Agile Cat — in the cloud

Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?

Posted in Government, On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on April 11, 2016
Security and Encryption: The Government Versus Technology?
Dick Weisinger – April 7th, 2016
http://formtek.com/blog/security-and-encryption-the-government-versus-technology/
_ formtek
The battle between the government/FBI/Department of Justice (DoJ) and tech firms like Apple over being able to secure access to encrypted data stored on personal devices continues to simmer.  The government is requesting “back door” access stored data from tech products, even to data which has been stored as encrypted.
 
政府/FBI/DoJ (Department of Justice) と、Apple に代表されるハイテク企業との戦いは、つまり、パーソナル・デバイスに保存された、暗号化データへの安全なアクセスをめぐる戦いは、依然として加熱し続けている。政府の要求は、ハイテク・プロダクト上のデータにアクセスするための Back Door であり、さらに言うなら、暗号化を伴うデータへのアクセスである。
 
Seurat_7Tim Cook, CEO at Apple, argued that “the same engineers who built strong encryption into the iPhone to protect our users would, ironically, be ordered to weaken those protections and make our users less safe.”
 
Apple の CEO である Tim Cook は、「皮肉なことに、私たちの iPhone ユーザーを保護するために、強力な暗号をを構築したエンジニアが、一連のプロテクションを弱体化させ、ユーザーの安全性を低下させろという、要求を受けている」と主張している
 
Craig Federighi, Apple’s vice president of software, weighed in with the opinion that “security is an endless race that you can lead but never decisively win… We cannot afford to fall behind those who would exploit technology in order to cause chaos. To slow our pace, or reverse our progress, puts everyone at risk.”
 
Apple VP of Software である Craig Federighi は、「セキュリティとは、リードする者が、完全な勝利を得ることができない、エンドレスのレースである・・・テクノロジーを用いて混乱を引き起こそうとする者の、後塵を拝するような展開は、私たちにとって、有り得ないことである。つまり、私たちのペースを遅らせ、私たちの進化を逆転させるようなことは、すべての人々にリスクをもたらすことになる」と、以前に述べている
 
But the battle isn’t as clear-cut as it seems.  Even within the Obama administration, members are split as to which side they are taking.
 
しかし、この戦いは、そうのように割り切れるものではない。そして、オバマ政権においても、それぞれのメンバーが、それぞれの見解を有している。
 
Internationally, people are taking the side of the government.  A poll taken by Business Insider found that in the US, 60 percent of people felt that what the government is requesting is reasonable and that law enforcement should be able to have access to data stored on personal computer devices.  In China 74 percent side with the government.  The numbers are high elsewhere too, in Great Britain, it is 69 percent, in France it is 63 percent, and in Germany it is 56 percent.
 
国ごとに見ると、政府側に立つ人が多いようだ。Business Insider が実施した世論調査によると、米国における 60% の人々が、政府の要求は妥当だと感じているようだ。そして、パーソナル・コンピュータ・デバイスに格納されているデータへのアクセスが、法的な根拠により実施されるべきだとしている。中国では、74% の人々が、政府側に立っている。その他の、国々でも、同じような傾向が見られる。英国では 69% が、フランスでは 63% が、そして、ドイツでは 56% が、政府側を支持していることになる。
 
Luke Dembosky, member of the law firm Debevoise & Plimpton, told Fortune magazine that “it’s a very big government, and everyone is trying to do the right thing.  There are countries where they don’t have these debates.”
 
法律事務所 Debevoise & Plimpton のメンバー Luke Dembosky は、「それは、政府にとって、とても寛容なことであり、誰もが正しいことを試みている。ただし、充分な議論を行わずに、結論に達している国々もある」と、Fortune に語っている
 
ーーーーー
On Mondayカリフォルニアで起こった銃撃事件では、犯人の iPhone の解析が、FBI サイドで完了したのとのことですが、それですべてが解決したわけではありません。残念ながら、その後もテロが続いていますし、これからも続くでしょう。 そして、その度に、モバイル・デバイスとインターネットが利用され、セキュリティをめぐるイタチごっこが繰り返されるわけです。その一方では、先週にリークされたパナマ文書のように、インターネットがあるから成り立ってしまう、合法的だけどもアンチ・モラルな租税回避行為が、インターネットにより暴露されるという出来事も起こるわけです。 こうなると、どこにインターネット上の正義があるのか、その辺りの境界線が霞んでしまいますが、仕方のないことなのでしょう。ひとつひとつが、時間をかけながら、解決されれていくと信じたいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
 

Comments Off on Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?

Apple 対 FBI : この闘いに、Google/Facebook/Twitter などが参戦! もちろん Apple 全面支援だ!

Posted in .Selected, Apple, Facebook, Google, Government, Privacy, Security, Twitter by agilecat.cloud on February 21, 2016
Google, Facebook, Twitter support Apple on encryption dispute with FBI
Reuters – 19 February 2016
http://www.thestar.com.my/tech/tech-news/2016/02/19/facebook-twitter-support-apple-on-encryption-dispute-with-fbi/
 
_Star Online
 
 SAN FRANCISCO: Facebook and Twitter, two of Silicon Valley’s most powerful companies, backed Apple’s refusal to help the FBI break into an iPhone used by a shooter in the San Bernardino attack, saying that complying would set a dangerous precedent for privacy.
 
SAN FRANCISCO: Silicon Valley を代表する企業である Facebook と Twitter などが、FBI が要求する情報開示に対して、つまり San Bernardino 銃撃事件で犯人が使っていた iPhone の解析に対して、拒否の姿勢を貫く Apple を支援するという立場を明確にした。その要求に従うと、プライバシーに危害を加える前例を残すことになるからだ。
 
It took two days, but the companies’ entry solidifies a small but powerful band of tech giants supporting Apple in its quest to buck government demands that it says would irreparably damage security and erode consumer trust.
 
ここまでに二日を費やし、また、結束を提唱する企業は少数であるが、Apple の抵抗を支持する企業は、いずれもパワフルである。そして、政府の要求は、修復不可能なまでにセキュリティを破壊し、一般民衆の信頼を損なうものになると発言している。
 
Sundar PichaiYoutube
 
Similar stance: Pichai has tweeted in support of Google’s rival, Apple.
 
Among the first to come to Apple’s defense was its chief rival. Chief executive officer Sundar Pichai of Alphabet Inc’s Google tweeted in support of Apple on Wednesday.
 
抵抗を続ける Apple に対して、最初の支援を申し出たのは、そのライバル企業のトップである。
 
Alphabet 傘下の Google において、CEO を務める Sundar Pichai が、この水曜日に、Apple を支持するツイートを発したのだ。
 
But other companies are staying mum. Yahoo Inc and Microsoft Corp have yet to weigh in on the case.
 
しかし、他の企業は口を閉ざしている。Yahoo Inc と Microsoft Corp は、この問題について、深刻さを計りかねている。
 
In characteristic fashion, Twitter CEO Jack Dorsey used the service itself to lend support to Apple CEO Tim Cook, tweeting “We stand with @tim_cook and Apple (and thank him for his leadership).”
 
Twitter の CEO である Jack Dorsey は、彼らしい言葉を用いて、Apple CEO の Tim Cook をサポートしている。そのツイートでは、「私たちは、@tim_cook および Apple の側に立ち、闘うべきだ(彼のリーダーシップに感謝)」と述べている。
 
In a statement, Facebook said, “We will continue to fight aggressively against requirements for companies to weaken the security of their systems.”
 
Facebook は、「 企業のセキュリティ・システムを弱体化させるような要求に対しては、断固として戦い続ける」という、ステートメントを発している。
 
The case has intensified the rift between tech companies and law enforcement over the limits of encryption. And law enforcement groups have been vocal about their support for the Justice Department.
 
この事象が示すのは、暗号化という側面を超えたところで、ハイテク企業と法執行機関の間に生じている、亀裂の深さである。そして、国家権力は、Justice Department(司法省)の支持を得ようと、その声を大にしているところだ。
 
 
Apple vs FBIAlthough some firms have remained silent, the industry is firmly on Apple’s side, said Aaron Levie, CEO of cloud-based storage provider Box Inc.
 
いくつかの企業は沈黙を続けているが、この業界は Apple の側にあると、クラウド・ベース・ストレージ・プロバイダー Box の CEO である、Aaron Levie は述べている。
 
“Companies choose to use their political capital when it is really important or relevant to them,” Levie said. “If individually pressed you would see the same message from essentially any Internet or hardware or enterprise software CEO or company, and that’s because the fundamental security model of our technology would break if you were to comply with this kind of order.”
 
Levie は、「あらゆる企業は、こうした重要かつ深刻な問題に直面するとき、自身のポリシーと資本の保護を選択する。もし、特定の企業に圧力が掛かるなら、対象がインターネット企業であろうが、ハードウェア企業であろうが、エンタープライズ・ソフトウェア企業であろうが、その CEO たちは同じメッセージを発することになる。この種の要求に従うことは、それぞれの企業におけるセキュリティの、基本的なモデルやテクノロジーを破壊することになるのだ」と発言している。
 
Levie said he unequivocally supports Cook’s stance. “The whole grounds on which Apple is standing on are just super important,” he said.
 
Levie は、明確に Cook をサポートするスタンスに立っており、また、「Apple が直面している状況は、その全てにおいて、きわめて重要な事象なのだ」と述べている。
 
At the center of the case is an iPhone used by Rizwan Farook, who along with his wife, Tashfeen Malik, killed 14 people and wounded 22 in a shooting rampage in San Bernardino, California.
 
この事件の中心にあるのは、Rizwan Farook が使用していた iPhone である。彼は、その妻である Tashfeen Malik と伴に、San Bernardino, California で銃を乱射し、14人を死亡させ、22人 を負傷させている。
 
The young married couple sympathised with Islamic State militants, and government investigators want the data on the phone to learn more about their activities the day of the shooting and their contacts with either accomplices or Islamic State.
 
この若い夫婦は、イスラム国の過激派に共感を示していた。そして、政府の調査期間は、犯行に及んだ経緯の詳細や共犯者を、そしてイスラム国との接点を解明するために、その iPhone 上のデータを必要としている。
 
Apple’s Cook had said the court’s demand threatened the security of Apple’s customers and had “implications far beyond the legal case at hand.” —  Reuters
 
Apple の Cook は、この法廷からの要求は、Apple カスタマーのセキュリティを脅かすものであり、また、これまでの法解釈からの逸脱を示唆すると述べている。—  Reuters
 
ーーーーー
government-55aFBI から見れば、単なる捜査の一環なのでしょうが、地球全体から見れば、これは公と個の闘いでもあるのです。先日に、「セーフ・ハーバーの 終了から、EU Cloud 28+ の 船出へ:ついにクラウドの分化が始まるのか?」という抄訳をポストしましたが、この発端となったのも、9.11 事件から発生した米愛国者法なのです。 アメリカに限らず、デジタルの世界を管理/掌握したがる国家権力と、あらゆる権力から遊離したところで、グローバル・コミュニケーションを実現したインターネットは、これからも、せめぎあいを続けていくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
米諜報機関 NSA は、どのようにして暗号を解析したのか? その手法が明らかになってきた!
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ
さぁ開戦だ! ネットの中立性を護れと、Amazon/Netflix/Google などが FCC に圧力!
 

Comments Off on Apple 対 FBI : この闘いに、Google/Facebook/Twitter などが参戦! もちろん Apple 全面支援だ!

考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Posted in .Chronicle, Apple, Businesses, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on February 13, 2016
APPLE: THE WORST-CASE SCENARIO — 2016
Jim Edwards – Feb 7, 2016
http://uk.businessinsider.com/apple-the-worst-case-scenario-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple just booked its biggest ever quarter, with revenues of $76 billion (£52.4 billion). Profits were $18.4 billion — the most of any company, ever.
 
Apple は、その歴史において、最大の売上である $76 billion (£52.4 billion) を計上して、直近の四半期決算をクローズした。その、 $18.4 billion  という利益も、あらゆる企業の中で最高のものである。
 
apple deathMike Nudelman
Business Insider
 
It also sold 74.7 million iPhones — another record. The company could not be in better shape.
 
また、7,470万台の iPhone を販売したことも、もう一つの記録となる。同社にとって、これ以上の成果はあり得ないだろう。
 
And yet Apple is a troubled beast:
 
それなのに Apple は、猛獣のような問題を抱えている:
 
 
  • APPL の投資家たちは、この12ヶ月の間に、株価が $133 から $96へ下降するという、28% の損失を味わっている。
  • CEO である Tim Cook は、直近の収支報告において、iPhone の販売量が減少傾向にあることを認めている。
  • その四半期の iPhone は、ある国を除いて、すべてのグローバル市場でシェアを失っている
  • その他の主力プロダクツである、iPad や Mac なども、すでに衰退傾向にある
  • そして、Wall Street のアナリストたちは、これから登場する iPhone 7 が、このトゲを抜けるのかどうかと、不安げに見守っている。Raymond James の  Tavis C. McCourt と Mike Koban は、「2017年も成長すると予測しているが、重要な iPhone 7 が大成功を収めるとは思っていない」と、最近のステートメントで述べている。
 
 The fear is that Apple is at its peak, and the only way from here is down.
 
いまの Apple が、ピークに達しており、あとは下るのみという、恐怖が存在する。
 
Of course, only idiots bet against Apple. The company has a history of confounding its critics by emerging from brief troughs with renewed growth and exciting products. (Just look what didn’t happen the last time we examined the worst-case scenario for Apple!)
 
Apple にのめり込むことは、もちろん避けるべきである。同社は、新たな成長分野と、興奮を伴う製品により、谷底から這い上がることで、批判を逃れていくという歴史を有している。(前回の危機において、Apple に最悪のシナリオが生じなかったことを、思い出すべきなのだろう!)
 
Nonetheless, it’s worth asking: What would happen to Apple if everything that can go wrong does go wrong? Here’s the worst-case scenario.
 
それにもかかわらず、すべてが上手くいかない場合に、何が Apple に起こるのかと、問いかけることは、意味のあることだ。それが、ここで言う、最悪のシナリオである。
 
ーーーーー
appleこの記事は、おそらく、投資家を対象としたものなのでしょう。 とは言え、懸念される不安材料は、いずれも事実であり、たとえばアプリ・デベロッパーにとっては、とても心配な材料になるはずです。 そして、デバイスと平行して機能する、パワフルなクラウド・サービスを、Apple が作れていないことが、最大の論点になるという見方もあります。 先週に、GoPro の問題を指摘する抄訳をポストしましたが、Apple が大きな GoPro なのか、GoPro が小さな Apple なのかという、かなり飛躍した対比が頭をよぎってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on 考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Posted in .Selected, Apple, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 10, 2016
Apple can’t keep relying on the iPhone forever — it needs a new hit
Matt Rosoff – Jan. 26, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-needs-a-hit-2016-1
 
_ Business Insider
 
When will Apple release a new product that makes people excited?
 
Apple が、次の新製品をリリースするとき、人々は熱狂するだろうか?
 
Apple Store NYOn Tuesday’s earnings call, Apple CEO Tim Cook spent an unusual amount of time blaming macroeconomic conditions for the company’s middling performance.
 
火曜日の収支報告において、Apple CEO の Tim Cook は、同社に平凡なパーフォーマンスをもたらしたマクロ経済を非難するために、異常とも思える時間を費やした。
 
He blamed economic downturns in important geographic areas:
 
彼は、重要とされる地域における、経済の減速に対して不満を述べている:
 
Major markets including Brazil, Russia, Japan, Canada, Southeast Asia, Australia, Turkey, and the Eurozone have been impacted by slowing economic growth, falling commodity prices, and weakening prices.
 
Brazil/Russia/Japan/Canada/Southeast Asia/Australia/Turkey/Eurozone などを含む主要マーケットが、経済の減速/物価の下落/株価の低落などの影響を受けている。
 
He blamed weakening currencies in a lot of countries, which make Apple products more expensive there:
 
彼は、Apple 製品をさらに高額にしてしまう、それらの国々の通貨の弱さも批判している:
 
Since the end of fiscal 2014, for instance, the Euro and British Pound are down double-digits, and major currencies such as the Canadian Dollar, Australian Dollar, Mexican Peso, and Turkish Lira have declined 20 percent or more. The Brazilian Real is down more than 40 percent, and the Russian Ruble has declined more than 50 percent. Two-thirds of Apple’s revenue is now generated outside the United States, so foreign currency fluctuations have a very meaningful impact on our results.
 
2014年の会計年度の終わり以来、たとえば Euro と British Pound は、二桁も下落している。そして、Canadian Dollar/Australian Dollar/Mexican Peso/Turkish Lira といった主要通貨は、20% 以上も下落している。さらに言うなら、Brazilian Real は 40% 以上の、Russian Ruble は 50% 以上も下げている。Apple の売上における 2/3 は、United States 国外から生じるため、こうした為替の変動が、業績に非常に大きな影響をおよぼしている。
 
He even alluded to falling oil prices in the answer to a question about whether Apple would keep investing in China and other markets at the same pace:
 
さらに彼は、これまでと同じペースで、China などのマーケットへ投資を継続していくのかという質問に対して、原油価格の下落に言及することで回答としている。
 
And finally, even in the markets where today, grantedly, it looks fairly bleak — from Russia and Brazil and some of the other economies that are very much tied to oil based economies — we do believe that this too shall pass, and that these countries will be great places, and we want to serve customers in there.
 
結論として、今日におけるそれらのマーケットが、不調であることに疑いの余地はない。Russia と Brazil や、いくつかの国々の経済は、きわめて原油価格と連動しているのだ。言うまでもなく、私たちの決算は合格点をクリアしている。そして、それらの国々は、素晴らしいマーケットであり、そこのユーザーたちにサービスを提供したいと考えている。
 
(Read the full transcript here.)
 
But there’s a more obvious problem, too: Apple hasn’t had a new hit product since the iPad in 2010.
 
しかし、マクロ経済よりも、大きな問題があるのも明らかだ。つまり、Apple は、2010年の iPad 以来、ヒット商品を出していないのだ。
 
iPad Chart
BI Intelligence
 
And that product, which was supposed to be the third leg of the stool for Apple’s long-term growth — alongside the Mac and the iPhone — has been shrinking like crazy. Unit sales have dropped every single quarter for the last two years. Apple released the iPad Pro in November, but it didn’t stop the slide at all.
 
しかも、Apple の長期的な成長を達成するために、Mac と iPhone と並んで三本柱の一角を構成するはずだった iPad は、その規模を急激に縮小している。その販売台数は、これまでの 2年間において、すべての四半期決算でマイナス成長を記している。そこで Apple は、2015年11月に iPad Pro リリースしたが、この地滑り的な凋落を、まったく止めることができていない
 
The decline of the iPad could’ve been overlooked as long as the iPhone juggernaut kept churning. But Apple may finally be topping out there, too:
 
この iPad の低落だが、iPhone の絶対的なパワーが続いている間は、無視しても良かったのかもしれない。しかし、ついに Apple は、それが許されない状況に追い込まれたのだろう。
 
iPhone Chart
BI Intelligence
 
On the call, Cook acknowledged what many analysts had already predicted — that iPhone sales “will decline” in the March quarter.
 
この収支報告会において Cook は、2015年3月期の iPhone がマイナス成長になるという、数多くのアナリストたちが示した予測を認めている。
 
Maybe the iPhone 7 will be a monster hit and rescue Apple again, like the iPhone 6 did the last time Apple was in this kind of doldrums.
 
iPhone 7 がモンスター・ヒットとなり、再び Apple を救うのかもしれない。つまり、iPhone 6 の再来となるわけだ。
 
But I’m skeptical. The iPhone 6 met pent-up customer demand for a phone with a larger screen. Apple looked at Samsung’s success selling phones with larger screens, wisely cast aside Steve Jobs’ former ruling that the iPhone’s 4-inch screen was perfect, and boom — sales took off.
 
しかし、私は懐疑的である。iPhone 6 は、大型スクリーンのスマフォを求めるユーザーたちの、鬱積した不満を解消するものだったのだ。つまり、Steve Jobs が言っていた 4-inch iPhone 最強説から離れ、Samsung の大型スクリーン戦略を賢明にも追いかけることで、Apple の売上は急上昇したのだ。
 
Where’s the unmet demand this time? What are people buying from competitors that Apple doesn’t offer?
 
需要を満たすプロダクトがなければ、いったいどうなるのか? Apple が提供しない何かを、競合する他社から購入するのは、どのような人なのか?
 
This is the maturity of the smartphone market. When everybody who can afford a smartphone has one, nobody — not even Apple — will be able to speed up the natural replacement cycle of every two or three years.
 
その答えは、スマフォ・マーケットの成熟度と密接に関連する。つまり、スマフォ・ユーザーたちは、必ず買い替えの時期を迎えるのだが、その 2年〜3年という自然なサイクルを速める人は皆無なのである。そして、常に Apple が選ばれるとは限らないのだ。
 
By the way, Mac sales also went negative for the first time since mid-2013:
 
ところで、Mac の売上も、2013年から好調とは言えない状況が続いている:
 
Mac Chart
BI Intelligence
 
So what’s next?
 
The Apple Watch is not the hit Apple needed. Apple didn’t release sales figures for it, except to say that December was its best quarter ever, but the anecdotal evidence is pretty overwhelming. I live and work in the geekiest, most gadget-obsessed city in the US, but I never see anybody wearing an Apple Watch.
 
Apple Watch は、同社が必要とするヒット作になっていない。過去最高だった、2015年 Q4 を除いて、その売上に関する数字は公開されていないが、いくつかの逸話が不調を伝えている。私は、ギークたちに囲まれる人生をおくっているが、US のガジェット好きな街々で、誰かが Apple Watch を身に着けているという姿を見たことがないのだ。
 
It may take off eventually as a link between a bunch of connected devices — the iPod was a slow-grower at first, too — but it’s going to take awhile. Until Apple releases sales figures, we won’t know.
 
このプロダクトだが、接続された各種デバイス間のリンクとして、いずれは離陸していくのだろう。ただし、iPod の出だしが低調だったのと同様に、しばらくは時間がかかるだろう。いずれにせよ、Apple が売上について情報を提供するまで、その実態については、誰も知ることはできないのだ。
 
Same thing with Apple TV: nice product, slowly growing sales every quarter, but not particularly material to earnings. It’s lumped with the Watch and Beats headphones in the “Other” category, which delivered $4.3 billion in revenue out of Apple’s $75.9 billion in total.
 
Apple TV も、似たような状況にある。 このプロダクトもニッチなものであり、ゆっくりと四半期セールスを成長させているが、収益の構成要素として、とりわけ重要なものとも思えない。Apple は Watch だけではなく、Beats ヘッドフォンにも注力している。このプロダクトは、収支上では “Other” に分離されるものであり、Apple の総売上である $75.9 billion とは別に、$4.3 billion を計上している。
 
So what’s the next big thing? Cook hinted that cloud services might be the area of investment for Apple:
 
そうなると、次の大型クロダクトは、何になるのか? Apple にとって、投資のエリアはクラウド・サービスになるだろうと、Cook は示唆している。
 
In terms of our future plans, I wouldn’t want to comment about any particular thing, but obviously with breaking this out, we wouldn’t be breaking it out if it wasn’t an area that was very important to us in the future.
 
私たちの将来計画という観点で、特定のことについて、コメントしたいとは思わないが、何かが必ず立ち上がる。それが、私たちの将来にとって、それほど重要ではないエリアだとするなら、それに取り組むこともないだろう。
 
He could be alluding to Apple’s long-rumored streaming TV service, which could offer smaller bundles of TV channels that people really want for a cheaper price than cable TV. But Apple needs to finish signing the necessary content deals, or maybe buy a big media company like Time Warner. The future of TV may be coming, and Apple may deliver it, but it’s not here yet.
 
彼は、以前からウワサになっている、Apple TV ストリーミング・サービスを示唆したいのかもしれない。それは、ケーブル TV よりも細かく分類されたチャネルを、より安価で提供するものとされている。しかし、コンテント提供のための契約を進めるのか、Time Warner のような大手メディアを買収するのかという、大きな仕事が Apple に要求される。未来の TV は登場するだろうし、それを Apple も提供するだろうが、いまの段階で具体化している話ではない。
 
Plus, Apple’s record with services is bad. Apple Maps still isn’t as good as Google Maps. Siri works right about half the time. Also, iCloud is confoundingly frustrating — I just had a problem updating my iPhone software because my iCloud storage was full to capacity and they wanted me to buy more. I wasn’t even aware I’d turned it on. And Apple Music is a buggy mess.
 
それに加えて、Apple のサービスに、優れたものが存在しないという問題がある。依然として Apple Maps は、Google Maps ほどの使い勝手に達していない。Siri が正しく動くのは、ほぼ二回に一回という具合だ。また、iCloud の混乱には、イライラさせられる。私のケースだと、iCloud ストレージの容量が一杯で、iPhone のソフトウェア更新に問題を抱えているが、もっと容量を購入しろと言われている。さらに言うなら、交信を始めるまで、私は容量不足に気づいていなかった。 また、Apple Music は、バグの固まりである。
 
So I’m not convinced that Apple has the chops to deliver a world-changing online service — it never has. Great hardware, occasionally brilliant software, an unparalleled retail experience. But online services? Not so much.
 
したがって、世界を変えるオンライン・サービスを提供するだけの才覚が、Apple にあると思えないのだ。 率直に言うと、持っていないのだ。 素晴らしいハードウェアと、いつも輝いているソフトウェア、そして、比類のないリテール・エクスペリエンスはあるのだが、オンライン・サービスはというと、それほどのものでもない。
 
Tim Cook and Steve JobsFlickr
thetaxhaven
 
Apple CEO Tim Cook with executive Eddy Cue, who oversees software and services like Apple Music, Apple Pay, iCloud, Apple Maps, and Siri.
 
Apple では、CEO である Tim Cook と、Executive である Eddy Cue が、Apple Music/Apple Pay/iCloud/Apple Maps/Siri といった、ソフトウェア&サービスを監督している。
 
Don’t get me wrong: Apple is not in trouble. It just posted the biggest quarterly profit of any company in history. It has more than $200 billion in cash and investments sitting on its balance sheet. More than 1 billion Apple devices are being actively used right now, and Apple can theoretically sell services and downloads to all of them. It will continue to iterate on its existing hit products, particularly the iPhone, to keep people upgrading every two or three releases.
 
誤解しないで欲しいが、Apple がトラブルに陥っているという話ではない。同社は、四半期ごとの利益として、その歴史におけるベストを叩きだしたところである。そして、バランス・シートには、$200 billion 以上のキャッシュと、各種の投資が記載されている。また、10億台以上の Apple デバイスが、現時点で実際に使用されており、論理的に考えるなら、それらすべてのデバイスへ向けて、Apple はサービスを販売し、また、ダウンロードさせることが可能なのだ。さらに言うなら、これまでのヒット商品を、とりわけ iPhone を、2年〜3年のサイクルで繰り返して販売し、ユーザーのアップグレードに対応していくことも可能なのだ。
 
But for a company to keep growing at the rate Apple grew during the last decade, it can’t just keep reworking the same old classics. It has to deliver new hits, too.
 
しかし、これまでの 10年間と同じスピードで、Apple が成長し続けていくためには、昔からのクラシックなプロダクツを、作り直すだけでは足らない。つまり、新たなヒット作を、提供する必要があるのだ。
 
SEE ALSO: Apple CEO Tim Cook: It’s time to invest ‘confidently’
 
ーーーーー
appleこの記事を訳しながら、「Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?」という、2012年11月のポストを思い出していました。この記事は、ソーシャルとしての Twitter というより、Web テクノロジー企業としての Twitter を、買収すべきだと主張するものであり、とても論理的なソリューションを示しているのです。いまの Twitter は、株価がボロボロですから、もう一度、考えても良いのではと、思ってしまいます。 話は飛びますが、先週にポストした「Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!」という抄訳は、Apple Insider に掲載された記事を訳したものなのです。Apple シンパのメディアも、訴えたい何かを持っていることの、現れだと思えてきます。Satya Nadella のような、若くて有能なトップが、Apple にも登場すると良いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Apple の 宇宙船:ドローンを使って撮影した、HD ビデオが入荷しました!

Posted in Apple, Weekend by agilecat.cloud on March 22, 2015
Here’s a new photo of the futuristic ‘spaceship’ HQ Apple is building
Rob Price – Mar. 12, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-campus-2-photo-march-spaceship-2015-3
 
Business-Insider.png
 
Apple is spending an estimated $5 billion (£3.3 billion) on its new headquarters. Officially called Apple Campus 2, its futuristic circular design has had the 176-acre campus nicknamed the “spaceship.”
 
Apple だが、その 新しい HQ に、約 $5 billion (£3.3 billion) を費やすと推定されている。 正式な名称は Apple Campus 2 であるが、176-acre (71万平米) の敷地に建てられる、その未来から来たような円形デザインの建屋は、宇宙船という愛称で呼ばれている。
 
The building isn’t due to be completed until the end of 2016, but a new photo released by the Cupertino company reveals it’s coming along well, 9to5Mac reports.
 
9to5Mac によると、そのビルディングが完成するのは、早くても 2016年末である。しかし、この Cupertino の会社がリリースした新しい写真によると、工事は順調に進んでいるようだ。
 
Apple Campus 2Take a look: Apple
 
Once complete, the Spaceship will house 12,000 employees. And Apple isn’t scrimping on the details: It’s spending $161 million (£107 million) on the auditorium alone, so its executives can practice their legendary keynote presentations in total secrecy.
 
そして、宇宙船が完成すると、12000人の従業員が収容される。また、Apple は、細部においても大盤振る舞いするようだ。つまり、同社の幹部たちは、伝説的なこけら落としになるはずのキーノートを、完全な秘密が保たれた講堂で練習できるのだが、そこだけでも $161 million (£107 million) が費やされるという
 
Want to see more?  Here’s HD drone footage of Apple Campus 2, taken at the start of March: Apple Campus 2 March Update in 4k.
 
見せるものが、もっと有るだろうって? そうだね。 この 3月の初めに、Apple Campus 2 の上空に、HD カメラを搭載したドローンを飛ばしているんだ: Apple Campus 2 March Update in 4k.
 
NOW WATCH: Steve Jobs’ biographer says the Apple Watch makes perfect sense
 
ーーーーー
weekendそうですよね! ドローンという手がありますよね!  面白いので、何度も見てしまいましたが、その完成予想図のイメージがなければ、なんかのスタジアムとしか思えない大きさです。 Apple Store の HQ 店も、この宇宙船に引っ越すのでしょうか?  その窓越しに、まんまるの中庭を覗けるのでしょうか? ぜひ、そうなって欲しいですね!_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Steve Jobs の オフィスは、あの日から 誰も触れずに、そのまま 残されている
Apple の宇宙船だが、その離陸が 2016 年に延期されるらしい
Apple の宇宙船型オフィスの名前は 無限ループ?
Facebook が 新 HQ を建設 : グリーン と エコ がテーマ?
 

Comments Off on Apple の 宇宙船:ドローンを使って撮影した、HD ビデオが入荷しました!

Steve Jobs の オフィスは、あの日から 誰も触れずに、そのまま 残されている

Posted in .Chronicle, Apple, Weekend by agilecat.cloud on February 22, 2015
Steve Jobs’ desk at Apple hasn’t been touched since his death
Jillian D’Onfro – Feb. 17, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-left-steve-jobs-office-exactly-the-way-it-was-2015-2
 
_ Business Insider
 
Steve Jobs’ legacy lives on at Apple in a very physical way: The company has left his top-floor, corner office completely untouched since his death. His name is still on the door. The inside hasn’t been changed.
 
Steve Jobs の名残りは、とても物理的な方法で護られている。 つまり、最上階の角にあった彼のオフィスは、あの日から手付かずの状態で残されているのだ。 もちろん、彼の名札はドアに付けられたままであり、その内側にも、誰も手を触れていない。
 
Steve JobsThe detail surfaced in an in-depth New Yorker profile of Apple designer Jony Ive. Ive and Jobs worked together extremely closely.
 
この件に関する詳細が、Apple のデザイナーである Jony Ive の、New Yorker プロファイルに登場したのだ。Ive と Jobs は、とても密接に働いていたという。
 
Jobs’ office, in One Infinite Loop, connected to Ive’s lab, in Two Infinite Loop, via a covered corridor. Those were the only two buildings on Apple’s campus connected that way.
 
One Infinite Loop の Jobs のオフィスと、Two Infinite Loop の Ive のラボは、屋根のある渡り廊下でつながれている。 Apple のキャンパスで、このように接続している建物は、他にはない。
 
The two were also very close friends. When Ive spoke at Jobs’ memorial service in late 2011, he called his former boss his closest and most loyal friend.
 
また、二人は、とても親しい友人同士でもあった。 2011年の終わりころの、Jobs の追悼式において Ive は、この尊敬する元上司を、最も親しい友人とも表現していた。
 
CEO Tim Cook also referenced Jobs’ unchanged office in an interview with Charlie Rose last year, in which he also said he still thought about Jobs every day. “He is in my heart,” Cook said. “His spirit will always be at the foundation of the company.”
 
CEO である Tim Cook も、昨年の Charlie Rose のインタビューで、誰も手を触れない Jobs のオフィスについて言及していた。そして、いまでも、Jobs のことを毎日、考えていると述べていた。 さらに Cook は、「彼は、私の心の中に生きている。 彼のスピリットは、常に Apple の基本であり続けている」と発言していた。
 
SEE ALSO:  Tim Cook may have been hinting at an Apple car last year
 
ーーーーー
weekend久々の、Jobs に関するトピックです。 あれから、すでに三年が経っているのですね。たしか、iPhone 4S がデビューした秋でしたから、iPhone 自身も、その後に 5/5S/6 へと姿を変えているわけです。 そう言えば、、、 Agile Cat の周辺にいる、熱烈な Apple ファンというより Jobs ファンで、いまだに iPhone 4S を使っている人たちのことを思い出しました。 彼らにとっては、それが Jobs の iPhone なのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
FORTUNE の Jobs 特集
訃報 – Steve Jobs 氏 逝く
Steve Jobs のアルバムを二点 ・・・
Xmas イブだから、リメンバー Steve Jobs
Steve Jobs 伝記が、Amazon の 2011年ベストセラーに
Disney の CEO に、つまらん映画ばかりだと文句を言っていた Jobs
 

Comments Off on Steve Jobs の オフィスは、あの日から 誰も触れずに、そのまま 残されている

Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!

Posted in Asia, Mobile, Research, Xiaomi by Agile Cat on January 21, 2015

China’s Biggest Smartphone Maker Tripled Its Phone Sales Last Year
http://wp.me/pwo1E-8dD
Dave Smith – Jan. 5, 2015
http://www.businessinsider.com/chart-xiaomi-exploded-in-2014-2015-1

_ Business Insider

Xiaomi has successfully targeted the low-end of the smartphone market: China’s biggest smartphone maker says it tripled its smartphone sales in 2014, selling more than 61 million phones. CEO Lei Jun says this contributed to more than $12 billion in revenue for the year.

Xiaomi はローエンド・スマホ市場を、首尾よくターゲットにしている。つまり、この China で最大のスマホ・メーカーは、2014年に 61 million 台以上のデバイスを販売し、前年比で三倍という成長を達成したと述べているのだ。 CEO である Lei Jun は、それにより年間の売上が、$12 billion を超えたと発言している。

_  space

BI Intelligence

Based on data charted for us by BI Intelligence, Xiaomi sold 17 million smartphones in the fourth quarter — an impressive jump of 233% year-over-year. For the full year, its 61 million smartphone shipments was a 227% jump from the 18.7 million units it shipped in 2013.

BI Intelligence がチャートにしたデータを見ると、Xiaomi は 2014年 Q4 に、17 million 台のスマホを販売している。 つまり、前年同期に対して、233% という、凄まじい成長率を示している。1年間を通じて見ると、61 million という出荷台数は、2013年の 18.7 million に対して、227% のジャンプアップとなる。

Xiaomi raised $1.1 billion in late December, and is now valued at $45 billion.

Xiaomi は、この 12月下旬に $1.1 billion を調達し、その評価額は $45 billion とされている。

ーーーーー

まるで誰かさんみたいに、Xiaomi の CEO である Lei Jun には、黒いシャツとジーンズがよく似合います。 そして、デバイスの販売においては、インターネットを活用する方式で、独自のスタイルを確立しています。 たとえば、インドネシアで1万台を40秒で売り切ったとか、インドでは4万台を4.5秒でとか、そんなふうに場所と台数を絞り込んで、ネットの話題をさらっていきます。その一方では、驚いたことに、中国国外の Xiaomi ユーザー・プロファイルを、シンガポールとアメリカのデータセンターに、さっさと移してしまいました。 それは、中国からグローバルを目指す企業として、実施すべき行動なのです。 そして、もちろん、Android とはいっても、AOSP の Android を採用し、Google からの影響力を排除した、独自のプラットフォームを有しています。 そんなこんなで、打つべき手を着実に打っていく、とても切れのよい新しいリーダーとして、認められているようです。 なんというか、アジアのお嬢さんたちが、シワシワの Tim Cook よりは、若くてスタイリッシュな Lei Jun にキャーとなり、その結果として Xiaomi がバンバン売れていくという、そんな光景が脳裏を横切ってしまうのです。

ーーーーー

<関連>

Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Apple と China Telecom:中国人ユーザーのデータは、中国本土の DC へ
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

 

Comments Off on Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!

Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Mobile, Research by Agile Cat on January 8, 2015

Apple Executives Apparently Think The Data Used To Measure Smartphone Market Share Is Garbage
http://wp.me/pwo1E-8aK
Jay Yarow – Dec. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-executives-on-smartphone-market-share-2014-12

_ Business Insider

Since Apple started selling the iPhone, things have been pretty great for the company. The stock is at $112 today. When Apple announced the phone in 2007, the stock was at $12 (adjusted for stock splits).

Apple が iPhone を発売して以来、このプロダクトは同社に対して、素晴らしく貢献してきた。 今日(12/23)の Apple の株価は、$112 である。 そして、2007年に Apple が、このスマホについてアナウンスしたとき、その株価は $12(株式分割を換算)だったのだ。

AP
Apple CEO Tim Cook in an Apple Store

Apple’s revenue was $183 billion in fiscal 2014. Of that, $102 billion came from the iPhone. In fiscal 2007, revenue was $24 billion.

2014年の会計年度において、Apple の収益は $183 billion に達しているが、そのうちの $102 billion は iPhone から生じている。 また、同じく 2007年度の売上は、$24 billion に過ぎなかったのだ。

But there’s been one small nagging data point that’s not so great for Apple — smartphone market share. Apple has 11.7% of the smartphone market, according to IDC. Android has 84.4%.

しかし、Apple にとってネガティブであり、また、拭い切れないデータが1つだけある。 つまり、スマホに関する、マーケット・シェアのことである。 IDC によると、スマホ・マーケットにおける Apple のシェアが 11.7% であるのに対して、Android は 84.4% に達している。

Market share doesn’t matter, for the most part. Apple’s iPhone sales have continued to grow, even as it lost market share.

このマーケット・シェアは、ほとんどの場合において問題にならない。 Apple における iPhone の販売は、マーケット・シェアを失うにしても、成長を続けているのだ。

The only way that market share matters is if developers use it as guide post for their decisions. If you’re making software, you want as many people as possible exposed to your software. To do that, you would have to develop for Android, which has more users.

マーケット・シェアが意味を成すのは、デベロッパーたちが開発プラットフォームを決定する際のガイドとして、それを利用するときだけである。もし、あなたがソフトウェアを作成するなら、可能な限り多くの人々に、あなたのソフトウェアを使ってもらいたいはずだ。 そうしたいなら、より多くのユーザーを持つ Android のために、あなたは開発することになる。

If developers focused on Android, then Apple’s iPhone software, iOS, would become second-class. It would have weaker apps. As a weaker platform, it would be less attractive, and then the iPhone business would collapse.

デベロッパーたちが Android にフォーカスしてしまうと、Apple の iPhone ソフトウェアである iOS は、劣った扱いを受けることになる。 つまり、アプリのラインナップが弱体化してしまうのだ。 その結果、魅力のない弱いプラットフォームになり、iPhone ビジネスが崩壊するという流れに陥る。

BI Intelligence

But, that hasn’t happened. In part, it’s because Apple has more valuable users.

しかし、それは起こっていない。 なぜなら、それを補うものとして、Apple は価値を生み出すユーザーを抱えているからだ。

During the Black Friday shopping period, Adobe reported, "iOS users drove four times as much mobile sales revenue as Android users, 79 and 21 percent respectively."

Adobe のレポートによると、たとえばショッピング・シーズンの Black Friday において、「iOS ユーザーは Android ユーザーに対して 79% 対 21% という、4倍に相当するモバイル売上を達成している」ことになる。

In general, iPhone users are more engaged with apps, and more willing to pay for apps.

一般的に見て、iPhone ユーザーはアプリに対して強くコミットし、また、料金の払いっぷりが良いのだ。

As a result, developers have not bailed. They’ve done the opposite. They’re building for iOS first, and Android second, despite the market share disparity.

その結果として、デベロッパーたちは身動きせず、セオリーとは反対の行動を取っている。 つまり、マーケット・シェアに格差があるにもかかわらず、iOS ファースト、Android セカンドという順序でアプリを構築している。

Still!

でもね!!!

This market share thing remains a thorn in Apple’s side. People just don’t think the iPhone business can continue to succeed if its market share remains stalled. They view it as a long-term threat, despite Apple’s continued iPhone sales growth.

このマーケット・シェアという事象は、Apple にとって悩みの種として残り続ける。iPhone ビジネスのマーケット・シェアが低迷し続けるなら、その成功が継続すると、人々は思わなくなる。つまり、Apple における iPhone の売上が、このまま伸びるにしても、長期的な脅威としてマーケット・シェアを見ることになる。

It seems like the only way for Apple to fix this market share "problem" is to lower prices to sell more phones, but that would put pressure on Apple’s profits, which would hurt its stock. So, to these people, Apple is stuck between a rock and a hard place.

このマーケット・シェアの問題を Apple が修正するなら、iPhone の価格を下げて、販売台数を増やすことが、唯一の方法だと思える。しかし、それにより Apple の利益が圧迫され、さらには、株価に悪影響が出るだろう。したがって、この現象を危惧する人々からは、Apple が板挟みになっているように見えてしまう。

AP

Apple is not too thrilled with all of this debate. It hates that people fixate on its one weak point when so much else is going well.

Apple は、この種の議論を、抑えこもうとしている。そして、すべてが上手くいっているときに、そのような弱点を突っつく人々を嫌っている。

And, apparently, Apple executives think the data people are using for market share is junk.

そして、明らかに Apple 首脳陣は、人々が用いるマーケット・シェアというデータを、本気でクソだと思っている。

Buried in a Walt Mossberg column on Apple and Google is this tiny nugget, with our emphasis added: "In my conversations with Apple executives, they vehemently insist that market share isn’t — and won’t be — their goal, and even go so far as to say that most public market-share numbers are somehow off the mark, though they decline to explain how."

Apple と Google に関するコラムで、ちょっとだけ Walt Mossberg が触れている一文を、ボールドで強調してみた: 「Apple 首脳陣との会話において、彼らが猛烈に言い張っていたのは、マーケット・シェアは目標ではなく、今後も変わらないという見解である。さらに言えば、彼らの意見を聞く限り、パブリックなマーケット・シェアの数字は、何らかの点で不正確なものとなる。 しかし、その理由については、何も言っていない」

That’s all Mossberg says. There is nothing further on it.

Mossberg の発言は、これだけであり、他には何も言っていない。

But it would make sense for Apple to question the numbers. Apple is the only company that openly reports its smartphone sales. Every other company keeps that information private, forcing companies like IDC and Gartner to use their own imperfect methods to track smartphone shipments.

しかし、この種の数字について、Apple に質問することは、理にかなっている。なぜなら、Apple はスマホの販売量をレポートする、唯一の企業だからだ。その他の、すべての企業は数字を公表していない。そのため、IDC や Gartner といった調査会社が、不完全な方式ではあっても、それぞれのメーカーにおける、スマホ出荷量をトラッキングしているのだ。

Shipments do not equal sales through to consumers. Just ask Samsung, which has a built up inventory of the Galaxy S5. Shipments to consumers don’t necessarily mean usage.

出荷量というものは、消費者に届いたときの販売量とは、異なるものである。たとえば、Samsung に問い合わせても、製造された Galaxy S5 の在庫量が返ってくるだけである。つまり、消費者へ向けた出荷量が、必ずしも使用量を意味するわけではないのだ。

Unfortunately for Apple, there’s not much it can do. If it has evidence the numbers are wrong then it can present that data. But that gets complicated, especially since this is a relatively minor issue in the big picture. Apple tries to counterprogram this narrative when it talks about web usage, which shows Android and iOS even at this point.

Apple にとって残念なのは、それ以上のことが出来ないことだ。もし、この種のデータが間違っているという証拠があるなら、それを示すべきだ。しかし、それは、とても複雑ななものとなり、また、全体像と比較すると、マイナーな問題に過ぎない。それなのに Apple は、Web の利用について、そして Android と iOS の利用について、言葉を用いて状況を逆転させようとしている。

The best thing for Apple to do, though, is to keep doing what it’s been doing. It doesn’t get too hung up on market share data. It just sells expensive phones to millions of people. That leads to developers making great apps, and the share price soaring.

Apple にとってベストな方策は、これまで進めてきたことを維持していくことだ。ことさら、マーケット・シェアというデータに固執しないほうが良い。何百万もの人々に、高価なスマホを販売していくのだ。そうすれば、デベロッパーは素晴らしいアプリを作成し、それが株価の高騰につながるのだ。

ーーーーー

Jay Yarow さんは、かなり頭にキテいるという感じですね。 彼は、Business Insider におけるチャート・シリーズを確立させた人であり、ビジアライズされた数字は百言にも優るという考え方を、持っているはずなのです。 おそらく、同じような考え方のジャーナリストたちが、Apple 首脳陣に対して厳しい見方をしていくことになるでしょう。 一言でいって、「キジも鳴かずば撃たれまい」なのですが、先日の Mark Zukerberg の反発にもあるように、Apple のお偉いさんたちは、ちょっと余計なことを言い過ぎる傾向にあるようですね。 Agile Cat も、「人のふり見て我が身を正せ」で、いろいろと反省していきたいと思っています。 

ーーーーー

<関連>

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Comments Off on Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

%d bloggers like this: