Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

Posted in Energy, IoT, On Monday by agilecat.cloud on September 26, 2016
Internet of Things (IoT): Rapid Deployment of New and Existing Replacement Sensors Drive Smart Meter Market
By Dick Weisinger
September 23rd, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-rapid-deployment-of-new-and-existing-replacement-sensors-drive-smart-meter-market/
_ formtek
Deployment of smart meters is growing quickly.  Hundreds of millions of them have been deployed globally.  In the US there are more than 60 million smart metersEstimates are that more than one billion smart meter data points are logged every day.  The meter data management and analytics market is expected to total  from 2015 to 2024, according to a study by Navigant Research.  IDC estimates that by 2025 that 152,000 devices will connect to the network every minute.
 
グローバルにおけるスマート・メーターの展開が、億単位で急速に進んでいる。そして US では、現時点で 6000万個以上のスマート・メーターが展開されている。さらに言うなら、スマート・メーターから得られる、一日あたりの詳細なデータは、10億に達したと予測されている。Navigant Research の調査によると、2024年に2015年にかけて、全体的なメーター・データの管理/分析マーケットは、$10.3 billion に届いていると推測されている。また IDC は、2025年の時点において、毎分ごとに 152,000 個のデバイスがネットワークに接続されると推定している。
 
chagall_1Stuart Ravens, principal analyst, energy and sustainability technology with Ovum, said that “at the moment we could have a meter reading every year. With smart meters, if they read every half hour, that’s 17,500 meter readings a year. When we talk about ‘exponential’ growth of data, that is really exponential. And that is just considering the billing side.”
 
電力の継続的な供給について研究する、Ovum の主席アナリストである Stuart Ravens は、電力を継続的に供給していくテクノロジーとして、私たちは、この数年でスマート・メーターを手にすることになった。それらのメーターから、さまざまなデータを30分ずつ抽出すると、年間で 17,500個のメーターにしか対応できないことになる。この種のデータは、まさに指数関数的に成長に成長している。したがって、いまは課金という面だけを検討していることになる」と述べている
 
The increase in smart meter spending is being driven from two factors:
 
スマート・メーターを促進する要素として、以下の 2つの項目があげられる。
 
  • Sensor replacement of sensors deployed a decade previous with more advanced and capable technology.
  • The use of distributed energy resources (DER) on the edge of the utility grid.
 
  • この 10年におけるセンサーの置き換えにより、以前と比べて先進的なテクノロジーが利用できるようになった。
  • 送電網のエッジにおいて、Distributed Energy Resources (DER) が利用できるようになった。
 
Lauren Callaway, research analyst with Navigant Research , said that “there is a growing emphasis on converging data from external sources for the purpose of more advanced, predictive analytics. This has supported developments in MDA (Model Driven Architecture) technologies that have the capability of dealing with differently structured forms of data, generating prescriptive and predictive insights.”
 
Navigate Research で調査と分析に携わる Lauren Callaway は、「より高度な予測分析のために、外部のデータ・ソースを集約するという手法が、大きく成長している。そこで用いられるのは、MDA (Model Driven Architecture) というテクノロジーである。それにより、規範的な予測と洞察のためのデータを、複数のデータ・フォーマットから集約することが可能となっている」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayいまの日本は、もんじゅの廃炉で大騒ぎですが、米国ではスマート・メーターを活用する、スマート・グリッドの議論が進んでいるようですね。少数の大規模発電施設で、大量の電力を生成するという発想から、多種多様な発電敷設を、消費に応じて効率よく接続していく方向へと、すでに論点がシフトしているようにも思えます。たとえば、Bloom Energy のようなオンサイト発電を用いて、交通網や医療機関などのクリティカルな分野をカバーしながら、送電網を賢くしていくという流れのほうが、未来があると思えるのですが、日本はどうするのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
File Sharing の調査: クラウド・ファイル共有は、エンタープライズの安全性を満たさない
Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
 

Comments Off on IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 25, 2016
Internet of Things (IoT): Traditional IT Architectures Will Evolve to Become More Decentralized
By Dick Weisinger – April 21st, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-traditional-it-architectures-will-evolve-to-become-more-decentralized/
_ formtek
20 billion devices will be connected to the Internet by 2020 and ready to send and receive data, according to a forecast by Gartner.  The amount of data generated by these devices will be unprecedented and dwarf the amount of data being processed today.
 
Gartner の予測によると、2020年までに 200億のデバイスがインターネットに接続され、データを送受信するための準備を整えるとされる。それらのデバイスが生成するデータの総量は、現時点で処理されているデータ量を矮小化させるほどの、前例のないものとなる。
 
Renoir_1Many of the new devices that will be coming on line will be sensors that are deployed as part of Internet-of-Things (IoT) applications.  Being able to manage large numbers of devices and the data they produce will require current data management architectures to be reenvisioned.  Increasingly data processing that has traditionally been handled by a central system will be replaced by an architecture where data processing is pushed out closer to the devices being monitored.
 
オン・ライン接続される新しいデバイスの大半は、IoT アプリケーションの一部としてデプロイされるセンサーとなる。そして、大量のデバイスの管理と、そこから生成されるデータの管理に取り組むことで、現行のデータ管理アーキテクチャを、あらためて想像せざるを得なくなる。つまり、これまでのセンタライズされたシステムでのデータ処理方式を、これからも継続していくという考え方を、モニタリングされているデバイスの近くへとデータ処理を移行させるアーキテクチャで、置き換えることになる。
 
Gary Barnett, chief software analyst at Ovum, said that “managing data by collecting it at the edge and centrally storing and processing it will be inappropriate to many IoT networks … Data management will be pushed out from the center into the network itself and onto the devices that sit at the edge.”
 
Ovum の Chief Software Analyst である Gary Barnett は、「エッジでデータを収集し、センターで保存/処理するという、データ管理の方式は、大半の IoT ネットワークでは不適切なものとなる。したがって、データ管理は、センターからネットワーク自体へと、また、エッジに置かれるデバイスへと、押し出されていくだろう」と述べている
 
Devices in the field will need to be designed to be relatively self-sufficient and long-lasting.  They will need to be self-tuning, self-healing with the ability to attempt to recover from failures.  Many of the sensors and data collection devices are also expected to be small with only tiny amounts of on-board memory to enable them to be extremely energy efficient.
 
フィールドにおけるデバイスは、これまでと比較して、自己完結型で長寿命型のものへ向けて、あたらめてデザインされる必要がある。さらに言えば、障害から回復しようとする能力を用いて、自身で調整/治癒していく必要がある。大半のセンサーおよびデータ収集デバイスは、少量のオンボード・メモリだけを取り込んだ、小型のものになるだろう。それにより、消費エネルギーは、きわめて効率的なものとなる。
 
Barnett commented that “the dispersal of IoT data to the edge of the network means that the management of that data also needs to be dispersed.  Coordinating the systems at the edge with a central source of intelligence will present constant ongoing challenges as the IoT evolves.”
 
Barnett は、「ネットワークのエッジへと IoT データを分散していくことは、そのデータ管理についても、分散させる必要性があることを意味する。そして、IoT が発展するにつれて、エッジに置かれたシステムと、センターのインテリジェンス・リソースの組み合わせが、多様な課題を一定のペースで生み出し続けるだろう」とコメントしている
 
ーーーーー
On Monday文中にあるように「現行のデータ管理アーキテクチャを、あらためて想像せざるを得なくなる」という表現が、これからの課題を言い表していると思えます。原文では「re-envisioned」という単語が用いられていますが、辞書を調べると「想像する」、「心に描く」、「思いを巡らす」という意味とのことです。エッジへの移行と言っても、方法論に関しては、それほどに曖昧模糊としているのでしょう。マイクロ・サービスや、コンテナ、API などが洗練されてきたことで、自己完結型の、目的に応じたサービスを、エッジへ向けて移行できるようになると、期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: 80% の プライベート PaaS が、失敗にいたるという理由を説明しよう
Security の調査: FBI と Apple の争いに、根本からの解決はあり得るのか?
Security の調査: クラウドとデータの機密性:これからは、暗号化がトレンドになるのか?
IoT の調査: これからの2年間で IoT に不可欠な、10種類テクノロジーを列挙してみた
Security の調査: 2016年は最悪の年になるという、いくつかの予測を整理する
 

Comments Off on IoT の調査: センターからエッジへと、あらゆるものが移行していくアーキテクチャとは?

わっつ WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる

Posted in Facebook, Line, Social, WhatsApp by Agile Cat on February 27, 2014

WhatsApp, Texting Apps Will Drain $33 Billion From Telecoms This Year
http://wp.me/pwo1E-7g2

By Todd Wasserman – Feb 21, 2014
http://mashable.com/2014/02/21/whatsapp-texting-telecoms/

_ Mashable

Facebook sees WhatsApp as the future of communication. Telecoms view it another way: as a menace that is extracting revenues.

Facebook は WhatsApp を、未来のコミュニケーション手段として見ている。しかし、テレコムたちの視点は異なる。 つまり、収益を吸い上げていく脅威として、それを見ている。

Telecoms have typically charged users for texting plans, especially outside the United States. WhatsApp or one of its many competitors, including Line, WeChat, Apple’s iMessage and BlackBerry’s BBM, will deprive the carriers of such revenues to the tune of $32.5 billion this year, according to researcher Ovum. By 2016, Ovum predicts that figure will jump to $54 billion.

テレコムたちは、とりわけアメリカ国外で、テキスト・メッセージのプランをユーザーに提供し、そこに課金するのが一般である。Ovum のリサーチャーによると、その一方で、WhatsApp および、そのコンペティタである Line/WeChat/Apple IMessage/BlackBerry BBM などが、今年は $32.5 Billion に相当する売上を、キャリアたちから奪っていくとされる。そして Ovum は、この数字が 2016年までに、$54 Billion まで跳ね上がると予測している。

Image: Mashable
Will Fenstermaker

U.S. carriers often throw in unlimited texting with their data plans. Abroad, it’s a different story. Since carriers charge for texting, adoption of such work-around apps has risen dramatically. For wireless telecoms, it’s a repeat of the growth of Skype in the 2000s, another workaround that deflated revenues charged for international calls.

多くの場合、アメリカのキャリアは、それらのデータ・プランに無制限のテキスト・メッセージを付けている。しかし海外では、それは別の話となる。つまり、キャリアたちがテキスト・メッセージに課金しているため、それらのバイパス・アプリの利用が、劇的に上昇しているのである。ワイヤレス・テレコムたちにとっては、2000年代に国際電話の収益を圧縮させた、Skype の成長の再来である。

Texting has been a lucrative sideline for telecoms. It costs little to provide the service, so the revenues are almost all profit. Analysts estimate global annual revenues for texting reach $100 billion.

テキスト・メッセージはテレコムたちにとって、利益の得られるサイド・ビジネスとなっている。 そして、このサービスを提供するためのコストは小さく、その売上の大半が利益となる。アナリストたちは、テキスト・メッセージに関するグローバルでの年間売上が、$100 Billion に達すると推定している。

Roger Entner, an analyst with Recon Analytics, noted that 2012 was the first year that carrier-based messaging declined in the U.S. Entner attributed that largely to Apple’s iMessage, which provided free messaging to other iPhones, cutting out the phone companies. Entner says U.S. telecoms were smart to start bundling messaging into their service plans, thus hiding the charges. "They were concerned they’d get disintermediated, so they bundled and it worked," he says.

Recon Analytics に所属する Roger Entner は、アメリカにおけるキャリア・ベースのメッセージングが、2012年から減少し始めていると、指摘している。 そして、Entner は、iPhone 上で無料のメッセージングを提供する Apple の IMessage が、キャリアの収益を切り崩す最大の要因だったとしている。アメリカのキャリアたちは、そのサービス・プランにメッセージングを最初からバンドリングするという、つまり、費用を隠してしまうというスマートな対応をしていたと、Entner は述べている。「 彼らは、中抜きされてしまうことを心配していたので、それらをバンドルし、そのまま機能するようにした」と、彼は言う。

The one factor working in the telecoms’ favor is the closed nature of such apps. To send a text via WhatsApp, the recipient must also have the app. This hasn’t stopped WhatsApp from attracting some 430 million users, but it has also attracted competitors. With so many apps on the market, some consumers might conclude that it’s easier to stick with their telecom, even if it’s a bit more expensive.

そして、テレコムたちにとって、有利に働いていた要因として、このようなアプリの閉鎖性が挙げられる。つまり、WhatsApp 経由でテキストを送信するには、このアプリを、相手となる受信者が持っている必要がある。しかし、4.3億人のユーザーを集めてしまった WhatsApp を、それで止めることは、もはや不可能だ。 そして、さらに、他のコンペティタたちが群がる状況を作り出している。マーケットで提供される多様なアプリを使用すれば、一定のコンシューマたちは、それが少し高価だとしても、テレコムに縛られるよりも面倒がないと結論づけるだろう。

See also: Steve Case on 10 Lessons We Can Learn From WhatsApp

ーーーーー

_ WhatsAppテキスト・メッセージのグローバル年間売上が、$100 Billion に達するというのは、ちょっとした驚きですね。 大まかなところで、Microsoft の年商くらい有るのでしょうか? そして、その 1/3 を、WhatsApp/Line/iMessage/BBM などが奪い取っているという構図なのですね。 Softbank が Line を買収したいらしいですが、奪い取られる側から、奪い取り側に乗り換えられるなら、それは、そうしたいですよね。 そして、メールの利用頻度が、コンシューマだけではなく、エンタープライズでも、どんどんと減っていくのでしょうね。 先日に、Facebook がメール・サービスを廃止するというニュースが流れていましたが、そういう時代になってきた証なのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<わっつ WhatsApp>

① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
② 10億人というユーザー数に、Facebook よりも早く到達できるのか?
③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
④ Skype や Line と、どのように世界を住み分けているのか
⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる
⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリたちが破壊する

Comments Off on わっつ WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 Billion も奪い取られる

Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す

Posted in Byod, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on October 15, 2013

Mobile Computing: Working Out the Rough Edges of Collaborative Mobile
http://wp.me/pwo1E-6Mi

By Dick Weisinger, on October 3rd, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4065

_ formtek

By 2016 Gartner predicts that most collaborative tools will run on any type of device, across smart phones, tablets, and desktop browsers.  Fragmentation of communication technologies has been a pain point with many IT shops, but collaborative technologies are expected to evolve and eventually provide a more seamless experience across platforms.

Gartner の予測によると、2016年までに、ほとんどのコラボレーション・ツールが、スマートフォン/タブレット/デスクトップ・ブラウザといった、各種デバイスをまたいで動き出すことになる。コミュニケーション・テクノロジーの断片化により、数多くの IT ショップに痛みがもたらされたが、コラボレーション・テクノロジーの進化により、最終的にはプラットフォームをまたいだかたちで、よりシームレスなエクスペリエンスが達成されるという期待がある。

Richard Edwards, principal analyst at Ovum, said that the combination of cloud and mobile mean that users need no longer be “tethered to one location…  The way in which we work will change dramatically over the next seven years, more than in the previous 30, meaning the enterprise of 2020 will need to be more agile and more responsive than it is today.”

Ovum の Principal Analyst である Richard Edwards は、「クラウドとモバイルの組み合わせにより、もはやユーザーを 1つのロケーションにつなぎとめる必然性は失われた。私たちのワーク・スタイルは、これまでの 30年間で大きく変化してきたが、これからの 7年間で、さらに劇的な変化を遂げるだろう。つまり、2020年のエンタープライズが必要とするのは、いま以上の俊敏性と応答性になる」と述べている。

Monica Basso, research vice president at Gartner, said that “mobile devices enable a new generation of collaboration and three trends are rapidly boosting mobile collaboration strategies and investments in organizations. These are: bring your own device (BYOD), personal cloud file sharing and the increasing availability of mobile applications.  Empowering workers with mobile collaboration capabilities through smart devices, personal cloud sharing and mobile apps is a smart move for organizations to innovate in the workplace and stay competitive.”

Gartner の Research VP である Monica Basso は、「モバイル·デバイスにより、次世代のコラボレーションが実現され、また、3つのトレンドが生み出される。 それにより、モバイル・コラボレーションの戦略が急加速し、また、エンタープライズにおける投資が促進されていく。なお、それらの 3つのトレンドとは、BYOD を前提としたものである。 まず、パーソナル・クラウド・ファイル共有および、モバイル・アプリケーション利用の促進が挙げられる。そして、スマート・デバイスを活用し、パーソナル・クラウドを共有することで、モバイル・コラボレーションを達成していく従業員に権限が付与される。さらに、モバイル・アプリにより、職場におけるイノベーションが活性化され、組織の競争力が維持されるという、合理的な展開が予測される」と述べている。

Personal cloud file sharing will allow users to be able to more easily swap and get access to files no matter what their device or location is.  Cloud sharing will allow users to move their files, documents, audio, pictures and video easily among multiple machines.

パーソナル・クラウドでのファイル共有により、ユーザーはデバイスと場所を選ぶことなく、ファイルへのアクセスを実現し、それらを交換していくようになる。そして、クラウド共有により、ユーザーは多様なマシンを横断するかたちで、ファイル/ドキュメント/オーディオ/ピクチャ/ビデオを、容易に移動できるようになる。

Alastair Mitchell, CEO of Huddle, told Will Kelly of the Tech Republic, that the lines across the devices that connect into collaborative apps will blur blurring.   “So the first piece of advice is not to think about it as mobile collaboration per se.  It’s really about how we do we give access to the content, information, and the customers that the people in the small business need to work with and on from wherever they might be. That might be on a tablet, a smartphone, or even a laptop–but on the go.”

Huddle の DEO である Alastair Mitchell は、Tech RepublicWill Kelly に対して、コラボレーション・アプリに接続するデバイスがラインを横断することにより、組織における境界線が曖昧になっていくと述べている。 そして、「 最初にアドバイスしたいのは、モバイル・コラボレーションの本質について、あまり考え過ぎるなという点である。それは、コンテント/情報/顧客にアクセスするために、私たちが日常的に実践していることだ。さらに言えば、中小企業の人々は、彼らが必要とするときに、それらにアクセスしている。 そのことが、外出先でのタブレットやスマートフォン、あるいは、ラップトップで行われるようになるのだろう」と続けている。

ーーーーー

TAG indexとても、難しい問題ですが、文中でも「 ワーク・スタイルは、これまでの 30年間で大きく変化してきたが、これからの 7年間で、さらに劇的な変化を遂げるだろう」と指摘されているように、企業と従業員の関係を含めて、さらに言えば、社会との関わり合い方を含めて、変化せざるを得ないのでしょうね。 そういえば、リンダ・グラットンの Work Shift を、最後までちゃんと読んでいないなぁと、熱心に勧めてくれた O さんに白状しつつ、申し訳なく思っている、連休明けの朝です。image

ーーーーー

<関連>

BYOD 十策 : モバイル・エンタープライズのために
モバイル・エンタープライズは、Facebook から学ぶべきだ!
BYOD を採用する企業の 52% が、その対策に $500,000 も費やしている
BlackBerry のエンプラ・サービスが、iOS と Android を取り込む : 狙いは BYOD ?
Citrix は Zenprise を買収し、BYOD を促進する!
みんなにスマホを買ってあげるわ! iPhone 5 だって OK よ! : Marissa Mayer さん

Comments Off on Mobile の調査: モバイル・コラボレーションが組織内の稜線を突き崩す

クラウドの市場調査 : 大手プロバイダーが総売上の 2/3 を占有

Posted in Businesses, Research by Agile Cat on September 24, 2013

Cloud Computing: Most Cloud Revenues are Generated by Just a Few Top Vendors
http://wp.me/pwo1E-6G8

By Dick Weisinger – September 13th, 2013
http://www.formtek.com/blog/?p=4020

_ formtek

Cloud Computing is expected to grow at a rate of 36 percent annually from now until 2016.  The current market size is about $5.7 billion and will reach $20 billion in 2016. 

クラウドコン・ピューティングの売上は、これから  2016年にかけて、年間で 36% の割合で成長すると予想される。現時点におけるマーケットのサイズは $5.7 billion であるため、2016年には $20 billion に達するだろう。

Two-thirds of the revenue is being generated by large ‘titan’ vendors (more than $75 million in sales), but the majority of cloud vendors have revenues less than $5 million and account for only about 25 percent of total cloud revenues. 83 percent of cloud vendors generate less than $15 million.  The figures are projections that appear in a report by the 451 Group.

これらの売上の 2/3 は、いわゆる巨人と呼ばれるベンダーたち(年商が $75 million 以上)のものである。 しかし、クラウド·ベンダーの大半は、年商が $5 million 未満の中小企業で構成され、その売上はというと、クラウド全体の 25% に過ぎない。そして、83% のクラウド·ベンダーによる売上は、$15 million 未満に留まっている。なお、これらの一連の数字は、451 Groupの レポートで予想されているものとなる。

Other findings from the 451 Group report include:

  • Infrastructure as a Service (IaaS) accounts for 51 percent of cloud revenue and is growing at a rate of 37 percent annually
  • Platform as a Service (PaaS) accounts for 24 percent of cloud revenue and is growing at a rate of 41 percent annually
  • Software as a Service (SaaS) is a highly fragmented market but is growing at a rate of 29 percent annually

  • IaaS は、クラウド売上の 51% を構成し、また、年間で 37% の比率で成長していく。
  • PaaS は、クラウド売上の 24% を構成し、また、年間で 41% の比率で成長していく。
  • SaaS は、そのマーケットが極端に分断化されているが、年間で 29% の比率で成長していく。

Yulitza Peraza, analyst for quantitative services at 451 Research, said that “cloud computing is on the upswing and demand for public cloud services remains strong.  However, public cloud adoption continues to face hurdles including security concerns, transparency and trust issues, workload readiness and internal non-IT-related organizational issues.”

451 Research のアナリストであり、また、サービスの定量化に取り組んでいる Yulitza Peraza は、「 クラウド・コンピューティングは堅調であり、また、パブリック・クラウド・サービスに対する需要が伸びている。しかし、パブリック・クラウドの導入においては、セキュリティ上の懸念や、透明性と信頼性の問題、ワークロードに関する準備、そして、社内の非 IT 関連組織の問題を含めて、いくつかのハードルに直面し続けている」と述べている。

Laurent Lachal, senior analyst at Ovum, commented earlier in the year that “Cloud computing has barely reached the adolescence phase and it will take at least another five years for cloud computing to mature into adulthood.”

Ovum のシニア・アナリストである Laurent Lachal は、「 クラウド・コンピューティングは、依然として過渡期にあり、成熟するためには、少なくとも 5年が必要というのが、正直なところだ」と、今年の初めにコメントしている

ーーーーー

image131クラウドが規模の経済を追求するモデルであるだけに、大手のプロバイダーに仕事が集まるのは仕方ないのかもしれません。しかし、いまの OpenStack の勢いを見ると、それを担ぐ中小のプロバイダーにも、充分なビジネス・チャンスが巡ってくると信じたくなります。 Android が、あっという間に世界の 80% を獲得したのも、そのベースにオープンソースがあったからだと思います。 ガンバレ OpenStack! ガンバレ 中小プロバイダーたち!__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack エンジニアに対する、求人の高まりを示すチャートとは?
Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開
OpenStack における議論のループ : それを示す1枚のチャート
成長する OpenStack と 呼応する アジア : 次のサミットは 11月の 香港だ!
Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔
Gartner 予測 : 2017年の CRM 市場は $36B に至る
PHP サーバー 1台で 30000人のユーザーを同時サポート : 5つの簡潔なレシピとは?
膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある

 

Comments Off on クラウドの市場調査 : 大手プロバイダーが総売上の 2/3 を占有

%d bloggers like this: