Agile Cat — in the cloud

シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Government, Microsoft by agilecat.cloud on July 26, 2016
Singapore chats up Microsoft bots in smart nation initiative
Eileen Yu for By The Way – July 12, 2016
http://www.zdnet.com/article/singapore-chats-up-microsoft-bots-in-smart-nation-initiative/
zdnet-logo
Singapore is looking to tap artificial intelligence technology to enable more natural and simpler interactions with its e-government services.
 
Singapore では、電子政府サービスにおける自然で簡潔なインタラクションを実現するための、人工知能の活用に関心が集まっている。
 
Led by industry regulator Infocomm Development Authority of Singapore (IDA), the new initiative would see the use of Microsoft’s “conversations as a platform” pitch to explore opportunities in developing the country’s next-generation government services based on “conversational computing”.
 
この新たな取り組みは、Infocomm Development Authority of Singapore (IDA) という、産業政策のための組織に率いられ、Microsoft の Conversations as a Platform を用いられると予測されている。それは、会話のためのコンピューティングに基づき、同国における次世代の政府サービスを、発展させるチャンスを探求するものになる。
 
singaporeImage – pixabay
 
According to Singapore’s Minister for Foreign Affairs and Minister-in-Charge of Smart Nation Vivian Balakrishnan, IDA and Microsoft would co-develop “chatbots” to support selected public services. These intelligence software tools would assume the role of digital representatives, simulating human behaviour, and enable interactions that were more user-friendly and consistent, said the minister, who announced the new initiative at this week’s World Cities Summit.
 
Singapore の  Foreign Affairs と Smart Nation を率いる Vivian Balakrishnan によると、IDA と Microsoft が、いくつかの公共サービスをサポートするために、Chat Bot を共同開発するようだ。今週に開催された World Cities Summit で Balakrishnan は、それらのインテリジェントなソフトウェア・ツールは、人間の行動をシミュレートすることで、さらにユーザー・フレンドリーで、一貫性のあるインタラクションを実現する、デジタルによる窓口という役割を担う、と述べている。
 
New proof-of-concepts would be built to integrate conversational intelligence into public services, with efforts focused on making these more “anticipatory” and engaging for the general public.
 
一般市民に未来を提供し、より以上のエンゲージメントを得るために、会話のインテリジェンスを公共サービスに統合するための、新しい PoC (proof-of-concepts) が推進される。
 
“I believe there are more intuitive ways for government services to be delivered to our citizens,” Balakrishnan said. “Everybody expects responsive and personalised interactions in real-time. The recent quantum improvement of natural language processing means that ‘conversations’ will be the new medium.”
 
Balakrishnan は、「市民に提供されるべき行政サービスにおいて、より直感的な方法があると考えている。誰もが望むのが、リアルタイムで応答する、パーソナライズされたインタラクションである。このところの、自然言語処理における量子コンピューティングの進化により、新しいメディアとしての会話が成立するだろう」と述べている。
 
Microsoft CEO Satya Nadella said in a statement: “As everything around us becomes more digitised, conversations as a platform is a new shift that applies the understanding of human language to computers and computing, which can transform every industry.”
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、「私たちを包み込む、すべてがデジタライズされるにつれて、コンピュータによる自然言語の理解を活用するための、会話のプラットフォームへと向けた新たなシフトが起こる。それにより、すべての業界に変革が起こるだろう」と述べている。
 
The software vendor added that its strategy here centred on the use of human language, artificial intelligence, and machine learning to improve computing interfaces and interactions. Using these technologies to power bots, services could be transacted within a conversation–be it spoken or text–rather than through the navigation of icons, webpages, or applications.
 
このソフトウェア・ベンダーは、コンピューティングにおけるインターフェイスとインタラクションを改善するために、自然言語/人工知能/機械学習の利用を、その戦略の中心に加えている。このテクノロジーがもたらすパワーをボットで用いることで、会話の中でトランザクションを実施するサービスが成り立つ。つまり、アイコンや Web ページやアプリケーションに換えて、音声やテキストによる操作が実現されるのだ。
 
Under the agreement with Microsoft, IDA would implement the proof-of-concept in three stages during which the chatbots would first tap a database to answer simple questions from users of selected e-government services. They then would be used to help users complete simple tasks and transactions on government websites. At the final third phase, the chatbots would have the capabilities to respond to personalised user queries.
 
今回の Microsoft との契約に基づき、IDA は三段階で PoC を実施していく。最初のステップでは、選択された電子政府サービス・データベースと Chat Bot を連携させ、ユーザーによる簡単な質問に答えていく。第二のステップでは、ユーザーのシンプルなタスクと、政府の Web サイト上でのトランザクションを処理することになる。第三のステップでは、パーソナライズされたユーザーのクエリーに対して、Chat Bot が応答していくことになるだろう。
 
The initiative also would assess support for multi-languages and multiple user age groups. The prototype would be developed and tested at Microsoft’s Centre of Excellence for digital transformation for government and industry.
 
今回の取り組みでは、複数の言語をサポートすること、そして、それぞれのユーザーの年齢層をカバーすることが評価される。政府と産業界におけるデジタル・トランスフォーメーションのために、Microsoft の Centre of Excellence で、プロトタイプの開発と試験が推進されるのだろう。
 
IDA had previously rolled out its own artificial assistant initiative, called Ask Jamie, across several government agencies.
 
これまでの IDA では、いくつかの政府機関をカバーするために、Ask Jamie と呼ばれる AI アシスタントの取り組みが進められていた。
 
ーーーーー
asia-pacific 2シンガポール政府が進めている政策として、Smart Nation というものがあります。その名の通り、国民自体がスマートになり、IT をフル活用するようになろうという試みのようです。地理的にコンパクトで、世界の IT 企業が進出しているシンガポールは、最先端のアイデアを実施するには、とても適した都市国家なのでしょう。この5月に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、ベースとなる ACCA のレポートによると、シンガポールは2位にランクされています。Microsoft の Cortana が、電子政府で活躍することになれば、とても先進的な事例が確立されます。成功して欲しいですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果をチャートで!
Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
中国の 4G LTE ユーザー数が、あっと言う間に 5.6 億人を突破した!
アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用
 

Comments Off on シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!

アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

Posted in .Chronicle, Asia, Research by agilecat.cloud on June 17, 2016
7 in 10 APAC firms use cloud software
By Enterprise Innovation editors | 2016-06-09
http://www.enterpriseinnovation.net/article/7-10-apac-firms-use-cloud-software-252773345
 
_Enterprise Innovation
 
Seven in every 10 (70%) Asia-Pacific businesses that currently use the cloud are internationalized, compared to only one in five (22%) of non-cloud users, a joint study by Netsuite and Frost & Sullivan shows.
 
Netsuite と Frost & Sullivan の共同調査によると、Asia-Pacific の企業の 70% がクラウドを利用し、グローバル化を達成していることになる。その一方で、クラウドを採用しない企業は 22% に過ぎないと、その調査結果が物語っている。
 
Further, 71% of cloud users have entered new geographic markets in the past five years, compared to only 31% of non-cloud users.
 
さらに言えば、これまでの 5年間において、クラウド・ユーザーである企業の 71% が、アジアという新しいマーケットに参入しており、非クラウド・ユーザー企業の 31% という比率に対して、大きな差をつけていることが判明した。
 
CNAClick to CNA >>> 
 
Additionally, 45% of cloud users believe that use of cloud solutions has enabled them to internationalize more quickly, including 41% of businesses in Singapore and 45% of businesses in Hong Kong.
 
また、それらのクラウド・ユーザーたちの 45% が、クラウド・ソリューションを活用することで、迅速な国際化が可能になったと確信している。この値には、Singapore 企業の 41% と、Hong Kong 企業の 45% が含まれる。
 
The study covered more than 800 senior executives (CEOs, CFOs and finance managers, CIOs and other senior managers) across Australia, Hong Kong, New Zealand, the Philippines and Singapore.
 
この調査は、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore における 800社以上の企業に対して実施され、CEO/CFO/CIO などの上級管理職が回答している。
 
Findings show that overseas expansion is viewed as a major growth engine for businesses in Singapore and Hong Kong, which often face limited growth potential domestically due to the small population size and falling growth rates in their local markets.
 
この調査結果は、Singapore と Hong Kong の企業における海外展開が、主要な成長のエンジンであることを示している。この二国においては、ローカル・マーケットを構成する人口の少なさから、おのずと海外へ目を向けることになる。
 
“Our research has shown how industry change is not just continuing, but accelerating. Two new key factors that are driving this change have emerged from this study — significant increase in business costs and evolving customer needs,” said Mark Dougan, managing director for Australia and New Zealand at Frost & Sullivan.
 
Frost & Sullivan の Managing Director for Australia and New Zealand である Mark Dougan は、「私たちの調査は、産業界の変化が継続的なものではなく、加速していくものだという状況を示している。この調査から浮かび上がってきた変化は、ビジネス・コストの大幅な上昇と顧客ニーズの進化という、二つの新しい要因により促進されている」と述べている。
 
“These trends may create new challenges for organizations, but at the same time they also create significant opportunities for growth, with internationalization topping the list,” said Dougan.
 
Dougan は、「こうしたトレンドは、組織にとって新たな課題を生み出すが、それと同時に、優先リストのトップに国際化を掲げることで、成長のための重要なチャンスをもたらしている」とも述べている。
 
The study shows that in 2016, 38% of senior executives believe their industry is changing “fast” or “very fast”, compared to 28% in 2014 and only 7% in 2010. A critical area that businesses are exploring is to expand their international footprint, in part supported by increasing economic integration in the Asia-Pacific region.
 
この、2016年における調査では、前述の上級管理職の 38% が、それぞれの業界における変革が、きわめて速いペースで起こっていると述べている。この数字は、2014年では 28% であり、また、2010年に僅か 7% に過ぎなかった。それらの企業が模索しているビジネスの領域は、Asia-Pacific で高まっている経済的な統合を促進することで、国際的なフットプリントを拡大することにあるのだ。
 
According to the study, while not all businesses have yet entered overseas markets, globalization is currently seen as an opportunity rather than a threat by 83% of organizations, particularly in Singapore, New Zealand and the Philippines.
 
すべての企業が、すでに海外市場に参入しているわけではないが、グローバル化は脅威ではなくチャンスであると、この調査は示している。とりわけ、Singapore/New Zealand/Philippines では、83% の企業が、そのように回答している。
 
“For Hong Kong in particular, a significant majority of small businesses are already internationalized at 75%, well above Singapore’s figure of 54%,” Dougan said.
 
「Hong Kong の特徴として、中小企業の大半とも言える 75% が、すでに国際化を達成している点が挙げられる。その数字は、Singapore でも 54% になっている」と、Dougan は述べている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2APAC といっても、Australia/Hong Kong/New Zealand/Philippines/Singapore を対象とした調査であり、大きな国内マーケットを抱えている国々はありません。各国の人口を順に並べると、2300万/700万/450万/9800万/540万であり、これからの内需拡大を期待できるのはフィリピンくらいなのかと思われます。また、対象となるのは 800社だけであり、それも Netsuite ユーザーに限られるのでしょう。とは言え、これらの国々では、70% の企業がクラウドを利用し、グローバル化を達成しているというのは、とても新鮮な驚きです。同じ調査を日本で実施すると、どのような結果になるのでしょうかね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのパブリック・クラウド料金:欧米よりも高額だと指摘する調査結果とは?
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on アジアの調査: 香港やシンガポールでは、70% 以上の企業がクラウド・サービスを利用している

南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加

Posted in .Selected, Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on May 27, 2016
Australia and NZ to get new subsea cable
Juha Saarinen− Mar 17 2016
http://www.itnews.com.au/news/australia-and-nz-to-get-new-subsea-cable-417034
 
_ it news
 
The first stretch of the Tasman Global Access (TGA) subsea cable will be laid at Ngarunui Beach in Raglan, New Zealand by the end of March, marking the first step in the build of the 2300 kilometre connection to Australia. TGA is a joint US$70 million (A$92.5 million) project to lay a two-pair fibre-optic cable across the Tasman by Telstra, Spark NZ and Vodafone NZ.
 
Tasman Global Access (TGA) の海底ケーブルの最初の一歩は、Raglan, New Zealand の Ngarunui Beach への陸揚げであり、この 3月末までには、2,300 km 先の Australia との接続が構築される。TGA は US$70 million (A$92.5 million) を投じる、Telstra/Spark NZ/Vodafone のジョイント・プロジェクトであり、二対のファイバ・ケーブルで Tasman 海を横断することになる。
 
TGASource: vendors.
 
Originally announced in 2013 with a completion date of late 2014, TGA was delayed after Telstra slashed its original one-third investment in the cable to just US$6 million, or a 9 percent stake.
 
2013年に発表された時点では、2014年の後半に完成する予定だったが、費用の 1/3 を満たすはずだった Telstra からの出資が、全体の 9% (US$6 million) に削減されたことで、2016年までズレこむことになった
 
Alcatel-Lucent Submarine Networks has been contracted to lay the cable, which is estimated to be ready by the end of the year. Once operational, TGA is expected to provide 20 terabit/s capacity. It will complement and provide redundancy for the Southern Cross Cable System, which is 40 percent owned by Spark NZ.
 
この海底ケーブルの敷設に関しては、Alcatel-Lucent Submarine Networks も契約の準備を整えており、今年の末までには実現されるようだ。TGA の運用が開始されると、そのキャパシティは 20 terabit/s にいたると期待されている。そして、Spark NZ が 40% を所有する Southern Cross Cable を補完し、また、冗長性を提供することになる。
 
The telcos had originally promised the cable would provide 30 terabit/s capacity but declined to comment on the reduced capacity. The three telcos also expect TGA to capitalise on burgeoning demand for bandwidth between NZ and Australia, expected to rise by 1100 percent in the next decade.
 
このプロジェクトに参加するテレコムたちは、当初は  30 terabit/s のキャパシティを約束していたが、それが低減したことについては、コメントを発していない。また、それらのテレコム三社は、これからの十年間で 1,100% の上昇が予測される、NZ – Australia 間のバンドワイズに対して、TGA が適切に投資になることを期待している。
 
Initially, the specially-equipped NZ ship MV Tranquil Image will bury three kilometres of optic fibre into the surf zone and sea at Raglan’s Ngarunui Beach, before a larger Alcatel-Lucent Submarine Networks (ASN) ship arrives to connect it to the longer length going to Narrabeen Beach in NSW, Australia.
 
最初に、特別な装備を施した、NZ 船の MV Tranquil Image が、Raglan の Ngarunui Beach で、ファイバ・ケーブルと 3km の距離にわたって埋設していく。その後に、Alcatel-Lucent Submarine Networks (ASN) の大型船が到着し、NSW, Australia の Narrabeen Beach から伸びている、長いケーブルと接続することになる。
 
The consortium warned that the schedule for the work on the Australian connection of the TGA was subject not only to weather conditions at sea, but the availaibility of ASN crew, equipment and ships.
 
このコンソーシアムは、TGA の Australia 接続の作業スケジュールが、海洋の気象条件だけに影響されることはなかったと指摘している。つまり、ASN の乗組員/設備/船舶の都合もあったと述べているのだ。
 
Currently, ASN’s main cable-laying ship for the Oceania region, the Île de Ré, is engaged in urgent repairs on the Basslink interconnector between Tasmania and mainland Australia. The ship is expected to occupied with that work until May this year at least.
 
ASN が Oceania のために所有している Île de Ré という主力艦だが、Tasmania と Australia を接続する Basslink インターコネクトの補修に、現時点では専有されている。このケーブル船だが、少なくとも 5月までは、その作業に従事すると予測されている。
 
ーーーーー
Telecom先日に、「クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落」という抄訳をポストしましたが、日本が 3.9p という低スコアだった指標の Intenational Connectivity で、ニュージーランド 4.6p/オーストラリア 4.3p が記録されています。この両国の IT 市場の規模は小さいですが、着実に成長していることが、この新しいケーブルの背景にあるのでしょう。また、オーストラリア西海岸とシンガポールをつなぐ、SEA-ME-WE-3 という海底ケーブルに代えて(古くて遅い)、Telstra と SingTel が 20TB の APX-West という海底ケーブルを新設するというニュースもあります。2011年 3月 11日に発生した東日本大地震では、太平洋を横断する動脈である PC-1 が被災したこともあり、このような形で冗長性が担保されていくのは素晴らしいことだと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
 

Comments Off on 南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on February 17, 2016
The cost of mobile data in Southeast Asia (INFOGRAPHIC)
Nadine Freischlad – Dec 30, 2015
https://www.techinasia.com/cost-mobile-data-southeast-asia-infographic
 
_ tech in asia
 
Smartphones are getting cheaper by the day – but they’re not much more than dumb bricks unless we incessantly feed them with data packages. This can become expensive.
 
スマートフォン自体は、日を追うごとに安価になってきているが、それらを大量のデータ・パッケージで使い倒すことができない限り、単なる石版以上のものにはならない。そして、その通信料は、高価になり得るものなのだ。
 
Across Southeast Asia, the cost of mobile data varies widely, as do the packet sizes and deals offered by respective carriers.
 
そして、Southeast Asia 全体を眺めてみると、各国のキャリアたちが提供するパケットの、サイズと対価が多様化するにつれて、モバイル・データにおけるコストも大きく異なってきている。
 
How affordable is 1 GB of data?
 
cost of mobile dataClick to Infographic >>> 
 
For this infographic, Tech in Asia compiled data from all Southeast Asian countries and calculated the typical price of 1GB (in US$) for each. We also looked up the minimum wage for each country.
 
このインフォグラフィックは、Southeast Asian 諸国のデータを、Tech in Asia が編纂したものである。そして、1GB のデータを送受信する際の、一般的なコストも US$ で算出している。 さらに言うなら、それぞれの国々における最低賃金との比較にも注目している。
 
 (Brunei, Cambodia, and Singapore are exceptions because they don’t have an official minimum wage. In these countries, we picked the typical wage of a low-income worker, such as in the garment or tourism industry).
 
(Brunei/Cambodia/Singapore に関しては、公的な最低賃金が定められていないため、独自の方式で算出してみた。 具体的に言うと、衣服や観光といった産業における、低所得者層の一般的な賃金を選んでいる)
 
Based on this, we calculated the estimated hours a worker has to put in to afford 1GB of data in their country. In some, it’s quite affordable. In others, not so.  There are a few surprises.
 
私たちは、こうした情報をベースに、それぞれの国において 1GB のデータを利用する際に必要となる、対価を得るための労働時間を計算した。いくつかの国々では、きわめて安価なものとなるが、そうならない国々が多々ある。 それは、驚くべきものでもある。
 
References: all data plan cost info comes from prepaid-data-sim-card.wikia.com, except Timor Leste, which is from Telcomcel.
 
ーーーーー
GDP PPPasia-pacific 2とても興味深いインフォグラフィックです。 念のために、計算の方式を説明しておきますと、それぞれの国における、1GBの料金と最低賃金を米ドルで示し、割り算することで、1GB を得るために必要な労働時間を算出する方式となっています。 つまり、それぞれの国の物価を前提にして、1GB の価値を算出しているインフィックなのです(例:マレーシアの場合には、1GB を得るために 3時間45分の労働が必要)。 まず、驚いたのが、ブルネイの裕福さです。誰もが、シンガポールが1位と予測するでしょうが、産油国の経済は、ほんと桁違いなのですね。また、まったくと言って良いほど、情報が入ってこないラオスが、中位につけているのも驚きでした。そして、東南アジア全体を眺めてみると、その中に、かなりの経済格差があるのだと、認識を新たにします。 このような、購買力平価的な視点で分析してもらえると、これまでは見えなかったものが見えてきます。とても素晴らしい調査だと思います! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on 東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?

iPhone 6S の 浸透率でアジアが Top-3 を独占: それを示す1枚のチャート!

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on October 17, 2015
These countries are the hungriest to upgrade to the new iPhones
Matt Rosoff – Oct 16, 2015
http://www.businessinsider.com/iphone-6s-and-6s-plus-uptake-by-country-2015-10
 
_ Business Insider
 
The new iPhone is big in Japan.
 
新しい iPhone が、最も受け入れられているのは Japan である。
 
According to statistics from app marketing and analytics company Localytics, compiled here by Statista, the new iPhones already made up 6% of the total iPhone installed base in Japan after just two weeks. Hong Kong was close behind, with 5.8%, and the larger iPhone 6S Plus made up about one-third of that total. Of the countries measured, Canadians were the least hungry to upgrade.
 
アプリのマーケティングと分析を行っている Localytics の統計データを、Statista がチャートにしてくれた。新しい iPhone が発売されてから、ちょうど 2週間が経過したところだ。そして、この短い期間に、Japan における iPhone 6S と 6S Plus は、すべての iPhone に対して 6% を占めるに至っている。それに続くのが、5.8% の Hong Kong だが、ここでは、大型スクリーンの iPhone 6S Plus が1/3 を占めている。今回の調査の対象となった国々の中で、アップグレードに対する関心度が、最も低かったのは Canada である。
 
Chart-New-iPhone
Click to Large
ーーーーー
weekendなぜ、これらの国々が対象になっているのか、それが分からなかったので、リンク先をたどっていったら、iPhone 6S リリース 第一陣の、12カ国とのことでした。それにしても、Top-3 をアジアが独占というのが凄いですね。 そして、販売台数では、中国が他を圧倒していると予測できます。 とう言うわけで、Apple には、もっとアジアを大切にしてくれと言いたいですね。 あの、日本語入力を、なんとかしろと言いたいです。iPad に BT キーボードをつなげて、一度でいいから試してくれと、Tim Cook と Jony Ive に言いたいです。ハイ。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の3台に1台は中国で売れている? iPhone 6S でも中国は伸び続けるのか?
iPhone 6S だが、発売と同時に 1300万台を売り切ったようだ: 1枚のチャートで
iPhone 6S は速くなくて、iPhone 6 は遅くないのか? そんなユーザー心理をチャートで!
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める:それを示す1枚のチャート
iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない
 

Comments Off on iPhone 6S の 浸透率でアジアが Top-3 を独占: それを示す1枚のチャート!

香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!

Posted in .Selected, Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 25, 2015
Global Cloud Xchange to Expand Singapore-India Connectivity
August 21, 2015
http://prnw.cbe.thejakartapost.com/news/2015/global-cloud-xchange-to-expand-singapore-india-connectivity-2.html
 
_ Jakarta Post
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ — Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications (RCOM), today announced the expansion of Singapore-India connectivity to a broader base of global enterprises and carriers.
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ —  Reliance Communications (RCOM) の子会社である Global Cloud Xchange (GCX) が、Singapore と India を接続するためのネットワークを強化し、グローバルにおける多様なエンタープライズおよびキャリアに提供すると発表した。
 
GCX will acquire capacity on the TIC cable between Singapore and Chennai, which will be extended across the seven Indian Capital Cities on GCX domestic network within India. This terrestrial and submarine network will play a key role in Reliance’s expansion of its Cloud Xchange (Cloud X) nodes which will be the terminal points across this new network.
 
GCX は、Singapore と Chennnai を結ぶ TIC ケーブルのキャパシティを取得し、自社の国内ネットワーク上における 7つの Indian Capital Cities へ向けて拡張することになる。この、地上と海底のネットワークを組み合わせることで、Reliance の Cloud Xchande(Cloud X)上での Reliance の拡張を実現し、そのネットワークの終端となるノードを構築していく。
 
GCX“We are pleased to utilize the existing subsea cable infrastructure to deliver immediate capacity to meet growing requirements of our global business customers,” said Bill Barney, CEO of Reliance Communications (Enterprise) and GCX. “This will also support our digital backbone as we complete deployment of our Cloud X nodes across India.”
 
Reliance Communications (Enterprise) and GCX の CEO である Bill Barney は、「この、既存の海底ケーブルをインフラストラクチャとして利用することで、グローバルで事業を展開している顧客たちに対して迅速にキャパシティを提供し、急速に成長しているビジネスをサポートできる。そして、India 全土に展開している Cloud X ノードを完全なものにするための、デジタルバックボーンのサポートまで可能になる」と述べている。
 
Based on current 100G technology, GCX will be able to deliver significant capacity across this important Singapore-India route with the ability to further upgrade in the future based on technological advancements and market demand. The new capacity will interconnect with RCOM’s established network of data centers, connected by India’s largest terrestrial fiber network which also connects seamlessly into GCX’s global infrastructure – the world’s largest privately owned subsea cable system.
 
現状における 100G テクノロジーをベースに、GCX にとって重要な Singapore − India ルートに充分なキャパシティを加えることが可能となり、また、将来におけるテクノロジーの進化とマーケットの要求に応えるための、さらなる前進が約束される。この海底ケーブルから得られるキャパシティも、RCOM のデータセンター・ネットワークと相互接続され、また、India で最大の地上ファイバー・ネットワークと接続され、さらには、GCX のグローバル・インフラにシームレスに接続される。つまり、民間が所有する海底ケーブル・システムとしては、世界で最大級の構成が実現されることになる。
 
While RCOM’s infrastructure already constitutes a vital core of India’s digital backbone, the enhanced Singapore-India connectivity will deliver further diversity to meet growing market demands. “This will be a mission-critical component in the digital transformation of India and its connectivity to the world,” Barney added.
 
すでに RCOM のインフラは、India におけるデジタル・バックボーンの、重要なコアを構成しているが、Singapore – India 接続の強化により、これまで以上の多様性が提供され、成長するマーケットの需要が満たされていく。Barney は、「 今回の拡張は、India における次世代デジタルを実現する構成要素であり、また、世界への接続を約束するものになる」と付け加えている。
 
About Global Cloud Xchange
 
Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications, offers a comprehensive portfolio of solutions customized for carriers, enterprises and new media companies. GCX owns the world’s largest private undersea cable system spanning more than 67,000 route kms which, seamlessly integrated with Reliance Communications’ 200,000 route kms of domestic optic fiber backbone, provides a robust Global Service Delivery Platform.
 
Reliance Communications の子会社である Global Cloud Xchange(GCX)は、キャリアやメディアなどを含むエンタープライズに対して、カスタマイズされた包括的なソリューションによるポートフォリオを提供している。また、GCX が所有する、世界でも最大級のプライベート海底ケーブル・システムは、全長で 67,000 Route km におよぶものとなる。それらは、Reliance Communications が国内に展開する、200,000 Route km の光ファイバ・ネットワークとシームレスに接続され、堅牢な Global Service Delivery Platform のベースとなっている。
 
With connections to 40 key business markets worldwide spanning Asia, North America, Europe and the Middle East, GCX delivers Managed Services to more than 160 countries and offer extensive VPLS-enabled Ethernet network capabilities globally. GCX is equipped to support businesses through the deployment of next generation Enterprise solutions across its Cloud Delivery Networks.
 
Asia/North America/Europe/Middle East における、40の主要マーケットに広がるワールドワイド・ネットワークにより、GCX は 160カ国以上に Managed Services を提供し、また、大規模な VPLS-enabled Ethernet ネットワーク機能を、グローバルに提供している。そして GCX は、同社の Cloud Delivery Networks を横断する、次世代エンタープライズ・ソリューションの展開を通じて、あらゆる企業をサポートしている。
 
For More Information, contact:Genevieve LiTel:  +852-6028-8236Email:  gli@globalcloudxchange.com
 
ーーーーー
india-endorses-full-foreign-ownership-of-mobile-telcosTelecomこの Global Cloud Xchange という名前が気になって、ついつい訳してしまいました 🙂   インドでは年間で1億台くらいのスマホが売れていますし、シンガポールはデータセンター・ラッシュですし、、、というわけで、何かの関連性があるとは思っていましたが、こんな展開になっているのですね。 いまから2年ほど前に、「インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?」という抄訳をポストしましたが、そこには Reliance Communications(RCOM)の名前は入っていません。 おそらく、モバイル・キャリアという位置づけではないのでしょう。 そして、Wiki で Reliance を調べると、インドで4番手のテレコム事業者だと説明されています。 また、GCX 自体は、香港ベースの企業のようです。インドもシンガポールもホットですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

Comments Off on 香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!

Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Equinix by agilecat.cloud on August 11, 2015
Equinix Kicks Off Singapore Data Center Expansion
Yevgeniy Sverdlik – Aug 10, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/08/10/equinix-kicks-off-singapore-data-center-expansion/
 
_ DC Knowledge
 
Equinix has commenced build-out of the second phase of its largest data center in Asia-Pacific, located in Singapore. The company announced the launch of the first phase of SG3 only in March, and the latest announcement illustrates how high the demand for data center space in the tiny island nation is growing.
 
Equinix が Singapore において、その Asia-Pacific 大規模データセンターの構想の、第二段階に着手した。同社は 3月の時点で、SG3 データセンターに関する、第一段階の立ち上げだけを発表していたが、今回のアナウンスメントが示唆するのは、この小島に立脚する都市国家において、データセンター・スペースへの需要が高まっているという状況である。
 
Equinix DCInside Equinix’s SV5 data center in San Jose, California
(Photo: Equinix)
 
Recently valued at about $1 billion, the Singapore data center market is a hub for serving customers in Southeast Asia, China, and the rest of the Asia Pacific. Structure Research, the market research firm that pegged Singapore’s market size at $1 billion, expects it to reach $1.2 billion next year.
 
最近の調査において、$1 billion の時価総額になると評価された Singapore のデータセンター市場は、Southeast Asia と China を含む Asia Pacific のハブであり、また、それに相応しいサービスを顧客たちに提供している。この Singapore データセンター市場に対して、$1 billion という評価額を付けた、マーケット調査会社の Structure Research だが、来年には $1.2 billion の規模に達すると予想している。
 
There are about 50 data center service providers on the island, operating more than 40 data centers, according to Structure. Redwood City, California-based Equinix is the second-largest player in the Singapore data center market, following the local telco Singtel.
 
Structure Research によると、この小島には約 50社のデータセンター·サービス·プロバイダーがひしめいており、また、40ヶ所以上のデータセンターが運用されているという。Redwood City, California ベースの Equinix は、この市場を支配するローカル・テレコム Singtel に続いて、二番手の Singapore データセンター・プロバイダーとなっている。
 
Other major players are Singapore’s Keppel, UK’s Global Switch, and San Francisco-based Digital Realty Trust.
 
そして、Singapore の Keppel や、UK の Global Switch、そしてSan Francisco の Digital Realty Trust などが、主要プレイヤーとして名前を連ねている。
 
Following the 1,000-cabinet first phase, Equinix expects to build out enough space for 2,000 more cabinets this time around. The building’s total capacity is 5,000 cabinets.
 
Equinix は、第一段階における 1000 キャビネットに続いて、2000 キャビネット以上に対応するスペースを、今回の拡張において構築する予定である。おそらく、今回の建物の総容量は、5000 キャビネットに対応するものとなる。
 
The facility’s first two tenants were Datapipe and Orange. Another customer, revealed recently, is Fujitsu.
 
このファシリティにおける最初ののテナントは、Datapipe と Orange になるようだ。 そして、最新の情報では、Fujitsu もテナントとして名前を連ねている。
 
With the second phase, the company’s total investment in Singapore amounts to $350 million, Equinix said in a statement.
 
今回の第二段階となる拡張を加えると、Singapore への資額は $350 million という総額に至ると、Equinix はステートメントで述べている。
 
“Singapore is en-route to becoming a Smart Nation, integrating all aspects of technology into a coherent and cohesive whole to improve the way people live, work and play,” Clement Goh, Equinix’ managing director for South Asia, said in a statement. “SG3 phase two was launched to help companies like Fujitsu ensure that they are in a solid position to support their customers’ needs.”
 
Equinix の Managing Director for South Asia である Clement Goh は、「 Singapore は、Smart Nation と呼ばれる国策に邁進している最中だ。 それは、人々の生活と仕事を、そして人生の楽しみ方を改善するための、一貫性と持続性を兼ね備えたテクノロジーに、すべての側面を統合していくという戦略である。なお、SG3 データセンターにおける第二段階は、Fujitsu などの企業を支援するものとなる。つまり、それらの企業の顧客ニーズをサポートし得る、確固たるポジションを提供していくことになる」と、そのステートメントで述べている。
 
ーーーーー
_Equinix先月にポストした「コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!」という抄訳でも、Equinix のマーケット支配力が明らかにされていました。 そして、二年以上も前の「シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る」を見ると、シンガポール政府と Equinix の Win-Win 関係が、そのときから約束されていたように思えてきます。Equinix もスゴイけど、シンガポールもスゴイと、思わず唸ってしまいます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドも Equinix 接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
 

announced the launch of the first phase

Comments Off on Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!

%d bloggers like this: