが、ようやくアメリカでも Google が具体化したということなのでしょう。 先月の「Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!」という抄訳で、Sundar Pichai の MWC 発言を追いかけていますが、どのようにアメリカ市場に受け入れられるのか、とても興味があります。なお、このポストの冒頭に、T-Mobile および Sprint と提携と書かれていますが、この2つのキャリアが同時に掴めた場合でも、速い方に接続されるのでしょうかね?  そうだとしたら、とても羨ましいサービスですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 新たな戦いが始まる?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
 
 

Comments Off on Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!

IoT の調査:Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 13, 2015
Internet Of Things (IoT): Businesses That Ignore It Risk Falling Behind
By Dick Weisinger – April 2, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-businesses-that-ignore-it-risk-falling-behind/
_ formtek
Businesses that are ignoring investment in Internet of Thing (IoT) technology risk losing out in terms of future productivity, according to a new report on the Internet of Things (IoT) by Verizon.  The report estimates that adopters will be able to be 10 percent more profitable if they use IoT than if they ignore it because of gains in efficiency, quality and customer satisfaction.
 
Verizon の Internet of Things (IoT) 最新レポートによると、IoT テクノロジーへの投資を無視している企業は、将来における生産性という観点で、敗者になっていくリスクを抱えるという。IoT を採用する企業は、それを無視する企業と比較して、10% 以上の生産性を積み上げると推定されている。なぜなら、効率/品質/顧客満足度が、その分だけ向上するからである。
 
Sisley_5The report finds that “IoT isn’t just for multinational companies investing tens of millions of dollars.  A few dozen sensors and simple automated alerts can cut costs, create new revenue opportunities, and transform customer service.”
 
このレポートは、「数千万ドルの投資が可能な、多国籍企業のためだけに、IoT が存在するのではない。中小の企業においても、数十個のセンサーと、自動化された簡潔なアラートがコストを削減し、新たな収益のチャンスを生み出し、顧客サービスを改善していく」と指摘している。
 
Business sectors that are expected to see the most growth include
 
IoT により最大の成長が期待される業種は、以下などにより構成される:
 
  • Manufacturing (204 percent)
  • Finance and Insurance (128 percent)
  • Media and Entertainment (120 percent)
  • Healthcare and Pharmaceutical (40 percent)
  • 製造業(204%)
  • 金融・保険(128%)
  • メディア・エンタテーメント(120%)
  • ヘルスケア・製薬(40%)
 
Additional benefits from using Internet of Things technology include:
 
また、IoT を採用することで、以下のようなメリットも生じてくる:
 
  • Improved customer experience.  Businesses will be able to speed logistics and delivery of products.  They’ll also be able to better understand and respond to the needs of their customers.
  • Increased productivity.  Businesses that use Internet of Things will be able to improve their efficiency and productivity.
  • Reduced risk.  Businesses will be able to better address regulatory requirements, monitor equipment and improve employee safety
  • 顧客満足度の向上:IoT を導入する企業は、製品に関連する物流および供給の高速化を実現する。そして、さらに、顧客ニーズを適切を理解し、対応していけるようになる。
  • 生産性の向上:IoT を導入する企業は、その効率と生産性の向上を実現する。
  • リスクの削減:IoT を導入する企業は、法的規制への取り組みや、設備を監視、従業員の安全性などについて、より有利な観点で臨めるようになる。
 
Verizon found that there are already more than a billion devices today connected and running business-to-business IoT operations, and by 2020, they expect the number of connected devices to grow to 5.4 billion.
 
Verizon の調査によると、現時点において、すでに 10億を超えるデバイスが接続され、B2B IoT で運用されているという。そして、2020年までに、それらの接続されたデバイス数は、54億個に成長すると予測している。
 
Mark Bartolomeo, vice president IoT Connected Solutions at Verizon, said that “within the past year, amid an improving economy, we’ve seen a number of new entrants starting to use IoT as a roadmap to improve their customers’ experiences, accelerate growth and create new business models that are driving societal innovation.”
 
Verizon の VP IoT Connected Solutions である Mark Bartolomeo は、「この一年の間に、つまり、景気が回復してきた中で、ロードマップとして IoT を採用する、新たな勢力の増大を確認している。それらの企業は、顧客エクスペリエンスを向上させ、自身の成長を加速させ、社会のイノベーションを推進するための、新たなビジネス・モデルを生み出している」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳してみて、へぇ〜 と思ったのは、Verizon に VP IoT Connected Solutions というタイトルの重役がいることです。 そして、すでに 10億個の B2B IoT デバイスが機能している(Runnning)というのが、かなり新鮮な情報でした。 なぜ Verizon が、分かるのでしょうかね? このポストの冒頭にあるリンクから、20ページ以上もある、立派なサポートが PDFで でダウンロード出来ましたので、これから眺めてみたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
 

Comments Off on IoT の調査:Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している

IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている

Posted in .Chronicle, Asia, IoT by agilecat.cloud on February 13, 2015
Intel to partner with more IT players for IoT opportunities
Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES -15 January 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150115PD203.html
 
_ DiGiTimes
 
In addition to existing partnerships with Amazon, IBM, Eurotech and General Electric (GE), Intel is preparing to team up with more IT firms such as AT&T, Verizon, Cisco, SAP and Microsoft to expand into the Internet of Things (IoT) industry in 2015, according to sources from the upstream supply chain.
 
これまでの、Amazon/IBM/Eurotech/General Electric (GE) とのパートナーシップに加えて、Intel は 2015年における IoT 展開を促進するために、その提携先を AT&T/Verizon/Cisco/SAP/Microsoft などに拡大していく計画だという情報が、上流サプライ・チェーンから伝わってきている。
 
Chunghwa_Telecom_TaipeiSolomon203
中華電信
臺北營運處大門
 
So far, most first-tier IT players such as Microsoft, Intel, Qualcomm, ARM and Google, are preparing themselves for the IoT market and Intel has been playing an active role in helping Taiwan build its smart city infrastructure. It has also cooperated with Taiwan’s telecom carrier Chunghwa Telecom (CHT) to develop IoT and cloud computing applications, the sources said.
 
これまでのところ、Microsoft/Intel/Qualcomm/ARM/Google といった IT 業界のトップ・プレーヤーたちは、それぞれの内部で IoT マーケットのための準備を進めている。その中でも Intel は、Taiwan におけるスマート・シティ基盤を構築するうえで、積極的な役割を果たしてきた。それは、Taiwan のテレコム・キャリアである Chunghwa Telecom (CHT) との協調による、IoT およびクラウド・コンピューティングのアプリケーション開発でもあると、情報筋は語っている。
 
Intel has also unveiled many solutions for its IoT platform including Atom E3800 series processors, a smart gateway solution integrated with McAfee and Wind River software, and Quark SoC X1000. Intel has also recruited Asustek Computer’s subsidiary Aaeon, Gigabyte Technology, Elitegroup Computer Systems (ECS), Advantech and Adlink to join the development of the smart gateway, the sources noted.
 
その一方で Intel は、IoT プラットフォームのための、数多くのソリューションを発表している。 そこには、Atom E3800 シリーズ・プロセッサ/McAfee および Wind River software とのスマート・ゲートウェイの統合/Quark SoC X1000 などが含まれる。また、Intel は、スマート・ゲートウェイの開発に参加するよう、Asustek Computer の子会社である Aaeon/Gigabyte Technology/Elitegroup Computer Systems (ECS)/Advantech/Adlink などに呼びかけていると、情報筋は述べている。
 
As for Intel’s roadmap for the IoT market, in addition to Haswell EP/EN series products, the CPU giant will also release 14nm Broadwell/Skylake and Braswell-based products and will replace its existing Quark SoC X1000 series processors with new Liffey Island product family in 2015, the sources said. The Puma 6 Family will also be upgraded to Puma 7 Family.
 
Intel の IoT マーケット・ロードマップだが、Haswell EP/EN プロダクトに加えて、この CPU ジャイアントは、14nm の Broadwell/ Skylake および Braswell ベースのプロダクトをリリースする。そして、2015年には、新たな Liffey Island プロダクト・ファミリーにより、既存の Quark SoC X1000 シリーズ・プロセッサを置き換えると、情報筋は発言している。さらに、Puma 6 Family も、Puma 7 Family にアップグレードされる。
 
As for applications, Intel is aggressively improving its software and has been cooperating with app designers to expand related development. Intel will also launch a new solution to replace its existing Edison module and has recently unveiled its button-size Curie module for wearables.
 
アプリケーションに関しては、Intel は積極的にソフトウェアを改善しており、また、関連パートの開発を拡大するために、アプリ・デザイナーたちと協調している。さらに Intel は、既存の Edison モジュールを置き換える新しいソリューションを立ち上げ、つい先日には、ウェアラブルのための Curie モジュールという、ボダン・サイズのプロダクトを発表している。
 
ーーーーー
IoT今週にポストした、「 IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか? 」という抄訳を読むと、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルの共通化が、とても重要な課題であると思えてきます。 そして、Intel がスマートなのは、Chunghwa Telecom を中心に据えて、台湾のモノ作り業界を巻き込んだ展開を考えている点です。このプロジェクトが動き出すと、とても具体的なレベルで、IoT のメリットと問題点が浮き彫りにされてくると思います。 日本からも、参加する企業が出てくると、面白いですねぇ〜〜〜 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

Comments Off on IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている

iPhone 5S は $79 で 5C は $1 だ: Walmart の在庫一斉処分が始まった!

Posted in Apple, Mobile, Weekend by Agile Cat on August 30, 2014

Walmart Offers iPhone 5C for Just 97 Cents
http://wp.me/pwo1E-7Nv

Marco Foronda  – Aug 22, 2014
http://www.chinatopix.com/articles/7589/20140822/walmart-apple-inc-iphone-5c-iphone-5s-iphone-price-drop-tech-gadget-smartphone-ios-phone.htm

Walmart has drastically slashed its price tag for the iPhone 5C and 5S. The retail store’s move prepares it for the upcoming debut of iPhone 6 in September by getting rid of as many of the old iPhone models as fast as it can.

Walmart における iPhone 5C/5S の値下げが、大幅なものになっている。このリテーラーは、古い iPhone を可能な限り早く処分することで、9月に登場してくる iPhone 6 に対して、準備を整えようとしている。

iPhone 5C

Walmart cut the price of iPhone 5S (16 GB) from US$99 to just US$79. Its colorful lineup iPhone 5C (16 GB and in any color) has been cut from US$29 to just US$.97 cents. This very cheap offer of Walmart for iPhone 5S and iPhone 5C, however, comes with a two-year contract from Verizon, U.S. Cellular, AT&T and Sprint.

Walmart は、 iPhone 5S (16 GB) については、US$99 から US$79 に値下げし、カラフルな iPhone 5C (16 GB) についてはUS$29 から US$0.97 に引き下げている。 この、Walmart による iPhone 5S と iPhone 5C のオファーは激安だが、Verizon/U.S. Cellular/AT&T/Sprint などの二年縛りがついてくる。

The price cut is only good in stores and not for online purchases. Customers can also avail of an unlocked and contract-free iPhone 5C which costs US$549 directly from Apple, Inc.

なお、このバーゲンはリアル店舗のみで展開されており、オンラインでの購入には適用されていない。 もちろん、キャリア縛りのないアンロック iPhone 5C を Apple から購入できるが、こちらは US$549 になる。

Electronic and gadget stores are slashing their prices for existing iPhone stocks before the rumored arrival of the new model this September. Walmart’s price drop also confirm about rumors regarding the release date of the iPhone 6.

いくつかの家電/ガジェット・ストアでは、新しい iPhone が 9月に登場するというウワサが出まわる前から、このような値下げ販売が行われている。 そして、この Walmart の再値下げは、iPhone 6 について囁かれているリリース日を、裏付けするものとなる。

Price drops on Apple products are rare because the company limits how it retail partners can price its products. Walmart is the only retail store that can sell Apple products below Apple’s manufacturer suggested retail price (MSRP).

リテーラーの値付けが制約されているため、このような、Apple 製品に関する値下げは珍しいことでもある。そして、Walmart だけが、Apple の MSRP(manufacturer suggested retail price)を下回る値付けを許されている。

Meanwhile, Apple fans are really excited about the launch of the iPhone 6 that is rumored to have a reversible USB Lightning cable, an almost unbreakable sapphire glass display and two larger screen versions, 4.7-inch and 5.5-inch.

その一方で、Apple ファンたちは、iPhone 6 のローンチを心待ちにしている。 リバーシブル USB Lightning ケーブルや、強固なサファイヤ・ガラス、4.7-inch と 5.5-inch の大型スクリーンが、サポートされるというウワサである。

ーーーーー

文中にもあるように、このような形での、iPhone の在庫処分というのは珍しいですね。 売れ残りがあるということは、Apple というブランドにとって好ましくないので、可能であれば買い戻してしまい、中国などで販売したほうが良いのでしょうが、LTE の方式が違うので、それも不可能であり、、、という感じなのでしょう。 それにしても、iPhone 6 は、これまでの価格帯を踏襲するのでしょうか? それとも、引き下げへと向かうのでしょうか? そして、Apple が最重視する交渉相手は、これまでどおり Verizon/AT&T なのでしょうか? それとも、7億人サブスクライバーの、China Mobile なのでしょうか? Agile_Cat 的には、iPhone 6 のスペックよりも、ビジネス・モデルの変化に興味シンシンです。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く

Comments Off on iPhone 5S は $79 で 5C は $1 だ: Walmart の在庫一斉処分が始まった!

%d bloggers like this: