Agile Cat — in the cloud

Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す

Posted in Byod, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on October 15, 2013

Mobile Computing: Working Out the Rough Edges of Collaborative Mobile
http://wp.me/pwo1E-6Mi

By Dick Weisinger, on October 3rd, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4065

_ formtek

By 2016 Gartner predicts that most collaborative tools will run on any type of device, across smart phones, tablets, and desktop browsers.  Fragmentation of communication technologies has been a pain point with many IT shops, but collaborative technologies are expected to evolve and eventually provide a more seamless experience across platforms.

Gartner の予測によると、2016年までに、ほとんどのコラボレーション・ツールが、スマートフォン/タブレット/デスクトップ・ブラウザといった、各種デバイスをまたいで動き出すことになる。コミュニケーション・テクノロジーの断片化により、数多くの IT ショップに痛みがもたらされたが、コラボレーション・テクノロジーの進化により、最終的にはプラットフォームをまたいだかたちで、よりシームレスなエクスペリエンスが達成されるという期待がある。

Richard Edwards, principal analyst at Ovum, said that the combination of cloud and mobile mean that users need no longer be “tethered to one location…  The way in which we work will change dramatically over the next seven years, more than in the previous 30, meaning the enterprise of 2020 will need to be more agile and more responsive than it is today.”

Ovum の Principal Analyst である Richard Edwards は、「クラウドとモバイルの組み合わせにより、もはやユーザーを 1つのロケーションにつなぎとめる必然性は失われた。私たちのワーク・スタイルは、これまでの 30年間で大きく変化してきたが、これからの 7年間で、さらに劇的な変化を遂げるだろう。つまり、2020年のエンタープライズが必要とするのは、いま以上の俊敏性と応答性になる」と述べている。

Monica Basso, research vice president at Gartner, said that “mobile devices enable a new generation of collaboration and three trends are rapidly boosting mobile collaboration strategies and investments in organizations. These are: bring your own device (BYOD), personal cloud file sharing and the increasing availability of mobile applications.  Empowering workers with mobile collaboration capabilities through smart devices, personal cloud sharing and mobile apps is a smart move for organizations to innovate in the workplace and stay competitive.”

Gartner の Research VP である Monica Basso は、「モバイル·デバイスにより、次世代のコラボレーションが実現され、また、3つのトレンドが生み出される。 それにより、モバイル・コラボレーションの戦略が急加速し、また、エンタープライズにおける投資が促進されていく。なお、それらの 3つのトレンドとは、BYOD を前提としたものである。 まず、パーソナル・クラウド・ファイル共有および、モバイル・アプリケーション利用の促進が挙げられる。そして、スマート・デバイスを活用し、パーソナル・クラウドを共有することで、モバイル・コラボレーションを達成していく従業員に権限が付与される。さらに、モバイル・アプリにより、職場におけるイノベーションが活性化され、組織の競争力が維持されるという、合理的な展開が予測される」と述べている。

Personal cloud file sharing will allow users to be able to more easily swap and get access to files no matter what their device or location is.  Cloud sharing will allow users to move their files, documents, audio, pictures and video easily among multiple machines.

パーソナル・クラウドでのファイル共有により、ユーザーはデバイスと場所を選ぶことなく、ファイルへのアクセスを実現し、それらを交換していくようになる。そして、クラウド共有により、ユーザーは多様なマシンを横断するかたちで、ファイル/ドキュメント/オーディオ/ピクチャ/ビデオを、容易に移動できるようになる。

Alastair Mitchell, CEO of Huddle, told Will Kelly of the Tech Republic, that the lines across the devices that connect into collaborative apps will blur blurring.   “So the first piece of advice is not to think about it as mobile collaboration per se.  It’s really about how we do we give access to the content, information, and the customers that the people in the small business need to work with and on from wherever they might be. That might be on a tablet, a smartphone, or even a laptop–but on the go.”

Huddle の DEO である Alastair Mitchell は、Tech RepublicWill Kelly に対して、コラボレーション・アプリに接続するデバイスがラインを横断することにより、組織における境界線が曖昧になっていくと述べている。 そして、「 最初にアドバイスしたいのは、モバイル・コラボレーションの本質について、あまり考え過ぎるなという点である。それは、コンテント/情報/顧客にアクセスするために、私たちが日常的に実践していることだ。さらに言えば、中小企業の人々は、彼らが必要とするときに、それらにアクセスしている。 そのことが、外出先でのタブレットやスマートフォン、あるいは、ラップトップで行われるようになるのだろう」と続けている。

ーーーーー

TAG indexとても、難しい問題ですが、文中でも「 ワーク・スタイルは、これまでの 30年間で大きく変化してきたが、これからの 7年間で、さらに劇的な変化を遂げるだろう」と指摘されているように、企業と従業員の関係を含めて、さらに言えば、社会との関わり合い方を含めて、変化せざるを得ないのでしょうね。 そういえば、リンダ・グラットンの Work Shift を、最後までちゃんと読んでいないなぁと、熱心に勧めてくれた O さんに白状しつつ、申し訳なく思っている、連休明けの朝です。image

ーーーーー

<関連>

BYOD 十策 : モバイル・エンタープライズのために
モバイル・エンタープライズは、Facebook から学ぶべきだ!
BYOD を採用する企業の 52% が、その対策に $500,000 も費やしている
BlackBerry のエンプラ・サービスが、iOS と Android を取り込む : 狙いは BYOD ?
Citrix は Zenprise を買収し、BYOD を促進する!
みんなにスマホを買ってあげるわ! iPhone 5 だって OK よ! : Marissa Mayer さん

Comments Off on Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す

個人で使うクラウドは 1位 Apple、2位 Dropbox、3位 Amazon : チャートで比較

Posted in Apple, Entertainment, Post-PC, Research, Storage by Agile Cat on April 6, 2013

CHART OF THE DAY: Apple Dominates In Consumer Cloud Services
http://wp.me/pwo1E-5Vx

Jay Yarow | Mar. 21, 2013
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-cloud-services-usage-2013-3

_ Business Insider

Here’s something that surprised us. Apple dominates in U.S. cloud service usage with iCloud.

ちょっとした、驚きである。 アメリカの(パーソナル)クラウド・サービス利用において、Apple の iCloud がマーケットを支配しているのだ。

According to Strategy Analytics, via Engadget, more people say they use iCloud than any other cloud service. This is most likely due to Apple pushing iCloud as a part of iOS.

Strategy Analytics によると(Engadget 経由)、多くの人々が、他のクラウド・サービスよりも、iCloud を使っていると発言しているようだ。 Apple が、iOS の一部として iCloud をプッシュしているので、こう言う話になってもオカシクはない。

___space

___space

Still, given all the hype around Dropbox and Google Drive, we thought they would be more popular. Strategy Analytics says awareness of cloud storage is still pretty low overall.

また、この領域がハイプどおりに展開されているなら、Dropbox Google Drive の辺りに、人気が集中するはずだと思っていた。 そして、Strategy Analytics が言うには、クラウド・ストレージに対する全体的な認識は、依然として、かなり低いレベルに留まっているようだ。

Music is the primary thing people are using with cloud storage services.

なお、人々は、音楽データの保存をキッカケとして、クラウド・ストレージ・サービスを使い始めたようだ。

Strategy Analytics’ 2012 Q3 ConsumerMetrix survey via Engadget

ーーーーー

TAG indexこのチャートの脚注には、「Online Digital Locker Service」という記述があります。そして、アメリカのユーザーを対象として、それらを使ったことのある人々の分布を示しています。 Digital Locker という言葉が、ちょっと懐かしかったので、バックナンバーを調べたところ、以下のような関連コンテントが見つかりました。 そして、ミュージック・ロッカーに関する、米連邦裁判所の勝利判決が出てから、まだ、2年も経ってないことに、ちょっと驚きました。これが、新しい PC(Personal Cloud)なのですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす
Google Music Store を総括すると、笑うのはユーザーで、泣くのはレーベルとなる
必見 – 人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果
Amazon がソーシャルに参入? – Reuters
iTunes の収益構造を解析する

Gartner が指摘する要点 Top-10 : データセンターと IT インフラストラクチャ

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Research by Agile Cat on August 27, 2012

Data Centers: Building the Infrastructure of the Future
http://wp.me/pwo1E-4Eg
By Dick Weisinger, on June 29th, 2012
http://www.formtek.com/blog/?p=3068

_ formtek

Ellen Messmer, senior editor at Network World, recently reported Gartner’s 10 top trends in IT infrastructure that were outlined by Dave Cappuccio, Gartner Chief of Research,  in a keynote address at Gartner’s Infrastructure & Operations Management Summit.

先日のことだが、Network World にシニア・エディタである Ellen Messmer が、Gartner の 10 Top Trends in IT Infrastructure についてレポートした。そこでは、Gartner’s Infrastructure & Operations Management Summit のキーノートで、 Chief of Research である Dave Cappuccio が概説したものがベースにされている。

  1. Tablet Proliferation – Tablets like the iPad are replacing many of the tasks performed by laptop and desktop computer.  Tablet apps are typically smaller and more focused at performing specific tasks.
     
    iPad などのタブレットにより、ラップトップおよびデスクトップがこなしていた、数多くタスクが置き換えられた。  タブレットのアプリケーションは、一般的にはコンパクトであり、また、個々のタスク処理にフォーカスしている。
  2. Datacenter Optimization – Server footprints continue to shring and datacenter configurations get more dense.   That’s combined with a strong focus on green computing and energy efficiency.  By 2017 an important metric for most datacenters will be performance per kilowatt.
     
    サーバー・フットプリントが拡大し続けるデータセンターの構成は、その密度をさらに高めている。 そして、さらに、グリーン・コンピューティングとエネルギー効率への、強力なフォーカスと組み合わせられている。  2017年までには、大半のデータセンターにおける重要な指標が、キロワットあたりのパフォーマンスとなるだろう。
  3. Datacenter Resource Management –  Hybrid infrastructures of cloud and on-premise will demand better tracking of both physical and virtual services, their purposes, and their utilizations.  It will be important to know how all the pieces connect together, the locations of those component, who is using them, and what services are being used.

    クラウドとオンプレミスを組み合わせるハイブリッド・インフラストラクチャーにより、物理/仮想サーバーおよび、その目的と有効利用に関する、さらなる調査が要求されるだろう。  そこで重視されるのは、すべての断片的な実体を相互接続する方式、および、それらのコンポーネントのロケーション、それらを利用する要員と、使用中のサービスの把握である。
  4. Mobility and Personal Cloud – Users will increasingly rely on a variety of mobile devices and it will become important to factor that reality into infrastructure designs.

    ユーザーたちのモバイル・デバイスへの依存度はさらに高まるため、そのインフラ・デザインにおける実現性を、考慮に入れることが重視されていく。
  5. Hybrid Cloud – 60 percent of enterprises are using the cloud now and that is only expected to increase.  Over the next three years, businesses are expected to move commodity services into the public cloud while keeping their more sensitive data and services on-premise, building a hybrid cloud to connect the two.
     
    エンタープライズの 60% が、現時点でクラウドを使用し、また、その比率は増加の一途をたどると予想される。  今後の 3年間において、それらの企業はパブリック・クラウドのコモディティ・サービスに移行する一方で、機密性の高いデータとサービスをオンプレミスに保持し続けると予測される。つまり、両者を接続する、ハイブリッド・クラウドが構築されていく。
  6. Fabric Data Centers – Computing will increasingly try to optimize the balance of resources and workloads, considering factors like the computer capability and storage, number of users, and time of day.
     
    コンピューティングは、リソースのワークロードのバランスを、さらに最適化しようとするだろう。 その結果として、コンピュータの能力および、ストレージ、ユーザ数、時刻管理などの要素が、検討されていくだろう。
  7. IT Complexity – Trends like virtualization, mobility and cloud computing are increasingly adding to the complexity of managing IT.
     
    仮想化および、モバイル化、そしてクラウド・コンピューティングなどのトレンドが、IT 管理の複雑さを、さらに増大していくだろう。
  8. Big Data and Analytics – As businesses collect more data they’ll increasingly apply intelligent analytics to the data to extract insights from it.
     
    企業にとって大量データの蓄積が欠かせなくなるにつれて、それらのデータから洞察を抽出するための、インテリジェントな解析が適用されていくだろう。
  9. New Generation of Helpdesks – People’s familiarity with technologies like mobility and social media are making them consider tactics like crowdsourcing first rather then contacting centralized help desks when tackling problems.
     
    モバイルやソーシャルなどのテクノロジーに人々が慣れ親しむに連れて、クラウド・ソーシング(Crowdsourcing)などの方策が検討されていく。 それらは、問題への取り組みにおいて、センタライズされたヘルプデスクに先行して用いられるものとなる。
  10. Virtualized Data Centers – Data centers will develop a virtual layer of software and automatic workflow to enable the data center to become more responsive and able to morph quickly based on the current needs.
     
    データセンターは、ソフトウェアの仮想レイヤーと自動ワークフローを発展させていく。それにより、データセンターは、ニーズに対して反応し、また、そのために形を変えるという、能力を身につけていくだろう。

ーーーーー

image全体的な感じは、IT の主役が PC から Post-PC デバイスへ移行するのにつれて、また、Big Data 処理が具体化してくるつれて、その分だけデータセンターのワークロードが上昇するという視点があるように思えます。 また、ハイブリッド・クラウドに欠かせない、オンプレミスとパブリック・クラウドの連携も焦点になるようです。なお、プライベート・クラウドという言葉が見当たりませんが、オンプレミスの中に集約されているのでしょうか? それと、最後の項目で 「morph 」という言葉が使われているてんが、そても興味深いです。ーーー image

ーーーーー

<関連>

Gartner の Cloud Hype Cycle 2012 で、これからの市場を占う
Facebook と Google の サーバー保有台数を推測する – James Hamilton
Google データセンターを埋め尽くす、独自サーバーのコンセプトとは?
Facebook が北欧に建設している、冷気と水力をフル活用の DC とは?
Apple や Facebook などの、インフラ投資比率をチャートで見比べる
eBay のデータセンターは、燃料電池から 6MW を絞り出す

 

Comments Off on Gartner が指摘する要点 Top-10 : データセンターと IT インフラストラクチャ

Gartner の Cloud Hype Cycle 2012 で、これからの市場を占う

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, Research, Strategy by Agile Cat on August 20, 2012

Gartner Releases Their Hype Cycle for Cloud Computing, 2012
http://wp.me/pwo1E-4BL

by Louis Columbus on August 3, 2012
http://softwarestrategiesblog.com/2012/08/03/gartner-releases-their-hype-cycle-for-cloud-computing-2012/

image

Enterprises are beginning to change their buying behaviors based on the deployment speed, economics and customization that cloud-based technologies provide.  Gartner cautions however that enterprises are far from abandoning their on-premise models and applications entirely for the cloud.

エンタープライズの購入行動が、クラウド・ベースのテクノロジーが提供する、ディプロイメントのスピードや、経済的な効果、そしてカスタマイズなどを基準として、その姿を変え始めている。  しかし Gartner は、エンタープライズがオンプレミス・モデルを断念することはなく、すべてのアプリケーションをクラウドに展開する状況からは、ほど遠いところにある、と注意を促す。

Based on an analysis of the Gartner Hype Cycle for Cloud Computing, 2012, the best results are being attained by enterprises that focus on a very specific strategy and look to cloud-based technologies to accelerate their performance.  Leading with a strategic framework of goals and objectives increases the probability of cloud-based platform success. Those enterprises that look to cloud platforms only for cost reduction miss out on their full potential.

Gartner Hype Cycle for Cloud Computing, 2012に基づいて考えると、現時点におけるベストな結果とは、なるきわめて特定された戦略にフォーカスし、そのパフォーマンスを加速させるクラウド・ベースのテクノロジーに注目する、エンタープライズが達成するものとなる。  目標と目的に関する戦略的フレームワークでリードしていくことで、クラウド・ベースのプラットフォームを、成功させる確率が高まっていく。 また、クラウド・プラットフォームを、コスト削減だけのものとみなすエンタープライズは、自身が有する全体的な潜在能力を失っていく。

The Hype Cycle for Cloud Computing, 2012 is shown below:

その Hype Cycle for Cloud Computing, 2012 は、以下のとおりである:

Cloudwashing and Inflated Enterprise Expectations

While the hype surrounding cloud computing may have peaked, cloudwashing continues to cause confusion and inflated expectations with enterprise buyers.  This just slows down sales cycles, when more straightforward selling could lead to more pilots, sales and a potentially larger market. Cloud vendors who have the expertise gained from delivering cloud platforms on time, under budget, with customer references showing results are starting to overtake those that using cloudwashing as part of their selling strategies.

クラウド・コンピューティングを取り巻くハイプは、ピークに達しているのかもしれないが、クラウドによる侵食はエンタープライズ・バイヤーたちを混乱に巻き込み、期待だけを注ぎ込んでいく。こうした背景により、より具体的な商用クラウドが、さらに多くのパイロット・ユーザや、大規模マーケットの潜在能力や売上をもたらすときに、そのセールス・サイクルが低下してしまう。その一方で、時間と予算の制限のもとで、クラウド・プラットフォームを提供し、顧客たちに対して結果を示すことで、専門的な知識を積み上げていくクラウド・ベンダーたちが、販売戦略の一部としてクラウド侵食を用いるベンダーを、追い抜こし始めている。

Additional take-aways from the Gartner Hype Cycle for Cloud Computing include the following:

Gartner Hype Cycle for Cloud Computing から持ち帰れるものとして、以下の項目が記されている:

  • The Cloud BPM (bpmPaaS) market is slated to grow 25% year over year, and 40% of companies doing BPM are already using BPM in the cloud (see “Forecast: Platform as a Service, Worldwide, 2010-2015, 3Q11 Update” and “The State of the BPM Platform Cloud Market, 2011“). Gartner has identified more than 30 bpmPaaS applications and platforms, and defines this category as a model-driven BPM platform in the cloud to construct next-generation process-centric applications for systems of differentiation and innovation.
  • Cloud BPM(bpmPaaS)マーケットは、前年比で 25% の成長を見込まれている。そして、40% の企業が、すでにクラウドで BPM を運用している(“Forecast: Platform as a Service, Worldwide, 2010-2015, 3Q11 Update” および “The State of the BPM Platform Cloud Market, 2011“ を参照のこと)。 Gartner は 30種類以上の bpmPaaS アプリケーションとプラットフォームを認識している。 そして、クラウド上で次世代プロセス・セントリック・アプリケーションを構築する、差別化とイノベーションのための、モデル駆動型 BPM プラットフォームとして、このカテゴリを定義している。
  • Cloud Email is expected to have a 10% adoption rate in enterprises by 2014, down from the 20% Gartner had forecasted in previous Hype Cycles. This represents modest growth as the adoption rate of this category had been between 5 and 6% in 2011.
  • Cloud Email は、2014年までに 10% のエンタープライズが採用すると見込まれているが、前回のハイプ・サイクル時点の予測値である 20% から、その値は低下している。  また、このカテゴリの 2011年の適用レートは、5%~6% という、穏やかな成長率を示している。
  • Big Data will deliver transformational benefits to enterprises within 2 to 5 years, and by 2015 will enable enterprises adopting this technology to outperform competitors by 20% in every available financial metric. Gartner defines Big Data as including large volumes processed in streams, in addition to batch.  Integral to Big Data is an extensible services framework that can deploy processing to the data or bring data to the process workflow itself. Gartner also includes more than one asset type of data in their definition, including structured and unstructured content.  The Priority Matrix for Cloud Computing, 2012 is shown below:
  • Big Data は、2年 ~ 5年の間に、エンタープライズに対して、転換によるメリットをもたらすだろう。そして 2015年までには、このテクノロジーを採用しているエンタープライズは、すべての適用可能な金融基準において、コンペティタたちを 20% まで凌ぐようになるだろう。  Gartner は Big Data に関して、バッチ処理だけではなく、ストリームにおいても、大量データの処理プロセスとして定義づけている。  Big Data にとって不可欠なものは、データ処理のデプロイメントおよび、プロセッシング・ワークフローへのデータの取り込みを実現する、拡張可能なサービス・フレームワークとなる。 Gartner は、構造化/非構造化のコンテントを含む、複数のデータ・アセット・タイプを、自身の定義の中に取り込んでいる。 “Priority Matrix for Cloud Computing, 2012” を、以下に示す:

  • Master Data Management (MDM) Solutions in the Cloud and Hybrid IT are included in this hype cycle for the first time in 2012. Gartner reports that MDM Solutions in the Cloud is getting additional interest from Enterprise buyers as part of a continual upward trend of interest in MDM overall.  Dominant vendors in this emerging area include Cognizant, Data Scout, IBM, Informatica, Oracle and Orchestra Networks, are among those with MDM-in-the-cloud solutions.
  • Cloud and Hybrid IT における Master Data Management (MDM) Solutions は、2012年になって初めて、ハイプ・サイクルに取り込まれた。  Gartner は、クラウドの MDM Solutions について、MDM 全般における関心事を、継続して上昇させていくものとして、エンタープライズ・バイヤーたちが注目していると、レポートしている。  この新興エリアの最有力のベンダーには、Cognizant/Data Scout/IBM/Informatica/Oracle/Orchestra Networks などが含まれ、それらのエンタープライズ・バイヤーたちに、クラウド・ソリューションにおける MDM を提供している。
  • PaaS continues to be one of the most misunderstood aspects of cloud platforms. The widening gap between enterprise expectations and experiences is most prevalent in this market.  Gartner claims this is attributable to the relatively narrow middleware functions delivered and the consolidation fo vendors and service providers in this market.
  • PaaS は、クラウド・プラットフォームにおいて、最も誤解されている局面の 1つであり続ける。 エンタープライズにおける期待と経験の間に広がる、このギャップは、広範囲のマーケットに行き渡っている。  それについて Gartner は、提供されるミドルウェアの機能が比較的に狭い範囲に限定され、また、マーケットでベンダーとサービス・プロバイダがコンソリデートされていることに起因すると、主張している。
  • By 2014 the Personal Cloud will have replaced the personal computer as the center of user’s digital lives.
  • 2014年までに、一般的なユーザーにおけるデジタル・ライフの中心として、パーソナル・クラウドがパーソナル・コンピュータを置き換えていくだろう。
  • Private Cloud Computing is among the highest interest areas across all cloud computing according to Gartner, with 75% of respondents in Gartner polls saying they plan to pursue a strategy in this area by 2014. Pilot and production deployments are in process across many different enterprises today, with one of the major goals being the evaluation of virtualization-driven value and benefits.
  • Gartner によると、すべてのクラウド・コンピューティングに広がる最も大きな関心事は、プライベート・クラウド・コンピューティングの存在となる。Gartner 世論調査では、回答者の 75% が、この分野におけるストラテジーを、2014年までに達成する計画だと答えている。  パイロットとプロダクションのディプロイメントが、多種多様なエンタープライズを横断するかたちで、いま進行している。そして、仮想化が引き起こす価値とメリットの評価という、大きな目的を有している。
  • SaaS is rapidly gaining adoption in enterprises, leading Gartner to forecast more than 50% of enterprises will have some form of SaaS-based application strategy by 2015.  Factors driving this adoption are the high priority enterprises are putting on customer relationships, gaining greater insights through analytics, overcoming IT- and capital budget-based limitations, and aligning IT more efficiently to strategic goals.
  • SaaS の適用が、エンタープライズにおいて急速に高まったいる。そして、エンタープライズの 50% 以上が、何らかの SaaS ベース・アプリケーション戦略を、2015年までに有するという予測へと、Gartner を導いている。  このアダプションを促進させる要因は、それぞれのエンタープライズで高い優先順位を割り振られているものであり、たとえば、カスタマ・リレーションや、データ解析による高度な洞察の取得、IT と投資を制約する予算ベースの克服、そして戦略的なゴールへ向けた IT の効果的な調整などが含まれる。
  • More than 50% of all virtualization workloads are based on the x86 architecture. This is expected to increase to 75% by 2015.  Gartner reports this is a disruptive innovation which is changing the relationship between IT and enterprise where service levels and usage can be tracked.
  • すべての仮想化ワークロードにおける 50% 以上が、x86 アーキテクチャをベースにしている。そして、この数字は 2015年までに、75% に達すると予想されている。  Gartner は、サービスのレベルと利用法を解析する上で、IT とエンタープライズの関連を変化させる、破壊的なイノベーションであるとレポートしている。

Bottom line: Gartner’s latest Hype Cycle for Cloud Computing  shows that when cloud-based platforms are aligned with well-defined strategic initiatives and line-of-business objectives, they deliver valuable contributions to an enterprise.  It also shows how Infrastructure as a Service (IaaS) and Platform as a Service (PaaS) are the catalysts of long-term market growth.  The following slide from the presentation  High-Tech Tuesday Webinar: Gartner Worldwide IT Spending Forecast, 2Q12 Update: Cloud Is the Silver Lining (free for download) also makes this point.

Bottom line: Gartner がリリースした、最新の Hype Cycle for Cloud Computing は、クラウドベースのプラットフォームが、戦略における明確なイニシアティブと、事業部門における目的を同列に揃えるとき、 エンタープライズにとって価値のある貢献がもたらされることを示している。  そして、さらに、Infrastructure as a Service (IaaS) と Platform as a Service (PaaS) が、マーケットの長期的な成長を促進することも示している。  以下のスライドは、 High-Tech Tuesday Webinar: Gartner Worldwide IT Spending Forecast, 2Q12 Update: Cloud Is the Silver Lining のプレゼンテーションからのものであり、同じポイントを指摘している (free for download) 。

ーーーーー

imageたいへんそうだけど訳そうか、やはり止めようかと、ウジウジと考えていましたが、やはり、この手の猫じゃらしには勝てません 🙂 それにしても、訳していて、あちらこちらでクラウド・ビジネスが、現実に立ち上がってきたのだという実感がヒシヒシと伝わってきて、元気を与えてもらった心地です。 このポストは、自分でも繰り返して読むものになるので、PDF 版も作成しました。 そして、お決まりの Evernote に入れる段になって、適切なタグが無いことに気付きました。 どうしようかと考えましたが、トップ・レベルに「 Market 」というタグを作りました。 我が Evernote も、ビジネス・モードに突入です。 ーーー image

ーーーーー

<関連>

クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである
次世代ビジネスとして、Data as a Platform に注目する
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
PC と Tablet で構成される市場 : その背景と展望を調査する
世界の Web サイト : Top-10000 の 75% を OSS が占める
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/7月

 

PC という用語は、もはや Personal Cloud と解釈すべきだ ! – Gartner – Ray Ozzie

Posted in .Chronicle, .Selected, Miscs, Mobile, Post-PC by Agile Cat on April 9, 2012

Cloud Computing: ‘PC’ Morphs from ‘Personal Computer’ to ‘Personal Cloud’
http://wp.me/pwo1E-45D
By Dick Weisinger – April 4th, 2012
http://www.formtek.com/blog/?p=2884

_ formtek

Tablets are dealing deathblows to the PC. Gartner predicts dramatic slowing of PC sales and a rapid upswing in the usage of tablet and mobile devices.  Gartner goes so far as to predict that as early as 2014 that cloud services delivered on mobile devices will become the dominant form of business computing.  And by the end of 2013, 90 percent of all connected consumer devices will be integrated into cloud computing services.  While it’s clear that the next generation of computing will focus on mobility and the cloud, it’s  very hard to imagine that PCs will be swept away that quickly.  But Gartner identifies five megatrends that are converging, and which they say will lead to the realization of this prediction.

タブレットが、PC に対して致命的な打撃を与えている。 Gartner は、PC セールスの急激な減速と、タブレット/モバイル・デバイス利用の急上昇を予測している。さらに Gartner は、クラウド・サービスがモバイル・デバイス上に展開される 2014年の早期には、ビジネス・コンピューティングにおける主役が入れ替わるとまで予測している。2013年の終わりまでは、インターネット接続された全ヒューマンデ・バイスの 90% が、クラウド・コンピューティング・サービスに統合されるだろう。 次世代コンピューティングの担い手として、明らかにモバイルとクラウドがフォーカスされるだろうが、それ程までに素早く、PC が押し流されるとは、きわめて想像し難いことである。しかし、Gartner は一点に収束する 5つのメガトレンドを定義し、また、それにより、この予測が具体化されていくと発言している。

  • Consumerization of Technology [savvy users, social media, powerful and affordable mobile devices]
  • Virtualization [improved flexibility, increases reach of high-compute applications]
  • App-ification [changes in the way applications are designed, delivered and consumed]
  • Self-Service Cloud [anyone can scale computing resources on-demand]
  • Mobility [computing that is convenient, and available anywhere when you want it]
  • テクノロジーの大衆化 [ユーザーの高度化、ソーシャル、パワフルで安価なモバイル・デバイス]
  • 仮想化 [柔軟性の促進、高速/大規模コンピューティング・アプリへの容易なアクセス]
  • アプリケーションの変化 [アプリケーションの設計/供給/消費における方式の変化]
  • セルフサービス・クラウド [誰もがオンデマンドでスケールできるコンピューティング・リソース]
  • モバイル化 [時と場所を選ばない、とても便利なコンピューティングの確立]

Andrew Johnson, Gartner managing vice president, said that “The shift to the personal cloud will accelerate rapidly in 2012 as consumers learn how to use new services on their devices. As cloud services become part of people’s lives, device vendors and platform providers must integrate cloud services in order to win customers in 2012 or risk being displaces by those that offer these services. Brands must stretch across multiple devices, platforms and services.”

Gartner の Managing Vice President である Andrew Johnson は、「消費者たちが、自身のデバイス上で新しいサービスの使い方を学ぶにつれて、2012年には、パーソナル・クラウドへのシフトが急加速していく。 クラウド・サービスが人々の生活に溶け込むにつれて、ツール・ベンダーとプラットフォーム・プロバイダたちは、顧客を得るために、2012年内にクラウド・サービスを統合する必要が出てくる。そうしないと、新しいサービスを提供するコンペティタに、取って代わられるリスクが生じる。それぞれのブランドと、多様化するデバイス/プラットフォーム/サービスに向けて、拡大されなければならない」と、発言している

Ranjit Atwal, Gartner research director, said that  ”The evolution of the personal cloud will challenge vendors across all mobile devices markets and add to the hurdles for PC vendors to overcome to revive the PCs and differentiate them from tablets…  PC shipments will remain weak in 2012, as the PC market plays catch up in bringing a new level of innovation that consumers want to see in devices they purchase.”

Gartner の Research Director である Ranjit Atwal は、 「パーソナル・クラウドの進化は、すべてのモバイル・デバイス市場に関連する、あらゆるベンダーに課題を呈するだろう。 そして、ブレットとの差別化により、PC を復活させようとするベンダーに対しては、ハードルを積み上げていくことになるだろう。さらに、新しいレベルの消費者たちに購入を促すための、新しいイノベーションを PC 市場が手にしようと振る舞うにつれて、2012年の PC 出荷状況は、その弱さを露呈する状況に留まるだろう」と発言している

Steve Kleynhans, research vice president at Gartner, said that “Major trends in client computing have shifted the market away from a focus on personal computers to a broader device perspective that includes smartphones, tablets and other consumer devices.  Emerging cloud services will become the glue that connects the web of devices that users choose to access during the different aspects of their daily life.”

Gartner の Research Vice President である Steve Kleynhans は、「クライアント・コンピューティングにおける大きな流れが、マーケットのフォーカスを、パーソナル・コンピュータから遊離させていく。 その行き着く先は、スマートフォンやタブレットなどを含む、さらなる広がりを持つ多様なデバイスとなる。 それぞれのユーザーが選んだデバイスを用いて、それぞれの日常と Web が接続されるとき、急速に立ち上がるクラウド・サービスが接着剤の役割を果たすだろう」と発言する

Ray Ozzie, former Microsoft chief software architect , said that  ”People argue about, ‘Are we in a post-PC world?’. Why are we arguing? Of course we are in a post-PC world.  That doesn’t mean the PC dies; that just means that the scenarios that we use them in, we stop referring to them as PCs, we refer to them as other things.”

前職として Microsoft の Chief Software Architect を務めた Ray Ozzie は、「 私たちは Post-PC の世界にいるのかと、人々は議論している。 なぜ、議論するのだろうか? もちろん、私たちは Post-PC の世界にいるのだ。  しかし、そのことが、PC の死を意味するわけではない。それらは使用されていくだろうが、そのシナリオは変化していく。 私たちは、それらを PC と呼ぶのを止め、また、PC という言葉に別の意味を持たせることになる」と発言している

ーーーーー

TAG indexう~ん、納得です! と言いつつ、いまも Personal Computer としての PC で、この後書きを書いていますが、Quad-Core で走る Win7 は、重量級の Personal Workstation という感じです。 もちろん、無くなるものではなく、これからも重宝していくはずですが、重要なデータがクラウドに移行していく状況を考えると、Agile_Cat としても 【 PC = Personal Cloud 】説には大賛成です。それと、以下の<関連>にもあるように、Gartner と Ray Ozzie は信頼しあっているように思います。 この両者が組んで、こうした概念の整理を進めてくれると良いですね 🙂 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Ray Ozzie が帰ってきた! iOS と Android を引き連れて
Gartner : Ray Ozzie – Interview_0
Gartner : Ray Ozzie – Interview_1
Gartner : Ray Ozzie – Interview_2
Gartner : Ray Ozzie – Interview_3
Gartner : Ray Ozzie – Interview_4
Gartner : Ray Ozzie – Interview_5
Gartner : Ray Ozzie – Interview_6

 

必見 – 人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, Miscs, Research by Agile Cat on August 28, 2011

Yes, Virginia, people do keep their information in the cloud
By
Stacey Higginbotham Aug. 9, 2011, 8:30am PT
http://gigaom.com/broadband/yes-virginia-people-do-keep-their-information-in-the-cloud/

_ Gigaom

Call it a personal cloud or a digital locker. People like keeping stuff online.

それを、「Personal Cloud」もしくは「Digital Locker」と呼ぶことにする。 このオンライン・ストレージに、人々はデータを保存したいと望んでいる。

ーーーーー

Four out of five people are aware of the terms “personal cloud” or “digital locker,” and only one in 10 didn’t have any idea what those services might be for, according to a survey from Funambol. However, those who are aware of the terms are also big users of the “Facebook cloud” (at 76 percent) and the “Google cloud” (at 75 percent). Essentially, the survey looked not at clouds as the title suggests, but measured how comfortable people are with keeping their data and files online.

5人 に 4人が、「Personal Cloud」や「Digital Locker」といった用語を認識している。そして、10 人に 1人の割合で、それらのサービス理解していない人がいるという、Funambol による調査の結果がある。 しかし、それらの人々であっても、大量のユーサーを抱える 「Facebook cloud 76%」 や 「Google cloud 75%」 という用語は知っている。本質的に、このタイトルが示唆するように、この調査はクラウドを調べるものではないが、人々のデータとファイルがオンライン上に保管されることで、どれだけの利便性が得られるのかという、測定結果をもたらしている。

imageIt turns out most folks are very comfortable with doing this: Even when asked about more “pure-play” cloud services such as Dropbox, 47 percent of those asked were already using such services. Funambol, which provides white-label online storage services, asked 232 people from its email list a few questions about personal clouds (only 5 of those surveyed used the service). The respondents were mostly males in their 30s.

その利便性を測定するためには、以下のような回答が有益となる。たとえば、Dropbox のような純粋なクラウド・サービスについて質問したときも、このようなサービスを使っている人々が、回答者の 47% に達するという結果が得られている。 それは、White-Label オンライン・ストレージ・サービスを提供する、Funambol が実施した調査の結果である。 同社は、自身の電子メール・リストから 232人を抽出し、パーソナル・クラウドに関するいくつかの調査を実施した(同社のサービスを利用している人は、わずか 5人に過ぎなかった)。 そして、そのときの回答者は、主として30代の男性だったとされる。

注記: White-label providers – Wikipedia より

Three-quarters of those surveyed said they expected to use such digital lockers in the future, mostly so they could access their files, music and contacts across a variety of devices (89 percent cited that motivation). Seventy-one percent also thought that it made a nice backup, and 48 percent said it made it easier to share information. So it seems that people want access to their own media on all of their devices, don’t want to lose it when a hard drive dies and less than half are thinking about collaboration or sharing content. If the driving factor of cloud adoption in the enterprise is agility, for consumers it’s about convenience.

調査対象となった人々の 3/4 が、自身のファイル/ミュージック/コンタクトなどを保存するために、多様なデバイスにまたがる(89% が動機として挙げている)かたちで、それらのデジタル・ロッカーにアクセスしたいと望んでいる。そして、71% が洗練されたバックアップのために、また、48% が容易な情報共有のために、それらを利用したいと答えている。 したがって、すべての所有するデバイスを介して、人々は自身のメディアにアクセスし、ハード・ドライブが故障しても、それを失いたくないと願っていることが分かる。 そして、半分弱の人々が、コラボレーションやコンテント共有について考えている。 エンタープライズにおいて、クラウドを適用していく要因がアジリティにあるとするなら、コンシューマにおける要因は、利便性にある。

クリックで拡大 ⇒

But consumers need to feel their data is both secure (75 percent cited this as a concern) and kept private, even though a mere 2 percent of folks surveyed said they won’t use the cloud because they were worried about privacy. For the most part, convenience was the biggest factor in cloud use, combined with a desire to get as much storage as possible for the cheapest amount: A little over two-thirds — at 67 percent — were willing to pay for their access to a digital locker, with the most popular price point being $5 per month. That prices assumes that a personal cloud account provided a sufficient amount of storage, with 50 GB being the most common example.

しかし、消費者たちは、自らのデータのセキュリティとプライバシーが(心配事として 75% が挙げている)、セキュアだと思えることが条件だと言う。そして、調査対象者の 2% のみが、プライバシーの心配から、クラウドは使わないだろうと答えている。 全体的に見て、クラウド利用の最大の要因は利便性にあり、可能な限り大容量のストレージを、最も安価に使いたいという願望を伴っている。 それらに人々の 2/3 に該当する 67% が、デジタル・ロッカーへの有料アクセスを厭わないというが、$5/月という最も一般的な価格を、大半が支持している。 なお、この価格は、パーソナル・クラウドにおける個々のアカウントに対して、充分だと思われる 50 GB のストレージ容量が提供されることを想定している。

Rather than provide new insights with regard to personal clouds, the survey confirmed what many of us already know: that people want to store stuff online, for it to be kept secure and to not have to pay a lot for it. And this set of desires has only gained in urgency as people carry around smartphones and tablets that are also connected to the web and thus able to offer access to more content and applications.

この調査は、パーソナル・クラウドに関する新しい洞察を提供するというより、人々に蓄積された知識の確認を主眼としている。つまり、それがセキュアであり、多額の費用を請求しないのであれば、人々はデータをオンラインに、ストアしたいと望んでいる。 そして、人々がスマートフォンやタブレットを持ち歩き、それらが Web に接続されるにつれて、この 2つの要求のセットは緊急性を帯びてくる。そして、さらに多くのコンテントをアプリケーションへのアクセスが実現されていく。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexこの調査を主催した Funambol の立ち位置を考えると、スキルの高い回答者が集まったという感じがありますが、たとえば Apple の iCloud が登場するだけでも、多くの人々の意識が変化していくと予想されます。 そして、Agile_Cat 的に注目したいのは、89% の人々が、デバイスのクロス・プラットフォーム化を望み、適切なサービスであれば $5/月までの対価は妥当と考えている点です(もちろん Security & Privacy が大前提)。そして、この条件が、Evernote のプレミアム契約と、ほぼ合致している点にも注目したいです。 そんな風に、アレコレ考えていくと、この調査結果には、とても興味深いものが含まれているように思えてきます。 ーーー PC という用語の意味が、Personal Computer から Personal Cloud へと置き換わるのも、それほど先のことではないのでしょうね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす
クラウドへ行ったら、もう ファイルなんか触らないぞ!
クロス・プラットフォームへの賛同票を、500万人から集めた Evernote !
2011 年の クラウド API について、5 つのポイントを予想する

Comments Off on 必見 – 人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果

%d bloggers like this: