Agile Cat — in the cloud

シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Government, Microsoft by agilecat.cloud on July 26, 2016
Singapore chats up Microsoft bots in smart nation initiative
Eileen Yu for By The Way – July 12, 2016
http://www.zdnet.com/article/singapore-chats-up-microsoft-bots-in-smart-nation-initiative/
zdnet-logo
Singapore is looking to tap artificial intelligence technology to enable more natural and simpler interactions with its e-government services.
 
Singapore では、電子政府サービスにおける自然で簡潔なインタラクションを実現するための、人工知能の活用に関心が集まっている。
 
Led by industry regulator Infocomm Development Authority of Singapore (IDA), the new initiative would see the use of Microsoft’s “conversations as a platform” pitch to explore opportunities in developing the country’s next-generation government services based on “conversational computing”.
 
この新たな取り組みは、Infocomm Development Authority of Singapore (IDA) という、産業政策のための組織に率いられ、Microsoft の Conversations as a Platform を用いられると予測されている。それは、会話のためのコンピューティングに基づき、同国における次世代の政府サービスを、発展させるチャンスを探求するものになる。
 
singaporeImage – pixabay
 
According to Singapore’s Minister for Foreign Affairs and Minister-in-Charge of Smart Nation Vivian Balakrishnan, IDA and Microsoft would co-develop “chatbots” to support selected public services. These intelligence software tools would assume the role of digital representatives, simulating human behaviour, and enable interactions that were more user-friendly and consistent, said the minister, who announced the new initiative at this week’s World Cities Summit.
 
Singapore の  Foreign Affairs と Smart Nation を率いる Vivian Balakrishnan によると、IDA と Microsoft が、いくつかの公共サービスをサポートするために、Chat Bot を共同開発するようだ。今週に開催された World Cities Summit で Balakrishnan は、それらのインテリジェントなソフトウェア・ツールは、人間の行動をシミュレートすることで、さらにユーザー・フレンドリーで、一貫性のあるインタラクションを実現する、デジタルによる窓口という役割を担う、と述べている。
 
New proof-of-concepts would be built to integrate conversational intelligence into public services, with efforts focused on making these more “anticipatory” and engaging for the general public.
 
一般市民に未来を提供し、より以上のエンゲージメントを得るために、会話のインテリジェンスを公共サービスに統合するための、新しい PoC (proof-of-concepts) が推進される。
 
“I believe there are more intuitive ways for government services to be delivered to our citizens,” Balakrishnan said. “Everybody expects responsive and personalised interactions in real-time. The recent quantum improvement of natural language processing means that ‘conversations’ will be the new medium.”
 
Balakrishnan は、「市民に提供されるべき行政サービスにおいて、より直感的な方法があると考えている。誰もが望むのが、リアルタイムで応答する、パーソナライズされたインタラクションである。このところの、自然言語処理における量子コンピューティングの進化により、新しいメディアとしての会話が成立するだろう」と述べている。
 
Microsoft CEO Satya Nadella said in a statement: “As everything around us becomes more digitised, conversations as a platform is a new shift that applies the understanding of human language to computers and computing, which can transform every industry.”
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、「私たちを包み込む、すべてがデジタライズされるにつれて、コンピュータによる自然言語の理解を活用するための、会話のプラットフォームへと向けた新たなシフトが起こる。それにより、すべての業界に変革が起こるだろう」と述べている。
 
The software vendor added that its strategy here centred on the use of human language, artificial intelligence, and machine learning to improve computing interfaces and interactions. Using these technologies to power bots, services could be transacted within a conversation–be it spoken or text–rather than through the navigation of icons, webpages, or applications.
 
このソフトウェア・ベンダーは、コンピューティングにおけるインターフェイスとインタラクションを改善するために、自然言語/人工知能/機械学習の利用を、その戦略の中心に加えている。このテクノロジーがもたらすパワーをボットで用いることで、会話の中でトランザクションを実施するサービスが成り立つ。つまり、アイコンや Web ページやアプリケーションに換えて、音声やテキストによる操作が実現されるのだ。
 
Under the agreement with Microsoft, IDA would implement the proof-of-concept in three stages during which the chatbots would first tap a database to answer simple questions from users of selected e-government services. They then would be used to help users complete simple tasks and transactions on government websites. At the final third phase, the chatbots would have the capabilities to respond to personalised user queries.
 
今回の Microsoft との契約に基づき、IDA は三段階で PoC を実施していく。最初のステップでは、選択された電子政府サービス・データベースと Chat Bot を連携させ、ユーザーによる簡単な質問に答えていく。第二のステップでは、ユーザーのシンプルなタスクと、政府の Web サイト上でのトランザクションを処理することになる。第三のステップでは、パーソナライズされたユーザーのクエリーに対して、Chat Bot が応答していくことになるだろう。
 
The initiative also would assess support for multi-languages and multiple user age groups. The prototype would be developed and tested at Microsoft’s Centre of Excellence for digital transformation for government and industry.
 
今回の取り組みでは、複数の言語をサポートすること、そして、それぞれのユーザーの年齢層をカバーすることが評価される。政府と産業界におけるデジタル・トランスフォーメーションのために、Microsoft の Centre of Excellence で、プロトタイプの開発と試験が推進されるのだろう。
 
IDA had previously rolled out its own artificial assistant initiative, called Ask Jamie, across several government agencies.
 
これまでの IDA では、いくつかの政府機関をカバーするために、Ask Jamie と呼ばれる AI アシスタントの取り組みが進められていた。
 
ーーーーー
asia-pacific 2シンガポール政府が進めている政策として、Smart Nation というものがあります。その名の通り、国民自体がスマートになり、IT をフル活用するようになろうという試みのようです。地理的にコンパクトで、世界の IT 企業が進出しているシンガポールは、最先端のアイデアを実施するには、とても適した都市国家なのでしょう。この5月に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、ベースとなる ACCA のレポートによると、シンガポールは2位にランクされています。Microsoft の Cortana が、電子政府で活躍することになれば、とても先進的な事例が確立されます。成功して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果をチャートで!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
 

Comments Off on シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Equinix by agilecat.cloud on August 11, 2015
Equinix Kicks Off Singapore Data Center Expansion
Yevgeniy Sverdlik – Aug 10, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/08/10/equinix-kicks-off-singapore-data-center-expansion/
 
_ DC Knowledge
 
Equinix has commenced build-out of the second phase of its largest data center in Asia-Pacific, located in Singapore. The company announced the launch of the first phase of SG3 only in March, and the latest announcement illustrates how high the demand for data center space in the tiny island nation is growing.
 
Equinix が Singapore において、その Asia-Pacific 大規模データセンターの構想の、第二段階に着手した。同社は 3月の時点で、SG3 データセンターに関する、第一段階の立ち上げだけを発表していたが、今回のアナウンスメントが示唆するのは、この小島に立脚する都市国家において、データセンター・スペースへの需要が高まっているという状況である。
 
Equinix DCInside Equinix’s SV5 data center in San Jose, California
(Photo: Equinix)
 
Recently valued at about $1 billion, the Singapore data center market is a hub for serving customers in Southeast Asia, China, and the rest of the Asia Pacific. Structure Research, the market research firm that pegged Singapore’s market size at $1 billion, expects it to reach $1.2 billion next year.
 
最近の調査において、$1 billion の時価総額になると評価された Singapore のデータセンター市場は、Southeast Asia と China を含む Asia Pacific のハブであり、また、それに相応しいサービスを顧客たちに提供している。この Singapore データセンター市場に対して、$1 billion という評価額を付けた、マーケット調査会社の Structure Research だが、来年には $1.2 billion の規模に達すると予想している。
 
There are about 50 data center service providers on the island, operating more than 40 data centers, according to Structure. Redwood City, California-based Equinix is the second-largest player in the Singapore data center market, following the local telco Singtel.
 
Structure Research によると、この小島には約 50社のデータセンター·サービス·プロバイダーがひしめいており、また、40ヶ所以上のデータセンターが運用されているという。Redwood City, California ベースの Equinix は、この市場を支配するローカル・テレコム Singtel に続いて、二番手の Singapore データセンター・プロバイダーとなっている。
 
Other major players are Singapore’s Keppel, UK’s Global Switch, and San Francisco-based Digital Realty Trust.
 
そして、Singapore の Keppel や、UK の Global Switch、そしてSan Francisco の Digital Realty Trust などが、主要プレイヤーとして名前を連ねている。
 
Following the 1,000-cabinet first phase, Equinix expects to build out enough space for 2,000 more cabinets this time around. The building’s total capacity is 5,000 cabinets.
 
Equinix は、第一段階における 1000 キャビネットに続いて、2000 キャビネット以上に対応するスペースを、今回の拡張において構築する予定である。おそらく、今回の建物の総容量は、5000 キャビネットに対応するものとなる。
 
The facility’s first two tenants were Datapipe and Orange. Another customer, revealed recently, is Fujitsu.
 
このファシリティにおける最初ののテナントは、Datapipe と Orange になるようだ。 そして、最新の情報では、Fujitsu もテナントとして名前を連ねている。
 
With the second phase, the company’s total investment in Singapore amounts to $350 million, Equinix said in a statement.
 
今回の第二段階となる拡張を加えると、Singapore への資額は $350 million という総額に至ると、Equinix はステートメントで述べている。
 
“Singapore is en-route to becoming a Smart Nation, integrating all aspects of technology into a coherent and cohesive whole to improve the way people live, work and play,” Clement Goh, Equinix’ managing director for South Asia, said in a statement. “SG3 phase two was launched to help companies like Fujitsu ensure that they are in a solid position to support their customers’ needs.”
 
Equinix の Managing Director for South Asia である Clement Goh は、「 Singapore は、Smart Nation と呼ばれる国策に邁進している最中だ。 それは、人々の生活と仕事を、そして人生の楽しみ方を改善するための、一貫性と持続性を兼ね備えたテクノロジーに、すべての側面を統合していくという戦略である。なお、SG3 データセンターにおける第二段階は、Fujitsu などの企業を支援するものとなる。つまり、それらの企業の顧客ニーズをサポートし得る、確固たるポジションを提供していくことになる」と、そのステートメントで述べている。
 
ーーーーー
_Equinix先月にポストした「コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!」という抄訳でも、Equinix のマーケット支配力が明らかにされていました。 そして、二年以上も前の「シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る」を見ると、シンガポール政府と Equinix の Win-Win 関係が、そのときから約束されていたように思えてきます。Equinix もスゴイけど、シンガポールもスゴイと、思わず唸ってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドも Equinix 接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
 

announced the launch of the first phase

Comments Off on Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!

%d bloggers like this: