Agile Cat — in the cloud

モバイル・アドを支配する Google : それを示す1枚のチャート

Posted in Advertising, Facebook, Google, Mobile by Agile Cat on September 17, 2013

CHART OF THE DAY: Google Already Takes A Majority Of All Mobile Ad Dollars — Everyone Else Gets Crumbs
http://wp.me/pwo1E-6DB
Jim Edwards – Aug. 29, 2013
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-google-mobile-ad-share-2013-8

_ Business Insider

Google will again take a majority – 53% — of all mobile ad dollars this year, according to eMarketer, the research company. It’s the second year in a row that Google has dominated mobile advertising.

調査会社である eMarketer によると、今年の Google は、すべてのモバイル広告における 53% という、過半数にいたるシェアを取得するとされる。 これで、Google がモバイル広告を支配するという状況が、二年にわたり継続することになる。

And it’s the second year in a row that Google’s competitors for mobile ad dollars — Facebook, Twitter, Pandora, Millennial Media, and others — look like minnows compared to the search giant. The new numbers throw a bucket of cold water on claims by Google’s rivals— including Millennial — that they have networks that rival Google’s.

そして、この二年目における広告売上では、Facebook および、Twitter、Pandora、Millennial Media といったライバルたちが居並ぶが、このサーチ・ジャイアントと比べると、どれも小粒に見えてくる。この、新しい数値は、Millennial を含む Google のライバルたちに、冷水を浴びせるものとなる

Google’s next biggest competitor, Facebook, is projected to take ~16% of mobile ad dollars this year, eMarketer believes. All the other companies will get less than 3% of the remaining dollars.

Google に次に控える最大のライバルである Facebook は、今年のモバイル広告に対して、約 16% の収益を上げると eMarketer は確信している。 また、その他の、すべての企業が取得するシェアは、3% にも満たないものとなる。

___space

___space

Google takes a much smaller slice of all total digital ad revenue, including non-mobile ads, eMarketer says. It will take $39 billion out of a total of $118 billion spent globally in 2013. Its share of the total is holding steady, while the smaller companies are making marginal gains.

eMarketer の説明によると、Google 取得する全デジタル広告収入には、ノン・モバイル広告も含む、はるかに小規模な売上が取り込まれているという。それは、2013年に全世界で費やされた、$118 billion という全広告費に対して、$39 billion というレベルに達している。 そして、トータルに対する Google のシェアは安定しており、その他の企業は、とるに足らない存在となっている。

It looks like "game over" in mobile — Google has already won. The only gains to be had are at the margins, taking thin slices of Google’s business, incrementally, over the years.

モバイルに話を戻すと、すでに Google が勝者となり、ゲームオーバーという状況に見える。 得られるべき利益は、Google のビジネスにおいて、長年にわたり薄くスライスされてきた、マージンだけにあるのだ。

Read eMarketer’s full report here.

Disclosure: The author owns Google stock.

ーーーーー

image18これからの時代が、モバイルの時代であるなら、それが Google と Facebook の時代になると示唆するようなチャートですね。 Google がアド・ビジネスとテクノロジーを合体させ、サービスの提供先と収益源を分離したところから、IT 産業における構造が大変革されました。 例を挙げるなら、このビジネス・モデルから生まれた Android が、あっという間に世界の 80% を専有するという状況が生じましたし、Facebook が 10億人を超えるユーザーを有するという状況も、その1つとして数えることができるでしょう。Image(221)

ーーーーー

<関連>

Facebook が Wall Street に愛される理由 : すでにモバイル・アドの 16% をゲット!
Pinterest が見えてきた : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!
Facebook モバイル・アドの 高速突破力 : それを示す1枚のチャート
モバイル・マーケティング 支出は 2015年 に $20B:米調査結果をチャートで!
モバイル広告 2013 予測 : Google が 50% のシェア、Facebook は 333% 成長を達成

 

Comments Off on モバイル・アドを支配する Google : それを示す1枚のチャート

Facebook が Wall Street に愛される理由 : すでにモバイル・アドの 16% をゲット!

Posted in Advertising, Facebook, Mobile by Agile Cat on August 30, 2013

Here’s Why Wall Street Loves Facebook Again
http://wp.me/pwo1E-6y5
August 28, 2013 –
Peter Kafka
http://allthingsd.com/20130828/heres-why-wall-street-loves-facebook-again/

_ all things D

Why did Facebook climb back past its 2012 IPO price this summer, and why has the stock stayed up there?

なぜ、この夏に Facebook の株価は、2012年の IPO レベルを超えるにまで上昇し、なおかつ、そこに留まっているのだろうか

Easy. Because when Facebook announced its Q2 earnings in July, it made a strong case that it had figured out how to make money on mobile ads — which had previously looked like they might sink the company.

その答えはシンプルである。この 7月に Facebook が Q2 の決算を発表したとき、モバイル・アドから収益を上げる仕組みが、すでに考え出されているというパワフルな状況が示されたのである。なお、以前には、それ自体が、同社の勢いを削ぐかもしれないと、懸念されていたものである。

クリックで拡大 ⇒

And here’s what that argument looks like in chart form, via new numbers from eMarketer. The research company figures that Facebook is now on pace to control 16 percent of the mobile ad market this year. That’s up from 5.35 percent last year, and from a goose egg the previous year.

ここでは、eMarketer からグラフ形式で提供された、新しい数値を用いて論点を探っていく。この調査会社の計算によると、いまの Facebook は、今年のモバイル・アド市場の 16% をコントロールするペースで突き進んでいるようだ。そして、昨年は 5.35% であり、一昨年はというと 0% なのである。

Interesting to note that Facebook’s growth hasn’t come at Google’s expense — hard to displace those search ad dollars, and Google has recently started making money from YouTube mobile ads, too — or any of the other biggish mobile players, like Twitter or Pandora.

この Facebook の成長が、Google とは無関係に生じているという指摘が興味深い。つまり、モバイルでは、それらのサーチ・アドから収益を上げることが難しいのだ。そして、最近の Google は、YouTube モバイル・アドから収益を上げ始めている。それは、Twitter や Pandora といった、他の大手モバイル・プレーヤーにも言えることである。

More interesting ad projections here.

この、広告に関する詳細は ココに。

ーーーーー

imageこれから、さまざまなものがモバイルに集約され、また、それに付随して、広告の世界もモバイルに引き寄せられていきます。そして Facebook には、すべての情報のノードをリンクしていく、Open Graph というテクノロジーがあります。 よろしければ、以前にポストした 『 Facebook と Open Graph : 小売業が活用すべき理由 』という抄訳を ご覧ください。Image(221)

ーーーーー

<関連>

Facebook モバイル・アドの 高速突破力 : それを示す1枚のチャート
Facebook のハッシュ・タグは、いまのところ広告には開放されていない
モバイル・マーケティング 支出は 2015年 に $20B:米調査結果をチャートで!
モバイル広告 2013 予測 : GOe が 50% のシェアを維持し、FB は 333% 成長を達成
Pinterest が見えてきた : 壮大な電子カタログが、ユーザーにより作り出されている!

 

Comments Off on Facebook が Wall Street に愛される理由 : すでにモバイル・アドの 16% をゲット!

モバイル広告 2013 予測 : Google が 50% のシェアを維持し、Facebook は 333% 成長を達成

Posted in Advertising, Facebook, Google, Mobile, Research, Twitter by Agile Cat on June 21, 2013

Google gets a half of worldwide mobile Internet ad revenues
http://wp.me/pwo1E-6gG
By: Dusan BelicJune 18th, 2013
http://www.intomobile.com/2013/06/18/google-gets-half-worldwide-mobile-internet-ad-revenues/

_ into Mobile

Last year, companies spent a total of $8.8 billion on mobile ads, half of which went to Google. In fact, the search giant took a third of all digital ad dollars spent globally, according to eMarketer. This year, Google will increase revenues faster than the overall market thanks to continued monetization of YouTube and growing adoption of mobile advertising, leading to a gain in share of the total digital advertising market.

昨年のモバイル広告においては、全体で $8.8 billion の売上が達成されたが、そのうちの半分が Google の懐に収まっていた。 eMarketer のレポートによると、このサーチ・ジャイアントは、世界で費やされた全デジタル広告の 1/3 を、自社の収益として確保しているのが現実となる。 そして、今年の Google は、YouTube でのマネタイズを継続し、モバイル広告における成長を維持することで、マーケット全体よりも速いペースで上昇曲線を描き、その結果として、デジタル広告マーケットのシェアを継続してリードしている。

The research firm is bullish on other players as well. For Facebook, they expect mobile revenues to increase by more than 333% to just over $2 billion in 2013, and account for a 12.9% share of the global net mobile advertising market.

この調査会社は、他のプレイヤーについても上昇傾向を伝えている。 Facebook については、2013年に $2 billion を上回る売上と、333% の成長率を達成すると予測している。その結果として、グローバルにおける同社のモバイル広告シェアは、12.9% にまで上昇するだろう。

Twitter is also expected to win big, with its worldwide mobile ad spending share increasing this year to about 2% of the total. In the US, however, Twitter will have a higher, 3.6% share.

また、Twitter も大躍進すると予想される。今年の、グローバルにおける広告シェアは、全体の約 2% にまで増加するとしている。ただし、アメリカにおいては、Twitter のシェアは 3.6% にまで上昇するとしている。

クリックで拡大 ⇒

Other players like YP, Pandora, Apple and Millennial Media will see their shares decrease, despite maintaining relatively strong businesses growing at rapid rates. Overall, eMarketer’s forecast for digital ad revenues at select major publishers indicates that online ad spending continues to consolidate among a few major ad sellers…

その他のプレイヤーである、YP および、Pandora、Apple、Millennial Media などは、それぞれのビジネスが急速に成長しているにもかかわらず、全体との比較では、そのシェアの低下が予測されている。全体的にみて、大手出版社におけるデジタル広告は、いくつかの主要な広告チャネルに統合されていくと、eMarketer は予測している。

ーーーーー

image今年の 3月に、『 モバイル・インターネットにより、これまでの広告産業は崩壊するだろう : それを示す1枚のチャート 』という抄訳で、Financial Times の発言を紹介しました。そこで指摘されていたのは、モバイルでの広告料が、新聞/雑誌/TV といった従来型メディアと比較して、きわめて低料金であること。 そして、相対的に見て、TV や 新聞における広告が、ききわめて高価であることです。普通に考えてみて、つねに消費者のポケットに収まっているモバイル・デバイスが、最も費用対効果の高い広告メディアになるのは明らかです。すべての既存メディアが、モバイルの台頭により、再定義されていくのでしょうね。image

ーーーーー

<関連>

おっと どっこい Google は、モバイルで $8B も稼いでた!
Google の モバイル売上 : 80% を iOS に依存
Facebook の モバイル広告が絶好調 : それを示す1枚のチャート
Facebook と Open Graph : 小売業が活用すべき理由
Facebook の Open Graph により、マーケティングに質的変化が訪れる

 

Comments Off on モバイル広告 2013 予測 : Google が 50% のシェアを維持し、Facebook は 333% 成長を達成

Facebook が モバイル広告の 首位に! たった1年で 18.4% を支配

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Google, Mobile by Agile Cat on January 29, 2013

HART OF THE DAY: Facebook Now Controls Nearly One-Fifth Of U.S. Mobile Display Ad Revenue
http://wp.me/pwo1E-5A8
Marcelo Ballvé | Dec. 28, 2012
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-facebook-mobile-revenue-2012-12

_ Business Insider

<注記> 昨年末の記事ですが、見落としていました。 とても重要だと思います。

Facebook has vaulted past its competitors to control 18.4 percent of U.S. mobile display ad revenues.

Facebook は、アメリカのモバイル広告収入の 18.4% を支配することで、ライバルたちの頭上を飛び超えていった。

According to eMarketer, that means Facebook will end the year as the top U.S. publisher in mobile display, with roughly $340 million in revenue for all of 2012.

eMarketer によると、Facebook はモバイル・ディスプレイ広告において、アメリカのトップ・パブリッシャーとして 2012年を終えることになる。 2012年を通しての収入は、およそ  $340 million となる。

↓ クリックで拡大 ↓

The chart below presents a visualization of Facebook remarkable performance. The social network wasn’t in the picture in 2011. One year later, it has seized a fatter share of U.S. mobile display revenues than heavyweights such as Google, Pandora, and Apple’s iAd platform. In the process, a greater share of revenue has accrued to the top six publishers.

以下のチャートにより、この Facebook の、注目に値するパフォーマンスが視覚化されている。 このソーシャル・ネットワークは、2011年の時点では、ここに居なかったのである。 そして 1年たらずで、アメリカのモバイル広告収入における、最も大きなプレイヤーとなり、また、GooglePandora、そしてApple の iAd プラットフォームといった大手を凌いでしまった。 そのプロセスにおいて、広告収入におけるシェアは、Top-6 パブリッシャーで構成されることになった。

However, Facebook’s accomplishment needs to be placed in context. First, mobile remains a blip in the total advertising landscape. And within mobile, display still accounts for less spend than search ads— 46 percent to 49 percent of U.S. mobile ad spending. (In other countries the picture is even more lopsided in favor of search.)

しかし、せっかくの Facebook の業績だが、そこには背景がある。 まず最初に、モバイル広告は、広告業界における一点に過ぎない。 そしてモバイルにおいて、ディスプレイ広告はサーチ広告に対して、その収益が少ない。 アメリカのモバイル広告では、収益の 46%~49% といったところである。 (外国では、サーチ広告に傾き、さらに不均衡である)

Finally, it’s early days yet for Facebook’s mobile ads, and there are no guarantees the company’s mobile ad formats will continue to succeed indefinitely.

結論として、Facebook のモバイル広告は、まだ黎明期であり、また、同社のモバイル広告フォーマットが、これからも成功し続けるかというと、なんの保証もない。

Caveats aside, Facebook’s surge shows that competitive dynamics can shift very quickly in mobile.

こうした心配はさておき、 Facebook の急上昇が示すのは、その競合の場所がモバイルへと向けて、急速に移行していることである。

ーーーーー

TAG index先日ですが、Google の 2012年 Q4 収支を調べていて、ちょっと気になることが有りました。 それは、1クリックあたりの収益が落ちているというものであり、また、これまでの構成に、単価の安いモバイルが加わったことが要因とのことです。だからと言って、Google にとってもモバイル広告は、これからの主戦場です。 数多くのメディアやアナリストが主張してきたように、やはり、このフィールドが、Google 対 Facebook というゴールデン・カードの、第1ラウンドなのですね。 image

ーーーーー

<関連>

Facebook のモバイル・アドが、$0 から $1B ビジネスへと急成長している
Facebook は Atlas を、Microsoft から買収する?
Facebook 広告が、ソーシャルの壁をのりこえ、外の世界へ溢れでる?
Google Maps の広告が、Twitter に掲載される事情とは?
モバイル 広告の エコシステム について説明しよう

Comments Off on Facebook が モバイル広告の 首位に! たった1年で 18.4% を支配

Android のアプリは、Top-10 が 43% を、Top-50 が 61% を占める!

Posted in Businesses, Google, Mobile, Research by Agile Cat on August 29, 2011

Nielsen: Most Android apps used sparingly
By
Ed Oswald | Published August 18, 2011
http://www.betanews.com/article/Nielsen-Most-Android-apps-used-sparingly/1313712133

_ beta news 

Apple and Google like to puff out their chest frequently on the number of apps in their respective app stores. But a new study from Nielsen suggests that may be irrelevant.

Apple と Google は、それぞれのアップ・ストアに登録されるアプリケーションの数に、いくどとなく期待に胸を膨らませるようにみえる。 しかし、Nielsen による最近の調査は、それが重要ではないかもしれないと示唆している。

Android users spend 43 percent of their time on the top 10 apps, and 61 percent on the top 50. This means the over 249,000+ apps that make up the rest of the Android Market are fighting over that remaining 39 percent of user’s short attention spans on their mobile phones.

Android ユーザーは、その利用時間の 43% を TOP-10 のアプリに、そして 61% を TOP-50 のアプリに費やしている。 つまり、Android Market における残りの部分を構成する 249,000 本以上のアプリが、39% の時間内で争っていることになるが、そもそも、ユーザーモバイルフォンに費やす時間自体が長いものではない。

According to a check of the Android Market as of Thursday, top apps included Facebook, Kindle, YouTube, Google Maps, Pandora, and Skype. Given these apps are quite popular off of the mobile phone, it shouldn’t be too surprising that they’re equally popular in their mobile form.

この木曜日(8/18)の時点における Android Market のチェックによると、それらの Top アプリには、Facebook や、Kindle、YouTube、Google Maps、Pandora、Skype などが含まれている。 それれらのアプリが、このモバイル・マーケットで、とても人気者だとすれば、それぞれのユーザーが等しく好んでいても、驚くべきことではない。

Users also seemingly prefer to use the app version of a service over its mobile web counterpart. Nielsen said it found Android users spending an average of 56 minutes per day interacting with web and apps on their devices. Of that time, 67 percent of it is spent on apps, and 33 percent of the time on the mobile web.

さらにユーザーは、モバイル Web のカウンター・パートよりも、そのサービスのアプリ・バージョンを好んで使うようだ。 Nielsen の説明によると、Android ユーザーは、そのデバイスの Web と アプリに触れるために、1 日平均で 56分を費やしているという。そして、時間の内訳だが、全体の 67% がアプリに、また、33% がモバイル Web に費やされている。

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat の場合は、モバイルでアプリの利用といっても、その大半がソーシャルと、ブログのブラウジング、そしてドキュメント参照に集約されています。 そうなると、Facebook と、Twitter と、Tumbler 用のアプリがあれば、さらに Web 用の Opera Mobile と、ドキュメントの用の Evernote があれば、大半のことがすんでしまいます。とは言え、sky.fm アプリみたいなものを見つけると、小躍りして喜んでしまうわけで、この辺りの高品質アプリへの集約と、数えきれないほどの小物アプリのバランスというのも、とても難しい話ですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

EU 法廷の Apple – Samsung 対決で、Galaxy は自由を得たのか?
さよなら Dell Streak 5、Ice Cream Sandwich に恋してしまったの・・・
オープン性という観点で、最低の評価を受けてしまった Android
2016 年までに 21 億台の、HTML5 対応モバイルが市場に溢れる
快速 Galaxy S2 は、3ヶ月で 500万台!

 

Comments Off on Android のアプリは、Top-10 が 43% を、Top-50 が 61% を占める!

Infographic – 60秒ごとに Web 上で動く数字を ビジュアルに表示

Posted in Research, Social by Agile Cat on July 17, 2011

Infographic: The Web In 60 Seconds
1:10 PM – July 14, 2011 – By Douglas Perry
Source : Adverblog
http://www.tomsguide.com/us/internet-in-60-seconds-facebook-twitter-tumblr-google-infographic,news-11787.html

How many ways are there to illustrate just how large the Internet really is?

image

You could simply look at Netcraft’s latest web survey and point to more than 357 million URLs and an unprecedented pace of growth: the number of URLs has, for example, increased by a factor of 10 in a little over 8 years and doubled in size in less than 3 years.

Netcraft における最近の Web 調査は、3億 5700万以上の URL を指し示している。 そして、それをシンプルに眺めるだけで、前例のない成長のペースを把握できる。 たとえば、URL の数は、この 8年間で 10倍になっているが、直近の 3年以下で 2倍以上に増えている。

クリックで拡大 ⇒

Or, you could look at an infographic published by Go-Globe.com at 20 examples that highlight what we do on the Internet in just one minute. For example, we publish more than 695,000 status updates and more than 510,000 comments on Facebook. We register for more than 320 new Twitter accounts and publish more than 98,000 new tweets as well as more than 20,000 new posts on Tumblr. Every minute, we make more than 370,000 minutes of Voice calls on Skype, stream 13,000 hours of music over Pandora and post 12,000 ads on Craigslist.

それ以外にも、Go-Globe.com が提供している、20 種類の局面を示す Infographic が興味深い。そこでは、わずか 1分間のあいだに、インターネット上で起こっている事象が取り上げられている。 たとえば、Facebook に関しては、695,000 回以上のステータスアップ・デートと、510,000 回以上のコメント発行が行われる。 また、Twitter に関しては、320 以上の新しいアカウントが登録され、98,000 以上のツイートが行われる。 それだけではなく、Tumblr には、20,000 以上の新しいブログがポストされる。さらに言えば、Skype では 370,000 分間に相当する通話があり、Pandora では 13,000時間分の音楽がストリーミングされ、Craigslist には 12,000 件の広告がポストされる。

YouTube gets 600 new videos, 60 new blogs are registered and 168 million are sent every minute. These are mind blowing numbers, but do sound reasonable, if you realize that there are now 2.1 billion people on the web – about 30 percent of the Earth’s population.

YouTube には 600本の新しいビデオがポストされ、60 本の新しいブログがポストされ、1億6800万本のメールが送信される。 それら全てが、ショッキングな数であるが、地球の人口の約 30% に相当する、21億人の人々が Web 上に居ると思えば、何も不思議なことではなくなる。

ーーーーー

こういうインフォグラフって、ほんとうに上手に作られていますよね。 グラフィカルなデザインを専門に行う人がいるのか、それとも、数字の意味を理解できる人がデザインするのか、どうちらなのか分かりませんが、いずれにしても大したものです。 Infographer みたいな、新しい職種ができるとカッコイイですね 🙂 それと、最後の方の 168 million って何のことなのでしょうかね? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

後書きにある 168 million ですが、インフォグラフを見るとメールの送信数だと分けりますよ~~~ と @Marchuq さんに教えていただきました。 先ほど、本文を修正しました。 有難うございます。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

< なかなかステキな Infographics 

Web 2.0 Summit マップと、Agile_Cat の生息域を重ねあわせてみる
グラフィカルな年表で、Apple の歴史を どうぞ
Google 先生 13 歳を祝ったビジュアル年表など

Comments Off on Infographic – 60秒ごとに Web 上で動く数字を ビジュアルに表示

Facebook は Web のセントラル・ハブとなり、音楽とビデオを制覇する

Posted in Entertainment, Facebook by Agile Cat on May 30, 2011

Facebook Wants to Become the Web’s Central Hub for Music & Video
clip_image001May 27 2011 – by Ben Parr
http://mashable.com/2011/05/27/facebook-media-feature/

 

image

Facebook is partnering with online music and video companies for the launch of a new feature that will integrate outside media into profile pages, according to a new report.

最新のレポートによると、 Facebook のプロファイル・ページに、外部のメディアを統合する新機能を立ち上げるために、オンラインでミュージックとビデオを提供する企業との提携が進んでいるという。

The new feature will take the shape of a widget or tab on the user’s profile page, according to The New York Times. It will display the songs a user listens to the most and provide a method for friends to listen to and share those songs. Facebook will do the same thing for video and television content.

New York Times によると、この新機能は、ユーザー・プロファイル・ページ上の、ウィジェットあるいはタブになるらしい。 それは、ユーザーが最も頻繁に聴いている曲を示し、また、その曲を友人たちと共有しながら、楽しむための方式を提供するという。 Facebook は、ビデオとテレビのコンテンツに関しても、同じ機能を提供するだろう。

imageThe social network has reportedly been talking to various media companies about integrating their content to Facebook’s new feature, including Spotify. Earlier this week, rumors about a potential Spotify and Facebook partnership made the rounds. The rumors made it seem like Facebook had chosen Spotify to power a Facebook music service. NYT reports however that Facebook doesn’t want to tie itself to just one music service, but instead wants multiple partners for its media platform.

伝えられるところによると、このソーシャル・ネットワークは、Facebook の新機能にコンテントツ統合するために、これまれ数々のメディアと協議しており、その中には Spotify も含まれている。 今週のはじめに、Spotify と Facebook のパートナーシップに関するウワサが流れていた。 そのウワサは、Facebook のミュージック・サービスを強化するために、Facebook は Spotify を選んだと思わせるものだった。 しかし NYT は、Facebook が 1つだけのミュージック・サービスを選ぶことは望まず、そのメディア・プラットフォームのために、マルチ・パートナーを求めるとレポートしている。

Imagine if you could see what your friends were watching on Netflix or listening to on Pandora from their Facebook pages. Now imagine if you could also see their recommendations and access their content with a single click. It could turn Facebook into the web’s central hub for multimedia content. Media content and recommendations could give Facebook a new engagement layer that would compel its users to stay on the site for longer.

あなたの友人たちが、Netflix で観ているものを、また、その Facebook ページ上で Pandora を聴いている様子を、想像してほしい。 さらに、友達のリコメンドを参照し、ワン・クリックでコンテントにアクセスする状況も想像してほしい。そのとき、Facebook は、マルチメディア・コンテンツのための、Web セントラル・ハブに変化するだろう。 メディアのコンテントとリコメンドは Facebook に新しいレイヤと求心力を与え、あなたは、Facebook に留まる時間がさらに長くなる。

Facebook wants to become the operating system of the web. That much was clear when it acquired web operating system Parakey in 2007. In order to be the web’s central dashboard though, it needs to have access to the music, movies, TV shows and books of its users. This new feature seems designed to do exactly that. We’ll let you know if we hear more about this Facebook feature.

Facebook が望むものは、Web におけるオペレーティング・システムになることだ。 それは、2007年に Web オペレーティング・システムである Parakey を買収したときに明らかになっている。 しかし、Web のダッシュボードになるためには、そのユーザーの、Music/Movie/TV Show/Book にアクセスする必要がある。 この新機能は、まさに、それを行うようにデザインされている。この、Facebook の新機能につて、さらなる情報が入手できたら、またレポートする。

ーーーーー

そうかぁ~~~ Facebook は、これからの Web OS なのか・・・ と、きわめて単純に納得してしまう Agile_Cat なのでありますぅ。 すごく解りやすい、例えというか、現実だぁ ーーー__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook Phone – INQ Cloud Touch を GIGAOM が初レビュー
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する
クラウド化される Music Streaming は、どのように変化するのだろうか?
Facebook Likes で、Eminem が Lady Gaga を抜いてトップヘ
いったい誰が、クラウド版の iTunes を作れるのか? いや、作るべきなのか?

 

Comments Off on Facebook は Web のセントラル・ハブとなり、音楽とビデオを制覇する

クラウド化される Music Streaming は、どのように変化するのだろうか?

Posted in Entertainment, Miscs, Mobile by Agile Cat on March 27, 2011

The Future of Cloud-Based Music Streaming
March 14th, 2011 : Olafur Ingthorsson
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/03/14/the-future-of-cloud-based-music-streaming/

_ DC Knowledge

Cloud computing is gradually revolutionizing the music industry and the way digital music is being consumed. Instead of buying and downloading (digital download) songs over the internet, consumers are accessing to them via the cloud in the form of on-demand streaming services. This also brings  new services that helps users to create playlists and receive recommendations for songs and bands according to their music interests.

クラウド・コンピューティングにより、音楽業界とデジタル音楽の消費形態に、静かな革命が始まりつつある。 インターネットを介した、音楽の購入やダウンロードに換えて、オン・デマンドのストリーミング・サービスの形態を持つクラウドに、消費者たちはアクセスする。 それにより、消費者たちの好みに応じて、ユーザー自身によるプレイリストの作成や、楽曲と演奏者に関するリコメンデーションといった、新しいサービスが提供される。


Cloud-based music services

Due to its enormous penetration and coverage, the mobile phone has become the device of choice for enabling cloud-based music services. As the leader in the traditional music download industry, Apple is currently preparing its iTunes music store to become a streaming service, perhaps to counteract its stalling music download sales figures. To separate itself from several other competing current streaming music services like Sony’s Music Unlimited, Pandora, Rhapsodyand Spotify, Apple is focusing on providing higher-quality music for both its download and future streaming services.Google obviously has its own plans for digital music streaming for Android handsets and has been rumored to be working on a cloud-based digital music service, although it has not yet announced the relevant app or service.  It’s possible that the Google music service will be integrated with Android Market, similar to the recent book tab. In fact though, hackers have already found a way to implement a streaming music service by inserting the music player from Android version 3.0, known as the Honeycomb, into adapted Android smartphones.

音楽ダウンロード業界における従来からのリーダーとして、 Apple は iTunes ミュージック・ストアをストリーミング・サービスに切り替えるために準備をしているところであり、それにより、行き詰まってきた音楽ダウンロード・ビジネスを打開するものと思われる。 そして、Sony の Music Unlimited や、PandoraRhapsodySpotify などの、いくつかの競争する音楽ストリーミング・サービスと差別化するために、 Apple はダウンロード・サービスと、将来のストリーミング・サービスの双方において、高品質の音楽を提供することにフォーカスしている。 Google も明らかに、 Android ハンドセット用のデジタル・ミュージック・ストリーミングに関するプランを有しており、クラウド・ベースのデジタル・ミュージック・サービスになるとウワサされているが、それに関連するアプリケーションやサービスは発表されていない。この Google のミュージック・サービスが、Android Market と統合され、そこに含まれる最新の Book タブのように、統合されていく可能性がある。 しかし、現実には、Android Ver 3.0 である Honeycomb をスマートフォンに適用し、そのミュージック・プレイヤーを挿入することで、ミュージック・ストリーミング・サービスを実装する方法が、ハッカーたちにより見つけ出されている。

When it comes to smartphones, service providers like Spotify provide a premium service supporting music streaming over WiFi and 2.5/3G networks. If the network connection is poor,  users can store songs and playlists in offline mode as well. Users can also sync their mobile and computer so that playlists are identical on each device. The Music and Copyright blog provides a good overview of the current cloud-based music service providers and which of them already offer support for mobile phones.

スマートフォンの話になると、Spotify などサービス・プロバイダーが、WiFi および 2.5 / 3G ネットワーク上で、ミュージック・ストリーミングをサポートする、プレミアムなサービスを提供している。 ネットワーク接続が悪い状況においては、ストアされた楽曲とプレイリストを、オフライン・モードで利用できる。また、モバイルとコンピュータを同期させることで、どのデバイスにおいても、同じプレイリストを利用できる。同社の Blog は、クラウドをベースとする、現在の音楽サービスプロバイダーについて、その状況を適切に説明している。そして、それらは、すでにモバイル・フォンにおいて、サポートされているものでもある。

Smartphone streaming is the future

Some music industry professionals, such as Christian Ward, the digital music PR specialist from Clarity Communications, are claiming that any future for music streaming has to have mobile/smartphone as its focus.  Such a claim can be substantiated by several developments. For example, last month the San Francisco-based music streaming service Pandora Media filed for an initial public offering (IPO), a move that was largely affected by the skyrocketing use of its online radio service’s smartphone apps. In the past year Pandora’s registered user base has nearly doubled, mainly due to the smartphone apps, which are nearing 80 million users. Spotify, with its approximately 10 million users is planning on launching a Pandora-like mobile streaming music service, expecting a significant growth in its user base.

たとえば、Clarity Communications のデジタル・ミュージック PR スペシャリストである Christian Ward などは、あらゆるミュージック・ストリーミング・サービスは、その将来において、モビール/スマートフォンにフォーカスしなければならないと主張している。  このような主張は、いくつかの開発により実証されるだろう。 たとえば、San Francisco ベースのミュージック・ストリーミング・サービスである Pandora Media は、先月に初めての IPO を申請したが、オンライン・ラジオ・サービスを提供する、スマートフォン・アプリケーションの利用の急増が、その背景にある。 これまでの1年間において、Pandora のユーザー数は倍増しているが、その大半はスマートフォン・アプリケーションであり、そのユーザー数は 8000万人に近付いている。およそ 1000万人のユーザーを有する Spotify は、Pandora のようなモバイル・ストリーミングの音楽サービスを計画し、また、ユーザー数を大幅に拡大しようと目論んでいる。

Revenue models

While some of the cloud-based streaming music service providers are charging a premium for mobile streaming, Pandora is among those offering free ad-supported versions. To obtain a large subscriber base it seems that free opt-in services with mobile ads will be the model of choice for the masses, while a smaller segment of users will prefer to pay a premium to obtain ad-free music streaming to their handsets.

いくつかの、クラウド・ベースの音楽ストリーミング・プロバイダーが、モバイル・ストリーミングに関して特別な料金を請求しているが、Pandora に関しては、広告を取り込んだ無償バージョンの 1つとして成り立っている。大量のサブスクライバーを得るために、モバイル広告を加えた無料の opt-in サービスが、広範囲に適用されるモデルになると思われる。 その一方で、広告を排除した音楽ストリーミングを、自らのハンドセットに得るために料金を支払う、小さなセグメントのユーザーが存在する。

ーーーーー

以前に、Sky FM の Smooth Jazz について書いたことがありますが、Agile_Cat 的には、こんな感じの FM 局を 10個ほどプリセットてきて、Kindle みないな 3G サービスが付いて、iPod Shuffle くらいのサイズに収まるデバイスが理想なのですが、それも夢ではない感じがしてきました。 ワクワクです! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

いったい誰が、クラウド版の iTunes を作れるのか? いや、作るべきなのか?
♫ Smooth Jazz を Winamp と Android で ・・・
Paul McCartnet と Hewlett Packard が仰天プロジェクトを発表 – BBC News の対訳
今朝の Apple iTunes Cloud 報道から(英語版ニュースを20本ほど)

Comments Off on クラウド化される Music Streaming は、どのように変化するのだろうか?

%d bloggers like this: