Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

Posted in Cisco, Hybrid, On Monday by agilecat.cloud on October 19, 2015
Cloud Computing: IDC Says the “Second Wave” of the Cloud is Coming but Only 1 Percent Fully Prepared
By Dick Weisinger – October 13th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-idc-says-the-second-wave-of-the-cloud-is-coming-but-only-1-percent-fully-prepared/
_ formtek
Businesses no longer see the cloud as just a way to reduce costs.  They are turning to the cloud to achieve innovation, growth and disruption, according to a new report by IDC sponsored by Cisco.
 
それぞれの企業は、もはやコストを削減するだけの手法として、クラウドを捉えてはいない。 つまり、イノベーションを達成し、破壊に続く成長を実現するためのクラウドへと移行している。それが、Cisco の依頼により、IDC が実施した調査の結果である。
 
Gauguin_7The report said that companies are now entering the “second wave” of the cloud, but only 1 percent have been able to optimize their strategy for how they utilize the cloud.  And the report finds that about one-third of businesses don’t have any cloud strategy
 
ただし、このクラウド第二波が訪れているというのに、それを活用するための戦略を最適化している企業は、わずか 1% に過ぎないとも、前述のレポートは指摘している。 そして、さらに、何らかのクラウド戦略を有している企業は、全体の 1/3 程度であることも、指摘している。
 
Nick Earle, Cisco’s senior vice president, global cloud and managed services sales, said that “as we talk with customers interested in moving to the second wave of cloud, they are far more focused on private and hybrid cloud. Primarily because they realise that private and hybrid offer the security, performance, price, control and data protection organisations are looking for during their expanded efforts.”
 
Cisco の Senior VP, Global Cloud and Managed Services Sales である Nick Earle は、「 クラウド第二波への移行に関心のあるユーザー企業と話すにつれて、彼らの関心が、プライベート/ハイブリッド・クラウドに集中していることが分かってきた。なぜなら、それらの企業にとっては、クラウドの拡大/拡張に取り組んでいる間に、プライベートおよびハイブリッドが、セキュリティ/パフォーマンス/コスト/データの制御と保護を実現していったという、とても重要な理由があるがらだ」と述べている
 
Other findings from the IDC report include:
 
この IDC レポートにおける興味深い視点は、以下のとおりである:
 
  • Perceived benefits of the cloud include speed, efficiency and revenue growth
  • More than half of companies expect that the cloud will help them increase revenues over the next two years
  • Hybrid cloud is favored by many companies because of security, performance and control
  • Hybrid cloud is being selected to automate policy (67 percent) and improve security (47 percent)
  • 83 percent of businesses are looking to a major IT provider to handle cloud services
 
  • クラウドのメリットに関する認識には、迅速性/効率性/収益成長率が取り込まれている。
  • 半数以上の企業における期待は、いまのクラウドにより、これからの 2年間における売上増が促進されることだ。
  • ハイブリッド・クラウドが好まれているのは、そのセキュリティ/パフォーマンス/コントロールに理由がある。
  • ハイブリッド・クラウドが選択される理由としては、ポリシーの自動化(67%)と、セキュリティの向上(47%)が挙げられている。
  • クラウド・サービスの運用を、大手の IT プロバイダに委ねたいとする企業は、83% に至っている。
 
ーーーーー
Cisco-ReportOn Mondayこのコンテントが参照している IDC のレポートとは、今年の 8月に実施された調査の結果をまとめたもので、Cisco のサイトから簡単にダウンロードできるようになっています。 そして、何を主張しているのかというと、エンタープライズ・クラウドにおけるポリシー・コントロールを、どのように考えるべきなのかという点に集約されている感じがします。 ハイブリッド・クラウドを推奨する Cisco としては、そこが一番の強みであり、また、プッシュしていくべき点だと認識しているはずです。 ただし、このエリアには、EMC / VMware という勢力もあり、一時は VCE (VMware / Cisco / EMC) も成立しましたが結局は崩壊し、いまでは VMware / EMC / Dell 連合に落ち着きそうな展開です。その一方では、IBM や HP も独自の戦略を整えていますし、Nutanix などの新しい勢力も台頭してきました。 まだまだ再編が続きそうな、クラウドの世界という感じがしますね。ちなみに、このポストで引用している、1% や 1/3 という数字は、このチャートで用いられているものです。 全体で 17ページの、簡潔なスライドですので、ぜひ、参照してみてください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Gartner の サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
 

Comments Off on Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない by Cisco

中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Dell, Research by agilecat.cloud on June 24, 2015
China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
June 2, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/06/02/21730-chinas-x86-server-market-grew-23-in-q1-2015
 
_ China Tech News
 
China’s X86 server market scale reached USD1.6 billion, a year-on-year increase of 23%, according to a report from market research firm Gartner. Inspur, Dell, and Lenovo ranked the top three in this market.
 
市場調査会社である Gartner のレポートによると、China における X86 サーバーの市場規模は USD1.6 billion にいたり、その成長率は前年比で 23% 増とのことだ。そして、このマーケットでは、Inspur/Dell/Lenovo が Top-3 を形成しているという。
 
China Server MarketStatistics from Gartner show that during the first quarter of 2015, the global server market saw obvious growth with shipments of 2.67 million units, representing a year-on-year increase of 13%. This was reportedly the first time for the global server market to reach double-digit growth since the global economic crisis in 2008.
 
Gartner の統計は、2015年 Q1 のグローバル・サーバー市場が、出荷台数ベースで 267万台にいたり、前年比で 13% 増という、めざましい成長を遂げたと示している。伝えられるところによると、グローバル・サーバー市場が二桁成長を達成したのは、2008年の世界的な経済危機以降で初めてのことのようだ。
 
Global server market growth was mainly contributed by America and Asia Pacific. Though the Middle East and Africa gained 21% growth, the net unit increase was not large.
 
グローバル・サーバー市場の成長は、主として America と Asia Pacific のマーケットからもたらされている。Middle East と Africa も 21% の成長率であるが、まだ絶対量が少ない。
 
In the Chinese market, Inspur servers led the marketplace with 21% market share, followed by Dell and Lenovo. The market shares of those top three manufacturers did not have large gaps.
 
China マーケットでは、Inspur のサーバーが 21% のシェアであり、それを Dell と Lenovo が追う展開となっている。ただし、この Top-3 のマーケット・シェアには、大きな開きはない。
 
In addition, Gartner reported that market shares of non-branded server providers further shrank, marking a year-on-year sales decrease of 68%.
 
それに加えて Gartner は、ノン・ブランド・サーバーのプロバイダーのマーケット・シェアが、前年比で 68% 減を示し、大幅に縮小していることをレポートしている。
 
ーーーーー
Asia Pacific昨年から、その存在がちらついていた、中国のサーバー・メーカー Inspur が、ついに Gartner のレポートでデビューしました。 しかも、Dell と Lenovo を抑えて、中国国内のトップを勝ち取るという、鮮烈なデビューです。 先日の、「Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増」では、グローバルの状況がレポートされていましたが、そこではノン・ブランド・サーバー(Other)が伸びています。 しかし、中国では、大幅に縮小しているようです。 とても不思議ですが、Alibaba/Tencent/Baidu といった無印サーバーの大口ユーザーたちの調達時期を、たまたま外したというだけなのでしょうか? それとも、この、無印サーバー市場に Inspur が入り込んでいるのでしょうか? その辺りが、次の調査レポートで明らかになると期待したいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba も Equinix とプライベート接続:香港 DC を介して中国と世界はつながる?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

Comments Off on 中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?

Posted in .Selected, Cisco, Data Center Trends, VMware by agilecat.cloud on June 16, 2015
And now people are saying that Cisco is trying to buy $2 billion startup Nutanix
Julie Bort – May 18, 2015
http://www.businessinsider.com/cisco-could-be-trying-to-buy-nutanix-2015-5
 
_ Business Insider
 
There’s rumbling in the tech world that Cisco is making a bid to buy hot data center startup Nutanix.
 
いつもの ハイテク世界のウワサだが、データセンター界のホット・スタートアップである Nutanix を買収しようと、Cisco が札束を積み上げているという。
 
The speculation of Cisco’s interest began on Friday when analyst Jared Rinderer published a blog post that indicated such talks were taking place, and could be announced in June.
 
この Cisco の関心事に対する憶測は、アナリストの Jared Rinderer がブログをポストした、この金曜日(5/15)から浮かび上がっている。 つまり、そのための協議が行われ、また、6月に何かが発表されるのかもしれないと、そのポストは示唆しているのだ。
 
Rinderer, a senior research analyst for Equity Capital Research Group, didn’t indicate the source of such information.
 
ただし、Equity Capital Research Group の Senior Research Analyst である Rinderer は、その情報源については、なにも示していない。
 
Cisco CEO John ChambersCisco CEO
John Chambers
 
We’ve reached out to our sources, but could not confirm that any such deal was taking place. We understand that Nutanix CEO Dheeraj Pandey internally told Nutanix employees that it was just a rumor and they should ignore it.
 
私たちも情報源について探ってみたが、そのような取引が生じていると、確認することはできなかった。そして、Nutanix の CEO である Dheeraj Pandy が従業員たちに、それは単なるウワサであり無視すべきものだ、と話しているところまで確認した。
 
And this would be a really expensive purchase for Cisco, right when it’s bringing in a new CEO.
 
そして、もし、この買収が成立するなら、新しい CEO を迎えたばかりの Cisco にとって、きわめて高価な買取になるだろう。
 
Nutanix raised a whopping $140 million round last summer ($312 million total) on a just over $2 billion valuation.
 
昨年の夏のラウンドで $140 million (累計で $312 million) を調達した Nutanix は、すでに $2 billion  の評価を得ているのだ。
 
Cisco would probably need to offer a huge premium over the company’s valuation. Nutanix has been gearing up for an IPO and its co-founder CEO dreams of being a huge independent company, the next EMC.
 
おそらく、Cisco にとっては、Nutanix の評価額を上回る、膨大なプレミアムが要求されるだろう。Nutanix は IPO へ向けて邁進しており、その C-Founder and CEO は、EMC の次を狙う夢を追い続けているのだ。
 
“We have so much more to do and we will take these big giant behemoths head on,” Dheeraj Pandey recently told Business Insider.
 
先日に Dheeraj Pandey は、「私たちには、行うべきことが山ほどあり、また、それらの巨大企業と、真正面からやり合うことになる」と、Bisiness Insider に語っている。
 
Nutanix CEO Dheeraj PandeyNutanix CEO
Dheeraj Pandey
 
 But if Cisco could pull this deal off, it would be brilliant. Nutanix could help Cisco with its ugly post-divorce war with EMC and its subsidiary VMware.
 
しかし、Cisco が、この買収を成立させるなら、それは、それで、見事なことである。EMC および、その子会社である VMware との、不快な離婚劇に苦しむ Cisco を、Nutanix が救うことになる。
 
Cisco and VMware/EMC used to be close partners, but they are increasingly in competition with each other.
 
Cisco と VMware/EMC の緊密なパートナーシップは、すでに冷えきったものに変わり、また、双方が競合を煽っている状況にある。
 
EMC even bought out most of Cisco’s stake in a joint company they had, VCE. Now, word is, VCE is dragging its feet to sell Cisco’s products, favoring VMware’s competitors instead.
 
このパートナーシップの下で設立された、合弁会社 VCE に関しては、Cisco の持株の大半を EMC が買い上げている。いまの状況を一言で表現すると、VCE からは Cisco 製品を販売するための機能が、つまり VMware のコンペティタにとって有利な状況が、取り除かれている。
 
Meanwhile, Nutanix is duking it out with EMC/VMware, and doing well — recently it joined other companies in a complaint that caused VMware to lose a $1.6 billion government contract.
 
その一方で、Nutanix は EMC/VMware と殴り合いの状況にあり、また、有利に戦いを進めている。そして、 最近は、まったく別の企業グループとの連携を深め、VMware が $1.6 Billion の政府契約を失う原因を作ったことで、さらなる不平の対象になっている。
 
So buying Nutanix would be a major coup for Cisco, and Cisco has enough cash to turn Nutanix’ investors heads, , with $3.2 billion in the U.S., and $50-ish billion overseas.
 
したがって、Nutanix の買収は、Cisco にとって見事な戦略となる。 そして Cisco には、Nutanix の投資家たちを説得するだけの、充分なキャッシュがある。 アメリカ国内では $3.2 billion を、そして海外では $50 billion ほどを、溜め込んでいるはずなのだ。
 
Then again, this latest acquisition rumor comes days after Chambers squashed the previous rumor last week that it was in talks to buy security company FireEye.
 
もう一度、明らかにしておくが、この Nutanix 買収のウワサは、Cisco がセキュリティ会社である FireEye を買収中というウワサを、Chambers が完全に否定した後に、登場しているのだ。
 
SEE ALSO: Why a startup called Nutanix is making VMware absolutely crazy
SEE ALSO: The Inside Story Of A $1 Billion Acquisition That Caused Cisco To Divorce Its Closest Partner, EMC
NOW WATCH: This simple exercise will work out every muscle in your body
 
ーーーーー
CiscoCisco は 6月4日に、Piston Cloud Computing の買収を発表しましたが、その前には、Nutanix の買収話で盛り上がっていたのです。 Piston を選んだ理由として、分散システムに関する能力と経験や、迅速かつ容易なデプロイメントとオートメーションに関する実績などが挙げられていました。 そして、このあたりの領域は Nutanix の得意分野とカチ合うので、おそらく別の道を歩むことになるのだと予測します。これまでの、サーバー単体を販売するビジネスから、サーバーの集合体を販売するビジネスへと、商材としたのビルディング・ブロックが拡大しています。 言い換えるなら、パブリック・クラウドの存在を前提とした、つまり、クラウドとの兼ね合いを視野に入れた、新しいビジネス・モデルが要求されているのです。この記事に登場する、Cisco/EMC/Nutanixなどの勢力だけではなく、IBM/HP/Dell といった従来からの大手サーバー・メーカーたちも、新しいビジネスを追いかけ始めています。 そして、さらに、Lenovo や Huawei といった中国勢も、同じマーケットに参入してきます。どんな戦いが繰り広げられるのか、興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Singtal と Viptela が立ち上げた SD-WAN は、あの Cisco とガチンコ勝負になるのか?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

Comments Off on Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?

Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

Posted in Asia, Cisco, Data Center Trends, Dell, HP, Huawei, IBM, Research by agilecat.cloud on June 5, 2015
Worldwide server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%, says Gartner
Press release, June 1 – Joseph Tsai
DIGITIMES – June 1, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150601PR219.html
 
_ Digi Times
 
In the first quarter of 2015, worldwide server shipments grew 13% on year, while revenues increased 17.9% from the first quarter of 2014, according to Gartner.
 
Gartner によると、グローバルにおける 2015年 Q1 サーバー販売は、台数で 13% 増と、売上で 17.9% 増を、前年比で達成している。
 
serversWikipedia
 
“The first quarter of 2015 was a particularly strong start to the year, with the strongest shipment growth since the third quarter of 2010, when the market was recovering from the downturn. It was also the second-largest-volume quarter ever,” said Adrian O’Connell, research director at Gartner. “The market was driven by particularly strong demand from the hyperscale area, which benefited North America, in particular. This comes at a time when other regions are struggling, due to price pressure driven by the appreciation of the US dollar. The strength in North America was strong enough to offset declines in Latin America and Japan. EMEA was barely positive, with 1% volume growth.”
 
Gartner の Research Director である Adrian O’Connell は、「 2015年 Q1 は、きわめて好調にスタートしたが、このように力強い成長は、マーケットが低迷から回復した直後の、2010年 Q3 以来のことである。そして、四半期としての全体的なボリュームは、これまでの歴史の中で、二番目に相当するものである。いまのマーケットは、North Amarica のハイパース・ケール・エリアからの、きわめて大きな需要により促進されている。ただし、米ドルが強くなっていることが、他の地域に対するプレッシャーとなり、苦労している国々もあるようだ。言い換えると、North Amarica 市場の強さが、Latin America と Japan の弱さを、充分に補っていることになる。EMEA は 1% の増加であり、かろうじてプラスとなった」と述べている。
 
Server Gartner_1“x86 server shipments increased 13.2% from the first quarter of 2014, and revenues increased 14.5%. RISC/Itanium Unix server shipments declined 2.9%, while revenues declined 3.1% compared with the same quarter last year. The other CPU category, which is primarily mainframes, showed an increase of 95.1% in terms of revenues,” said Oonnell.
 
Oonnell は、「 2014年 Q1 と 2015年 Q1 の比較において、x86 サーバーの出荷台数は 13.2% 増であり、売上は 14.5% 増であった。また、同じ期間で、RISC/Itanium の Unix サーバーは、出荷台数で 3.1% 減で、売上は 2.9% 減であった。主としてメインフレームで使われる、その他の CPU カテゴリーは、収益の面で95.1 増と達成した」と発言している。
 
HP maintained its number one ranking in the worldwide server market based on revenues with 23.8% market share in the first quarter of 2015. Lenovo experienced the largest increase in the first quarter of 2015 with 658.2% growth. All of the top five global vendors had revenue increases for the first quarter of 2015 except IBM.
 
2015年 Q1 の売上ランキングにおいては、HP が 1位の座を維持しており、そのマーケット・シェアは 23.8% であった。また、Lenovo は 658.2% の成長という、2015年 Q1 で最大の増加を見せている。IBM を除くグローバル・ベンダーの Top-5 は、2015年 Q1 において、すべてが売上を増やしている。
 
Server Gartner_2In server shipments, HP remained the worldwide leader in the first quarter of 2015, but growth was flat. HP’s worldwide server shipment share was 20%, representing a drop of 2.6pp in share from the same quarter in 2014. All of the top five vendors experienced shipment increases in the first quarter of 2015, with Lenovo producing the largest growth rate of 239.2%.
 
サーバーの出荷台数でも、HP が 2015年 Q1 のリーダーであり続けたが、成長率はというと横ばいであった。グローバルにおける、HP のサーバー出荷台数シェアは 20% であったが、前年同期との比較では 0.26% のマイナスであった。すべての Top-5 ベンダーが、前年比で出荷台数を伸ばしているが、最大の成長率はというと、Lenovo が達成した 239.2% となる。
 
In the first quarter of 2015, the regions with the highest growth rates in terms of shipments were North America (22.9%), the Middle East and Africa (20.8%), and Asia Pacific (13.6%).
 
なお、2015年 Q1 における、地域ごとの出荷台数を分析すると、22.9% の North America が最大であり、それに Middle East and Africa (20.8%) とAsia Pacific (13.6%) が続く結果になった。
 
ーーーーー
datacenter_55Lenovo が IBM から、x86 サーバー事業を買い取ると発表したのは、昨年 10月のことでした。 そして、その後の IBM x86 サーバーは、Lenovo からの OEM 供給になると言われています。 そのような背景からか、売上と台数の両面において、Lenovo の存在感が急激に高まっています。 それだけではなく、Huawei と Inspur の中国勢が、出荷台数ベースで大躍進です。 中国市場の内訳についても、近々に対訳をポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<対訳>
Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は 100% 増
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
 

Comments Off on Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増

ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Enterprise Social by agilecat.cloud on March 24, 2015
ARM estimates 20% market share in servers by 2020
Reuters | Mar 20, 2015, 06.43 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/ARM-estimates-20-market-share-in-servers-by-2020/articleshow/46636095.cms 
 
_ Times of India
 
TAIPEI: British chip design firm ARM Holdings PLC said its market share in servers may touch around 20% by 2020, up from less than 1% now.
 
TAIPEI: イギリスのチップ・デザイン会社である ARM Holdings PLC だが、現時点における 1% 未満という、サーバー・マーケットでのシェアが、2020年には 20% 前後に成長すると述べている。
 
ARM A15“This is a nascent market primed for growth,” Ian Thornton, vice president of investor relations, told reporters and analysts during a briefing in Taipei.
 
同社の VP of Investor Relations である Ian Thornton は、「このマーケットは、成長期に入る直前というタイミングに差し掛かっている」と、Taipei でのブリーフィングで、レポーターやアナリストに説明している。
 
The company’s chip designs are used in 90% of all smartphones worldwide, including those from Apple Inc. It earns royalties from every chip sold.
 
同社のチップ・デザインは、グローバルにおけるスマホの 90% で採用されており、その顧客には Apple も含まれている。そして、すべてのチップ販売に対して、ロイヤリティを請求できる。
 
Thornton said Intel Corp currently holds a more-than 90% share in servers and that ARM would market its chip designs more cheaply than its main rival in this segment.
 
Thornton の話によると、現時点のサーバー市場では、Intel が 90% 以上のシェアを握ることになる。そして、ARM は、このセグメントでの強敵に対して、より安価になるチップ・デザインで立ち向かっていく。
 
ーーーーー
datacenter_55ちょうど一年ほど前に、「台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!」という抄訳をポストしましたが、そう考えると、現時点での 1% 以下のシェアというのも、それほど不自然な話ではありません。 2011年に「ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす」というポストで紹介した、 Calxeda の業績が傾いてしまうなど、いろいろとあった ARM サーバー戦略ですが、これからの 5年間で成長局面へと転換できるのでしょうか? 興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Linaro が OCP に参加 : それにより Linux on ARM in DC が加速していく!
Intel は ARM チップのために、その製造ラインをオープンにするのか?
SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る
ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
Google Chromebook の ARM 版が $249 で提供される!
 

Comments Off on ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!

Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Posted in .Selected, Apache, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by agilecat.cloud on March 12, 2015
Apple Joins Facebook’s Hardware Design Community
Yevgeniy Sverdlik – March 10, 2015
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2015/03/10/apple-joins-facebooks-hardware-design-community/
 
_ DC Knowledge
 
Apple has officially joined the Open Compute Project, the Facebook-led open source hardware and data center design initiative, after being involved in it quietly for some time.
 
Apple が Open Compute Project(OCP)に、 オフィシャルに参加することになった。 この Facebook が主導する Open Compute Project は、ハードウェアとデータセンターのオープンソース・デザインを推進するものだが、これまでにも Apple は、ときおり参加していたようだ。
 
OCP Aple JoinFrank Frankovsky kicking off OCP Summit 2015 in San Jose, CA. (Photo: Open Compute Project Twitter page)
 
While the company is known primarily for its consumer devices and iTunes, it also has a massive data center infrastructure that supports its online services. Companies that operate large data centers benefit from designing their own hardware, and OCP has become a beachhead for the community of vendors and end users that support this approach.
 
同社は、コンシューマなデバイス と iTunes の会社として知られているが、それらのオンラインサービスをサポートするための、大規模なデータセンター・インフラストラクチャも有している。OCP が要となり、そのアプローチをサポートする、ベンダーとエンドユーザーのコミュニティを推進している。そして、その結果として、各種の企業が、独自ハードウェアのデザインからメリットを得るかたちで、大規模なデータセンターを運用している。
 
Frank Frankovsy, chair and president of the OCP Foundation, announced the addition of Apple to the list of members during the opening keynote of the foundation’s annual summit in San Jose, California. “Apple has been involved in this project quietly for a long period of time,” he said. “They have excellent infrastructure engineering people.”
 
OCP Foundation の Chair and President である Frank Frankovsy は、San Jose, California で開催された同ファンデーションの年次ミット・キーノートで、メンバー・リストに Apple が追加されたと発表した。彼は、「 Apple は水面下で、このプロジェクトに長期間にわたり携わってきた。同社には、優れたインフラ・エンジニアたちがいる」と述べている。
 
Apple wasn’t the only new OCP member announced Tuesday. Others who joined include end users, such as Bank of America and CapitalOne, as well as vendors, such as HP, Cisco, Juniper, and Schneider Electric.
 
新しい OCP メンバーとして発表されたのは、Apple だけというわけではない。その他の新メンバーには、Bank of America と CapitalOne というユーザー企業が含まれ、また、HP/Cisco/Juniper/Schneider Electric といったベンダー企業も含まれる。
 
OCP members have been using the project to develop hardware designs based on open specs and designs that are open sourced through the project.
 
OCP のメンバーたちは、このプロジェクトを通じてオープンソース化されたスペックやデザインに基づき、ハードウェアを設計/開発している。 つまり、そこに、このプロジェクトが存在する意味がある。
 
For end users, the benefit is not only the ability to get custom hardware but also to have multiple vendors supply the same products, which ensures supply and brings down the price. For vendors, the community has been a way to get engaged with data center operators the size of Facebook, Microsoft (which joined last year), and now also Apple.
 
エンドユーザーにとって、カスタムなハードウェアを入手することだけに意味があるのではない。つまり、複数のベンダーが同じ製品を供給することで、その調達ラインが安定し、価格も引き下げられる。ベンダーにとっては、Facebook/Microsoft(昨年から)/Apple(今年から)といった規模のデータセンター運用者との、関係を構築するための場が提供される。
 
HP announced at the summit its first line of commodity servers for hyperscale data centers such end users operate. The new Cloudline servers are compliant with OCP.
 
たとえば HP は、エンドユーザーが運用する大規模データセンターにおける、最先端のコモディティ・サーバーを、今回のサミットで発表している。この、新しい Cloudline サーバーは、OCPに準拠している。
 
ーーーーー
open-computeApple にとって、OCP に参加するメリットは、計り知れないものとなるでしょう。 iPhone や Mac などで構成されるプロダクト・ラインと比べると、バックエンドのインフラが、少々 心もとない感じがしていましたが、このコミュニティを活用することで、飛躍的な改善が達成されるはずです。 その他では、Bank of America などの金融系企業の参加や、その他のベンダー系企業の参加が、とても興味深いです。 だいぶ以前の OCP サミットで、HP はステージにも立っていましたが、ようやく正式に参加したのだと推測します。 Cisco に関しては、昨秋にアナウンスがあったと思いますが、あらためてお披露目ということなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワークを刷新して出撃!
Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Facebook は Open Compute のおかげで、3年で 1200億円も節約できた!
無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は前年比で 100% 増
 

Comments Off on Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Dell/HP/Intel/Emerson が構築する Redfish は、IPMI 以来のスタンダードになり得るのか?

Posted in Data Center Trends, DCIM, Energy, Green IT by Agile Cat on September 26, 2014

Dell, HP, Intel and Emerson partner to develop new industry standard: Redfish
http://wp.me/pwo1E-7U5
Brian Karlovsky | Sept. 9, 2014
http://www.arnnet.com.au/article/554452/dell-hp-intel-emerson-partner-develop-new-industry-standard-redfish/

Dell, HP, Intel and Emerson are set to develop a new industry standard to increase the productivity of system administrators through improved datacentre management, analysis and security.

Dell/Emerson/HP/Intel が、データセンターにおける管理/分析/セキュリティの改善を通じて、システム・アドミニストレータの生産性を向上させるべく、新しい業界スタンダードを作成しようとしている。

The new specification, Redfish, is still under development and will be one of the most comprehensive since the Intelligent Platform Management Interface (IPMI) was first launched in 1998, according to a statement.

この、新しい仕様である Redfish は、現時点において作成中である。 そして、このパートナーシップのステートメントによると、1998年に立ち上げられた Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 以来の、最も包括的なものになるという。

_  space

_  space

Redfish uses a modern network interface style, allowing access to data using even simple, script-based programming methods. It will be designed to improve scalability and expand data access and analysis, help lower costs, and further enable feature-rich remote management while ensuring a secure solution that protects investment.

Redfish では、きわめてシンプルなスクリプトベースのプログラミング・メソッドにより、データへのアクセスを実現するために、最新のネットワーク·インターフェース·スタイルが用いられる。そのデザインは、スケーラビリティを向上させ、データに関するアクセスと分析を強化し、また、コストの削減を促進しながら、さらにリッチなリモート・マネージメントを実現するものであるが、投資を保護するセキュアなソリューションも約束される。

According to a company statement, the group collaborating on Redfish development is focused on ensuring the specification enhances interoperability across multiple server environments and significantly simplifies management, allowing administrators to speak one language and be more productive. It will also enable access to massive amounts of information and the ability to translate the data into actionable insights for system monitoring and management.

この団体のステートメントによると、Radfish 仕様の作成におけるグループとしての協調は、マルチ・サーバー環境をカバーするインターオペラビリティと、大幅に簡素化された管理形態にフォーカスするものであり、その結果として、アドミニストレータが用いる言語を1つに集約し、さらなる生産的を目指すことになる。そして、さらに、システムの監視と管理を対象とした、膨大なデータへのアクセスと、実用的な洞察への転換を、実現していくものとなる。

The partner companies are working with industry standards bodies and associations to accelerate the development process, in anticipation of the broad adoption of Redfish.

ここでパートナーとなる企業は、Redfish の広範囲におよぶ採用を予測し、また、その作成プロセスを加速するために、業界標準のための団体や協会と協調して作業を進めている。

The specification will be submitted to the Distributed Management Task Force for consideration by the recently created Scalable Platform Management Forum, which has been chartered to publish a standard in this space. Once the specification is approved, it will be publicly available.

Redfish の仕様は、先日に立ち上げられた Scalable Platform Management Forum により、Distributed Management Task Force へと提出され、この分野におけるスタンダードを発行するための、骨格として検討されていく。 そこで、仕様が承認された後に、一般でも利用が可能なものとなる。

Read more:Synnex Australia adds HP Enterprise to portfolio

ーーーーー

現状でも、それぞれのデータセンターが工夫することで、それぞれのファシリティに適したマネージメント・システムが開発/運用されているはずです。 そして、RedFish が実現しようとしているのは、そのベースになる部分を標準化して、コストを下げようという試みなのだと思います。 ただ、いまの世の中のサーバー・ベンダーといっても、無印良品で市場を席巻している台湾の ODM たちを無視できません。 また、Facebook/Rackspace/Microsoft などによる Open Compute Project もあれば、Tencent/Alibaba/Baidu などによる Scorpio、そして、Google/IBM による OpenPower Foundation もあるという具合に、データセンターの効率化へ向けて活動している、オープン・ソースの存在も忘れてはなりません。たまたまですが、9/22 付で、Gartner が DCIM の Magic Quadrant を発表するほど、ここは、とてもホットな領域なのです。

ーーーーー

<関連>

Facebook と DCIM : オープンな議論を期待できるのか?
Facebook の DCIM : 独自のデータセンター管理システムを構築
Facebook が選んだ CA  の DCIM:どのように ハイパー・スケールを管理するのか?
Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー!

Comments Off on Dell/HP/Intel/Emerson が構築する Redfish は、IPMI 以来のスタンダードになり得るのか?

%d bloggers like this: