Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

Posted in Energy, IoT, On Monday by agilecat.cloud on September 26, 2016
Internet of Things (IoT): Rapid Deployment of New and Existing Replacement Sensors Drive Smart Meter Market
By Dick Weisinger
September 23rd, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-rapid-deployment-of-new-and-existing-replacement-sensors-drive-smart-meter-market/
_ formtek
Deployment of smart meters is growing quickly.  Hundreds of millions of them have been deployed globally.  In the US there are more than 60 million smart metersEstimates are that more than one billion smart meter data points are logged every day.  The meter data management and analytics market is expected to total  from 2015 to 2024, according to a study by Navigant Research.  IDC estimates that by 2025 that 152,000 devices will connect to the network every minute.
 
グローバルにおけるスマート・メーターの展開が、億単位で急速に進んでいる。そして US では、現時点で 6000万個以上のスマート・メーターが展開されている。さらに言うなら、スマート・メーターから得られる、一日あたりの詳細なデータは、10億に達したと予測されている。Navigant Research の調査によると、2024年に2015年にかけて、全体的なメーター・データの管理/分析マーケットは、$10.3 billion に届いていると推測されている。また IDC は、2025年の時点において、毎分ごとに 152,000 個のデバイスがネットワークに接続されると推定している。
 
chagall_1Stuart Ravens, principal analyst, energy and sustainability technology with Ovum, said that “at the moment we could have a meter reading every year. With smart meters, if they read every half hour, that’s 17,500 meter readings a year. When we talk about ‘exponential’ growth of data, that is really exponential. And that is just considering the billing side.”
 
電力の継続的な供給について研究する、Ovum の主席アナリストである Stuart Ravens は、電力を継続的に供給していくテクノロジーとして、私たちは、この数年でスマート・メーターを手にすることになった。それらのメーターから、さまざまなデータを30分ずつ抽出すると、年間で 17,500個のメーターにしか対応できないことになる。この種のデータは、まさに指数関数的に成長に成長している。したがって、いまは課金という面だけを検討していることになる」と述べている
 
The increase in smart meter spending is being driven from two factors:
 
スマート・メーターを促進する要素として、以下の 2つの項目があげられる。
 
  • Sensor replacement of sensors deployed a decade previous with more advanced and capable technology.
  • The use of distributed energy resources (DER) on the edge of the utility grid.
 
  • この 10年におけるセンサーの置き換えにより、以前と比べて先進的なテクノロジーが利用できるようになった。
  • 送電網のエッジにおいて、Distributed Energy Resources (DER) が利用できるようになった。
 
Lauren Callaway, research analyst with Navigant Research , said that “there is a growing emphasis on converging data from external sources for the purpose of more advanced, predictive analytics. This has supported developments in MDA (Model Driven Architecture) technologies that have the capability of dealing with differently structured forms of data, generating prescriptive and predictive insights.”
 
Navigate Research で調査と分析に携わる Lauren Callaway は、「より高度な予測分析のために、外部のデータ・ソースを集約するという手法が、大きく成長している。そこで用いられるのは、MDA (Model Driven Architecture) というテクノロジーである。それにより、規範的な予測と洞察のためのデータを、複数のデータ・フォーマットから集約することが可能となっている」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayいまの日本は、もんじゅの廃炉で大騒ぎですが、米国ではスマート・メーターを活用する、スマート・グリッドの議論が進んでいるようですね。少数の大規模発電施設で、大量の電力を生成するという発想から、多種多様な発電敷設を、消費に応じて効率よく接続していく方向へと、すでに論点がシフトしているようにも思えます。たとえば、Bloom Energy のようなオンサイト発電を用いて、交通網や医療機関などのクリティカルな分野をカバーしながら、送電網を賢くしていくという流れのほうが、未来があると思えるのですが、日本はどうするのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
File Sharing の調査: クラウド・ファイル共有は、エンタープライズの安全性を満たさない
Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
 

Comments Off on IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

Posted in .Selected, Asia, Businesses, IoT by agilecat.cloud on October 27, 2015
IoT services revenues in China to surpass $41 bn by 2020
24/10/2015 10:54 AM
http://www.infotechlead.com/it-statistics/iot-services-revenues-in-china-to-surpass-41-bn-by-2020-35719
 
_Infotech Lead
 
Internet of Things (IoT) services revenues in China will grow more than five times in the next five years, surpassing $41 billion by 2020, according to ABI Research’s IoT Market Tracker.
 
China マーケットにおける IoT サービスの収益は、これからの 5年間で 5倍以上に成長し、2020年には $41 Billion を上回ると、ABI Research の IoT Market Tracker が伝えている。
 
shanghaiDriving the growth of IoT in China will be the smart meter segment.
 
この China において IoT の成長を促進するのは、スマート・メーターのセグメントになるだろう。
 
“It leads all other segments in both connections and revenues. By 2020, smart meter connections will exceed the next highest market segment in total connections by nearly 10 to 1,” said Dan Shey, VP and IoT Practice Director at ABI Research.
 
ABI Research の VP and IoT Practice Director である Dan Shey は、「 このセグメントは、接続数と収益性の双方で、すべてをリードしている。2020年までに、スマート・メーターの接続数は、二番手のセグメントに対して、10倍位の差をつけることになるだろう」と述べている。
 
Besides smart meters, home security and automation, OEM telematics, video surveillance, home appliances, aftermarket telematics and home monitoring will also be driving the Chinese IoT market.
 
スマート・メーター/ホーム・セキュリティ/オートメーションといったセグメント以外では、OEM テレマティックス/ビデオ監視/家電製品/アフター・マーケット・テレマティックス/ホーム・モニタリングなどが、China の IoT 市場を加速させていく。
 
ABI Research said home monitoring is expected to become an important market in China as it attempts to care for its aging population, which will reach nearly 340 million people in 2020 for citizens age 55 and older.
 
ABI Research が言うには、China において重要な市場に育ってくるのは、ホーム・モニタリングになるという。 つまり、2020年には 55歳以上の人口が 3.4億人前後に達するという、China の高齢化社会に対応するためのセグメントとなるわけだ。
 
Data analytics revenues will generate the most IoT revenues in China. It is indicative of the relative lack of revenues in both platform and professional services in the China market. Platform revenues are not as high due to a higher share of proprietary embedded telematics deployments, especially by domestic OEM brands.
 
データ分析による収益が、China における 最大の IoT ビジネスとなる。なせなら、China マーケットのプラットフォーム/プロフェッショナル・サービス分野では、相対的にみて収益性が欠如していると思われるからだ。プラットフォームの収益性が低いのは、China の国内 OEM ブランドが展開している、プロプライエタリな組み込みテレマティクスが、高いシェアを確保しているからである。
 
Professional services revenues are not big due to fewer connections in the telematics segments, a higher proportion of tethered solutions and lack of maturity in IT and consultancy services.
 
また、プロフェッショナル・サービスの収益性も低いが、その理由としては、テレマティックス・セグメントにおける、接続数の不足が挙げられる。その他にも、高い比率の独自接続ソリューションや、IT およびコンサルティング・サービスにおける、成熟度の不足などが挙げられている。
 
ーーーーー
IoT先日に Google OnHub に関するコンテントをポストしましたが、この種の IoT 対応ルータが、おそらく Huawei や ZTE などから供給されるのでしょう。 そして、Cloud News Asia の 5G カテゴリを見れば明らかように、この新しいワイヤレス・テクノロジーへ向けて、アジアは突進しているという感じです。ひょっとすると、外は 5G でつながる IoT ルータになるのかもしれませんね。そうなると、China Mobile だけで8億人と言われる中国のスケールが生きてくるでしょう。これからのアジアで、イノベーションを促進するのも、そして世界が注目するのも、こうした新しいマーケットにおける成長と都市化なのです。文中にもあるように、海外勢にとっては敷居の高いマーケットになりそうですが、どの国というより、どのメーカー/プロバイダーが、この中国市場に参入していくのでしょうか。 興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IT インフラ投資がスゴイ! 今後の3年間で、20兆円以上が費やされるという!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
 

Comments Off on 中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

Cisco による Arch Rock の買収 – 狙いはスマート・メーターの標準化と IPv6 の推進か?

Posted in Cisco, Green IT, Network by Agile Cat on September 6, 2010

Cisco To Acquire Privately-held Arch Rock; Terms Not Disclosed – Update
9/2/2010 9:47 AM ET
http://www.rttnews.com/Content/BreakingNews.aspx?Node=B1&Id=1408823

image

(RTTNews) – Networking products maker Cisco Systems, Inc. (CSCO: News ) on Thursday announced its intent to acquire privately-held Arch Rock Corporation, a provider of wireless network technology for smart-grid applications. The deal, whose terms were not disclosed, is expected to complement yesterday’s announcement of collaboration between Cisco and Itron. Cisco said the partnerships would enable True IP-Standards-Based Smart-Metering Communications.

(RTTNews)- ネットワーク・プロダクト・メーカーである Cisco Systems Inc. (CSCO :News) は、木曜日(9/2)に株式未公開会社である Arch Rock Corporation を買収する意志をしめした。同社は、スマート・グリッド・アプリケーションにおける、ワイヤレス・ネットワーク・テクノロジーのプロバイダーである。 その詳細は不明であったが、昨日の Cisco と Itron の共同発表により、買収が完了したと予測される。 Cisco の発表によると、このパートナーシップにより、True IP-Standards-Based Smart-Metering Communications が実現されるという。

Cisco believes the acquisition would accelerate its ability to facilitate the utility industry’s transition to an open and interoperable smart grid. Arch Rock’s technology is designed to enable utilities to connect smart meters and other distributed intelligent devices over a scalable, highly secure, multi-way wireless mesh network.

今回の買収により、オープンで相互接続が可能なスマート・グリッドへ向けた、公共事業の移行が加速されると、Cisco は確信している。 Arch Rock のテクノロジーは、スケーラブルでセキュアなマルチ・ワイヤレス・メッシュ・ネットワーク上で、各種のユーティリティーとスマート・メーターおよびインテリジェント・デバイスを接続するようにデザインされている。

Laura Ipsen, senior vice president and general manager of Cisco’s Smart Grid business unit said, “Arch Rock’s wireless mesh technology enhances Cisco’s IP-based, end-to-end smart-grid offerings.”

Cisco の VP であり Smart Business の GM でもある Laura Ipsen は、『 Arch Rock のワイヤレス・メッシュ・テクノロジーは、Cisco の IP ベース/End-to-End スマート・グリッドを強化する 』と発言している。

Financial terms of the transaction were not disclosed. The acquisition is subject to various standard closing conditions and is expected to be complete in the second half of calendar year 2010.

今回の買収金額などは、依然として明らかにされていないが、 一般的な条件の適用を受け、2010年の後半には完了すると予想される。

The Cisco connected Grid portfolio covers energy management from delivery to the home, including network solutions for smart grid substation automation and home energy control.

Cisco の接続される Grid ポートフォリオは、配電から仮定までのエナジー・マネージメントをカバーするものであり、自動化されたスマート・グリッド・サブステーションや、家庭におけるエネルギー・コントロールのための、ネットワーク・ソリューションを取り込んでいる。

Cisco’s Substation Automation enables power grid operators to collect and analyze data about power generation, transmission, distribution, and consumption-all in near real time. Smart grid communication technology provides predictive information and recommendations to utilities, their suppliers, and their customers on how best to manage power.

Cisco の Substation Automation により、送電網オペレーターは、発電/送電/配電/消費に関するデータの、ほぼリアルタイムといえる収集と分析が実現していく。 スマート・グリッドの通信テクノロジーは、最適なパワー・マネージメントを、発電・送電を行う企業とその顧客に対して、予測的な情報と推薦される運用方式を提供する。

Cisco expects the acquisition of Arch Rock to enable it to offer a comprehensive and highly secure advanced metering infrastructure solution that is fully IP and open-standards based.

Cisco は Arch Rock の買収により、IP とオープン・スタンダードに完全にしたがった、包括的で高度なセキュリティを備えた先進的なメーターのための、インフラストラクチャ・ソリューションを実現できると予測している。

Upon closure, the Arch Rock team would become part of Cisco’s Smart Grid business unit.

すべての法的な処理が完了すれば、Arch Rock チームは、Cisco の Smart Grid ビジネス・ユニットの一部になるだろう。

Wednesday, Cisco had announced a strategic alliance with Itron Inc. (ITRI) towards transitioning smart metering technology into an open and interoperable, enterprise-class network for utilities. Under terms of the agreement, Itron and Cisco will jointly develop the reference design that defines a standard for smart grid field area and smart metering network communications, utilizing the latest version of the Internet Protocol-IPv6.

水曜日(8/31)のことだが、Cisco と Itron の戦略的な提携が発表されている。 そこでは、ユーティリティーのためのオープンで相互運用が可能な、エンタープライズ・クラスのネットワークに、スマート・メーター・テクノロジーを展開していくことが明らかにされている。この合意のもとに、Itron と Cisco は共同で、リファレンス・デザインを開発していく。それは、スマート・グリッド・フィールド領域とスマート・メーターネットワーク通信のための標準を定義するものとなり、また、Internet Protocol-IPv6 の最新バージョンを活用するものでもある。

CSCO closed Wednesday’s regular trading on the Nasdaq at $20.26. Over the past year, the stock has traded in a range of $19.82 – $27.74.

水曜日の Nasdaq では、CSCO の株価は $ 20.26 でクローズしていた。 過去 1年にわたり、同株は $ 19.82 ~ $ 27.74 のレンジで推移している。

ーーーーー

なにか、デカイものがドサっとこないと、なかなか IPv6 への移行が進まないと思っていましたが、これは デ・カ・イ ですよね! ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Hadoop で スマートグリッドを、図とデータで見る!
とても便利な、アメリカ Smart Grid 情報の まとめページ
スマートグリッドを Hadoop で (US 出張編_2)
スマートグリッドを Hadoop と OpenPDC で(US出張編 3)
クラウド/スマートグリッドに関する セミナー資料をアップしました

Comments Off on Cisco による Arch Rock の買収 – 狙いはスマート・メーターの標準化と IPv6 の推進か?

%d bloggers like this: