Agile Cat — in the cloud

いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?

Posted in .Selected, Ericsson, Mobile, Research, Storage, Telecom, Wearable by agilecat.cloud on December 12, 2015
Smartphones ‘are going to die out within five years’, report predicts
Rob Waugh – Dec 8, 2015
http://metro.co.uk/2015/12/08/smartphones-are-going-to-die-out-within-five-years-report-predicts-5552164/
 
images
 
Most of us spend every waking hour stapled to our smartphones – but that could be about to change. A report by Swedish telecoms experts Ericsson suggests smartphones could be about to die out – in the next five years.
 
私たちの大半は、目を覚ましている限り、スマートフォンと共に時間を過ごしているが、それが変化していく可能性もある。Swedish テレコム・エキスパートである Ericsson のレポートには、これから5年の間に、スマートフォンが死んでいくという可能性が示唆されている。
 
comp-phones-in-binSmartphones ‘will die out within five years’
 
The report, which quizzed 100,000 people in Sweden and 39 other countries, found that many people believe smartphones are ‘over’. Instead, we’ll speak to ‘artificially intelligent’ helpers without needing a screen, according to the people polled by the telecoms giant.
 
Sweden を含む 39カ国の 10万人を対象とする、このレポートが明らかにしているのは、スマートフォンは「終わる」と、数多くの人々が考えている点である。 このテレコム・ジャイアントが調査した結果によると、その代わりに、私たちは AI を駆使したヘルパーに話しかけ、スクリーンを必要としなくなるという。
 
Many tech gurus predict that wearable gadgets such as Apple Watch will slowly start to replace smartphones – although few experts would expect the change to be THIS rapid.
 
この業界における、いわゆるテック・グルたちの多くは、Apple Watch のようなウェアラブル・ガジェットが、ゆっくりとスマートフォンを置き換え始めると予測しているが、その変化が急激に起こるとする、何人かの専門家もいる。
 
‘A smartphone in the hand, it’s really not that practical,’ said Rebecka Cedering Ångström from Ericsson ConsumerLab. ‘For example, not when one is driving a car or cooking. And there are many situations where display screens are not so good.
 
Ericsson ConsumerLab の Rebecka Cedering Ångström は、「手のひらを占有してしまうスマートフォンは、実際のところ、それほど実用的ではない」と述べている。たとえば、自動車を運転しているときや、調理をしているときに、それらは使いものにならない。それに加えて、液晶ディスプレイが、あまり適さないという、数多くの局面もあるのだ。
 
Therefore, one in two think that smartphones will belong to the past within five years,” ‘Things just go so fast now from the idea to the mass market. We have not studied the technology, this is just what consumers think.’
 
そして、彼女は、「スマートフォンが5年以内に消えていくと、二人に一人が考えるのは、前述のような背景があるからだろう。いまの時代、新しいデバイスに関するアイデアは、きわめて短時間でマス・マーケットに広まっていく。ただし、今回の調査は、テクノロジーを対象とするものではなく、消費者が考えにフォーカスするものだ」と述べている。
 
ーーーーー
mobile_55さて、さて、早くも登場してきた「スマホ滅亡論」ですが、あなたは、どう思います? ちなみに、この Metro UK のページには、読者アンケートもあったので、「スマホは消える」の方へ、Agile Cat は一票を投じてみました。 現時点(12/12)では、消えないが 78% で、消えるが 17% で、興味なしが 5% でした。 Agile Cat が、消えると考える理由は、半導体の集積率が凄まじい勢いで高まっていて、いまの最新スマホ(たとえば iPhone 6S や Nesux 6)の計算能力が、腕時計サイズの筐体に収まるまで、5年もあれば充分と思えるところにあります。 また、Google Now/Cortana/Siri などの、いわゆるパーソナル・アシスタントが洗練されてくれば、入力と制御に関する問題も解決されるでしょう。 ただ、文中にあるような、表示が不要という考えには、ちょっと賛成できません。 Agile Cat 的には、Google Glass のようなデバイスが良さそうに感じます。そこでは、視線追従による操作をサポートして欲しいですね。 それに加えて、スマート老眼鏡もサポートして欲しいです。下を向くにつれて、度数が上がるような、光学+センサーの技術があったら、もう 最高です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Qualcomm の 次期チップ・セット Snapdragon は、なんと 8GB RAM をサポートする?
Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!
Apple Watch の $100 ディスカウントが始まった: Ver 2 のリリースは、やはり3月なのか?
 

Comments Off on いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?

%d bloggers like this: