Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on November 16, 2015
Internet of Things: Software Leading Hardware in IoT Innovation
By Dick Weisinger – November 9th, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-software-leading-hardware-in-iot-innovation/
_ formtek
Internet of Things (IoT) is predicted to break the $7-trillion mark over next five years.  50 billion new IoT connected devices are expected to go online over the next five years.
 
Internet of Things (IoT) の近未来であるが、これからの 5年間で、$7 trillion 以上の経済をもたらすと予測されている。また、同じく 5年間で、500億もの新たな IoT デバイスが、オンラインで接続されるという。
 
Chagall_13According to a new IDC survey, three-quarters of business decision makers have either already deployed IoT or have plans to do so in the next 12 months.
 
IDC の最新調査によると、ビジネスにおける意思決定者の 3/4 が、すでに IoT をディプロイしているか、これからの12ヶ月の間にディプロイする計画だと回答している。
 
Vernon Turner, senior vice-president at IDC, said that  “momentum continues to grow and … [and IoT is increasingly] seen as strategic to the enterprise.”
 
IDC の Senior VP である Vernon Turner は、「 この勢いが止まらずに、さらに IoT が広まっていくと、エンタープライズの重要なストラテジーとして、位置づけられていくだろう」と述べている。
 
Findings from the IDC survey include:
 
IDC の調査で、注目すべき点は:
 
  • Security is a leading challenge for businesses, but even more so are the upfront and ongoing costs of achieving security.
  • Software vendors, rather than hardware vendors, actually were more aggressive in leading IoT in 2015
  • IoT happening “at the edge of the network”, not at the enterprise, will become a requirement that will be difficult to meet with an IoT architecture design
 
  • 企業にとって、セキュリティが主たる課題となる。 ただし、それを達成するためには、先行投資という問題をクリアし、さらに言えば、継続的なコストの負担に耐えなければならない。
  • 2015年について言うなら、ハードウェア・ベンダーよりもソフトウェア・ベンダーの方が、実態としての IoT を積極的にリードしてきた。
  • IoT が実際に機能するのは、エンタープライズの内側ではなく、ネットワークのエッジとなる。したがって、必要とされる要件と、IoT アーキテクチャ・デザインの、整合性を取ることが難しくなっていく。
 
Industries that are showing the most interest in IoT technology are:
 
以下の産業が、IoT テクノロジーに対して、最も関心を示している:
  • 72 percent – Health Care
  • 67 percent – Transportation
  • 66 percent – Manufacturing
ーーーーー
On Mondayモバイルが日常を変えたと思うなら、IoT が新しい未来を創りだすことも、信じられるだろう・・・ という理屈がなりたちます。 とは言え、モバイルに関して言うなら、iPhone 以前の Nokia なんかは、OS である Symbian のアップデートが、ユーザー・グループの担当だったりと、きわめて緩いところから始まっています。 それは、PC についても、インターネットについても言えることであり、使いたいなら使いなよという、助走期間があったはずだと思います。 ところが、IoT に関しては、待ったなしで衆目にさらされるわけで、それが大変だなぁと感じてしまいます。 この業界に蓄積された、これまでの知識と経験で、なんとか乗り切って欲しいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT Security の調査: 黎明期の IoT デバイスは、セキュリティを考慮しないものが大半だ
Development の調査:Google の 85TB リポジトリは、20億行のコードで満たされている!
Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
 

Comments Off on IoT の調査: これからの5年間で7兆ドルの市場に成長するが、セキュリティが難題となる

IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on February 9, 2015
Internet of Things (IoT): Driving a Revolution in Digital Manufacturing
By Dick Weisinger – Feb 6, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-driving-a-revolution-in-digital-manufacturing/
 
formtek.png
 
The Internet of Things (IoT) is a vision of a world where almost any kind of object can and many will carry some kind of transmitter to send and receive data from the internet.  Think sensors and smart appliances everywhere, and all able to communicate, both by M2M (machine to machine) and M2H (machine to human).
 
IoT のビジョンとは、あらゆる種類のオブジェクトおよび数多くの人々が、なんらかの転送方式とインターネットを介して、データを送受信する世界のことである。すべてのロケーションにセンサーとスマート家電が配備され、M2M (machine to machine)M2H (machine to human) により、それらが通信し合う状況を想像して欲しい。
 
Dali_1Gartner estimates that in 2020 more than 26 billion devices will be able to communicate and signal via the internet.  Cisco estimates the IoT market will add more than $14 trillion to the global economy, of which McKinsey says $310 billion represents incremental revenue for businesses.
 
Gartner の推定によると、2020年には 260億個のデバイスが、インターネットを介して通信し、信号を交換し合うことになる。Cisco の推定では、IoT は $14 trillion 以上のビジネスを生み出し、グローバル経済に寄与することになる。 また、それにより、年間で $310 billion の増収を、グローバルにおける企業群が、積み上げていくと McKinsey は発言している
 
Susan Hauser, Microsoft Vice President, said that “the challenge for successful companies in the coming year will be to harness this data to act on key insights, improve customer service, reduce time to market, enable new innovation in product and services development, and ultimately transform themselves with new business models and revenue streams.”
 
Microsoft の VP である Susan Hauser は、「来年に成功する企業にとっての課題は、それらのデータを活用することで、顧客サービスの向上や、製品開発に費やす時間の短縮を、重要な洞察をベースにしながら推進し、プロダクトとサービスの開発で新たなイノベーションを達成する点に集約される。そして、最終的には、新たなビジネス・モデルと収益の流れを作りだし、自社の体質を変革させることになる」と述べている
 
One area where IoT is poised to drive innovation in particular is manufacturing. By embedding sensors across all devices and elements of the shop floor, businesses will be able to collect real time manufacturing data, enabling very precise monitoring of the production process.  Companies will be able to do predictive maintenance to reduce downtime, better manage their inventories, and also to become more flexible and responsive to changes in market conditions.  A SAS survey found that 18 percent of industrial machinery companies have already started to use ‘IoT devices’ to increase production and reduce costs.
 
IoT によるイノベーション態勢を整えている分野として、とりわけ注目されるのは製造業だろう。すべてのデバイスなどにセンサーをエンベッドすることで、その工場を運用する企業はデータをリアルタイムで収集し、きわめて正確に生産プロセスをモニタリングできるようになる。その結果として、それらの企業は、生産ラインを止めないための予知メンテナンスや、効率のよい在庫の管理を可能にし、さらには、市況の変化に応じた柔軟な操業を実現していく。SAS の調査によると、産業用機器を製造する企業の 18% が、生産の向上とコストの削減を目指して、すでに IoT デバイスを活用していることが分かっている。
 
Sansa Security predicts that 2015 will be the year where device sensors will by default use common, rather than proprietary, protocols to communicate, enabling devices to better interact and be controlled through a single interface.  But businesses will need to make investments.  Old equipment will need to be upgraded or replaced in order to support the new paradigm of digital manufacturing.
 
Sansa Security の予測によると、デバイス・センサーのデフォルト通信プロトコルが、2015年にはプロプライエタリからコモンへと変化するようだ。つまり、デバイス間での対話性が向上し、シングル・インタフェースを介した制御が可能になっていく。ただし、依然として企業は、投資を継続していく必要があるだろう。この、デジタル製造業という新しいパラダイムをサポートするために、旧来からの機器を更新/交換していく必要があるのだ。
 
John Nesi, Vice President at Rockwell Automation, said that IoT technology is needed to address “global competitive pressures that are challenging industrial and manufacturing companies to drive inefficiencies out of their systems, manage workforce skills gaps and uncover new business opportunities.”  Done properly, the benefits will be “faster time to market, improved asset utilization and optimization, lower total cost of ownership, workforce efficiency, enterprise risk management and smarter expenditures.”
 
Rockwell Automation の VP である John Nesi は、「IoT テクノロジーが必要とされるのは、製造に携わる企業から非効率なシステムを排除し、グローバルな競争におけるプレッシャーに取り組んでいくためである。それにより、従業員のスキル・ギャップが管理され、新しいビジネス・チャンスが発見される。あらゆる課題に適切に対処していけば、製造期間の短縮/資産の利活用と最適化/所有コストの低減/労働環境の改善/適正なリスク管理/効果的な投資などの、数多くのメリットが生まれてくる」と述べている
 
ーーーーー
On MondayGE の言う Industrial IoT が、まさに製造業のための IoT であり、そのゴールが明確だと感じていました。 そして、こうしてマトメてもらえると、とても具体的なイメージで、目の前に迫った未来像を捉えられます。 いろいろなメーカーやベンダーが、それぞれの IoT を語っていて、インターフェイスからプロプライエタリを排除できるのかどうか、その辺りが疑問として残っていたのですが、それらが共通化されると、一挙の広まりそうな感じがします。 ただし、それとは裏腹にセキュリティに代表される、さまざまな問題も浮上してくるでしょう。 なにやら、インターネットというエクスペリエンスを持つ人類が、総力戦で臨む DevOps が始まりそうな感じですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測されるz

Comments Off on IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?

IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on January 19, 2015

Internet of Things (IoT): 10 Predictions for the Future
http://wp.me/pwo1E-8de
By Dick Weisinger – Jan 14, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-10-predictions-for-the-future/

_ formtek

“If you think that the internet has changed your life, think again. The IoT is about to change it all over again!” says Brendan O’Brien, Chief Architect and Co-Founder of Aria Systems

「もし、Internet が、あなたの人生を変えたと思えるなら、もう一度、イメージしてみないか。 IoT が、まったく同じようなことを、再び実現しようとしているのだ」と、 Aria Systems の Chief Architect and Co-Founder である Brendan O’Brien が述べている

Just hype and bluster from another vendor?  What does the future really hold for the Internet of Things (IoT)? In December, IDC published predictions for IoT:

それは、ベンダーによる、単なる妄言や空手形なのか? 実際のところ、IoT は将来において、何をもたらすのか? この 12月に IDC が、IoT に関する予測を発表している

  • The cloud will become the focus of IoT. Within five years 90 percent of all IoT data will be hosted in the cloud
  • IoT data breaches are certain to happen. Within two years, 90 percent of IoT systems will have had a security breach.
  • Processing of IoT data will move closer to ‘the edge‘.  In three years, 40 percent of IoT processing will be done on the edge.
  • IoT data will overwhelm some systems. As many as 10 percent of networks are expected to be affected
  • Data centers and enterprises will need to change their current policies and business models to adopt to BYOD and IoT
  • Within five year, all industries will roll out IoT initiatives. The principle IoT activity today (50+ percent) is centered in manufacturing, transportation, smart city, and consumer applications
  • By 2018, local government spending will account for a quarter of all government spending as local governments attempt to build innovative and sustainable smart cities
  • Within three years, 60 percent of IT solutions that originally were designed as proprietary and closed-source will move to open source
  • Within five years, wearables will challenge smartphones as an alternative
  • In three years, Millennials will be in a position to further accelerate adoption of technologies like IoT
  • クラウドが、IoT においてもフォーカスされる。 5年以内に、全 IoT データの90% が、クラウド上にホストされる
  • IoT データへの侵害は、確実に起こるだろう。 2年以内に、IoT システムの 90%が、セキュリティ侵害に遭遇するだろう。
  • IoT データの処理は、「エッジ」へ向かって移動していく。 これからの 3年以内に、IoT プロセシングの 40% がエッジで行われる。
  • IoT データは、いくつかのシステムの許容量を上回るだろう。最大で 10% のネットワークが、影響を受けると予想される。
  • データセンターとエンタープライズは、BYOD および IoT に対応するために、現行のポリシーやビジネス・モデルの変更が必要になるだろう。
  • 5年以内に、すべての産業が、IoT イニシアティブを展開していく。 今日における基本的な IoT アクティビティ(50% 以上)は、製造/運輸/スマート・シティ、そして、コンシューマ・アプリの中央に配置されている。
  • 2018年までに、地方の自治体は、革新的で持続可能なスマート・シティの構築に取り組むことになる。それにつれて、自治体への支出は、政府における全支出の 1/4 を占めるようになる。
  • 3年以内に、当初はプロプライエタリやクローズド・ソースとしてデザインされた IoT ソリューションの、60% がオープン・ソースへと移行する。
  • 5年以内に、スマホに代わるものとして、ウェアラブルがチャレンジを開始する。
  • 3年以内に、現代に生きる私たちは、IoT のようなテクノロジーを加速させるポジションに座る。

Vernon Turner, SVP of Research at IDC, said that “the Internet of Things will give IT managers a lot to think about.  Enterprises will have to address every IT discipline to effectively balance the deluge of data from devices that are to the corporate network. In addition, IoT will drive tough organizational structure changes in companies to allow innovation to be transparent to everyone, while creating new competitive business models and products.”

IDC の SVP of Research である Vernon Turner は、「 IoT は、IT マネージャーたちに、数多くの考察を提供するだろう。各種のデバイスから企業のネットワークへと向かう、大洪水のようなデータのバランスを効果的にコントロールするために、エンタープライズは全ての IT 規律に対して、取り組んでいく必要があるだろう。それに加えて IoT は、企業における組織構造に対して、断固とした変革を要求する。それにより、誰に対しても透明なイノベーションが実現される一方で、新たな競争のためのビジネス・モデルやプロダクトが生まれてくる」と述べている

ーーーーー

注記:FBページで、Millennials  には「2000年代に成人を迎える人々」という意味があると教えていただき、訳を修正しました。 これで、最後の項目の文脈がはっきりしました。 ありがとうございます!

ーーーーー

あくまでも予測なので、そういうものとして参照すべきなのですが、「2年以内に、IoT システムの 90% がセキュリティ侵害に遭遇する」といのは、早急に対処すべきものが山積みになっているという、警告とも受け取れます。 また、つい先日に、Intel が IoTivity という、IoT のための OSS フレームワークを発表しましたが、「IoT ソリューションの 60% がオープン・ソースへと移行」という予測と、方向性が合致しているようにも思えます。 そして、最後の項目に関してですが、「26年目以降のウェブに必要なもの:WWW の生みの親から4つのヒント  – Wired」という Tim Berners-Lee の寄稿にあるように、まさに Web を知る前の私たちと、いまの私たちの置かれた状況が、重なって見えてくるのです。

ーーーーー

<関連>

SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?

Comments Off on IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

Facebook 国勢調査 2013 : 中国とインドを抜いて 2016 年には 世界のトップか?

Posted in .Selected, Facebook, Research, Social by Agile Cat on February 25, 2013

Facebook may be the largest “country” on earth by 2016
http://wp.me/pwo1E-5Gy

February 5th, 2013 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2013/02/05/facebook-2016/

_ pingdom

Facebook overtook the United States as the third largest “country” three years ago, and in September 2012 Facebook announced that it passed the one billion user mark.

Facebook は 3年前に United States を追い越し、世界で 3番目の大国となり、また、2012年 9月には、ユーザー数が 10億人を超えたとアナウンスしている。

imageChina and India are currently the two most populous countries in the world. But can Facebook  become the largest “country” on earth and when will it happened? We think we have the answer.

言うまでもなく、現時点で最大の人口を持つ国は China と India である。しかし、Facebook は、この地球上における最大の国になれるのだろうか? そして、それは、いつ頃に起こるのだろうか? 私たちは、その答えを持っていると思う。

Facebook has grown 77% yearly

Facebook has had an enormous growth over the past five years, ballooning from 58 million users in late 2007 to 1 billion users today. That is the equivalent to a yearly increase of a mind-blowing 77%!

2007年末は 58 million であった Facebook の人口だが、これまでの 5年にわたって急速に増大し、今日では 1 billion を数えるに至っている。 つまり、その間の成長率は、77%/年という、素晴らしいものとなっている!

クリックで拡大 ⇒

In comparison with the world population, which currently stands at about 7 billion, the number of Facebook users may seem small. But we think you may change your mind when you look at this chart.

その一方で、世界の総人口は 約 7 billion であり、それと比べると、Facebook のユーザー数は小さく見えると思う。 しかし、このチャートを一目見ると、あなたの考えも変わるだろう。

Here are some of the more interesting numbers:

以下に、より興味深い数字を並べる:

  • Currently there are around 2.4 billion Internet users in the world.
  • At the end of 2012, 41.6% of  Internet users where also Facebook users. In 2007, that number was only 4.4%
  • Facebook penetration worldwide was 14% at the end of 2012, up from 5.3% in 2009.
  • At the end of 2012 Facebook had 1 billion users; that’s the equivalent of 135% of the population of Europe.
  • 現時点で、世界のインターネット総人口は、約 2.4 billion を数える。
  • 2012年末の時点で、 インターネット人口の 41.6% が Facebook ユーザーであるが、2007年には 4.4% に過ぎなかった。
  • 世界の総人口と Facebook ユーザー数を比較すると、2012年は 14% の浸透率だが、2009年は 5.3% だった。
  • 2010年末に、Facebook のユーザー数は 1 billion に達したが、 それは Europe 人口の 135% に相当する。

Facebook passing China and India

Can Facebook keep on growing at this speed for years to come? And when will there be more Facebook users than population in either China or India, whichever is the largest country by population at the time?

はたして Facebook は、これからの数年間も、このスピードで成長し続けられるのだろうか? そして China と India の、どちらが最大人口の国であっても、いつ になったら Facebook のユーザー数が、そのレベルを超えていくのだろうか?

The short answer: Facebook could be the biggest “country” on earth in just a few years.

一言でいうと、数年後には、Facebook は世界で最大の国になるだろう。

クリックで拡大 ⇒

As you can see, we made two different projections. The first projection is based on a model that assumes Facebook to have a yearly growth rate that declines by 10% per year. For the other projection, we were a bit more cautious and assumed a growth of 6% per year. That may seem high, but Facebook increased its user base by 18% in 2012 alone.

ここで確認できるように、私たちは 2つの異なる予測を立てた。 最初の予測は、Facebook の年間成長率が 10% まで低下するという、モデルに基づいたものとなる。 もう1つの予測は、さらに慎重に考え、年間成長率を 6% にまで引き下げている。それでも、大胆な予測と思うかもしれないが、Facebook は2012年だけで、18% もユーザー・ベースを増やしている。

Can this happen?

There are certainly signs, which indicate that Facebook can grow at this pace.

このペースで、Facebook が成長していくという、明らかな徴候がある。

The main one is that Facebook has a low penetration rate in large parts of the world. For example, in Africa, India and Russia, Facebook is only used by about 5% of the population. As the Internet penetration rate rises in these regions, the Facebook penetration may follow.

最大の要因は、この世界の広大な地域において、Facebook の浸透率が、まだ低いという事実である。 たとえば、Africa/India/Russia といった地域では、その人口に対する Facebook ユーザー数は、わずか 5% 程度である。 それらの地域で、インターネットの浸透率が上昇すれば、Facebook ユーザー数も情報するだろう。

Also, Facebook is still blocked in China. If this changes in the future, the world’s largest online market opens up to Facebook.

さらに、Facebook は China でブロックされ続けている。 もし、将来において、この状況が変化するなら、世界最大のオンライン・マーケットが、Facebook に対して開かれることになる。

So by 2016, the largest “country” in the world may be publicly listed, but not a member of the United Nations.

したがって、この国は 2016年までに、世界で最大の「国」としては認知されるだろうが、それを United Nations が認めることもないだろう。

Sources: Facebook, ITU, Population Reference Bureau, World Bank.

ーーーーー

image昨年9月の『 Facebook が 10億人に届きそう : 新規ユーザーは何処から? 』というポストでは ーーー Facebook は、すべての地域でユーザー数を伸ばしているが、そのレートは均一なものではない。 いまの Facebook において、最大の成長率を誇るマーケットは、明らかに Asia と South America である。 この両者を合わせると、この1年における Facebook の成長の、62.5% をも占めることになる ーーー と説明されています。そして、このところの、インドとブラジルでの成長が著しいとしています。 もし、中国でも Facebook が解禁されたら、いったい、どうなるのでしょうかね? image

ーーーーー

<関連>

Facebook は Windows 8 アプリに言及せず、Microsoft は FB に訊けと言う
Facebook の本が出る:Zuck の姉さん Randi が書き手だ

Facebook が目指すのは、FB フォンではなく、FB チップなのだ!
iOS アプリ 調査 : No.1 は Facebook だ!
Facebook の偽アカウント対策は、どうなっているのか?

 

Comments Off on Facebook 国勢調査 2013 : 中国とインドを抜いて 2016 年には 世界のトップか?

2011 大晦日 – いくつかの 海外 Top-10 ポストを集めてみました

Posted in .Chronicle, Miscs, Research by Agile Cat on December 31, 2011

ほんとうは、訳すつもりだったのですが・・・
http://wp.me/pwo1E-3Kv

Agile_Cat_Loupe

なかなか、思うとおりにいかないものです :)  実は、11月ころから、年末向けのポストを集めていたのですが、翻訳するだけの時間が持てませんでした。 とは言え、このまま放っておくのもモッタイナイので、英文のままですが、インデックスを作ってみました。 この手のコンテンツは、だいたいが箇条書きになっているので、それぞれの小見出しを追うだけでも、大きな流れが見えてくると思います。 よかったら、ご利用くださ~い。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

___space

Top 10 IT Challenges over the Next Five Years
By Dick Weisinger, on November 14th, 2011
http://www.formtek.com/blog/?p=2546
_ formtekGartner has released its list of top ten things that are sure to keep IT managers awake at night over the next five years, as presented at Gartner’s 2011 annual Symposium/ITxpo in Orlando by David Cappuccio, a Gartner analyst.

___space

Top Trends that will shape 2012
By Dick Weisinger, on November 21st, 2011
http://www.formtek.com/blog/?p=2567
_ formtekIn October, Gartner announced the top technology trends that it saw will drive the technical events of 2012.  The trend list was presented by David Cearley, Distinguished Analyst & Gartner Fellow at Gartner.  Cearley said that the over-arching trend is the “digitization of everything”.

___space

5 Apps That Hog Bandwidth on Your Network
Published August 17, 2011
http://meraki.com/blog/2011/08/5-apps-that-hog-bandwidth-on-your-network/
_ merakiDoes your wireless connection ever feel slow and sluggish? Below are five popular applications that can consume quite a bit of bandwidth. Don’t let them bog down your network! (Skype and VoIP / video conferencing – Dropbox and online backup – Facebook – YouTube – Pandora)

___space

Top 10 IT Challenges over the Next Five Years
By Dick Weisinger, on November 14th, 2011
http://www.formtek.com/blog/?p=2546
_ formtekGartner has released its list of top ten things that are sure to keep IT managers awake at night over the next five years, as presented at Gartner’s 2011 annual Symposium/ITxpo in Orlando by David Cappuccio, a Gartner analyst.

___space

Top Trends that will shape 2012
By Dick Weisinger, on November 21st, 2011
http://www.formtek.com/blog/?p=2567
_ formtekIn October, Gartner announced the top technology trends that it saw will drive the technical events of 2012.  The trend list was presented by David Cearley, Distinguished Analyst & Gartner Fellow at Gartner.  Cearley said that the over-arching trend is the “digitization of everything”.

___space

6 reasons why 2012 could be the year of Hadoop
By
Derrick Harris Nov. 24, 2011
http://gigaom.com/cloud/six-reasons-why-2012-could-be-the-year-of-hadoop/
_ GigaomHadoop gets plenty of attention from investors and the IT press, but it’s very possible we haven’t seen anything yet. All the action of the last year has just set the stage for what should be a big year full of new companies, new users and new techniques for analyzing big data.

___space

Twitter’s top 2011 hashtags: #egypt and #tigerblood
6 December 2011
http://www.bbc.co.uk/news/technology-16047918
_ BBCThe most popular hashtags of 2011 have been revealed, illustrating how Twitter spans diverse topics from politics to celebrity gossip. Hashtags are used to group together tweets relating to the same subject. (Top of the list was #egypt, followed by #tigerblood)

___space

Here are the top political issues of 2011 as measured by Facebook Likes
December 14, 2011 |
Jolie O’Dell
http://venturebeat.com/2011/12/14/politics-on-facebook-in-2011/
_ social beatBetween the Arab Spring, the death of Osama bin Laden, hilarious Republican primaries, and the seemingly unending economic turbulence around the globe, 2011 politics provided no end of fodder for public discourse.

___space

2012 Predictions: Alicia Eler
By
Alicia Eler / December 16, 2011
http://www.readwriteweb.com/archives/2012_predictions_alicia_eler.php
_ Read WriteIt’s the end of a big week here at ReadWriteWeb. For one, we just got acquired by SAY Media. As I sit here thinking about what happened in 2011 and what’s to come in 2012, I keep in mind the simple fact that soon ReadWriteWeb will be operating under a very clean look and feel in this brave new tech world.

___space

2012 Predictions, Cloud Edition: Joe Brockmeier
By
Joe Brockmeier / December 22, 2011
http://www.readwriteweb.com/cloud/2011/12/2012-predictions-joe-brockmeie.php _ Read WriteOne of the nice things about following cloud technologies and virtualization? It’s never boring, especially given how new cloud technologies are. That means that there’s plenty of room for change, and ample speculation about where the industry is going.

___space

Facebook top search term in 2011
By
Emil Protalinski | December 22, 2011
http://www.zdnet.com/blog/facebook/facebook-top-search-term-in-2011/6525
_ zdnetSummary: Facebook was the top-searched term overall in the US this year, accounting for 3.10/4.42 percent of all searches, depending on how you slice it. It was also the second-most visited web property.

___space

6 Crazy Tech Predictions for 2012
December 23, 2011 by
Lance Ulanoff
http://mashable.com/2011/12/22/crazy-tech-predictions-2012/
_ MashableWe live in a world of absolutes: Here’s what happened. Even when we look to the future, our predictions are couched in the world’s sometimes difficult realities. It can, to be honest, take all the fun out of guess work. So, once a year I allow myself to go beyond the likely, beyond the possible and deep into the world of the implausible.

___space

Grading my cloud predictions for 2011: How’d I do?
By
Derrick Harris Dec. 29, 2011
http://gigaom.com/cloud/grading-my-cloud-predictions-for-2011-howd-i-do/
_ GigaomI made a lot of predictions about cloud computing and the general IT infrastructure space heading into 2011, and I impressed myself with my skills of prognostication. Of course, some might have been no-brainers, and it’s possible I’m just grading myself too generously, so I’ll let readers be the judges.

___space

The 10 stories that defined tech in 2011
By Colleen Taylor Dec. 30, 2011
http://gigaom.com/2011/12/30/the-10-stories-that-defined-tech-in-2011/

_ GigaomWhile 2011 was a very busy year for the technology industry, the constant rate of innovation and activity in the market shows that things probably won’t slow down in 2012. Below, we’ve rounded up some of GigaOM’s biggest stories of the year — roughly in the order that they occurred — with a bit of insight on what each could mean for 2012.

___space

2011 in Review: Why I didn’t buy a new phone this year
BY: STEFAN CONSTANTINESCU, DECEMBER 18TH, 2011
http://www.intomobile.com/2011/12/18/2011-review-why-i-didnt-buy-new-phone-year-and-why-im-unlikely-buy-one-next-year-too/
_ into MobileI’m getting old. My girlfriend forced me to buy a nose hair trimmer. Her pet name for me is “Grandpa” because during the winter my two favorite hobbies are taking naps and listening to the radio while lying on the couch.

___space

2011 in Review: Top 10 mobile stories of the year
BY: MARIN PEREZ – DECEMBER 22ND, 2011
http://www.intomobile.com/2011/12/22/top-10-mobile-stories-2011/
_ into MobileThe last 12 months have been a wild ride, as we started the year with many of us wondering how the Xoom and PlayBook could compete against the iPad, how would HP use webOS, what the iPhone 5 would look like and if 4G LTE would really come to America in a big way. There have been a lot of pleasant and not-so-pleasant surprises in 2011 but some clear takeaways are that the smartphone revolution is in full swing, tablets are here to stay and 4G can be real.

___space

12 predictions for the mobile world in 2012
BY: MARIN PEREZ – DECEMBER 30TH, 2011 AT 1:50 PM
http://www.intomobile.com/2011/12/22/top-10-mobile-stories-2011/
_ into MobileThe last 12 months have been pretty wild in the mobile world, as we’ve seen some major partnerships, Apple and Android continue to dominate and 4G LTE start to roll out. We think that 2012 will be just as important, if not more so, than the last twelve months, so we’ve enlisted the IntoMobile team to throw down some predictions for the next year.

___space

ーーーーー

<関連>

2011 – Q 1 のトップ・ポスト 12撰
2011 – Q 2 のトップ・ポスト 12撰
2011 – Q 3 のトップ・ポスト 12撰
2011 – Q 4 のトップ・ポスト 12撰
2011 – Weekend シリーズ – 笑いもタクサンあるよ!

Comments Off on 2011 大晦日 – いくつかの 海外 Top-10 ポストを集めてみました

SaaS マーケットは、2015 年までに 2倍に成長する

Posted in .Selected, Businesses, Research by Agile Cat on August 2, 2011

Cloud Computing: SaaS Market to Double by 2015
By Dick Weisinger, on July 29th, 2011
http://www.formtek.com/blog/?p=2294

_ formtek

In 2010, the worldwide SaaS market was $10 billion.  And at the current annual growth rate of more than 20 percent, the SaaS market is on target to more than double by 2015 to $21.3 billion, predicts Gartner, Inc in a report by Gartner analysts Sharon Mertz, Chad Eschinger, and Tom Eid.  Worldwide SaaS sales in 2011 are expected to top $12 billion.

2010年の SaaS マーケットは、ワールドワイドで $10 billion だった。  そして、現時点における年間成長レートは 20% 以上であり、SaaS マーケットは 2015年までに、2倍以上の $21.3 billion にいたると、Gartner のアナリストである、Sharon Mertz および、Chad EschingerTom Eidレポートしている。なお、2011年におけるワールドワイドな SaaS 売上は、$12 billion を超えるだろうとも予想している。

imageRoughly a third of the SaaS market, $3.8 billion in 2011,  continues to be in the CRM (Customer Relationship Management) sector that was first pioneered with the SaaS model by Salesforce.com.  Another third of the SaaS market, $3.3 billion in 2011, is the content, communications and collaboration (CCC) market.  The remaining third of the market includes a variety of other application types, most notably, ERP at $1.7 billion.  SaaS-based ERP accounts for roughly 7 percent of the entire ERP market.

この 2011年 SaaS マーケットの、約 1/3 に相当する $3.8 billion は、従来からの  CRM (Customer Relationship Management) 分野からのものだが、その SaaS モデルは Salesforce.com により構築されている。  それと同様に、2011年の 1/3 にあたる $3.3 billion が、CCC(content, communications and collaboration)マーケットにより占められている。  そして、残りのマーケット・シェアには、多様なアプリケーション・タイプが含まれているが、その中で目立つのは、$1.7 billion の ERP である。なお、SaaS ベースの ERP は、ERP マーケット全体の約 7% を占める。

Despite a rash of recent high-profile data breaches, the report finds that SaaS applications are overcoming many of the earlier issues with security and that security is not a big as a concern for customers than in previous years.  In the press release for the report, Gartner analyst Tom Eid said that “Initial concerns about security, response time and service availability have diminished for many organizations as SaaS business and computing models have matured and adoption has become more widespread.  Usage and vendors’ on-demand ecosystems continue to evolve to provide additional business and technology services, more vertical-specific functionality, and stronger communities of partners and buyers.”

このところ注目され続けている、頻繁なデータの侵害にもかかわらず、SaaS アプリケーションは、セキュリティに関連する従来からの問題を克服しており、数年前と比べると、セキュリティは顧客の関心から離れつつあると、このレポートは述べている。このレポートのプレス・リリースにおいて、『 SaaS ビジネスとコンピューティング・モデルが成熟し、その適用が広範囲におよぶにつれて、当初から意識されてきた、セキュリティ/応答時間/サービスの可用性は、その関心のレベルを引き下げてきている。  そして、ユーザーにおける用法と、ベンダーのオン・デマンド・エコシステムは変化し続けている。 結果として、より多くのビジネスとテクノロジーのサービスが提供され、垂直型の機能が開発され、また、パートナーとバイヤーのコミュニティが強化されていく  』と、Gartner アナリスト の Tom Eid が伝えている。

ーーーーー

IT 全体の市場規模からすると、そんなものなの? ・・・というレベルですが、その内容はというと、徹底的な効率化が図られ、とてもスリムなものに変容していくのでしょう。 もちろん、従来から成り立っているアプリケーション領域では、熾烈な生き残り合戦が繰り広げられるのでしょうが、まったく新しいセグメントも登場してくることでしょう。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
アメリカ市場では 28% の組織が、すでにクラウドを使用している
モバイル・アプリ市場が、2015年には $29 billion に達する!
クラウドへの移行を、経済面から考察する – Pennsylvania 州立大学
セキュリティ調査 – Sybase – ヒューマン・エラーが 48% で最大の脅威

Comments Off on SaaS マーケットは、2015 年までに 2倍に成長する

%d bloggers like this: