Agile Cat — in the cloud

Facebook 国勢調査 2013 : 中国とインドを抜いて 2016 年には 世界のトップか?

Posted in .Selected, Facebook, Research, Social by Agile Cat on February 25, 2013

Facebook may be the largest “country” on earth by 2016
http://wp.me/pwo1E-5Gy

February 5th, 2013 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2013/02/05/facebook-2016/

_ pingdom

Facebook overtook the United States as the third largest “country” three years ago, and in September 2012 Facebook announced that it passed the one billion user mark.

Facebook は 3年前に United States を追い越し、世界で 3番目の大国となり、また、2012年 9月には、ユーザー数が 10億人を超えたとアナウンスしている。

imageChina and India are currently the two most populous countries in the world. But can Facebook  become the largest “country” on earth and when will it happened? We think we have the answer.

言うまでもなく、現時点で最大の人口を持つ国は China と India である。しかし、Facebook は、この地球上における最大の国になれるのだろうか? そして、それは、いつ頃に起こるのだろうか? 私たちは、その答えを持っていると思う。

Facebook has grown 77% yearly

Facebook has had an enormous growth over the past five years, ballooning from 58 million users in late 2007 to 1 billion users today. That is the equivalent to a yearly increase of a mind-blowing 77%!

2007年末は 58 million であった Facebook の人口だが、これまでの 5年にわたって急速に増大し、今日では 1 billion を数えるに至っている。 つまり、その間の成長率は、77%/年という、素晴らしいものとなっている!

クリックで拡大 ⇒

In comparison with the world population, which currently stands at about 7 billion, the number of Facebook users may seem small. But we think you may change your mind when you look at this chart.

その一方で、世界の総人口は 約 7 billion であり、それと比べると、Facebook のユーザー数は小さく見えると思う。 しかし、このチャートを一目見ると、あなたの考えも変わるだろう。

Here are some of the more interesting numbers:

以下に、より興味深い数字を並べる:

  • Currently there are around 2.4 billion Internet users in the world.
  • At the end of 2012, 41.6% of  Internet users where also Facebook users. In 2007, that number was only 4.4%
  • Facebook penetration worldwide was 14% at the end of 2012, up from 5.3% in 2009.
  • At the end of 2012 Facebook had 1 billion users; that’s the equivalent of 135% of the population of Europe.
  • 現時点で、世界のインターネット総人口は、約 2.4 billion を数える。
  • 2012年末の時点で、 インターネット人口の 41.6% が Facebook ユーザーであるが、2007年には 4.4% に過ぎなかった。
  • 世界の総人口と Facebook ユーザー数を比較すると、2012年は 14% の浸透率だが、2009年は 5.3% だった。
  • 2010年末に、Facebook のユーザー数は 1 billion に達したが、 それは Europe 人口の 135% に相当する。

Facebook passing China and India

Can Facebook keep on growing at this speed for years to come? And when will there be more Facebook users than population in either China or India, whichever is the largest country by population at the time?

はたして Facebook は、これからの数年間も、このスピードで成長し続けられるのだろうか? そして China と India の、どちらが最大人口の国であっても、いつ になったら Facebook のユーザー数が、そのレベルを超えていくのだろうか?

The short answer: Facebook could be the biggest “country” on earth in just a few years.

一言でいうと、数年後には、Facebook は世界で最大の国になるだろう。

クリックで拡大 ⇒

As you can see, we made two different projections. The first projection is based on a model that assumes Facebook to have a yearly growth rate that declines by 10% per year. For the other projection, we were a bit more cautious and assumed a growth of 6% per year. That may seem high, but Facebook increased its user base by 18% in 2012 alone.

ここで確認できるように、私たちは 2つの異なる予測を立てた。 最初の予測は、Facebook の年間成長率が 10% まで低下するという、モデルに基づいたものとなる。 もう1つの予測は、さらに慎重に考え、年間成長率を 6% にまで引き下げている。それでも、大胆な予測と思うかもしれないが、Facebook は2012年だけで、18% もユーザー・ベースを増やしている。

Can this happen?

There are certainly signs, which indicate that Facebook can grow at this pace.

このペースで、Facebook が成長していくという、明らかな徴候がある。

The main one is that Facebook has a low penetration rate in large parts of the world. For example, in Africa, India and Russia, Facebook is only used by about 5% of the population. As the Internet penetration rate rises in these regions, the Facebook penetration may follow.

最大の要因は、この世界の広大な地域において、Facebook の浸透率が、まだ低いという事実である。 たとえば、Africa/India/Russia といった地域では、その人口に対する Facebook ユーザー数は、わずか 5% 程度である。 それらの地域で、インターネットの浸透率が上昇すれば、Facebook ユーザー数も情報するだろう。

Also, Facebook is still blocked in China. If this changes in the future, the world’s largest online market opens up to Facebook.

さらに、Facebook は China でブロックされ続けている。 もし、将来において、この状況が変化するなら、世界最大のオンライン・マーケットが、Facebook に対して開かれることになる。

So by 2016, the largest “country” in the world may be publicly listed, but not a member of the United Nations.

したがって、この国は 2016年までに、世界で最大の「国」としては認知されるだろうが、それを United Nations が認めることもないだろう。

Sources: Facebook, ITU, Population Reference Bureau, World Bank.

ーーーーー

image昨年9月の『 Facebook が 10億人に届きそう : 新規ユーザーは何処から? 』というポストでは ーーー Facebook は、すべての地域でユーザー数を伸ばしているが、そのレートは均一なものではない。 いまの Facebook において、最大の成長率を誇るマーケットは、明らかに Asia と South America である。 この両者を合わせると、この1年における Facebook の成長の、62.5% をも占めることになる ーーー と説明されています。そして、このところの、インドとブラジルでの成長が著しいとしています。 もし、中国でも Facebook が解禁されたら、いったい、どうなるのでしょうかね? image

ーーーーー

<関連>

Facebook は Windows 8 アプリに言及せず、Microsoft は FB に訊けと言う
Facebook の本が出る:Zuck の姉さん Randi が書き手だ

Facebook が目指すのは、FB フォンではなく、FB チップなのだ!
iOS アプリ 調査 : No.1 は Facebook だ!
Facebook の偽アカウント対策は、どうなっているのか?

 

Comments Off on Facebook 国勢調査 2013 : 中国とインドを抜いて 2016 年には 世界のトップか?

LOVE iPad な国、世界の Top-10

Posted in Apple, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on June 2, 2012

The 10 most iPad-friendly countries in the world
http://wp.me/pwo1E-4gX

May 16th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/05/16/the-10-most-ipad-friendly-countries-in-the-world/

_ pingdom

Do you live in a country that loves Apple’s iPad? Most of us probably think we do, but we wanted to be able to tell you for sure. So even though we have written about the iPad many times before, it’s now time for us to tackle this hotly contested topic again. Read on to find out, which countries are the most iPad-friendly. Perhaps you live in one of them.

あなたは、LOVE Apple iPad な国に住んでいるだろうか?大半の人々が、そうだと思っているだろうが、私たちも真実を明らかにしたいと考えていた。これまでの、iPad については、何度となく書いてきたが、このホットなトピックに、いまこそ取り組むべきである。最も iPad が好まれる国を確認するための、以下を読んで欲しい。 おそらく、あなたの住む国も、見つかるはずだ。

The most iPad-friendly countries

clip_image001To answer the question of which countries are the most iPad-friendly, we used web-browsing data from StatCounter, which is based on visitor stats from more than three million sites (see further details at the end of the article). StatCounter includes the iPad in its operating system stats, so we get a good indication of the iPad’s popularity.

最も iPad と好む国という問に答えるために、StatCounterにおける Web ブラウジング・データを用いた。 それは、300万以上のサイトにおける、ビジターの統計値に基づいたものだ(この記事の末尾で、詳細な情報を提供している)。 StatCounter の OS 統計データには iPad が含まれるため、そこから iPad の人気を探ることが可能だ。

What we found was that the top 10 iPad-friendly countries are: Singapore, Brunei, Angola, Nigeria, Australia, Kuwait, United Kingdom, Netherlands, Bahamas, and Hong Kong.

そして、好む国 Top-10 として見出されたのは、Singapore、Brunei、Angola、Nigeria、Australia、Kuwait、United Kingdom、Netherlands、Bahamas、Hong Kongである。

As you can see, Singapore is in the lead, with just over 7% of desktop web browsing traffic in the country. Brunei and Angola follow close behind with just under 6%. Clearly, in these countries, as in many others, the iPad is having quite an impact.

このチャートで確認されるように、Singapore における全体的なWeb ブラウジングの、7% 以上が iPad からのトラフィックであり、このレースをリードしている。それに続く Brunei と Angola は、6% 弱という比率になる。 明らかに、これらの国々では、その他との比較において、iPad が大きな影響をもたらしている。

The most iPad-friendly regions

That was the top 10 countries in the world, which are iPad-friendly in the sense that the population there browse the web a lot with Apple’s tablet. But what does it look like if we apply this to a map of the entire world?

これらの Top-10 の国々は、Apple のタブレットを用いて Web ブラウジングを行うという意味で、iPad フレンドリーな国々である。 そして、このデータを世界地図に当てはめると、どのように見えるだろう?

Then we see Oceania in a clear lead when it comes to iPad usage, closely followed by North America, Europe, and then Asia. Worldwide, the iPad accounted for 2.22% of all desktop web traffic.

Oceania がリードしている状況が、ハッキリとしてくる。その後に、North America、Europe、Asia が続く。 そして、全世界をみると、iPad は全 Web トラフィックの 2.22%を占めている。

Interestingly enough, although no countries in North America make it onto the top 10 list, as a region it scores a rather respectable 3.36%.

こので興味深いのは、North America の国々が Top-10 から漏れてはいも、ひとつの地域として 3.36% という、相当量のパーセンテージを得ていることである。

And in case you were curious, Android tablets accounted for 0.33% of worldwide desktop browsing.

そして、あなたも気になるだろうが、Android タブレットの統計データを見ると、全世界で 0.33% という値になる。

What mark will the new iPad leave?

There you have it, how iPad-friendly countries around the world are. This doesn’t say anything about how popular the new iPad is though, something that would be interesting to know.

ここまで、LOVE iPad な国々が、地球上の何処に位置するのかを見てきた。 しかし、新しい iPad の、人気の秘密については何も語っていない。 それも、誰もがく興味をもつ点である。

Granted, it’s now only a couple of months since Apple released its third-generation iPad, but it may cause bloat on the web.

たしかに、Apple が第 3世代の iPad をリリースしてから、まだ 2ヵ月が過ぎただけだが、大きな影響を Web にもたらしているようだ。

If you have an iPad, do you find that you use it a lot to browse the web?

あなたが iPad を持っているとして、それを Web ブラウズのために、頻繁に使用しているだろうか?

About the data: We looked at desktop OS market share data from StatCounter, which is based on visitor stats from more than three million websites. StatCounter reports iPad web traffic as “iOS” in the operating system category. To get up-to-date numbers, we focused on the month of May, 2012. You can see all our data here.

Flags of Angola, Australia, and Nigeria, as well as flags of countries in Asia and Europe, and top picture via Shutterstock.

ーーーーー

TAG indexStatCounter の統計値は、PC と Mobile を切り分けて算出されています。 そのため、文中では「全 Web ブラウジング」と意訳していますが、それらは全 PC の意味であり、そこに iPad が含まれていると解釈しています。 右のチャートは、comScore の「iPad は Windows から、どれだけのインターネット・トラフィックを奪い取るのか?」というレポートからのものであり、こちらでは iPad と iPhone を合算しているように見えます。 よろしければ、ご参照ください。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iPad の 1st ~ 3rd で、どのように使い方が変化しているのか?
PC という用語は、もはや Personal Cloud と解釈すべきだ !
モバイル BaaS って何だ? Appcelerator による Cocoafish 買収から探ってみよう
Android は、いつになったら 10億台に届くのか?
U.S. Air Force 様、iPad 2 x 18,000 台の ご契約を有難うございます

Comments Off on LOVE iPad な国、世界の Top-10

1秒間に8人のユーザーが増えていくインターネットの世界

Posted in .Selected, Asia, Research, Web Scale by Agile Cat on February 22, 2012

Almost 8 new Internet users added worldwide every second (infographic)
http://wp.me/pwo1E-3WB
February 16th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/02/16/almost-8-new-internet-users-added-worldwide-every-second-infographic/

By some measures, more than 7 billion people now inhabit the world, and more than a third of us are on the Internet. But how many Internet users are added each day, each week, or each minute? We think we have a pretty good idea.

いくつかの統計によると、いまの世界には 70億人以上の人々が暮らしているが、その 1/3 以上はインターネットの住民でもある。 それにしても、どれくらいのペースで、インターネット・ユーザーは毎週/毎日/毎分に増えているのだろうか? それについて、ゴキゲンなアイデアを見つけたのだ。

We relied on InternetWorldStats.com as our source for how many people worldwide are online as well as the world’s population. Its latest figures are from December 31, 2011, and show that 2,267,233,742 people are on the Internet worldwide, meaning an Internet penetration of 32.7%. The previous number published by Internet World Stats, from March 2011, said 2,095,006,005 people worldwide were on the Internet.

私たちは、世界のオンライン人口だけではなく、実際の人口についても、そのソースとして InternetWorldStats.com を活用した。 その、最新の数値は 2011年12月31日のものであり、インターネットの世界に 2,267,233,742人の人々が居住し、また、32.7% の Internet 浸透率を示している。それ以前に Internet World Stats から発表された数値は 2011年3月のもので、2,095,006,005人のインターネット人口を示している。

Let’s break the number of new Internet users down. In total, 172,227,737 people started using the Internet from March to December 2011. This breaks down as follows:

ここから、新規のインターネット・ユーザー数を分析していこう。2011年の 3月から 12月の間に、全体で 172,227,737人の人々がインターネットを使い始めた。そこからの分析結果は、以下のとおりである:

  • 19,136,415 – Per month.
  • 4,784,103 – Per week.
  • 683,443 – Per day.
  • 28,476 – Per hour.
  • 474 – Per minute.
  • 7.9 – Per second.

That’s almost 8 new people coming onto the Internet every second – that’s pretty amazing.

なんと、1秒間に 約8人の、新しいインターネット・ユーザーが誕生しているという、素晴らしい結果が得られた。

It’s clear where the potential is

To say that this is just the beginning though is an understatement. If you look at the Internet penetration numbers for the different parts of the world, you can clearly see where the growth is going to come from. North America is probably approaching saturation with 78.5% Internet penetration, and Europe and Oceania/Australia are not too far behind. The situation in Africa and Asia, however, is different, with only 13.5% and 26.2% Internet penetration respectively.

この分析は、まだ始めたばかりのものであるが、なかなかだと思う。 そして、これからインターネット人口が増大する、地球上のエリアが気になるなら、その場所も分かってくる。 North America の浸透率は、78.5% いう飽和点に近いところにあり、Europe/Oceania/Australia も大差ない。 しかし、Africa と Asia の状況は異なる。それぞれが、たった 13.5% と 26.2% という、インターネット普及率にある。

Imagine, when a bigger percentage of the huge populations of China and India come online, for example.

たとえば、China と India の膨大な人口の、相当数がオンラインに接続されるときを想像して欲しい。

ーーーーー

TAG indexもう、2年以上前になりますが、「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という記事を翻訳しました。そのときに実感したのが、アジアにおけるインターネット・ユーザーのパワーです。そして、東シナ海と南シナ海を結び、世界最大のトラフィックを誇ることになる、Southeast Asia Japan Cable(SJC)という、超弩級の海底ケーブルの存在を知りました。今回の、Pingdom の記事でも裏打ちされた、アジアの潜在性に期待したいですね。いったい、8人のインターネット・ユーザーうち、何人のがアジアから誕生しているのでしょう? 考えるだけで、ワクワクしてきます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google Chrome のシェアが、年末には 50% に到達する?
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/1月
2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく
この 3年間で、インターネット上での攻撃が 2000% も増えている
世界のブロードバンド・ユーザー数が 6億人に達した

 

Comments Off on 1秒間に8人のユーザーが増えていくインターネットの世界

2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく

Posted in Research, Web Scale by Agile Cat on February 6, 2012

Internet 2011 in numbers
http://wp.me/pwo1E-3Tq
January 17th, 2012 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2012/01/17/internet-2011-in-numbers/

_ pingdom

So what happened with the Internet in 2011? How many email accounts were there in the world in 2011? How many websites? How much did the most expensive domain name cost? How many photos were hosted on Facebook? How many videos were viewed to YouTube?

そして、2011年のインターネットには、何が起こったのだろう? いったい、この 2011年には、どれだけの電子メール・アカウントがあったのか? いくつの Web サイトがあったのか? 最も高額で取引されたドメイン名は、いくらだったのだろうか? そして、何枚の写真が、Facebook 上にホストされたのか? どれだけのビデオが、YouTube で再生されたのだろう?

We’ve got answers to these questions and many more. A veritable smorgasbord of numbers, statistics and data lies in front of you. Using a variety of sources we’ve compiled what we think are some of the more interesting numbers that describe the Internet in 2011.

すでに、私たちは、こうした疑問について、予測した以上の答えを得ている。 あらゆる数値/統計/データを取り混ぜた、正真正銘のごった煮を提供したい。 そこで編纂された各種のソースを利用して、何を私たちが認識したかといえば、2011年におけるインターネットを、いくつかの興味深い数字が表現していることだ。

ーーーーー 以下のイメージは、クリックで拡大します ーーーーー

Email
  • 3.146 billion – Number of email accounts worldwide.
  • 27.6% – Microsoft Outlook was the most popular email client.
  • 19% – Percentage of spam emails delivered to corporate email inboxes despite spam filters.
  • 112 – Number of emails sent and received per day by the average corporate user.
  • 71% – Percentage of worldwide email traffic that was spam (November 2011).
  • 360 million – Total number of Hotmail users (largest email service in the world).
  • $44.25 – The estimated return on $1 invested in email marketing in 2011.
  • 40 – Years since the first email was sent, in 1971.
  • 0.39% – Percentage of email that was malicious (November 2011).
Websites
  • 555 million – Number of websites (December 2011).
  • 300 million – Added websites in 2011.
Web servers
  • 239.1% – Growth in the number of Apache websites in 2011.
  • 68.7% – Growth in the number of IIS websites in 2011.
  • 34.4% – Growth in the number of NGINX websites in 2011.
  • 80.9% – Growth in the number of Google websites in 2011.

Domain names

  • 95.5 million – Number of .com domain names at the end of 2011.
  • 13.8 million – Number of .net domain names at the end of 2011.
  • 9.3 million – Number of .org domains names at the end of 2011.
  • 7.6 million – Number of .info domain names at the end of 2011.
  • 2.1 million – Number of .biz domain names at the end of 2011.
  • 220 million – Number of registered domain names (Q3, 2011).
  • 86.9 million – Number of country code top-level domains (.CN, .UK, .DE, etc.) (Q3, 2011).
  • 324 – Number of top-level domains.
  • 28% – Market share for BIND, the number one DNS server type.
  • $2.6 million – The price for social.com, the most expensive domain name sold in 2011.
Internet users
  • 2.1 billion – Internet users worldwide.
  • 922.2 million – Internet users in Asia.
  • 476.2 million – Internet users in Europe.
  • 271.1 million – Internet users in North America.
  • 215.9 million – Internet users in Latin America / Caribbean.
  • 118.6 million – Internet users in Africa.
  • 68.6 million – Internet users in the Middle East.
  • 21.3 million – Internet users in Oceania / Australia.
  • 45% – Share of Internet users under the age of 25.
  • 485 million – Number of Internet users in China, more than any other country in the world.
  • 36.3% – Internet penetration in China.
  • 591 million – Number of fixed (wired) broadband subscriptions worldwide.

Social media

  • 800+ million – Number of users on Facebook by the end of 2011.
  • 200 million – Number of users added to Facebook during 2011.
  • 350 million – Number of Facebook users that log in to the service using their mobile phone.
  • 225 million – Number of Twitter accounts.
  • 100 million – Number of active Twitter users in 2011.
  • 18.1 million – People following Lady Gaga. Twitter’s most popular user.
  • 250 million – Number of tweets per day (October 2011).
  • 1 – #egypt was the number one hashtag on Twitter.
  • 8,868 – Number of tweets per second in August for the MTV Video Music Awards.
  • $50,000 – The amount raised for charity by the most retweeted tweet of 2011.
  • 39 million – The number of Tumblr blogs by the end of 2011.
  • 70 million – Total number of WordPress blogs by the end of 2011.
  • 1 billion – The number of messages sent with WhatsApp during one day (October 2011).
  • 2.6 billion – Worldwide IM accounts.
  • 2.4 billion – Social networking accounts worldwide.
Web browsers
Mobile
Videos
  • 1 trillion – The number of video playbacks on YouTube.
  • 140 – The number of YouTube video playbacks per person on Earth.
  • 48 hours – The amount of video uploaded to YouTube every minute.
  • 1 – The most viewed video on YouTube during 2011 was Rebecka Black’s “Friday.”
  • 82.5% – Percentage of the U.S. Internet audience that viewed video online.
  • 76.4% – YouTube’s share of the U.S. video website market (December 2011).
  • 4,189,214 – Number of new users on Vimeo.
  • 201.4 billion – Number of videos viewed online per month (October 2011).
  • 88.3 billion – Videos viewed per month on Google sites, incl. YouTube (October 2011).
  • 43% – Share of all worldwide video views delivered by Google sites, incl. YouTube.
Images
  • 14 million – Number of Instagram accounts created during 2011.
  • 60 – The average number of photos uploaded per second to Instagram.
  • 100 billion – Estimated number of photos on Facebook by mid-2011.
  • 51 million – Total number of registered users on Flickr.
  • 4.5 million – Number of photos uploaded to Flickr each day.
  • 6 billion – Photos hosted on Flickr (August 2011).
  • 1 – Apple iPhone 4 is the most popular camera on Flickr.
What’s in store for 2012?

For 2012, there’s every reason to think that the Internet, by any measure, will keep growing. As we put more of our personal as well as professional lives online, we will come to rely on the Internet in ways we could hardly imagine before. For better or worse, the Internet is now a critical component in almost everything we do.

それにしても、インターネットが 2012年も継続して成長していくと、私たちが確信できる、すべての理由がある。 私たちの個人的な生活に加えて、ビジネスのプロフェッショナルたちもオンライン化されるにつれて、以前には想像できなかった方法で、インターネットに依存するようになるだろう。 良きにつけ悪しきにつけ、私たちの大半の行為において、インターネットは重要な要素になっている。

We will be back again early next year to wrap up 2012. In the meantime, you may also want to check out our annual summaries for 2008, 2009, and 2010.

来年早々には、2012年を取りまとめを行うだろう。 その一方で、2008年、2009年、2010年に関する、各年度の概要をチェックして欲しい。

ーーーーー

TAG indexどの項目を見ても、なかなか興味深い数字が並んでいますね。 Agile_Cat 的には、インターネット・ユーザー数の拡大と、ソーシャル・メディアと広がりに、どうしても目がいってしまいますが、みなさんは如何でしょう? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

世界のブロードバンド・ユーザー数が 6億人に達した
さらなる クラウド M&A が押し寄せる
この 3年間で、インターネット上での攻撃が 2000% も増えている
とっても ラブラブな Linux と Big Data
IaaS はコスト削減ではなく、アジリティの増大に寄与する

 

Comments Off on 2011年のインターネットを、数字を用いて検証していく

%d bloggers like this: