Agile Cat — in the cloud

なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

Posted in Data Center Trends, Google, IBM, Samsung by Agile Cat on June 10, 2014

IBM Opens Chip Architecture, in Strategy of Sharing and Self-Interest
http://wp.me/pwo1E-7yZ

By
STEVE LOHR – April 23, 2014
http://bits.blogs.nytimes.com/2014/04/23/ibm-opens-chip-architecture-in-strategy-of-sharing-and-self-interest/

 

IBM’s chip business needs help. So the company has opened up the technology of its Power microprocessors, inviting others to modify and manufacture Power-based designs pretty much as they see fit. This open, liberal licensing initiative is conducted under the auspices of the OpenPower Foundation, which was incorporated in December.

IBM のチップ・ビジネスは助けを必要としている。したがって、同社は、このテクノロジーをオープン化した。 それにより、さまざまなニーズに合わせて、Power ベースのテクノロジーをモディファイし、また、製造していけるように、興味を持つ企業を引き込もうとしている。この、オープンでリベラルなライセンス・イニシアチブは、昨年の 12月に設立された OpenPower Foundation に支援/運用されていく。

The foundation now has two dozen members in addition to IBM, including Google, Samsung, Nvidia, Mellanox and Tyan. On Wednesday, IBM and the foundation are announcing the first fruits of that collaboration – server computers based on IBM’s new Power8 chip technology. The chips, experts say, are unusually fast, powerful and tuned for handling vast amounts of data.

いま、このファンデーションには、IBM に加えて、Google/Samsung/Nvidia/Mellanox/Tyan などを含む、20社以上の企業が参加している。この水曜日に、IBM とファンデーションが発表したのは、同社の新しい Power8 チップ・テクノロジーをベースにした、コラボレーションにおける最初の成果物としてのサーバーである。

Jack Plunkett
Feature Photo Service for IBM

Two IBM engineers working on a stack of servers using the company’s Power-based designs.

IBM and Google are the key strategic players in the foundation. IBM’s Power systems hold the largest share of the market for server computers running the Unix operating system. But the Unix server market is withering. Sales of IBM’s Power systems fell 31 percent last year.

IBM と Google は、このファンデーションをリードする、戦略的なプレーヤーである。 IBM の Power システムは、Unix オペレーティング・システムを走らせる、サーバー・コンピュータ市場において、最大のシェアを保持している。しかし、Unix サーバー市場は衰退しており、昨年の IBM Power システムは、その売上を 31% も減らしているのだ。

“For the Power technology to survive, IBM has to do this,” said Charles King, principal analyst for Pund-IT, a research firm. “It needs to find new markets for Power.”

「Power テクノロジーが生き残るためには、それを行わなければならない。 つまり、IBM は Power のための、新たなマーケットを探し出す必要がある」と、調査会社 Pond-IT の主席アナリストである Charles King は述べている。

The new market strategy is to become an attractive hardware home for Linux, the operating system of choice in Internet-era data centers. Linux typically runs on industry-standard chips, mainly produced by Intel but also Advanced Micro Devices.

この、新しいマーケットの戦略とは、インターネット時代のデータセンターにおける、最適なオペレーティング・システムとして認識される Linux のための、魅力的なハードウェア・プラットフォームになることだ。一般的に見て Linux は、主として Intel および AMD が製造する、業界標準チップ上で動作している。

“We really wanted to give people an alternative to Linux on Intel,” said Tom Rosamilia, senior vice president in charge of I.B.M.’s hardware business, a position he assumed last August.

「 私たちは、Intel 上で Linux を走らせる人々に対して、対案を提供したいと本気で考えている」と、IBM の VP of Hardware Business である Tom Rosamilia は語っている(昨年 8月時点の役職だと記憶している)。

IBM’s decision to open up its chip technology, Mr. Rosamilia said, takes a page from the playbook of ARM, whose open licensing policy has helped make its low-power processors a leader in the smartphone and tablet markets.

Rosamilia によると、このチップ・テクノロジーのオープン化は、ARM の戦略ノートから、ページを切り取ったものであるという。 ARM のオープン・ライセンス・ポリシーは、スマートフォンやタブレットにおける、低消費電力プロセッサー市場のリーダーとしてのポジションを確かなものにしている。

Gordon MacKean, who leads Google’s hardware teams, is the chairman of the OpenPower Foundation. In an interview, Mr. MacKean said opening up the Power technology allowed many groups to fine-tune it, potentially driving down the price and improving the performance of data-intensive computing.

Google のハードウェア·チームを率いる Gordon MacKean は、OpenPower Foundation の Chairman も務める。MacKean は、インタビューにおいて、多様なグループにフィットするよう、Power テクノロジーをオープンにしていくと述べている。それにより、コストの低減を推進し、データ集約型コンピューティング性能を向上させるという。

Mr. MacKean declined to discuss Google’s own plans for using Power-based technology in its many massive data centers. But analysts say the embrace of Power has two crucial advantages for Google. First, the Internet giant builds its own data centers and tweaks the technology in its server computers, and the licensing regime in the Power foundation is hacker-friendly in a way Intel’s handling of its intellectual property is not.

MacKean は、大規模なデータセンター群で Power ベース・テクノロジーを使用するという、Google の計画に関する議論を、当初は辞退したという。しかし、アナリストたちは、Power の提供は Google にとって、2つの重要なメリットを有していると発言した。第一に、このインターネット・ジャイアントは、、独自のデータセンターを構築し、そのサーバー・コンピュータ・テクノロジーを磨きあげている。そして、Power Foundation のライセンス制度は、Intel が知的財産を取り扱う方式の外側で、とてもハッカーフレンドリーである。

The second advantage for Google is negotiating power. In the heyday of the mainframe era, Japanese companies like Hitachi made machines that competed with IBM’s. In those days, corporate technology buyers used to refer to the “million-dollar Hitachi coffee cup.” When the IBM sales team arrived, they explained, having the Hitachi coffee cup on your desk was valuable indeed – a reminder to IBM that there was an alternative, which became a lever for negotiating lower prices.

Google にとっての第二のメリットは、交渉力である。メインフレームの全盛期においては、Hitachi などの日本企業が、IBM と競合するマシンを作っていた。当時のコーポレート·テクノロジー・バイヤーたちは、 “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” と言いながら、それらを使っていた。そして、IBM のセールス・チームが訪問したとき、その “Million-Dollar Hitachi Coffee Cup” を指差しながら、たしかな価値があると、顧客たちは説明したものだ。つまり、対案が存在することで、価格を引き下げるための交渉が始まることを、IBM は思い出すことになる。

An open Power technology, analysts say, could serve a similar role if it rises to become a genuine, price-competitive alternative to Intel-based servers.

アナリストたちによると、オープンな Power テクノロジーが、Intel ベース・サーバーに対して、価格面で本当に競争力のある対案として浮上した場合、メインフレームのときと同じような役割を果たすことになるという。

And Google, analysts say, is potentially a big enough customer to insure that Power technology is an alternative. “Google could make this a market on its own,” said Rob Enderle, an independent analyst in San Jose.

そして Google は、Power テクノロジーが対案になり得ることを証明できる、充分な規模を持った顧客である。「Google は、そのマーケットを、自分のものにもできる」と、San Jose 在住の独立系アナリストである Rob Endele は述べてる。

ーーーーー

この、IBM と Google の連携は、4月の末に報道され、世界を驚かせました。Gigazine では、Google におけるハードウェアとソフトウェアの刷新と、それに伴うリスクについて指摘していますが、Intel だけに依存する状態を継続することの方が、はるかにリスクが高いと考えているのだろう、と推察しています。かつて、Wintel という時代がありましたが、ユーザー主導のパワー・バランスが機能するようになり、コンシューマの世界においても、プロフェッショナルの世界においても、一人勝ちのベンダーを作らせない新たなステージへと、私たちは移行しているのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート

Comments Off on なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? そして、Google の戦略は何処にあるのか?

Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows

Posted in .Selected, Linux, Research by Agile Cat on April 30, 2013

Linux: Enterprises Shift Servers from UNIX and Windows
http://wp.me/pwo1E-62z
By Dick Weisinger, on April 18th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=3694

_ formtek

Spending by enterprises on servers is growing at an annual rate of just 3.1 percent.  The three dominant enterprise server Operating Systems being used are Linux, Windows and UNIX.  Not too surprisingly, enterprises are dropping older Unix servers in favor of Linux — Unix spending was down 24.1 percent in 2012, while Linux spending picked up some of the slack by growing 12.7 percent over that period.  Windows server revenues grew at just 3.2 percent last year.

エンタープライズによるサーバーへの支出は、年間で 3.1% の成長を遂げている。 この Enterprise Server オペレーティング・システム市場は、Linux/Windows/UNIX の 3つにより占有されている。そして、あまりにも当然のことながら、エンタープライズは Linux を支持し、古い Unix サーバーを減らしている。 そして、2012年における Unix への支出は、24.1% も低下しているが、その期間における Linux への支出は、12.7% という緩やかな成長を見せている。 また、Windows サーバーの売上高は、3.2% の成長に留まっている。

Over the next five years the shift towards Linux seems to be particularly clear, with 80 percent of large IT organizations planning to increase their purchases of Linux servers and only 20 percent planning to make additional Windows-server purchases.

今後の 5年間における Linux へのシフトは、きわめて明らかな傾向だと思われる。具体的には、大手企業における IT 部門のうち、その 80% が Linux サーバーの購入を増やすとし、残りの 20% が Windows サーバーを購入するとしている。

These are the results of a global survey conducted by the The Linux Foundation of companies and organizations with sales of more than $500 million or with more than 500 employees.

この数値は、年商が $500 million 以上もしくは、従業員数が 500人以上の企業や団体に対して、Linux Foundation が実施した、グローバルな調査の結果からのものである。

Other findings from the Linux Foundation report include:

この Linux Foundation からのレポートには、以下のような視点も含まれる:

  • 85.6 percent of respondents say Linux continues to improve
  • 66 percent of respondents say that they continue to make new Linux server deployments
  • 60.2 percent of respondents say that they are increasingly using Linux for mission-critical applications
  • 95 percent of IT managers say that Linux has become more valuable to their missions than in previous years
  • 70.3 percent say that they prefer to use Linux for their cloud computing needs
  • 60 percent of CIOs say that Linux is strategic for their organization
  • 38.3 percent say that a major concern about Linux is the lack of skilled Linux IT professionals
  • Cost no longer is the top reason cited to be using Linux.  Instead, technical superiority and security are considered to be the main benefits.
  • 85.6% の回答者が、Linux は継続的に改善されていくと発言している。
  • 66% の回答者が、Linux サーバーを継続的にディプロイしていくと発言している。
  • 60.2% の回答者が、ミッション・クリティカルなアプリケーションにおける、Linux の利用が増えていると発言している。
  • 95% の IT マネージャが、Linux は昨年と比較して、その利用価値を高めていると発言している。
  • 70.3% の回答者が、そのクラウドでのニーズにおいて、Linux を好むと発言している。
  • 60% の CIO たちが、自身の組織の戦略に、Linux が適合していると発言している。
  • 38.3% の回答者が、Linux のスキルを持った IT プロが欠乏していることが、最大の問題点だと発言している。
  • Linux を利用する上で、コストが最重要視されているわけではない。それに替えて、テクニカル面での優位性とセキュリティが、主要なメリットになるようだ。

Amanda McPherson, vice president of marketing and developer services of the Linux Foundation, said that “We see the growing success of Linux adoption in the enterprise, especially as it’s used for the most important areas of business, leading to the rise of Linux and collaborative development across many industries.  Having a realistic understanding of where Linux is gaining traction in the enterprise helps to inform vendors and users about how they can work together to advance Linux and the technologies it supports.”

Linux Foundation の Vice President of Marketing and Developer Services である Amanda McPherson は、「 エンタープライズにおける Linux の採用が増えるという、成功を確認している。とりわけ、ビジネスの最重要エリアでの利用が進むことで、各種の業界をまたいだ Linux の採用と、協調的な開発が促進されている。 エンタープライズにおいて、Linux が勢いを増していることで現実的な理解が促進され、Linux の先進性とテクノロジーを活用したいと考えるベンダーとユーザーに対して、適切な情報が行き渡るようになった」と、発言している。

ーーーーー

TAG indexプロプライエタリは、供給する側の理屈とイニシアティブによりドライブされていくプロダクト。 そして、オープンソースは、利用する側の理屈とイニシアティブによりドライブされていくプロダクト。 どちらにも、長所と短所があるため、一概に決め付けることはできませんが、クラウドや仮想化という概念に包まれる、サーバー OS という領域は、利用する側の理屈とイニシアティブが優先されるべきという判断が、この調査の結果には反映されているようにも思えます。ソフトウェア自身にというより、それを運用していくノウハウに、数多くの企業が、資産としての価値を見出しているのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
インターネットの怪物たちは、常識はずれのバトルを繰り広げる
フリーミアムが、成功するとき、失敗するとき
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則

世界のサーバー市場について : Gartner はポジティブで、IDC はネガティブだ

Posted in .Selected, Businesses, Data Center Trends, Research by Agile Cat on September 5, 2012

Gartner & IDC Split on Server Fortunes
http://wp.me/pwo1E-4I7
By
Maureen O’Gara – September 2, 2012 02:30 PM EDT
http://cloudcomputing.sys-con.com/node/2343957

image

Gartner is expecting a return to single-digit growth; IDC was more negative

Gartner は 一桁台の成長を予測するが、IDC はネガティブだ。

ーーーーー

Worldwide server shipments were up 1.4% in Q2, according to Gartner, but paid less. Revenues were off 2.9%. HP, which sells more servers than anybody else, was down 5% on both shipments and revenues. Server ships in the US were up 8.4% bringing in revenues up 6.5%.

Gartner によると、ワールドワイドにおけるサーバーの出荷数は、この Q2 に 1.4 % 上昇したが、売上額を 2.9% 減らしている。 このフィールドにおける HP は、出荷数と売上額を、それぞれ 5%失っている。 また、アメリカにおけるサーバー出荷数は 8.4% 上昇し、売上も 6.5% 上昇している。

Gartner blames delayed buying ahead of new introduction and spending constraints. IBM, for instance, just brought out its new System zEC12 mainframes this week and new Unix boxes are coming. One can’t help but wonder if virtualization is also having an impact.

Gartner の分析によると、新製品の導入における遅れと、ある種のためらいが、マーケットからスピードを奪っているらしい。 現実に、IBM は今週に、新規の System zEC12 メインフレームを登場させ、また、新しい Unix ボックスも提供する。 ただし、そこでも仮想化の影響があるなら、不思議に思わざるを得ない。

Gartner is expecting a return to single-digit growth. IDC was more negative.

Gartner は、一桁分の上昇があると予想している。 そして、IDC は、もっとネガティブである。

By its count vendors shipped two million servers, down 3.6%, the first shipment decline in three years. Revenues were down 4.8% to $12.6 billion. Industry-standard servers were off 7.6% at the high end ($250,000 or more) and 11.2% in the mid-range. Counting all sizes, 1.9 million x86 units moved, down six-tenth of a point, bringing in revenues up 3.5%.

サーバーのユニット数において、ベンダーからの出荷数は 3.6% 低下の 200万万台であり、この 3年には見られなかった状況にある。 また、売上は 4.8% ダウンの $12.6 billion となっている。 この業界の標準的なサーバーとして、ハイエンド機($250,000 以上)は 7.6% を下げ、ミッドレンジは 11.2% を下げている。 すべてのサイズを計算に入れると、x86 サーバーのエリアは、ユニット数で 1.6% を失っているが、売上としては 3.5 % の上昇を見せている。

Blades did best. Apparently Cisco’s UCS blade servers were in demand. It got 13.8% of the market, passing Dell at 8.1% and nearly catching IBM at 15.9%. HP had 51.5% share.

最も健闘したのは Blade であり、 Cisco の UCS ブレード・サーバーに対する需要が多かったようだ。 それは、マーケット・シェにおいて 13.8% を確保し、また、8.1% の Dell を追い抜き、また、15.9% の IBM に迫っている。そして、HP はというと、51.5% のシェアを保っている。

Revenues across all species of blades – x86, RISC, Itanium – were up 6.3% to $2.1 billion on shipments up 4.1%.

x86/RISC/Itanium を含む、Blade 市場全体の収益は、6.3% 上昇の $2.1 billion に居たり、ユニット数でも 4.1% の上昇を見せている。

HP and IBM were statistically tied with HP sales down 5% to $3.73 billion and IBM down 8.2% to $3.68 billion. The same thing happened last year, with IBM slightly ahead.

HP の販売は 5% ダウンの $3.73 billion であり、IBM は 8.2% ダウンの $3.68 billion というふうに、同じ傾向を示している。 それは、昨年に似た傾向であるが、そのときは IBM が、少しだけリードしていた。

Dell came in third with $2 billion in sales, up 5.9%. Oracle’s server sales fell 20.1% to $752 million ahead of the introduction of its Sparc T5 gear. Gartner, by the way, which says customers are leaving both HP and Oracle, estimated Oracle’s Unix server revenue dropped 31.9% and HP Unix server revenue fell 29.1% on shipments down 5.2% and 31% respectively.

Dell は 5.9% 上昇させ、$2 billion という売上で、第 3位のポジションを確保した。 Oracle は、Sparc T5 gear の提供を開始したが、その前に 20.1% のシェアを失い、$752 million の売上に留まった。 ところで、Gartner の発言によると、ユーザーたちは HP と Oracle のサーバーから遠ざかっていると推測しているようだ。 具体的には、Oracle Unix サーバーは売上で 31.9% を下げ、また、HP Unix サーバーは 売上で 29.1% を下げている。さらに、ユニット数では、それぞれが 5.2% と 31% を失っていると、推測している。

Linux servers weighed in with for $2.8 billion in revenues in the quarter, up 1.7%. Unix systems dropped 20.3% to $2.3 billion. IBM’s AIX systems sales dropped 10% but Big Blue was still able to claim a 6.1 point gain in market share because HP and Oracle were worse off, a situation HP can in part at least thank Oracle for. Windows machines brought in $6 billion in sales, up three-tenths of a point.

Linux サーバーに関しては、この Q2 で 1.7% の上昇となり、また、$2.8 billion を売り上げるという、一人勝ちの状況である。 その一方で、Unix システムの売上は、20.3% を失い、$2.3 billion に落ち込んだ。 IBM AIX システムの販売は、10% を失っている。 しかし Big Blue は、マーケット・シェアにおいて、依然として 6.1% の上昇があったと主張している。なぜなら、HP と Oracle の状況が、より以上に悪化しているためである。 少なくとも、その点で、HP は Oracle に感謝すべきなのかもしれない。 Windows マシンに関しては、3.3% の上昇で、$6 billion の売上に至っている。

ーーーーー

imageこうしてみると、サーバー・マーケットって、あちらこちらで浮き沈みがあって、面白いですね。 そして、ハイエンド機からローエンドの Linuxマシンへと、主力マーケットが移行しつつあるように思えます。 また、Windows 市場が $6 billion という大きな売り上げを持っていることも再確認です。 Ray Ozzie や Bob Muglia は、ここを失ってでもクラウドに邁進すべき、という考え方だったのでしょうね。 それと、Google や Amazon、そして Facebook などに入り込んでいる、いわゆる無印良品を加えたらどのように数値が動くのでしょうね。 大変化になるはずです Smile  ーーー image

ーーーーー

<関連>

Facebook と Google の サーバー保有台数を推測する – James Hamilton
Google データセンターを埋め尽くす、独自サーバーのコンセプトとは?
Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか
Open Compute が創りだす、新世代 Web のためのビジネス・モデルとは?
Open Compute が1歳になったが、想像する以上に遠大な思想である
IDC が PC 出荷予測を、大幅に下方修正
Gartner が指摘する要点 Top-10 : データセンターと IT インフラストラクチャ

Comments Off on 世界のサーバー市場について : Gartner はポジティブで、IDC はネガティブだ

%d bloggers like this: