Agile Cat — in the cloud

Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Google, Network by agilecat.cloud on August 6, 2015
Google is its own secret weapon against Amazon & Microsoft in cloud computing
By New York Times – 17 Jun, 2015
http://articles.economictimes.indiatimes.com/2015-06-17/news/63540797_1_microsoft-azure-amazon-web-services-cloud-companies
 
_ Economic Times
 
Google is wielding a new weapon against Amazon and Microsoft for cloud computing customers: itself.
 
Google だが、クラウド・コンピューティングを改善するために、Amazon と Microsoft に対して、新しい武器で挑もうとしている。
 
Google is talking more openly about companies that use its cloud business, and revealing more about its computing resources, perhaps the largest on the planet. These include disclosures about Google’s ultrafast fiber network, its big data resources and the computers and software it has built for itself.
 
Google は、自身のクラウド・ビジネスを利用する企業に対して、以前よりもオープンに話しかけている。 そのため、この地球上で最大だと思われる、Google のコンピューティング・リソースについても、詳細が明らかになってきている。そこには、Google の超高速ファイバ・ネットワークや、ビッグデータ/コンピュータ/ソフトウェアといった、自社で構築してきたリソースも含まれている。
 
Check Out this Workshop near LA For you are in the LA Area (or willing to travel for an interesting workshop), join my friends Frederick Van and Joeseph Linashke for their workshop at nearby Joshua Tree.  These guys have worked hard to put together a really excellent program... you can visit the website to see everything that is included! New Interview Up with Ron Martinsen I had an interview with the extremely nice Ron Martinsen.  Head on over Ron's photography blog to have a loosee!  He also has a nice discount code on my textures tutorial, in case you have been waiting for a good deal!' Daily Photo - A Great Day at the Google HQ! Wow that was a cool experience.  Those guys and gals over there are super-nice.  You never know...  I guess maybe Google seems somewhat intimidating from the outside, but after I met guys like Cliff, Brian, and Chip -- I felt right at home. I gave an hour-long talk in one of their theaters there.  It was super-packed and people were standing all around because seats were gone.  We were graced with the presence of one Sara Jane Todd from @Peachpit to help out selling books - and we sold out!  Also, my Brazilian friend Fabio, the editor of Abduzeedo was there too, so it was great to see him. The Authors@Google (video link) program has a neat deal where they subsidize books, so Googlers don't have to pay full price.  I saw all kinds of cool stuff and took a lot of pics.  I have to get most cleared with Google Corp Comms before I can release... but I nabbed shots of a spaceship, a new pseudo-holodeck, and more mysteries await!  We even got to eat lunch there in the Google cafeteria, which had some of the most excellent food I've ever had in such a setting... they even have a small organic farm on the campus... well, I could go on and on...  but I was very impressed and happy to meet so many enthusiastic people! The video should be done in the next 2-3 weeks or so.  We've got good-man Brian at Google slaving away on editing the whole thing together! from Trey Ratcliff at www.stuckincustoms.com Flicker
Trey Ratcliff
 
Google is talking more openly about companies that use its cloud business, and revealing more about its computing resources.
 
The aim is to position Google as a company capable of handling the biggest and toughest computational exercises, lightning fast. The disclosures follow earlier moves by Google Cloud Platform, as the search company’s cloud computing business is called, to show off its data analysis capabilities.
 
その目的は、最大かつ最高のコンピューティング身体能力を、光の速さでハンドリングできる企業として、Google と位置づける点にある。一連の開示は、Google Cloud Platform の動向に追随するところから始まっている。それは、検索会社のクラウド・コンピューティング事業と呼ばれるように、データ解析能力を誇示するものとなっている。
 
Details like the ability to pass information between Europe and the United States in less than 100 milliseconds, and a practice of fully backing up user data in nine different locations, make Google seem both cutting edge and even bigger than most people suspected. But the company may also be borrowing a playbook from Amazon Web Services, which in 2013 started disclosing some mind-blowing metrics about its global computing network.
 
その能力の詳細はというと、Europe/United States 間のデータ送信を 100ミリ秒以下で完了し、また、9ヶ所に分散されたロケーションにユーザー・データをバックアップするという、人々が推測する以上の最先端かつ最大規模の存在として、Google を映し出すものになっている。さらに同社は、Amazon Web Services の脚本をなぞることも可能だ。2013年のことだが、AWS はグローバル・コンピューティング·ネットワークに関して、いくつかの素晴らしい指標を公開しているのだ。
 
At an event Tuesday for Google Cloud Platform – Google’s name for the computing, storage and networking it sells to business – Google will name the Taiwanese phone maker HTC as a customer. HTC has used Google to build a new kind of computing architecture that enables smartphone apps to update data fast and reliably to many devices at once, and look efficient even when the phones get poor reception.
 
この火曜日(6/16)に開催される Google Cloud Platform(企業向けに販売されるコンピューティング/ストレージ/ネットワークの名称)のイベントで、Google は Taiwan のスマホ・メーカーである HTC を、その顧客として公表する。新しいコンピューティング・アーキテクチャを構築する存在として、HTC は Google を採用している。それは、スマホ・アプリの高速アップデートと、大量のデバイスに対する一括処理を実現するものであり、また、通信環境がプアな場合であっても最善を目指すというものだ。
 
On Wednesday, a senior Google executive is expected to give what the company says will be an unprecedented look at the overall Google network design. This includes key tools that enable large-scale management of computing devices across the globe, according to one customer.
 
そして水曜日には Google の幹部が、そのネットワーク・デザインについて、前例のない様相を示していると、言及するだろうと期待されている。あるカスタマーによると、そこに含まれる重要なツールは、世界中に点在するコンピューティング·デバイスを、大規模なスケールで管理するものになるという。
 
telegeography-map“We are managing 2 million to 3 million smartphones in this network,” said John Song, the senior director of engineering at HTC. “Google is the only player in cloud that owns lots of fiber-optic cable worldwide, and it replicates its users’ data in nine different places at all times.” That kind of control, he said, enables users to do more technically difficult things.
 
HTC の Senior Director of Engineering である John Song は、「私たちは、このネットワーク上で、200万〜300万台のスマートフォンを管理している。Google は、世界に張りめぐらされた光ファイバ・ケーブルを所有しているという意味で、唯一のクラウド・プレーヤーである。そして、すべての状況において、9ヶ所の異なるロケーションに、そのユーザ・データを複製している」と述べている。彼によると、この種のコントロールがユーザー企業に提供されることで、より困難な技術的課題であっても実現できるという。
 
Song said HTC also looked at the cloud offerings of AWS and Microsoft Azure, along with IBM and Alibaba. Google was the dark horse, because it does not operate in China, and HTC wanted to be everywhere in the world. Google’s technical dedication won the day.
 
Song の発言によると、HTC は AWS と Microsoft Azure や、IBM と Alibaba からのクラウド提案も検討したようだ。そして、HTC はグローバルをサポートしたいのに、Google は China で使えないため、ダークホース的な存在であったようだ。しかし、Google の技術的な取り組みが、今日の勝利につながっている。
 
“The other salesmen just wanted to take orders,” he said. That may not be a winning approach for a mass of customers, but it does suggest how each cloud player is reflecting the nature of its core business.
 
つまり、「他社のセールスマンは、単に注文を取りたかっただけ」と、彼は述べている。 Google のアプローチは、マス・マーケットで勝つためのものではないだろうが、それぞれのプレイヤーにおけるコア・ビジネスの性質を反映した、クラウドへの取り組みという観点を示唆している。
 
Amazon, a retailer, is offering computing at scale and ease of use in data analysis. Microsoft, with decades of business ties, stresses its interoperability with current systems and data tools. And IBM has lots of high-level data analysts.
 
Amazon は小売業のメリットを活かし、規模のコンピューティングと、容易に利用できるデータ分析を提供している。Microsoft は、数十年におよぶ企業システムでの実績をベースに、現状のシステムおよびデータ·ツールとの、インターオペラビリティを押し出している。また、IBM もハイ・レベルのデータ分析を、数多く有している。
 
“Each of the cloud companies wants to store and process all of a company’s data,” said Sharmila Mulligan, co-founder and chief executive of ClearStory Data, a corporate data analysis company, who described all of the companies as “extremely partner-friendly” with companies like hers, owing to their urgency to offer more big data services.
 
企業データ分析会社 ClearStory Data の、Co-Founder and Chief Executive である Sharmila Mulligan は、「それぞれのクラウド企業が、顧客であるユーザーの、すべてのデータを保持/処理したいと考えている」と述べている。彼女は、「きわめてパートナー・フレンドリー」だと、それらの企業を表現している。 それは、ClearStory Data にも似たものであるが、その背景には Big Data サービスを急いで提供したいという、思惑があるという。
 
“Data analysis presents a stickiness – once you’ve put your corporate data in one of them and you’re analyzing it, you won’t move out,” she said. “You’ll be constantly ingesting new data – how could you afford to move? If they own your data, they own you.”
 
彼女は、「データ解析は、きわめて粘性の高いサービスである。それらのクラウドにデータを預け、すでに分析しているなら、他への移行は考えなくなるだろう。つまり、常に新しいデータが取り込まれている状況で、移行を考える余裕があるだろうか? それらのクラウドが、あなたのデータを所有しているなら、あなた自身を所有していることになる」と発言している。
 
Nobody crunches data like Google, and the new portrait of its resources is intended to show that handling almost any corporate task will be easy for it. Google Cloud Platform has built out specialties in areas like manufacturing, genomics and media to handle industry-specific needs on a global basis.
 
Google のように、データを高速処理しているクラウドはない。同社のリソースが写し出す光景は、大半の企業におけるタスクの処理を、簡潔なものにしようという発想である。Google Cloud Platform は、グローバルにおける業界固有のニーズに対応するものであり、また、製造業/ゲノム解析/メディアなどの分野に特化したかたちで構築されている。
 
“We have 90 points of presence around the world,” said Dan Powers, a Google Cloud sales executive, referring to places customers can get access to the Cloud.
 
Google Cloud の Sales Executive である Dan Powers は、「世界に点在する 90 の PoP(points of presence)を有している」と述べているが、その数自体が、同社のクラウドにアクセスできる場所を示すものとなる。
 
A point of presence, or PoP, is where a company’s computers get direct access to the Internet and a local telecommunications service provider.
 
それらの PoP はダイレクト・アクセスを実現するものであり、ユーザ企業のコンピュータを、インターネットやローカル通信サービス・プロバイダに接続していく場所となる。
 
Leah Bibbo, a spokeswoman for AWS, said her company currently had 53 PoPs worldwide. Also Tuesday, AWS announced that it would offer data analysis in Spark, a technology for handling very large data loads that is rapidly overtaking existing methods.
 
AWS のスポークスマンである Leah Bibbo は、現時点において 53ヶ所の PoP を、ワールドワイドで展開したと述べている。そして火曜日の AWS は、Spark によるデータ分析を提供すると発表している。このテクノロジーは、大量のデータをハンドリングするものであり、また、既存の方式を上回るとされている。
 
Powers also said Google runs 2 billion containers, or ways of managing software globally, every week: “We hope to run billions for customers.”
 
その一方で、Google の Powers は、ソフトウェアをグローバルで管理するために、1周間で20億個というペースで、コンテナを拡散しているという。 そして、「数十億のコンテナを、顧客のために拡散したい」と述べている。
 
ーーーーー
google-55a2009年のことですが、「なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?」という抄訳のポストで、ネットワークに投資していく Google のスタンスを知りました。 そして、このポストで紹介されている HTC のコメントを読むと、その長期的な戦略が結果を生み出し始めたのだと思えてきます。 さらに言えば、膨大な数の Android デバイスに対して、アプリやコンテントを供給していくシステムとネットワークは、ある種の IoT だと捉えることも可能です。 これからも、継続してネットワークに投資していくであろう、Google の動きに注目ですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
Google の アジア・データセンター戦略とは?
 

Comments Off on Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!

2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!

Posted in Amazon, Businesses, Google, IBM, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2015
Amazon still dominates the $16 billion cloud market
Julie Bort – Feb. 3, 2015
http://www.businessinsider.com/synergy-research-amazon-dominates-16-billion-cloud-market-2015-2?&platform=bi-androidapp
 
_ Business Insider
 
Cloud computing, where companies rent computers hosted elsewhere, is the biggest change to enterprise tech since the PC.
 
この、クラウド・コンピューティングという、何処かにホストされているコンピュータを、ユーザー企業が借りて利用するという方式は、PC が登場してから最大の変化を、エンタープライズ・テクノロジーに突きつけている。
 
2014 Cloud Market ChartHere’s how Synergy saw the fourth quarter of 2014 shape up:
 
And the company that more or less invented the concept, Amazon, is still far and away the dominant leader of a market that generated $16 billion for its biggest players, says market research firm Synergy Research Group.
 
そして、調査会社である Synergy Research Group が言うには、いずれにしても、クラウドという考え方を生み出したのは Amazon であり、また、大手プレイヤーたちが $16 billion の年商を生み出す、このマーケットを支配する存在となる。
 
Synergy reports:
 
  • Amazon has 30% market share, compared to the next biggest player, Microsoft, with about 10%.
  • Microsoft is growing the fastest, a 96% year-over-year leap, with Google close behind: 87% year-over-year growth.
  • IBM is leading what’s known as the “hybrid cloud market.” That refers to when enterprises use the same cloud technologies in their own private data centers and also use a cloud provider.
 
  • Amazon のマーケット・シェアは 30% であり、それに続く2番手は、Microsoft の 10% となる。
  • 成長率に関しては、Microsoft が 前年比で 96% で1位であり、Google が  87% の2位である。
  • IBM は、ハイブリッド・クラウドとして認識されるマーケットをリードしている。それは、エンタープライズがクラウドを使用するときに、プライベートなデータセンターとパブリックなプロバイダーに、そのリソースを振り分けるという方式である。
 
It makes sense that IBM is leading the hybrid camp among this crop of vendors because it’s the only one of the bunch that sells computer hardware. IBM says that between its cloud services and the hardware it sells to companies to build their own clouds, cloud computing became a $7 billion business for the company in 2014.
 
この種のベンダーの中で、IBM だけがハードウェアも販売しているため、同社がハイブリッド・マーケットをリードすることは、理にかなっている。IBM が言うには、そのクラウド・サービスの提供と、ユーザー企業が自身のクラウドを構築するためのハードウェア販売の間に、ポジションを取っていることになる。 そして、同社のクラウド・コンピューティングは、2014年に $7 billion のビジネスにまで成長した。
 
The good news for all concerned: it’s still early days for cloud computing, as $16 billion is only a tiny fraction of the almost $4 trillion that companies spend on tech annually worldwide.
 
そして、すべての関係者にとって、素晴らしニュースがある。 つまり、グローバルにおけるエンタープライズが、年間で IT に費やす $4 trillion という総額と比べれば、この $16 billion は、ほんの一部に過ぎない。言い換えれば、クラウド・コンピューティングは、依然として黎明期にあるのだ。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
amazon-55aAmazon が、強いですね。そして、Microsoft と Google の成長率も凄まじいです。 さらに言えば、IBM はハイブリッドで高収益、Salesforce は競合に巻き込まれない独自路線、、、という感じなのでしょうか? ーーー  なお、$16 billion という数字ですが、この記事だけでは不明確なので、参照元である Synergy Research のポストを確認したら、年間の売上で間違い無さそうです。 ただし、チャートが示すシェアは、2014年 Q4 のものということです。 ちなみに、2014年を通したときのシェアですが、AWS (28%)/Microsoft (10%)/IBM (7%)/Google (5%)/salesforce (4%) /Rackspace (3%) となっていました。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2013 Q1 のクラウド売上は $2B : 順位は AM>SF>MS>IBM>GO
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
 

Comments Off on 2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!

Agile_Cat:2015年 1月の マトメ : なぜ Equinix は強いのか?

Posted in IoT, Research by agilecat.cloud on February 2, 2015

クラウド とは、ネットワークド・コンピューティング のことなのか ・・・  
Agile Cat – Feb 02, 2015 

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb 

年が明けて最初マトメですが、いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数から見ていきます。 昨年の 11月ほどでは有りませんでしたが、この 1月も数多くの人々に参照していただけました 🙂 ただ、こうしてチャートを見ていると、Web への導線が、検索系からソーシャル系へと移行しているように思えてきます。 もちろん、これは Agile_Cat というサイトの、特質を表しているだけなのかもしれませんが、それ以外のところでも、何かが起こっているという感じがします。 とても、興味深いですね

Screen Shot 2015-02-02 at 1.53.52 AM  

今月の上位は、Apple/Google/Facebook/WhatsApp といった、おなじみの顔ぶれが揃ったという感です。 しかし、「5: Google も Cloud Exchange だ:Equinix は Cloud Big-3 を手中に!」と「9: IBM と Equinix が提携:Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!」にみられるように、ここだけは組まないと思っていた、Google と IBM/SoftLayer までが、Equinix と提供するという状況に至っています。 Equinix の強みは、世界の主要な金融マーケットのある都市で、その IX に近いところにデータセンターを持ち、また、それらをダーク・ファイバーでつなぐことで、この地球上を低レイテンシ/高品質のネットワークで覆っている点だと思えるのです。 言い換えれば、テレコムとナショナリズムの間隙を突く、グローバルなビジネスを成立させているわけです。 さらに言えば、クラウド・コンピューティングとは、ネトワークド・コンピューティングのことであると、証明しているようにも思えてくるのです。

1: iPhone と 日本:グローバルの成長をよそに、失速しているように見える
2: IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
3: Apple は、スマホ市場の占有率について、本気でクソだと思っている
4: WhatsApp の MAU が、あっという間に7億に届いてしまった!
5: Google も Cloud Exchange だ:Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
6: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/12月
7: Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的にアジアを知る!
8: Intel が IoTivity を発表:IoT OSS に Linux Foundation が 全面支援!
9: IBM と Equinix が提携:Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!
10: Chromebook :アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
11: Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
12: 台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上
13: Zuck が Cook に 一発かました:自分の顧客を大切にすべきだ!
14: Google はメディアの新王者? 新聞/TV が束になっても敵わない?
15: SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
16: クッキーは死んだ:Facebook/Google/Apple の広告が激変している
17: Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現?
18: Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
19: 今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
20: メッセージング・アプリの人気と経済:それを示す1枚のチャート

ーーーーー

image後書きでの説明になってしましたが、IoT のイメージが少しずつ見えてきた感じがします。 とは言え、まだまだ拡散していくところもあり、、、という感覚は、みなさんも同じではないかと思っています。その意味で、「2: IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する」で引用されている、「もし、Internet が、あなたの人生を変えたと思えるなら、もう一度、イメージしてみないか。 IoT が、まったく同じようなことを、再び実現しようとしているのだ」という表現が、信じるべき何かを伝えているように感じられます image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 12月の マトメ : Facebook に学ぶ モバイル・デザインとは?
Agile_Cat:2014年 11月の マトメ : マルチ・デバイスとクッキーの関係
Agile_Cat:2014年 10月の マトメ : バトル・フィールドが見えてきた
Agile_Cat:2014年 9月の マトメ : VMware を巡るウワサが注目を集める
Agile_Cat:2014年 8月の マトメ : Google Maps の人気を再確認
Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの  

Comments Off on Agile_Cat:2015年 1月の マトメ : なぜ Equinix は強いのか?

IBM と Equinix が提携:これで Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!

Posted in .Selected, Equinix, Hybrid, IBM by Agile Cat on January 20, 2015

IBM teams with Equinix to Boost Hybrid Cloud Computing
http://wp.me/pwo1E-8dq
Jan 5, 2015
http://www.dbta.com/Editorial/News-Flashes/IBM-teams-with-Equinix-to-Boost-Hybrid-Cloud-Computing-101343.aspx

IBM announced it is partnering with Equinix, Inc., an interconnection and data center company, to help provide enterprises direct access to the full portfolio of cloud services from SoftLayer, an IBM Company, via the Equinix Cloud Exchange. Equinix also announced Cloud Exchange enhancements, including API functionality that makes it easier for service providers to use a single interface to the Cloud Exchange, resulting in scalable, private and secure connections to their cloud services with near real-time provisioning.

IBM は、インターコネクションとデータセンターを提供する、Equinix との提携を発表した。それにより、ユーザーであるエンタープライズたちは、IBM 傘下である SoftLayer から Equinix Cloud Exchange を介して、クラウド・サービス群の完璧なポートフォリオに対して、ダイレクトにアクセスできるようになる。さらに Equinix は、API 機能を含む Cloud Exchange の機能強化を発表しており、サービス・プロバイダーがシングル・インターフェイスを介して、Cloud Exchange を容易に使用できるようにしていくようだ。それにより、スケーラブル/プライベート/セキュア・コネクションが、エンタープライズのクラウド・サービスにもたらされるが、リアルタイムとも言えるプロビジョニングも同時に実現される。

 Rob Purdie
IBM-590
Madison Ave

“SoftLayer, with its broad reach into the enterprise market and proven success in networking will be a great asset to Cloud Exchange, enabling customers to seamlessly replicate data between markets,” said Ihab Tarazi, chief technology Officer for Equinix. “Our direct access capabilities to cloud services such as SoftLayer, provide enterprise customer with a choice of multiple clouds to better enable their hybrid cloud strategies.”

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「エンタープライズ市場への幅広いリーチと、ネットワークで成功を収めている SoftLayer は、Cloud Exchange から見ても重要な資産となるだろう。それにより、顧客たちは、世界中に広がるマーケットの間で、データをシームレスに移動できるようになる。私たちのダイレクト・アクセス機能は、SoftLayer のようなクラウド・サービスのためのものである。つまり、エンタープライズ・カスタマーたちのハイブリッド・クラウド戦略を実現すためのる、多様なクラウドという選択肢が提供されるのだ」と述べている。

Equinix and SoftLayer previously partnered to offer customers direct cloud connection inside Equinix International Business Exchange (IBX) data centers via SoftLayer’s Direct Link service, a dedicated network connection. By extending the partnership to include additional secure and dynamic connections through Cloud Exchange, SoftLayer provides its customers with the ability to easily move production workloads in and out of the cloud, thus better enabling them to fully realize their hybrid cloud strategies.

以前から Equinix と SoftLayer は提携しており、Equinix International Business Exchange (IBX) データセンター内へ向けたダイレクトなクラウド接続を、SoftLayer の専用線である Direct Link コネクションを介して顧客に提供してきた。今回のパートナーシップにより、Cloud Exchange によるセキュアでダイナミックな接続などが追加される。そして SoftLayer は、プロダクション・ワークロードをクラウド間で容易に移動する機能を提供するため、より完成度の高いハイブリッド・クラウド戦略を、その顧客たちは実現できるようになる。

By offering a connection to SoftLayer’s cloud services via the Equinix Cloud Exchange, SoftLayer provides its customers additional choices, a global network that extends beyond the 40 cloud centers that IBM has committed to establishing, and peace of mind through a secure, low latency connection to the cloud.

SoftLayer は Equinix Cloud Exchange を介して、自社のクラウド・サービスへの接続を提供することで、IBM が構築を約束している 40ヶ所のクラウド・データ・センターを超えた範囲でも、そのグローバル・ネットワークを提供できるようになり、また、クラウドへに対するセキュアでハイ・スピードな接続という安心感がもたらされる。

The Equinix Cloud Exchange is currently available in 17 markets globally – Amsterdam, Atlanta, Chicago, Dallas, Frankfurt, Hong Kong, London, Los Angeles, New York, Paris, Seattle, Silicon Valley, Singapore, Sydney, Tokyo, Toronto and Washington D.C. – with expansions planned to Osaka, Sao Paulo and Zurich. Access to SoftLayer cloud services will be available through the Equinix Cloud Exchange in nine markets spanning the Americas, Europe and Asia Pacific, including Amsterdam, Chicago, Dallas, Paris, Silicon Valley, Singapore, Sydney, Tokyo and Washington, D.C.

Equinix Cloud Exchange は、現時点において、17のグローバル・マーケットで利用できる。 具体的に言うと、Amsterdam/Atlanta/Chicago/Dallas/Frankfurt/Hong Kong/London/Los Angeles/New York/Paris/Seattle/Silicon Valley/Singapore/Sydney/Tokyo/Toronto/Washington D.C. が対象となるが、Osaka/Sao Paulo/Zurich への拡張も計画されている。 そして、Equinix Cloud Exchange を介した SoftLayer クラウド・サービスへのアクセスは、9つのマーケットで利用できるようになる。具体的には、Amsterdam/Chicago/Dallas/Paris/Silicon Valley/Singapore/Sydney/Tokyo/Washington D.C. であり、それにより、Americas/Europe/Asia Pacific が接続されていく。

For more information on the Equinix Cloud Exchange,  visit.
More information on IBM is available at www.ibm.com.

ーーーーー

文中にあるように、以前から SoftLayer は IBX の利用者だったようです。 そのときは、SoftLayer の Direct Link を用いていたのが、Equinix の専用線を活用するように変化したのでしょう。 それにしても、Equinix の強さは只者ではないですね。 クラウド・プロバイダーの中では、ネットワークに多大な投資をしてきた Google に続き、SoftLayer/IBM までも顧客にしてしまうのですから。ただ、その一方では、ヨーロッパ・スタイルの IX を北米で展開しようとする、Open-IX の勢力も気になります。 この Open-IX カテゴリの中で[Equinix]を文字列検索すると、この両者の関係が、それとなく見えてきます。お暇な時にでも、ど〜ぞ!

ーーーーー

<関連>

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド

Comments Off on IBM と Equinix が提携:これで Cloud Exchange は グランド・スラム状態だ!

Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!

Posted in Data Center Trends, Equinix, Google, Hybrid, Network by Agile Cat on January 14, 2015

Google shacks up with Equinix for cloud boost
http://wp.me/pwo1E-8c8
Ari Levy – 5 Nov, 2014
http://www.cnbc.com/id/102151522

For the 100 billion Internet searches and more than 6 billion hours of YouTube videos streamed monthly, Google is building supersized data centers across the globe. But for certain functions, the company is better off using other people’s property.

1ヶ月の間に 1000億回のインターネット検索を処理し、YouTube による 60億時間以上のストリーミング配信に対応する Google は、世界中に超大型データセンターを構築している。 しかし、特定の機能に関しては、他社の資産を活用するほうが、同社にとって有益なのである。

Equinix, which operates more than 100 data centers in 32 metro areas worldwide, is announcing on Wednesday that Google will be using its facilities to help clients in 15 markets, including New York, Atlanta, Frankfurt, Germany, and Hong Kong, access Google’s business applications and cloud infrastructure.

世界における 32地域の大都市圏で、100ヶ所以上のデータセンターを運営する Equinix が、この水曜日(11/5)に発表したのは、Google が 15ヶ所のマーケットにおいてクライアントをサポートするために、同社のファシリティを使い始めるという内容である。それらのマーケットには、New York/Atlanta/Frankfurt/Germany/Hong Kong などが含まれ、また、そのリージョンの顧客たちは、Equinix のネットワークを介して、Google のビジネス・アプリや、クラウド・インフラにアクセスできるようになる。

Baran Ozdemir
Vetta
Getty Images

The Google cloud needs all the help it can get. While the Mountain View, California-based company dominates the online advertising market, it’s playing catch-up to Amazon Web Services in on-demand cloud computing as it also battles Microsoft’s Azure technology.

Google のクラウドは、手に入れることが可能な、すべてのサポートを必要としている。 つまり、この、Mountain View, California-based の会社は、オンライン広告のマーケットは支配していても、オンデマンドのクラウド・コンピューティングの世界では、Amazon Web Services に追い付くために努力し、また、Microsoft Azure のテクノロジーと戦わなければならないのだ。

The three companies are engaged in a brutal price war as they try to lure businesses looking to offload their computing and storage instead of handling it internally. Amazon and Microsoft are already Equinix customers. Now businesses can use any or all of them via Equinix.

この三社は、きわめて熾烈な価格戦争に突入している。そして、ユーザー企業を取り込む魅力的な価格を提示するために、自社のデータセンター内で処理していたコンピューティングとストレージの負荷を、Equinix のファシリティにオフロードすることで軽減しようとしている。 Amazon と Microsoft は、すでに Equinix の顧客である。 そして、いま、ユーザー企業は Equinix を介して、それらのクラウドにおける、ほとんどの機能にアクセスすることが可能になっている。

"This completes our access to the big three cloud providers," said Equinix Chief Technology Officer Ihab Tarazi. Businesses can "get significantly higher bandwidth for very low economics and be able to completely leverage the cloud."

Equinix の CTO である Ihab Tarazi は、「クラウドの世界における Big-3 プロバイダが、私たちへのアクセスを完全なものにしたことで、ユーザー企業は、きわめて高速の帯域幅を確保し、また、優れた経済性を達成することになる。 つまり、完璧にクラウドを利用できるようになるのだ」と述べている。

Google disclosed the deal with Equinix on Tuesday as one of several announcements tied to its cloud platform. The company also introduced Google Container Engine and a partnership with Docker to make it easier to create and manage applications across machines.

Google は、この火曜日(11/4)に、そのクラウド・プラットフォームに関連する発表を行なっているが、その中の1つとして Equinix との今回の契約が明らかにされている。さらに Google は、より簡単にアプリケーションを作成し、また、マシン間での移動を管理するために、Google Container Engine を発表し、Docker との提携も明らかにしている。

It’s all part of Google’s deeper dive into the world of business software, and it’s not cheap. In the third quarter, Google spent $2.4 billion on capital expenditures, largely on data center construction and real estate costs.

Google がビジネス·ソフトウェアの世界に取り組んでいくという、この一連の発表により、その全容が明らかにされたが、それらは、決して安直なものではない。Google は 2014年 Q3 において、データセンターの建設と不動産の取得を主とする、 $2.4 billion もの設備投資を行なっているのだ。

"Everybody’s moving their infrastructures to the cloud," Google Chief Financial Officer Patrick Pichette said on the earnings call last month. "It is an area where we have fundamentally great assets to contribute to this industry, both in terms of the flexibility, the cost structure, the technology. And that’s why we’re investing heavily in there."

2014年10月の収支説明会において、Google の CFO である Patrick Pichette は、「すべての企業が、自身のインフラをクラウドに移行しようとしている。そして、そこは、私たちが大きな資産を形成しているエリアである。つまり、柔軟性/コスト構造/テクノロジーという基本的な観点において、この産業に貢献できるのだ。そして、私たちが多額の投資を行なっている理由が、そこにあるのだ」と述べている。

Google owns and operates 12 data centers in the U.S., Europe and Asia, according to its website. Much of the software that Google as well as Amazon and Facebook have developed to bolster the speed and capacity of servers and databases is being replicated across the technology industry.

Google の Web サイトによると、同社は US/Europe/Asia で、12ヶ所のデータセンターを所有/運用している。そして、Google/Amazon/Facebook などが、サーバーとデータベースの速度/能力を強化するために開発した、数多くのソフトウェア・テクノロジーが、この業界全体に広まりつつある。

But that doesn’t mean corporate America is ready to spin all of its most critical data up to the public cloud. Using Equinix, they can plug into the power of Google’s infrastructure without relying on it entirely.

しかし、それだけで、アメリカのユーザー企業が、すべての重要なデータをパブリック・クラウドに展開するための、準備を整えたというわけではない。そして、Equinix を利用するなら、すべての Google に頼ることなく、そのインフラを取り込めるようになるのだ。

Equinix has more than 4,500 customers using its facilities. In April, the Redwood City, California-based company launched a service called Cloud Exchange to provide an added layer of security and enhanced connectivity for businesses that may have previously been reluctant to move applications to the cloud.

Equinix のファシリティは、4500社以上のユーザー企業に使用されている。2014年4月に、Redwood City, California-based の同社は、ユーザー企業のためにセキュリティ層を加え、また、接続性を強化するための、Cloud Exchange と呼ばれるサービスを立ち上げている。それにより、これまでは移行が躊躇されていたアプリケーションの、クラウド化が促進されるかもしれない。

ーーーーー

2014年10月に、「Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは? 」というポストを訳していますが、この Equinix との提携は記載されていませんでした。 別の調べ物をしていて、今回の記事を見つけたわけですが、この提携に気づくことになり、ほんとうに良かったです 🙂 なんというか、Google だけは独自ネットワーク路線かと思っていましたが、これで Equinix はグランド・スラム状態ですね。 ほんとうに、強いです。 また、年明けには、SofrLayer も Equinix の Cloud Exchange に対応、という記事がポストされていました。 近々に対訳を掲載しますので、そちらも、お楽しみに〜 

ーーーーー

<関連>

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
コロケ-ションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支える Equinix
DigitalOcean の London がオープン:Equinix がファシリティを提供

Comments Off on Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!

SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ

Posted in Amazon, Bare-Metal, IBM by Agile Cat on October 17, 2014

IBM Scores Another Win Over Amazon’s Cloud Thanks To SAP
http://wp.me/pwo1E-7Xq
Julie Bort – Oct. 14, 2014
http://www.businessinsider.com/ibm-and-sap-score-win-over-amazon-2014-10

_ Business Insider

On Tuesday, longtime partners IBM and SAP announced another new bond: SAP will use IBM’s cloud for its pride-and-joy database HANA.

この火曜日に、長年にわたる IBM と SAP のパートナーシップが、さらに関係を深めるという発表があった。 つまり、SAP は、その懐刀である、データベース HANA のために、IBM のクラウドを活用することになる。

IBM and SAP have long ago realized that the "enemy of my enemy is my friend." SAP developed its database HANA to stick it to its arch rival Oracle. HANA is known as an "in-memory" database, able to crunch through huge amounts of data really quickly.

ずっと以前から IBM と SAP は、「敵の敵は友」であることを認識している。SAP は、最大のライバルである Oracle に追い付くために、データベース HANA を開発した。HANA は、きわめて大量のデータを瞬時に処理する、In-Memory データベースとして認識されている。

 Flickr/IBM
IBM CEO
Ginni Rometty

Oracle has its own in-memory database, and it is selling it on its own hardware. In the process, Oracle execs have thoroughly trash-talked both SAP and IBM.

また、Oracle は、独自の In-Memory データベースを有し、それを独自のハードウェアに実装して販売している。 そして、これまでの経緯において、Oracle の首脳陣は IBMSAP  などは話にならないと述べている。

Meanwhile, IBM has banked its future on cloud computing, and it wants enterprise users to see it as the King of the Cloud, not Amazon.

その一方で、IBM はクラウド·コンピューティングに未来を賭け、エンタープライズ·ユーザーが Amazon に代えて、King of Cloud と認識してくれる状況を望んでいる。

IBM isn’t alone. All the big enterprise IT vendors are shooting to best Amazon’s cloud including Oracle, HP, and Microsoft. And there are new players wanting to grab some cloud-computing game like Google and hot startups like Digital Ocean.

しかし、そう考えるのは IBM だけではない。Oracle/HP/Microsoft などを含む、すべての大手エンタープライズ IT ベンダーが、Amazon が支配するクラウド・マーケットを狙っている。 さらに言えば、Google だけではなく、Digital Ocean のようなホット・スタートアップも、クラウド・コンピューティングでの戦いに参加しようとしている。

SAP has been offering its Oracle-killer database, HANA, as a cloud service for a while because SAP wants to be known as cloud royalty, too. Early on it signed on a cloud partner to sell a limited, cloud version of HANA. That partner was Amazon.

SAP は、Oracle キラー・データベースである HANA を、まずはクラウド・サービスとして提供する。なぜなら、SAP も、クラウドに対するロイヤリティを持っていると思われたいからである。今回のクラウド·パートナー契約では、HANA クラウド·バージョンに限定した販売から始まるが、そのパートナーは Amazon だったのである

But IBM has one-upped Amazon because IBM will be selling the full version of SAP’s database in the cloud, known as SAP HANA Enterprise. This is a critical difference for enterprises. While enterprises might test HANA using Amazon’s cloud, they couldn’t really use HANA for big apps. And the point of HANA is to use it for big apps.

そして、次のステップで IBM が販売することになるのは、SAP HANA Enterprise という、クラウドにおける SAP データベースのフル・バージョンである。 つまり、IBM は Amazon の先を行くことになる。それは、エンタープライズにとって、大きな差別化となるだろう。 つまり、Amazon クラウドを使用して、それらのエンタープライズは HANA をテストできるが、本当に大規模なアプリケーションのために、HANA を使用することができなかった。HANA の利点は、大規模アプリケーションのために活用できるところにある。

IBM has been selling SAP apps for enterprise customers for decades. So it makes sense that SAP would turn to IBM to help it host its cloud.

これまでの数十年にわたって、BM は SAP のアプリケーションを販売してきた。したがって、そのクラウドをホストする先を、IBM に切り替えるということは、SAP にとって理にかなっている。

There’s another benefit to the agreement. The NSA spying scandal has made European companies (particularly in SAP’s home country of Germany) suspicious of using cloud services hosted in the United States, such as Amazon’s. IBM has over a dozen data centers in Europe and is in the middle of building 15 more outside the US, too.

この契約は、別のメリットも含んでいる。NSA のスパイ行為というスキャンダルにより、クラウド・サービスを利用する欧州の企業が(特に SAP の母国であるドイツで)、米国でホスティングされる Amazon などに、懐疑の目を向けているのだ。その点において IBM は、欧州に 10ヶ所以上のデータセンターを有し、また、15ヶ所以上を米国外に構築中である。

With this agreement, SAP pushes its database out on a cloud around the world. And IBM gets some bragging rights over Amazon.

この契約により、SAP は世界中のクラウド上で、そのデータベースをプッシュできるようになる。そして IBM は Amazon に対して、何らかの自慢話をできる権利を手にする。

ーーーーーー

この記事は、あくまでもビジネス上の整合性や、データセンターのロケーションから、IBM が優位に立ったと述べていますが、ひょっとすると SoftLayer のベア・メタル対応も、1つの要因になっているのかもしれません。  以前に、「SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由」という抄訳をポストしましたが、この記事では HANA とベアメタルの相性について説明するものとなっています。 よろしければ、ご参照ください。

ーーーーーー

<関連>

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、Hong Kong DC にも展開される!
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!
Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

Comments Off on SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ

IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

Posted in .Selected, Apple, IBM, Post-PC, Strategy by Agile Cat on July 16, 2014

IBM and Apple target enterprise with iOS tie-up
http://wp.me/pwo1E-7Fz

By Juha Saarinen, Brett Winterford on Jul 16, 2014
http://www.itnews.com.au/News/389724,ibm-and-apple-target-enterprise-with-ios-tie-up.aspx

_ it news

Apple makes first major move into enterprise market.

IBM is to become an enterprise reseller and ISV for iPads and iPhones, under an unexpected deal announced today by Apple CEO Tim Cook and IBM CEO Ginni Rometty. Under the terms of the deal, IBM’s MobileFirst division will provide enterprise sales and on-site support for iOS devices and applications in time for the release of iOS 8. Big Blue will handle everything from supply of devices to activation and management services for enterprise customers.

IBM は iPad および iPhone に関して、エンタープライズ向け販売代理店/ISV になるという予想外の契約が、Apple CEO である Tim Cook と、IBM CEO である Ginni Rometty により発表された。 この契約の下で、IBM の MobileFirst 部門は、iOS8 のリリースに合わせて、iOS デバイス/アプリケーションに関する、エンタープライズ向けの販売と、オンサイト・サポートを提供することになる。つまり Big Blue は、このデバイスのアクティベーションからマネージメントに至るまで、エンタープライズ顧客に対する、すべてを取り扱うことになる。

Apple in turn will develop a new enterprise-grade support option under its AppleCare support program. AppleCare for Enterprise will provide corporate IT departments with seven days a week support, with the on-site components of the service provided by IBM staff. The two companies will also commit to developing over a hundred enterprise apps specific to the retail, healthcare, banking, travel and transportation, telecommunications and insurance sectors, with tie-ins to IBM’s hosted big data and analytics capabilities. IBM pledged to throw more than 100,000 industry consultants and software developers behind this effort.

そして Apple は、AppleCare Support Program の下で、新たなエンタープライズ・グレードのサポート・オプションを作り出していく。AppleCare for Enterprise は、IBM のスタッフがオンサイトで提供するサービスおよびコンポーネントを用いて、企業の IT 部門に対して年中無休でサポートされる。そして、この両社は、百種類を超える業務アプリを、エンタープライズ向けに開発することに合意している。具体的には、小売/ヘルスケア/金融/旅行/運輸/通信/保険などの各セクターに、IBM がホストする Big Data と、その分析能力が注ぎ込まれることになる。さらに IBM は、この試みを後方から支援するために、10万人以上のエンタープライズ・コンサルタントおよびソフトウェア開発者を投入すると約束している。

The deal does not mean that IBM will cease to resell other mobile devices such as those running Google’s Android.

ただし、この契約により、たとえば Google の Android を走らせる他のモバイル機器を、IBM が販売しなくなるというものではない。

What it means for the Apple ecosystem

In a statement, Apple chief executive Tim Cook called the move a "radical step for enterprise", and pointed to the vast majority of Fortune 500 and global companies already running iOS-based devices. The company has so far not shown a desire to shift into the enterprise market, relying on consumer demand to drive sales. Attempts to build its own enterprise salesforce in Australia were never backed by enterprise-class management tools or support options.

そのステートメントにおいて、Apple の CEO である Tim Cook は、「エンタープライズのための根本からのステップ」であると表現し、また、すでに iOS ベースのデバイスを運用している、Fortune 500 およびグローバル企業の大多数を対象とすると述べている。 これまで、同社は、そのデバイスの販売を促進においてコンシューマの需要に依存し、また、エンタープライズ市場へシフトするという意欲は示していなかった。少なくとも、Australia において、独自のエンタープライズ戦略を構築するという試みが、エンタープライズ・クラスの管理ツールやサポート・オプションに支援されるということはなかった。

Today’s announcement will be of great concern to telcos and managed service providers that built support packages for enterprise adoption of iOS in the absence of Apple offering its own. The tie-up also gives pause for thought for organisations deploying Mobile Device Management solutions specifically to cater for iOS devices.

今日のアナウンスメントは、Apple が不在のエンタープライズ市場において、iOS の採用を促進するためにサポート・パッケージを構築してきた、テレコムやマネージド・サービス・プロバイダーにとって、大きな関心事になるはずだ。 また、このタイアップにより、iOS デバイスに対応する MDM(Mobile Device Management)ソリューションの導入なども、一時的に停止するだろう。

What it means for IBM

The deal cements IBM’s position as a trusted provider of software and service to the enterprise. The company sold off its PC division to Chinese company Lenovo in 2004, and more recently handed the same company its low-end server business. Big Blue has also sold off several storage patents to Pure Storage. The company has also into both infrastructure and software cloud services via its acquisition of SoftLayer and launch of BlueMix cloud services.

この契約により、エンタープライズのソフトウェアとサービスに関する、信頼できるプロバイダーとしての IBM のポジションが強化される。 同社は China の Lenovo に対して、2004年に PC 部門を売却し、最近ではローエンド・サーバー事業も手渡している。また、Big Blue は Pure Storage に対して、いくつかのストレージ関連特許を売却している。 さらに同社は、SoftLayer の買収と BlueMix クラウドの立ち上げを介して、クラウド・サービスにおけるインフラとソフトウェアの双方を手にしている。

The only anomoly in this strategy is IBM’s continued commitment to the mainframe and mid-range Power platforms, both of which remain critical to many of its largest customers.

一連の戦略における唯一の問題点は、メインフレームとミッドレンジの Power プラットフォームを、IBM が継続的にコミットメントしている点にある。つまり、同社にとって重要かつ大規模な顧客にとって、それらが必要とされているのだ。

ーーーーー

なんというか、すごい展開です!  A7 チップによるセキュアなデバイスで、エンタープライス向けのビジネスというのは、Aplle にとってベターな選択肢のように思えます。 そして、IBM ですが、Power プラットフォームに関しては、Google と提携しているところが、なんというか、上手いバランス感覚だと感心してしまいます。 この数年における、IBM の大変革が、明らかになりつつありますね!

ーーーーー

<関連>

アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:その Web トラフィックを1枚のチャートで!
iOS 8 + iPad は、スクリーン分割のマルチタスクになるのか? WWDC が見逃せない!
マーケットは世界 – Web ホスティングの巨人 SoftLayer の遠大な計画
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる

Comments Off on IBM と Apple が協業をアナウンス: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

富士通がクラウド・シフトのための、膨大な予算を計上!

Posted in Asia, OpenStack, SDN by Agile Cat on July 15, 2014

Fujitsu announces $2bn cloud offensive
http://wp.me/pwo1E-7F3

July 14, 2014 Written by Business Cloud News
http://www.businesscloudnews.com/2014/07/14/fujitsu-announces-2bn-cloud-offensive/

Technology vendor Fujitsu has announced major new initiatives aimed at accelerating its capture of market share in cloud computing. The company said it plans to spend more than ¥200bn (US $2bn) over the next 3 years in a bid to bolster its market position amidst IT incumbents.

テクノロジー・ベンダーである Fujitsu が、クラウド・コンピューティング市場におけるシェア獲得を加速するための、大規模な取り組みについてアナウンスした。同社は、これまでに培ってきた IT ビジネスの中心に、クラウドを据えるという賭けにおいて、今後の3年間で ¥200bn (US $2b) もの投資を計画している。

Fujitsu has announced it will invest billions over the next three in cloud computing

The company said it will spend the bulk of the ¥200bn between 2014 and 2016 on building out new datacentre capacity and expanding its managed cloud platform globally.

同社の説明によると、2014年〜2016年の間に ¥200bn の集中的な投資を実施することで、そのデータセンターに新たなキャパシティを加え、また、グローバルにおけるマネージド・クラウド・プラットフォームを拡大することになる。

Fujitsu currently operates seven datacentres offering its public cloud platform globally and plans to add two new datacentres this year: one in the US, the other in the UK. It also plans to add private cloud capacity in two new locations in the US (on the East and West Coast), with additional deployments in six locations across Europe and Asia.

現時点において Fujitsu は、グローバルに展開するパブリック・クラウド・プラットフォームのために、7ヶ所ののデータセンターを運営しているが、US と UK のデータセンターが、年内には追加されるようだ。 また、同社はプライベート・クラウドのためのキャパシティを、US の 2ヶ所(東西の海岸)に追加する予定であり、さらには、Europe や Asia における 6ヶ所のデータセンターにもディプロイしていく。

Overall the company has 25 cloud datacentres globally.

同社の全体的な計画によると、25ヶ所のクラウド・データセンターを、グローバルに展開していくことになる。

“Fujitsu has a vision of a Human Centric Intelligent Society, one where social and business innovation is driven by the intelligent use of information and communication technologies. We see cloud as the natural platform for delivering these new types of applications, which is reflected in both the increase we are seeing in cloud adoption and how it is becoming a standard part of IT service delivery models for many CIOs today,” said Cameron McNaught, executive vice president, solutions, global delivery, Fujitsu.

「 Fujitsu のビジョンである Human Centric Intelligent Society は、ICT(information and communication technologies)のインテリジェントな活用により、社会と企業でのイノベーションを促進するものである。そして、そのような新しいアプリケーションのタイプを展開していくためには、クラウドが自然なプラットフォームになると認識している。それらは、数多くの CIO が IT サービスを提供するための、クラウドの採用において確認している現実と、また、標準的なモデルとして台頭している現象という、2つの要因現を反映したプラットフォームでもある」と、Fujitsu の Executive VP , Solutions, Global Delivery である Cameron McNaught は述べている。

The move comes as Fujitsu looks to strengthen its partnerships with other vendors and its efforts in the open source space. The vendor recently announced a partnership with network virtualisation vendor Midokura which will see both companies integrate Midokura’s MidoNet network virtualization software with Fujitsu’s private cloud platform software, which is based on OpenStack.

この Fujitsu の動きは、オープンソースの領域での取り組みと、他のベンダーとのパートナーシップを、強化するものとも思える。先日に、同社は、SDN ベンダーである Midokura との提携を発表している。この提携においては、OpenStack ベースの Fujitsu プライベート・クラウド·プラットフォームに、Midokura の MidoNet SDN を統合していくための作業が、両社の協業のもとで進んでいくだろう。

The efforts mirror those of another large legacy IT vendor, IBM, which earlier this year announced over $1bn in cloud-related initiatives, and redoubled efforts to bring OpenStack-based commercial offerings to market.

今年の初めに、大手レガシー IT ベンダーである IBM が、クラウド関連する $1B 以上の投資を発表しているが、この Fujitsu の取組は、それに対抗していくものでもある。そして、OpenStack ベースの商用プロダクトを、大きく促進していくという効果をもたらす。

“We also recognize that no single cloud service provider can meet all customer needs, so we are continuing to invest in our cloud integration services,” McNaught added.

そして McNaught は、「 単一のクラウド·サービス·プロバイダーが、すべての顧客のニーズを満たすというシナリオは、成立しないものだと、私たちは認識している。 だからこそ、自身ののクラウド·インテグレーション·サービスに対して、継続的に投資しているのだ」と、付け加えている。

ーーーーー

注記:¥200bn と US $2b の、どちらが正しいのか、他のメディアのポストを見ても、その点が不明だったので、そのまま表記しています。

追記(7/15 11:55 AM):¥200bn も、英語での Billion なので、2000億円の投資額ということなんですね。 つまり、IBM 以上の予算を用意してクラウドに臨むという意味なのです。 スゴイ!

ーーーーー

Fujitsu Makes Bold Bet on Cloud Initiative  – Channelnomics
Fujitsu invests ¥200 billion in cloud – ZDNet
Fujitsu spending $2 billion in cloud to get $3.5 billion in sales – iTWire
Fujitsu targets $US3.5bn in Cloud sales globally – ARNnet

ーーーーー

続々と、大手 IT ベンダーたちのクラウド・シフトが発表されています。 そして、国内外の状況を見ると、「日本市場における、日本のベンダーによる、日本のユーザーのためのクラウド」というのは、すでに成立しないものになっています。 日本のベンダーは世界のマーケットを目指し、日本のユーザーは世界のクラウドから選ぶ、、、という構造が、これからの当たり前になっていくのでしょう。 とは言え、世界を相手に戦っていく、Fujitsu と Midokura という日本タッグ・チームを応援したいですね!

ーーーーー

<関連>

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?
Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、Hong Kong データセンターにも展開される!
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
Cloud の 調査 : OpenStack における大きな推進力と、依然として荒削りな細部
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_1
Midokura と SDN : どのように Layer 2-4 をサポートすべきか_2

Comments Off on 富士通がクラウド・シフトのための、膨大な予算を計上!

%d bloggers like this: