Agile Cat — in the cloud

Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?

Posted in API, On Monday, PaaS by agilecat.cloud on July 18, 2016
Serverless Architecture: The Cloud is Killing Open Source
Dick Weisinger – July 13th, 2016
http://formtek.com/blog/serverless-architecture-the-cloud-is-killing-open-source/
_ formtek
Serverless architecture. It’s the promise of products like Amazon AWS Lambda.  The idea is that it’s not that there it doesn’t require servers and hardware, it’s a higher abstraction that thinks about computing resources as services rather than hardware, virtual machines or containers.
 
サーバレス・アーキテクチャとは、Amazon AWS Lambda などのプロダクトが約束するものだ。ただし、この発想は、サーバーとハードウェアが不要になると、言っているわけではない。コンピューティング・リソースを、ハードウェア/仮想マシン/コンテナというより、サービスとして捉えることで、抽象レベルを引き上げるものとなる。
 
Seurat_10Amazon AWS explains it as follows:  “Serverless architectures allow you to build and run applications and services without having to manage infrastructure. There’s a lot of undifferentiated heavy lifting to be building and running applications, such as installing software, managing servers, coordinating patch schedules, and scaling to meet demand.  Your application still runs on servers, but all the server management is done for you… Serverless architectures can make it easier to build, manage, and scale applications in the cloud by eliminating much of the heavy lifting involved with server management.”
 
Amazon AWS は、「サーバレス・アーキテクチャでは、インフラ管理を必要とすることなく、アプリケーションやサービスの構築/実行が可能になる。アプリケーションの構築と実行においては、区分されていないハードワークが沢山ある。ざっと見渡すだけでも、ソフトウェアのインストール/サーバーの管理、パッチ・スケジュールの調整/需要に応じたスケーリングなどが、すぐに浮かび上がってくる。あなたのアプリケーションは、いまもサーバー上で走っているだろうが、そのために、すべてのサーバー管理が必要とされている。サーバレス・アーキテクチャは、サーバー管理に関するヘビーなものを大胆に排除することで、クラウド・アプリケーションの構築/管理/スケーリングが容易になる」と説明している
 
Matt Assay, open source evangelist, recently wrote: “Open source is dead. The cloud has killed it. Maybe “dead” is too strong… all signs point to the convenience of cloud supplanting the convenience of open source in the hearts of developers. Why? Because cloud is just that much more convenient, and new services like Amazon Web Services’ Lambda take that convenience to extreme—and welcome—levels.
 
オープンソース・エバンジェリストである Matt Assay は、「オープン・ソースは死ぬ。クラウドが、それを殺す。おそらく、それは大量死というレベルのものだ。すべての兆候が示すのは、開発者が抱くオープンソースの利便性に、クラウドの利便性が取って代わるという展開である。なぜだろう?その理由は、クラウドの方が、かなり便利であるからだ。そして、Amazon Web Services の Lambda のような、新しいサービスは極端に便利なものであり、また、歓迎されるレベルに達していると思われる」と、つい先日に述べている
 
ーーーーー
On Monday原文では、Kill という表現が用いられていますが、ちょっと穏やかなものに変えてしまいました。たしかに、サーバレスの時代になると、かなり抽象度が上がることになり、開発者に求められるものも変わってくるのでしょう。そして、クラウドへの移行というフェーズが終了し、クラウド・ネイティブの時代が始まると、サーバレスという考え方が広まっていくのでしょう。先日にポストした、「AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!」という抄訳で、No Public IaaS が激減していくという、Morgan Stanley の調査結果を紹介しましたが、なんらかの関連性があるのかもしれません。このサーバレスのトレンドには、これから注目していきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
サービス・プロバイダーが暗号化に走る:政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
 

Comments Off on Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?

SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Posted in .Selected, Amazon, Equinix, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on June 1, 2016
IHS: IBM leads global SaaS cloud service market
Staff writer – May 04, 2016
http://www.telecomasia.net/content/ihs-ibm-leads-global-saas-cloud-service-market
 
_ Telecom-Asia
 
IBM currently leads the SaaS cloud service market, while Amazon leads the global cloud infrastructure market (IaaS, CaaS, PaaS) in 2015, according to a new report by research firm IHS.
 
調査会社である IHS の最新レポートによると、現時点の SaaS クラウド・サービスに関しては、IBM が 19% のシェアでマーケットをリードし、また、クラウド・インフラ・サービス (IaaS/CaaS/PaaS) では、Amazon がリードしている。
 
According to the report, Salesforce ranked the second in the SaaS cloud service market with 8% of market share, while Microsoft and Oracle had 6% and 3%. SAP had just 2% share in the global SaaS cloud service market.
 
このレポートによると、SaaS マーケットにおける二番手は Saleforce であり、そのシェアは 8% となり、その後には Microsoft (6%) と Oracle (3%) が続く。また、SAP に関しては、グローバル SaaS マーケットでみると、わずか 2% のシェアとなる。
 
AWS is the undisputed leader in the cloud infrastructure market with 17% share. Microsoft has 9% and Google has 5% share in the cloud infrastructure market last year, said IHS. Equinix and China Telecom had 4% each.
 
クラウド・インフラ・マーケットで 17% のシェアをほこる AWS は、誰もが認めるリーダーである。そして、二番手と三番手は Microsoft (9%) と Google (5%) であり、そこにEquinox (4%) と China Telecom (4%) が続くと、IHS は述べている。
 
SaaS_IaaSClick to Large >>> 
 
IHS says the infrastructure-as-a-service (IaaS) segment for on-demand servers and storage is maturing, with the big three players – Amazon, Microsoft and Google – possessing the scale and specialized knowledge to make it difficult for smaller players with undifferentiated services to compete.
 
IHS が言うには、オンデマンドでサーバーとストレージを提供する IaaS セグメントは成熟しており、Top-3 を形成する Amazon/Microsoft/Google がスケールと専門知識の面でリードしている。そのため、差別化に苦しむ中小のサービス・プロバイダーは、厳しい戦いを強いられる。
 
However, there is room for innovation in IaaS. Rackspace has expanded its professional services to third-party clouds such as Amazon and Azure.
 
ただし、この IaaS においても、イノベーションの余地はある。たとえば Rackspace は、Amazon や Azure のサードパーティ・クラウドへむけて、そのプロフェッショナル・サービスの展開を拡大している。
 
NTT announced a self-serve OpenStack orchestrated bare metal server service. Internap is expanding its bare metal server service. And CenturyLink announced the availability of its government cloud, which meets specialized compliance requirements.
 
その一方で NTT は、OpenStack ベアメタル・サーバーのための、オーケストレーション・セルフ・サービスを発表した。また、Interap は、ベアメタル・サーバーのサービスを拡大している。さらに Century Link は、特殊なコンプライアンス要件を満たる、政府機関向けのクラウドを提供すると発表している。
 
Colocation or hosting, the earliest form of IaaS, is also growing. Equinix and Level 3 expanded their data center footprints.
 
IaaS の走りとも言える コロケーションとホスティングも、依然として成長している。そして Equinix と Level 3  は、自社のデータセンターのフットプリントを拡大している。
 
Also set to bring more innovation are machine learning and analytics capabilities integrated with enterprise and mobile applications.
 
また、機械学習および分析機能を、エンタープライズやモバイル・アプリと統合するかたちの、さらなるイノベーションへの取り組みも始まっている。
 
Google released a machine learning service for developers, and IBM released three new Watson application programming interfaces (APIs) that provide developers with access to technology for sensing emotional and visual cues that deliver insights on the tone, emotional context and sentiments of voice, text and images.
 
Google は開発者のために機械学習サービスをリリースし、また、IBM は 3種類の Wataon API をリリースしている。後者に関しては、感情的および視覚的な手がかりを検知するテクノロジーへの、開発者からのアクセスを提供し、Voice/Text/Image における、感情的な文脈や言葉遣い、そして色調などに関する洞察を実現していく。
 
CSPs are making steps towards the “meta-cloud.” Google announced new dashboard and orchestration tools that can manage and migrate workloads in its own data centers as well as in Amazon’s and on-premises data centers. In addition, NTT enhanced its enterprise cloud services with the ability to connect to third-party CSP data centers.
 
CSP (Cloud Service Provider) が、メタ・クラウドへと向けた道筋を切り開いていく。Google がアナウンスした、新しいダッシュボードとオーケストレーションのツールにより、ワークロードの管理と移行が容易になる。その移行先としては、同社のデータセンターだけではなく、Amazon や オンプレミスのデータセンターも含まれる。また NTT は、そのエンタープライズ・クラウド・サービスを、サードパーティである CSP のデータセンターと接続する機能で強化している。
 
The off-premises cloud services market – including infrastructure as a service (IaaS), cloud as a service (CaaS), platform as a service (PaaS) and software as a service (SaaS) – reached $93 billion in 2015, growing 54% from 2014.
 
IaaS/CaaS/PssS/SaaS で構成される、オフプレミス・クラウド・サービス・マーケットは、2015年で $93 billion の規模にいたり、前年比での成長率は 54% となっている。
 
SaaS was the number-one off-premises cloud service in 2015, representing nearly half of all off-premises cloud revenue. IaaS was second with 39% of revenue.
 
SaaS は、2015年の No.1 オフプレミス・クラウド・サービスは SasS であり、すべてのオフプレミス・クラウド売上の約 50% を稼ぎ出している。そして、二番手は IaaS の 39% となっている。
 
The off-premises cloud service market is forecast to reach $278 billion worldwide in 2020, with a five-year compound annual growth rate (CAGR) of 25%.
 
オフプレミス・クラウド・サービス市場は、2020年のグローバル売上が $278 billion にいたり、また、5年間の複合年間成長率 (CAGR) は 25% に達すると予測されている。
 
ーーーーー
research_55SaaS のシェアに関する調査というのは、初めて見たような気がします。そして、Salesforce と Office 365 の相対的なポジションは、予想どおりという感じですが、その遥か先を走る IBM の強さには驚きです。以前にポストした、「Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?」抄訳では、Jefferies の調査をベースにした、Salesforce のライバルたちのシェアが示されていました。徐々にではあっても、こうして SaaS の世界が可視化されてくるのは、とても興味深いことです。なお、右側のチャートは、IaaS/CaaS/PaaS の総合となっており、いつもとは異なる顔ぶれになっていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、この市場を急成長させている
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている
 

Comments Off on SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

Posted in .Selected, Asia, Research by agilecat.cloud on April 22, 2016
APAC public cloud spend to hit US$15B
Eileen Yu – February 3, 2016
http://www.zdnet.com/article/apac-public-cloud-spend-to-hit-us15b/
zdnet-logo
The Asia-Pacific region, excluding Japan, is expected to spend US$15 billion on public cloud services in 2019, clocking a compound annual growth rate (CAGR) of 22.9 percent.
 
Asia-Pacific 地域(日本を除く)のパブリック・クラウドへの支出は、2019年までに US$15 billion にいたる。また、その間の複合年間成長率(CAGR)は、22.9% に達するという。
 
According to IDC’s latest figures, this would be almost six times the growth rate of the region’s overall IT spend and double that of 2015’s figure. Last year, public cloud services chalked up nearly US$7 billion, with the discrete manufacturing industry leading total expenditure at US$955 million.
 
IDC の最新統計データによると、この地域の成長率はグローバル IT の 6倍となり、また、2015年時点の推測値に対しても、2倍の規模に膨れ上がっているという。昨年の、この地域におけるパブリック・クラウド・サービスは、約 US$7 billion の売上を計上しているが、その内訳のトップは、US$955 million を計上している製造業である。
 
Cirrus_clouds2Wikipedia
 
Telcos were next, forking out US$928 million on such services, and were expected to be the fastest-growing vertical at 29.2 percent for the forecast period of 2014 to 2019. IDC said this industry segment would outpace discrete manufacturing to lead the region’s public cloud services spending by 2019.
 
それに続くの、US$928 million を生み出すテレコムであり、2019年から 2014年にかけて 29.2% という、素晴らしい勢いで成長してくとされる。IDC の説明によると、パブリック・クラウド・サービスにおけるテレコムは、2019年までの期間において、製造業をリードしていくとされる。
 
The banking sector was the third-largest spender last year, investing US$744 million. Asia-Pacific’s CAGR over the forecast period also would be higher than the global growth rate of 19.4 percent, according to IDC.
 
昨年の統計データによると、銀行業などの金融部門が US$744 million を費やし、三番手となっている。2019年までの期間で、Asia-Pacific の CAGR は、グローバルの成長率である 19.4% を上回ると、IDC は述べている。
 
Cloud services will remain the essential foundation of the IT industry’s third platform of innovation and growth,” said IDC’s Asia-Pacific research manager for customer insights and analysis, Rubal Sabharwal. “As the cloud market enters an ‘innovation stage’, there will be an explosion of new solutions and value creation on top of the cloud.”
 
IDC の Asia-Pacific Research Manager for Customer Insights and Analysis である Rubal Sabharwal は、「クラウド・サービスは、IT 産業における第三のプラットフォームであり、また、革新と成長を推進していく不可欠な基盤となる。そして、クラウド市場がイノベーションのステージへと進むにつれて、クラウド上に構築される新たなソリューションが、新たなソリューション生み出し、その価値を爆発的に上昇させていくだろう」と述べている。
 
“Industry-specific applications will be a driving force as businesses look for solutions that can be easily configured to their unique business and vertical requirements. With the huge increase in the number and diversity of services available in the market, organisations across the industries will shift steadily towards cloud-first strategies to enable digital transformation,” added Sabharwal.
 
そして Sabharwal は、「新たなソリューションが見つかるにつれて、それぞれの業界に固有のアプリケーションが原動力となり、容易なコンフィグレーションが達成され、垂直マーケットでの要件が満たされていく。また、多種多様なサービスがマーケットで調達できるようなれば、それぞれの業界における組織は、クラウド・ファーストの戦略に向けて着実にシフトし、デジタル・トランスフォーメーションを実現していくだろう」とも述べている。
 
The region’s spending on infrastructure-as-a-service (IaaS) and platform-as-a-service (PaaS) would climb at a faster rate than SaaS (software-as-a-service), registering a five-year CAGR of 28.9 percent and 21.2 percent, respectively. SaaS, however, would remain the primary cloud service through to 2019, when IaaS spending would take over as the leading cloud segment.
 
これからの 5年間において、Asia-Pacific の IaaS と PaaS は、それぞれが 28.9% と 21.2% の CAGR を達成し、SaaS を上回る速度で成長していく。しかし、クラウド・セグメントのリーダーを、IaaS への支出が引き継ぐ 2019年までは、SaaS が主要なクラウド・サービスとしてのポジションを維持するだろう。
 
IDC’s Asia-Pacific vice president for cloud services research Chris Morris explained that the software industry had been transitioning towards an SaaS-enabled deployment model over the past few years. “By 2018, most software vendors will have fully shifted to a SaaS/PaaS code base,” he said.
 
IDC の Asia-Pacific VP for Cloud Services Research である Chris Morris は、ソフトウェア産業はついて、SaaS に対応するデプロイメント・モデルへと、これまでの数年を経て転換してきたと述べている。そして彼は、「2018年までに、大半のソフトウェア・ベンダーが、完全な SaaS/PaaS コードベースに、完全にシフトしているだろう」とも推測している。
 
“This means that many enterprise software customers will be offered SaaS as the preferred option, as they reach their next major software upgrade decisions,” Morris noted. “Put together, new solutions born on the cloud and traditional solutions migrating to the cloud will steadily pull more customers and their data to the cloud.”
 
そして、Morris は、「数多くのエンタープライズ・ソフトウェア・ユーザーが、次に控えるソフトウェア・アップグレードのタイミングにおいて、適切な選択肢としての SaaS を提供されることになる。そして、クラウドで生まれた新しいソリューションと、クラウド移行してきた従来からのソリューションが一体化していくことで、顧客たちのデータはクラウドへと向けて、着実に移行していくだろう」と指摘している。
 
ーーーーー
On Mondayこの IDC による予測ですが、Gertner のグローバル予測と比較してみると興味深いです。Gertner は、2015年の売上に関して $175 billion に至るとしています。ただし、この数字は、クラウド・アドとして $90.3 billion を含んでいますので、それを差し引くと、2015年時点で $90 billion くらいになるのでしょうか? 文中には、2015年の APAC は $7 billion だと記されていますので、それが現時点での、グローバルと APAC の対比となります。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
 

Comments Off on APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長: その間の成長率は 23% にいたる!

Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう

Posted in .Selected, IoT, On Monday, PaaS by agilecat.cloud on April 18, 2016
Cloud Computing: 80 Percent of Private-Cloud PaaS Initiatives will Fail
Dick Weisinger – April 12th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-80-percent-of-private-cloud-paas-initiatives-will-fail/
_ formtek
Many enterprises that value security have taken the path of adopting private-cloud PaaS frameworks.  But a recent report by Gartner expects that this approach may lead to trouble.  In fact, the report estimates that as many as 80 percent of private-cloud PaaS initiatives will end in failure.
 
セキュリティを重視する数多くの企業が、プライベート・クラウド上の PaaS フレームワークを採用するという道筋を歩んでいる。しかし、Gartner の最新レポートにおいては、この種のアプローチがトラブルを抱え込むという可能性が指摘されている。 実際のところ、このレポートは、プライベート・クラウド PaaS における、80% に相当する取り組みが、失敗に終わるだろうと推定している。
 
Chagall_18Yefim V. Natis, vice president and Gartner Fellow, said that “in the next three years, many self-managed private PaaS initiatives will fail to meet the IT organisation leadership’s expectations of cloud characteristics. The tension between the forces in favour of private PaaS and those demanding the full public cloud experience will intensify as self-managed private cloud disappoints.
 
Gartner の VP である Yefim V. Natis は、「これからの 3年間で、数多くのセルフ・マネージド・プライベート PaaS が、IT 部門が期待するクラウドの特性と矛盾を起こし、失敗だったと評価されていくだろう。つまり、フル・パブリック・クラウドのエクスペリエンスを要求する勢力と、プライベート PaaS を支持する勢力との緊張関係が、セルフ・マネージド・プライベート・クラウドへの失望が顕在化するにつれて、高まっていくことになる」と述べている。
 
Success with a private cloud (including PaaS) requires a recognition of the essential cultural and organizational changes to IT organizations, as well as technology changes.  Lacking this understanding leads many organizations to stop their PaaS investment at the point of technology deployment — leading to disappointing results down the road.”
 
そして、彼は、「PaaS を含むプライベート・クラウドを成功へと導くためには、テクノロジーに関する変化だけではなく、IT 企業の文化と組織に対しても、本質からの変化が求められていく。そこへの理解が欠落していると、テクノロジーの導入という視点から、プライベート PaaS への投資を停止されることになる。 つまり、数多くの企業がにおいて、不本意な結論が導かれることになる」とも発言している。
 
ーーーーー
On Mondayちょっと難解なところがありますが、文中に示される Gartner のレポートを参照すると、IoT が浸透するにつれて変化していく PaaS という側面を捉えているようです。まず、従来からのマスター・データを用いるアーキテクチャから、イベント・ドリブンな IoT データ・アーキテクチャへと、移行していく必要があります。 もちろん、さまざまなプロセスを、センターからエッジへと移行させる必要もあります。クラウドの成長があればこそ、IoT が成り立ってくのでしょうが、そこで要求されるクラウドは IaaS ではなく PaaS であり、新たなセキュリティ・ポリシーなども取り込んでいく必要があるのでしょう。そこまで含めて、プライベート PaaS で対応できるのかどうか、その辺りが、これからの論点に加わっていくのでしょうね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?
Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
Cloud の調査:ユーザー企業が感じる、クラウドのメリットは何処に? すでにコストは番外に?
 

Comments Off on Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう

世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Asia, Network, Research by agilecat.cloud on February 25, 2016
Chart of the week: Global cloud traffic set for future growth
Insight News – 8th Jan 2016
http://www.fipp.com/news/insightnews/chart-of-the-week-global-cloud-traffic-set-fo
 
fipp logo
 
With the advent of the smartphone people have become accustomed to using cloud services, which offer ubiquitous access to content and services.
 
スマートフォンの到来により、コンテントやサービスにユビキタスでアクセスするために、人々がクラウド・サービスを利用するという形態が、普通のことになってきた。
 
Global cloud trafficClick to Large >>>
 
However, it is companies that contribute most to the continuing growth of global cloud traffic. Transferring databases or software to the cloud promises to reduce costs and allows for faster and more flexible access to relevant tools and information.
 
しかし、グローバルにおけるクラウド・トラフィックの、継続的な成長に最も貢献しているのは、いわゆる一般の企業である。データベースやソフトウェアを、クラウド上に配置することで、コストの削減が約束される。さらに言えば、それらに関連するツールや情報に対する、より迅速で柔軟なアクセスも実現されていく。
 
This week’s infographic by Statista shows the future growth of cloud traffic as predicted by Cisco’s Global Cloud Index. Having generated 888 Exabyte of cloud traffic in 2014 North America is expected to be the biggest driver of global cloud traffic through 2019. Asia Pacific is a close second expected to cross the Zettabyte-threshold in 2016 with Europe following suit in 2018. The rest of the world lags behind in terms of cloud traffic as the adoption rate of cloud services and infrastructure is significantly lower than in highly developed regions.
 
今週のインフォグラフィックは、Cisco’s Global Cloud Index が予測する、将来におけるクラウド・トラフィックの成長を、Statista が図示するものである。2014年に North America で生じた、888 Exabyte のクラウド・トラフィックは、2019年までグローバル・クラウド・トラフィックを牽引していく、最大の要因になると予測される。それに続くのが、Asia Pacific と Europe であり、Zettabyte のレベルを 2016年と 2018年に超えていくとされる。その他の地域に関しては、先進国と比べて、クラウド・サービスの普及が進まず、また、インフラが未成熟であることなどから、クラウド・トラフィックの面で出遅れている。
 
ーーーーー
このチャートだけでは、ここで言うクラウド・トラフィックの定義が曖昧ですが、「Cisco Global Cloud Index:予測と方法論、2014~2019 年」を参照すると、「世界のデータセンター・トラフィックおよびクラウド・ベースの IP トラフィックの増加を予測する継続的な取り組み」と記載されています。そして、「世界中で発生する年間のデータセンター IP トラフィックは、2014 年には 3.4 ZBで、2019 年末までに 10.4 ZBまで増加する」と記載されていますので、このチャートと一致します。SaaS/IaaS/PaaS の割合は、以下のように変化すると記載されています。
 
  • SaaS ワークロードの割合は、2014年 45% ⇒ 2019年 59%
  • IaaS ワークロードの割合は、2014年 42% ⇒ 2019年 30%
  • PaaS ワークロードの割合は、2014年 13% ⇒ 2019年 11%
 
ーーーーー
<関連>
2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
Amazon の薄利主義:売上は 15倍でも 利益は一定という、徹底した戦略を1枚のチャートで
Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 現実との対比を、1枚のチャートで!
 

Comments Off on 世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?

Posted in .Selected, On Monday, Research by agilecat.cloud on January 25, 2016
Business Disruption: Most Businesses Expect Dramatic Changes, But Few Businesses Feel Prepared
By Dick Weisinger – January 19th, 2016
http://formtek.com/blog/business-disruption-most-businesses-expect-dramatic-changes-but-few-businesses-feel-prepared/
_ formtek
Disruption is now the norm and is to be expected, say three-quarters of global senior executives interviewed by KPMG.  And those executives say the speed of change and disruption can only be expected to increase in the future.
 
いまや、破壊は当たり前のことであり、また、期待されるものになったと、グローバル企業における幹部たちの 3/4 が、KPMG のインタビューで答えている。彼らは、破壊と変化のスピードだけが、将来における成長を担うものだと発言しているのだ。
 
Dali_8But only 17 percent of companies say that they are prepared to address the expected volatility and are unsure of what path to take to counter disruptions.
 
そして、予想される不安定さに取り組めると述べているのは、それらの企業の 17% に過ぎなかった。 しかも、そこから生じる混乱を制御するための、明確な道筋は有していないという。
 
The KPGM report listed the Top Five Potential Disruptors to businesses:
 
この KPG レポートは、企業を破壊していく潜在性について、以下の Top-5 を示している:
 
  • 71 percent – Requirement to respond to regulatory and legislative rules
  • 63 percent – Increased security and cyber security
  • 60 percent – Instantaneous data access from anywhere
  • 58 percent – Digital and mobile workers and consumers
  • 49 percent – Global access to talent and skills
 
  • 71 percent – 規制と立法のルールを変えていく社会的要因
  • 63 percent – サイバー空間で繰り返される攻撃と防御
  • 60 percent – 時間と場所を選ばないデータ・アクセス
  • 58 percent – デジタルとモバイルを使いこなす従業員と顧客
  • 49 percent – 能力と技能に対するグローバル・アクセス
 
As a counterbalance to potential disruption, some businesses are investing.  63 percent are investing to beef up their cybersecurity.  One quarter are adopting cloud computing services like IaaS and PaaS.  And another quarter of businesses are investing in updates to their legacy systems.
 
潜在的な破壊的要因を緩和するために、いくつかの企業は投資を進めている。それらの企業の 63% は、サイバー・セキュリティを強化するために投資している。それらの企業の 25% は、IaaS/PaaS といった、クラウド・コンピューティング・サービスを採用している。そして、その他の 25% は、レガシー・システムへの更新に対して投資している。
 
Steve Chase, KPMG’s U.S. Advisory Management Consulting leader, said that “the fastest-growing and the most profitable organizations are increasingly – and smartly – leveraging these disruptors to continually deploy new business models, accelerate decision-making, convert data into valuable knowledge and focus on the customer.”
 
KPMG U.S. の Advisory Management Consulting Leader である Steve Chase は、「最も高いレベルで成長性と収益性を達成している企業は、一連の混乱を促進する側にまわり、その中で適切なポジションを確保し、その結果を自身のビジネスに活用している。具体的に言うと、新しいビジネス・モデルの展開/意思決定の迅速化/データの価値ある知識への変換/顧客主体の戦略などに、継続して取り組んでいるのだ」と述べている
 
Tudor Aw, KPMG UK Head of Technology, said that “the sectors and the businesses that will enjoy greatest success… will be those prepared to take a chance on something new. That’s not to say they should gamble on the next ‘big thing’ – but they shouldn’t be afraid to try.”
 
KPMG UK の Head of Technology である Tudor Aw は、「何かの新しい出来事を、チャンスにしていくための準備を怠らない企業や部門が、最大の成功を享受するだろう。だからと言って、次の大きな出来事に、ギャンブルのように賭けるべきではないのだ。つまり、トライを恐れないことが大切なのだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayちょっと文意の掴みにくいポストだったのですが、Top-5 箇条書きのところを意訳していたら、Uber や Airbnb のことをイメージして、訳せばよいのだと分かってきました。そして、訳し終えて、とてもスッキリです🙂 先日のことですが、Facebook の Instant Article に、毎日/朝日//産経/東洋経済/日経/読売が参加するという発表がありましたが、これもソーシャル・メディアが既存メディアを破壊したことの現れであり、また、それに類することが、これから多発していくと思えるのです。そして、破壊を促進する側にまわる企業が増えるごとに、そのパワーが相乗的に増大していき、破壊と変化のスピードが加速していくのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、このマーケットを急成長させている
 

Comments Off on Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?

Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

Posted in .Selected, Asia, Oracle, Social, Strategy, Tencent by agilecat.cloud on January 19, 2016
Oracle, Tencent Reach Agreement To Advance Cloud Services In China
John Foley, Oracle – Nov 13, 2015
http://www.forbes.com/sites/oracle/2015/11/13/oracle-tencent-reach-agreement-to-advance-cloud-services-in-china/
 
_ Forbes
 
Beijing — Oracle has signed a non-binding memorandum of understanding with Tencent Cloud, China’s largest and most-used internet service portal, with an objective of offering cloud services in China.
 
Beijing — Oracle は、China で最も利用されている、最大のインターネット・サービス・ポータルである Tencent Cloud と、MOU(non-binding memorandum of understanding)を締結し、同国でのクラウド・サービスの提供へ向けて進むことになった。
 
Tencent OracleThe agreement, which signals the growing similarity between business and consumer technology services, was announced November 12 by Loic Le Guisquet, Oracle’s president for Europe, Middle East and Africa (EMEA) and Asia Pacific, at Oracle CloudWorld in Beijing.
 
今回の合意は、Beijing で開催された Oracle Cloud World において (11月12日)、同社の President for EMEA and Asia Pacific である Loic Le Guisquet がアナウンスしたものであり、企業と消費者へ向けたテクノロジー・サービス間で、類似性が増大していることを、知らせるものでもある。
 
“This is a very big thing,” Le Guisquet told a standing-room only audience of some 2,000 people. “We wanted a partner who understands social, who understands mobile, like nobody else, because that’s the new era. This is a unique combination.”
 
Le Guisquet は、2,000人のオーディエンスが溢れるレセプション会場で、「 この合意は、きわめて重要なものである。 私たちが求めてきたのは、他の誰よりもソーシャルとモバイルを理解する、つまり、新しい世代を理解するパートナーである。そのためには、この2つの組み合わせが、不可欠なのだ」と、説明していた。
 
Tencent, based in Shenzhen, China, is a powerhouse in mobile, social, and consumer web applications, and perhaps best known for its fast-growing WeChat mobile messaging service. Another one of its services, the QQ instant message service, has at last count some 860 million active users, mainly in China.
 
Shenzhen (深圳), China をベースとする Tencent は、モバイル/ソーシャル/コンシューマ Web アプリの巨人であり、また、WeChat モバイル・メッセージング・サービスを急成長させたことで、多くの人々に知られるようになった。同社における別のサービスとしては、QQ インスタント・メッセージ・サービスがあり、最新の情報によると、China を中心に 8.6億人のアクティブ・ユーザーを持つとされる。
 
Under the new agreement, Oracle’s portfolio of cloud services will be offered in China. In addition, Oracle and Tencent plan to integrate their cloud services and jointly promote them in China.
 
今回の合意に基づき、Oracle のクラウド・サービス・ポートフォリオが、China に提供されるようになる。また、Oracle と Tencent の計画によると、両社のクラウド・サービスは統合され、China におけるプロモーションも共同で推進される。
 
The arrangement covers software as a service (SaaS), platform as a service (PaaS), and infrastructure as a service (IaaS), all based on Oracle products and technologies, and it will likely result in the establishment of Oracle’s first data center in China. Oracle and Tencent will establish a business collaboration committee to determine next steps.
 
この合意は、SaaS/PaaS/IaaS といった、Oracle における全てのプロダクトとサービスをカバーするものになる。そして、Oracle としては初めての、Chine におけるデータセンターの構築まで視野に入っているのだろう。また、Oracle と Tencent は、次のステップへと進めるための、業務提携コミッティを設立することになる。
 
TencentTencent’s Dowson Tong, left, and Oracle’s Loic Le Guisquet announce plans to work together.
 
Tencent Cloud has grown into the leading public cloud service provider in China. “We hope to further strengthen Tencent Cloud’s capability, extend the range of service, fully understand customers’ choice with respect and support through the partnership with Oracle,” said Dowson Tong, Tencent’s senior executive vice president and president for Social Network Group.
 
Tencent Cloud は、China におけるパブリック・クラウド・サービスの、リーディング・プロバイダーとして成長してきた。Tencent の Senior Executive VP と President for Social Network Group を兼任する Dowson Tong は、「私たちは、Tencent Cloud の能力を、さらに強化していく。 それは、Oracle とのパートナーシップを通じて、サービスの範囲を拡張し、また、顧客の選択肢を理解し、サポートを尊重することで達成される」と述べている。
 
During his CloudWorld keynote presentation, Le Guisquet highlighted three ways that Oracle’s cloud strategy is unique from other cloud companies. He pointed to the “security in silicon” design of Oracle’s new SPARC M7 microprocessor, which provides always-on security for all levels of the cloud stack; to the flexibility Oracle gives customers in choosing a cloud deployment model (public or private); and to Oracle’s range of PaaS services, which include data management, development tools, big data, integration, and the Internet of Things.
 
Cloud World のキーノートで Le Guisquet は、Oracle のクラウド戦略について、他のクラウド・ベンダーとは異なる、3つのユニークな視点を強調していた。まず、彼は、Oracle の新しい SPARC M7 マイクロ・プロセッサに実装される、“Security in Silicon” デザインにより、すべてのクラウド・スタック・レベルにおいて、常にセキュリティが提供される点を指摘していた。また、Oracle は、パブリックとプライベートによる、クラウド・デプロイメントのモデルにより、顧客の選択に柔軟性をもたらすという。そして、Oracle の PaaS が、データ管理/開発ツール/ビッグ・データ/インテグレーション/IoT などを含む、広範囲におよぶレンジを提供すると述べていた。
 
In a media briefing after the keynote, Le Guisquet and Tong were joined by Roger Li, managing director of Oracle China, and by Lucas Liu, vice president of cloud computing with Tencent Cloud.
 
なお、このキーノートの後に行われたメディア・ブリーフィングには、Le Guisquet と Tong に加えて、Oracle China の Managing Director である Roger Li と、Tencent Cloud の VP of Cloud Computing である Lucas Liu も同席した。
 
A New Era of Cloud Computing
 
“It’s an important day for us, and we think a very important day for cloud in China,” Le Guisquet said. “I’m sure this is going to be the start of a new era of cloud computing for the enterprise in China.”
 
Le Guisquet は、「 今日は、私たちにとって重要な日であると同時に、China におけるクラウドにとっても、きわめて重要な日だと思う。China におけるエンタープライズ・クラウド・コンピューティング新時代の、幕開けになると、私は確信している」と述べている。
 
One journalist asked the executives what made Tencent, with its strength in consumer apps, and Oracle, a leader in enterprise cloud services, a compelling combination for China’s burgeoning cloud market. They responded that consumer and business apps are converging, and that as that happens, the distinction between them is diminishing.
 
あるジャーナリストが、Tencent の強力なコンシューマ・アプリと、Oracle の先進的なエンタープライズ・クラウド・サービスを組み合わせることで、何が生じるのかと、Tencent の幹部に尋ねた。それは、China で急成長するクラウド市場において、魅力的な組み合わせなのかという問いである。それに対して、プレゼンターたちは、コンシューマとエンタープライズのアプリが、合流しようとしていると回答していた。そして、傾向が進むに連れて、両者間を区別するものが、減少していると説明していた。
 
At the same time, Oracle’s experience in the enterprise market and Tencent’s experience in the consumer market are complementary, they said.
 
それと同時に、彼らは、エンタープライズ市場における Oracle のエクスペリエンスと、コンシューマ市場における Tencent のエクスペリエンスは、相互に補完しあうとも述べていた。
 
Le Guisquet said he has “very ambitious” expectations for Oracle’s agreement with Tencent, and he mentioned several factors that make the timing right. For one thing, the arrangement could make it easier for small businesses in China to adopt cloud services. In addition, Oracle’s large installed base of customers in China will now have cloud options that let them preserve their investment in Oracle technologies.
 
Le Guisquet は、Tencent と Oracle の合意において、大いなる期待を抱いており、また、いくつかの要因について考えると、そのタイミングが、きわめて適切だったと述べている。まず、今回の合意により、China の中小企業がきわめて容易に、クラウド・サービスを採用できるようになる点を指摘していた。また、China における Oracle の大手顧客が、今後も Oracle テクノロジへーに投資し続ける上で、さらなるクラウド・オプションを手にすることも指摘していた。
 
And finally, Le Guisquet said, the melding of consumer and enterprise capabilities is the wave of the future.
 
そして、締め括りの言葉として、コンシューマ市場とエンタープライス市場における能力が融合することで、未来へ向けた大きな波が生じると、Le Guisquet は述べていた。
 
Read more on Oracle.com:
 
ーーーーー
Tencentこの記事を見つけたときには、いわゆる米中提携なのかと思っていました。 しかし、訳し始めると、エンタープライズとコンシューマの融合であることが分かってきたのです。 Oracle については、説明する必要もないでしょうが、日本から見た Tencent は、WeChat の会社というイメージでしかありませんよね。 しかし、この WeChat は単なるメッセージング・アプリではなく、驚くほど広範囲におよぶペイメント・ビジネスの、基盤として機能しているのです。この提携により、どのようなビジネスが生まれるのかと、予測するのは無親しいですが、ワクワクする展開になるのは、間違いないでしょう。 ちなみに、中国市場への参入で先行しているのは、Microsoft Azure であり、(おそらく)中国国内法との関係から、21Vianet が運営の事業体となっているはずですが、今回の Oracle のケースにおいても、Tencent が事業体となり、グレートファイヤーウォールを乗り越えているのだと思います。 昨年は Alibaba/Aliyun が外へ飛び出てくる年でしたが、今年は、Microsoft/Oracle/AWS などが、中国市場へ本格参入する年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る
WeChat は中国の Facebook: この7億 MAU のサービスを、あなたは、どこまで知っている?
習近平 シアトル・ミーティングに集まった、米 テック・リーダーたちをリストアップしてみた!
Tencent ユーザーがピンチだ : 中国のキャリアが課金を検討か?
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
 

Comments Off on Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!

%d bloggers like this: