Agile Cat — in the cloud

最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Xiaomi by agilecat.cloud on January 17, 2016
Xiaomi’s latest phone packs a massive battery, 5-inch screen into full metal body for $107
Erik Crouch – Jan 11, 2016
https://www.techinasia.com/xiaomi-redmi-3-release
 
_ tech in asia
 
Xiaomi’s new Redmi 3, announced today, packs a 5-inch display, Qualcomm Snapdragon 616 processor, giant 4100mAh battery, and 13-megapixel camera into one all-metal package: and will retail for just US$107.
 
1月11日に Xiaomi が発表した Redmi 3 は、5-inch ディスプレイ/Qualcomm Snapdragon 616 プロセッサ/4100mAh のバッテリー/13-M Pixel のカメラを、フル・メタル・ジャケットに組み込んだスマフォであり、その価格は、なんと US$107 になるという。
 
xiaom-redmi-3Image from Xiaomi
 
The phone will also sport a dual SIM card slot and expandable SD storage. It will notably not have a fingerprint scanner – a bit of a weird choice, considering how Xiaomi has embraced the feature in many of its other recent phones – but at RMB 699 (US$106.93) it seems like some sacrifices had to be made. The phone’s ginormous battery can reportedly last 18 hours, although that may have to be tested to be believed.
 
このスマフォは、Dual SIM カード・スロットと、拡張可能な SD ストレージをサポートしている。そして、指紋スキャナであるが、この機能が最近の Xiaomi デバイスに取り入れられていることを考えると、ちょっと奇妙な選択と映るが、この Redmi 3 ではサポートされていない。ただし、いくつかの機能を犠牲にしたとしても、RMB 699 (US$106.93) という価格は魅力的である。このスマフォの、とてつもなく大容量のバッテリーは、伝えられるところによると 18時間の駆動を約束しているが、それを確認するためのテストが必要になるだろう。
 
xiaomi-redmi-3-frontClick to Large >>>
Image from Xiaomi
 
2015 was not the victorious, epic year that Xiaomi had hoped it would be. The company was out-sold by domestic competitor Huawei, and the company has struggled to maintain its exciting, startup-y vibe – Quartz called it “the year Xiaomi became just another phone company.”
 
Xiaomi にとっての 2015年は、望んでいたほどの、壮大な年にはならなかった。同社は、国内のライバルである Huawei に追い抜かれ、また、先進のスタートアップである Yi-Vibe の勢いを維持するのに苦労していた。そのような背景から、「2015年の Xiaomi は、まったく別種のスマフォ・メーカーになってしまった」と、Quartz は評していた
 
If Xiaomi hopes to avoid the mistakes of 2015 in the coming year (we say mistakes, but the company did sell somewhere in the neighborhood of 80 million smartphones last year) it will need to get its fans excited again.
 
Xiaomi が 2015年の失敗を払拭したいと考えるなら、いま一度、同社のファンたちに、熱狂をもたらす必要がある。(失敗とはいえ、8000万台のスマフォを販売しているのだが)
 
The new Redmi 3 packs better specs at a lower price than most other phones on the market – and this will likely only be a shot across the bow compared to what Xiaomi has up its sleeve for the release of the Mi5 in the weeks or months to come.
 
この、最新の Redmi 3 は、マーケットにおける大半のスマフォと比較して、優れたスペックを低価格で詰め込むことに成功している。そして、近々にリリースされるはずの、Xiaomi Mi5 のスペックが明らかにされたとき、なにを比較すべきかという警鐘を与えているようにも思える。
 
It will take a lot for Xiaomi to become anything other than “just another phone company,” but selling ever-better phones at an ever-cheaper price is certainly a step in a good direction. The phone goes on sale in China on January 12. No word yet on a release abroad.
 
「まったく別種のスマフォ・メーカー」という酷評から、Xiaomi が抜け出すためには、たくさんの努力が必要となるが、これまでよりも優れたスマフォを、これまでよりも低価格で提供するということは、適切な方向へ向けた、確実なステップとなるだろう。
 
Editing by Terence Lee
 
ーーーーー
mobile_55このところ、スマフォの価格動向を見ていなかったのですが、たいへんな変化が生じているのですね。正直いって、驚きました! 現時点の、ほぼ最高水準のチップを載せたスマフォが、$100 程度で買える時代になっているのです。この Redmi 3 以外にも、5.5-inch の Redmi Note 3 というのもあって、そちらの方は、Mediatek Helio X10 を搭載して $140 とのことです。ちなみに、グローバル仕様として 2015年夏に登場した Mi4i(25,000円)は、Google Play に入れるようなので、LTE の周波数帯域さえ問題なければ、日本でも利用できるわけです。そして、さらに安価な価格帯で、Redmi 3 や Redmi Note 3 が、日本マーケットに流れ込んでくる可能性がありますし、ぜひ、そうなって欲しいと思うのです。 Xpansys あたりから、送料込みで 15,000円くらいで買えるかもしれませんね。個人的にも、次期スマフォ候補として、Xiaomi Redmi 3 に注目です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するという、とんでもない ウワサ が!
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
一般の消費者たちは、ガジェットに飽きてしまったのか? それを示す1枚のチャート!
2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!
2015 Mobile:スマフォが増えれば、サービスが生まれ、インフラも育つ!
 

Comments Off on 最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!

Qualcomm の 次期チップ・セット Snapdragon は、なんと 8GB RAM をサポートするというウワサが!

Posted in .Chronicle, Mobile, Qualcomm, Weekend by agilecat.cloud on December 4, 2015
Qualcomm Snapdragon 830 chipset to support 8GB RAM?
TOI Tech – Dec 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Qualcomm-Snapdragon-830-chipset-to-support-8GB-RAM/articleshow/50029588.cms
 
_ Times of India
 
 NEW DELHI: It has only been a few weeks since Qualcomm unveiled its Snapdragon 820 chip, but rumours about the next-generation Snapdragon 830 chipset are already flying about.
 
NEW DELHI: Qualcomm が Snapdragon 820 チップを発表してから、まだ数週間しか経っていないが、すでに Snapdragon 830 という、次世代チップ・セットのウワサが飛び交っている。
 
Qualcomm ChipThis rumour of Snapdragon 830 and 8 gigs of RAM comes courtesy Chinese analyst Pan Jiutang, who also adds that Qualcomm will adopt the “MSM8998” moniker for the chip. 
 
The latest word on Qualcomm Snapdragon 830 is that the chipset will support up to 8GB of RAM. Samsung has developed the world’s first 6GB RAM for mobile devices, but it is yet to go into mass production.
 
そして、Qualcomm の Snapdragon 830 を特徴づけるのは、最大で 8GB の RAM をサポートするチップ・セットという点である。すでに Samsung が、モバイル・デバイス用として、世界で初の 6 GB RAM を開発しているが、まだ、大量生産には入っていない。
 
This rumour of Snapdragon 830 and 8 gigs of RAM comes courtesy Chinese analyst Pan Jiutang, who also adds that Qualcomm will adopt the “MSM8998” moniker for the chip.
 
この、Snapdragon 830 と 8 GB RAM のウワサは、China で信頼の厚いアナリストである、Pan Jiutang が出処である。さらに彼は、この Qualcomm チップは、”MSM8998″ モニカーを採用すると、付け加えている。
 
8GB of RAM, however, may not be too outrageous a rumour as the smartphone makers seek new ways to distinguish their products from the competitors.
 
いまのスマホ・メーカーたちは、他社との競合において、自社プロダクトを差別化するための手段を模索している。そう考えると、RAM が 8 GB というのを、突拍子のない話として、片付けることもないのかもしれない。
 
ーーーーーー
mobile_55いま、この記事の翻訳に使っている Mac mini は、16 GB の RAM を載せています。 そして、サブの Macbook Air は、8 GB の RAM です。こちらの方の 8 GB でも、RAM が小さくで困るという経験は、ほとんど有りません。 いまの ARM チップは、しっかりとしたマルチ・コアを実現していますし、これで RAM が増えれば、ほとんど PC と言ってよいほどの、パフォーマンスを発揮してくれるでしょう。いつも持ち歩いているスマホを、職場や自宅でドッキング・ベイに挿し込めば、すぐにワークステーションとして動き出す、、、という日が近づいてきますね。 _AC Stamp
ーーーーーー
<関連>
Qualcomm はスマホ・チップ市場を、完全に制覇してしまうのか?
Qualcomm の最新チップにより、激安 LTE/64-bit 対応スマホの時代に突入する!
Apple は Qualcomm に頼ることなく、モバイル途上国を制するのか?
AT&T が Qualcomm に $1.9 Billion を支払う、超弩級の帯域契約とは?
Qualcomm への挑戦を、日本勢は諦めてしまったのか?

Comments Off on Qualcomm の 次期チップ・セット Snapdragon は、なんと 8GB RAM をサポートするというウワサが!

習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

Posted in .Chronicle, Asia, Businesses, Government, Tencent by agilecat.cloud on September 25, 2015
Check out all the big-shot tech execs who met the Chinese president in Seattle
Eugene Kim – Sept 23, 2015
http://www.businessinsider.com/tech-leaders-greet-chinese-president-2015-9
 
_ Business Insider
 
Some of the most powerful tech leaders got together in Seattle to greet Chinese President Xi Jinping on his visit to the US Wednesday.
 
この水曜日(9/23)の、Chinese President である Xi Jinping(習近平)の訪米に際し、最もパワフルなテック・ジャイアントのリーダーたちが、同氏とのミーティングのために Seattle に集まった。
 
And based on the group photo tweeted out by Seattle Times reporter Matt Day, it was a star-studded event:
 
そして、Seattle Times のレポーターである  Matt Day が、Twittter にアップした集合写真を見れば、それがオールスター・イベントであったことが分かる。
 
chinese-tech-ceo-blowupClick to Large >>>
Matt Day via Twitter
 
Xi is in the center of the front row, wearing the purple tie.
 
最前列の中央で、紫色のネクタイを着けているのが、Xi Jinping(習近平)である。
 
In the front row, from left to right, here are the tech execs we could identify:
  • Facebook CEO Mark Zuckerberg
  • JD.com CEO Qiangdong Liu
  • Former Cisco CEO John Chambers
  • Alibaba founder Jack Ma
  • IBM CEO Ginni Rometty
  • Microsoft CEO Satya Nadella
  • Apple CEO Tim Cook
  • Tencent CEO Huateng Ma
  • Amazon CEO Jeff Bezos
Second row:
  • Sohu CEO Chaoyang Zhang
  • Lenovo CEO Yuanqing Yang
  • Microsoft executive VP Harry Shum
  • Qualcomm CEO Steven Mollenkopf
  • Intel CEO Brian Krzanich
  • LinkedIn founder Reid Hoffman
Third row:
  • Yahoo cofounder Jerry Yang (middle, glasses)
  • Nantworks founder (and the world’s richest doctor, according to Forbes) Patrick Soon-Shiong
  • Airbnb cofounder Brian Chesky
  • Baidu cofounder Robin Li
 
Thanks to all the commenters so far. Let us know in comments who else we missed.
 
これまでの、Twitter 上でのコメントに感謝する。また、特定できていない人物に関して、新たなコメントがあれば嬉しい。
 
Xi attended several events during the day. This picture was taken at an event hosted by Microsoft, which included China’s internet czar Lu Wei, who oversees Chinese restrictions on foreign tech companies. After the meeting, Xi is reported to be having a private dinner with Microsoft cofounder Bill Gates.
 
この日、いくつかのイベントに、Xi Jinping は出席している。そして、この写真は、Microsoft が主催したイベントにおけるものであり、また、海外テック・カンパニーの活動を制限する、China インターネット政策の第一人者である Lu Wei も同席している。伝えられるところによると、このミーティングが終了した後の Xi Jinping は、Microsoft Co-Funder である Bill Gates と、プライベート・ディナーをともにしたようだ。
 
ーーーーー
Asia Pacificこれだけのメンバーが集まるのですから、いくらなんでも、突然の訪米ということでは無いのでしょうね。また、アメリカ側の CEO だけではなく、中国からも JD/Alibaba/Tencent/Sohu/Lenovo/Baidu などのトップが、この訪米に同行しているようです。大急ぎで、アジア系のメディアも調べてみしたが、Want China Times は「Hopes for BIT to take center stage when Xi meets Obama」というタイトルで、このトピックを取り扱っていました。 そして、この BIT ですが、US-China Bilateral Investment Treaty の意味であり、米中二国間投資協定と訳すようです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba との勝負が はじまる!
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
 

Comments Off on 習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!

CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

Posted in .Selected, Baidu, Cisco, CloudFlare, Network, Security by agilecat.cloud on September 23, 2015
What started as a class project at Harvard just raised $110 million from Fidelity, Google, and Microsoft
Eugene Kim – September 22, 2015
http://www.businessinsider.com/cloudflare-raises-110-million-2015-9
 
_ Business Insider
 
It didn’t take too long for CloudFlare cofounders Matthew Prince and Michelle Zatlyn to realize they were on to something big when they launched their startup as a class project at Harvard Business School.
 
CloudFlare の C-Founders である Matthew Prince と Michelle Zatlyn は、Harvard Business School のクラス・プロジェクトとして立ち上げたスタートアップを、それほど時間をかけること無く、大きな存在へと変容させていった。
 
CloudFlare, a web-performance and security startup, was seeing quick traction after winning a contest at Harvard Business School in 2009. What started out as a class project to get course credit was turning into a real business that venture capitalists were lining up to invest in.
 
Web のパフォーマンスとセキュリティをソユーションとする、この CloudFlare というスタートアップは、2009年の Harvard Business School コンテストで優勝してからも、素晴らしいスピードで走り続けた。つまり、単位を取得するためにスタートしたクラス・プロジェクトが、投資を望むベンチャー・キャピタリストたちを従える、リアルなビジネスに変身したのだ。
 
20100929_techcrunch_mw_058Flickr
TechCrunch
 
CloudFlare
CEO
Matthew Prince
 
“I remember sending an email to Michelle that said, ‘I ran the numbers and here’s my prediction of what’s going to happen: I predict that Google will buy CloudFlare for $500 million within 2 1/2 years,'” Prince told Business Insider.
 
Prince は Business Insider に対して、「 Michelle に送った電子メールを覚えている。そして、これから起こることに、私は賭けたいと説明した。 具体的に言うと、2年半以内に Google が、$500 million で CloudFlare を買いに来る、と予言したのだ」と述べている。
 
Zatlyn, usually the more conservative one, was even more bold with her response: “If my numbers are right, I think CloudFlare will go public in seven years at a valuation of around $4 billion.”
 
いつもは控えめな Zatlyn だが、そのときの反応は、さらに大胆であった。「私の勘が当たっているなら、CloudFlareは 7年間以内に上場し、$4 billion の評価額を得ると思う」と、彼女は答えたのだ。
 
Fast forward six years, and Zatlyn is turning out to be closer to right. CloudFlare is now one of the fastest-growing startups in the world, with a valuation well north of a billion dollars.
 
そこから、あっという間に 6年の歳月が流れたが、Zatlyn の考え方が正しかったと、証明されようとしている。いまの CloudFlare は、この世界で最速で成長しているスタートアップであり、$1 billion 以上の評価を得ているのだ。
 
An early unicorn
 
On Tuesday, CloudFlare announced another huge round of funding that shows its rapid growth: It is raising $110 million in a round led by Fidelity and joined by Google Capital, Microsoft, Baidu, and Qualcomm Ventures.
 
この火曜日(9/22)に、CloudFlare は急速に成長している状況を、新たなラウンドの結果としてアナウンスした。この、$110 million と付けたラウンドは Fidelity がリードするものであり、そこに Google Capital/Microsoft/Baidu/Qualcomm Ventures といったメンバーが続いている。
 
CloudFlare was already reported to be a billion-dollar startup when it raised its $50 million Series C round in December 2013. Prince declined to mention the exact value of his company for that round, jokingly saying only that it was worth “multibillion dollars.”
 
伝えられるところによると、すでに CloudFlare は、2013年12月の $50 million Series C ラウンドにおいて、A Billion Dollar スタートアップになっているようだ。Prince の冗談めかした説明は、そのラウンドにおいて CloudFlare は、Multi Billion Dollars の企業になったというものであり、正確な評価額については言及していない。
 
So what exactly is making investors go crazy over CloudFlare?
 
なせ、それ程までに、投資家たちは CloudFlare に夢中になるのか?
 
CloudFlare basically works as a “digital bouncer” in that it filters all the internet traffic before it reaches its customers’ websites. It can clean that traffic, identifying the good and the bad, and accelerate traffic to the most efficient route.
 
CloudFlare は基本的に、デジタルの世界における警備員として機能する。つまり、すべてのインターネット・トラフィックに対して、それらが顧客の Web サイトに到達する前に、フィルタリングしていくのだ。その結果として、トラフィックの掃除が行われ、適切/不適切が識別され、さらには、最も効率の良いルートへと向けてトラフィックは加速していく。
 
Its service is as varied as the routing and switching that helps computers connect to the web, to load balancing and performance acceleration that helps ensure servers don’t get overloaded and makes websites run faster. And it doesn’t cost as much as some of the services from established companies, making its technology available to a lot of small and medium-size businesses as well.
 
このサービスは、Web/ロード・バランサー/パフォーマンス・アクセラレータなどに接続するコンピュータを、ルーティングとスイッチングのように変化しながら、支援していくものとなる。また、従来型の企業とは異なり、そのサービスはきわめて安価である。したがって、中小企業であっても、CloudFlare のテクノロジーを利用できるのだ。
 
Cisco as a service
 
“It’s happening at a fraction of a second and can decrease the load in the back-end infrastructure by over 80%,” Prince said. “On top of all that, we protect you from attacks. We’re almost like Cisco as a service.”
 
Prince が言うには、「 それは、秒単位で起動され、バックエンド・インフラにおける負荷を、80% も低減できるのだ。そして、すべてにおいて、アタックからの保護を実現していく。つまり、Cisco as a service という言い方が、もっとも当てはまるものだ」となる。
 
Prince says 5% of all internet requests go through CloudFlare’s network, with more than 4 million people across 30 countries using the company’s service. CloudFlare initially started out as a service focused mostly on small and medium-size businesses, but now nearly half of its customers are big enterprises, including Goldman Sachs, Salesforce, and the US State Department, Prince said.
 
そして Prince は、すべてのインターネット・リクエストの 5% が、CloudFlare のネットワークを通過し、また、30カ国にまたがる400万人以上の人々が、同社のサービスを利用していると言う。当初の CloudFlare は、中小企業にフォーカスするサービスとして立ち上がったが、しかし、いまでは半分近くが大企業ユーザーであり、そこには、Goldman Sachs/Salesforce/US State Department(米国国務省)などが含まれると、Prince は述べている。
 
CloudFlare turned profitable in 2014 and is expected hit a $100 million revenue run rate by the end of this year, Prince added. All signs point to a possible initial public offering, but Prince would not commit to anything yet — except to acknowledge that he thought Zatlyn’s early IPO prediction was a bit delusional.
 
CloudFlare は、2014年に黒字に転化しており、また、2015年末までに $100 million の売上に達すると、Prince は付け加えている。
 
すべてが、IPO へと向けた兆しとなっているが、Prince は何もコミットしたくないようだ。とは言え、以前に Zatlyn が言っていた、IPO という予測について、少し妄想的だと思ったことが、誤りだったとは認めているようだ。
 
“I think all founders have early confidence,” he told Business Insider. “It’s what allows you to walk away from much more sure paths. It’s typically delusional. We were delusional too. But we’ve been very fortunate to have built a great team, executed, and, in doing so, turn what originally was delusional into a real business.”
 
彼は Business Insider に対して、「すべての Founder たちは、そのスタートにおいて、自信に満ちあふれている。だが、その自信により、適切な道筋から外れやすくなる。つまり、得てして妄想に陥るのだが、私たちも同じであった。しかし、とても幸運なことに、素晴らしいチームを得ることができた。 それにより、妄想に過ぎなかったものが、実際のビオジネスへと、着実に転換されていく」と述べている。
 
SEE ALSO: This $1 billion startup handles 5% of all web traffic and is ready to take on Cisco
 
ーーーーー
Networkウワサの CloudFlare ですが、ついに軌道に乗ったようですね。出資者の顔ぶれも豪華ですし、顧客にも恵まれているようです。 2014年2月に、「この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!」という抄訳をポストしましたが、そこに Prince のコメントが載っていました。 その後も、CloudFlare を追いかけてきましたが、あるインタビューで、「今後のサービスは?」と聞かれたときに、「Cisco のカタリストを見てほしい」と答えていたのが印象に残っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
BitTorrent と DDoS 攻撃の関連性: 放置すると、その UDP が悪用されるかもしれない
 

Comments Off on CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

iPhone 6S – 64GB のパーツ代は $234 だと推測する、1枚のチャート!

Posted in .Chronicle, Apple, Mobile, Uncategorized by agilecat.cloud on September 12, 2015
Apple will pay about $234 for the parts in each iPhone 6S
Matt Rosoff – Sept 11, 2015
http://www.businessinsider.com/iphone-6s-component-costs-by-model-2015-9
 
_ Business Insider
 
Apple will pay about $234 for the parts used in every iPhone 6S, according to estimates from Bank of America Merrill Lynch.
 
America Merrill Lynch の推計によると、iPhone 6S で使用される全パーツに対して、Apple は $234 を支払うことになるようだ。
 
iPhone 6S Cost
BofA Merrill Lynch
 
The biggest part of that cost is $127 for semiconductor pieces, including $36 for the various cellular radios, $25 for the new 64-bit A9 processor, $22 for various sensors (fingerprint, NFC, and so on), and $20 for 64GB of flash memory. Other core components like the screen, camera, and battery will add up to $73, and the other stuff (like the case) will add another $33. The older models are cheaper for Apple to make, as the cost of their components has come down over time.
 
この原価における最大のパートは、半導体に対する $127 であり、その内訳としては、ワイヤレス通信のための $36 および、64-bit A9 プロセッサの $25、各種センサー(指紋や NFC など)の $22、64GB フラッシュ・メモリの $20 などが含まれる。また、それとは別に、ディスプレイ/カメラ/バッテリーなどのコア・コンポーネントのための $73 と、筐体などの $33 が追加される。ただし、一連のコンポーネント・コストは、時間の経過とともに下がっていくため、Apple における製造コストも、それにつれて安価になっていく。
 
An unlocked 64GB iPhone 6S has a starting retail price of $749, but that doesn’t mean Apple is making gross profits of $515 in profit on each phone — there are also manufacturing and distribution costs.
 
iPhone 6S の 64GB Unlocked バージョンには、$749 という小売価格が設定されている。 したがって、Apple の利幅は $515 になるかというと、そういう意味ではない。 ここに、製造と流通のコストが上乗せされるのだ。
ーーーーー
appleこのチャートを見る限り、5S との比較で、約 $50 のコスト増という計算になりますね。 そして、A9 チップなどに関しては、台湾の TSMC に利益が流れこむのでしょう。 また、その他のパーツ代やアッセンブリ料金などが、Foxconn を潤すことになるのでしょう。 それに加えて、ARM や Qualcomm に対しても、かなりのライセンス費用が生じるはずです。 その他にも、Apple は年内に 5000万台の iPhone 6S を出荷するという、台湾からの情報もあります。 やはり iPhone は、横綱クラスの経済効果をもたらしますね!_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか? 
Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?
iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!
 

Comments Off on iPhone 6S – 64GB のパーツ代は $234 だと推測する、1枚のチャート!

Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!

Posted in Asia, Huawei, Mobile, Xiaomi by agilecat.cloud on August 22, 2015
Xiaomi reportedly developing ARM solutions, paper says
DIGITIMES: Kai-Ti Chiang, jessie Shen – Aug 5, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/08/06/xiaomi-reportedly-developing-arm-solutions-paper-says-cloud-cloudcomputing-xiaomi-arm-smartphone/
 
_ Digi Times
 
Xiaomi is engaged in the development of mobile processors based on the ARM chip architecture, and is expected to have the first in-house developed chips for handsets in early 2016, a 21st CenturyBusiness Herald report quoted sources from China’s handset industry as saying.
 
Xiaomi だが、ARM チップ・アーキテクチャをベースにした、モバイル・プロセッサの開発に取り組んでいるようだ。そして 2016年の初頭には、最初の自社開発チップを搭載するモバイル・デバイスを、マーケットに投入すると予測されている。China モバイル業界の情報筋からのウワサを引用するかたちで、21 Century Business Herald が、このように報道している。
 
Xiaomi Mi4Xiaomi has obtained the right to gain access to ARM processor technology, the report said. The report did not say specifically whether Xiaomi has an in-house chip design team.
 
このレポートは、ARM プロセッサ・テクノロジーにアクセスする権利を、すでに Xiaomi が取得していると述べている。ただし、Xiaomi 社内における、チップ・デザイン・チームの有無については、具体的に言及していない。
 
ARM disclosed recently that it has signed a new subscription licence with a major Chinese OEM which would underpin its future royalty revenue growth. Xiaomi has been identified as ARM’s new OEM partner.
 
最近のことだが、ARM のサブスクリプション・ライセンスが、China の主要 OEM ベンダーに提供されたという情報が開示されている。それにより ARM は、将来におけるロイヤリティ収入の成長を支えていくことになる。そして、もちろん Xiaomi も、ARM の新しい OEM パートナーとしてリストアップされている。
 
Nevertheless, Xiaomi already reached a deal with Leadcore Technology allowing the phone maker to get access to the chip designer’s technology patents. A May 18 EETimes report quoted a Leadcore executive as saying that “Xiaomi wants its own custom-designed processors to differentiate its products and control its destiny.” Leadcore is working with China’s fastest growing smartphone company on product, technology and patent, the EETimes report said.
 
その一方で、すでに Xiaomi は Leadcore Technology との粉タクトを開始しており、このチップ・テクノロジー・デザイナーの特許を取得するようだ。 5月18日の EE Times は、Leadcore の幹部の発言を引用するかたちで、「 Xiaomi は、プロダクトの差別化を促進するための、カスタム・デザインされたプロセッサを、社運をかけて手に入れようとしている。Leadcore は、すばらしい勢いで成長を遂げている、この China のスマートフォン・べンダーと、プロダクト/テクノロジー/パテントの面で協業していく」と報じている。
 
Qualcomm’s and MediaTek’s solutions have been mainly used by Xiaomi and other Android phone makers.
 
これまで、Xiaomi を含む Android フォン・メーカーたちは、主として Qualcomm および MediaTek のソリューションを用いてきた。
 
Leadcore, wholly-owned by China’s Datang Telecom Technology and Industry Group, designs and develops SoC solutions for smartphones and tablets.
 
そして、この Leadcore とは、China の Datang Telecom Technology and Industry Group が所有する、スマートフォン/タブレット用の SoC ソリューションを設計/開発している企業なのである。
 
ーーーーー
Asia Pacificよく言われるように、スマホ・ビジネスで利益を出しているのは Apple と Samusung だけという状況です。 その一方で、チップ・サプライヤーである Qualcomm と MediaTek が大きな利益を出しているという現実があります。 つまり、オリジナルのチップを持てない企業は、いくら売上を伸ばしても、利益をチップに吸い上げられてしまうのかもしれません。 そして、中国では、この Xiaomi 以外にも、Spreadtrum および、Huawei の 子会社である HiSilicon などが Mobile AP (Application Processor) の設計/開発に着手しています。 この、中国とアジアの巨大なマーケットが、モバイル・ビジネスの常識を、根本から覆していく様が見えてきますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:勢力図をチャートで!
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
 

Comments Off on Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!

Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!

Posted in Asia Weekly, IoT by agilecat.cloud on June 6, 2015
 そして、中国の巨大マーケットは、どのように IoT に取り組むのか・・・
 
_ cna-banner
 
今週末は、アジアの IoT 関連情報についてまとめてみました。 各国の動向を参照していこうと思いますが、とても興味深いマトメ的な記事を3つほど見つけましたので、そちらから眺めていきましょう。 まず、4月14日の IDC のレポートですが、それによると、APAC の IoT 産業は 2020年までに、インターネットに接続されるモノを 31 億個から 86億個へと増やし、また、APeJ(Asia Pacific excluding Japan)のマーケットは US$250 billion から US$583 billion に成長するとのことです。
 
Taipei Night ViewFlickr
Arlene Hsu
 
続いて、4月27日の Smart City に関する記事ですが、シンガポールで開催された Asia IoT というイベントで、Schneider が IoT の大切さを説いています。 そして、政府や自治体が主導していく Smart City ですが、なんらかの決定に際しては、必ずエンドユーザーの意見を尊重すべきだ、と指摘しています。 そして、5月8日の ARM CEO へのインタビューですが、2014年の時点で 120億個の ARM-based SoC が、すでに出荷されていると自慢しています。 また、TSMC との協調により、次世代 16nm および 10nm プロセッサを成功させたいと、台湾のメディアに対して発言しています。
 
4/14: APAC becomes frontline for IoT with US$583 billion market by 2020, says IDC
4/27: Smart Cities: Need for co-creation and collaboration underlined in IoT Asia
5/8: The mbed IoT ecosystem: Q&A with ARM CEO Simon Segars, from TW
 
<台湾>
 
ここからは、国別に見ていきますが、以下のとおり、台湾からのニュースが最多でした。今週に開催されていた Computex も、Computex of Things と呼ばれていたようで、最近の台湾は IoT 一色という勢いがあります。 前述の ARM だけではなく、Intel も積極的にアプローチしているようであり、台湾のモテ方が羨ましいですね。
 
・政府系
3/5: Advantech, ITRI to set up Industry 4.0 system integration joint venture
3/12:Taiwan government lab announces self-powered solution for IoT
 
・ソリューション系
4/12:Acer partners with Taiwan venture fund AppWorks for IoT business
4/14: Notebook ODMs partnering with IoT startups, from TW
5/19: Microsoft promotes IoT solutions with Taiwan partners
5/30: Acer opts for slow approach to apps for IoT
3/9: Foxconn expects robots to take over more factory work
 
・セミコンダクター系
4/2: M31 offers low-voltage-power physical IP solutions for TSMC targeting IoT
4/15: MediaTek launches new platform for IoT developers
4/22: IoT to drive semiconductor growth, says TSMC co-CEO
 
・Computex 系
6/3: Welcome to the Computex of Things
6/4: Don’t miss partnership with Taiwan on IoT, says Acer founder
6/4: MediaTek unveils IoT chip targeting smart home market
6/4: COMPUTEX: Intel unveils IoT solutions with Taiwanese partners
 
<中国>
 
IoT に限らずですが、中国の半導体産業が、どのように成長していくのかが、とても気になっています。 4月16日の Digitimes が、SMIC および XMC、HGSM といった中国セミコンダクターに注目しているようですが、ソロソロなのかもしれませんね。以前に、Qualcomm の独禁法についてポストしましたが、国内の半導体産業の成長とバランスを取りながら、そのような政策を展開しているはずです。 そして、6月5日の China Mobile ですが、CES Asia in Shanghaiで、IoT Private Network と OneNet Open Platform を発表し、このプライベート・ネットワークでは、すでに 500万台のデバイスが接続され、リアルタイムでモニターしていると豪語しています。
 
3/12: Baidu Working On Self-Driving Car This Year
4/15: Tencent to partner with Shanghai gov to establish smart IoT city, says report
4/16: Digitimes Research: China foundry houses to optimize specialty processes for IoT
4/17: Xiaomi-backed robotics company Ninebot acquires Segway
5/21: Huawei launches new operating system for Internet of Things
6/1: Huawei launches new operating system, LiteOS, for the Internet of Things
6/3:Internet Of Things Platform Boosts China Mobile’s Services
6/5: China Mobile unveils IoT for enterprises
 
<日本・韓国・シンガポール・インド>
 
台湾および中国と比べてしまうと、その他の国々からの情報は少ないです。 しかし、話を Smart City まで拡大すると、シンガポールとインドの情報が増えるような気がします。 なるべく早めに、Smart City についてもマトメたいと思っています。
 
3/25: Panasonic Working on Royalty Free IoT Software
5/2: Hitachi bets big on IoT, sees $2-trillion business opportunity
5/2: India, Japan look to boost ties in IT sector; eye IoT, Big Data
6/2: Telstra wins $23m Komatsu deal extension
 
3/9: LG Uplus chief bets on IoT
5/24: KT, TeliaSonera teaming up over IoT
5/24: Samsung, TeliaSonera discuss tie-up over IoT
 
2/25: Ericsson Partners with Bridge Alliance on the IoT
4/7: Silicon Cloud, Cisco push IoT design boundaries in Singapore
 
2/22: TCS, Wipro, Infosys eye robotics, driverless cars for next round of growth
4/8: Vishal Sikka’s strategy sees Infosys shift focus to IoT and AI
4/25: Indian city police buys pepper spray drones for crowd control
 
以下は、今週の Top-10 です・・・・
 
ーーーーー
 
① 6/3: AAG submarine Internet cable ruptures again
VietnamA source from the managing center of the Asia America Gateway (AAG) said the cable ruptured at around 4:30 p.m. Details of where the break occurred have remained sketchy. In the past the AAG cable, which is used by VNPT and three other Internet providers, FPT Telecom, Viettel and SPT, took place at the portion between southern Vietnam and Hong Kong. News website VnExpress quoted unidentified sources as saying that the rupture occurred at a section around 38 kilometers off the coast of Vung Tau.
 
② 5/25: Digital Realty Opening $150m Singapore Data Center
SingaporeDigital Realty is investing $150 million on a second, 13.2-megawatt data center in Singapore to address growing demand for data center infrastructure in the city-state and interconnection needs in Asia Pacific. Delivery of the powered shell and an initial 3.2 megawatts is expected in late 2015. The company entered into a purchase agreement for a former 175,000 square foot paper storage facility and is converting the non-technical building into a data center. Legal completion of the deal will occur sometime next month, although power and fiber works are already underway.
 
③ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
④ 6/3: Google to build second Singapore data centre
SingaporeGoogle will build a second data centre in Singapore next-door to its existing facility, with plans to have the centre operational by mid-2017. The company’s first Singaporean data centre was opened in 2013 at an estimated cost of US$120 million (A$156 million). The new data centre will bring Google’s investment in its Singaporean infrastructure to US$500 million, and investment in Asia to US$1 billion.  In a blog post today, Google vice president of data centres Joe Kava said the facility would use 100 percent recycled water for its critical operations.
 
⑤ 6/4: Indonesia’s Netflix-type Genflix service opts for Irdeto technology
IndonesiaAMSTERDAM-headquartered Irdeto has announced that PT Mega Media Indonesia Group, owner of satellite pay TV service Orange TV, has selected its end-to-end Multiscreen services to support the launch of Genflix. Genflix, also under PT Mega Media Indonesia Group, was established in September 2013 as Indonesia’s first-ever commercial over-the-top (OTT) content delivery service, Irdeto said in a statement.
 
⑥ 6/1: China set to enter 5G era by 2020: white papers
Image.gifChina expects to enter the 5G era in mobile telecom technology and industry in 2020 as the country has just issued two 5G technology white papers on May 29 during the annual 5G summit held by the China IMT-2020 (5G) Promotion Group, reports Tencent’s tech news portal. Released by the China Academy of Telecommunication Research (CATR), the two white papers, 5G Wireless Technology Architecture and 5G Network Technology Architecture, outlined 5G key technologies as well as the process of the 5G research and development in China and tasks for standardization.
 
⑦ 5/29: Telin Singapore gets Cisco WebEx accreditation, first in APAC
IndonesiaTELEKOMUNIKASI Indonesia International Pte Ltd (Telin Singapore), a subsidiary of PT Telekomunikasi Indonesia, said it was the first in Asia Pacific to be certified a Cisco Systems Inc authorised technology provider for WebEx. With that, Telin Singapore has unveiled new business offerings to help telecommunication service providers and enterprise clients add automation to their Cisco web conference services-based clouds, it said in a statement.
 
⑧ 6/5: Indonesia’s smartphone revolution starts now
IndonesiaIn three to four years, consumers in Indonesia will only pay Rp 400,000 (US$30) for 4G smartphones, Indonesia’s tech minister Rudiantara announced last month. 4G technology is only now beginning to enter Indonesia on a large scale. All three major operators are currently engaged in country-wide 4G infrastructure upgrades. And while Indonesia has a mobile phone penetration of over 100 percent, as little as 23 percent of those are smartphones.
 
⑨ 6/1: LG U+ finishing up mega data center
Image1.gifPYEONGCHON, Gyeonggi – To the trained tech eye, it is obvious how a huge dark gray building in Pyeongchon, Gyeonggi, still under construction will be used.  The structure – the size of 12 soccer stadiums – is telecommunications company LG U+’s data center. And it will be Asia’s largest when completed in July.  The nation’s third largest telecom company will invite corporate clients to locate their servers and storage devices at Pyeongchon Mega Center.  Data centers house servers, cables and connections to the Internet with supporting equipment for supplying power, cooling and fire protection.
 
⑩ 5/22: Qualcomm to step out of TSMC top-5 client list in 2H15
TaiwanQualcomm may not serve as one of the top-five clients for Taiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) in the second half of 2015 as the US-based chipmaker has placed more 14nm orders with Samsung Electronics, while giving more 28nm orders to United Microelectronics Corporation (UMC) and Semiconductor Manufacturing International Corporation (SMIC), according to industry sources. Qualcomm’s decision may aim to reduce its reliance on TSMC and to avoid its previous experience of not being able to gain enough 28nm foundry capacity from TSMC, the sources noted.
 
ーーーーーー
cna_6こうして眺めてみると、IoT にしても、Top-10 にしても、日本からの情報が少ないですね。 日本語のメディアを読んでいると、もっと色々なことがあるので、英語での発信が少ないというだけの話なのでしょう。 もちろん、収益性という問題があるので、英語のメディアといっても簡単な話ではないのでしょうが、日本の IT 企業の頑張りを、もっと海外の人々に知ってほしいですね。_AC Stamp
ーーーーーー
<関連>
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
 
 

Comments Off on Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!

今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

Posted in Asia Weekly, Patent by agilecat.cloud on February 14, 2015
グローバル市場へ向けて、ついに 中国が攻勢をかけ始めた ・・・
 
cna-banner
 
今週のアジアの動きで注目すべきは、なんと言っても、中国における Qualcomm のアンチ・トラスト問題でしょう。総額で $975m という罰金とは、日本円だと 1150億円であり、この種の支払いとしては最大級のものになるようです。 Reuter も、ITPro も、CNet も、3G/4G に関する特許を、つまり、通信方式に関する特許を、他の特許と分離することになったと報じていますが、その背景には、Qualcomm の複雑なライセンス体系があるようです。 12/27 の ZDNet 「Qualcomm asked to lower patent fees amid China’s antitrust probe」は、以下のように伝えています。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAーーー Bloomberg によると、これまでの5年間において Qualcomm は、US$30.5 billion というライセンス料を稼ぎだしてきた。そして、同社のライセンス構造を変更する必要がなければ、より高額な罰金を支払うと申し出ていたが、中国政府により拒否されたようだ。それにより、Qualcomm の顧客にクロスライセンス契約を強制し、他の Qualcomm 顧客との間でのロイヤルティ支払いを制限するという、同社のライセンス方式を阻止された。このチップメーカーは、顧客を侵害訴訟から保護するという、独自の自特許モデルを維持することで、大きな恩恵を被っていたとされている。ーーー
 
そして、2/13 の MIS Asia 「Qualcomm may face probe into business practices in South Korea 」には、Qualcomm に対するアンチ・トラストの調査が、韓国でも開始されると伝えています。 その一方で、Jagran 「Qualcomm deal sparks China smartphone patent skirmishes」は、ZTE が自らの特許権を主張し始めたと報じています。 2月6日にポストした、「 TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか? 」という抄訳では、TD-LTE の勢いが強まっていることをお伝えしましたが、今回の動きは、その知的財産権にまで、中国が影響力を発揮するという展開になっています。 おそらく、その先にある、グローバル市場を見据えているのでしょう。 いったい どうなるのか、興味津々ですね。
 
なお、以下のリストは、Cloud News Asia における Qualcomm 関連のポストです。こうしてみると、中国と韓国以外にも、台湾の MediaTek や TSMC などが、微妙に絡み合っているように思えてきます。
 
5/14: Qualcomm plans to shift 20nm orders from TSMC to Samsung or Globalfoundries
6/18: Qualcomm Will Sell Customized Chips For Chinese Mobile Market
6/20: Qualcomm far ahead of Marvell and MediaTek in China LTE market
9/21: Chinese regulator urges Qualcomm to help local companies make money
9/30: Chinese vendors may surpass international vendors in TD-LTE shipments
12/21: Qualcomm, MediaTek to diversify foundry sources, say industry watchers
12/29: China’s antitrust regulator says Qualcomm case to be settled soon
1/14: China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded
1/15: TSMC to face tough questions on Qualcomm orders
1/30: Samsung Dropping Qualcomm Snapdragon For Galaxy S6
2/11: Qualcomm settles monopoly charges in China with $975M payout
2/11: China fines Qualcomm US$975 mil. in antitrust case
 
ーーーーー
 
以下は、今週の Top – 10 です・・・
 
① 2/2: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
 
AustraliaFujitsu’s Perth data centre suffered a major power outage on Sunday following fierce thunderstorms, affecting customers including WA Health. The company’s general manager of data centre service, Michael Gunton, told iTnews that the Malaga facility experienced two incidents during storms that swept across the metropolitan area. He said the first incident lasted 1.5 hours and saw the WA fire brigade attend the facility.
 
② 2/5: TSMC to offer InFO-WLP technology for 16nm, eyeing Apple
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) will have its backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology ready for 16nm chips, eyeing orders for Apple’s A10 processors, according to industry sources. TSMC with its 20nm process successfully grabbed orders for Apple’s A8 processors. Samsung Electronics had been the exclusive supplier of processors to Apple before TSMC joined the supply chain.
 
③ 2/9: Foxconn to shut down Chennai unit on February 10
 
IndiaCHENNAI: Taiwanese phone-part manufacturer Foxconn, which had suspended its Chennai operations has floated a severance package for the 1,306 workers at the Chennai plant, and told them that February 10 will be the last working day. Foxconn had wound up its plant after its sole Chennai client Nokia had downed shutters in Chennai. Employees have time till February 9 to decide on the offer, delaying which workers will receive a severance amount prescribed by labour laws the next morning.
 
④ 2/8: Airtel denies talks of merger with Orange
 
IndiaNEW DELHI: Bharti Airtel, the world’s fourth-largest mobile phone operator, has denied a news report of talks with France’s largest phone company, Orange SA, for a possible merger of its African assets, although people familiar said both companies had earlier been involved in deliberations which fell through.
 
⑤ 12/1: Perth to Singapore SEA-ME-WE-3 cable severed again
 
SingaporeThe SEA-ME-WE-3 cable linking Perth to Singapore was once again cut last night and will undergo repairs. According to an iiNet fault notice, the cable was broken at 11.45 pm WST yesterday. The provider is advising that customers may experience higher than usual latency or delays in web speeds, particularly between some international destinations.
 
⑥ 2/8: Malaysia must centralise cyber security, says Communications Minister
 
MalaysiaMalaysia needs to place all agencies responsible for cyber security under one ministry to better coordinate responses to threats, the Communications and Multimedia Minister said. Currently, the agencies protecting the government systems are under different ministries. “They should be coordinated,” said Datuk Seri Ahmad Shabery Cheek.
 
⑦ 2/12: Alibaba’s global-facing ecommerce site AliExpress launches localized Indonesian service
 
IndonesiaAlibaba announced today that AliExpress, the company’s global-facing ecommerce site, has localized for better service in Indonesia. While id.aliexpress.com has been active for some time (Tech in Asia spotted it back in October), today marks its official coming out party in the eyes of the company.
 
⑧ 2/10: Google to cultivate digital advertising talent in Taiwan
 
TaiwanGoogle will begin to implement its Digital Mars Initiative, a plan to cultivate young digital marketing professionals in Taiwan, in March 2015, according to Google Taiwan managing director Chien Lee-feng. Google will allow new university or college graduates to register for free training courses on Google AdWord certification provided by Google in March and select 1,200 trainees for qualification examinations based on their digital marketing proposals, Chien said.
 
⑨ 2/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance
 
Image3.gifToshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.
 
⑩ 2/6: SK hynix, Toshiba to jointly develop chip tech
 
Image3.gifSK hynix agreed with Toshiba of Japan to jointly develop nano imprint lithography (NIL) technologies, the company announced Thursday. “SK hynix has entered into an agreement with Toshiba on joint development of NIL. Engineers from the two firms will start development of core technologies for the process at Toshiba’s complex in Yokohama, Japan,” said SK spokeswoman Park Seong-ae in a statement.
 
ーーーーー
cna_6昨日の Channel News Asia ですが、Bill Gates が訪中し、Minister of Science and Technology である Wan Gang と会談するというニュースが報じられていました。 この、中国における アンチ・トラスト問題は Qualcomm に限ったことではなく、Microsoft の CEO である Satya Nadella も、この件で何度か訪中しています。6億人とも言われるインターネット人口が作り出す、膨大な内需に支えられた 中国が、グローバルにおける覇権争いに参戦してきたと、捉えるべきなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?

 

Comments Off on 今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

%d bloggers like this: