Agile Cat — in the cloud

ダーク・ソーシャルが支配するオンライン共有の世界:それを示す1枚のチャート

Posted in Research, Social by Agile Cat on December 18, 2014

Dark Social Dominates Online Sharing
http://wp.me/pwo1E-86h
Niall McCarthy, December 3rd, 2014
http://www.statista.com/chart/3019/percentage-of-shares-by-sharing-channel/

_ Statista

Dark Social refers to web traffic coming from outside sources that cannot be tracked by analytics software. The term was coined back in 2012 and it happens when someone shares content or a link though communications formats such as emails, forum posts or instant messages.

ダーク・ソーシャルとは、分析ソフトウェアによるトラッキングが不可能な、外部からの Web トラフィックのことを指す。この用語が作られたのは、2012年のことである。それは、電子メールの送受信や、フォーラムへのポスト、そしてインスタント・メッセージの交換といったコミュニケーション方式により、人々がコンテントやリンクを共有するときに、発生する状況を示すものである。

This chart shows the percentage of shares by sharing channel.

このチャートは、それぞれの共有チャネルごとのシェアを示す。

Even though advertisers primarily focus their efforts on activities occurring in “the light” on platforms like Facebook and Twitter, Dark Social actually dominates online sharing, accounting for 69 percent of all shares globally. Europe and the UK in particular have become Dark Social strongholds, with 77 and 75 percent of all shares respectively occurring in the dark. In North America, that number is less at 59 percent but still considerable.

広告主が、Facebook や Twitter などの「ライト・ソーシャル」プラットフォーム上で生じるアクティビティに、主としてフォーカスしているにもかかわらず、グローバルにおけるオンライン共有の 69% が、実際にはダーク・ソーシャルにより支配されている。それらの中でも、とりわけ Europe と UK が、ダーク・ソーシャルの拠点となっており、それぞれにおけるシェアは、77% と 75% に達している。North America においては、そのシェアが 59% まで下がるが、それにしても、相当な比率となる。

ーーーーー

Agile Cat が使っている WordPress の Admin 画面では、それぞれのコンテントに関する PV 数や、リファラ件数(参照元)などが表示されるのですが、その数は常に一致しません。 そのズレ方も、日によってマチマチなのですが、PV 全体を 100% とすると、リファラが明確なものが 50% ほど、そして、Top Page の参照(ブクマ?)が 25% ほどです。 つまり、残りの 25% の参照元が不明なのですが、この部分がダーク・ソーシャルなのだろうと理解しています。 たとえば、A さんから B さんに送られたメールやメッセージに、Agile Cat へのリンクが貼られていて、それをクリックすることでコンテントを読んでもらっても、WordPress としては、どこから来たのか分からない、、、ということなのでしょう。そして、世間一般では、Agile Cat のケースよりも、もっと大きな比率を、ダーク・ソーシャルが占めているわけです。とても興味深いトレンドですね。

ーーーーー

<関連>

Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% が占有されている
Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
ソーシャルと滞在時間:Engagement 指標でも Facebook がダントツだ!
Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威になるのか?
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Comments Off on ダーク・ソーシャルが支配するオンライン共有の世界:それを示す1枚のチャート

モバイル広告をチャートで分析:トラッキング方式/自動入札/ビデオが、広告の在り方を激変させる

Posted in Advertising, Mobile, Research by Agile Cat on October 29, 2014

Mobile, Video, And Real-Time Bidding Are Driving A Boom In Digital Advertising
http://wp.me/pwo1E-7Zb

Mark Hoelzel – Jul. 8, 2014
http://www.businessinsider.com/mobile-video-and-real-time-bidding-are-driving-a-boom-in-digital-advertising-2014-7

_ Business Insider

The digital advertising market is evolving extraordinarily quickly. Traditional online banner ads designed for PCs — and the legacy ad networks that support them — are being displaced by a new generation of formats and technologies. All the significant growth is in these new areas: programmatic (automated ad trading platforms), video, and mobile advertising.

デジタル・アド市場は、きわめて急速に進化している。PC 用にデザインされた従来からのオンライン・バナー広告や、それらをサポートする従来からの広告ネットワークは、新たな世代のフォーマットやテクノロジーに、その座を奪われている。ここで意味を持つのは、Programmatic (Automated Ad Trading Platforms)/Video/Mobile という3つの広告の形態である。

At BI Intelligence, Business Insider’s paid research service, we’ve been tracking the trends that will drive a reallocation of marketing budgets away from traditional media, and into digital. For more in-depth analysis and downloads of our charts and data on the digital media industry, including our annual Future Of Digital deck, subscribe today.

Business Insider の有料リサーチ・サービスである BI Intelligence では、伝統的なメディアからデジタル・メディアへと、マーケティング予算の再配置を推進していく、このトレンドを以前から追跡している。 このデジタル・メディア業界に関する、より詳細な分析については、当社のチャートおよびデータをダウンロードして欲しい。サブスクライブしてもらえれば、年間を通じた Future Of Digital などが入手できる

Consider:

1. Mobile will drive digital growth going forward. Mobile will be largely responsible for pushing digital past TV in terms of its share of U.S. ad spending by 2017.

これからのデジタルの成長を、モバイルが牽引する。 2017年までのアメリカにおける、広告支出のシェアという観点で、モバイルはテレビを過去へと押しやる、大きな原因になる。

_  space

BII

2. Mobile is the fastest-growing ad medium, and will see 43% annual growth between 2013 and 2018. Display ads, search ads, and video ads appearing on mobile screens are grabbing an ever larger share of U.S.-based advertising budgets. In the chart below, mobile includes all ad formats — including video, search, and display — on mobile, as well as SMS ads.

Mobile は最速で成長している広告媒体であり、2013年から2018年にかけて、43% の年間成長率を達成するだろう。モバイル・スクリーン上に表示されるディスプレイ/サーチ/ビデオの各広告は、アメリカ・ベースの広告予算の中で、シェアを拡大していく。以下のチャートにおける Mobile は、ビデオ/ディスプレイ/サーチ/SMS といった、すべての広告フォーマットを取り込んでいる。
_  space

BII

3. Companies that specialize in programmatic ad buying technology are driving impressive growth, and there is some industry consolidation (Example: AOL’s ownership of Ad.com and Adap.tv). Real-time bidding, or auction-style buying of impressions in the milliseconds before pages load, is the dominant form of programmatic.

プログラマティック・アド入札テクノロジーに特化した企業は、めざましい成長を遂げ、業界再編の一翼も担うだろう(例:AOL による Ad.comAdap.tv の所有)。対象となるページがロードされるときに、数ミリ秒の中で実行されるリアル・タイム入札および、オークション・スタイルの広告売買は、プログラムを用いた方式により支配される。

_  space

BII

4. Video advertising is also growing quickly.

ビデオ広告も、きわめて急速に成長していく。

_  space

BII

For full access to our coverage of digital media — including social and video — sign up for a free trial subscription today.

SEE ALSO:  How Facebook’s Acquisition Of LiveRail Fits Into The Video Ad Ecosystem

ーーーーー

言うまでもなく、人々の関心は紙の媒体から離れて、いつでもポケットから取り出せるモバイルに移行しているわけですが、それにつれて広告の在り方も大きく変化していきます。小さな画面に、それぞれのユーザーの関心事に合わせて、高いレートでヒットする広告を、如何にして効率よく配信するのかという大きなテーマへ向けて、すさまじいスピードでシステムが改善されていくのでしょう。 そのための要因であるユーザー・トラッキングも、ブラウザよりアプリが強いモバイルでは、これまでのようにクッキーに依存することができません。 そのため、Facebook も Google も Apple も、それそれの SSO (Single Sign-On) に邁進している状況ですが、13億人ともいう言われる MAU(Monthly Active Users)を有し、閉じた世界で広告を展開する Facebook が、このレースをリードしているようにも思えます。 この記事では、トラッキングについては触れていませんが、それについても追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさをチャートで
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート

Comments Off on モバイル広告をチャートで分析:トラッキング方式/自動入札/ビデオが、広告の在り方を激変させる

Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、ほんとうに、それで良いの?

Posted in Google, Mobile, Post-PC, Privacy by Agile Cat on February 20, 2014

More surfing: Google enables data compression for Chrome in Android and iOS
http://wp.me/pwo1E-7dV
By Kevin C. Tofel − JAN. 15, 2014
http://gigaom.com/2014/01/15/more-surfing-google-enables-data-compression-for-chrome-in-android-and-ios/
_ Giga Om

Summary: After testing an experimental data saving feature for the past 10 months, Google made it available for everyone today. Using Chrome on Android or iOS with data compression on, Google says you can surf the same as before but use half the amount of data..

Summary: これまでの 10ヶ月間におよぶ実験で、Google はデータ圧縮のテストを行い、誰もが利用できるようになった。Android および iOS の Chrome で、この圧縮機能を用いることで、これまでの半分のデータが配信されるようになるが、ネット・サーフィンの感覚は変わらないという。

ーーーーー

Google officially launched a feature on Wednesday that squeezes data for mobile browsing on Android and iOS devices. The data compression function is optional — you have to enable it — but it can save up to 50 percent of your mobile bandwidth says Google, which is appealing for those on limited data plans.

この水曜日に、Google がオフィシャルに立ち上げた機能とは、Android/iOS デバイス上でのモバイル・ブラウジングに必要なデータ量を、絞り込むというのものである。ただし、このデータ圧縮機能はオプションであるため、使用するためには、有効にする必要がる。そして Google は、モバイルにおける転送量を 50% にまで低減できるため、制約されたデータ・プランにおいて、魅力的なものになると述べている。

Google has been testing the data compression feature in a limited beta since March of last year and has been expanding the program over time. Now it’s open to anyone who uses Chrome on an Android or iOS mobile device. To enable it in Chrome, choose Settings, Bandwidth management, Reduce data usage and set the toggle switch to “On.”

Google は昨年の 3月から、ベータ版に限定したかたちで、このデータ圧縮機能をテストし、また、その内容は段階的に拡大されてきた。そして、いまでは、Android/iOS のモバイル・デバイスで Chrome を用いる、すべてのユーザーに提供されるようになった。この機能を有効にするためには、Chrome 上で [Settings]ー[Bnadwidth]ー[Reduce Data Usage]を選択し、そこに表示されるトグル・スイッチを ON にする。

Note ”that all of your web browser traffic will be routed directly though Google’s servers, which is where the data compression takes place. This technique is similar to what Opera has done for years, and I can vouch for the data savings, having used this feature for months.

注意すべきは、すべての Web ブラウザ・トラフィックが、データ圧縮を行う場所である、Google のサーバーからルーティングされることである。この手法は、何年も前から Opera が行っているものと同じであり、また、この機能を数ヶ月間にわたり使用してみたが、データ転送量の削減を保証できるものになっている。

Do you want Google’s to have access to even more of your data through this feature? That’s a personal question, of course: One that my colleague, David Meyer, addressed last week, saying we need to keep seriously considering the consequences of one company having so much information.

ただ、この機能を用いることで、より多くのデータに、Google がアクセスして良いのだろうか? もちろん、それは個人的な疑問なのだが。。。私の同僚である David Meyer が先週にポストしているが、そのような膨大な情報を、単なる企業が持つことの影響について、真剣に考え続ける必要があるだろう。

Related research

How to deliver the next-generation web experience – January 2013
The fourth quarter of 2012 in mobile – January 2013
The 2013 task management tools market – January 2013

ーーーーー

imageこのデータ圧縮機能は、Agile_Cat も使ってみましたが、動きももキビキビしていて、なかなかステキです。ただ、問題は、文中でも指摘されているように、すべての Web アクセスが、Google のサーバーを介して行われるという点です。 モバイルでは、ずっと Opera を使い続けてきたので、それほど抵抗はないのですが、すべての情報が Google に集まってしまうので、ちょっと怖いです。 ちなみに、Motorola Razr と iPad の Chrome では、[Reduce Data Usage]が OFF になっていましたが、Nexus 7 2013 では、最初から ON になっていました。 ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google トラッキングから身を守る秘伝とは?
Chrome Beta for Android が速いのは、Google 圧縮サーバーを介するからだ!
仕事の IE と 遊びの Chrome という視点で、世界のブラウザ・シェアを分析する
Chrome が IE を抜いて、世界の No.1 になったが・・・
Google Chrome は、すでに アジア No.1 のブラウザなのだ!

Comments Off on Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、ほんとうに、それで良いの?

%d bloggers like this: