Agile Cat — in the cloud

Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Facebook, Research, Social, Tencent by agilecat.cloud on September 7, 2016
How China’s Biggest Tech Company Compares to Facebook
Felix Richter, Aug 19, 2016
https://www.statista.com/chart/5549/tencent-vs-facebook/
 
_ Statista
 
Due to the fact that social media services such as Facebook, Twitter, Instagram and Snapchat are inaccessible in China, there exists a whole ecosystem of social networking and messaging platforms that are immensely popular in and around China but hardly known anywhere else in the world.
 
周知のとおり、Facebook や、TwitterInstagramSnapchat といった、ソーシャル・メディア・サービスは、China からはアクセスできない。そのため、China の周辺には、ソーシャル・ネットワークとメッセージングのプラットフォームの、きわめて人気のあるエコシステムが存在しているが、それ以外の地域では、ほとんど知られていない。
 
tencent_vs_facebookClick to Large >>> 
 
This chart compares Tencent and Facebook in terms of financial and operating metrics.
 
このチャートは 2016年前半の、両社における収益と MAU を比較したものである。
 
Platforms such as QQ, WeChat or Qzone have hundreds of millions of users and, just as Facebook, Instagram and WhatsApp, they’re all owned by the same company. Their parent company Tencent recently became China’s largest tech company, after surpassing its rival Alibaba in terms of market capitalization this week.
 
QQ/WeChat/Qzone といったプラットフォームは、Facebook/Instagram/WhatsApp のように、数億人のユーザーを持ち、また、1つの企業により所有されている。8月中旬のことだが、その親会社である Tencent が、時価総額でライバル Alibaba を追い抜き、China で最大のテック・カンパニーとなった。
 
As our chart illustrates, there’s no need for Tencent to fear the comparison to Facebook. While its social networking / messaging services have yet to reach the billion-user mark, its financial results are roughly on par with those of the world’s largest social networking company. In fact, until as recently as 2015, Tencent was more profitable than Facebook, and has been for many years prior. From an investing standpoint, both companies have been doing great over the past 12 months: Tencent’s stock price soared 45 percent since August 2015, Facebook’s is up by 30 percent.
 
このチャートが示すように、Tencent と Facebook を比較することは、きわめて妥当なことである。そのソーシャル・ネットワーク/メッセージングのサービスは、まだ 10億人規模には達していないが、財務面での数字を見ると、世界最大のソーシャル・ネットワーク会社と、ほぼ同等であることが分かる。実際のところ、2015年以前においては、Tencent は Facebook よりも、ずっと利益を上げる企業であった。また、直近の 12ヶ月間の投資という観点では、両社とも積極的な姿勢を見せている。Tencent の株価は、2015年8月との比較において、45% も伸びている。ちなみに、同期間における Facebook 成長率は 30% である。
 
ーーーーー
Tencent日本で知られているのは WeChat の方であり、QQ に関しては名前だけという方も多いのだろうと思います。Agile Cat も疑問だったので、QQ について、ちょっと調べてみました。ctw0123 さんという方のブログによると、「中国人は大抵QQと微信の両方のIDを持っていますが、今では多くの人が微信だけを使用しています」と解説されていました。また、QQ は 1999年に立ち上げられていますが、WeChat は 2011年からとなっています。ひょっとすると、WeChat はモバイル・ファーストのコンセプトで作られたのかもしれませんね。それにしても、Tencent の経済規模には驚きです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジア・チャンピォンの WeChat Pay が、ついに日本市場に参入してくる
China UnionPay というクレカの怪物: APAC で Visa と MasterCard をブッチギリ!
Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:エンタープライズ と コンシューマが融合
WeChat は 宇宙だ! Tencent の ペイメント・モンスターぶりを Infographics で!
WeChat は中国の Facebook: 7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
 

Comments Off on Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!

Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Huawei, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 19, 2016
The Apple of China has hit a wall
Jeff Dunn – Aug 16, 2016
http://www.businessinsider.com/xiaomi-smartphone-sales-china-market-share-2016-8
 
_ Business Insider
 
The so-called “Apple of China” is having a rough go of it.
 
いわゆる China の Apple が、困難に直面している
 
As this chart from Statista shows, Chinese manufacturer Xiaomi saw a 38.8% year-over-year decline in smartphone sales for its home country this past quarter. According to research firm IDC, shipments dipped from 17.1 million to 10.5 million, while its market share fell from 16% to 9.5%. Meanwhile, rivals Huawei, Oppo, and Vivo all saw big gains, which IDC attributes to stronger marketing campaigns and offline channel support.
 
Statista のチャートが示すように、China のメーカーである Xiaomi が、2016年 Q2 において、スマートフォンの売上を前年比で 38.8% も下落させている。調査会社である IDC によると、その出荷台数は 1,710万台から 1,050万台に減り、マーケット・シェアは 16% から 9.5% に下げている。その一方で、パワフルなマーケティング・キャンペーンと、オフラインでのサポートにより、ライバルである Huawei/Oppo/Vivo がシェアを伸ばしていると、IDC は伝えている。
 
smartphone_china
 
Statista
 
In any case, when it comes to its bread and butter, Xiaomi is a ways off from its former position as the world’s most valuable tech startup. One firm it is leading, however, is the Apple of, well, everywhere, as lagging iPhone SE sales gave Apple a 32% year-over-year drop.
 
Xiaomi の屋台骨である収益性の話だが、世界で最も価値のあるハイテク・スタートアップとしての路線から、大きく逸れているようである。しかし、その傾向にあるメーカーとして、世界でシェアを下げているのは Apple だ。iPhone SE の不調により、この China でも 32% もシェアを落としている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2以前から、Huawei と Xiaomi の位置が逆転すると言われていましたが、Oppo と Vivo も伸びているのですね。また、今年の1月には、「iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!」という抄訳をポストしています。それは、2015年 Q4 のシェアを分析するものですが、その中国でも、Apple は不振のようです。Agile Cat の周囲にも、Android を MVNO で使う人が増えてきていますが、それで良いと言われれば、それで良いツールなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか?
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Microsoft と Xiaomi の思惑が一致した:Windows 10 を走らせる最新タブレットとは?
 

Comments Off on Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!

AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Amazon, Microsoft, Research by agilecat.cloud on July 14, 2016
Microsoft could overtake Amazon in the cloud, Morgan Stanley survey finds
Brandon Butler – July 8, 2016
http://www.mis-asia.com/resource/cloud-computing/microsoft-could-overtake-amazon-in-the-cloud-morgan-stanley-survey-finds/
 
_ MIS
 
In what could be foreshadowing a momentous shift in the IaaS public cloud computing market, investment bank Morgan Stanley’s survey of CIOs found they’re more likely to use Microsoft Azure compared to Amazon Web Services in the coming years.
 
パブリック・クラウドの IaaS 市場で、どのような変化が起こるのかを調べるために、投資銀行である Morgan Stanley が、CIO たちを対象に調査を実施した。それによると、Amazon Web Services と比較して、Microsoft Azure を使用する可能性が高くなるという結果が得られた。
 
The results of the survey are noteworthy because since the dawn of the IaaS cloud computing market Amazon Web Services has been seen as the top vendor. Morgan Stanley’s 2016 State of the CIO report shows that could be changing though.
 
IaaS クラウド・コンピューティング市場の黎明期から、Amazon Web がトップ・ベンダーとして認識されているという事実があるため、この調査結果は注目に値する。つまり、Morgan Stanley の 2016 State of the CIO には、それが変わるという可能性が示唆されているのだ。
 
morgan-stanley-azure-awsClick to Large >>> 
 
Just over 20% of CIOs reported they’re using Amazon Web Services today, while about 10% said they’re using Azure. In three years, however, those ratios change: More respondents say they plan to use Azure compared to AWS by a small, single-digit percentage point margin.
 
対象となった CIO たちの中で、Amazon Web Services を使用しているのは 20% 以上であるが、Azure は 10% 程度である。しかし、3年後の予測となると、この比率が変化してくる。その差は数パーセントであるが、Azure を使うと予測する回答者が、AWS を使うと予測する回答者を上回っている。
 
Tim Crawford, an independent CIO advisor at AVOA says he’s seen a shift in the market. “On the ground, I’ve seen folks sliding more toward using Azure than AWS in the corporate IT space,” he says. Most large businesses are already using some Microsoft products so adding Azure on to their existing enterprise license agreement is relatively easy. Crawford says Microsoft should be more forthcoming with big-name customer wins. Amazon, meanwhile, won’t be resting on its laurels in the cloud market, he says.
 
AVOA に所属し、CIO たちのアドバイザーを務める Tim Crawford は、マーケットにおける変化を見続けている。そして、「コーポレート IT の現場では、AWS よりも Azure を使用するという人々が増えている」と、彼は述べている。大半のエンタープライズは、いくつかの Microsoft プロダクトを試用しているため、既存のエンタープライズ・ライセンスに Azure を追加する方が容易なのだ。Microsoft は、いまよりも大口の顧客を勝ち取っていくはずだ。その一方で Amazon は、クラウド・マーケットにおける王冠を維持できなるかもしれないと、Crawford は述べている。
 
Overall, CIOs Morgan Stanley spoke with reported a strong willingness to use public cloud services. On average, CIOs expect 30% of application to be in the public cloud by the end of 2017; that’s up from 14% of their apps in the public cloud now. Even as IT budget growth is slowing (budgets are expected to grow at 3.7% this year, compared to 4.8% last year), cloud, business intelligence/analytics and security are the top spending priorities for CIOs this year, the survey found.
 
Morgan Stanley に回答した CIO たちだが、全体的に見て、パブリック・クラウド・サービスを利用するという、強い意欲を持っているようだ。パブリック・クラウド上でアプリケーションを、2017年末までに運用したいと答えた CIO たちは 30% に達しており、現時点の 14% という数字から大きく伸びている。IT 予算の伸びは、昨年の 4.8% から、今年は 3.7% へと鈍化している。それにもかかわらず、今年はクラウド/BI/分析/セキュリティなどが、CIO たちのトップ・プライオリティになると、この調査は物語っている。
 
ーーーーー
MSクラウドの利用という点で、マーケットの動向を見ながら、時間をかけて検討してきた大手企業が、既存の Microsoft エンタープライズ・ライセンスに、Azure を追加していくというのは、あり得そうな展開ですね。おそらく、それらの企業は、急いでクラウド化を推進する必要のない、なんらかの既得権を持っている、安定した企業なのでしょう。 AWS と Azure の競争も興味深いですが、このチャートで注目すべきは、これからの 3年間で No Public IaaS が激減していくという展開です。ハイブリッドは伸びていくのでしょうが、オンプレやプライベートで運用されている IaaS が、きわめて限定された領域に絞りこまれていくことで、このような数字になるのでしょうか? これも、興味深いデータですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
 

Comments Off on AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Posted in Advertising, Baidu, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2016
The World’s Largest Media Companies
Felix Richter – Jun 1, 2016
https://www.statista.com/chart/4943/top-10-media-companies/
 
_ Statista
 
Over the past decade, the internet has replaced print media to become the second most important advertising medium behind television. The rise of digital advertising is reflected in Zenith Optimedia’s annual ranking of the world’s largest media companies.
 
これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた。世界で最大のメディア企業をランキングする、今年の Zenith Optimedia レポートにも、その結果が反映されている。
 
top_10_media_companiesClick to Large >>> 
 
 
The five digital companies ranked in the Top 30, namely Google, Facebook, Baidu, Yahoo and Microsoft who represent 65 percent of the global internet advertising market, now account for more than one third of all revenues generated by the Top 30 media owners in the world. The ranking includes all revenues from businesses that support advertising including non-ad-revenues such as circulation revenues.
 
Top-30 中の Top-5 である、Google/Facebook/Baidu/Yahoo/Microsoft は、世界のインターネット広告市場の 65% を占有している。つまり、世界の Top-30 メディアが生み出す収益の、1/3 以上を占めているのだ。このランキングは、すべての広告収益から構成されているが、その中には、サブスクリプションなどによる非広告収益も含まれている。
 
As the below chart illustrates, Google far outranks any other company in the world in terms of media revenue. The company generates tens of billions of dollars every year selling advertising across its popular online services, most importantly Google Search.
 
このチャートが示すように、メディアの収益という面では、Google が図抜けた存在となっている。同社は、人気のオンライン・サービスで $60 billions 前後の広告売上を計上しているが、
その中で最も大きな割合を占めるのは Google Search である。
 
This chart ranks the Top 10 media companies in the world based on their media revenue in financial year 2014.
 
このチャートは、世界の Top-10 メディア企業を、それぞれの会計年度 2014 の収益でランク付けしている。
 
ーーーーー
Ad2014年の末に、同じような調査を BI Intelligence が実施していましたが、その時には Google $70B、Time Warner $30B、Facebook $18B、、、というランキングになっていました。大まかなところで一致しているのでしょうが、この Zenith Optimedia の調査で目新しいのは、Baidu が 8位に示されている点です。コマースの Alibaba や、ペイメントの Tencent が躍進している状況を見れば、広告産業も伸びているはずと予測できますが、その担い手は、やはり Baidu の検索なのでしょう。グローバルの Google を比較することで、中国市場の規模を推測する指標になりそうですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく:それを示す1枚のチャート

Posted in .Chronicle, Amazon, Research by agilecat.cloud on April 28, 2016
Amazon’s cloud juggernaut could finally be slowing down
Matt Rosoff – Apr. 18, 2016
http://www.businessinsider.com/amazon-web-services-revenue-and-growth-2016-4
 
_ Business Insider
 
Investors were pleasantly surprised when Amazon started breaking out revenues and operating profit from its cloud business, Amazon Web Services, last year. The business was bigger than most investors expected, and turned an operating profit.
 
Amazon のクラウド・ビジネスである Amazon Web Services について、昨年に売上と利益が詳述されたとき、投資家たちは嬉しい驚きを体験した。このビジネスは、投資家の予測よりも大規模であり、また、営業利益も黒字だったのだ。
 
AWS_2016_Q1_ChartClick to Large >>>
 
But at least one analyst firm thinks AWS might finally be slowing down.
 
しかし、AWS は最終的に減速していくと推測する調査会社が、少なくとも一社だけあったことを記しておく。
 
This chart from Credit Suisse shows that analysts there expect AWS to show only 45% revenue growth from a year ago, the lowest growth rate since Q3 2014.
 
この、Credit Suisse が提供するチャートは、同社のアナリストたちが AWS の 2016年 Q1 について予測したものであるが、その売上はというと、前年比で 45% の成長率へと低下し、2014年 Q2/Q3 以来で最低のレベルにいたると示している。
 
The analysts also note that that dip in growth in 2014 came because AWS “materially cut prices” in Q2 of that year, and the comparables didn’t pick up until those price cuts had worked through the year-ago cycle.
 
それらのアナリストたちは、2014年における成長率の落ち込みについて、同年の Q2 に実施された、実質的な価格の引き下げに起因すると指摘している。そして、この値下げは 2014年を通じて影響をおよぼし、以前のレベルに戻るまでに、相当の時間を費やしたとも述べている。
 
ーーーーー
amazon-55aこのチャートの左側の単位は棒グラフに対応したものであり、それぞれの四半期における売上を million dollars で示しています(2015年 Q4 で 2.4B)。 また、右側の単位は折れ線グラフに対応し、売上成長率を前年比で示しています。そして、Credit Suisse は、昨年末に発表された値下げにより、2016年 Q1 の売上成長率が 45% まで低下すると予測しているのです。他の産業と比べれば、この成長率であっても驚異的なのですが、まだまだ AWS には成長の余地があるはずです。 とは言え、ユーザー企業の IT 総支出という枠の中で、このクラウド業界は生きているのですから、どこかで成長は頭打ちになります。 また、Microsoft や Google との戦いも、さらに熾烈になっていくでしょう。そろそろ 2016年 Q1 の収支報告が行われるはずですが、Credit Suisse の予測が当たるのかどうか、とても楽しみですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?
AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!
Amazon の薄利主義が 20年目を迎える:売上は 15倍でも 利益は一定という徹底した戦略
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る
 

Comments Off on いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく:それを示す1枚のチャート

PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!

Posted in .Chronicle, Microsoft, Post-PC, Research by agilecat.cloud on March 25, 2016
The PC market may finally have found its bottom
Matt Rosoff – March 14, 2016
http://www.businessinsider.com/idc-pc-market-predictions-through-2020-2016-3
 
_ Business Insider
 
The last few years have been rough for the PC market, as annual shipments have fallen almost 25% from their peak of 364 million units in 2011.
 
この数年の PC 市場は、年間における出荷台数が、2011年 364万台のピークから 25% ほど下落するという、荒波に翻弄され続けてきた。
 
World PC shipping 2009-2020
Statista
 
But as you can see in this chart from Statista, based on estimates from market research firm IDC, the plunge may finally be over. IDC predicts annual shipments to drop only another 8% between 2015 and 2020, for a compound annual “growth” rate of -0.5%. The stabilization is a result of faster-than-expected Windows 10 adoption among companies and the rise of larger tablets, IDC says.
 
しかし、市場調査会社 IDC の推定値をベースにした、Statista のチャートを見ると、その急落現象は収まっているようだ。IDC は、2015年から 2020年にかけて、さらに 8% ほど下落すると予測しているが、複合年間率で見れば、わずか 0.5 % の低下に止まる。この安定化の要因は、予想以上に速い Windows 10 の浸透と、大型タブレットの普及だと、IDC は述べている。
 
Of course, like any prediction, this should be taken with a grain of salt — after all, IDC is also the firm that predicted in 2011 that Microsoft’s Windows Phone would pass the iPhone by 2015, which most definitely did not happen.
 
もちろん、その他の予測と同様に、控え目な数字であると捉えるべきであろう。結局のところ IDC は、2015年までに Microsoft Windows Phone が iPhone を追い越すこと、2011年の時点で予測していた調査会社なのである。
 
ーーーーー
research_55どうなってしまうのかと、誰もが心配していた PC 市場ですが、年間で 2.5億台の出荷ペースというレベルで落ち着きそうな感じです。 そして、Windows 10 が伸びているようで、とても嬉しいですね。 たとえば、喫茶店などで iPad ノマドしているときに周りを見渡すと、新品の Windows 10 タブレット/ラップトップに囲まれていることも、多々ありという感じです。それにしても、IDC が酷評されていますね。 IDC に限らず、あらゆる調査会社が、さまざまな予測を提供しているのですが、ほとんどが予測しっぱなしで、なんの検証も行われないというのが、この世界の常識なのでしょうか? 自らの予測結果を検証するコンテントなどが提供されると、なかなか人気を得ると思うのですが、如何なものなんでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Microsoft と Xiaomi の思惑:Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた状況を、1枚のチャートで!
 

Comments Off on PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!

Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?

Posted in .Chronicle, Amazon, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on March 3, 2016
Salesforce is facing competition from an unexpected place: Amazon
Eugene Kim – Feb. 9, 2016
http://www.businessinsider.com/amazon-catching-up-to-salesforce-2016-2
 
_ Business Insider
 
Salesforce could face competition from a surprising new place: Amazon.
 
Salesforce にとって、予想外の競合相手が登場したのかもしれない。その相手は、Amazon である。
 
According to new investment research from Jefferies, Salesforce partners picked Amazon as the 3rd biggest threat to Salesforce, trailing only Oracle and Microsoft.
 
Jefferies が発行した最新の投資調査によると、Salesforce のパートナーたちは、その競合相手として Microsoft と Oracle を選んでいるが、第三の脅威として Amazon を意識し始めているのだ。
 
CRM Share ChartJefferies
 
Amazon doesn’t sell any customer relationship management products itself. But it has a bunch of partners who sell CRM solutions through its AWS Marketplace. Apparently, some customers are choosing these apps to piggyback along with AWS services such as data storage and compute power, rather than buying a CRM system separately.
 
周知のとおり、Amazon 自身は、Customer Relationship Management プロダクトを販売していない。しかし、AWS Marketplace を介して、数多くのパートナーたちが CRM ソリューションを提供している。その結果として、どうやら一部の顧客たちは、個別に CRM システムを購入するというより、コンピューティング・パワーやデータ・ストレージといった、AWS サービスと抱き合わせで、それらのアプリを選んでいるようである。
 
The survey should be taken with a grain of salt — it only asked 85 Salesforce partners that mostly target medium-sized businesses. Salesforce and Microsoft play in this space, but most customers of the bigger CRM players like Oracle and SAP are large enterprises.
 
この調査は、中規模企業をターゲットとしている、85社の Salesforce のパートナーだけを対象としたものであり、その点を割り引いて見ていく必要がある。つまり、Salesforce と Microsoft は、このターゲット層で強さを示しているが、大手エンタープライズの領域では、Oracle や SAP などの CRM が、大半の顧客を取り込んでいるはずだ。
 
Still, it’s another sign of how powerful AWS is becoming in the enterprise.
 
それは、さておき、パワフルな AWS が、エンタープライズの領域に進出しようとする、あらたな兆候として認識すべきなのだろう。
 
ーーーーー
Salesforce昨年の12月に、「SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている」という抄訳をポストしましたが、それを反映するようなところで、AWS 上の CRM が注目されているのでしょう。 この、Salesforce パートナーに対する意識調査のチャートですが、最初は前年との比較だと勘違いしていましたが、よく見ると四半期の比較でした。 つまり、四半期ごとに、4% ⇒ 7% ⇒ 10% と、AWS 脅威論が高まっていることになります。まさに、クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきたのですね。 これからは、SaaS における、あらゆるカテゴリで、こうした光景を目にするようになるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
米 IoT 業界は、すでに走り始めている:他を圧倒する Smart Home の普及率をチャートで!
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 

Comments Off on Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?

%d bloggers like this: