Agile Cat — in the cloud

考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Posted in .Chronicle, Apple, Businesses, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on February 13, 2016
APPLE: THE WORST-CASE SCENARIO — 2016
Jim Edwards – Feb 7, 2016
http://uk.businessinsider.com/apple-the-worst-case-scenario-2016-2
 
_ Business Insider
 
Apple just booked its biggest ever quarter, with revenues of $76 billion (£52.4 billion). Profits were $18.4 billion — the most of any company, ever.
 
Apple は、その歴史において、最大の売上である $76 billion (£52.4 billion) を計上して、直近の四半期決算をクローズした。その、 $18.4 billion  という利益も、あらゆる企業の中で最高のものである。
 
apple deathMike Nudelman
Business Insider
 
It also sold 74.7 million iPhones — another record. The company could not be in better shape.
 
また、7,470万台の iPhone を販売したことも、もう一つの記録となる。同社にとって、これ以上の成果はあり得ないだろう。
 
And yet Apple is a troubled beast:
 
それなのに Apple は、猛獣のような問題を抱えている:
 
 
  • APPL の投資家たちは、この12ヶ月の間に、株価が $133 から $96へ下降するという、28% の損失を味わっている。
  • CEO である Tim Cook は、直近の収支報告において、iPhone の販売量が減少傾向にあることを認めている。
  • その四半期の iPhone は、ある国を除いて、すべてのグローバル市場でシェアを失っている
  • その他の主力プロダクツである、iPad や Mac なども、すでに衰退傾向にある
  • そして、Wall Street のアナリストたちは、これから登場する iPhone 7 が、このトゲを抜けるのかどうかと、不安げに見守っている。Raymond James の  Tavis C. McCourt と Mike Koban は、「2017年も成長すると予測しているが、重要な iPhone 7 が大成功を収めるとは思っていない」と、最近のステートメントで述べている。
 
 The fear is that Apple is at its peak, and the only way from here is down.
 
いまの Apple が、ピークに達しており、あとは下るのみという、恐怖が存在する。
 
Of course, only idiots bet against Apple. The company has a history of confounding its critics by emerging from brief troughs with renewed growth and exciting products. (Just look what didn’t happen the last time we examined the worst-case scenario for Apple!)
 
Apple にのめり込むことは、もちろん避けるべきである。同社は、新たな成長分野と、興奮を伴う製品により、谷底から這い上がることで、批判を逃れていくという歴史を有している。(前回の危機において、Apple に最悪のシナリオが生じなかったことを、思い出すべきなのだろう!)
 
Nonetheless, it’s worth asking: What would happen to Apple if everything that can go wrong does go wrong? Here’s the worst-case scenario.
 
それにもかかわらず、すべてが上手くいかない場合に、何が Apple に起こるのかと、問いかけることは、意味のあることだ。それが、ここで言う、最悪のシナリオである。
 
ーーーーー
appleこの記事は、おそらく、投資家を対象としたものなのでしょう。 とは言え、懸念される不安材料は、いずれも事実であり、たとえばアプリ・デベロッパーにとっては、とても心配な材料になるはずです。 そして、デバイスと平行して機能する、パワフルなクラウド・サービスを、Apple が作れていないことが、最大の論点になるという見方もあります。 先週に、GoPro の問題を指摘する抄訳をポストしましたが、Apple が大きな GoPro なのか、GoPro が小さな Apple なのかという、かなり飛躍した対比が頭をよぎってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on 考えたくもない、Apple にとっての 最悪のシナリオ – 2016 編

Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Posted in .Selected, Apple, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 10, 2016
Apple can’t keep relying on the iPhone forever — it needs a new hit
Matt Rosoff – Jan. 26, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-needs-a-hit-2016-1
 
_ Business Insider
 
When will Apple release a new product that makes people excited?
 
Apple が、次の新製品をリリースするとき、人々は熱狂するだろうか?
 
Apple Store NYOn Tuesday’s earnings call, Apple CEO Tim Cook spent an unusual amount of time blaming macroeconomic conditions for the company’s middling performance.
 
火曜日の収支報告において、Apple CEO の Tim Cook は、同社に平凡なパーフォーマンスをもたらしたマクロ経済を非難するために、異常とも思える時間を費やした。
 
He blamed economic downturns in important geographic areas:
 
彼は、重要とされる地域における、経済の減速に対して不満を述べている:
 
Major markets including Brazil, Russia, Japan, Canada, Southeast Asia, Australia, Turkey, and the Eurozone have been impacted by slowing economic growth, falling commodity prices, and weakening prices.
 
Brazil/Russia/Japan/Canada/Southeast Asia/Australia/Turkey/Eurozone などを含む主要マーケットが、経済の減速/物価の下落/株価の低落などの影響を受けている。
 
He blamed weakening currencies in a lot of countries, which make Apple products more expensive there:
 
彼は、Apple 製品をさらに高額にしてしまう、それらの国々の通貨の弱さも批判している:
 
Since the end of fiscal 2014, for instance, the Euro and British Pound are down double-digits, and major currencies such as the Canadian Dollar, Australian Dollar, Mexican Peso, and Turkish Lira have declined 20 percent or more. The Brazilian Real is down more than 40 percent, and the Russian Ruble has declined more than 50 percent. Two-thirds of Apple’s revenue is now generated outside the United States, so foreign currency fluctuations have a very meaningful impact on our results.
 
2014年の会計年度の終わり以来、たとえば Euro と British Pound は、二桁も下落している。そして、Canadian Dollar/Australian Dollar/Mexican Peso/Turkish Lira といった主要通貨は、20% 以上も下落している。さらに言うなら、Brazilian Real は 40% 以上の、Russian Ruble は 50% 以上も下げている。Apple の売上における 2/3 は、United States 国外から生じるため、こうした為替の変動が、業績に非常に大きな影響をおよぼしている。
 
He even alluded to falling oil prices in the answer to a question about whether Apple would keep investing in China and other markets at the same pace:
 
さらに彼は、これまでと同じペースで、China などのマーケットへ投資を継続していくのかという質問に対して、原油価格の下落に言及することで回答としている。
 
And finally, even in the markets where today, grantedly, it looks fairly bleak — from Russia and Brazil and some of the other economies that are very much tied to oil based economies — we do believe that this too shall pass, and that these countries will be great places, and we want to serve customers in there.
 
結論として、今日におけるそれらのマーケットが、不調であることに疑いの余地はない。Russia と Brazil や、いくつかの国々の経済は、きわめて原油価格と連動しているのだ。言うまでもなく、私たちの決算は合格点をクリアしている。そして、それらの国々は、素晴らしいマーケットであり、そこのユーザーたちにサービスを提供したいと考えている。
 
(Read the full transcript here.)
 
But there’s a more obvious problem, too: Apple hasn’t had a new hit product since the iPad in 2010.
 
しかし、マクロ経済よりも、大きな問題があるのも明らかだ。つまり、Apple は、2010年の iPad 以来、ヒット商品を出していないのだ。
 
iPad Chart
BI Intelligence
 
And that product, which was supposed to be the third leg of the stool for Apple’s long-term growth — alongside the Mac and the iPhone — has been shrinking like crazy. Unit sales have dropped every single quarter for the last two years. Apple released the iPad Pro in November, but it didn’t stop the slide at all.
 
しかも、Apple の長期的な成長を達成するために、Mac と iPhone と並んで三本柱の一角を構成するはずだった iPad は、その規模を急激に縮小している。その販売台数は、これまでの 2年間において、すべての四半期決算でマイナス成長を記している。そこで Apple は、2015年11月に iPad Pro リリースしたが、この地滑り的な凋落を、まったく止めることができていない
 
The decline of the iPad could’ve been overlooked as long as the iPhone juggernaut kept churning. But Apple may finally be topping out there, too:
 
この iPad の低落だが、iPhone の絶対的なパワーが続いている間は、無視しても良かったのかもしれない。しかし、ついに Apple は、それが許されない状況に追い込まれたのだろう。
 
iPhone Chart
BI Intelligence
 
On the call, Cook acknowledged what many analysts had already predicted — that iPhone sales “will decline” in the March quarter.
 
この収支報告会において Cook は、2015年3月期の iPhone がマイナス成長になるという、数多くのアナリストたちが示した予測を認めている。
 
Maybe the iPhone 7 will be a monster hit and rescue Apple again, like the iPhone 6 did the last time Apple was in this kind of doldrums.
 
iPhone 7 がモンスター・ヒットとなり、再び Apple を救うのかもしれない。つまり、iPhone 6 の再来となるわけだ。
 
But I’m skeptical. The iPhone 6 met pent-up customer demand for a phone with a larger screen. Apple looked at Samsung’s success selling phones with larger screens, wisely cast aside Steve Jobs’ former ruling that the iPhone’s 4-inch screen was perfect, and boom — sales took off.
 
しかし、私は懐疑的である。iPhone 6 は、大型スクリーンのスマフォを求めるユーザーたちの、鬱積した不満を解消するものだったのだ。つまり、Steve Jobs が言っていた 4-inch iPhone 最強説から離れ、Samsung の大型スクリーン戦略を賢明にも追いかけることで、Apple の売上は急上昇したのだ。
 
Where’s the unmet demand this time? What are people buying from competitors that Apple doesn’t offer?
 
需要を満たすプロダクトがなければ、いったいどうなるのか? Apple が提供しない何かを、競合する他社から購入するのは、どのような人なのか?
 
This is the maturity of the smartphone market. When everybody who can afford a smartphone has one, nobody — not even Apple — will be able to speed up the natural replacement cycle of every two or three years.
 
その答えは、スマフォ・マーケットの成熟度と密接に関連する。つまり、スマフォ・ユーザーたちは、必ず買い替えの時期を迎えるのだが、その 2年〜3年という自然なサイクルを速める人は皆無なのである。そして、常に Apple が選ばれるとは限らないのだ。
 
By the way, Mac sales also went negative for the first time since mid-2013:
 
ところで、Mac の売上も、2013年から好調とは言えない状況が続いている:
 
Mac Chart
BI Intelligence
 
So what’s next?
 
The Apple Watch is not the hit Apple needed. Apple didn’t release sales figures for it, except to say that December was its best quarter ever, but the anecdotal evidence is pretty overwhelming. I live and work in the geekiest, most gadget-obsessed city in the US, but I never see anybody wearing an Apple Watch.
 
Apple Watch は、同社が必要とするヒット作になっていない。過去最高だった、2015年 Q4 を除いて、その売上に関する数字は公開されていないが、いくつかの逸話が不調を伝えている。私は、ギークたちに囲まれる人生をおくっているが、US のガジェット好きな街々で、誰かが Apple Watch を身に着けているという姿を見たことがないのだ。
 
It may take off eventually as a link between a bunch of connected devices — the iPod was a slow-grower at first, too — but it’s going to take awhile. Until Apple releases sales figures, we won’t know.
 
このプロダクトだが、接続された各種デバイス間のリンクとして、いずれは離陸していくのだろう。ただし、iPod の出だしが低調だったのと同様に、しばらくは時間がかかるだろう。いずれにせよ、Apple が売上について情報を提供するまで、その実態については、誰も知ることはできないのだ。
 
Same thing with Apple TV: nice product, slowly growing sales every quarter, but not particularly material to earnings. It’s lumped with the Watch and Beats headphones in the “Other” category, which delivered $4.3 billion in revenue out of Apple’s $75.9 billion in total.
 
Apple TV も、似たような状況にある。 このプロダクトもニッチなものであり、ゆっくりと四半期セールスを成長させているが、収益の構成要素として、とりわけ重要なものとも思えない。Apple は Watch だけではなく、Beats ヘッドフォンにも注力している。このプロダクトは、収支上では “Other” に分離されるものであり、Apple の総売上である $75.9 billion とは別に、$4.3 billion を計上している。
 
So what’s the next big thing? Cook hinted that cloud services might be the area of investment for Apple:
 
そうなると、次の大型クロダクトは、何になるのか? Apple にとって、投資のエリアはクラウド・サービスになるだろうと、Cook は示唆している。
 
In terms of our future plans, I wouldn’t want to comment about any particular thing, but obviously with breaking this out, we wouldn’t be breaking it out if it wasn’t an area that was very important to us in the future.
 
私たちの将来計画という観点で、特定のことについて、コメントしたいとは思わないが、何かが必ず立ち上がる。それが、私たちの将来にとって、それほど重要ではないエリアだとするなら、それに取り組むこともないだろう。
 
He could be alluding to Apple’s long-rumored streaming TV service, which could offer smaller bundles of TV channels that people really want for a cheaper price than cable TV. But Apple needs to finish signing the necessary content deals, or maybe buy a big media company like Time Warner. The future of TV may be coming, and Apple may deliver it, but it’s not here yet.
 
彼は、以前からウワサになっている、Apple TV ストリーミング・サービスを示唆したいのかもしれない。それは、ケーブル TV よりも細かく分類されたチャネルを、より安価で提供するものとされている。しかし、コンテント提供のための契約を進めるのか、Time Warner のような大手メディアを買収するのかという、大きな仕事が Apple に要求される。未来の TV は登場するだろうし、それを Apple も提供するだろうが、いまの段階で具体化している話ではない。
 
Plus, Apple’s record with services is bad. Apple Maps still isn’t as good as Google Maps. Siri works right about half the time. Also, iCloud is confoundingly frustrating — I just had a problem updating my iPhone software because my iCloud storage was full to capacity and they wanted me to buy more. I wasn’t even aware I’d turned it on. And Apple Music is a buggy mess.
 
それに加えて、Apple のサービスに、優れたものが存在しないという問題がある。依然として Apple Maps は、Google Maps ほどの使い勝手に達していない。Siri が正しく動くのは、ほぼ二回に一回という具合だ。また、iCloud の混乱には、イライラさせられる。私のケースだと、iCloud ストレージの容量が一杯で、iPhone のソフトウェア更新に問題を抱えているが、もっと容量を購入しろと言われている。さらに言うなら、交信を始めるまで、私は容量不足に気づいていなかった。 また、Apple Music は、バグの固まりである。
 
So I’m not convinced that Apple has the chops to deliver a world-changing online service — it never has. Great hardware, occasionally brilliant software, an unparalleled retail experience. But online services? Not so much.
 
したがって、世界を変えるオンライン・サービスを提供するだけの才覚が、Apple にあると思えないのだ。 率直に言うと、持っていないのだ。 素晴らしいハードウェアと、いつも輝いているソフトウェア、そして、比類のないリテール・エクスペリエンスはあるのだが、オンライン・サービスはというと、それほどのものでもない。
 
Tim Cook and Steve JobsFlickr
thetaxhaven
 
Apple CEO Tim Cook with executive Eddy Cue, who oversees software and services like Apple Music, Apple Pay, iCloud, Apple Maps, and Siri.
 
Apple では、CEO である Tim Cook と、Executive である Eddy Cue が、Apple Music/Apple Pay/iCloud/Apple Maps/Siri といった、ソフトウェア&サービスを監督している。
 
Don’t get me wrong: Apple is not in trouble. It just posted the biggest quarterly profit of any company in history. It has more than $200 billion in cash and investments sitting on its balance sheet. More than 1 billion Apple devices are being actively used right now, and Apple can theoretically sell services and downloads to all of them. It will continue to iterate on its existing hit products, particularly the iPhone, to keep people upgrading every two or three releases.
 
誤解しないで欲しいが、Apple がトラブルに陥っているという話ではない。同社は、四半期ごとの利益として、その歴史におけるベストを叩きだしたところである。そして、バランス・シートには、$200 billion 以上のキャッシュと、各種の投資が記載されている。また、10億台以上の Apple デバイスが、現時点で実際に使用されており、論理的に考えるなら、それらすべてのデバイスへ向けて、Apple はサービスを販売し、また、ダウンロードさせることが可能なのだ。さらに言うなら、これまでのヒット商品を、とりわけ iPhone を、2年〜3年のサイクルで繰り返して販売し、ユーザーのアップグレードに対応していくことも可能なのだ。
 
But for a company to keep growing at the rate Apple grew during the last decade, it can’t just keep reworking the same old classics. It has to deliver new hits, too.
 
しかし、これまでの 10年間と同じスピードで、Apple が成長し続けていくためには、昔からのクラシックなプロダクツを、作り直すだけでは足らない。つまり、新たなヒット作を、提供する必要があるのだ。
 
SEE ALSO: Apple CEO Tim Cook: It’s time to invest ‘confidently’
 
ーーーーー
appleこの記事を訳しながら、「Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?」という、2012年11月のポストを思い出していました。この記事は、ソーシャルとしての Twitter というより、Web テクノロジー企業としての Twitter を、買収すべきだと主張するものであり、とても論理的なソリューションを示しているのです。いまの Twitter は、株価がボロボロですから、もう一度、考えても良いのではと、思ってしまいます。 話は飛びますが、先週にポストした「Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!」という抄訳は、Apple Insider に掲載された記事を訳したものなのです。Apple シンパのメディアも、訴えたい何かを持っていることの、現れだと思えてきます。Satya Nadella のような、若くて有能なトップが、Apple にも登場すると良いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Research by agilecat.cloud on February 3, 2016
Alphabet passes Apple as most valuable firm after hours
Ari Levy – Feb 1, 2016
http://www.cnbc.com/2016/02/01/google-passes-apple-as-most-valuable-company.htms
 
_CNBC
 
Google parent Alphabet was set to pass Apple as the most valuable company in the world on Tuesday. At Monday’s after-hours levels (which technically reflect an indication, but not the real-world value), Alphabet’s market cap would roughly be $570 billion, eclipsing Apple’s current market cap of about $535 billion.
 
この火曜日 (2/2) のことだが、Google の親会社である Alphabet が、世界で最も価値のある企業の座を、Apple から奪い取ることになった。 月曜日の時間外取引において(あるシステム内の指標であり、現実の価値を反映したものでない)、Alphabet の時価総額が約 $570 billion に至り、Apple の $535 billion を覆い隠したのだ。
 
Google CampusWikipedia
 
The last time Google was more valuable than Apple was in February 2010, when both companies were worth less than $200 billion. At the time, Apple had yet to release its first iPad, the newest iPhone on the market was the 3GS, and the Mac was the company’s biggest product line, accounting for one-third of revenue. Steve Jobs was still at the helm.
 
この資産価値の比較で、前回に Google が Apple を上回ったのは、2010年2月 のことであり、両社の評価額は $200 billion に至っていなかった。その当時の Apple は、iPad のデビューに邁進しており、マーケットに提供されている iPhone は 3GS という状況だった。 そして、稼ぎ頭である Mac が、収益の 1/3 を占め、Steve Jobs が実権を握っているという時代であった。
 
Google was being guided by Eric Schmidt, who would hand control back to co-founder Larry Page the following year. The company was a little more than half its current size.
 
Google の方はというと、Eric Schmidt が率いている状況であり(その後に、Co-Founder である Larry Page に、トップの座が戻されることになった)、その規模も現在の半分ほどのものであった。
 
Aple vs Google .JPGClick to Large >>>
Apple vs. Alphabet
Chart source: FactSet
 
Apple and Google actually flip-flopped multiple times between 2008 and early 2010, before Apple went on a historic tear, jumping from $180 billion in value to over $650 billion in September 2012. At that point, the two companies were separated by over $400 billion. In 2011, Apple passed Exxon to become the world’s most valuable company.
 
2008年 から 2010年の初頭にかけて、Apple と Google のポジションは、何度も入れ替わってきた。 しかし、当時で $180 billion と評価されていた Apple は、iPhone が歴史的な成長を達成したことで、2012年9月に $650 billion に至り、両社の差は $400 billion 以上に開くことになった。 なお、2011年に Apple は Exxon を追い抜き、最も価値のある企業の座を手に入れている。
 
It’s hard to believe that Google was the more valuable company from the time of its IPO in 2004 until April 2008. Then iPhone madness began.
 
2004年に IPO に至った Google が、2008年4月の時点で Apple を上回っていたというのは、いまとなってみれば信じがたいことである。 そして、その後に、iPhone の怒涛の快進撃が始まったのだ。
 
Google’s latest rise versus Apple began in July. From that point through the end of 2015, its shares soared 44 percent, while Apple’s sank 16 percent.
 
そして、昨年の 7月ころから、Google が Apple を猛追し始めた。その時点から、2015年の終わりまでの間で、Google の株価は 44% も上昇したが、Apple は 16% を失っている。
 
Apple’s main problem is its reliance on the iPhone, which now accounts for two-thirds of revenue. It’s a massive business, but sales in the fiscal first quarter increased only 1 percent from a year earlier, while iPad and Mac revenue dropped. Investors are concerned that unless Apple changes course and decides to compete with lower cost Android manufacturers on price, the iPhone’s best days are in the past.
 
いまの Apple にとっては、収益の 2/3 以上を iPhone だけに依存していることが、大きな問題となっている。もちろん、それはビッグ・ビジネスであるが、2015年 Q4 の売上はというと、前年比で 1% の成長に留まり、また、iPad と Mac の収益は低下しているのだ。そして、Apple が方針を変更し、低コスト Android のメーカーたちと、価格面で競争しないかぎり、iPhone の栄光が過去のものになると、投資家たちは懸念しているだ。
 
Meanwhile, Google is convincing investors that in the transition from Web to mobile it will maintain its dominance. According to eMarketer, Google is poised to capture 32 percent of the mobile ad market this year and next, staying well ahead of Facebook, which is around 20 percent. The company generates so much profit from its digital ad business that it can invest in all sorts of potential growth areas, namely autonomous driving and extending life.
 
その一方で Google は、Web から Mobile へと、その優位性を移行させるという点で、投資家たちの理解を得ている。eMarketer によると、今年から来年にかけて Google は、モバイル・アド市場で 32% のシェアを獲得するための、態勢を整えているようだ。 つまり、20% 前後といわれる Facebook に対して、かなり先行していることになる。周知のとおり、Google はデジタル・アド事業から、膨大な利益を生み出している。そして、それにより、自律走行車やヘルスケアといった、あらゆる成長分野への投資を可能にしているのだ。
 
ーーーーー
research_55これには、驚きましたね! Apple の調子が良くないことは、各種のメディアから報道されていましたが、こんなに Alphabet/Google が伸びているとは、まったく気づきませんでした。 昨年に、「Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った」と、「Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page」という抄訳を続けてポストしましたが、ビジネスの多角化と、Sundar Pichai への権限譲渡などが、安定した成長を達成する要素として評価されているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけという状況チャートで!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するというウワサ が!
 

Comments Off on Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

Apple の 10年を振り返る: 売上/利益/時価総額 の成長を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Research, Weekend by agilecat.cloud on November 7, 2015
What a Difference 10 Years Make
Felix Richter – October 28th, 2015
http://www.statista.com/chart/3924/apple-in-2005-and-2015/
 
_ Statista
 
When Apple reported its fourth quarter earnings on Tuesday, the company made history. Over the past 12 month, the Cupertino-based maker of the iPhone recorded a net profit of $53.4 billion, more than any other company in corporate history had made in a single year.
 
この火曜日 (10/27) に、Apple が発表した 2015年 Q4 決算 (7月〜9月) は、同社の歴史に新たなページを加えるものになった。 この、iPhone を擁する Cupertino のメーカーは、2015年9月までの 12ヶ月間で、$53.4 billion という純利益を計上した。それは、あらゆる企業の歴史において、単年度で計上された最大の利益である。
 
apple_in_2005_and_2015_nClick to Large >>>
 
This chart shows Apple’s revenue, net income, market capitalization and brand value in 2005 and 2015.
 
 The previous record of $45.2 billion was set by ExxonMobil in 2008, when tech companies such as Apple could only dream of matching the profits of big oil corporations.
 
これまでの記録は、2008年に Exxon Mobil が記録した $45.2 billion であった。そして、Apple のようなテック・カンパニーが、大手石油会社の利益に追いつくのは、単なる夢と思われていたのだ。
 
Apple’s growth over the past decade, largely fueled by the blockbuster success of the iPhone, has been truly remarkable. As our chart illustrates, the company’s profits have increased more than 40-fold since 2005, helping Apple to become the biggest brand and the most valuable company on the planet.
 
大ヒットの iPhone に支えられてきた、この 10年における Apple の成長は、驚嘆に値するものだ。このチャートが示すように、いまの Apple の利益は、2005年の 40倍以上に増加している。つまり、iPhone が Apple を支えたことで、この地球上で最大のブランドであり、最も価値のある企業が誕生したのだ。
 
ーーーーー
weekendApple の 2005年は、iPod Nano が発売された年です。そして、翌年には Mac に Intel プロセッサが搭載されています。iPhone が登場したのは、翌々年の 2007年ですから、このチャートが示す 41倍の純利益というのも、なんとなく頷ける成長率です。つまり、2005年の Apple は、それほど儲かっている企業ではなかったのです。 そして、iPhone の売上が爆発的に伸びたことで、2010年には Microsoft を抜いて、最大の売上を誇る企業となったわけです。ただ、いまの Apple には、iPhone 以外のプロダクトが、なかなか育ってこないという悩みがあります。 Apple Watch のようなデバイスになるのか? Apple Music や Apple Pay といったサービスになるのか? いずれにしても、Apple には、未来を見せてくれる企業でいて欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アゼン! ボーゼン! iPhone が Apple にもたらした利益
iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす
Apple の Web サイト 1996 – 2012 を振り返る
グラフィカルな年表で、Apple の歴史を どうぞ
FORTUNE の Jobs 特集
Apple や Microsoft や Google は、何故に莫大なキャッシュを貯めこむのか?
 

Comments Off on Apple の 10年を振り返る: 売上/利益/時価総額 の成長を1枚のチャートで!

Apple の 宇宙船:ドローンを使って撮影した、HD ビデオが入荷しました!

Posted in Apple, Weekend by agilecat.cloud on March 22, 2015
Here’s a new photo of the futuristic ‘spaceship’ HQ Apple is building
Rob Price – Mar. 12, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-campus-2-photo-march-spaceship-2015-3
 
Business-Insider.png
 
Apple is spending an estimated $5 billion (£3.3 billion) on its new headquarters. Officially called Apple Campus 2, its futuristic circular design has had the 176-acre campus nicknamed the “spaceship.”
 
Apple だが、その 新しい HQ に、約 $5 billion (£3.3 billion) を費やすと推定されている。 正式な名称は Apple Campus 2 であるが、176-acre (71万平米) の敷地に建てられる、その未来から来たような円形デザインの建屋は、宇宙船という愛称で呼ばれている。
 
The building isn’t due to be completed until the end of 2016, but a new photo released by the Cupertino company reveals it’s coming along well, 9to5Mac reports.
 
9to5Mac によると、そのビルディングが完成するのは、早くても 2016年末である。しかし、この Cupertino の会社がリリースした新しい写真によると、工事は順調に進んでいるようだ。
 
Apple Campus 2Take a look: Apple
 
Once complete, the Spaceship will house 12,000 employees. And Apple isn’t scrimping on the details: It’s spending $161 million (£107 million) on the auditorium alone, so its executives can practice their legendary keynote presentations in total secrecy.
 
そして、宇宙船が完成すると、12000人の従業員が収容される。また、Apple は、細部においても大盤振る舞いするようだ。つまり、同社の幹部たちは、伝説的なこけら落としになるはずのキーノートを、完全な秘密が保たれた講堂で練習できるのだが、そこだけでも $161 million (£107 million) が費やされるという
 
Want to see more?  Here’s HD drone footage of Apple Campus 2, taken at the start of March: Apple Campus 2 March Update in 4k.
 
見せるものが、もっと有るだろうって? そうだね。 この 3月の初めに、Apple Campus 2 の上空に、HD カメラを搭載したドローンを飛ばしているんだ: Apple Campus 2 March Update in 4k.
 
NOW WATCH: Steve Jobs’ biographer says the Apple Watch makes perfect sense
 
ーーーーー
weekendそうですよね! ドローンという手がありますよね!  面白いので、何度も見てしまいましたが、その完成予想図のイメージがなければ、なんかのスタジアムとしか思えない大きさです。 Apple Store の HQ 店も、この宇宙船に引っ越すのでしょうか?  その窓越しに、まんまるの中庭を覗けるのでしょうか? ぜひ、そうなって欲しいですね!_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Steve Jobs の オフィスは、あの日から 誰も触れずに、そのまま 残されている
Apple の宇宙船だが、その離陸が 2016 年に延期されるらしい
Apple の宇宙船型オフィスの名前は 無限ループ?
Facebook が 新 HQ を建設 : グリーン と エコ がテーマ?
 

Comments Off on Apple の 宇宙船:ドローンを使って撮影した、HD ビデオが入荷しました!

Steve Jobs の オフィスは、あの日から 誰も触れずに、そのまま 残されている

Posted in .Chronicle, Apple, Weekend by agilecat.cloud on February 22, 2015
Steve Jobs’ desk at Apple hasn’t been touched since his death
Jillian D’Onfro – Feb. 17, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-left-steve-jobs-office-exactly-the-way-it-was-2015-2
 
_ Business Insider
 
Steve Jobs’ legacy lives on at Apple in a very physical way: The company has left his top-floor, corner office completely untouched since his death. His name is still on the door. The inside hasn’t been changed.
 
Steve Jobs の名残りは、とても物理的な方法で護られている。 つまり、最上階の角にあった彼のオフィスは、あの日から手付かずの状態で残されているのだ。 もちろん、彼の名札はドアに付けられたままであり、その内側にも、誰も手を触れていない。
 
Steve JobsThe detail surfaced in an in-depth New Yorker profile of Apple designer Jony Ive. Ive and Jobs worked together extremely closely.
 
この件に関する詳細が、Apple のデザイナーである Jony Ive の、New Yorker プロファイルに登場したのだ。Ive と Jobs は、とても密接に働いていたという。
 
Jobs’ office, in One Infinite Loop, connected to Ive’s lab, in Two Infinite Loop, via a covered corridor. Those were the only two buildings on Apple’s campus connected that way.
 
One Infinite Loop の Jobs のオフィスと、Two Infinite Loop の Ive のラボは、屋根のある渡り廊下でつながれている。 Apple のキャンパスで、このように接続している建物は、他にはない。
 
The two were also very close friends. When Ive spoke at Jobs’ memorial service in late 2011, he called his former boss his closest and most loyal friend.
 
また、二人は、とても親しい友人同士でもあった。 2011年の終わりころの、Jobs の追悼式において Ive は、この尊敬する元上司を、最も親しい友人とも表現していた。
 
CEO Tim Cook also referenced Jobs’ unchanged office in an interview with Charlie Rose last year, in which he also said he still thought about Jobs every day. “He is in my heart,” Cook said. “His spirit will always be at the foundation of the company.”
 
CEO である Tim Cook も、昨年の Charlie Rose のインタビューで、誰も手を触れない Jobs のオフィスについて言及していた。そして、いまでも、Jobs のことを毎日、考えていると述べていた。 さらに Cook は、「彼は、私の心の中に生きている。 彼のスピリットは、常に Apple の基本であり続けている」と発言していた。
 
SEE ALSO:  Tim Cook may have been hinting at an Apple car last year
 
ーーーーー
weekend久々の、Jobs に関するトピックです。 あれから、すでに三年が経っているのですね。たしか、iPhone 4S がデビューした秋でしたから、iPhone 自身も、その後に 5/5S/6 へと姿を変えているわけです。 そう言えば、、、 Agile Cat の周辺にいる、熱烈な Apple ファンというより Jobs ファンで、いまだに iPhone 4S を使っている人たちのことを思い出しました。 彼らにとっては、それが Jobs の iPhone なのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
FORTUNE の Jobs 特集
訃報 – Steve Jobs 氏 逝く
Steve Jobs のアルバムを二点 ・・・
Xmas イブだから、リメンバー Steve Jobs
Steve Jobs 伝記が、Amazon の 2011年ベストセラーに
Disney の CEO に、つまらん映画ばかりだと文句を言っていた Jobs
 

Comments Off on Steve Jobs の オフィスは、あの日から 誰も触れずに、そのまま 残されている

Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!

Posted in Asia, Mobile, Research, Xiaomi by Agile Cat on January 21, 2015

China’s Biggest Smartphone Maker Tripled Its Phone Sales Last Year
http://wp.me/pwo1E-8dD
Dave Smith – Jan. 5, 2015
http://www.businessinsider.com/chart-xiaomi-exploded-in-2014-2015-1

_ Business Insider

Xiaomi has successfully targeted the low-end of the smartphone market: China’s biggest smartphone maker says it tripled its smartphone sales in 2014, selling more than 61 million phones. CEO Lei Jun says this contributed to more than $12 billion in revenue for the year.

Xiaomi はローエンド・スマホ市場を、首尾よくターゲットにしている。つまり、この China で最大のスマホ・メーカーは、2014年に 61 million 台以上のデバイスを販売し、前年比で三倍という成長を達成したと述べているのだ。 CEO である Lei Jun は、それにより年間の売上が、$12 billion を超えたと発言している。

_  space

BI Intelligence

Based on data charted for us by BI Intelligence, Xiaomi sold 17 million smartphones in the fourth quarter — an impressive jump of 233% year-over-year. For the full year, its 61 million smartphone shipments was a 227% jump from the 18.7 million units it shipped in 2013.

BI Intelligence がチャートにしたデータを見ると、Xiaomi は 2014年 Q4 に、17 million 台のスマホを販売している。 つまり、前年同期に対して、233% という、凄まじい成長率を示している。1年間を通じて見ると、61 million という出荷台数は、2013年の 18.7 million に対して、227% のジャンプアップとなる。

Xiaomi raised $1.1 billion in late December, and is now valued at $45 billion.

Xiaomi は、この 12月下旬に $1.1 billion を調達し、その評価額は $45 billion とされている。

ーーーーー

まるで誰かさんみたいに、Xiaomi の CEO である Lei Jun には、黒いシャツとジーンズがよく似合います。 そして、デバイスの販売においては、インターネットを活用する方式で、独自のスタイルを確立しています。 たとえば、インドネシアで1万台を40秒で売り切ったとか、インドでは4万台を4.5秒でとか、そんなふうに場所と台数を絞り込んで、ネットの話題をさらっていきます。その一方では、驚いたことに、中国国外の Xiaomi ユーザー・プロファイルを、シンガポールとアメリカのデータセンターに、さっさと移してしまいました。 それは、中国からグローバルを目指す企業として、実施すべき行動なのです。 そして、もちろん、Android とはいっても、AOSP の Android を採用し、Google からの影響力を排除した、独自のプラットフォームを有しています。 そんなこんなで、打つべき手を着実に打っていく、とても切れのよい新しいリーダーとして、認められているようです。 なんというか、アジアのお嬢さんたちが、シワシワの Tim Cook よりは、若くてスタイリッシュな Lei Jun にキャーとなり、その結果として Xiaomi がバンバン売れていくという、そんな光景が脳裏を横切ってしまうのです。

ーーーーー

<関連>

Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Apple と China Telecom:中国人ユーザーのデータは、中国本土の DC へ
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

 

Comments Off on Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!

あれっ? iPhone 6 の説明が 8分で終わりって記録ですよね? 歴代のモデルとチャートで比べてみる

Posted in Apple, Mobile, Research by Agile Cat on September 11, 2014

CHART: Apple Introduced The iPhone 6 In Record Time
http://wp.me/pwo1E-7QB

Dave Smith – Sep. 9, 2014, 4:22 PM
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-apple-introduced-the-iphone-6-in-record-time-2014-9

_ Business Insider

At each new iPhone announcement since 2007, Apple has taken time during its presentation to build up hype for the device before finally unveiling it to the public. For instance, based on previous iPhone announcement data we found on Quartz, Apple’s then-CEO Steve Jobs took about 30 minutes to set up the iPhone, discussing what it could actually do, before finally unveiling it to the crowd.

2007年から始まった、それぞれの iPhone の発表において、Apple は最終的なかたちを見せる前に、かなりの時間をプレゼンテーションに割き、新しいデバイスへの期待感を煽ってきた。 たとえば Quartz に掲載されている、これまでの iPhone アナウンスメントに関するチャートをベースにすると、当時の Apple CEO であった Steve Jobs は、それぞれの iPhone を定義するために平均で 30分ほどを要し、聴衆へ向けて実際に何ができるのかを説明してきた。

Dave Smith
Business Insider

For Tuesday’s announcement of the iPhone 6 and iPhone 6 Plus, however, Apple broke all its own records when it lifted the veil on both handsets just 8 minutes into the presentation. Perhaps it’s because most people had seen the iPhone by that point, or perhaps it’s because Apple needed to allot enough time to introduce its first wearable device, the Apple Watch.

しかし、この火曜日に行われたプレゼンテーションにおいて、Apple は iPhone 6 と iPhone 6 Plus のベールを、わずか 8分間で開き切ってしまい、これまでの歴史の中で最短となる記録を樹立したのだ。おそらく、その時点で大半の人々が、新しい iPhone を知っていたからなのだろう。 さもなければ、最初のウェアラブル・デバイスである Apple Watch の紹介に、十分な時間を割り当てたかったのかもしれない。

On average, Apple has spent 44 minutes during its product announcements before actually announcing the new iPhone — the average is skewed by the monstrous wait times for the iPhone 3G and iPhone 3GS (those poor attendees probably wanted a bathroom break), but over the last three years, that average has dipped to about 18 minutes, as Apple is spending more time discussing its other products, technologies, and services.

これまでの Apple は、新しい iPhone の説明を終えるまでに、アベレージで 44分を費やし、その背景などを説明してきた。ただし、この平均値は、iPhone 3G と iPhone 3GS のときの、とてつもなく長い説明時間により偏ったものとなっている(かわいそうな聴衆は、トイレに行きたかったはずだ)。そして、最近の 3年間を眺めてみると、Apple が他のプロダクト/テクノロジー/サービスの説明に、より多くの時間を費やすにつれて、iPhone の説明は平均で 18分にまで短縮されている。

ーーーーー

今年は、Apple Watch があったので、こんなに短い時間で終わってしまったのでしょうが、発売が来年ということなら、もう少し iPhone について話しても良かったのかもしれませんね。 とは言え、その背景には、スマホ・テクノロジーの飽和という現実があるため、これまでのような、たくさんの説明が不要になったのかもしれません。 インドでは、iPhone 6 発表の前日に、40000台の Xiaomi Redmi 1S が、わずか 4.5秒で完売したそうです。おそらく、このプロダクト・カテゴリは、よりコモディティなものへ向かって、急加速してくのでしょう。

ーーーーー

<関連>

Apple Watch に 似合いそうな、11種類のアプリとは?
iPhone 6/A8 Processor/Apple Pay/Apple Watch 速報
iOS 8 が実現するアプリ連携は、まるでマジックのようだ : Tester は語る
China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?
iPhone 6 のデビュー予測: その週末の売上は、5年連続で記録を更新するだろう

Comments Off on あれっ? iPhone 6 の説明が 8分で終わりって記録ですよね? 歴代のモデルとチャートで比べてみる

%d bloggers like this: