Agile Cat — in the cloud

SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している

Posted in .Selected, IBM, Microsoft, On Monday, Research, SaaS, Salesforce by agilecat.cloud on August 22, 2016
SaaS: Vertical-Specific Software is Largest SaaS Segment
By Dick Weisinger – August 15th, 2016
http://formtek.com/blog/saas-vertical-specific-software-is-largest-saas-segment/
_ formtek
Global Software as a Service market is expected to reach $55 billion by 2026 from $12 billion in 2016, according to a report by Better Buys. Currently about two-thirds of small and medium businesses have started to use SaaS services and that is expected to grow to 78 percent over the next three years.
 
グローバルにおける SaaS マーケットは、2016年の $12 billion から、2026年の $55 billion へ成長すると、Better Buys が予想している。また、現時点において、中小企業の約 2/3 が SaaSサービスを利用し始めているが、この領域は今後の 3年間で 78% で成長していくと予想される。
 
SaaS MarketFrom SaaS report
by Better Buys.
 
Small companies are particularly attracted to SaaS options that are very specific to their industry, rather than broader ‘platform’ offerings from vendors like Salesforce.  Vertical-specific software is now the largest segment of the SaaS market.
 
それらの中小企業は、たとえば Salesforce などのベンダーが提供する、広範におよぶプラットフォーム・プロダクツよりも、自身の業界に特化した SaaS の選択肢に惹かれている。つまり、SaaS マーッケトにおける最大のセグメントは、それらの業務用ソフトウェアに、つまり、バーチカル市場になっている。
 
Stacia Mullaney of Better Buys, said that “SaaS solutions offer significant benefits over on-premise products including cost, accessibility and scalability. SaaS contracts are frequently month-to-month so customers aren’t locked into long-term deals. This means vendors must continually deliver value to minimise flight risk.  The surge in startups has taken a large volume of market share from major competitors like Adobe, Cisco, IBM, and even Salesforce.
 
Better Buys の Stacia Mullaney は、「特定分野向け SaaS ソリューションは、コスト/アクセシビリティ/スケーラビリティの面で、オンプレミス製品を超えていく大きなメリットを提供している。また、SaaS に関する契約は月ごとに更新されるので、長期間の契約にロックインされることもない。つまり、ベンダーたちは、リスクを最小限に抑えた運用上の価値を、ベンダーたちは継続して提供していく必要がある。そして、Adobe/Cisco/IBM/Salesforce といった大手のプレイヤーたちから、急増するスタートアップたちが大きなシェアを奪い取っているのだ」と述べている
 
New SaaS offerings and startups are rising at a rate of more than 1,400 over the last five years among various sectors. Larger organisations like Salesforce will need to learn to pivot and execute faster to keep up. Companies are beginning to look for software that answers needs more specific to an industry rather than utilizing enterprise level SaaS that offer a more ‘platform’ approach, like Salesforce. With this shift, SaaS companies are seeing interesting changes in the marketplace.”
 
そして、彼は、「SaaS スタートアップが特定分野に提供するソリューションでは、この 5年間で 1,400 社以上も増えている。Salesforce のような大手は、この動きを学習し、素早く追いついてくために、学習する必要があるだろう。ユーザー企業が必要とするのは、自身の業界に特化したソフトウェアであり、Salesforce などが提供する、エンタープライズ向けのプラットフォームというアプローチではないのだ。このような移行に伴い、SaaS マーケットでは、とても興味深い変化が生じている」と説明している。
 
ーーーーー
On Mondayこの 6月にポストした、「SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!」という抄訳との対比が興味深いです。ただ、そちらの記事でも、Others の占める割合が 60% となっているので、やはり、特定の業務分野における SaaS スタートアップの勢いはスゴイのでしょう。IaaS と PaaS に代表される、クラウド・プラットフォームにおけるシェア争いが一段落し、これからは SaaS マーケットの動向に注目が集まりそうです。でも、こうした SaaS スタートアップが頼りにするのは、それらのプラットフォームであり、その意味でもクラウドの時代が本格化しているのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
 

Comments Off on SaaS の調査:Salesforce などの大手から、スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している

SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Posted in .Selected, Amazon, Equinix, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on June 1, 2016
IHS: IBM leads global SaaS cloud service market
Staff writer – May 04, 2016
http://www.telecomasia.net/content/ihs-ibm-leads-global-saas-cloud-service-market
 
_ Telecom-Asia
 
IBM currently leads the SaaS cloud service market, while Amazon leads the global cloud infrastructure market (IaaS, CaaS, PaaS) in 2015, according to a new report by research firm IHS.
 
調査会社である IHS の最新レポートによると、現時点の SaaS クラウド・サービスに関しては、IBM が 19% のシェアでマーケットをリードし、また、クラウド・インフラ・サービス (IaaS/CaaS/PaaS) では、Amazon がリードしている。
 
According to the report, Salesforce ranked the second in the SaaS cloud service market with 8% of market share, while Microsoft and Oracle had 6% and 3%. SAP had just 2% share in the global SaaS cloud service market.
 
このレポートによると、SaaS マーケットにおける二番手は Saleforce であり、そのシェアは 8% となり、その後には Microsoft (6%) と Oracle (3%) が続く。また、SAP に関しては、グローバル SaaS マーケットでみると、わずか 2% のシェアとなる。
 
AWS is the undisputed leader in the cloud infrastructure market with 17% share. Microsoft has 9% and Google has 5% share in the cloud infrastructure market last year, said IHS. Equinix and China Telecom had 4% each.
 
クラウド・インフラ・マーケットで 17% のシェアをほこる AWS は、誰もが認めるリーダーである。そして、二番手と三番手は Microsoft (9%) と Google (5%) であり、そこにEquinox (4%) と China Telecom (4%) が続くと、IHS は述べている。
 
SaaS_IaaSClick to Large >>> 
 
IHS says the infrastructure-as-a-service (IaaS) segment for on-demand servers and storage is maturing, with the big three players – Amazon, Microsoft and Google – possessing the scale and specialized knowledge to make it difficult for smaller players with undifferentiated services to compete.
 
IHS が言うには、オンデマンドでサーバーとストレージを提供する IaaS セグメントは成熟しており、Top-3 を形成する Amazon/Microsoft/Google がスケールと専門知識の面でリードしている。そのため、差別化に苦しむ中小のサービス・プロバイダーは、厳しい戦いを強いられる。
 
However, there is room for innovation in IaaS. Rackspace has expanded its professional services to third-party clouds such as Amazon and Azure.
 
ただし、この IaaS においても、イノベーションの余地はある。たとえば Rackspace は、Amazon や Azure のサードパーティ・クラウドへむけて、そのプロフェッショナル・サービスの展開を拡大している。
 
NTT announced a self-serve OpenStack orchestrated bare metal server service. Internap is expanding its bare metal server service. And CenturyLink announced the availability of its government cloud, which meets specialized compliance requirements.
 
その一方で NTT は、OpenStack ベアメタル・サーバーのための、オーケストレーション・セルフ・サービスを発表した。また、Interap は、ベアメタル・サーバーのサービスを拡大している。さらに Century Link は、特殊なコンプライアンス要件を満たる、政府機関向けのクラウドを提供すると発表している。
 
Colocation or hosting, the earliest form of IaaS, is also growing. Equinix and Level 3 expanded their data center footprints.
 
IaaS の走りとも言える コロケーションとホスティングも、依然として成長している。そして Equinix と Level 3  は、自社のデータセンターのフットプリントを拡大している。
 
Also set to bring more innovation are machine learning and analytics capabilities integrated with enterprise and mobile applications.
 
また、機械学習および分析機能を、エンタープライズやモバイル・アプリと統合するかたちの、さらなるイノベーションへの取り組みも始まっている。
 
Google released a machine learning service for developers, and IBM released three new Watson application programming interfaces (APIs) that provide developers with access to technology for sensing emotional and visual cues that deliver insights on the tone, emotional context and sentiments of voice, text and images.
 
Google は開発者のために機械学習サービスをリリースし、また、IBM は 3種類の Wataon API をリリースしている。後者に関しては、感情的および視覚的な手がかりを検知するテクノロジーへの、開発者からのアクセスを提供し、Voice/Text/Image における、感情的な文脈や言葉遣い、そして色調などに関する洞察を実現していく。
 
CSPs are making steps towards the “meta-cloud.” Google announced new dashboard and orchestration tools that can manage and migrate workloads in its own data centers as well as in Amazon’s and on-premises data centers. In addition, NTT enhanced its enterprise cloud services with the ability to connect to third-party CSP data centers.
 
CSP (Cloud Service Provider) が、メタ・クラウドへと向けた道筋を切り開いていく。Google がアナウンスした、新しいダッシュボードとオーケストレーションのツールにより、ワークロードの管理と移行が容易になる。その移行先としては、同社のデータセンターだけではなく、Amazon や オンプレミスのデータセンターも含まれる。また NTT は、そのエンタープライズ・クラウド・サービスを、サードパーティである CSP のデータセンターと接続する機能で強化している。
 
The off-premises cloud services market – including infrastructure as a service (IaaS), cloud as a service (CaaS), platform as a service (PaaS) and software as a service (SaaS) – reached $93 billion in 2015, growing 54% from 2014.
 
IaaS/CaaS/PssS/SaaS で構成される、オフプレミス・クラウド・サービス・マーケットは、2015年で $93 billion の規模にいたり、前年比での成長率は 54% となっている。
 
SaaS was the number-one off-premises cloud service in 2015, representing nearly half of all off-premises cloud revenue. IaaS was second with 39% of revenue.
 
SaaS は、2015年の No.1 オフプレミス・クラウド・サービスは SasS であり、すべてのオフプレミス・クラウド売上の約 50% を稼ぎ出している。そして、二番手は IaaS の 39% となっている。
 
The off-premises cloud service market is forecast to reach $278 billion worldwide in 2020, with a five-year compound annual growth rate (CAGR) of 25%.
 
オフプレミス・クラウド・サービス市場は、2020年のグローバル売上が $278 billion にいたり、また、5年間の複合年間成長率 (CAGR) は 25% に達すると予測されている。
 
ーーーーー
research_55SaaS のシェアに関する調査というのは、初めて見たような気がします。そして、Salesforce と Office 365 の相対的なポジションは、予想どおりという感じですが、その遥か先を走る IBM の強さには驚きです。以前にポストした、「Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?」抄訳では、Jefferies の調査をベースにした、Salesforce のライバルたちのシェアが示されていました。徐々にではあっても、こうして SaaS の世界が可視化されてくるのは、とても興味深いことです。なお、右側のチャートは、IaaS/CaaS/PaaS の総合となっており、いつもとは異なる顔ぶれになっていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、この市場を急成長させている
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている
 

Comments Off on SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?

Posted in Amazon, Google, IBM, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on May 11, 2016
Google’s Cloud Ambitions
by Felix Richter, Mar 24, 2016
https://www.statista.com/chart/4546/cloud-infrastructure-market-share-2015/
 
_ Statista
 
Google is a company that is used to winning. So many of the company’s products and services are industry-leading (think Search, Android, Maps or Gmail), that you have to think twice to find an industry in which Google is running behind. The cloud industry is one of these exemptions. In the past year, Google’s cloud infrastructure market share amounted to just 4 percent, trailing industry leader Amazon Web Services by a long shot, as our chart, based on Synergy Research data, illustrates.
 
Google は、勝ち慣れている企業である。同社における数多くのプロダクトとサービス(Search/Android/Maps/Gmail など)が、この業界をリードしている。しかし、Google が遅れを取っているセグメントについても、再考する必要があるだろう。つまり、クラウド・ビジネスは、そこから除外される事例なのだ。昨年のクラウド・インフラ市場おいて、Google のシェアはわずか 4% であるが、リーダーである Amazon Web Services を追いかけるという賭けに出ている。そのような状況を、Synergy Research のデータからチャートにしてみた。
 
chart_cloud_infrastructure_market_share_2015_n Click to Large >>> 
This chart shows worldwide cloud infrastructure market share for the Top 5 providers in 2015.
 
John Dinsdale, an analyst at Synergy Research Group, attributed Google’s weak position in the cloud industry at least partly to the company’s insufficient network of data centers. An issue that will now be addressed: By the end of 2017, Google plans to build 12 new data centers around the world to increase the global footprint of its Cloud Platform services, the company announced on Tuesday. After the expansion, Google’s Cloud Platform will be available in 15 regions across the globe – market leader Amazon Web Services covers 12 regions with plans for 5 more.
 
Synergy Research Group の Analyst である John Hinsdale は、以下のように述べている。クラウド・ビジネスにおける Google の弱点には、データセンターのネットワークが不十分だという問題点が、少なくともあるだろう。ただし、この問題への取り組みは、現時点で推進されているとのことだ。Google は 2017年の終わりまでに、新しいデータセンターを世界の 12ヶ所に構築する。それにより、Cloud Platform サービスの足場を固めていくと、同社は火曜日(3/22)に発表している。この拡張が行われると、Google Cloud Platform の利用が、世界の 15リージョンに広がるという。ちなみに、マーケット・リーダーである Amazon Web Services は、世界で 12リージョンをカバーし、さらに 5リージョンを追加するという。
 
Diane Greene, the recently appointed leader of Google’s cloud business, went on record at a press conference yesterday saying that her company is “dead serious” about the cloud business and willing to back up those ambitions with huge investments. According to Greene, Google invested nearly $10 billion of capital expenditures to build its cloud business in the past year alone.
 
つい先日に、Google におけるクラウド・ビジネスのリーダーに任命された Diane Greene は、3月23日のプレス・カンファレンスで、Google はクラウド・ビジネスに対して渾身の力で取り組み、その野望をバックアップするために、莫大な投資を実施していくと、公言している。Google はクラウド・ビジネスを強化するために、昨年だけで $10 billion もの資本を投下したと、Green は述べているのだ。
 
It’ll be interesting to see how the below chart will look a few years from now. A lot of heavyweights have thrown their hat in the ring and no one shows signs of backing away from the billion-dollar feeding frenzy that is the cloud market.
 
いまから数年後には、それにより達成される成果が、上記のようなチャートに反映されるはずだ。これまで、数多くの Google 幹部が参戦を表明しており、この広大な市場から離脱するという兆しを見せていない。それが、莫大な資金を必要とする、クラウドのマーケットなのだ。
 
ーーーーー
google-55aこのところ、Google がクラウド・サービスで攻勢に出ているようです。冒頭に、勝ち慣れている Google と指摘されていますが、たとえばソーシャルでは、そのような結果を出しているとは思えません。もちろん、サービスの方向性が大きく異なりますが、Google+ などの二の舞いにならずに、同社のクラウド・サービスには成長して欲しいと思います。つい先日に、Apple と Spotify が AWS から移行してきましたが、そのような成功事例が増えてくると、勢いもついてくるでしょう。この分野でも頑張って欲しいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ヨーロッパにおける Google の占有率: Search/Android/Chrome のシェア!
Android N の N は、Nutella の N : Chrome OS との統合は どうなる?
Alphabet と Google の傘下に収まる、すべての企業を、1枚の相関図にまとめてみた!
Google が OCP に参加した! ハードウェア産業におけるゲーム・チェンジが加速していく!
Google Docs の音声による操作/編集が可能になった! 日本語にも対応しているようだ!
 

Comments Off on Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?

Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?

Posted in .Chronicle, Amazon, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on March 3, 2016
Salesforce is facing competition from an unexpected place: Amazon
Eugene Kim – Feb. 9, 2016
http://www.businessinsider.com/amazon-catching-up-to-salesforce-2016-2
 
_ Business Insider
 
Salesforce could face competition from a surprising new place: Amazon.
 
Salesforce にとって、予想外の競合相手が登場したのかもしれない。その相手は、Amazon である。
 
According to new investment research from Jefferies, Salesforce partners picked Amazon as the 3rd biggest threat to Salesforce, trailing only Oracle and Microsoft.
 
Jefferies が発行した最新の投資調査によると、Salesforce のパートナーたちは、その競合相手として Microsoft と Oracle を選んでいるが、第三の脅威として Amazon を意識し始めているのだ。
 
CRM Share ChartJefferies
 
Amazon doesn’t sell any customer relationship management products itself. But it has a bunch of partners who sell CRM solutions through its AWS Marketplace. Apparently, some customers are choosing these apps to piggyback along with AWS services such as data storage and compute power, rather than buying a CRM system separately.
 
周知のとおり、Amazon 自身は、Customer Relationship Management プロダクトを販売していない。しかし、AWS Marketplace を介して、数多くのパートナーたちが CRM ソリューションを提供している。その結果として、どうやら一部の顧客たちは、個別に CRM システムを購入するというより、コンピューティング・パワーやデータ・ストレージといった、AWS サービスと抱き合わせで、それらのアプリを選んでいるようである。
 
The survey should be taken with a grain of salt — it only asked 85 Salesforce partners that mostly target medium-sized businesses. Salesforce and Microsoft play in this space, but most customers of the bigger CRM players like Oracle and SAP are large enterprises.
 
この調査は、中規模企業をターゲットとしている、85社の Salesforce のパートナーだけを対象としたものであり、その点を割り引いて見ていく必要がある。つまり、Salesforce と Microsoft は、このターゲット層で強さを示しているが、大手エンタープライズの領域では、Oracle や SAP などの CRM が、大半の顧客を取り込んでいるはずだ。
 
Still, it’s another sign of how powerful AWS is becoming in the enterprise.
 
それは、さておき、パワフルな AWS が、エンタープライズの領域に進出しようとする、あらたな兆候として認識すべきなのだろう。
 
ーーーーー
Salesforce昨年の12月に、「SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている」という抄訳をポストしましたが、それを反映するようなところで、AWS 上の CRM が注目されているのでしょう。 この、Salesforce パートナーに対する意識調査のチャートですが、最初は前年との比較だと勘違いしていましたが、よく見ると四半期の比較でした。 つまり、四半期ごとに、4% ⇒ 7% ⇒ 10% と、AWS 脅威論が高まっていることになります。まさに、クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきたのですね。 これからは、SaaS における、あらゆるカテゴリで、こうした光景を目にするようになるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率をチャートで!
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 

Comments Off on Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

Posted in .Selected, Amazon, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce, Strategy by agilecat.cloud on January 14, 2016
Microsoft Charts Highest Cloud Platform Revenue Among Enterprise Rivals: Forrester
WSJ – Oct 13, 2015
http://blogs.wsj.com/cio/2015/10/13/microsoft-charts-highest-cloud-platform-revenue-among-enterprise-rivals-forrester/
 
_ WSJ
 
Enterprise software giants vying for a piece of the cloud platform market still have a ways to go to catch Microsoft Corp.in terms of cloud revenue, according to a new report by Forrester Research Inc.
 
Forrester Research Inc によると、Cloud Platform の一点で競い合おうとするエンタープライズ・ソフトウェア・ジャイアントたちは、クラウドからの収益という視点において、依然として Microsoft を追いかける術を有していることになる。
 
That’s largely thanks to a head start Microsoft got by investing early in cloud technology and a partner ecosystem – unveiling its first public cloud back in 2008, the report said.
 
2008年のことだが、Microsoft はパブリック・クラウドを発表し、クラウド・テクノロジーとパートナー・エコシステムに投資する方向へ大きく舵を切ったことで、そこからの成果を得ていると、このレポートは述べている。
 
Cloud Revenue of 7 ProvidersClick to Large >>> 
 
The report compares cloud market penetration by Microsoft, to that of International Business Machines Corp., SAP SE and Oracle Corp.
 
このレポートは、Microsoft のクラウド市場への浸透の仕方を、IBMSAPOracle などと比較するものである。
 
But with the cloud market heating up, these relative newcomers are using licensing deals, renewal-agreement discounts and other incentives to lure their enterprise customers to the cloud. CIOs need to be vigilant, market analysts say.
 
これらの遅れて登場してきたジャイアントたちは、クラウド市場のヒートアップに便乗するわけでもなく、ライセンス/契約更新/契約割引といったインセンティブを用いて、企業顧客をクラウドへと誘おうとしている。したがって、CIO たちはは警戒すべきだと、マーケット・アナリストたちは発言している。
 
Through Azure, Microsoft’s main cloud-computing platform, the company is expected to take in roughly $1.5 billion in cloud-platform revenue, according to Forrester’s estimates for 2015 revenues among enterprise-software firms, based on earnings releases and briefings from vendors.
 
Microsoft は Azure (同社におけるメインのクラウド・コンピューティング・プラットフォーム) を介して、Cloud Platform での収益を $1.5 billion ほどに引き上げたとされる。この予測は、Forrester の 2015 Revenues Among Enterprise-Software という、ベンダーからのリリースや説明会での発言などをベースにしたものである。
 
Oracle – Microsoft’s nearest competitor among big enterprise-software firms – is expected to reap $757 million, followed by IBM at $600 million, the report said. That figure does not include the $700 million cloud deal, announced Tuesday, between IBM and Abu Dhabi’s Etihad Airways.
 
そして、Oracle (エンタープライズにおける Microsoft の最大のライバル) は $757 million を手にし、そこに $600 million の IBM が続くと、このレポートは述べている。ただし、この数字には、最近になって Abu Dhabi の Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million のクラウド契約が含まれていない。
 
Increased adoption of cloud products helped boost SAP’s third-quarter operating income by 5%, the company reported this week.
 
SAP においては、クラウド・プロダクツの採用が、2015年 Q3 の営業利益を 5% ほど高めたと、この 10月に同社は公表している。
 
All companies lag cloud market leader Amazon Web Services, with cloud platform revenue expected to hit $6 billion in 2015.
 
ただし、それら、すべての企業は、2015年には Cloud Platform の収益が $6 billion に達すると予想される、クラウド・リーダー Amazon Web Services に遅れをとっている。
 
Software vendors’ strategies vary, the report says, depending on whether their clouds are designed to handle existing apps or apps built for a given platform. Microsoft and IBM, through its Bluemix platform, are focused on providing firms with brand new apps, such as Office 2016. By contrast, Oracle and SAP are focused on re-hosting and extending existing apps, in a bid to help customers transition their current systems to the cloud, the report says.
 
各ソフトウェア・ベンダーの戦略は、既存のアプリケーションや、特定プラットフォームを前提に構築されたアプリケーションに対して、それらのクラウドが、どのようにデザインされているかにより、大きく異なってくると、このレポートは述べている。Microsoft と IBM は、後者の Bluemix プラットフォームを介して、Office 2016 といった新しいブランドのアプリを、ユーザー企業に提供しようとしている。それとは対照的に Oracle と SAP は、現状のシステムからクラウドへと移行しようとする、ユーザー企業への入札において、既存アプリケーションの拡張もしくは再ホスティングを提案することにフォーカスしていると、このレポートは述べている。
 
Recent cloud spending reports show what’s at play as more companies dedicate IT spending to the cloud. Research firm IDC expects total cloud IT infrastructure spending – including servers, storage and Ethernet switch – to grow by 26.4% in 2015, reaching $33.4 billion, while spending on non-cloud IT infrastructure remains flat at $67 billion. Similarly, a Goldman Sachs study earlier this year forecast spending on cloud computing infrastructure and platforms to grow at a compound annual rate of 30% from 2013 through 2018, compared to 5% growth in spending on overall enterprise IT.
 
最近のクラウド支出に関するレポートは、より多くの企業における IT 支出が、クラウドに振り向けられているという状況を示している。調査会社 IDC は、サーバ/ストレージ/スイッチなどを含む、トータルでのクラウド IT インフラ支出が、2015年は 26.4% の成長を示し、$33.4 billion に至ると予測している。そして、非クラウドの IT インフラは、$67 billion の横ばいであるとしている。それと同様に、今年の初めに Goldman Sachs が実施した調査では、クラウド・コンピューティングのインフラとプラットフォームに費やされる対価は、2013年〜2018年で 30% の年率成長が見込まれるとしている。それは、5% と言われる、企業全体の IT 支出成長率と比べて、きわめて速いスピードを示している。
 
As the market heats up cloud provides like Oracle and SAP are offering attractive terms to entice businesses to migrate from on-premise systems, says Gartner analyst Lori Samolsky.
 
このマーケットがヒートアップするにつれて、Oracle や SAP のようなクラウド・プロバイダーたちは、オンプレミス・システムからの移行を検討する企業に対して、魅力的な条件を提供し始めているように思えると、Gartner のアナリストである Lori Samolsky は述べている。
 
“There is much more emphasis on cloud deals right now,” Ms. Samolsky says. She says CIOs need to careful about signing on for discounts and price protections for cloud services that may not carry over for renewals down the road.
 
Forrester の Ms. Samolsky は、「いまは、クラウド対応が、強調されすぎている」と述べている。将来の更新において継続されない可能性のある、クラウド・サービスの価格保護やディスカウントを促す契約書について、CIO たちは注意してサインすべきだと、彼女は述べている。
 
ーーーーー
research_55昨年末に、2015年のクラウド収益について調べていたときに、見つけ出したポストです。文中のチャートでは、Apps Revenues/Cloud Business Service Revenues/Cloud Platform Revenues/Cloud Related Services というふうに、クラウドに収益が分類されていますが、この記事で注目しているのは、AWS が突出している Cloud Platform Revenues であり、それは IssS/PaaS のことを指しているのでしょう。さらに、Salesforce と Microsoft のチャートを見れば明らかですが、薄い水色の Apps Revenues は SaaS のことを指していると推測できます。
 
全体の論旨ですが、Microsoft に関しては、クラウドに適合したビジネス・モデルへの転換が完了したが、Oracle/IBM/SAP は転換の途上にあり、それを急げと言っているように聞こえます。また、ユーザー企業へ向けては、そのような状況を考慮して契約せよと、ちょっと辛口のサゼッションを与えています。文中で例としてあげている、Etihad Airways と IBM が発表した、$700 million というクラウド契約自体が、かなりの比率で Cloud Related Services を含んでいるのだと推測できます。
 
2014-cloud-market-chartなお、この Top-7 のクラウド総売上ですが、ざっと計算したところで $35 billion ほどになります。1月12日に NTT Com の林雅之さんが、Synergy Research のデータを引用して、2015年のクラウド業界総売上を $110 billion と解説していましたが、こちらの記事で引用している Forrester のデータと、矛盾は無いように思えます。なお、この後書きのチャートは、2015年2月にポストした「2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場」というコンテントに含まれるものです。それにしても、大きな市場へと成長したものです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
クラウド と 経費:ワン・ストップとマルチ・プロバイダーでは、こんなにもコストが違う!
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
ディジタルに育てられた世代が、この地球を 引き継ぐ 2015年を振り返る
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
 

Comments Off on Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!

SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている

Posted in Amazon, On Monday by agilecat.cloud on December 14, 2015
AWS is Used by 40 Percent of Small and Mid-sized SaaS Vendors
Dick Weisinger – December 8th, 2015
http://formtek.com/blog/saas-aws-is-used-by-40-percent-of-small-and-mid-sized-saas-vendors/
_ formtek
Amazon AWS is used by 40 percent of small and medium-sized SaaS businesses, based on a report from Pacific Crest.  That’s amazingly high.  Microsoft Azure and Salesforce only hold 5 percent and 3 percent of the market.
 
Pacific Crest のレポートによると、中小の SaaS 事業者の 40% が、Amazon AWS を使用しているようだ。それは、きわめて高い比率である。このマーケットにおけるシェアを見ると、Microsoft Azure は 5% であり、Salesforce 3% に過ぎない。
 
Sisley_2237 percent of SaaS businesses say that they are managing their own servers.  The report expects AWS market share to grow as the number of businesses managing their own servers declines.
 
また、 SaaS 事業者の 37% は、独自にサーバーを管理していると述べている。したがって、独自にサーバーを管理する企業の数が減るにつれて、AWS のマーケット・シェアが成長していくと、このレポートは予測している。
 
Other findings from the Pacific Crest report include:
 
Pacific Crest レポートに含まれる、興味深い視点を、以下に列挙する:
 
  • Gross Margins from SaaS Subscriptions are up 78 percent in 2015
  • Revenue growth from SaaS subscriptions is up 46 percent in 2015
  • Highest SaaS sales came from channel and inside sales
  • SaaS businesses in the $5M – $7.5M range grew 70 percent in 2014
  • The cost to add new revenue from an existing customer is only one-quarter of the cost required to get revenue from a new customer
 
  • SaaS サブスクリプションからの粗利率は、2015年に 78% もアップしている。
  • SaaS サブスクリプションからの収益率は、2015年に 46% もアップしている。
  • SaaS において、最も売上の多いセールス方式は、チャンネルと非対面である。
  • $5M – $7.5M レンジの SaaS ビジネスは、2014年に 70% も成長している。
  • 既存の顧客から新たな売上を得るために必要なコストは、新規の顧客から売上を得るために必要なコストの、わずか 1/4 に過ぎない。
 
ーーーーー
On MondayAWS のシェアも素晴らしいですが、SaaS の成長率に驚かされました。ホントかなと思い、Pacific Crest のレポートをダウンロードしてみましたが、2015-Pacific-Crest-SaaS-Survey-10.16.15 という PDF の中に、その根拠となるチャートが見つかりました。 メアドを要求されますが、豪華レポート5本セットが DL できるので、お勧めしたいです。 このレポートを読むと、SaaS ベンダーの HQ ローションが、米国に 211社も集中していて、その他の注記が 94社という状況が分かります。とくに、APAC は 13社という寂しさですが、ここも、これから爆発的に成長していく領域となるのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
 

Comments Off on SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている

Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! しかも、他にも 300社が テスト中だという!

Posted in .Selected, Enterprise Social, Facebook, Strategy by agilecat.cloud on November 4, 2015
Facebook at Work gets new client in Royal Bank of Scotland
Harriet Taylor – Oct 25, 2015
http://www.cnbc.com/2015/10/25/facebook-at-work-gets-new-client-in-royal-bank-of-scotland-.html
 
_ CNBC
 
Facebook at Work, the company’s social network for business communications, is gaining traction across the pond.
 
Facebook at Work は、同社における企業向けのソーシャル・ネットワークであり、また、ビジネス・コミュニケーションを円滑にするものであるが、大西洋の向こう側で成果を上げようとしている。
 
FBThe Royal Bank of Scotland will roll out Facebook at Work—which lets businesses create their own social platform for employees — to 30,000 of its employees by March 2016, and to all of its employees by the end of next year.
 
Royal Bank of Scotland だが、2016年3月まで 30,000人の従業員に対して、さらに 2017年には全従業員に対して、その Facebook at Work を展開するようだ。つまり、同行は独自のソーシャル・プラットフォームを作成し、その従業員に提供することになる。
 
“I’m excited about how bringing people together from all across the bank through Facebook At Work can help all our employees do their job better – whether it’s being able to find answers to customer queries much faster or helping us come up with bright new ideas,” Simon McNamara, RBS’s Chief Administrative Officer said in a press release.
 
RBS の Chief Administrative Officer である Simon McNamara は、「Facebook At Work を介して、すべての支店を横断するかたちで、すべての人々を結びつけるという発想に、私はとても興奮している。それにより、私たちの従業員は、より上手いかたちで職務をこなしていくはずだ。たとえば、顧客の問い合わせに対して、素早く回答できるようになり、また、新しいアイデアを具現化する際にも、大きなな助けを得るだろう」と、プレス・リリースで述べている。
 
Royal_Bank_of_ScotlandGaining the RBS seal of approval is a key win for Facebook, as the company looks to leverage its popularity with everyday users into enterprise technology, entering an entirely new market. Almost 300 other companies, including Heineken, Century21 and French Lagardere, are also testing the service.
 
この RBS から、お墨付きを得ることで、Facebook は重要な勝利を手にする。そして、同社の注目が、エンタープライズ・テクノロジーへと向かい、日常においてユーザーを惹きつけている魅力を、そこに注ぎ込むことになるなら、まったく新しいマーケットへの参入が実現されていくわけだ。さらに言うなら、Heineken/Century21/French Lagardere などを含む約 300社の企業も、このサービスをテストしているという。
 
“We hope Facebook At Work will help RBS, which employs 100,000 people, bring staff closer together and allow them to collaborate on projects much more effectively,” Sean Ryan, Facebook’s VP of platform partnerships said in the release.
 
Facebook の VP of Platform Partnerships である Sean Ryan は、「私たちは、この Facebook At Work により、10万人という従業員を抱える RBS のビジネスが、円滑になることを願っている。具体的に言うと、スタッフ間の距離が縮まり、あらゆるプロジェクトにおける共同作業が効率化されていくことだ」と述べている。
 
With Facebook at Work, the social network is going head to head with tech giants like Microsoft, with its Office suite and Yammer; Google, which offers Google for Work; and enterprise messaging startup Slack. Although right now the new service is aimed at improving communications within a company, it could one day challenge LinkedIn’s network of professionals.
 
このソーシャル・ネットワークは、Facebook at Work を手にすることで、真っ向からテック・ジャイアントたちと激突していく。そこには、Office Suite と Yammer を擁する Microsoft と、Google for Work を提供している Google がいる。 さらに言えば、エンタープライズ・メッセージングのスタートアップである、Slack も相手になるだろう。現時点において、この新しいサービスは、企業内のコミュニケーションの改善を目的とするが、いつかは、LinkedIn のプロフェッショナル・ネットワークにも挑戦していくだろう。
 
Research firm Gartner estimates that global spending for enterprise software will be $338.7 billion in 2015. Facebook is betting that, with more than 1.49 billion people already using its service personally, it can win a chunk of that market.
 
調査会社である Gartner は、グローバルにおけるエンタープライズ・ソフトウェア支出について、2015年は $338.7 billion に至ると予測している。Facebook は、このマーケットで大勝利を得ることに賭けているはずだが、その背景にあるのは、このサービスを 14.9億人もの人々が、すでに個人的に利用しているという実績だ。
 
Facebook at Work’s desktop platform and mobile apps look and feel similar to regular Facebook, but are ad-free and do not collect user data.
 
Facebook at Work における、デスクトップ・プラットフォームおよびモバイル・アプリの Look&Feel は、普通の Facebook に似ている。 ただし、当然のこととして、そこには広告が無く、また、ユーザー・データの収集も行われない。
 
For now, Facebook is offering the service for free, but plans to offer a premium subscription version with additional features that may include integration with other business tools and analytics.
 
いまのところ Facebook は無料で、このサービスを提供しているが、プレミアム・サブスクリプション版という、追加の機能を備えたバージョンを計画している。おそらく、外部のビジネス/アナリティクス・ツールとの、統合などが含まれると思われる。
 
This strategy marks an important shift for Facebook, which has always opted to sell ads against its user base, instead of charging a subscription fee.
 
これまでの Facebook は、サブスクリプション課金ではなく、ユーザー・ベースに基づく広告の販売を選んできた。 つまり、今回の戦略が示すのは、同社における重要な転換でもあるのだ。
 
ーーーーー
facebookいつかは、この領域に踏み込んでくるとは思っていましたが、すでに取り組んでいたのですね。 Facebook at Work の強みは、その対象が企業ユーザーだとしても、それぞれの従業員の中で、すでにユーザー・エクスペリエンスが確立されていることです。つまり、あらゆる企業において、このシステムを運用する側も、ユーザーとして利用する側も、あらたな学習を要求されることが、ほとんど無いのです。この Royal Bank of Scotland の場合も、仮に 10万人の従業員が、学習に 3時間を要する事になるなら、単純計算で 30万時間が失われるわけです。つまり、ユーザーとなる企業の規模が、大きくなればなるほど、Facebook at Work が選ばれるという可能性が高くなるのでしょう。
話は変わりますが、ちょうど 5年前の 2010年12月に、「Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る」という抄訳をポストしています。そして、そこで指摘されていたのは、「Facebook のようなサイトで共有できる情報は、容易さをもたらすだろうが、大半のケースにおいて、組織が保有する文化と衝突するだろう」という問題だったのです。しかし、RBS の Simon McNamara さんのコメントを読む限り、エンタープライズがコンシューマに歩み寄った結果として、Facebook at Work が採用されるのだと思えるのです。とてもワクワクする展開ですね! Agile Cat としても、追いかけるテーマが増えて、とても嬉しいです 🙂  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
モバイルの波は コンシューマだけでなく、エンタープライズも 呑み込み始めている
Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
Yammer と Open Graph と エンタープライズ は、とても素敵なセットなんだけど
Salesforce の Chatter Mobile が、その姿を現した!
エンタープライズ・ソーシャルって、どう捉えたら良いの?
 

Comments Off on Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! しかも、他にも 300社が テスト中だという!

%d bloggers like this: