Agile Cat — in the cloud

iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 13, 2016
Apple’s App Store purge is long overdue — here’s why
Jeff Dunn – Sep. 2, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-app-store-new-policy-remove-old-apps-2016-9
 
_ Statista
 
Apple’s ready to cleanse the App Store. The iPhone maker on Thursday announced that it will soon start to remove apps that “no longer function as intended, don’t follow current review guidelines, or outdated.” In other words, it’s taking out the trash.
 
Apple は、App Store の大掃除の準備を整えている。9月1日のことだが、この iPhone のメーカーは、「もはや意図したとおりに機能していない」、「現在のレビューガイドライン従っていない」、「すでに時代遅れになっている」アプリを、削除し始めることになると発表した。言い換えるなら、ゴミを捨てる作業である。
 
zombie_apps_biClick to Large >>> 
 
Statista
 
This chart from Statista should show why Apple feels compelled to make such a move. Citing data from app analytics firm Adjust, it shows that the number of “zombie” apps — i.e., ones that can only be found by directly searching for them — in the App Store has risen astronomically over the past three years. This year, those invisible apps make up about 90% of the Store as a whole. Getting rid of those should please users and developers alike.
 
この Statista によるチャートは、Apple の行動が必然だと感じられる理由が示されている。アプリ分析会社である Adjust のデータが引用すると、ダイレクトな検索だけにより見つかる、膨大な数のゾンビ・アプリが見えてくる。App Store では、そのようなアプリが、この 3年間で天文学的に増大しているのだ。そして、2016年の時点では、それらの、ユーザーに相手にされないアプリが、全体の 90% ほどを占めている。今回の Apple の表明は、ユーザーとデベロッパーにとって、好ましいものとなるだろう。
 
ーーーーー
appleiPhone と Android が競い合っていたころは、それぞれのプラットフォーム上に提供されるアプリの数も、人気を計る指標となっていましたが、もはや、そのような時期も過ぎたのでしょう。この、Apple の大掃除は、理にかなった行動だと思います。Google Play も、同じように整理して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on iOS の App Store はゴミだらけ? ついに Apple が大掃除を決断!

なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Google, Network, Research by agilecat.cloud on September 9, 2016
Here’s why Google sees a huge opportunity to bring super-fast internet access to you
Matt Rosoff – Aug. 5, 2016
http://www.businessinsider.com/fiber-access-as-percentage-of-total-broadband-by-country-2016-8
 
_ Statista
 
Google’s parent company Alphabet has an audacious plan to bring super-fast fiber-based internet access to a lot more of the United States.
 
Google の親会社である Alphabet は、US の多くの地域において、超高速ファイバ・ベースのインターネット・アクセスを展開するという、大胆な計画を有している。
 
And there’s certainly room for improvement.
 
たしかに、そこには、改善の余地が存在する。
 
fiberClick to Large >>>
 
 
Statista
 
As this chart from Statista shows, the U.S. lags way behind most other developed countries when it comes to fiber broadband. Part of the problem is simply that the U.S. is much geographically larger and more spread out than any of these countries, which creates logistical challenges when it comes to running fiber to every home. But Alphabet’s Access and Energy group also believes that the cable and telco companies who dominate internet access today have no particular incentive to build fiber out any faster, as most Americans have been stuck with one or two local providers.
 
この、Statista によるチャートが示すように、ファイバ・ブロードバンドの視点で見ると、先進国の中で US は遅れを取っている。すべての家庭にファイバで接続するという事業を展開する上で、US 固有の問題として挙げられるのは、はるかに地理的に広く、都市部が拡散しているという現実である。しかし、いまの US でインターネット・アクセスを支配しているケーブル TV やテレコムには、より高速な光ファイバを構築するための、特別なインセンティブが無いと、Alphabet の Access and Energy グループは確信している。つまり、その結果として、1社〜2社のローカル・プロバイダーに、ユーザーは依存せざるを得ないと捉えているのだ。
 
ーーーーー
google_fiberresearch_55このポストは、Google Fiber が期待される背景である、米国におけるファイバ・ネットワークの問題を指摘するものです。たしかに、面積が広くて都市部が拡散している米国よりも、領土が狭くて密度が高いヨーロッパやアジアの方が、ファイバ事業は展開しやすいのでしょう。ただし、その一方では、ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代に成りつつあります。こうしたテクノロジーとファイバの住み分けも、これからは重要になっていくでしょう。とは言え、こんなにもファイバ・サブスクリプション(FTTH/FTTP/FTTB )が浸透している、日本のインターネット・ユーザーは幸せですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Fiber:ピアリングに課金しないのは、それが Win Win Win モデルだからだ
アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
 

Comments Off on なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Asia, Baidu, Google, Research by agilecat.cloud on August 24, 2016
Google Rules The West, Baidu Top In China
Martin Armstrong – Aug 11, 2016
https://www.statista.com/chart/5472/google-rules-the-west-baidu-top-in-china/
 
_ Statista
 
In the USA and Europe, Google absolutely dominates the search engine market with the likes of Yahoo and Bing left to play mere bit parts. From its Mountain View headquarters in California, Google can also lay claim to predominantly being the search market leader in the rest of the world.
 
USA や Europe では、Google が検索エンジンのマーケットを圧倒的に支配している。そして、Yahoo や Bing などは、このマーケットの一部を構成するに過ぎない。この、Mountain View, California に本拠を構える Google は、USA 以外のマーケットにおいても、絶対的なリーダーとして君臨している。
 
google_baiduClick to Large >>> 
 
This infographic shows search engine market shares based on traffic in July 2016
 
There are, however, some exceptions. In China, Baidu is the undisputed number one. In 2010, Google withdrew from the country due to censorship issues and has since then had no access to one of the largest advertising markets in the world. According to a forecast from the Statista Digital Market Outlook, 26.5 percent of all search engine advertising revenue is generated in China. That adds up to more than 24 billion US dollars.
 
しかし、いくつかの例外も存在する。China においては、Baidu が誰もが認めるナンバーワンである。検閲が問題となり、2010年に撤退してからというもの、この世界で最大の広告市場に Google はアクセスしていない。Statista の Digital Market Outlook によると、すべての検索エンジンにおける広告収入の 26.5% が、Chinaで発生していようだ。そして、この検索エンジン・マーケットに、$24 billion 以上の売上を上乗せしているのである。
 
More data on the development of the search engine market can be found in the free Statista market report ‘Digital Advertising: Search‘.
 
検索エンジン・マーケットの成長に関しては、Statista が提供する Digital Advertising: Search を参照して欲しい。
 
ーーーーー
AdBaidu のシェアと売上が、だんだんと明らかになってきました。そして、クラウド・アドの世界の住み分けが見えてきました。主として Google と Facebook で構成される、欧米のクラウド・アドの売上は $80 billion 〜 $90 billion 前後と言われていますので、Baidu の $24 が 26.5% に相当するという分析も、大まかなところで辻褄があっています。それにしても、中国市場の成長ぶりがスゴイですね。全体としての経済成長が鈍化している中国ですが、この Baidu と、Alibaba や Tencent などが、新しい経済を生み出しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10:世界のディジタル広告売上ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on 欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!

Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Huawei, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 19, 2016
The Apple of China has hit a wall
Jeff Dunn – Aug 16, 2016
http://www.businessinsider.com/xiaomi-smartphone-sales-china-market-share-2016-8
 
_ Business Insider
 
The so-called “Apple of China” is having a rough go of it.
 
いわゆる China の Apple が、困難に直面している
 
As this chart from Statista shows, Chinese manufacturer Xiaomi saw a 38.8% year-over-year decline in smartphone sales for its home country this past quarter. According to research firm IDC, shipments dipped from 17.1 million to 10.5 million, while its market share fell from 16% to 9.5%. Meanwhile, rivals Huawei, Oppo, and Vivo all saw big gains, which IDC attributes to stronger marketing campaigns and offline channel support.
 
Statista のチャートが示すように、China のメーカーである Xiaomi が、2016年 Q2 において、スマートフォンの売上を前年比で 38.8% も下落させている。調査会社である IDC によると、その出荷台数は 1,710万台から 1,050万台に減り、マーケット・シェアは 16% から 9.5% に下げている。その一方で、パワフルなマーケティング・キャンペーンと、オフラインでのサポートにより、ライバルである Huawei/Oppo/Vivo がシェアを伸ばしていると、IDC は伝えている。
 
smartphone_china
 
Statista
 
In any case, when it comes to its bread and butter, Xiaomi is a ways off from its former position as the world’s most valuable tech startup. One firm it is leading, however, is the Apple of, well, everywhere, as lagging iPhone SE sales gave Apple a 32% year-over-year drop.
 
Xiaomi の屋台骨である収益性の話だが、世界で最も価値のあるハイテク・スタートアップとしての路線から、大きく逸れているようである。しかし、その傾向にあるメーカーとして、世界でシェアを下げているのは Apple だ。iPhone SE の不調により、この China でも 32% もシェアを落としている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2以前から、Huawei と Xiaomi の位置が逆転すると言われていましたが、Oppo と Vivo も伸びているのですね。また、今年の1月には、「iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!」という抄訳をポストしています。それは、2015年 Q4 のシェアを分析するものですが、その中国でも、Apple は不振のようです。Agile Cat の周囲にも、Android を MVNO で使う人が増えてきていますが、それで良いと言われれば、それで良いツールなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか?
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる最新タブレットとは?
 

Comments Off on Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Research, Wearable by agilecat.cloud on July 28, 2016
Smartwatches – The Next Big Thing That Wasn’t
Felix Richter, Jul 22, 2016
https://www.statista.com/chart/5328/smartwatch-shipments/
 
_ Statista
 
When Apple introduced the Apple Watch in April 2015, many pundits expected smartwatches to become the next big thing and emulate the success of smartphones and tablets. And while the Apple Watch definitely made its mark and quickly became the most popular smartwatch out there, the market as a whole never really took off.
 
Apple Watch が市場に投入された 2015年4月の時点では、スマートウォッチは次のマーケットを構築し、スマートフォンやタブレットの成功を再現するものになると、数多くの評論家たちが期待していた。そして Apple Watch は、間違いなく一定の成功を収め、最も人気のあるスマートウォッチになっていったが、このマーケット全体が離陸したとは言えないだろう。
 
smartwatch_shipments_nClick to Large >>>
This chart shows estimated global smartphone shipments since Q2 2014.
 
Doubts about the added benefit of smartwatches in between smartphones and considerably cheaper fitness armbands always lingered, and the lack of obvious killer features didn’t help broader adoption either.
 
スマートフォンと安価なフィットネス・バンドが、それぞれのマーケットを維持する中で、スマートウォッチは何らかのメリットを加えようとした。しかし、独自の機能が欠如しており、広い範囲で受け入れられる状況にはならなかった。
 
In the past quarter, the global smartwatch market saw its first contraction, with worldwide shipments declining by more than 30 percent year-over-year. According to IDC’s estimates, shipments amounted to 3.5 million units between April and June this year, down from more than 5 million in the past year. While it needs to be noted that last year’s June quarter marked the launch quarter of the Apple Watch, it took both the smartphone and tablet markets years to see their first year-over-year declines after Apple had entered and thus made them the next big thing.
 
最近の四半期ごとのデータを眺めてみると、グローバルでのスマートウォッチ市場は、前年比で出荷台数が 30% 以上も下落するという、初めての後退を見せている。IDC の推計によると、今年の 4月〜6月の出荷台数は 350万台となるが、前年同期は 500万台というレベルにあったのだ。ただし、昨年の 4月〜6月期は、Apple Watch の立ち上げ時期と重なっていることを、指摘しておく必要がある。それは、Apple のスマートフォンやタブレットが、前年比で初めてマイナスを記録した直後であり、同社として新たなマーケットを模索していた時期でもあった。
 
ーーーーー
Wearableそういえば、このところ、スマートウォッチが話題になりませんね。その一方で、Pokemon GO のような、人々を物理的に移動させるアプリが登場しましたが、それを動かすのもスマフォです。Apple Watch について言うなら、あくまでも iPhone のアクセサリーという位置づけであり、それでは、大ヒットは望めないと思えます。とは言え、いまのスマフォのパワーが、腕時計の容積に収まるまで、それほどの時間が必要とも思えません。いまから数年度には、再びスマートウォッチが注目されると、期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Watch への失望が、なんとなく見えてくる、ウェアラブル戦線を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
Apple Watch 2 の、3月発売という見込みは無くなったようだ
 

Comments Off on スマートウォッチ市場は、やはり離陸しなかった:それを示す1枚のチャート!

Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

Posted in .Chronicle, Facebook, Google, Research, Yahoo by agilecat.cloud on July 27, 2016
With the Yahoo deal, Verizon will pass Google and Facebook to become the biggest web network
Matt Rosoff – July 25, 2016
http://www.businessinsider.com/yahoo-and-aol-combined-get-more-viewers-than-google-or-facebook-2016-7?
 
_ Business Insider
 
You might not think of Verizon as a web powerhouse, but with the purchase of Yahoo, it has the potential to own the biggest audience of online users in the United States.
 
Verizon は Web の大国と捉えられていないだろうが、Yahoo を買収することで、US で最大のオンライン・ユーザーを抱える、大きな存在になるのかもしれない。
 
Yahoo_AOL
Statista
 
This chart from Statista shows ComScore’s June 2016 measurements of visitors to the most popular networks of web properties in the United States. Yahoo has long been number three behind Google and Facebook, and now has about 206 million unique visitors. Verizon also owns AOL’s network of sites, including properties like the Huffington Post, Engadget, and TechCrunch, which account for another 153.6 million.
 
この Statista のチャートは、6月に実施された comScore の調査結果をマトメたものであり、US で最も人気のあるネットワークへの、2016年におけるビジターの測定値を示すものである。Yahoo は、約2.06億人のユニーク・ビジターを持ち、Google と Facebook を追いかける三番手のポジションを、長期間にわたり維持している。また、Verizon は AOL のネットワークも所有しており、その傘下にある Huffington Post/Engadget/TechCrunch などを合算すると、1.536億人というユニーク・ビジターが加算される。
 
There’s almost certainly overlap between the two audiences, so the total will be somewhat less than the 359.4 million you’d get if you simply add the two audiences together. But the total could certainly be bigger than Google’s monthly US traffic of 241.9 million.
 
Yahoo と AOL にアカウントを持つという、重複するユーザーもいるはずなので、両者を合算しても 3.594億人を下回るオーディエンスになるだろう。とは言え、US における月間のトラフィックとしては、Google の持つ 2.419億人を、確実に上回ると推定される。
 
ーーーーー
yahooついに 米Yahoo が、Verizon に買収されてしまいます。寂しいというか、時代の流れというか、そんな感傷に浸ってしまう出来事です。いくつかのメディアが報道しているように、おそらく Verizon は、Yahoo と AOL を連携させることで、なんらかの相乗効果を生み出そうとするはずです。二年ほど前に、「広告ビジネス: Yahoo と AOL を統合しろという声があるが、Google と Facebook は止められない」という抄訳をポストしましたが、その中に含まれるチャートを見ると、広告に関しては、それほど容易な道筋ではないようです。これからの二社の動きに注目ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!
Yahoo が Snapchat に出資か? $10 billion になるというウワサも流れている
Yahoo の ロゴが新しくなる : その候補を Youtube で!
Yahoo と Marissa Mayer の新体制: Pinterest からスター・エンジニアを GET!
 

Comments Off on Yahoo と AOL: この Verizon 傘下の二社を合わせると、Web トラフィックにおける米チャンピオンとなる!

ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る: 驚きの展開を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on July 23, 2016
Online news sites get 80% of their readers from two sources: Facebook and Google
Matt Rosoff – Jun. 30, 2016
http://www.businessinsider.com/where-online-news-sites-get-their-readers-facebook-and-google-2016-6
 
_ Business Insider
 
 On Wednesday, Facebook caused quite a stir among journalists and news companies when it acknowledged that it was changing the mix of material Facebook users would see in their News Feeds. The company said it was going more back toward its roots, favoring updates from friends and families, and showing less news.
 
6月29日のことだが、ある事実が認められたことで、騒然とした雰囲気がジャーナリストやニュース・メディアを包み込んだ。それは、Facebook ユーザーが News Feed で参照する、コンテントの変化に関するものである。以前の Facebook は、友人や家族からのアップデートが好まれ、ニュースの参照は少ないという、ソーシャルメディアとしての基本に立ち戻ると述べていた。
 
Facebook_Google
Statista
 
This chart from Statista shows why this is such a big deal. Facebook is now the number-one source of referrals to news sites, according to January-February 2016 data from Parse.ly, a digital media analytics provider. Google is right behind it, and the two of them together provide almost 80% of all traffic to news sites. If you broaden the categories beyond specific brands, 86% of traffic comes from social (including sources like Twitter) and search (Google, Bing, Yahoo, and others).
 
しかし、Statista のチャートを見ると、大きな変化が生じていることが分かる。デジタル・メディアを分析する Parse.ly の、2016年 1月〜2月のデータによると、ニュース・メディアへと誘導する No.1 のサイトとして、Facebook が踊り出ているのだ。Google が僅差で続くが、この二社を合わせると、ニュース・サイトへと向かう全トラフィックの、ほぼ 80% を占めていることが分かる。そして、Twitter などを含むソーシャル・メディアおよび、Bing や Yahoo などを含む検索サイトにまで範囲を広げると、その比率は 86% にまで拡大しているのだ。
 
ーーーーー
research_55ついに、この日がやってきたという感じがします。 Agile Cat も、Facebook にページを持ち、ポストへと誘導していますが、 その参照数が Google 検索と同じレベルに伸びてきたと、昨年あたりから感じるようになっていました。依然として、古いポストへの導線は Google 検索がメインですが、新しいポストへの導線としては、Facebook の方が勝るという状況です。つまり、Agiel Cat の Facebook ページにイイネを下さった、みなさんの Facebook News Feed が、このブログへの入口として、素晴らしい役割を担っているわけです。それは、すべてのニュース・メディアにとって言えることであり、また、世界のトレンドなのだと、文中のチャートが示しているのでしょう。数年前には、予想もしなかった展開に、正直なところ、驚いています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告ランキングとは?
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: その脅威の成長エンジンをチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
 

Comments Off on ニュース・メディアへの導線で Facebook が Google を上回る: 驚きの展開を1枚のチャートで!

Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Posted in Advertising, Baidu, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2016
The World’s Largest Media Companies
Felix Richter – Jun 1, 2016
https://www.statista.com/chart/4943/top-10-media-companies/
 
_ Statista
 
Over the past decade, the internet has replaced print media to become the second most important advertising medium behind television. The rise of digital advertising is reflected in Zenith Optimedia’s annual ranking of the world’s largest media companies.
 
これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた。世界で最大のメディア企業をランキングする、今年の Zenith Optimedia レポートにも、その結果が反映されている。
 
top_10_media_companiesClick to Large >>> 
 
 
The five digital companies ranked in the Top 30, namely Google, Facebook, Baidu, Yahoo and Microsoft who represent 65 percent of the global internet advertising market, now account for more than one third of all revenues generated by the Top 30 media owners in the world. The ranking includes all revenues from businesses that support advertising including non-ad-revenues such as circulation revenues.
 
Top-30 中の Top-5 である、Google/Facebook/Baidu/Yahoo/Microsoft は、世界のインターネット広告市場の 65% を占有している。つまり、世界の Top-30 メディアが生み出す収益の、1/3 以上を占めているのだ。このランキングは、すべての広告収益から構成されているが、その中には、サブスクリプションなどによる非広告収益も含まれている。
 
As the below chart illustrates, Google far outranks any other company in the world in terms of media revenue. The company generates tens of billions of dollars every year selling advertising across its popular online services, most importantly Google Search.
 
このチャートが示すように、メディアの収益という面では、Google が図抜けた存在となっている。同社は、人気のオンライン・サービスで $60 billions 前後の広告売上を計上しているが、
その中で最も大きな割合を占めるのは Google Search である。
 
This chart ranks the Top 10 media companies in the world based on their media revenue in financial year 2014.
 
このチャートは、世界の Top-10 メディア企業を、それぞれの会計年度 2014 の収益でランク付けしている。
 
ーーーーー
Ad2014年の末に、同じような調査を BI Intelligence が実施していましたが、その時には Google $70B、Time Warner $30B、Facebook $18B、、、というランキングになっていました。大まかなところで一致しているのでしょうが、この Zenith Optimedia の調査で目新しいのは、Baidu が 8位に示されている点です。コマースの Alibaba や、ペイメントの Tencent が躍進している状況を見れば、広告産業も伸びているはずと予測できますが、その担い手は、やはり Baidu の検索なのでしょう。グローバルの Google を比較することで、中国市場の規模を推測する指標になりそうですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

%d bloggers like this: