Agile Cat — in the cloud

Uber China と Didi Chuxing が統合される: それはタオルを投げ入れることに等しい?

Posted in Asia, Businesses, Uber by agilecat.cloud on August 2, 2016
Uber to merge with Chinese rival Didi in $35 billion deal
Matt Weinberger – Aug 1, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-china-merges-with-didi-chuxing-2016-7
 
_ Business Insider
 
Uber China, the regional subsidiary of the car-hailing app juggernaut, is merging with Didi Chuxing — its biggest and most  formidable rival in the country — in a $35 billion megamerger, as first reported by Bloomberg’s Eric Newcomer.
 
絶対的な力を持つタクシー配車サービス、Uber の子会社である Uber China と、最も手強いライバルである Didi Chuxing が、$35 billion の価値を持つ統合にいたると、Bloomberg の Eric Newcomer が速報を投じた。
 
The details were disclosed in a blog post by Uber CEO Travis Kalanick that has been circulating on Chinese social media — you  can read the full blog post at the end of this article. The official announcement was expected to arrive as early as Monday.
 
Uber CEO である Travis Kalanick が、自身のブログ・ポストで詳細を伝え、その情報が China のソーシャル・メディア上を駆け巡っている。詳細については、文末に紹介する彼のブログ・ポストで確認できる。また、オフィシャルなアナウンスメントに関しては、早ければ月曜日に公表されるはずだ。
 
Kunming_Yunnan_ChinaWikimedia
 
Under the terms of the deal, Didi will make a $1 billion investment in Uber global at a $68 billion valuation, while Uber China’s investors will own 20% of the merged Chinese company,  which will be worth $35 billion.
 
今回の契約により、時価総額が $68 billion とされる Uber 本体に、Didi は $1 billion の投資を行う。その一方で、Uber China の投資家たちは、この統合される China 企業の、20% の株式を所有することになるが、その総額は $35 billion に至るという。
 
Uber China is a joint venture between the main Uber business, which owns the vast majority of it, the China-based internet giant Baidu, and other outside investors.
 
Uber China は、Uber 本体が最大の出資者となるジョイント・ベンチャーであり、その他の出資者としては、インターネット大手の Baidu などが挙げられる。
 
The Uber China business has long been an albatross around Uber’s neck: While Uber CEO Travis Kalanick has said the company is profitable in many markets, it has yet to turn a  profit in China, even as it lags behind the first-place Didi  Chuxing in the region.
 
Uber 本体にとって、Uber China は懸念の材料であると、これまで言われ続けてきた。そして、Uber CEO である Travis Kalanick は、「数多くの国々で、私たちのビジネスは成り立っているが、China 市場では Didi Chuxing に遅れを取り、利益を出すに至っていない」と述べている。
 
This essentially means Uber is throwing in the towel on its China operations.
 
つまり、この統合の本質を見れば、Uber が China での事業に関して、タオルを投げたことになる。
 
The news should come as some kind of relief to private-equity investors, who have   reportedly been pushing for some kind of truce between Uber China  and Didi Chuxing, as both companies pour in billions without  any profit to show for it.
 
このニュースは、未公開株に投資する人々を救済するものになるはずだ。伝えられるところによると、それらの投資家たちは、利益を無視して膨大な投資を続ける Uber と Didi に対して、なんらかの停戦協定が必要だと提言していたようだ。
 
Apple recently invested $1 billion in Didi Chuxing at a valuation that could have been $25 billion or higher. It remains to be seen whether this was the outcome that Apple was pushing  for with this investment.
 
最近になって、Apple は Didi Chuxing に $1 billion を投資しているが、それが $25 billion の価値に化ける可能性もある。ただし、今回の投資に関して、Apple がプッシュした結果でもあるのかどうかを、見守る必要があるだろう。
 
Uber was not immediately available for comment.
 
また、Uber からのコメントも、現時点では得られていない。
 
Here is a copy of Uber CEO Travis Kalanick’s blog post announcing the deal, which is circulating on Chinese social media and which was forwarded to Business Insider:
 
以下は、Uber CEO の Travis Kalanick が、自身のブログ・ポストで伝えた詳細であり、また、Business Insider に転送されたものでもある。この情報が China のソーシャル・メディア上を駆け巡っている。
 
Today we’re announcing our intention to merge Uber China with Didi Chuxing.
 
今日、私たちは、Uber China と Didi Chuxing の統合について、その意思を持っていることを発表する。
 
Three years ago I traveled to China with a small group of people to see if we might be able to launch Uber there. It was an ambitious idea, given that we were a relatively small start-up and no one there had ever heard of the company. Most of the people we asked for advice thought we were naive, crazy, or both.
 
三年前、私は何人かの人々と伴に China を訪れ、そこで Uber を立ち上げるという可能性について検討した。その結果として、小規模なスタートアップを立ち上げることになったが、その種の企業が China には無かったことを考えると、野心的なアイデアだったはずだ。アドバイスを求めた人々の大半が、私たちの楽観性とクレイジーさを感じていたと思う。
 
I came away with a different view. First, China is an amazing country and if you aspire to make “transportation as reliable  as running water, everywhere for everyone,” you can’t ignore a fifth of the world’s population. And second, as an entrepreneur, if you have the opportunity to build both Amazon and Alibaba at the same time, you’d be crazy not to try.
 
しかし、私の目論見は、次第にズレてきた。まず、Chia は素晴らしい国である。そして、「水の流れのように安定した移動のためのビジネスを、場所を選ぶことなく、すべての人に提供する」と熱望するなら、世界人口の 1/5 という規模を無視することはできない。言い換えるなら、Amazon と Alibaba を同時に手にするチャンスがあるにしても、それを選ぶ投資家はクレイジーだということだ。
 
Fast forward to today and Uber China — in just two years — has  exceeded even my wildest dreams. We’ve grown super fast and are now doing more than 150 million trips a month. This is no small feat given that most U.S. technology companies struggle to crack the code there. That’s why I’m so proud of what our amazing China team has accomplished.
 
Uber China は、わずが 2年の歴史であるが、今日までを振り返ると、私の想像を超えるものであった。それは、素晴らしいスピードで成長し、現時点で 1億5,000万回/月の利用という実績を持っている。ほとんどの US テック・カンパニーが、China でのビジネスに苦労しているという現状を考えると、小さな偉業とは決して言えないものである。私たちの素晴らしい China チームが達成したことを、私は誇りに思っている。
 
However, as an entrepreneur, I’ve learned that being successful is about listening to your head as well as following your heart.  Uber and Didi Chuxing are investing billions of dollars in China and both companies have yet to turn a profit there. Getting to profitability is the only way to build a sustainable business that can best serve Chinese riders, drivers and cities over the  long term.
 
しかし、起業家として私が学んできたことは、理屈だけを追いかけるのではなく、人々の心を理解することが、ビジネスの成功には不可欠ということだ。Uber と Didi Chuxing は、China で膨大な投資をしているが、両社とも利益を出すには至っていない。収益を得ることが、持続可能なビジネスを構築するための唯一の道である。それにより、China の顧客と運転手に対して、そして都市に対して、長期的なサービスの提供が可能となる。
 
I have no doubt that Uber China and Didi Chuxing will be stronger together. That’s why I’m so excited about our future, both in  China — a country which has been incredibly open to innovation in  our industry — and the rest of the world, where ridesharing is  increasingly becoming a credible alternative to car ownership.
 
Uber China と Didi Chuxing が統合されるなら、きわめて強固なビジネスが展開できると、私は確信している。この業界が示すイノベーションに対して、きわめてオープンな China という国で、両社が成功していく未来を、私は望んでいる。そして、その他の国々においても、自動車の所有から共有へという流れが、実現性のあるアイデアとして浸透している。
 
Travis Kalanick, CEO, Uber.
 
ーーーーー
Uber Logo先週にポストした、「Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!」という抄訳からも伝わってきますが、中国におけるタクシー配車サービスは、ものすごい勢いで成長しているようですね。あれだけの人口を抱える国ですから、自動車というものを所有から共有に置き換えれば、ものすごい経済効果が生じるはずです。Travis Kalanick がブログで述べているように、Uber が示すイノベーションに対して、きわめてオープンな中国に対して拍手です。そして、中国という市場の特殊性を理解し、Didi と共有していこうとする、Uber の英断にも拍手です。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!

Comments Off on Uber China と Didi Chuxing が統合される: それはタオルを投げ入れることに等しい?

Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!

Posted in .Chronicle, Asia, Uber by agilecat.cloud on July 29, 2016
Uber is officially legal in China
Avery Hartmans – July 28, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-didi-legal-china-2016-7
 
_ Business Insider
 
It’s official: Uber and Chinese rival Didi Chuxing have the green light to operate in China.
 
China 政府が公式に認める:Uber および、そのライバルである Didi Chuxing に対して、同国での営業を認める青信号が灯った。
 
Bloomberg reports that the government plans to formally allow both companies to operate starting in November,  and wants to encourage the growth of the sharing economy in  China.
 
Bloomberg のレポートによると、China 政府は 11月から、この両社の運営を正式に許可し、同国におけるタクシー配車サービスを介して、成長を促進していく考えであるという。
 
China_ExpresswayImage -Wikipedia
 
The new laws do come with certain rules, however. Drivers for ride-hailing apps can’t have a criminal record, will have to  have three years of experience as a professional driver, and be  licensed by a local taxi regulator, according to The New York Times. Drivers also may not operate a vehicle with more than 600,000 kilometers (about 370,000 miles) on it.
 
ただし、そのための新しい法律には、一定の条件が加えられている。具体的に言うと、その配車アプリを利用する運転手に関しては、犯罪歴を持つ者は認められず、また、プロとして3年以上の経験が必要であり、地方都市のタクシー管理組織から提供されるライセンスが必要になると、The New York  Times が伝えている。そして、走行距離が60万キロ以上の車両は、利用できないという規定も付加されるようだ。
 
While both companies have been offering their services in China for years, the move by the Chinese government is important for several reasons. First, it creates a legal  framework for both ride-hailing services, something which countries in Europe and many states throughout the U.S. haven’t been able to figure out. The move also legitimizes the battle between Uber and Didi, who are bitter rivals in the fight to become the most popular ride-hailing app in the world’s biggest market.
 
この数年において、両社は China でサービスを提供してきたが、今回の China 政府の動きは、いくつかの点で、きわめて重要となる。まず、US と Europe が明確な指針が出せずにいた、タクシー配車サービスに関する法体系が作成されたことが挙げられる。また、この動きは、世界で最大の市場において、あらためてタクシー配車サービスを合法化するものになる。
 
Just last week, Uber investors called for a “truce” between the two companies. Investors are worried that the costly fight will damage both companies in the end, and reports say that investors between the two companies have talked  about a deal. Uber said in February that it’s losing more than $1 billion each year in China in its efforts to win over customers.
 
つい先週のことであるが、Uber の投資家たちは、両社間での「休戦」を呼びかけていた。つまり、この戦いが両社の負担を増大させ、ダメージを与えることを懸念した動きであり、また、両社の投資家たちが話し合いに入っているとも報告されていた。この 2月のことだが、Uber は China での戦いに勝つためには、年間で $1 billion 以上の支出を余儀なくされると述べていた。
 
ーーーーー
Uber Logo政治は規制しても、経済は開放していくという、中国政府のスタンスは明らかですね。この点だけを切り出して、日本と中国を比較すると、どちらが資本主義の国なのか、分からなくなってしまいます。この 5月に、「Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?」という抄訳をポストしましたが、Uber のグローバル展開はクラウド・プロバイダーにも大きな影響を及ぼすようです。ますます注目の、Uber ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
 

Comments Off on Uber の中国進出がオフィシャルに認められる:そのための法体系は、世界で初の試みとなる!

Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, Uber by agilecat.cloud on May 31, 2016
Amazon, Google, and Microsoft might be going to war to win Uber’s cloud business
Matt Weinberger – May 9, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-outsourcing-infrastructure-to-public-cloud-2016-5
 
_ Business Insider
 
For the first time in its seven-year existence, car-hailing app Uber is outsourcing some of its server infrastructure beyond its own four walls, reports The Information.
 
これまでの 年間の実績を経て、タクシー配車アプリである Uber は、そのサーバー・インフラの一部を、初めてアウトソーシングすることになると、The Information がレポートしている。
 
Uber is apparently soliciting bids from the likes of Google, Microsoft, and Amazon — the leading players in cloud computing, where companies can punch in their credit card and get access to fundamentally unlimited supercomputing power.
 
どうやら Uber は、Google/Microosft/Amazon といった、クラウド・コンピューティングの主力ベンダーから、熱烈な勧誘を受けているようだ。なせなら、Uber と提携する企業が、クレジット・カードからの入力を受付けるために、無制限といっても過言ではない膨大なコンピューティング・パワーにアクセスすることになるからだ。

DLD 2015, Munich, Germany, 18 January 2015. Image ©Dan Taylor/Heisenberg Media - http://www.heisenbergmedia.com/ All Rights Reserved

Wikipedia
Travis Kalanick

With a global footprint across 69 countries, Uber needs to make sure that its servers and the software that makes the magic happen are as high-performance and available as possible. That means Uber wants to make sure that its server facilities are as geographically close to customers as possible. In this business, milliseconds count.
 
そして、69カ国にグローバル展開されている Uber は、そのサーバーとソフトウェアを確実に運用していく必要があるが、そこでは魔法のような高性能と高可用性が不可欠になるのだ。しかも、Uber のサーバー・ファシリティは、可能な限りユーザーの近くに配置され、ミリ秒の応答を要求するビジネスに対応していく必要がある。
 
Building close to worldwide customers is tough for any company, though, even one with Uber’s $9 billion in funding. By tapping into vast cloud computing infrastructure like Amazon’s, Microsoft’s, and Google’s, Uber would be able to bolster its global reach.
 
しかし、$9 billion の資金を有する Uber であるにしても、世界中に散在するユーザーの近くに、自前のファシリティを構築していくことは難しい。したがって、Uber はグローバル展開を強化するために、Amazon/Microsoft/Google といった、巨大なクラウド・コンピューティング・インフラを活用することになるのだ。
 
And while Uber is reportedly only looking to move relatively small chunks of its code into the cloud, just getting the company’s business would be an incredible feather in any cloud provider’s cap. A sales war may well be brewing as Amazon, Microsoft, Google, IBM, and other cloud providers trip over themselves to win Uber’s business.
 
伝えられるところによると、Uber がクラウドに移行しようとしているコードは、それほどの規模ではないようだが、同社のアウトソーシングを勝ち取るクラウド・プロバイダーにとっては、天駆ける翼となるだろう。しかし、この販売戦争は、Amazon/Microsoft/Google/IBM といったクラウド・プロバイダーに辛酸をなめさせ、Uber 勝利をもたらすように、計画されているのかもしれない。
 
Race to growth
 
Cloud computing vendors are currently in a heated race to win ever-larger businesses.
 
クラウド・コンピューティング・ベンダーたちは、かつて無い大規模なビジネスを勝ち取るためのレースに、ヒートアップしている。
 
While the Amazon Web Services cloud started off as a niche service for small developers and startups, it’s turned into a major $7 billion industry force. Microsoft and IBM have the edge that they already work with big business. And Google Cloud Platform, under industry vet Diane Greene, has made a redoubled effort to build out their enterprise platform.
 
Amazon Web Services のクラウドは、中小のデベロッパーやスタートアップを相手にした、ニッチなサービスとしてスタートを切ったが、いまでは $7 billion という業界の最大手に成長している。Microsoft と IBM は、これまでに接点を持っていた、大企業とのビジネスを展開している。そして、Google Cloud Platform は、この業界のベテランである Diane Greene を迎え、自身のエンタープライズ・プラットフォームを構築するための、さらなる努力を約束している。
 
If nothing else, with Uber’s massive scale, it would be a huge PR win for Microsoft, Amazon, Google, or whoever wins this deal. Their salespeople could point at Uber and show what’s possible, especially since the startup has become such a household name.
 
もし、仮に、Uber にあるのは巨大なスケールだけだとしても、この契約を勝ち取ることになれば、Microsoft/Amazon/Google などにとって、PR としての大きな勝利がもたらされる。そのため、各社の営業担当は、スタートアップであった Uber の名前が浸透するにつれて、自社の能力をアピールしてきたはずだ。
 
maxresdefaultYoutube
Ghetto Uber Driver
 
Uber CEO Kalanick speaks during the Baidu and Uber strategic cooperation and investment signing ceremony in Beijing
 
Uber の CEO である Kalanick は、Beijing で開催された、Baidu との戦略的な協業と投資に関する式典でコメントを述べている。
 
Complicating matters is the fact that Uber’s technology, according to that report, is “vendor-neutral,” meaning that they’re not predisposed to preferring one vendor over another.
 
前述のレポートによると、Uber のテクノロジーがベンダー・ニュートラルであることが、事態を複雑にしているようだ。つまり、他を排除して、一つのベンダーに依存することが、あり得ない状況にあるのだ。
 
In fact, hypothetically, they could partner with different cloud providers in different regions, depending on who’s got data centers where. For instance, Microsoft was the first cloud player to open its doors in India. The tools do exist to run one bit of infrastructure across multiple clouds. And the report suggests that in China, Uber may be looking at regional superpowers like Alibaba and Baidu.
 
実際のところ Uber は、それぞれの地域において、それぞれのクラウド・プロバイダーとのパートナーになれるのだ。そして、対象となる地域にデータセンターを持っているプロバイダーが有力な候補となる。たとえば、India のマーケットににおいて、最初にドアを開けたクラウド・プレーヤーは Microsoft である。同社のツールは、マルチ・クラウドを横断する、独自のインフラを実行するために存在している。そして、このレポートは、China における Uber は、Alibaba や Baidu のようなローカル・ジャイアントに注目するだろうと示唆している。
 
On a final note, while Apple moved some of its infrastructure to Google Cloud Platform, it seems markedly unlikely that Uber will follow suit. Uber is working on driverless car technology, and it may end up competing with Google in that same market. Google has also been reported to be exploring launching its own ride-sharing service, which would put it in even more direct competition with Uber, and might make Uber hesitant to store valuable business data on Google’s computers.
 
最後に指摘しておくが、Apple のインフラの一部が Google Cloud Platform へ移行したからといって、それに Uber が続くというケースは考えにくい。Uber は、無人の自律走行テクノロジーに取り組んでおり、同じ市場で Google と競合することになるかもしれない。そして、Google も、独自のタクシー配車サービスを立ち上げると、指摘するレポートも存在するのだ。それは、Uber を直接的な競争の中に置くものであり、Uber としては貴重なビジネス・データを、Google のコンピュータに格納することを躊躇する可能性もある。
 
Similarly, Uber’s push into logistics and delivery may conflict with Amazon’s initiatives to do the same. That kind of business logic may trump technical considerations.
 
同様に、Uber が見せている物流と配送への関心は、それを営んでいる Amazon と競合する可能性がある。つまり、この種のビジネス・ロジックは、テクノロジーについて考えるときの切り札になるのだ。
 
Uber did not immediately respond to a request for comment.
 
Uber にコメント求めたが、いまのことろ反応はない。
 
ーーーーー
Uber昨年の末に、「Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!」という抄訳をポストしましたが、自動車という世界のトップ・ブランドに、Uber はなっていくのかという、勢いを感じてしまいます。その半面、世界の国々のタクシー業界との間で、軋轢を起こしているという現実もあるのですが、大きな時代の流れに乗ってしまったのでしょうね。文中にもあるように、自律走行車も視野に入っているようですし、都市部における自動車の在り方を、根本から変えていく存在になっていくのだろうと思えます。なんというか、トヨタが出資したくなるのも、その気持ちがわかりますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティ
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!
Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比!
Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!
 

Comments Off on Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!

Posted in Asia, Research, SnapChat, Uber, Xiaomi by agilecat.cloud on April 15, 2016
WeWork is now worth as much as Snapchat
Matt Rosoff – Mar. 10, 2016
http://www.businessinsider.com/most-valuable-startups-march-2016-2016-3
 
_ Business Insider
 
News broke Wednesday that office-space provider WeWork is raising a new round that will value the company at $16 billion. This flies in the face of recent talk about a popping tech bubble and dying billion-dollar “unicorn” startups.
 
この水曜日 (3/9) を騒がせたのは、オフィス・スペース・プロバイダーである WeWork が、$16 billion の評価を得て、次のラウンドへと進んだことである。それは、ハイテク・バブルが弾ける音と、瀕死のユニコーン・スタートアップたちに怯える、この業界に新たな自身を与えるものとなった。
 
businessinsider_startups-revised
Statista
 
But perhaps this isn’t a bubble popping, as happened in the dot-com era, but simply a reshuffling. Startups that can convince investors that their growth prospects are still good and that they have a path to profitability may still find it easy to raise money. It’s the struggling companies with slowing growth and no clear path to profits that could find a harder time.
 
ドットコム時代のような、バブルの崩壊には至らないだろうが、注目すべきスタートアップが、総入れ替えになるのかもしれない。成長を証明しながら、投資家を説得できる、スタートアップたちは、依然として好循環を作り続けている。つまり、収益性への道筋を示すことで、資金の調達を容易にしているのだ。しかし、成長のスピードに苦しみ、収益性への道筋を明らかにできない企業は、厳しい状況へと向かっている。
 
With that reshuffling in mind, Statista has charted the most valuable venture-backed private companies in the world, based on the valuation at their most recent round (this does not include reported downgrades by big institutional investors). WeWork is now in seventh place.
 
こうした、ユニコーン・スタートアップの再編を念頭に置き、Statista がチャートで示すのは、世界で最も価値があるとされる、未上場企業の一覧である。ただし、この評価は、直近の資金調達ラウンドをベースにしたものであり、大手機関投資家による厳しい評価は含まれていない。こうした評価では、冒頭で述べた WeWork が 7位に入っている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、「Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!」とうい抄訳をポストしましたが、そのときの Uber の評価額は $62.5 billion とされていましたので、指摘されているように、算出の方式に違いが在るのでしょう。なお、文中のチャートとみると、Xiaomi、Airbnb、SnapChat といったお馴染みのスタートアップに加えて、Didi KaudiFlipkart といったアジア勢の頑張りも示されています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
ソーシャル と パブリッシャー: 米国編:新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイル・アプリ・デベロッパー: 設計や開発よりもマーケティングが難しいという調査結果
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!
 

Comments Off on WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!

Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Payment, Tencent, Uber by agilecat.cloud on February 18, 2016
Uber makes it easier for Chinese people to pay for rides overseas
Steven Millward – Feb 1, 2016
https://www.techinasia.com/uber-china-global-alipay
 
_ tech in asia
 
Uber’s recent focus on China continued today as the company revealed it’s making life easier for Chinese people going overseas.
 
China での Uber は、同国における展開を継続して強化しているが、その一例として、China の人々が容易に海外に出かけられるような、仕組みに取り組んでいることを明らかにした。
 
Uber is doing this by allowing its Chinese customers to pay for rides using Alipay, China’s top epayment service, wherever they are in the world. Previously, a Chinese tourist would have to pay with a credit card that permitted foreign currencies.
 
Uber が China の顧客に提供するのは、このサービスを世界の何処で使うにしても、China のトップ・ペイメント・サービスである Alipay を用いて、支払いを可能にするという機能だ。つまり、これまでの China からの旅行者たちは、外貨の利用を許可されたクレジット・カードで、支払を処理する必要があったのだ。
 
Uber-transportationAlipay – a partially owned subsidiary of Alibaba – first joined forces with Uber in 2014, shortly after the US startup launched in the country. However, payment was previously restricted to rides within mainland China.
 
Alibaba の子会社である Alipay が、Uber と協力関係を築いたのは、このスタート・アップが US で立ち上がった直後の、2014年のことである。しかし、これまでの Uber に関する Alipay 決済は、China 国内での利用に限定されていた。
 
The Uber-Alipay global rollout starts with Hong Kong, Macau, and Taiwan ahead of Chinese New Year, which begins February 8. It will be extended to other countries at a later date.
 
Uber−Alipay のグローバル展開は、China に春節に合わせた 2月8日から、Hong Kong/Macau/Taiwan で開始され、その後も、他の国々に展開されていくという。
 
The move comes after Uber made its two biggest expansions in China. The car-hailing service will soon cover 55 Chinese cities as it ramps up the battle against homegrown Didi Kuaidi.
 
この Uber の動きは、China 国内での大規模な拡張を、二度にわたって実施したのちに訪れている。それらの拡張により、あっという間に 55都市に、サービスを広げた Uber は、China 国内の競合相手である Didi Kuaidi との戦いの、準備段階に入ったことになる。
 
Uber’s global push with Alipay allows the service to steal a march on its arch-rivals Didi, Grab, Ola, and Lyft who recently formed a global alliance. The mega partnership makes their apps interchangeable for global travellers, so a Chinese businessperson in India could use Ola through the Didi app, or a Chinese holidaymaker in Thailand can similarly use Grab via the Didi app.
 
Uber と Alipay のチームは、先日にグローバル・アライアンスを締結した、Didi/Grab/Ola/Lyft などの主要なライバルから、顧客を奪い取る可能性を秘めている。Didi などのよるメガ・パートナーシップは、世界を旅行する人々に対して、アプリの互換性を保証するものとなっている。したがって、India を旅する China のビジネスマンは、Didi アプリを介して Ola を利用できる。また、Thailand で休日を楽しむ China の旅行者も、Didi で Grab を利用できるのだ。
 
However, the so-called anti-Uber alliance hasn’t yet come up with a solution for epayments when someone is in a foreign country. That’s a huge barrier to usage.
 
とは言え、この Anti–Uber と呼ばれるグループは、その他の国々におけるペイメント・ソリューションを考え出すにはいたっていない。つまり、そのためには、大きな障壁を取り除く必要があるのだ。
 
A Didi representative told Tech in Asia this afternoon that it and Lyft “will start rolling out their cross-border products from Q1 and throughout this year.” That will allow a Chinese person to use their familiar payment methods, such as WeChat Wallet, even when they’re in the US. “More cross-border products with Didi’s other partners will follow, and eventually get linked up to cover more geographies and population,” added the rep.
 
今日の午後のことだが、Didi の担当者が Tech in Asia に説明してくれたのは、「同社と Lyft が今年を通じて、国境をまたいだサービスの展開に取り組んでいく」という内容のものだった。それは、China に人々が慣れ親しんでいる、たとえば WeChat Wallet のような支払い方式を、US からであっても利用できるようにするものだ。そして、 その担当者は、「 Didi における他のパートナーたちも、より多くのクロス・ボーダー・プロダクツに対応するようになる。そして、最終的には、あらゆる地域と、あらゆる人々が、リンクされていく」と付け加えていた。
 
ーーーーー
Uber Logoこういうことが起こるのだと、とても驚かされるトピックですよね。 ローカル・サービスと呼んで差し支えない (?) Alipay が、グローバル・サービスである Uber に引っ張られるかたちで、いきなり世界に、しかも中国から、飛び出していくという仰天の展開です。 これが、OTT (Ober The Top) の凄まじさなのでしょう。 Anti-Uber グループも、API の共通化を進めているようですが、この陣取りゲームでは、Uber−Alipay チームのほうが足が速そうです。 おそらく、何処の国で使っても、単一のビジネス・プロセスとアーキテクチャでカバーできるような、最適化されたペイメント・ソリューションが実装されているのでしょう。 この 2016年は、こんな驚きが続いていく一年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
 

Comments Off on Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?

Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

Posted in .Selected, Microsoft, Open Graph, Strategy by agilecat.cloud on February 2, 2016
Microsoft Graph promises open developer access to Office 365 data
Mikey Campbell – November 18, 2015
http://appleinsider.com/articles/15/11/18/microsoft-graph-promises-open-developer-access-to-office-365-data
 
Apple Insider
 
Microsoft at its Connect (); conference on Wednesday flipped the switch on Microsoft Graph, née Office 365 Unified API, a set of APIs that let developers integrate, manage and tap into vast expanses of data stored in the Office 365 cloud.
 
Microsoft は 11月18日に開催された Connect () カンファレンスにおいて、これまで Office 365 Unified API と読んでいたものを、Microsoft Graph と改名した。この API セットは、Office 365 クラウドにストアされたデータに関する、デベロッパーによる統合/管理/関連付けを、促進するものである。
 
Network TheoryClick to Youtube >>>
 
For Microsoft it’s all about unification. In the hands of developers, the graph’s unified API promises not just an endpoint for building in Office 365 and other software integrations, but a starting point for new intelligent interactions.
 
それは、Microsoft にとって、すべての統合を司るものとなる。つまり、この Graph の Unified API は、デベロッパーの手による、Office 365 を含むソフトウェア統合の構築を、推進するためのエンド・ポイントを約束するだけではなく、最新の知的インタラクションのためのスタート・ポイントにもなっていく。
 
According to Microsoft GM of Office Extensibility Rob Lefferts, the graph represents a gateway to intelligence and insight capable of harnessing user data to solve everyday problems. From common queries like “what files do I need for this meeting,” to more complex requests dealing with user trends and customized insights, developers can tailor their app or service as they see fit without jumping through hoops.
 
Microsoft の GM of Office Extensibility である Rob Lefferts によると、この Graph が表現するゲートウェイは、ユーザー・データを活用することで日常の問題を解決するための、知能と洞察という側面を提供するものとなる。たとえば、「このミーティングで必要なファイルは?」といった一般的なクエリーから、「ユーザーの動向」や「カスタムな洞察」を取り扱うような複雑なクエリーにいたるまで、デベロッパーたちのアプリやサービスは対応が可能になるが、そのための、難しい処理を要求されることはない。
 
“It would be our reimagining of what it means to be productive in a modern world,” Lefferts says, referring to solutions mobile, cross-platform and cloud-integrated solutions. “The way that people work has changed, it’s much more connected, people are more collaborative.”
 
Lefferts は、「最先端の世界で生産的であることは、何を意味するのかという、私たちの観点を再構成するものになるだろう」と発言している。つまり、モバイル/クロス・プラットフォーム/クラウド・インテグレーションといった、ソリューションを視野に入れたものになるのだろう。そして、彼は、「人々が働くときの、発想が変化している。 具体的に言うと、これまで以上に結びつきが重視され、より協調的になってきている」と続けている。
 
Graph-l
 
Microsoft’s data pool is deep. Lefferts says some 500 petabytes of information already live in Microsoft’s cloud, with Office 365 users generating 4 trillion emails and creating 850 million meetings every month. The number of data points is bound to increase once currently siloed Office 365 information is offloaded to the graph. The company is even looking into Skype integration.
 
Microsoft のデータ・プールは、かなりの深層にまで展開されている。Lefferts が言うには、500 Peta Byte 程度の情報が、すでに Microsoft クラウドに蓄積されているが、Office365 ユーザーが生成する4兆の電子メールと、8.5億のミーティング・スケジュールが、毎月のように、そこに追加されていくようだ。それらのデータ・ポイントの数は、サイロ化される Office 365 関連情報に応じて、一時的に増大していくが、その後に Graph へとオフロードされる。
 
Access to rich data is the bedrock of intelligent analytics, where another prong of Microsoft Graph comes in. The Redmond software giant uses advanced machine learning algorithms fed by data and user behavior to dish out query responses in a format familiar to developers. Secure access to client activities — documents, contacts, meetings, etc. — is authorized through a single token, meaning apps don’t have to fetch multiple authorizations for different services.
 
リッチ・データへのアクセスは、インテリジェントな分析の基盤であり、そこに Microsoft Graph が絡んでくる。この、Redmond のソフトウェア・ジャイアントは、デベロッパーたちが慣れ親しんでいる形式でクエリー・レスポンスを配信するために、データとユーザーの動きを機械学習する、高度なアルゴリズムを用いている。ドキュメント/コンタクト/ミーティングといった、クライアントのアクティビティに対して安全にアクセスするために、シングル・トークンを介した許可が用いられる。つまり、それぞれのアプリが複数の認証を取得し、個々のサービスに接続するという必要性がなくなるのだ。
Graph-2-l
 
Lefferts stressed the idea of an open graph, something easily accessible by coders of any ilk. To that end, Microsoft built out client libraries and SDKs for iOS, Android and .Net for the graph’s launch, with work on other platforms like Node.js, Python, Java, Ruby currently underway.
 
Lefferts は、イーブンな関係にあるプログラマー同士が、相互にアクセス可能な、Open Graph という発想を強調している。そのために Microsoft は、この Graph の立ちあげに際して、クライアント・ライブラリを構築し、また、iOS/Android/.NET のための SDK を構築する。そして、さらに、Node.js/Python/Java/Ruby といったプラットフォームに関しても、すでに作業に取り掛かっている。
 
“We’ll handle the authentication, we’ll handle the common queries, we know how to interpret the responses,” he says. “The real pitch there is all about making sure that developers can start coding in five minutes.”
 
Lefferts は、「認証の処理方式と、コモン・クエリーに取り組んでいく。 私たちは、それらのレスポンスを、どのように解釈すべきかを知っている。ほんとうの意味での競争は、すべてのデベロッパーが、5分以内でコーディングに取り掛かれる状況を、約束できるか否かにかかっている」と述べている。
 
Prior to the graph’s public release, Microsoft collaborated with select service partners like SkyHigh Networks, Uber, Smartsheet and Zendesk to refine its backend implementation, an exercise that resulted in interesting integrations.
 
Microsoft は、この Graph のパブリック・リリースに先立ち、SkyHigh Networks/Uber/Smartsheet/Zendesk といった選ばれたパートナーとのコラボレーションを推進し、洗練されたインテグレーションを実現するために、そのバックエンドの実装を進化させてきた。
 
For example, in a quest to make meetings more productive, Do.com pulled data from Outlook and Exchange, documents in OneDrive and other assets directly from the graph to provide deep insights into meeting planning, agenda strategy, post-meeting follow-ups and more. Everything was integrated into Outlook, ensuring users had a seamless data-driven experience.
 
Do.com のケースで言うと、より生産的なミーティングを実現するために、Outlook と Exchange からのデータ、および、OneDrive 内のドキュメント、Graph などからの情報を引き出し、ミーティングの計画/アジェンダの戦略/ミーティング後のフォローアップなどに、より深い洞察を提供するようになった。そして、ユーザーは、すべてが Outlook に統合された、シームレスなデータ駆動型のエクスペリエンスを得るようになった。
 
The main thrust, Lefferts says, is to get data out of silos and into the hands of developers, who can “offer more in terms of being seamless, being smart and being effective.”
 
Lefferts が言うには、主な推進力は、データをサイロから取り出し、デベロッパーに手渡すことに集約される。 そうすれば、彼らは、「よりシームレスで、よりスマートで、より効果的な観点で、その先の処理を考えてくれる」と述べている。
 
Data privacy is a hot-button topic and Microsoft is making security a high priority with the graph. The system is designed not only to protect raw data from prying eyes, but also any insights Microsoft Graph’s intelligence engine gleans from that data.
 
データに関するプライバシーは、最もホットなトピックであり、この Graph におけるセキュリティは、Microsoftにとって優先度の事項となっている。このシステムは、詮索好きな目から、生データを保護するようにデザインされているが、それらのデータから Microsoft Graph が拾い集める、あらゆる洞察についても、同様の保護機能が提供されている。
 
“It’s built into the business model,” Lefferts says about privacy. “There are parts of Microsoft that are driven by advertising, but Office 365 is very much organization-facing. […] And that means that we have to make sure we’re not misusing the information for anything inappropriate, we’re not sharing information with people who shouldn’t see it, whether that’s outside the organization or other people inside the organization.”
 
Lefferts はプライバシーについて、「それはビジネス・モデルに組み込まれるものだ。Microsoft のビジネスには、広告という側面もあるが、Office 365 が向き合うのは多様な組織である。そして、私たちは、それらの情報を、不適切なかたちで悪用していないことを、あらためて確認する必要がある。その対象が、組織内の人物であっても、組織外の人物であっても、情報を参照してはならない人と、共有することはない」と述べている。
 
Developers interested in taking Microsoft Graph for a test spin can visit graph.microsoft.com for more information.
 
Microsoft Graph を試したいと思うデベロッパーは、graph.microsoft.com を訪れて、詳細な情報を取得して欲しい。
 
ーーーーー
Open Graph言うまでもなく、いまのコンピュータのアーキテクチャは、ファイルとツリーという概念に、大きく依存しています。OS を構成するモジュールも、ミュージック・プレイヤーで楽しむ MP3 も、すべてファイルであり、それらがツリー上の所定の場所に置かれていることで、コンピュータは動くわけです。しかし、このファイルとツリーは、コンピュータにとって便利なものであっても、人間の曖昧な記憶との相性は最悪であり、「アレはどこだ?」とか「コレが見つからない!」とかいう、人類に共通するフラストレーションを、世界中で生み出しているのです。そんなことから、Agile Cat は「ファイルを作らない」をモットーにしていますが、その現実はというと、大量のファイルを生み出してしまう毎日なのです。
 
そこで Microsoft Graph なのですが、文中のチャートが示すように、人間から見て都合の良い場所に、Office 365 のファイルを配置してくれるという、とても優しいテクノロジーだと評価したいです。Microsoft Graph の概要というドキュメントを眺めてみると、自分というノードと他者というノードを、各種の関係というエッジで結びつけるための、Graph API を用いたクエリが示されています。 なんか Facebook に似ている、、、という思う方も多いかと思いますが、あのソーシャルでは、一人一人のユーザーがノードとしてハンドリングされ、「トモダチ」や「イイネ」といったアクションは、そのすべてがエッジとして機能しているはずです。それが、Social Graph から Open Graph へと発展した、Facebook のコア・アーキテクチャなのです。Google も、Knowledge Graph を活用しているはずであり、たとえば検索クエリの意味を判別/読解して、もっとも適切と思われる答えを導き出すというのも、その一例だと思われます。その点では、Google Now も同じなのでしょう。
 
Facebook や Google だけではなく、Microsoft もグラフに取り組んでくれるというのは、とても嬉しいことです。前述の、Microsoft Graph の概要には、「自分の周囲を流れているファイルの取得」というクエリがあるのですが、なんか、イイ感じですよね! 2011年8月にポストした、「クラウドへ行ったら、もう ファイルなんか触らないぞ!」という抄訳は、Agile Cat にとって忘れられないコンテントなのですが、そんな世界が実現しそうでワクワクしています 🙂 それにしても、この記事、なんで Apple Insider なのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した:とても残念!
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
 

Comments Off on Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

Posted in .Chronicle, Facebook, Mobile, Payment by agilecat.cloud on January 23, 2016
What Are Facebook Messenger Users Doing, Besides Sending Messages? (Infographic)
David Cohen – Jan 14, 2016
http://www.adweek.com/socialtimes/gwi-facebook-messenger-actions-infographic/632819
 
_Social_Time
 
person-woman-hand-smartphonePEXELS
 
It’s no surprise that the most popular action taken by users of Facebook’s Messenger application is sending messages, but what else are they doing with the app?
 
Facebook Messenger アプリ・ユーザーの、最も一般的なアクションが、メッセージの送受信であっても何の不思議もないが、その他のケースでは、どのように使われているのだろうか?
 
According to GlobalWebIndex, the most popular actions by Messenger users are:
 
GlobalWebIndexによると、以下のような頻度で、Messenger アプリは使われることになる:
 
  1. Sent a message, 90 %
  2. Sent a photo, 48 %
  3. Sent a sticker, 35 %
  4. Used Messenger.com on a PC or laptop, 22 %
  5. Sent a video, 21 %
  6. Made a video call, 18 %
  7. Sent a voice recording, 15 %
  8. Received a message from a brand or company, 15 %
 
GWI Infographic Messenger ActionsClick to Large >>>
 
GWI said in an email to SocialTimes:
 
GWI から SocialTimes へのメールには、以下が記されていた:
 
While receiving a message from a brand or company features at the bottom of our list (15 percent), it underlines the future direction of Messenger.
 
このリストの Brand および Company からのメッセージ受信は、8番手の 15% に過ぎないが、Mssenger における未来の方向性を明確に示している。
 
Having recently integrated Uber into its app, the service is following in the footsteps of WeChat in moving beyond a simple peer-to-peer messaging app to become a service-facilitating platform.
 
最近になって、このアプリに Uber が統合されたが、それは WeChat を追いかけた結果だと捉えられる。つまり、シンプルな P2P メッセージング・アプリから、特定のサービスを促進するプラットフォームへと、その機能が移行したことになるのだ。
 
It’s easy to see how, in the future, everyday activities such as shopping online, ordering food, making restaurant reservations and ordering taxis could all be done without leaving Facebook’s chat app.
 
そこから容易に推測できるのは、将来的におけるアクティビティが、つまり、
オンライン・ショッピング/食品の注文/レストランの予約/タクシーの予約といった日常の行動が、Facebook のチャット・アプリから離れることなく、すべて完了するという状況である。
 
Readers: What do you use Messenger for, besides the obvious?
 
Readers: 明確にされた用途に加えて、あなたは Messenger を、どのように使うのだろうか?
 
ーーーーー
facebook昨日にポストした、「WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る」という記事と、言わんとしていることが一致していますね。 つまり、企業ユーザーによる負担との引き換えで、エンド・ユーザー同士の会話は無償になるというロジックです。事例としてあげられている、Messenger と Uber のインタラクションですが、なかなかスムーズな流れになっているようです。 そして、こうしたトランザクションが発生するごとに、Uner から Facebook へと、何らかの対価が支払われるのでしょう。なお、文中でも指摘されている WeChat は、メッセンジャー・ペイメントのパイオニアと言っても過言ではない、という実績を積み上げているようです。この領域は、2016年の大きな目玉となりそうですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Photo Magic  : 撮りたて写真を Messenger で 速攻シェアだ!
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせるテストが始まったようだ
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
 

Comments Off on Facebook Messenger の未来:モバイルによる予約/購入/支払が、ここを起点に展開される!

Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!

Posted in .Selected, Facebook, Mobile, Social, Uber by agilecat.cloud on December 24, 2015
Ordering an Uber ride through Facebook Messenger feels like the future
Alex Heath, Tech Insider – Dec. 16, 2015
http://www.businessinsider.com/how-to-use-uber-in-facebook-messenger
 
_ Business Insider
 
Facebook Messenger can already be used to send money, make video calls, and get customer service support.
 
すでに Facebook Messenger は、キャッシュ送金や、ビデオ通話たけではなく、カスタマー・サービスのサポートのためにも利用できる。
 
FB-With-UberFacebook
Click to Large >>>
 
But now you can use it to order an Uber. Facebook has partnered with Uber to let you order a ride without even leaving the Messenger app.
 
そして、いま、Uber を申し込むためにも、このアプリを使えるようになった。つまり、Facebook と Uber が提携したことで、Messenger アプリを離れることなく、その申し込みが可能になったのだ。
 
We just tried it, and it felt futuristic to have Uber built directly into an app like Messenger, which many of us at Tech Insider use daily to keep in contact with friends.
 
私たちも、試しに使ってみたが、Messenger のようなアプリから、ダイレクトに Uber を呼び出すことに、ちょっとした未来を感じるようになった。そして、いまでは Tech Insider スタッフの多くが、それぞれの友人たちと会うために、この機能を毎日のように利用することになってしまった。
 
FB-with-Uber 2Click to Large >>>
 
Uber is sweetening the deal for early adopters by offering the first ride through Messenger for free.
 
また、Uber の方も、この Messenger を介した初めての乗車を無償にするという、すばらしいサービスを提供している。
 
Here’s how to use Uber in Messenger:
 
以下は、Messenger から Uber を呼び出す手順である:
 
1: My colleague Steve Kovach asked if I wanted to meet at Penn Station here in New York City. To order an Uber ride there, I just need to tap this little button.
 
私の同僚である Steve Kovach が、New York City の Penn Station で会わないかと、連絡してきた。 私は、Uber で行きたかったので、この小さなボタンをタップした。
 
2: And then tap “Transportation” to get started.
 
つづいて、”Transportation” をタップし、Uber と連絡を取る。
 
3: You may also see this little car icon in a message thread once you set up Uber in Messenger. It can be used to order a ride quickly.
 
メッセージ・スレッドの中に、小さな自動車のアイコンが見えるだろうが、それは前もって、Messenger に Uber をセットしているからである。これをタップするだけで、直ちに Uber を呼び出せる。
 
ーーーーー
facebook昨日に紹介した、WeChat のアドイン・アプリも、このような形になっているのでしょう。 スマフォの役割がインターネット・コミュニケータだとして、さらにフレンド・コミュニケータとしての使い方を重視するなら、メッセンジャーとアプリ(この場合は Uber)を一体化した方が便利ですよね。 タイトルと文中に、「未来」というキーワードが記されていますが、なんとなく解る感じがします。 このところ、スマフォのハードウェアに関心が無くなってきたというか、充分すぎるスペックに呆れてしまっている Agile Cat ですが、このようなアプリ間連携には興味シンシンなのです! _AC Stamp
ーーーーー

<関連>

 

Comments Off on Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!

%d bloggers like this: