Agile Cat — in the cloud

Bing のバグで、Yahoo/Siri/Cortana が影響を受ける

Posted in Apple, Microsoft, Yahoo by Agile Cat on January 6, 2015

Buggy code update triggers Bing, Yahoo outage – Siri and Cortana also affected.
http://wp.me/pwo1E-8af
Jan 5, 2015
http://www.itnews.com.au/News/399110,buggy-code-update-triggers-bing-yahoo-outage.aspx

_ it news

Yahoo and Microsoft search engines went temporarily dark over the weekend for 20 minutes after Microsoft pushed out a bad code update and then struggled to roll it back.

この週末に、Yahoo と Microsoft の検索エンジンが、約 20分間にわたりダウンしたようだ。この出来事は、Microsoft がアップデートする際に、欠陥のあるコードを流し込んだ後に発生しており、そのロールバックに苦労したようだ。

Microsoft’s Bing search engine powers Yahoo search under a ten-year deal announced in 2009.

2009年に発表された 10年契約の下で、Microsoft は Yahoo に対して、Bing 検索エンジン・パワーを提供している。

During the outage users who typed search.yahoo.com received an error message saying that Yahoo engineers were working to resolve the issue.

このダウンの最中に、search.yahoo.com にアクセスしたユーザーたちは、Yahoo のエンジニアたちが問題を解決するために努力しているという、エラー・メッセージを受信している。

Mobile assistants Siri and Cortana, which leverage Bing, were also affected.

また、モバイル・アシスタントである Siri と Cortana も、Bing を利用しているため、同様に影響を受けている。

Both Microsoft and Yahoo confirmed the outage later in the day. “Microsoft customers have experienced a brief isolated services interruption,” said a Microsoft spokesman.

Microsoft と Yahoo は、その日の遅くに、このダウン・タイムについて正式に認めている。「Microsoft カスタマーたちは、一部のサービスにおいて、停止に遭遇してしまった」と、同社のスポークスマンは語っている。

Microsoft had to shut down its groups of linked servers to recover from the outage after rolling back the update failed.

Microsoft はシステムを回復させるために、失敗したアップデートをロールバックした後に、接続されているサーバーのグループをシャットダウンする必要があったようだ。

Yahoo faced difficulties in processing search requests, even after the problem was fixed and became fully operational by evening. A source in Yahoo confirmed that the outage was caused by the “bad code” and not a cyber-attack as was initially thought.

Yahoo の方は、問題が解決した後にも、検索リクエストの処理が困難という状況に直面していた。そして、その日の夕刻に、通常の運用に戻っている。 このダウンについて Yahoo は、「欠陥コード」により引き起こされたものであり、当初に心配されたサイバー攻撃ではなかった、という情報を提供している。

ーーーーー

すぐに普及して良かったですね。 それにしても、Bing のようなバックエンド・サービスが停止すると、いろいろと影響が出てくるようですね。 Yahoo との契約は公知のものなので納得ですし、Cortana についても当然だという感覚があります。 でも、Siri のバックエンドが Bing だったというのは、初めて知りました。 もう1つ、Facebook がありますが、こちらはラッキーなことに、昨年の 12月に Bing の利用を止めていました。 Agile Cat の場合は、WordPress.com のダウンが困るわけですが、最近は、有名どころのメディアにアクセスして、WordPress を使っているのかいないのかを、チェックするという楽しみを覚えました。 でも、ほとんどダウンしてくれません 🙂 

ーーーーー

<関連>

Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!
世界中の DownTime をライブで表示:Pingdom の素敵なマップ
2014年 6月:Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃だったのか?
2014年 6月:Evernote を襲った DDoS 攻撃も、400 Gbps 規模だったのか?
2014年 2月:記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!
Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_1
Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_2

Comments Off on Bing のバグで、Yahoo/Siri/Cortana が影響を受ける

Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on October 11, 2014

CHART OF THE DAY: Google Now Is The Smartest Virtual Assistant
http://wp.me/pwo1E-7WD
Dave Smith – Oct. 10, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-google-now-vs-siri-vs-cortana-2014-10

_ Business Insider

Earlier this week, Stone Temple Consulting compiled over 3,000 different queries tested against three major virtual assistant platforms: Google Now, Apple’s Siri, And Microsoft’s Cortana. The comprehensive study looked at how many sources of data these assistants use, comparing the accuracy of the results and keeping track of all the mistakes. It wasn’t a straight comparison of the personal assistants, but rather, the “knowledge” they are able to return when queried.

今週のはじめに Stone Temple Consulting が、3つの主要仮想アシスタント·プラットフォームである、Google Now/Apple Siri/Microsoft Cortana に対して、3000種類以上の問い合わせを投げかけるというテストを行い、その結果をまとめ上げた。 この包括的な調査は、個々のアシスタントが用いるデータ・ソース量と、回答結果における精度の比較、そして、すべての間違いのトラッキングに注目するものである。そして、パーソナル・アシスタントのダイレクトな比較というより、それらが質問を受けたときの、回答に用いることのできる「ナレッジ」を調べるものである。

In the end, Google Now was crowned the victor.

最後的な勝者は、Google Now である。

_  space

BI Intelligence

Based on Stone Temple’s data charted for us by BI Intelligence, Google Now returned results with correct answers 88% of the time. But even though Siri and Cortana look like they fail miserably in this test, the consulting team insists “scoring here was harsh,” and the company was looking for answers to be placed directly in a “knowledge panel,” which is defined as “content in the search results that attempts to directly answer a question asked in a search query.” In other words, yes, Google’s virtual assistant is much further along than others when it comes to having an accurate knowledge graph, but Siri and Cortana still offered results that were “at least somewhat helpful,” even if they weren’t direct answers to the questions.

Stone Temple のデーターから BI Intelligence が作成したチャートによると、Google Now は 88% の確率で、正しい答えを返している。しかし、このコンサルティング・チームは、実施したテストで Siri と Cortana が、無残な結果を生じたとしても、そのスコアは酷なものであると主張している。つまり、同社は、ナレッジ・パネル内にダイレクトに置かれる回答を探したのである。それは、検索クエリーでの質問に対して、ダイレクトに答える検索結果のコンテントとして、定義されているものである。Google の仮想アシスタントについては、お察しのとおりである。 つまり、正確な Knowledge Graph を手にしたときから、他とは異なるレベルまで、突き進んでしまったのだ。とは言え Siri と Cortana も、質問と咬み合わない答えを返す場合があるにしても、少なくと何らかの役に立つという結果を残している。

SEE ALSO: CHART OF THE DAY: The Ever-Changing Relationship Between Parents, Kids, And Their Multimedia

ーーーーー

この Stone Temple によるテストの内容は、3086 の質問に対して答えられたのが、Google Now で 1795回、Apple Siri で 908回、Microsoft Cortana で 630回というものであり、さらに、その中での正解率となると、文中のチャートになるというものです。 そして、全問に対する正解率を計算したところ、Google Now が 51%、Apple Siri が 16%、Microsoft Cortana が 8% という結果になりました。Google Now に関しては、Knowledge Graph の成長に応じて、その精度が向上していくのでしょうが、Siri と Cortana が Google Now に対抗していくなら、何らかの基本となるテクノロジーが必要だと感じてしまいます。Google Now に追いつけ追い越せという気概で、長い戦いになるでしょうが、頑張ってほしいと思います。

ーーーーー

<関連>

Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!
Knowledge Graph は、映画の画面をタップすれば俳優の名前も教えてくれる
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google Now が iOS に侵攻 : Siri なんて単なるジョークだ
Amazon も Siri を追いかける : 音声認識の会社を買収
Microsoft の Cortana は、Apple Siri や Google Now と戦っていけるのか?

Comments Off on Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!

Microsoft の Cortana は、Apple Siri や Google Now と戦っていけるのか?

Posted in Events, Microsoft, Mobile by Agile Cat on April 3, 2014

Microsoft Has Its Own Version Of Siri, A Voice Assistant Called ‘Cortana’
http://wp.me/pwo1E-7mW
Karyne Levy – Apr. 2, 2014
http://www.businessinsider.com/microsofts-cortana-voice-assistant-2014-4

_ Business Insider

Microsoft unveiled Cortana, its answer to the iPhone’s voice assistant, Siri, and Google’s Google Now, at the Build conference in San Francisco on Wednesday.

San Francisco で開催されている Build カンファレンスで、Microsoft が発表した Cortana というボイス・アシスタントは、Apple の Siri および Google Now に対する同社の回答である。

But Cortana — named after the artificial intelligence character in Halo, Microsoft’s flagship game series — is more than just a voice assistant.

しかし、Cortana は( Microsoft のフラッグシップ・ゲーム・シリーズである、Halo における AI キャラクタの名前を使っている)、単なるボイス・アシスタント以上のものでもある。

Kyle Russell
Business Insider

During Microsoft’s Joe Belfiore’s demo, Cortana was able to set reminders, make phone calls, convert Fahrenheit to Celsius, pull up a list of nearby Mexican restaurants based on their star ratings, and more, all using Bing search.

Microsoft の Joe Belfore が行ったデモにおいて、Cortana はリマインダーを設定し、電話をかけ、華氏を摂氏に変換し、ランキングに応じて近くのメキシカン・レストランをピックアップしていたが、その、すべては、Bing の検索をベースにしたものだ。

But what’s even more exciting about Cortana is that she can learn about you in a more dynamic way. During the demo, Belfiore asked that she remind him to ask his sister about her new puppy next time he talks with her. Cortana not only knows who his sister is, but also popped up a reminder later in the demo when she called.

しかし、Cortana で最も興味深いものといえば、ダイナミックな方式で、ユーザーについて学習する点である。このデモで Belfore は、次に自分の妹と話すときに、彼女の子犬のことを話題にするよう、Cortana にリマインダーをセットしていた。 つまり、Cortana は、彼の妹のことを知っているだけではないのだ。 そして、デモの最後の方で、彼女から電話がかかってきたときに、子犬に関するアラームをポップアップしていた。

She can also scan email and recognize things from email so she can prompt you about things like your travel plans, flights and when you need to leave for the airport.

さらに Cortana は、電子メールをスキャンし、その内容を認識する。したがって、たとえば旅行のプランやフライトの予約などを進めるように催促し、また、空港へ向かう時刻まで教えてくれる。

"We think Cortana is the most personal digital assistant," Belfiore said.

「Cortana は、最もパーソナルなディジタル・アシスタントだと考える」と、Belfiore は発言している。

Cortana is currently in beta, but she is able to work with third-party apps and more apps than just Windows core apps. That’s something that Apple’s Siri can’t do — yet.

Cortana は、まだベータであるが、サードパーティ・アプリとも連携できる。 さらに言えば、Windows コア・アプリでなくても協調できるのだ。 それは、Apple の Siri が、まだ、対応できていない部分でもある。

ーーーーー

TAG indexMicrosoft Build からのレポートですが、やはり Bing は、BaaS として重要なのですね。 しかし、問題は、単体としての収益性であり、広告ビジネスへのテコ入れが期待されます。 その他にも、同じく Business Insider から、今朝の時点で以下のような記事が提供されていました。最初の方は、Satya Nadella も登場してくる、キーノートに関する詳細なレポートです。Windows 寡占時代の多様なプロダクトとサービスを、どのように整理していくのか? その辺りが、新しい経営陣に求められているという感じがします。__AC Stamp 2

Microsoft Execs Wow Developers With New Phones, ‘Cortana’ And A Vision For Microsoft’s Future
JULIE BORT AND KYLE RUSSELL APR. 2, 2014

Microsoft Just Killed The Tile-Based Look Of Windows 8 For Laptops
KYLE RUSSELL APR. 2, 2014

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
Office For iPad がリリースされた:Word/Excel/PowerPoint の DL は ココだ!
Microsoft の巨大データセンターが韓国に構築されるらしい:残念ながら日本は落選
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらないが、事件なのか? それとも、予定調和なのか?
Microsoft の大転換:Office for iPad が、Windows 8 版に先行するのか?

Comments Off on Microsoft の Cortana は、Apple Siri や Google Now と戦っていけるのか?

iOS 7.1 のダウンロードが始まった:CarPlay/Siri/iTunes 関連などがテンコ盛りだ!

Posted in .Selected, Apple, IoT, Mobile, Post-PC by Agile Cat on March 11, 2014

Apple releases iOS 7.1 with reboot fix, UI tweaks, and CarPlay
http://wp.me/pwo1E-7iV

By Tom Warren on March 10, 2014
http://www.theverge.com/2014/3/10/5354266/ios-7-1-features-download

_ verge

The long-awaited iOS 7.1 update is now available. While this is a point release, Apple has made several tweaks to the iOS user interface, alongside the usual bug fixes and some feature additions. The main visual changes can be found in the phone dialer and power off features. iOS 7.1 switches to rounded UI elements in both of these areas, and the incoming call interface now includes separate decline and accept buttons below floating circular icons for the Remind Me and Message options.

待望の iOS 7.1 アップデート版が、ついに利用できるようになった。 それは、マイナー・アップデートのリリースではあるが、いつものバグ修正および、いくつかの機能の追加と平行して、iOS のユーザインター・フェイスに関しても、Apple は何点かの微調整を施している。ビジアライズにおける主たる変化は、ダイヤラとパワーオフの機能に見いだせる。新しい iOS 7.1 では、これらのエリアにおいて、丸みを帯びた UI エレメントに切り替えられている。具体的に言うと、Remind Me と Message のオプションの下に、Decline と Accept のボタンが間隔をあけて配置されるようになった。

Other UI tweaks are fairly minor, including a slight music app refresh with prominent repeat and shuffle icons, and the option to disable wallpaper motion when selecting an image. iOS 7.1 also includes improvements to the keyboard interface, making the shift and delete keys easier to see. Perhaps the best visual tweak in iOS 7.1 is a change to the Notification Center, which appears to allow you to clear notifications more accurately.

その他の UI の変化は、いわゆるマイナーなものであるが、Music App では Repeat と Shuffle のアイコンが刷新され、カベ紙にイメージを選択した際の、動きを無効にするオプションなどが含まれる。また、iOS 7.1 では、キーボード・インタフェースが改良され、Shft や Delete などのキーが、見つけやすくなっている。そして、iOS 7.1 のビジュアルで、最も素晴らしい変化はノーティフィケーション・センターであり、それぞれのアプリに関する通知を、より明確/正確に設定できるようになっている。

Aside from the visual tweaks, iOS 7.1 finally includes a fix for something you hopefully won’t see anymore: random reboots that iPhone 5S, iPad mini with Retina display, and iPad Air users have been experiencing. Apple promised a fix in January, and the issues have existed since the launch of iOS 7, causing some devices running the latest OS to randomly reset for no apparent reason. Some iPhone 5S users have also complained of Touch ID issues, and Apple has tweaked the recognition to make it faster and more accurate in the latest update. If you’re stuck on an iPhone 4 and you’ve not yet upgraded, Apple has also optimized iOS 7.1 to run faster on iPhone 4 hardware. The same goes for older iPads, like the iPad 2, and third-generation iPad.

ビジュアルな側面はさておき、もう、まっぴらだと誰もが思う弱点が、ようやく iOS 7.1 で修正されることになった。それは、iPhone 5S/iPad mini Retina/iPad Air のユーザーを悩ませてきた、予期せぬリブートである。この、iOS 7 のリリースと同時に発生した、明確な理由もなくデバイスがリセットしまう問題に関して Apple は、1月の時点で修正を約束していた。また、一部の iPhone 5S ユーザーは、Touch ID に関する不満を訴えていたが、より速やかで正確な反応を実現するためのアップデートを、Apple は提供している。まだ、iPhone 4 を使っているなら、ぜひ、アップグレードすべきである。 Apple は、iPhone 4 のハードウェアも高速化できるよう、iOS 7.1 を最適化している。それは、iPad 2 および iPad 3 というった、古い iPad に対しても言えることである。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

_  space

iOS 7.1 also includes support for Apple’s new CarPlay feature. Known previously as iOS in the Car, CarPlay is built primarily around the use of Siri voice commands and prompts, providing an “eyes-free” experience where you can respond to incoming calls, dictate text messages, or access your music library from a vehicle. Ferrari, Mercedes-Benz, and Volvo will support CarPlay in some of their new cars at launch, and a broader range of carmakers, including Ford and BMW, are promising to integrate CarPlay with their future in-car entertainment systems.

iOS 7.1 では、Apple の新しい戦略である、CarPlay の機能もサポートされている。以前には iOS in Car と呼ばれてた CarPlay は、Siri の 音声によるコマンドとプロンプトを中心に構築されている。それにより、視覚から離れたところで、着信コールに対する応答や、テキスト・メッセージの口述、そしてミュージック・ライブラリへのアクセスが実現される。 Ferrari/Mercedes-Benz/Volvo は、いくつかの新車において、この CarPlay をサポートする。また、Ford や BMW を含む、いくつかの自動車メーカーは、CarPlay と車載エンターテイメント・システムを、今度において統合していくと予測される。

iTunes Radio has also been tweaked in iOS 7.1, allowing you to search within featured stations and more quickly create new stations based on searches for songs and artists. And for the first time, Apple now lets people subscribe to iTunes Match right from their device, instead of in the desktop version of iTunes. This removes the ads in iTunes Radio, and provides a year of Apple’s scan and match music service.

iOS 7.1 では、iTunes Radio も更新されている。 曲名とアーティストの、より高速化された検索をベースに、目的のチャネルのサーチや、新しいチャネルの作成が、きわめて迅速に行えるようになった。そして、今回が初めてのことになるが、これまでのデスクトップ・バージョンに代えて、これらのデバイスからも、iTunes Match のサブスクライブが可能になったのだ。この、iTunes Match を年間ベースで契約すれば、ラジオから広告が消え、Apple がスキャンするユーザーのミュージック・ライブラリがオンラインで楽しめるようになる。

Another change in iOS 7.1 is an adjustment to how Siri is triggered. Siri still activates using the home button, but in iOS 7.1 you can hold the home button down to ensure Siri listens for longer and doesn’t cut off any pauses in your query. This is useful for speaking long items like calendar events. You can also now access Siri using switch controls, a feature designed for accessibility. With these, you can set your iPhone or iPad to track left or right head movement using the camera.

iOS 7.1 の、もう1つの変化は、Siri をトリガーにした、調整のための機能である。依然として、Siri は Home ボタンを介してアクティベートされるが、iOS 7.1 ではボタンを長押しすることで、Siri に対する指示を確実に行い、また、クエリーにおけるポーズを排除することが可能になっている。具体的にいうと、Calendar のような、読み上げに長い時間を要するイベントに適している。また、アクセシビリティを考えてデザインされた機能である、スイッチ・コントロールを介した Siri へのアクセスも可能になっている。この機能を活用することで、たとえばカメラを使用しているときに、左右にパンする動きを追跡するよう、iPhone や iPad を設定できるようになる。

Overall, the changes iOS 7.1 brings are minor, but welcome, additions to an operating system that powers millions of devices. Since releasing iOS 7 back in September, Apple has fixed lock-screen security issues, iMessage problems, FaceTime call drops, and a major security flaw. The latest iOS 7.1 update is available immediately.

全体的に見て、iOS 7.1 がもたらす変化はマイナーなものであるが、無数のデバイスにパワーを与える OS として、歓迎すべきものである。昨年 9月にリリースされた iOS 7 に対して、ロック画面におけるセキュリティ問題、および、IMessage の問題FaceTime でのコールの漏れ、そして、主要なセキュリティ上の問題を、Apple は修正したことになる。この、最新の iOS 7.1 アップデートは、すぐに提供されることになる。

ーーーーー

TAG indexこのポストを見つけたのは、3月11日の3時過ぎだっと思いますが、その時点で、すでに iOS 7.1 をダウンロードできました。 Agile_Cat は iPad しか持っていませんが、キーボードの変更などは確認できています。 Siri の活用や、iTunes Match などは、これから試してみたいと思っています。 しかし、、、 たとえば BI アプリなどからの共有先には、依然として Evernote が含まれていません。 なぜなの、Apple さん! と、せっかくの iOS 7.1 ですが、不平タラタラな Agile_Cat なのです。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

iOS in the Car:ついに Ferrari/Mercedes/Volvo への搭載が始まる!
Apple の iOS in Car:画面イメージがリークされた!
Apple が iOS 7 に最適化した、Find My Friends とは?
Android が iOS 7 を凌駕する、12 のポイントとは?
iOS 8 のマルチ・タスクは こうなる! Youtube で、コンセプト・デモを ど〜ぞ

Comments Off on iOS 7.1 のダウンロードが始まった:CarPlay/Siri/iTunes 関連などがテンコ盛りだ!

Google が Apple をリードする、11 の テクノロジー・フィールド

Posted in .Selected, Apple, Google, Post-PC by Agile Cat on October 12, 2013

11 Things Google Does Better Than Apple
http://wp.me/pwo1E-6LV

Steve Kovach – Oct. 3, 2013
http://www.businessinsider.com/what-google-does-better-than-apple-2013-10

_ Business Insider

Apple and Google used to be pretty good partners.

Apple と Google は、かつては素晴らしいパートナー同士であった。

Getty/Justin Sullivan
Google CEO Larry Page

But ever since Google started working on its own smartphone operating system Android, the relationship between the two companies has been rocky at best.

しかし、Google が、独自のスマートフォン OS である Android に取り組み始めてからというもの、この両社の関係が良好であったとは言いがたい。

Now, Google and Apple are bitter rivals in just about everything. But while Apple often sets the tone for what’s big in tech, Google can do a lot better.

そして、いまでは、Google と Apple は、ほとんどすべての領域で、ライバルとしてぶつかり合っている。 さらに言えば、大半のケースにおいて、Apple が重要なテクノロジーとしてブチ上げたものを、Google の方が上手くこなしているという状況にある。

↓ クリックで Facebook ページヘ ↓

___space

ーーーーー

google-55aこうして、両社を比べてみると、そのバックエンド・サービスの質と量に、大きな開きがあることが分かってきます。 それは、Apple の膨大な資金力をもってしても、そう簡単には縮まらない差なのでしょう。 以前に、『Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?』という抄訳をポストしましたが、今回の IPO で、その可能性も遠のいてしうのでしょうか? でも、まだまだ候補はたくさんいるでしょうし、ソーシャルにかぎらずエンタープライズの、誰もがアッと思う大手を買収することも、あり得るかもしれませんね。 いずれにしろ、Apple が Google を切り崩していくようになれば、もっと面白い業界になっていくでしょうし、そうなってもらいたいと思います。ただ、あまりにも、特許を振り回してばかりいると、だんだんと孤立していくでしょうし、そのあたりが、ちょっと心配です。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google が 15年前に 始まった、ガレージを 紹介する 10枚の写真
Android が iOS 7 を凌駕する、12 のポイントとは?
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
HP Chromebook 11 は、$280 で、1kg で、カラフルで、USB 充電なのだ!
Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった

Amazon も Siri を追いかける : 音声認識の会社を買収

Posted in Amazon, Mobile by Agile Cat on April 23, 2013

Amazon reportedly buys Siri-like voice control app
http://wp.me/pwo1E-60K

by
Casey Johnston – Apr 18 2013
http://arstechnica.com/gadgets/2013/04/amazon-reportedly-buys-siri-like-voice-control-app/

_ ars technica

Evi, a voice control app, may now be under Amazon’s aegis.

Amazon が、ボイス・コントロールの Evi を傘下におく

Amazon has acquired a voice recognition app (and the company that created it) for $26 million, according to sources speaking to TechCrunch Wednesday. Evi, a Siri-like app that runs on both Android and iPhone, was reportedly bought by Amazon late last year and joins Amazon’s portfolio with another voice recognition company called Ivona.

水曜日 (4/17) TechCrunch によると、Amazon は $26 million を費やして、音声認識アプリの会社(開発会社も含めて)を買収したらしい。伝えられるところによると、Android と iPhone の環境で Siri ライクに機能する Evi は、昨年末に Amazon に買収されており、また、別の音声認識会社である Ivona を軸とした、Amazon のポートフォリオに加わっているらしい。

Evi has existed for some time in tension with Apple’s Siri, and Apple even went so far as to threaten striking Evi from the App Store for a time. Eventually the app came to the US and thrived on both iOS and Android.

この Evi は、Apple の Siri と、これまで対峙してきたという関係にあり、Apple の App Store から Evi が追い出されそうになることもあったという。 しかし、最終的に、このアプリはアメリカへと進出し、iOS と Android の双方で成長してきた。

TechCrunch cites as further evidence for the acquisition the fact that several staff positions at Evi, formerly True Knowledge, have been filled by Amazon personnel (example: the company’s legal counsel). Neither Amazon nor Evi would confirm the acquisition report.

TechCrunch が、この買収の証明として引き合いに出すのは、Evi(正式には True Knowledge)内の役職が(例:顧問弁護士)、Amazon からの人員により満たされているという事実である。ただし、Amazon も Evi も、この買収に関するレポートを、事実だとは認めていない。

Amazon does not currently have a smartphone outlet for voice recognition software; however, its Kindle platform could be ripe for such a development. The e-ink Kindles and particularly Kindle Fires can get quickly loaded down with a lot of content to wrangle and sift through; a voice-oriented personal assistant could be a good solution for rapidly pulling up a book the user wants to read, or a movie he or she wants to watch.

現時点における Amazon は、スマートフォンと音声認識ソフトウェアの接点を持っていないが、その Kindle プラットフォームにとって、この種の開発を進めるという意味では、熟した感がある。電子インクの Kindle もそうだが、とりわけ Kindle Fires においては、集めてフルイにかけるべき大量のコンテントが存在する。つまり、ユーザーが読みたい本や、観たいと思う映画を、素早く取り出すためのソリューションとして、音声指向のパーソナル・アシスタントは最良のものとなるだろう。

ーーーーー

TAG indexこの 3月にポストした 『Amazon の Kindle Phone だが、その量産が 6月以降に ズレ込むらしい』 という抄訳では、本来であれば 今年の Q1 に出荷したいとしていた Kindle Phone の、遅れについて お伝えしました。リリースするからには、Kindle Fire のときのように、Amazon はスタート・ダッシュをキメるでしょうし、そうなると、この Evi の音声認識は、格好の題材になりそうです。 その効果が期待できそうですし、面白そうな展開になってきましたね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon がモバイルで狙っている、その広大なマーケットを探る
Amazon による UpNext の買収は、スマホ参戦の狼煙か?
Android Translate は、写真に含まれるテキストも訳してしまう
iPad 2 で Google の音声検索 : めちゃイケです
Apple vs. Amazon : リテールの収益をチャートで比較

Comments Off on Amazon も Siri を追いかける : 音声認識の会社を買収

Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!

Posted in .Selected, Big Data, Google, Open Graph by Agile Cat on February 19, 2013

Larry Page on Google’s Knowledge Graph: ‘We’re still at 1% of where we want to be’
http://wp.me/pwo1E-5FG

January 22, 2013 – John Koetsier
http://venturebeat.com/2013/01/22/larry-page-on-googles-knowledge-graph-were-still-at-1-of-where-we-want-to-be/

_ VB Big Data

Google’s Knowledge Graph has a long, long way to go. At least according to Google CEO Larry Page.

Google の Knowledge Graph は、まだまだ先の長い話である。 少なくとも、Google の CEO である Larry Page は、そう考えている。

“We’re still in the early stages,” Page said on Google’s fourth-quarter 2012 earnings call. “We’re still at 1 percent of where we should be.”

『 私たちは、まだ、アーリー・ステージにいる。 そして、達成すべきことの、まだ 1% にしか届いていない 』と、Google の 2012年 Q4 収支説明会で Page は発言している。

 クリックで拡大 ⇒

Knowledge Graph is Google’s attempt to provide answers beyond simple keywords and queries. Answers, for instance, that an intelligent person or entity might provide and that demonstrate some degree of understanding of the concepts behind the questions.

Knowledge Graph は、シンプルなキーワードとクエリーを超えたレベルで、答えを提供しようとする Google の試みである。 たとえば、知的な人材や実体が回答するようなものとなり、また、問題の背景となる概念を、いくつかの視点から理解させていく。

In order to do that, Google has assembled a massive and growing “semantic network” of at least 570 million objects and 18 billion facts about and relationships between them, from sources such as the CIA World Factbook, Wikipedia, and Freebase, an entity graph of “people, places, and things” that is built the same way Wikipedia is: by interested volunteers.

それを実現するために Google は、少なくとも 5億7000万のオブジェクトと、実在している 180億のファクト、そして両者のリレーションシップの中で、成長し続ける膨大な Semantic Network を組み上げていくことになる。そのための情報源は、CIA World Factbook や、Wikipedia、Freebase などであり、そこに 『 People、Places、Things 』の Entity Garaph が加えられる。 なお、この Entity Graph は、Wikipedia と同じ方式により、つまり、興味を持つボランティアにより、構築されていく。

Those facts about things like “Lamborghini Countach,” “bike,” or “cat” — and the connections between them =– are what Google hopes to use to improve search results and make searching more natural, similar in some ways to how Wolfram Alpha and Siri work, at least in their limited contexts. Ultimately, the Star Trek experience would be nice: simply asking computers natural questions.

サーチ結果を改善するために Google が活用したいものはたとえば、“Lamborghini Countach”、“bike”、“cat” といった Things に関するファクトと、それらの関係となる。 そして、少なくとも限定された背景の中で、たとえば Wolfram Alpha や Siri が動くようなかたちで、より自然なサーチを作り上げていく。 究極的には、コンピュータに対して自然に質問するような、Star Trek エクスペリエンスが望まれるだろう。

That’s critical for Google, as Page acknowledged in a rare well-duh moment, saying that ”getting people correct answers is really important for our business.” But he also laid a finger on one of Google’s biggest challenges with Knowledge Graph: internationalization, saying that it was “hard work.”

当然のことのように、『 人々のために正しい答えを得ることが、私たちのビジネスとって、本当に重要なことである』と、珍しくも Page が素早く認めたのは、それが Google にとって、きわめて重要なことだからである。 さらに、彼は、Knowledge Graph を用いた、Google における大きなチャレンジにも目を向けている。 それは、Internationalization であり、きわめて「困難な仕事」であると発言している。

However, if humanity ever develops something that approaches artificial intelligence, it’ll probably be from something like Google Knowledge Graph. Perhaps when Page and team are at something like 75 percent.

しかし、もし人類が、人工知能にアプローチするために、何かを開発していくなら、Google Knowledge Graph のようなものから、始まっていくと思われる。 おそらく、Page のチームが 75% のレベルに達したとき、それが始まるのだろう。

ーーーーー

TAG indexFacebook に Open Graph があるなら、Google には Knowledge Graph があるというわけですね。この二社のような、他とは一線を画する、きわめて膨大なデータを蓄積しているサイトが、この方向へと向かうのは、とても自然なことだと思います。そして、それを実現するために、ハードウェア・インフラの進化も大きく寄与すると推測します。 先日の Open Compute の抄訳にある 『 サーバーの中でラックを走らせる 』という、Intel の 100 GBit 光コネクタなどが実用化されるにつれて、スタートレックへの道筋も見えてくるように思えます。でも、その前に、セマンティック Web の具体化であり、Web 3.0 への回答なんでしょうね。 image

ーーーーー

<関連>

Facebook の Graph Search について、簡単だが説明したい : GigaOM
Facebook の Open Graph を使うなら、Kinvey の BaaS が良さそうだ
Facebook が Open Graph アクションをアップデート
Facebook – Open Graph Beta の概説

Comments Off on Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!

Google の iOS アプリ攻勢に、Apple は耐えうるのか?

Posted in Apple, Google, Mobile, Post-PC by Agile Cat on January 12, 2013

Google’s big push to make better iOS apps than Apple
http://wp.me/pwo1E-5wt
Dec 28, 2012 – By
Erica Ogg
http://gigaom.com/2012/12/28/googles-big-push-to-make-better-ios-apps-than-apple/

_ Gigaom

By creating a bevy of new iOS apps, what Google has been up to is becoming more obvious. It’s made it its mission to not just compete with Apple with the Android platform and Nexus mobile devices, but battle Apple on its own platform.

新しい iOS アプリによる一団を構築することで、Google の評価が明確に上昇している。 それにより、Android プラットフォームと Nexus デバイスで Apple と競合することに加えて、自身のプラットフォームに対して、Apple と戦っていくという使命を与えることにもなった。

Some of the best basic iPhone apps hitting the iOS App Store lately aren’t from the iPhone maker, but from one of its biggest rivals. Google, which recently launched or relaunched a series of well-received apps for Apple’s flagship devices, is now courting Apple developers, in addition to wooing Apple users over to Android.

最近の iOS App Store を揺るがしている、いくつかのベストな基本 iPhone アプリは、その iPhone メーカからではなく、最大のライバルから提供されている。 このところ、Google は、Apple のフラッグシップ・デバイスのための、一連のアプリを立ち上げ/再立ち上げし、好評を博しているが、 Apple ユーザーを Android へと誘いこむことに加えて、Apple デベロッパーのご機嫌をも伺っている。

This week, the company published a recruiting video for an in-house iOS developer team, as noted by 9to5Mac. This video is just the latest part of a recent push from Google emphasizing its commitment to Apple’s platform after its Google Maps and YouTube apps were dumped from their default presence on iOS devices this summer. Google acted shocked and semi-insecure (publicly, at least) when Apple made it known that both apps would no longer come preinstalled on its devices.

今週に 9to5Mac が指摘したように、Google はユーザー企業内の iOS デベロッパーチームをリクルートするための、ビデオを発行している。 それは、この夏に、Google Maps と YouTube のアプリが、iOS デバイスのディフォルトから押し出された後も、Apple プラットフォームへのコミットメントを強調してきた Google が、その姿勢をプッシュするビデオの、最後の部分に加えられたものに過ぎない。それらのアプリを、Apple がプリ・インストールしないことを知られさせたとき、 Google はショックを受けたように振る舞い、また、心もとないように振る舞った(少なくとも公には)

Away from the public war of words, Google has not only recovered from the fallout, but has come roaring back and embraced its status as just another developer working on Apple’s platform — and one that’s trying to best Apple at its own game. You can see this outward confidence in the new video, which invites iOS developers to come “do cool things that matter.

しかし、パブリックな論争から離れてみると、Google は追放からの回復を図るだけではなく、Apple プラットフォームに取り組むデベロッパーとしてのポジションを歓迎し、また、そこへと戻ってきた。つまり、自身の戦い方として、ベストな Apple アプリに取り組んだのだ。 この新しいビデオで、Google  は iOS デベロッパーに対して、クールな振る舞いを求めているが、自信が漂っている状況も確認できる。

Google isn’t just making cool apps that people like on a competing platform, such as its Android mobile OS. It’s making well-liked apps that are core to the functionality of its rival’s devices. By improving on Apple’s Mail, Maps, Safari, Camera and Siri with apps of its own, Google is successfully beginning to wedge itself between the iPhone and iPad maker and its customers. And in the process, it’s begun to build its own lot of loyal iPhone and iPad users.

Google のスタンスは、たとえば Android モバイル OS のような、iOS のコンペティターを好む人々だけに、クールなアプリを提供するというものではない。 そして、ライバルであるデバイスの、コア的な機能を受け持つ、評価の高いアプリを作っている。Apple の Mail/Maps/Safari/Camera/Siri などの機能を、自身のアプリにより改善することで、iPhone および iPad のメーカーと、その顧客たちの間に、Google は上手くクサビを打ち込んでいる。さらに言えば、そのプロセスにおいて、iPhone と iPad のユーザーたちに、自身へのロイヤリティを植え付けている。

The last three months, in fairly quick succession we saw:

この 3ヶ月の間に私たちが見てきた、Google の目覚しい成功は、以下のとおりである:

imageAnd this list doesn’t include other popular, earlier releases in 2012 like Chrome for iOS, and YouTube for iPhone. As has been previously noted by the Next Web, the new design language Google is using in these apps is very, very good. It’s quite clear that Google is swiftly getting better at mobile design.

しかし、このリストには、Chrome for iOSYouTube for iPhone といった、2012年のはじめにリリースされたアプリが含まれていない。 以前に Next Web が指摘したように、これらのアプリに Google が用いている新しい言語は、とても素晴らしくデザインされている。 Google が、迅速なモバイル・デザインを、これまで以上に得意にしていることは、きわめて明確である。

And it’s not an accident: the company’s iOS development team has cultivated a specific look and feel for its products on Apple’s platform. Now it’s devoting and building whole teams to creating apps for iOS. After years of internal debate over the role of apps or websites as the best home for Google services on mobile devices, it’s become pretty clear that those within Google advocating for better apps have prevailed.

それは偶然ではない。 つまり、同社の iOS 開発チームは、Apple プラットフォーム上における、自社プロダクトのルック&フィールを養ってきた。 そして、いまでは、チーム全体で iOS アプリを作り上げていくという情熱がある。 モバイル・デバイス上の Google サービスのための、最適な本拠として機能する、アプリ と Web サイトの役割について、社内で最初の議論が始まってから、すでに数年が経過している。そして、Google が促進する、より優れたアプリが勝利を収めたことで、その考え方の正しかったことが明らかになった。

People are starting to take notice of Google’s improvement at the same time that Apple’s design chops have been taking some heat. When Apple releases a new app these days, its design is nitpicked to death, and complaints about gaudy textures, poor functionality, and confusing design details get the design community and users in a huff. The Apple Maps disaster is just one example. But Podcasts, Siri, Calendar, Game Center and more have also been met with criticism.

Apple のデザイン手法が、いくつかの物議を醸し出しているときに、人々は Google の進化を心に留め始めている。 近ごろ、Apple が新しいアプリをリリースすると、そのデザインは徹底的にあら捜しされる。そして、けばけばしいテクスチャや、粗末な機能に対して苦情が寄せられ、また、紛らわしいデザインにより、デザイン・コミュニティとユーザーは怒りをあらわにする。 Apple  Maps の大惨事は、単なる 1つの例に過ぎない。そして、Podcasts/Siri/Calendar/Game Center なども、批判にさらされる状況にある。

2013 is going to be a year when Apple must prove itself again in many ways: can its leaders improve the company in the eye of investors? Can it come up with more revolutionary products that keep customers coming back? Can it continue to stave off tablet challengers?

2013年は、あらゆる手法を用いてでも、Apple が自身を証明しなくてはならない、重要な1年になりつつある。同社のリーダーたちは、投資家の視点から改善できるだろうか? そして、顧客たちを呼び戻すことが可能な、革命的なプロダクトを思いつくだろうか? それにおり、タブレットでの挑戦者たちを、食い止め続けられるだろうか?

And now with Google’s full-court press on iOS, another big thing we’ll be watching for is whether Apple’s internal reorganization can produce basic apps that are core to its own device’s experience and will defend and reassert Apple’s design strengths.

そして、いまでは iOS 上に、Google の防衛ラインが出来上がってしまっている。 また、私たちが注目する、もう 1つの大切なポイントは、Apple が内部を再編成し、自身のデバイスにおけるエクスペリエンスのための、コアとなる基本的なアプリを生み出せるかどうかという点である。それは、Apple の強みであるデザインを防御し、また、その主張を取り戻すものとなる。

Subscriber Content

ーーーーー

imageこのところ、Google の音声検索に、とても感心という Agile_Cat ですが、たとえば、この音声検索と Maps を組み合わせた、次の次元へと Google の狙いは移行しているようにも思えます。 先日ですが、音声検索で『松山空港』を検索して、Google Maps を開いたあとに、今度は『居酒屋』を検索すると、松山市内の居酒屋がリストアップされてくるのを知りました。もちろん、参照する地図が、『千歳空港』でも、『鹿児島空港』であっても、それぞれの地元の居酒屋が、同じように検索されるのです。つまり、Google の複数のサービスをまたいだ形で、ユーザーの関心事をトラッキングすることで実現されるサービスが、すでに実用化のレベルに入っているのです。それを見て Apple も、頭を抱えているのかもしれませんが、あるしゅの未来を Google が見せているなら、それに対抗しない手はないと思います。 Apple が Twitter を買収すればよい、という主張もあるようですが、なかなか良いアイデアだと思うのです。 image @ Boston

ーーーーー

<関連>

Google Maps の広告が、Twitter に掲載される事情とは?
Google Maps が Apple アップ・ストアに登場した : 前より Good だ!
Google Maps のスタッフは 7000人 : Apple は どうするの?
Google Now が iOS に侵攻 : Siri なんて単なるジョークだ
iPad 2 で Google の音声検索 : めちゃイケです
Google Maps は Big Data を使いこなすが、Apple Maps には それが出来ない

Comments Off on Google の iOS アプリ攻勢に、Apple は耐えうるのか?

%d bloggers like this: