Agile Cat — in the cloud

AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Amazon, Microsoft, Research by agilecat.cloud on July 14, 2016
Microsoft could overtake Amazon in the cloud, Morgan Stanley survey finds
Brandon Butler – July 8, 2016
http://www.mis-asia.com/resource/cloud-computing/microsoft-could-overtake-amazon-in-the-cloud-morgan-stanley-survey-finds/
 
_ MIS
 
In what could be foreshadowing a momentous shift in the IaaS public cloud computing market, investment bank Morgan Stanley’s survey of CIOs found they’re more likely to use Microsoft Azure compared to Amazon Web Services in the coming years.
 
パブリック・クラウドの IaaS 市場で、どのような変化が起こるのかを調べるために、投資銀行である Morgan Stanley が、CIO たちを対象に調査を実施した。それによると、Amazon Web Services と比較して、Microsoft Azure を使用する可能性が高くなるという結果が得られた。
 
The results of the survey are noteworthy because since the dawn of the IaaS cloud computing market Amazon Web Services has been seen as the top vendor. Morgan Stanley’s 2016 State of the CIO report shows that could be changing though.
 
IaaS クラウド・コンピューティング市場の黎明期から、Amazon Web がトップ・ベンダーとして認識されているという事実があるため、この調査結果は注目に値する。つまり、Morgan Stanley の 2016 State of the CIO には、それが変わるという可能性が示唆されているのだ。
 
morgan-stanley-azure-awsClick to Large >>> 
 
Just over 20% of CIOs reported they’re using Amazon Web Services today, while about 10% said they’re using Azure. In three years, however, those ratios change: More respondents say they plan to use Azure compared to AWS by a small, single-digit percentage point margin.
 
対象となった CIO たちの中で、Amazon Web Services を使用しているのは 20% 以上であるが、Azure は 10% 程度である。しかし、3年後の予測となると、この比率が変化してくる。その差は数パーセントであるが、Azure を使うと予測する回答者が、AWS を使うと予測する回答者を上回っている。
 
Tim Crawford, an independent CIO advisor at AVOA says he’s seen a shift in the market. “On the ground, I’ve seen folks sliding more toward using Azure than AWS in the corporate IT space,” he says. Most large businesses are already using some Microsoft products so adding Azure on to their existing enterprise license agreement is relatively easy. Crawford says Microsoft should be more forthcoming with big-name customer wins. Amazon, meanwhile, won’t be resting on its laurels in the cloud market, he says.
 
AVOA に所属し、CIO たちのアドバイザーを務める Tim Crawford は、マーケットにおける変化を見続けている。そして、「コーポレート IT の現場では、AWS よりも Azure を使用するという人々が増えている」と、彼は述べている。大半のエンタープライズは、いくつかの Microsoft プロダクトを試用しているため、既存のエンタープライズ・ライセンスに Azure を追加する方が容易なのだ。Microsoft は、いまよりも大口の顧客を勝ち取っていくはずだ。その一方で Amazon は、クラウド・マーケットにおける王冠を維持できなるかもしれないと、Crawford は述べている。
 
Overall, CIOs Morgan Stanley spoke with reported a strong willingness to use public cloud services. On average, CIOs expect 30% of application to be in the public cloud by the end of 2017; that’s up from 14% of their apps in the public cloud now. Even as IT budget growth is slowing (budgets are expected to grow at 3.7% this year, compared to 4.8% last year), cloud, business intelligence/analytics and security are the top spending priorities for CIOs this year, the survey found.
 
Morgan Stanley に回答した CIO たちだが、全体的に見て、パブリック・クラウド・サービスを利用するという、強い意欲を持っているようだ。パブリック・クラウド上でアプリケーションを、2017年末までに運用したいと答えた CIO たちは 30% に達しており、現時点の 14% という数字から大きく伸びている。IT 予算の伸びは、昨年の 4.8% から、今年は 3.7% へと鈍化している。それにもかかわらず、今年はクラウド/BI/分析/セキュリティなどが、CIO たちのトップ・プライオリティになると、この調査は物語っている。
 
ーーーーー
MSクラウドの利用という点で、マーケットの動向を見ながら、時間をかけて検討してきた大手企業が、既存の Microsoft エンタープライズ・ライセンスに、Azure を追加していくというのは、あり得そうな展開ですね。おそらく、それらの企業は、急いでクラウド化を推進する必要のない、なんらかの既得権を持っている、安定した企業なのでしょう。 AWS と Azure の競争も興味深いですが、このチャートで注目すべきは、これからの 3年間で No Public IaaS が激減していくという展開です。ハイブリッドは伸びていくのでしょうが、オンプレやプライベートで運用されている IaaS が、きわめて限定された領域に絞りこまれていくことで、このような数字になるのでしょうか? これも、興味深いデータですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
 

Comments Off on AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

Posted in .Selected, Asia, Research by agilecat.cloud on April 22, 2016
APAC public cloud spend to hit US$15B
Eileen Yu – February 3, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-public-cloud-spend-to-hit-us15b/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region, excluding Japan, is expected to spend US$15 billion on public cloud services in 2019, clocking a compound annual growth rate (CAGR) of 22.9 percent.
 
Asia-Pacific 地域(日本を除く)のパブリック・クラウドへの支出は、2019年までに US$15 billion にいたる。また、その間の複合年間成長率(CAGR)は、22.9% に達するという。
 
According to IDC’s latest figures, this would be almost six times the growth rate of the region’s overall IT spend and double that of 2015’s figure. Last year, public cloud services chalked up nearly US$7 billion, with the discrete manufacturing industry leading total expenditure at US$955 million.
 
IDC の最新統計データによると、この地域の成長率はグローバル IT の 6倍となり、また、2015年時点の推測値に対しても、2倍の規模に膨れ上がっているという。昨年の、この地域におけるパブリック・クラウド・サービスは、約 US$7 billion の売上を計上しているが、その内訳のトップは、US$955 million を計上している製造業である。
 
Cirrus_clouds2Wikipedia
 
Telcos were next, forking out US$928 million on such services, and were expected to be the fastest-growing vertical at 29.2 percent for the forecast period of 2014 to 2019. IDC said this industry segment would outpace discrete manufacturing to lead the region’s public cloud services spending by 2019.
 
それに続くの、US$928 million を生み出すテレコムであり、2019年から 2014年にかけて 29.2% という、素晴らしい勢いで成長してくとされる。IDC の説明によると、パブリック・クラウド・サービスにおけるテレコムは、2019年までの期間において、製造業をリードしていくとされる。
 
The banking sector was the third-largest spender last year, investing US$744 million. Asia-Pacific’s CAGR over the forecast period also would be higher than the global growth rate of 19.4 percent, according to IDC.
 
昨年の統計データによると、銀行業などの金融部門が US$744 million を費やし、三番手となっている。2019年までの期間で、Asia-Pacific の CAGR は、グローバルの成長率である 19.4% を上回ると、IDC は述べている。
 
Cloud services will remain the essential foundation of the IT industry’s third platform of innovation and growth,” said IDC’s Asia-Pacific research manager for customer insights and analysis, Rubal Sabharwal. “As the cloud market enters an ‘innovation stage’, there will be an explosion of new solutions and value creation on top of the cloud.”
 
IDC の Asia-Pacific Research Manager for Customer Insights and Analysis である Rubal Sabharwal は、「クラウド・サービスは、IT 産業における第三のプラットフォームであり、また、革新と成長を推進していく不可欠な基盤となる。そして、クラウド市場がイノベーションのステージへと進むにつれて、クラウド上に構築される新たなソリューションが、新たなソリューション生み出し、その価値を爆発的に上昇させていくだろう」と述べている。
 
“Industry-specific applications will be a driving force as businesses look for solutions that can be easily configured to their unique business and vertical requirements. With the huge increase in the number and diversity of services available in the market, organisations across the industries will shift steadily towards cloud-first strategies to enable digital transformation,” added Sabharwal.
 
そして Sabharwal は、「新たなソリューションが見つかるにつれて、それぞれの業界に固有のアプリケーションが原動力となり、容易なコンフィグレーションが達成され、垂直マーケットでの要件が満たされていく。また、多種多様なサービスがマーケットで調達できるようなれば、それぞれの業界における組織は、クラウド・ファーストの戦略に向けて着実にシフトし、デジタル・トランスフォーメーションを実現していくだろう」とも述べている。
 
The region’s spending on infrastructure-as-a-service (IaaS) and platform-as-a-service (PaaS) would climb at a faster rate than SaaS (software-as-a-service), registering a five-year CAGR of 28.9 percent and 21.2 percent, respectively. SaaS, however, would remain the primary cloud service through to 2019, when IaaS spending would take over as the leading cloud segment.
 
これからの 5年間において、Asia-Pacific の IaaS と PaaS は、それぞれが 28.9% と 21.2% の CAGR を達成し、SaaS を上回る速度で成長していく。しかし、クラウド・セグメントのリーダーを、IaaS への支出が引き継ぐ 2019年までは、SaaS が主要なクラウド・サービスとしてのポジションを維持するだろう。
 
IDC’s Asia-Pacific vice president for cloud services research Chris Morris explained that the software industry had been transitioning towards an SaaS-enabled deployment model over the past few years. “By 2018, most software vendors will have fully shifted to a SaaS/PaaS code base,” he said.
 
IDC の Asia-Pacific VP for Cloud Services Research である Chris Morris は、ソフトウェア産業はついて、SaaS に対応するデプロイメント・モデルへと、これまでの数年を経て転換してきたと述べている。そして彼は、「2018年までに、大半のソフトウェア・ベンダーが、完全な SaaS/PaaS コードベースに、完全にシフトしているだろう」とも推測している。
 
“This means that many enterprise software customers will be offered SaaS as the preferred option, as they reach their next major software upgrade decisions,” Morris noted. “Put together, new solutions born on the cloud and traditional solutions migrating to the cloud will steadily pull more customers and their data to the cloud.”
 
そして、Morris は、「数多くのエンタープライズ・ソフトウェア・ユーザーが、次に控えるソフトウェア・アップグレードのタイミングにおいて、適切な選択肢としての SaaS を提供されることになる。そして、クラウドで生まれた新しいソリューションと、クラウド移行してきた従来からのソリューションが一体化していくことで、顧客たちのデータはクラウドへと向けて、着実に移行していくだろう」と指摘している。
 
ーーーーー
On Mondayこの IDC による予測ですが、Gertner のグローバル予測と比較してみると興味深いです。Gertner は、2015年の売上に関して $175 billion に至るとしています。ただし、この数字は、クラウド・アドとして $90.3 billion を含んでいますので、それを差し引くと、2015年時点で $90 billion くらいになるのでしょうか? 文中には、2015年の APAC は $7 billion だと記されていますので、それが現時点での、グローバルと APAC の対比となります。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
 

Comments Off on APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう

Posted in .Selected, IoT, On Monday, PaaS by agilecat.cloud on April 18, 2016
Cloud Computing: 80 Percent of Private-Cloud PaaS Initiatives will Fail
Dick Weisinger – April 12th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-80-percent-of-private-cloud-paas-initiatives-will-fail/
_ formtek
Many enterprises that value security have taken the path of adopting private-cloud PaaS frameworks.  But a recent report by Gartner expects that this approach may lead to trouble.  In fact, the report estimates that as many as 80 percent of private-cloud PaaS initiatives will end in failure.
 
セキュリティを重視する数多くの企業が、プライベート・クラウド上の PaaS フレームワークを採用するという道筋を歩んでいる。しかし、Gartner の最新レポートにおいては、この種のアプローチがトラブルを抱え込むという可能性が指摘されている。 実際のところ、このレポートは、プライベート・クラウド PaaS における、80% に相当する取り組みが、失敗に終わるだろうと推定している。
 
Chagall_18Yefim V. Natis, vice president and Gartner Fellow, said that “in the next three years, many self-managed private PaaS initiatives will fail to meet the IT organisation leadership’s expectations of cloud characteristics. The tension between the forces in favour of private PaaS and those demanding the full public cloud experience will intensify as self-managed private cloud disappoints.
 
Gartner の VP である Yefim V. Natis は、「これからの 3年間で、数多くのセルフ・マネージド・プライベート PaaS が、IT 部門が期待するクラウドの特性と矛盾を起こし、失敗だったと評価されていくだろう。つまり、フル・パブリック・クラウドのエクスペリエンスを要求する勢力と、プライベート PaaS を支持する勢力との緊張関係が、セルフ・マネージド・プライベート・クラウドへの失望が顕在化するにつれて、高まっていくことになる」と述べている。
 
Success with a private cloud (including PaaS) requires a recognition of the essential cultural and organizational changes to IT organizations, as well as technology changes.  Lacking this understanding leads many organizations to stop their PaaS investment at the point of technology deployment — leading to disappointing results down the road.”
 
そして、彼は、「PaaS を含むプライベート・クラウドを成功へと導くためには、テクノロジーに関する変化だけではなく、IT 企業の文化と組織に対しても、本質からの変化が求められていく。そこへの理解が欠落していると、テクノロジーの導入という視点から、プライベート PaaS への投資を停止されることになる。 つまり、数多くの企業がにおいて、不本意な結論が導かれることになる」とも発言している。
 
ーーーーー
On Mondayちょっと難解なところがありますが、文中に示される Gartner のレポートを参照すると、IoT が浸透するにつれて変化していく PaaS という側面を捉えているようです。まず、従来からのマスター・データを用いるアーキテクチャから、イベント・ドリブンな IoT データ・アーキテクチャへと、移行していく必要があります。 もちろん、さまざまなプロセスを、センターからエッジへと移行させる必要もあります。クラウドの成長があればこそ、IoT が成り立ってくのでしょうが、そこで要求されるクラウドは IaaS ではなく PaaS であり、新たなセキュリティ・ポリシーなども取り込んでいく必要があるのでしょう。そこまで含めて、プライベート PaaS で対応できるのかどうか、その辺りが、これからの論点に加わっていくのでしょうね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?
Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?
 

Comments Off on Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう

Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?

Posted in On Monday, Security by agilecat.cloud on April 4, 2016
Security and Encryption: Momentum for Data Encryption in the Cloud Grows
Dick Weisinger – April 1st, 2016
http://formtek.com/blog/security-and-encryption-momentum-for-data-encryption-in-the-cloud-grows/
_ formtek
The number of companies using encryption to secure their data in the cloud has taken a big leap.  41 percent of businesses say that they are extensively encrypting their data, up from just 16 percent of businesses in 2005, according to a a recent study by the Ponemon Institute sponsored by Thales e-Security.
 
クラウド上のデータを保護するために、暗号を用いる企業の数が、大幅に増えてきている。Thales e-Security がスポンサーとなり、Ponemon Institute が実施した調査によると、41% の企業がデータの暗号化を強化しており、2005年の 16% から、その比率を大きく伸ばしているという。
 
Sisley_4With headlines like the Apple-FBI dispute over iPhone data, encryption is top of mind for many, and is likely to cause others to up their security and encryption efforts.  The Ponemon report found that half of organizations say that the information that they store in the cloud is considered sensitive or confidential, a fact that should motivate many more companies to adopt encryption for the data that they store.
 
iPhone 上のデータをめぐる、Apple と FBI の争いが示すように、暗号化は多くの人々にとって大きな関心事である。そして、セキュリティを向上を願う人々にとっては、暗号化は大切な要因となっている。Ponemon レポートが指摘するのは、クラウドにストアされる情報について、ほぼ半数の組織が、機密の高いものが含まれると、回答している点である。つまり、クラウドにストアするデータに対して、暗号化を採用することが、数多くの企業にとって、大きな関心事となっているのだ。
 
Vendors in the encryption space are definitely seeing a pickup in interest.  A study by ResearchAndMarkets found that data base encryption, for example, is growing annually at a nearly 30 percent rate.  The report found that part of the motivation to adopt encryption is because companies worry about being able to comply with regulatory mandates and their desire to use the and protect data in the cloud.
 
暗号化の領域で活躍するベンダーたちは、こうした傾向を、間違いなく把握している。たとえば、データベースの暗号化は、前年比で 30% ほど成長していると、ResearchAndMarkets の調査結果が示している。このレポートは、法規制の順守だけではなく、クラウド上でのデータの利用/保護も、ユーザー企業で暗号化が採用される理由だとしている。
 
451 Research concludes that “encrypting sensitive data stored at cloud providers has emerged in recent years as a top consideration for addressing cloud security concerns… Over the coming years, all cloud providers housing sensitive enterprise data will have to offer encryption services to be considered viable options.”
 
451 Research は、「クラウド・プロバイダーのストレージに格納される、機密性の高いデータを暗号化することが、クラウド・セキュリティの懸念に対処するための、大きな関心事として、このところ浮上している。これからの数年において、エンタープライスを顧客とするクラウド・プロバイダーたちは、機密性への対応を重視せざるを得なくなる。つまり、暗号化サービスの提供が、価値のあるオプションだと捉えられていくのだろう」と結論づけている
 
ーーーーー
On Mondayこのポストによると、かなりの数のユーザー企業が、機密性の高いデータを、クラウド上で管理しているようですね。これまでは、そのようなデータはオンプレミスに配置して、パブリック・クラウドとのハイブリッドで・・・ という考え方が一般的だと思っていましたが、それが変化しているのでしょうか? そうだとすると、たしかに、クラウド上での暗号化ビジネスへの期待が高まってきますし、それが、クラウドのオプションとして提供される機会も増えていくと思えてきます。 なんというか、さらにパブリック・クラウドが強くなり、また、クラウド・サービスの統廃合が進んでいくような感じがしますね。。。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?
Machine Learning の調査: ビッグデータと機械学習と人工知能の、ちがいを簡単に整理する
IT Spending の調査:グローバル IT 総支出が 6% も低下! 2014年のレベルに戻るのは 2019年!
 

Comments Off on Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?

AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!

Posted in .Selected, Amazon, Ericsson, Hybrid, IoT, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on February 23, 2016
Telstra opening Cloud Innovation Centre with Ericsson and AWS
Corinne Reichert – February 23, 2016
http://www.zdnet.com/article/telstra-opening-cloud-innovation-centre-with-ericsson-and-aws/
zdnet-logo
Ericsson and Amazon Web Services (AWS) announced overnight at Mobile World Congress (MWC) 2016 in Barcelona that they will be partnering on researching and launching telecommunications service provider hybrid cloud centres worldwide, with Telstra to be the first co-host.
 
Barcelona で開催される Mobile World Congress (MWC) 2016 の前夜に、Ericsson と Amazon Web Services (AWS) が、提携に関するアナウンスメントを発した。それによると、両社は、テレコム・サービス・プロバイダーに対して、世界をまたにかけたハイブリッド・クラウド・センターを提供するための、調査と立上げで提携することになり、Australia の Telstra が最初の顧客になるようだ。
 
Ericsson is aiming to use AWS’ industry expertise in an effort to extend its own cloud programs, datacentres, and application migration solutions to accelerate cloud adoption for telcos in preparation of 5G and the Internet of Things (IoT).
 
Ericsson は、自身のクラウド・プログラム/データセンター/アプリ・マイグレーション・ソリューションを強化するために、AWS が有するクラウド・ノウハウの活用を目指している。つまり、5G と IoT に対する準備として、テレコムにおけるクラウドの採用を、加速させることが狙いである。
 

Ericsson

 

As part of the deal, Ericsson will put together a team of cloud experts chosen from its 25,000-strong research and development team, consisting of program directors, solutions architects, and systems engineers, who will be trained in both AWS and Ericsson cloud technologies.

 
この契約の一環として、Ericsson は、プログラム・ディレクター/ソリューション・アーキテクト/システム・エンジニアなどによる、25,000人規模のパワフルな研究開発チームから選出した、クラウドに特化したチームを構成する。そして、このチームは、AWS と Ericsson のクラウド・テクノロジーを、トレーニングにより身に付けていくことになる。
 
“AWS is the world’s leader in cloud computing with a highly reliable, scalable, and secure global infrastructure,” explained Anders Lindblad, head of Business Unit Cloud and IP at Ericsson. “Ericsson has always taken great ideas, industrialised them, and made them available in every country. Building upon AWS’ platform, we will drive new growth opportunities across the service provider industry.”
 
Ericsson の Head of Business Unit Cloud and IP である Anders Lindblad は、「 AWS は、高度な信頼性とスケーラビリティ、そして、セキュアなグローバル・インフラとクラウド・コンピューティングといった観点で、世界のリーダーだ。 その一方で、Ericsson は常に、素晴らしいアイデアを有しており、それらを事業に展開することで、すべての国々で利用できるようにしている。こうしたプロセスを、AWS プラットフォーム上に展開することで、広範囲におよぶサービス・プロバイダ業界に、新たな成長の機会を推進していく」と説明している。
 
For its part, AWS will provide services, training, and solutions architects for the project. Ericsson will use these resources to create and offer cloud-based solutions, such as end-to-end data security across the cloud; data traffic management across AWS cloud, on-premises infrastructure, and mobile networks; cloud and workload management for both AWS cloud services and on-premises infrastructure; and gateway services that maintain localised regulation and compliance requirements for AWS storage services used by telcos.
 
このパートナシップの一貫として、AWS が提供するのは、プロジェクトのためのサービス/トレーニング/ソリューション・アーキテクトとなる。そして Ericsson は、このリソースを活用することで、クラウド・ベースのソリューションを構築/提供していく。具体的に言うと、クラウドを横断する End-to-End のデータ・セキュリティや、AWS クラウド/オンプレミス・インフラ/モバイル・ネットワークを通過するデータ・トラフィックの管理、AWS クラウド・サービスとオンプレミス・インフラを管理するためのクラウドとワークロードの管理、そして、テレコムが使用する AWS ストレージ・サービスにおいて、ローカル法規とコンプライアンス要件を維持するための、ゲートウェイ・サービスなどがある。
 
Ericsson will then begin opening cloud innovation centres worldwide, with Telstra signing on as the first to co-host. The centre will be part of the Australian telecommunications provider’s Gurrowa Innovation Lab in Melbourne, which was launched in August last year.
 
続いて Ericsson は、最初のホスターとしてサインする Australia の Telstra と伴に、ワールドワイドなクラウド・イノベーション・センターをオープンすることになる。そして、このセンターは、昨年8月に同社が Melbourne にオープンした、Gurrowa Innovation Lab 一部として運用される。
 
Gurrowa provides a co-creation space for Telstra and its associated enterprise customers, vendors, research institutes, and incubators to collaborate on technological projects such as geolocation, robotics, and the IoT via the Pivotal and Cloud Foundry Foundation-provided open-source platform-as-a-service (PaaS) cloud software.
 
Gurrowa が提供するのは、Telstra とパートナーたちが、つまり、エンタープライズ/ベンダー/リサーチ/インキュベータたちが、共創していくためのスペースである。そして、ジオ・ロケーション/ロボット/IoT といったプロジェクトで協調していくが、そのベースになるものは、Pivotal と Cloud Foundry Foundation が提供する、OSS としてのPaaS クラウド・ソフトウェアである。
 
Telstra CTO Vish Nandlall said on Monday that Telstra has been focused on creating a secure hybrid cloud service for enterprise, with Ericsson and AWS now providing the means to achieve this.
 
この月曜日 (2/22) に、Telstra の CTO である Vish Nandlall は、すでに Telstra は、エンタプライズのためのセキュアなハイブリッド・クラウド・サービスに注目しており、それを構築するために、Ericsson と AWS を活用することになると発言している。
 
Telstra Ericsson AWS“The industry is shifting towards an architecture driven by cloud economics and flexibility. Adoption of hybrid clouds requires a secure transmission network linking on-premises to the cloud to provide a chain of custody for mission critical enterprise data,” Nandlall said.
 
Nandlall は、「この業界では、クラウドの経済性と柔軟性が促進する、新たなアーキテクチャへ向けてシフトしている。ハイブリッド・クラウドの採用においては、クラウドとオンプレミスを接続する際に、ミッション・クリティカルなエンタープライズ・データを連鎖的に保護していくための、セキュアな伝送ネットワークを必要とする」と述べている。
 
“Telstra’s vision is to build a trusted network service for mission-critical cloud data, and we are excited to explore the opportunity of bringing this vision to life with Ericsson and AWS. The Cloud Innovation Centre at Gurrowa intends to bring together cloud experts from Ericsson, AWS, and Telstra to encourage cloud adoption and the development of new business opportunities for Telstra and our customers.”
 
そして彼は、「Telstra のビジョンは、ミッション・クリティカルなクラウド・データのための、信頼できるネットワーク・サービスを構築することである。このビジョンを探求し、その機会を Ericsson および AWS と共有できることを、とても嬉しく思っている。Gurrowa の Cloud Innovation Centre に、Ericsson/AWS/Telstra のクラウド・エキスーパーとを結集し、当社と顧客のための新たなビジネス・チャンスを実現する、クラウドの開発と適用を推進していく」と付け加えている。
 
On Sunday night, Telstra and Ericsson also announced at MWC 2016 that they will begin a trial run of Telstra’s 5G network during the 2018 Commonwealth Games in the Gold Coast.
 
また、日曜日の夜のことだが、MWC 2016 で Telstra と Ericsson は、Gold Coast の 2018 Commonwealth Games において、Telstra 5G ネットワークのトライアルを実施すると発表している。
 
Telstra’s team of network engineers will be temporarily transferred to Ericsson’s Sweden-based research lab for six months in order to collaborate on collecting data and building the mathematical models of radio signals to be used for 5G radio spectrum.
 
5G ワイヤレス・スペクトルを用いる無線信号の、数学的モデルの構築で必要となるデータを共同で収集するために、Telstra のネットワーク・エンジニア・チームが、6ヶ月のスケジュールで、Sweden にある Ericsson のラボに派遣されている。
 
The engineering teams will then use this data to develop radio models for the Australian network environment as part of the international 5G standardisation process.
 
続いて、このエンジニアリング・チームは、国際 5G スタンダード・プロセスの一環として、Australia のネットワーク環境で用いる、無線モデルを開発するために、そこで収集されたデータを活用する。
 
Telstra has already been undertaking 5G trials using high-frequency “mm-wave” spectrum with Ericsson in real-world environments in the Swedish test lab, achieving speeds of over 11Gbps. Field tests within Australia will take place in late 2016.
 
すでに Telstra は、Swedish ラボにおける、Ericsson の実世界テスト環境を用いて、高周波「ミリ波」スペクトルによる 5G トライアルと実施し、11 Gbps 以上のスピードに到達している。そして、Australia でのフィールドテストは、2016年の後半に実施される予定だ。
 
“We are pleased to support Telstra’s evolution towards 5G with the deployment of advanced radio technology (11Gbps, MIMO, and beam forming) and also providing a ready core network with NFV and SDN technologies,” said Emilio Romeo, head of Ericsson Australia and New Zealand.
 
Ericsson Australia and New Zealand の Head である Emilio Romeo は、「私たちは、Telstra の 5G へ向けた進化と、先進的なワイヤレス・テクノロジーの開発 (11Gbps/MIMO/Beam Forming) をサポートできて、とても嬉しく思っている。そして、NFV と SDN テクノロジーのために準備した、コア・ネットワークも提供している」と述べている。
 
“A 5G-ready core network with virtualisation and SDN not only prepares for 5G, but also provides the flexibility, programmability, and agility needed to efficiently serve today’s 4G consumer and enterprise customers with tailored network slices, improved access to media, and compelling IoT solutions.”
 
そして、彼は、「仮想化 と SDN を用いた、5G 対応のコア・ネットワークは、それだけのために準備されているわけではない。つまり、ネットワークの効率と、メディアへ・アクセスの改善、魅力的な IoT ソリューションの提供といった側面で、現時点の 4G コンシューマ/エンタープライズへ・ユーザーに欠かせない、柔軟性/拡張性/敏捷性を実現している」と付け加えている。
 
Telstra and Ericsson announced their 5G network at MWC 2015, later confirming its launch by 2020. The network is expected to provide speeds of up to 10GB per second.
 
Telstra と Ericsson は、MWC 2015 で 5G ネットワークを発表し、その後に、2020年のサービス・インを確約している。そして、このネットワークは、10 Gbps のスピードに達すると期待されている。
 
Ericsson also announced on Sunday evening that it has partnered with Singaporean telco Singtel on enabling Singtel’s 4G network for the IoT, including a trial of narrowband technology during the latter half of 2016.
 
その一方で Ericsson は、Singaporean テレコムである Singtel とのパートナーシップを、日曜日の夕方に発表している。それによると、2016年後半にトライアルを実施する、狭帯域テクノロジーを含めた、IoT のための Singtel 4G ネットワークが実現されるという。
 
Instead of using cellular networks for the IoT, narrowband low-power, long-range, wide-area networks that use available, unlicensed radio spectrum could allow for extended coverage and less complex devices with higher battery life, meaning more connected devices overall.
 
IoT のために、一般的なセルラー・ネットワークに替えて、狭帯域の低消費電力ネットワークを用いることで、ライセンスが不要な無線スペクトルによる、長距離/広域ネットワークが実現される。それにより、カバレッジの拡張と、バッテリ寿命の延長、そしてシンプルなデバイスが実現され、さらに多くのコネクテッド・デバイスへの対応が可能となる。
 
According to Ericsson, 28 billion connected devices are expected by 2021. Such devices requiring long battery lives and better coverage include temperature, air quality, and flood water sensors, Sam Saba, regional head of Ericsson South East Asia and Oceania, said.
 
Ericsson は、コネクテッド・デバイスの総量が、2021年までに 280億個に達すると予測している。バッテリ寿命の延長と、幅広いカバレッジを必要とするデバイスには、温度や大気の状態を知らせるセンサーから、洪水を検知するセンサーなどが含まれると、Ericsson の South East Asia and Oceania Regional Head である、Sam Saba は述べている。
 
ーーーーー
Telecom昨日に、「MWC 2016 前夜: 今年のバルセロナでは、スマフォが主役から降りるって?」という、WMC の変遷を伝える抄訳をポストしましたが、ひょっとすると、今年の主役は Ericsson/AWS/Telstra チームかもしれませんね。 この、スピード感には、かなり驚かされました。「Ericsson Commits to OpenStack With Mirantis」という記事を訳そうかと、すっと悩んでいたのですが、訳さなくて良かったです 🙂 世界のテレコムは、すべからく OpenStack へと流れていくと予測していましたが、こんな大仕掛を Ericsson と AWS が打ってくるとは、そして Telstra が乗ってくるとは、思ってもいませんでした。テレコムのインフラに、パブリック・クラウド(プライベート?)が採用されるという世界を、いったい、誰が予測していたでしょう? そして、Nokia と Huawei は、どのような戦略を取ってくるのでしょう? 考えるだけでも、ワクワクしてきます! _AC Stamp
—ーーーー
<関連>
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
NTT Com がインドネシア最大の DC 事業者を買収:ジャカルタに Tier III の拠点を確保!
DoCoMo の最新テクノロジーが、コンサルティング・サービスとして海外展開される!
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC の相互利用で提携! 急接近していく欧州と中国
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
 

Comments Off on AWS と Ericsson が提携: 狙いは 汎用テレコム・クラウドの構築! 豪 Telstra が最初の顧客に!

Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

Posted in .Selected, Enterprise Social, On Monday, Research, Strategy by agilecat.cloud on February 8, 2016
Cloud Computing: Trends and Predictions for 2016
Dick Weisinger – February 4th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-trends-and-predictions-for-2016/
_ formtek
A recent study from Soliant Consulting reported some interesting milestones for cloud computing in 2015:
 
Soliant Consulting の最新レポートには、クラウド・コンピューティングが 2015年に達成した、いくつかの重要なマイルストーンが記されている。
 
  • Sisley_1663 percent of businesses have a private cloud.  82 percent of businesses use a hybrid cloud, and 88 percent of businesses are using the public cloud.
  • 64 percent of businesses say that in 2015 cloud computing helped them to reduce waste and energy consumption.
  • The federal government estimates that it’s saved $5.5 billion because of its move to the cloud
  • Amazon’s share of the cloud market is 30 percent compared to Microsoft Azure’s 10 percent share.
  • Small businesses spent $15.5 billion on cloud services in 2015.  Total cloud revenues reached $64 billion.
 
  • 63% の企業が、プライベート・クラウドを使っている。そして、82% の企業がハイブリッド・クラウドを利用し、また、88% の企業がパブリック・クラウドを活用している。
  • 64% の企業が述べているのは、2015年におけるクラウド・コンピューティングが、無駄を排除し、また、消費電力を削減したという点である。
  • 米連邦政府は、クラウドへの移行により、$5.5 billion の経費削減が達成されたと推測している。
  • クラウド市場における Amazon のシェアは 30% に達し、Microsoft Azure は 10% となっている。
  • 2015年の中小企業は、クラウド・サービスに対して $15.5 billion を支出している。 そして、クラウド全体の規模は、$64 billion に至っている
 
Where’s the cloud computing market going?  Here’s some predictions for what we might expect in 2016:
 
このクラウド・マーケットは、いったい、何処へ向かっていくのだろうか? 2016年に起こると予測される、いくつかの事象を、以下に列挙する:
 
  • Expect the migration to SaaS applications to grow only stronger.  SaaS generally comes with cost savings and simplicity.  It also helps businesses improve their overall agility.
  • Data is moving to the cloud.  By the end of the year Soliant Consulting estimates that 36 percent of all data will have migrated to the cloud.
  • Containers will increasingly be used to build cloud-based distributed applications.  Container technology like Docker and CoreOS should grow significantly this year.
  • Data storage costs will continue to plummet.  Data storage is being used as a loss leader by cloud vendors to get data into the cloud.
  • vendors hope to see revenues from things like security management, analytics and applications.
  • Security concerns won’t go away this year.  Expect there to be continued attacks on the cloud in 2016.  Customers will continue to demand tougher cloud controls and security.
  • A renaissance for IT groups could happen this year.  While the cloud is impacting the size and scope of many IT groups, businesses also recognize that shadow IT needs to be reigned in.  Centralized handling of cloud operations will save money and ensure more secure solutions.  Expect IT to be more involved in cloud purchases and with vetting of cloud applications and infrastructure.
  • Big enterprise software companies like Oracle, SAP, Hewlett Packard, and IBM will struggle.  Changing their business models from on-premise software to cloud-based applications will be challenging.

 

  • SaaS への移行のみが、大きな成長を達成すると予測される。一般的に言って、SaaS はコストを削減し、運用を単純化する。そして、それぞれのユーザー企業のビジネスに、敏捷性をもたらすことになる。
  • データの保存先が、クラウドへとシフトしていく。Soliant Consulting によると、2016年の末までに、すべてのデータの 36% が、クラウドへ移行するとされる。
  • クラウド・ベースのアプリケーションの配布において、コンテナの利用率が継続して上昇していくだろう。Docker や CoreOS といったコンテナ・テクノロジーが、今年は急成長すると予測される。
  • データ・ストレージのコストは、急降下し続けるだろう。大量のデータがクラウド・ストレージへと移行することで、データ・ストレージは凋落のシンボルとなる。
  • ベンダーたちは、セキュリティ管理/分析アプリケーションなどから、収益をあげようと試みるだろう。
  • セキュリティに関する懸念は、今年も消え去らないだろう。 そして、2016年も、クラウドへの攻撃は止まらない。顧客たちは、クラウドによる強固なコントロールとセキュリティを要求し続けることになる。
  • 今年は、情シスにもルネサンスが起こる可能性がある。数多くの 情シスが、あらゆる規模と範囲において、クラウドの影響を受けている。 その一方で、数多くの企業は、シャドウ IT の制御が必要だと認識している。中央集権的にクラウドを運用することで、経費が削減され、よりセキュアなソリューションをもたらされる。 情シスに期待されるのは、クラウドの購入に対して積極的に関与し、また、クラウドのアプリとインフラを審査していく姿勢である。
  • Oracle/SAP/HP/IBM といった、エンタープライズ・ソフトウェア企業は苦戦を強いられるだろう。それぞれのビジネス・モデルを、オンプレミスのソフトウェアから、クラウドベースのアプリケーションへと変更することは、困難を伴うものになる。
 
ーーーーー
On Monday2015年を総括すると、クラウドの勝利宣言の年だったように思えてきます。タイトルに ー in the cloud ー を掲げている Agile Cat にとって、これほど嬉しいことはありません。このような展開になると確信したのは、2012年だったと記憶していますが、そう思わせてくれたのが、「クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく」という、ReadWriteWeb の素晴らしいコンテントでした。その頃のポストで、もう一つの印象に残っているものとして、「クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない:それは 経営者の務めである」という、GigaOm の抄訳も紹介しておきたいです。ここで言う経営者のイメージに当てはまるのが(Google と Facebook は別格)、Agile Cat 的には Netflix の Reed Hastings なのですが、その理由については、「Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_2」の最後の方を読んでもらえれば分かると思います。その意味では、Uber の Travis Kalanick も、Airbnb の 三人も、そのような才覚の持ち主なのでしょう。 コンシューマだけではなく、エンタープライズにおいても、クラウドが大爆発する 2016年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
 

Comments Off on Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?

Posted in .Selected, Hybrid, On Monday, Strategy by agilecat.cloud on December 7, 2015
Cloud Computing: Enterprises Accelerate Move to Public Cloud
Dick Weisinger – November 30th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-enterprises-accelerate-move-to-public-cloud/
_ formtek
The trend to the cloud is accelerating, and many think that ultimately most enterprises will be running their operations in the equivalent of the public cloud.  While many vendors are focusing now on the hybrid cloud, others think that many enterprises may just leapfrog to the public cloud.
 
クラウドへと向けた流れが、加速している。最終的にはパブリック・クラウドと同質の環境で、大半のエンタープライズ・システムが運用されるようになると、数多くの人々が考えている。現時点では、数多くのベンダーがハイブリッド・クラウドにフォーカスしているが、相当数のエンタープライズがパブリック・クラウドへ向けてジャンプすることになるという、可能性を指摘する人たちもいる。
 
Chagall_17In September, GE and Capital One, for example, announced that they are in the process of moving their complete datacenters to the public cloud.  Chris Drumgoole, CIO at GE, said that “one hundred percent public cloud is still our goal… We’re on or slightly ahead of schedule with that march. It hasn’t been without pain, but almost none of the pain has been technical.”
 
たとえば、この 9月のことだが、GE と Capital One が、自社のデータセンターからパブリック・クラウドへと向けて、完全な移行のプロセスにあるとアナウンスしている。 GE の CIO である Chris Drumgoole は、「パブリック・クラウドへ向けた 100% の移行が、私たちの目標である。この流れにおいて、私たちは、少しだけ先行していると思う。それに伴う、痛みが無かったというわけではないが、それら、すべての痛みは、テクニカルなものではなかった」と述べている
 
Richard Villars, VP of data center and cloud market research at IDC, said that “we are seeing a very significant uptake in public cloud use across enterprises.”
 
IDC の VP of Data Center and Cloud Market Research である Richard Villars は、エンタープライズを横断するパブリック・クラウドの使用に対して、本質面での理解が進んでいる状況を、私たちは確認してきた」と述べている
 
Adrian Cockcroft, Technology Fellow at Battery Ventures, said that “it will be impossible to get security certification if you’re not running in the cloud because the tools designed for datacenters are sloppily put together and can’t offer the auditing for PCI and other regulators… Big enterprise has their gold plated, enterprise grade hardware, and all of their enterprise software support and there are huge bills there. With the cloud, this gets cleaned out, all of it, and replaced with open source software, commodity hardware, and those inherent savings, even with the re-engineering, is big. The difference in utilization alone, going from, for example, 10 percent to over 50 percent is how a lot of companies are thinking about this.”
 
Battery Ventures の Technology Fellow である Adrian Cockcroft は、「 セキュリティ認証の取得という観点で、クラウドでの運用が不可能になる場合がある。つまり、自前のデータセンター用にデザインされたツールなどが、整理されないままに混在するような状況だと、PCI(Payment Card Industry)や、その他の規制当局による監査をパスできない。大手のエンタープライズは、金メッキされた環境を好むという性質を持っている。つまり、エンタープライズ・グレードのハードウェアや、エンタープライズ・ソフトウェアのサポートなどに、多額の経費を支払いたがるのだ。クラウドでは、それら、すべてが一掃される。つまり、オープンソース・ソフトウェアや、コモディティ・ハードウェアによる置き換えが進むことになる。そして、本質面でのコスト削減が実現され、さらには組織の再編さえも含む、大きな変革が生じるだろう。ある企業が、単体で考えるケースとは異なり、たとえば、10%〜50% もの企業が、同じことを考えているのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayこういう議論が、ユーザー側から出てくる時代になったのですね。 これを訳していて、2010年に James Hamilton さんがポストした、「プライベート・クラウドに未来はない」を思い出しました。この中で、彼は、「プライベート・クラウドを採用するという決定は、より低い活用レベルで運用し、より多くの電力を消費し、より環境に負担をかけ、より高いコストで運営していく、という決定である」と述べています。この時の、プライベートに対する指摘と、パブリック・クラウド 100% という方針を打ち出している、GE や Capital One のハイブリッドにする指摘は、同じ論点に根ざしているとも思えてきます。来年になると、これまでとは、まったく異なる切り口から、Facebook At Work Work Chat というクラウド・サービスが登場します。クラウドは、どうあるべきか? ・・・ という議論が活性化していくことを、とても楽しみにしています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise の調査: クラウドがオンプレミスを侵食していく、エンタープライズの IT 支出
Enterprise Mobile の調査: セキュリティとインテグレーションが心配だが、乗り遅れも怖い
IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
 

Comments Off on Cloud の調査:ハイブリッドをパスして、パブリック・オンリーで攻めるエンタープライズとは?

%d bloggers like this: