Agile Cat — in the cloud

Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか? それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Netflix, Research, Twitter by agilecat.cloud on August 26, 2015
August has been a brutal month for some tech stocks
Matt Rosoff – Aug. 25, 2015, 9:51 AM
http://www.businessinsider.com/tech-stocks-august-2015-8
 
_ Business Insider
 
Monday’s stock market bloodbath capped off what was already shaping up to be a difficult month for tech stocks.
 
この月曜日の株式市場は惨憺たるものであり、8月における一連のハイテク株に対して、後退の月という烙印を焼き付けるかたちで収束した。
 
Screen Shot 2015-08-26 at 2.08.23 AMStatista charted the biggest losers for us as of market close on Monday August 24 — which some are calling Black Monday due to the huge drop in shares across the globe.
 
Statista が作成したチャートは、Monday August 24 のマーケットが閉まった時点で、下げ幅の大きかったハイテク企業の状況を示すものとなっている。世界中の株価を暴落させた今回の出来事について、何人かの人々は Black Monday と表現している。
 
But Tuesday morning saw a huge rally underway, so a lot of these losses are already being erased — for instance, Netflix is up more than 7% a few minutes after the market opened.
 
しかし、火曜日の朝のマーケットは、継続して大幅に反発しているため、これらの損失の多くは、すでに回復されているようだ。たとえば、Netflix などは、マーケットがオープンした数分後に、7% 以上のアップを記録している。
 
20150825_tech_stocks_bi
Statista
 
ーーーーー
research_55株というものと、まったくご縁のない Agile_Cat ですが、これだけの騒ぎになると、やはり気になります。 こうしてチャートを眺めてみると(Twitter は別の事情を抱えているようですが)、グローバル展開が急速に進んでいる Netflix や、ビジネスにおける中国の比重が大きい LinkedIn と Apple が、株価を大きく下げていたという感じがします。 その点、他と比べて Google の下げ幅が小さいのですが、中国と戦い続けてきた成果と見るべきなのでしょうかね 🙂  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
Google と 中国政府の予定調和を分析する
 

Comments Off on Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか? それを示す1枚のチャート

Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Mobile, Research by Agile Cat on January 8, 2015

Apple Executives Apparently Think The Data Used To Measure Smartphone Market Share Is Garbage
http://wp.me/pwo1E-8aK
Jay Yarow – Dec. 23, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-executives-on-smartphone-market-share-2014-12

_ Business Insider

Since Apple started selling the iPhone, things have been pretty great for the company. The stock is at $112 today. When Apple announced the phone in 2007, the stock was at $12 (adjusted for stock splits).

Apple が iPhone を発売して以来、このプロダクトは同社に対して、素晴らしく貢献してきた。 今日(12/23)の Apple の株価は、$112 である。 そして、2007年に Apple が、このスマホについてアナウンスしたとき、その株価は $12(株式分割を換算)だったのだ。

AP
Apple CEO Tim Cook in an Apple Store

Apple’s revenue was $183 billion in fiscal 2014. Of that, $102 billion came from the iPhone. In fiscal 2007, revenue was $24 billion.

2014年の会計年度において、Apple の収益は $183 billion に達しているが、そのうちの $102 billion は iPhone から生じている。 また、同じく 2007年度の売上は、$24 billion に過ぎなかったのだ。

But there’s been one small nagging data point that’s not so great for Apple — smartphone market share. Apple has 11.7% of the smartphone market, according to IDC. Android has 84.4%.

しかし、Apple にとってネガティブであり、また、拭い切れないデータが1つだけある。 つまり、スマホに関する、マーケット・シェアのことである。 IDC によると、スマホ・マーケットにおける Apple のシェアが 11.7% であるのに対して、Android は 84.4% に達している。

Market share doesn’t matter, for the most part. Apple’s iPhone sales have continued to grow, even as it lost market share.

このマーケット・シェアは、ほとんどの場合において問題にならない。 Apple における iPhone の販売は、マーケット・シェアを失うにしても、成長を続けているのだ。

The only way that market share matters is if developers use it as guide post for their decisions. If you’re making software, you want as many people as possible exposed to your software. To do that, you would have to develop for Android, which has more users.

マーケット・シェアが意味を成すのは、デベロッパーたちが開発プラットフォームを決定する際のガイドとして、それを利用するときだけである。もし、あなたがソフトウェアを作成するなら、可能な限り多くの人々に、あなたのソフトウェアを使ってもらいたいはずだ。 そうしたいなら、より多くのユーザーを持つ Android のために、あなたは開発することになる。

If developers focused on Android, then Apple’s iPhone software, iOS, would become second-class. It would have weaker apps. As a weaker platform, it would be less attractive, and then the iPhone business would collapse.

デベロッパーたちが Android にフォーカスしてしまうと、Apple の iPhone ソフトウェアである iOS は、劣った扱いを受けることになる。 つまり、アプリのラインナップが弱体化してしまうのだ。 その結果、魅力のない弱いプラットフォームになり、iPhone ビジネスが崩壊するという流れに陥る。

BI Intelligence

But, that hasn’t happened. In part, it’s because Apple has more valuable users.

しかし、それは起こっていない。 なぜなら、それを補うものとして、Apple は価値を生み出すユーザーを抱えているからだ。

During the Black Friday shopping period, Adobe reported, "iOS users drove four times as much mobile sales revenue as Android users, 79 and 21 percent respectively."

Adobe のレポートによると、たとえばショッピング・シーズンの Black Friday において、「iOS ユーザーは Android ユーザーに対して 79% 対 21% という、4倍に相当するモバイル売上を達成している」ことになる。

In general, iPhone users are more engaged with apps, and more willing to pay for apps.

一般的に見て、iPhone ユーザーはアプリに対して強くコミットし、また、料金の払いっぷりが良いのだ。

As a result, developers have not bailed. They’ve done the opposite. They’re building for iOS first, and Android second, despite the market share disparity.

その結果として、デベロッパーたちは身動きせず、セオリーとは反対の行動を取っている。 つまり、マーケット・シェアに格差があるにもかかわらず、iOS ファースト、Android セカンドという順序でアプリを構築している。

Still!

でもね!!!

This market share thing remains a thorn in Apple’s side. People just don’t think the iPhone business can continue to succeed if its market share remains stalled. They view it as a long-term threat, despite Apple’s continued iPhone sales growth.

このマーケット・シェアという事象は、Apple にとって悩みの種として残り続ける。iPhone ビジネスのマーケット・シェアが低迷し続けるなら、その成功が継続すると、人々は思わなくなる。つまり、Apple における iPhone の売上が、このまま伸びるにしても、長期的な脅威としてマーケット・シェアを見ることになる。

It seems like the only way for Apple to fix this market share "problem" is to lower prices to sell more phones, but that would put pressure on Apple’s profits, which would hurt its stock. So, to these people, Apple is stuck between a rock and a hard place.

このマーケット・シェアの問題を Apple が修正するなら、iPhone の価格を下げて、販売台数を増やすことが、唯一の方法だと思える。しかし、それにより Apple の利益が圧迫され、さらには、株価に悪影響が出るだろう。したがって、この現象を危惧する人々からは、Apple が板挟みになっているように見えてしまう。

AP

Apple is not too thrilled with all of this debate. It hates that people fixate on its one weak point when so much else is going well.

Apple は、この種の議論を、抑えこもうとしている。そして、すべてが上手くいっているときに、そのような弱点を突っつく人々を嫌っている。

And, apparently, Apple executives think the data people are using for market share is junk.

そして、明らかに Apple 首脳陣は、人々が用いるマーケット・シェアというデータを、本気でクソだと思っている。

Buried in a Walt Mossberg column on Apple and Google is this tiny nugget, with our emphasis added: "In my conversations with Apple executives, they vehemently insist that market share isn’t — and won’t be — their goal, and even go so far as to say that most public market-share numbers are somehow off the mark, though they decline to explain how."

Apple と Google に関するコラムで、ちょっとだけ Walt Mossberg が触れている一文を、ボールドで強調してみた: 「Apple 首脳陣との会話において、彼らが猛烈に言い張っていたのは、マーケット・シェアは目標ではなく、今後も変わらないという見解である。さらに言えば、彼らの意見を聞く限り、パブリックなマーケット・シェアの数字は、何らかの点で不正確なものとなる。 しかし、その理由については、何も言っていない」

That’s all Mossberg says. There is nothing further on it.

Mossberg の発言は、これだけであり、他には何も言っていない。

But it would make sense for Apple to question the numbers. Apple is the only company that openly reports its smartphone sales. Every other company keeps that information private, forcing companies like IDC and Gartner to use their own imperfect methods to track smartphone shipments.

しかし、この種の数字について、Apple に質問することは、理にかなっている。なぜなら、Apple はスマホの販売量をレポートする、唯一の企業だからだ。その他の、すべての企業は数字を公表していない。そのため、IDC や Gartner といった調査会社が、不完全な方式ではあっても、それぞれのメーカーにおける、スマホ出荷量をトラッキングしているのだ。

Shipments do not equal sales through to consumers. Just ask Samsung, which has a built up inventory of the Galaxy S5. Shipments to consumers don’t necessarily mean usage.

出荷量というものは、消費者に届いたときの販売量とは、異なるものである。たとえば、Samsung に問い合わせても、製造された Galaxy S5 の在庫量が返ってくるだけである。つまり、消費者へ向けた出荷量が、必ずしも使用量を意味するわけではないのだ。

Unfortunately for Apple, there’s not much it can do. If it has evidence the numbers are wrong then it can present that data. But that gets complicated, especially since this is a relatively minor issue in the big picture. Apple tries to counterprogram this narrative when it talks about web usage, which shows Android and iOS even at this point.

Apple にとって残念なのは、それ以上のことが出来ないことだ。もし、この種のデータが間違っているという証拠があるなら、それを示すべきだ。しかし、それは、とても複雑ななものとなり、また、全体像と比較すると、マイナーな問題に過ぎない。それなのに Apple は、Web の利用について、そして Android と iOS の利用について、言葉を用いて状況を逆転させようとしている。

The best thing for Apple to do, though, is to keep doing what it’s been doing. It doesn’t get too hung up on market share data. It just sells expensive phones to millions of people. That leads to developers making great apps, and the share price soaring.

Apple にとってベストな方策は、これまで進めてきたことを維持していくことだ。ことさら、マーケット・シェアというデータに固執しないほうが良い。何百万もの人々に、高価なスマホを販売していくのだ。そうすれば、デベロッパーは素晴らしいアプリを作成し、それが株価の高騰につながるのだ。

ーーーーー

Jay Yarow さんは、かなり頭にキテいるという感じですね。 彼は、Business Insider におけるチャート・シリーズを確立させた人であり、ビジアライズされた数字は百言にも優るという考え方を、持っているはずなのです。 おそらく、同じような考え方のジャーナリストたちが、Apple 首脳陣に対して厳しい見方をしていくことになるでしょう。 一言でいって、「キジも鳴かずば撃たれまい」なのですが、先日の Mark Zukerberg の反発にもあるように、Apple のお偉いさんたちは、ちょっと余計なことを言い過ぎる傾向にあるようですね。 Agile Cat も、「人のふり見て我が身を正せ」で、いろいろと反省していきたいと思っています。 

ーーーーー

<関連>

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか?
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
Evernote 6 for Android により、モバイル・アプリの基準が変わる
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Comments Off on Apple 首脳陣は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている

Google の株価が、ついに $1000 を超えてしまった!

Posted in .Selected, Businesses, Google by Agile Cat on October 19, 2013

Google’s stock surges past $1,000 for the first time ever
http://wp.me/pwo1E-6Ng

By:
Kelly Hodgkins – October 18th, 2013
http://www.intomobile.com/2013/10/18/google-stock-surges-past-1000-first-time-ever/

_ into Mobile

Google is on a roll. Yesterday, the company announced strong quarterly earnings, and today its stock soared past the $1000 mark for the first time in the company’s history. Wall Street must be happy with what Google reported in its earnings for such a jump to occur.

Google は勝ち続ける。昨日のことだが、同社が発表した四半期決算は力強く、それを反映した今日の株価は続伸し、Google の歴史において初めて $1000 を記録するに至っている。 そして Wall Street は、Google の大躍進というレポートに、とても満足しているはずである。

It’s been a good year for Google stockholders, with Google’s stock rising 26% at the end of the trading day on Thursday. The stock has sat squarely in the $900 range for the past few months, but a 13% jump today pushed it over the $1,000 barrier. It is only the second S&P 500 stock to cross $1,000 this year. Priceline was the first when it broke $1,000 over the summer. In recent history, only a handful of stocks have passed this $1,000 milestone. These other $1,000+ stocks include Priceline, Seaboard and Berkshire Hathaway.

Google の株価は、木曜日の時点で、年初に対して 26% も上昇し、株主たちに素晴らしい一年を提示していた。そして、今日、この数ヶ月にわたって $900 を維持していた株価が、さらに 13% もジャンプ・アップし、ついに $1000 のカベを突破したのだ。S&P 500 において、$1000 を突破したのは、今年に入って、わずか二件しかない。その、もう一件とは、この夏の Priceline である。また、近年において、この $1000 ラインを超えた企業は、ほんの一握りに限られている。 具体的には、Priceline と、Seaboard と、Berkshire Hathaway となる。

Google’s market cap now sits comfortably in the $330 billion range, putting it right behind competitor Apple.  It pole vaulted well ahead of other rival Microsoft, which has a market cap of about $290 billion.

そして、Google の時価総額というと、現時点で $330 billion となり、ライバルである Apple の背後に位置することになった。 つまり、ライバルであり、時価総額が $290 billion である Microsoft を、一足飛びに追い越したことになる。

[Via Mashable]

ーーーーー

image28スゴイ勢いですね。 昨年末に経済誌である The Economist が、『 Battle of the internet giants – Survival of the biggest 』という記事を発表しました。それは、新たな IT 四強を定義しようという記事でもあり、Agile_Cat も 『 インターネットの怪物たちは、常識はずれのバトルを繰り広げる 』という抄訳をポストしています。Apple と、Google と、Amazon と、Facebook という、新しいリーダーたちは、どのような世界と経済を作り出していくのでしょうか? これから先が、とても楽しみです。image

ーーーーー

<関連>

クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
Facebook 革命は、なにをハードウェア産業に強いるのか
クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
そこの社長さん、これまでの やり方じゃ、企業向けソフトは売れませんよって!
Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔

 

Comments Off on Google の株価が、ついに $1000 を超えてしまった!

Facebook が Wall Street に愛される理由 : すでにモバイル・アドの 16% をゲット!

Posted in Advertising, Facebook, Mobile by Agile Cat on August 30, 2013

Here’s Why Wall Street Loves Facebook Again
http://wp.me/pwo1E-6y5
August 28, 2013 –
Peter Kafka
http://allthingsd.com/20130828/heres-why-wall-street-loves-facebook-again/

_ all things D

Why did Facebook climb back past its 2012 IPO price this summer, and why has the stock stayed up there?

なぜ、この夏に Facebook の株価は、2012年の IPO レベルを超えるにまで上昇し、なおかつ、そこに留まっているのだろうか

Easy. Because when Facebook announced its Q2 earnings in July, it made a strong case that it had figured out how to make money on mobile ads — which had previously looked like they might sink the company.

その答えはシンプルである。この 7月に Facebook が Q2 の決算を発表したとき、モバイル・アドから収益を上げる仕組みが、すでに考え出されているというパワフルな状況が示されたのである。なお、以前には、それ自体が、同社の勢いを削ぐかもしれないと、懸念されていたものである。

クリックで拡大 ⇒

And here’s what that argument looks like in chart form, via new numbers from eMarketer. The research company figures that Facebook is now on pace to control 16 percent of the mobile ad market this year. That’s up from 5.35 percent last year, and from a goose egg the previous year.

ここでは、eMarketer からグラフ形式で提供された、新しい数値を用いて論点を探っていく。この調査会社の計算によると、いまの Facebook は、今年のモバイル・アド市場の 16% をコントロールするペースで突き進んでいるようだ。そして、昨年は 5.35% であり、一昨年はというと 0% なのである。

Interesting to note that Facebook’s growth hasn’t come at Google’s expense — hard to displace those search ad dollars, and Google has recently started making money from YouTube mobile ads, too — or any of the other biggish mobile players, like Twitter or Pandora.

この Facebook の成長が、Google とは無関係に生じているという指摘が興味深い。つまり、モバイルでは、それらのサーチ・アドから収益を上げることが難しいのだ。そして、最近の Google は、YouTube モバイル・アドから収益を上げ始めている。それは、Twitter や Pandora といった、他の大手モバイル・プレーヤーにも言えることである。

More interesting ad projections here.

この、広告に関する詳細は ココに。

ーーーーー

imageこれから、さまざまなものがモバイルに集約され、また、それに付随して、広告の世界もモバイルに引き寄せられていきます。そして Facebook には、すべての情報のノードをリンクしていく、Open Graph というテクノロジーがあります。 よろしければ、以前にポストした 『 Facebook と Open Graph : 小売業が活用すべき理由 』という抄訳を ご覧ください。Image(221)

ーーーーー

<関連>

Facebook モバイル・アドの 高速突破力 : それを示す1枚のチャート
Facebook のハッシュ・タグは、いまのところ広告には開放されていない
モバイル・マーケティング 支出は 2015年 に $20B:米調査結果をチャートで!
モバイル広告 2013 予測 : GOe が 50% のシェアを維持し、FB は 333% 成長を達成
Pinterest が見えてきた : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!

 

Comments Off on Facebook が Wall Street に愛される理由 : すでにモバイル・アドの 16% をゲット!

チャートで見比べる : Windows の各バージョンと Microsoft の株価

Posted in .Selected, Microsoft, Research by Agile Cat on February 1, 2013

This Chart Must Be Utterly Brutal For Microsoft Executives To Look At
http://wp.me/pwo1E-5AT
Nicholas Carlson | Jan. 29, 2013
http://www.businessinsider.com/windows-release-doesnt-spike-msft-2013-1

_ Business Insider

It used to be that Microsoft would release a new version of Windows and both its sales and stock price would spike. No longer.

Microsoft が Windows の新バージョンをリリースすると、売上と株価の双方がピークを迎えるというのは、過去の話である。もはや、時代は変わった。

Reuters blog "The Knowledge Effect" put together an incredible series of charts showing how this trend.

Reuters のブログである "The Knowledge Effect" が、このトレンドを示す一連のチャートを、とても上手くまとめ上げた。

It must be brutal to look at if you are a Microsoft executive or shareholder:

あなたが、Microsoft の役員であったり、株主であったりするなら、かなり厳しい現実を突きつけられる:

ーーーーー

TAG indexこのチャートの脚注を見ると、それぞれの新バージョンが出てから 1年間の、Microsoft の株価の推移を示しているようです。1990年代と 2000年代以降の間には、かなり明確な違いがありますが、何かの偶然があるのか、それとも必然があるのか、そのあたりが気になります。

以下、私見となりますが・・・

Agile_Cat の場合に限ると、OS バージョン不感症になっていると思われます。 Windows 7 + Mac OS 10.68 + iOS 5 + Android 2.3 というのが、いまのラインナップでして、アップデートしても良いのですが、そのための時間がモッタイナイというのが正直なところなのです。

OS  のアップデートよりは、ブラウザや、Evernote や、DropBox のアップデートのほうが重要ですし、WordPress や Facebook の使い方を覚えるほうが、作業の効率化につながるのです。 ひょっとすると、そんな雰囲気が、世界中に蔓延しているのかと、ついつい考えさせられてしまう、このチャートです。image

ーーーーー

<関連>

iOS アプリ 調査 : No.1 は Facebook だ!
2012年 Q4 スマホ 市場調査 : iOS と Android が全体の 92% を占有
Facebook が 検索 と PV で 二冠を 達成 : 2012年のアメリカ市場
Gartner の IaaS マーケット論評 : その 15 社とは?
PaaS をリードする : Top-10 プロバイダー とは?

Comments Off on チャートで見比べる : Windows の各バージョンと Microsoft の株価

%d bloggers like this: