Agile Cat — in the cloud

PaaS の 調査: もたらすものは、インフラ・コストの削減と、アプリ開発の加速?

Posted in .Selected, PaaS, Research by Agile Cat on December 16, 2013

Platform as a Service (PaaS): One way to Cut Infrastructure Costs and Speed Application Development
http://wp.me/pwo1E-71R

By Dick Weisinger – December 11th, 2013
http://formtek.com/blog/platform-as-a-service-paas-one-way-to-cut-infrastructure-costs-and-speed-application-development/

_ FormTek

The public platform-as a service (PaaS) market is expected to double in the next four years, according to research by IDC.

IDC の調査によると、パブリック PaaS(Platform as a Service)市場は、これからの 4年間で 2倍に増大するようだ

PaaS cloud-based provider services include a base computing stack of components, that include the hardware, operating systems, storage, and network capacity. The consumer is responsible for deploying and configuring the software on the PaaS-provided stack.

PaaS クラウドをベースとするプロバイダのサービスには、ハードウェア/オペレーティング・システム/ストレージ/ネットワークといった、いくつかのコンポーネントをベースにした、コンピューティング·スタックが取り込まれている。 そして、利用者は、対象となる PaaS が提供のスタック上に、ソフトウェアをディプロイし、コンフィグレーションしていく。

David Linthicum notes that the line between infrastructure-as a service and PaaS is rapidly blurring.   “PaaS isn’t much good unless you have the infrastructure to support the resulting applications, and IaaS doesn’t really help unless you have the ability to create solutions that run on the infrastructure. PaaS must have infrastructure, and infrastructure must have PaaS.”

David Linthicum は、IaaS(Infrastructure as a Service)と PaaS を識別するラインが、最近になって急速にぼやけてきたことを指摘している。 そして、「あなたが、結果としてのアプリケーションをサポートする、インフラを持っていない限り、PaaS は優れたものにならないだろう。 また、インフラ上で稼働するソリューションを、作り出す能力を持っていない限り、IaaS は本当の助けにならない。つまり、PaaS はインフラを持つ必要があり、インフラ PaaS を持つ必要がある」 と続けている。

IDC forecasts that the global PaaS market will grow from $3.8 billion in 2012 to more than $14 billion by 2017.  Companies see PaaS as a tool for them to cut their infrastructure costs and to speed application development.

IDC の予測によると、グローバル PaaS 市場は、2012年の $3.8 billion から、2017年の $14 billion へと成長していくようだ。そして、いくつかの企業は、そのインフラ・コストを削減し、アプリケーション開発をスピードアップするための、ツールとして PaaS を認識している。

The IDC reports some of the drivers for the rapid growth of PaaS include:

IDC のレポートには、PaaS の成長を加速させる要素として、以下の項目が取り込まれている:

  • Need for real-time interactions with customers and partners
  • Industry-specific requirements like healthcare reform and fiscal reform by governments
  • Increasingly more advanced types of data management applications
  • カスタマーやパートナーとの、リアルタイム・インタラクションに関するニーズ
  • 行政によるヘルスケアや財政の改善にも似た、産業界における要望
  • より先進的な、データ管理アプリケーションの増大

IDC recognizes the following sub-markets within the PaaS category of services:

また、IDC は、PaaS カテゴリ内のサブ・カテゴリとして、以下の各項目を認識している:

  • Application platform-as-a-service
  • Database platform-as-a-service
  • Integration platform-as-a-service
  • Business process management platform-as-a-service
  • Cloud testing and other platform-as-a-service

The report comments about future trends for application developers that “one of the biggest unknowns related to public PaaS is its potential impact on IT staff. Because public PaaS improves developer productivity by a factor of two or more, what happens to the developer workforce? Do enterprises make more use of IT or elect to take some or all of the benefit in terms of reducing the developer workforce? The answer lies somewhere in the middle.”

このレポートは、アプリ開発者に対する、これからのトレンドに関して、「 パブリック PaaS に関連する最大級の未知数として、情シス担当者への潜在的な影響力がある。なぜなら、パブリック PaaS により、開発者の生産性が何倍にも向上する可能性があるため、どのような影響が、労働力としての開発者に生じるのか、その辺りが分からないのだ。つまり、エンタープライズは、情シスの更なる活用を見つけ出すのか? それとも、開発者の労働力を削減するという観点で、一定あるい全体的なメリットを得ようとするのだろうか? その答えは、両者の中間に位置している 」と、コメントしている。

ーーーーー

research_55この 6月のことですが、『 Facebook – Parse 連合 : 10万タイトルのクラウド・アプリを生み出す 』と『 Google と Kinvey が提携 : Mobile BaaS 最前線 』という抄訳を、立て続けにポストしましたが、PaaS のキー・コンポーネントとして、MBaaS の存在が挙げられるのかもしれませんね。 そして、『 SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由 』などを読むと、それらとは異なるスタックでの、コンポーネントの共有も進むのかと、いろんなことを想像してしまいますね。image

ーーーーー

<関連>

Kinvey の Mobile BaaS と、Red Hat の PaaS が統合される!
Google 対 Parse の戦いが始まる : Mobile BaaS 最前線
Microsoft も Azure で MBaaS : Custom API をクリックするだけ!
Facebook が買収した、Mobile BaaS の Parse とは?
Mobile BaaS なら、ボクらの方が先輩だよ! Salesforce くんへ、Kinvey より
Salesforce も Rackspace も、目指すは モバイル BaaS なのだ!
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?

Google App Engine が提供する、専用 memcache とは?

Posted in .Selected, Google, PaaS by Agile Cat on July 30, 2013

New from Google App Engine just for your busy application: Dedicated memcache
http://wp.me/pwo1E-6qr

By Barb Darrow – UL. 17, 2013
http://gigaom.com/2013/07/17/new-from-google-app-engine-just-for-your-busy-application-dedicated-memcache/

_ Gigaom

Summary: If your app needs fast query performance, dedicated memcache can help with that and GAE is now offering that capability in preview form.

Summary: あなたのアプリにとって、高速クエリのパフォーマンスが必要なら、専用の memcache で対応することが可能だ。 ちょうど、いま、その機能のプレビューを、GAE が提供している。

If you’re a developer needing fast query performance for your applications, Google App Engine now has a deal for you. The just-released GAE 1.8.2 version includes a preview of dedicated memcache for just that sort of use case.

あなたがデベロッパーであり、自分のアプリのために、高速クエリーのパフォーマンスを必要としているなら、いま、それに、Google App Engine が対応し始めた。リリースされたばかりの GAE 1.8.2 Version は、そのようなユースケースにぴったりの、専用 memcache のプレビューを取り込んでいるのだ。

Memcache is a distributed object store that puts frequently accessed data in memory to ensure that it’s available fast to applications that need it.

memcache とは、分散オブジェクト・ストアのことであり、頻繁にアクセスされるデータをイン・メモリに配置し、それを必要とするアプリからの高速アクセスを保証するものである。

GAE already offered shared memcache as a default but dedicated memcache assigns “a fixed cache capacity exclusively to your application,” and is billed per the GB/hour of cache size, according to Google.

すでに GAE では、共有 memcache がデフォルトとして提供されているが、この専用 memcache は「あなたのアプリに対して、固定されたキャッシュ容量を排他的」に割り当てるというものであり、また、キャッシュ・サイズに応じて GB/時間 という請求が行われると、Google は説明している。

The charge for this service will be 12 cents per GB per hour.

具体的に言うと、このサービスの料金は、1 GB/1 Hour/12 Cent となる。

Google continues to push GAE as a for-real Platform as a Service (PaaS) that is not just a sideline to the company’s bread-and-butter internet search business. In that realm it competes with Microsoft’s Windows Azure, which (I think) offers dedicated Memcache but I’m checking into that and will update this story as appropriate.

Google は、真の PaaS として、GAE をプッシュし続けている。それは、同社の基本を支える、インターネット・サーチ事業に対して、単に付け足されるものではない。その領域では、専用 Memcache を提供している(と私は思う)、Microsoft の Windows Azure と競合していくだろう。この件に関しては、チェックし続けていくし、必要に応じてアップデートしていく。

Related research

ーーーーー

google-55a今月の初めに、『 IBM の Flash Memory アプライアンスは、12T Bytes で 3000万円だ! 』という抄訳をポストしたとき、大きな発想の転換が進んでいるのだと実感しましたが、この Google App Engine に関しても、同じように捉えてしまいます。 一方は、資産として保つケースであり、もう一方は、所有から利用へというケースであり、比較することは無理だと思いますが、双方に共通する大きなウネリを感じてしまいますね。image

ーーーーー

<関連>

Google App Engine ケース・スタディ:その API が Angry Birds を元気にする
AWS のコストを分析する:TripAdvisor と Pinterest
Facebook が発表した TAO : これで MySQL と Memcached を接続する
Facebook の超高速ストレージ : TAO の詳細を説明しよう

Comments Off on Google App Engine が提供する、専用 memcache とは?

%d bloggers like this: