Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?

Posted in On Monday, Private Cloud by agilecat.cloud on March 30, 2015
Cloud Computing: Why Private Clouds Fail
Dick Weisinger – March 20, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-why-private-clouds-fail/
formtek.png
While many businesses are pursuing the benefits of cloud technology while maintaining a handle on security by building private clouds, increasingly the opinion is that most of these projects are doomed to fail.  Both Gartner and Forrester have noted that the private cloud project failure rate is high.
 
数多くの企業がクラウド・テクノロジーのメリットを追求しているにもかかわらず、さらに言えば、プライベート・クラウドを構築することでセキュリティを制御しているにもかかわらず、こうしたプロジェクトの大半が失敗する運命にあるという意見が後を絶たない。Gartner と Forrester の両者が、プライベート・クラウド・プロジェクトの失敗率が高いことに注目している。
 
Dali_4Tom Bittman, Gartner analyst, reports that 95 percent of attempts by businesses to build private clouds run into serious problems.
 
Gartner の アナリストである Tom Bittman は、企業が構築に取り組むプライベート・クラウドの 95% が、深刻な問題に直面するとレポートしている。
 
Matt Assay, for example explained the problem, saying that “if the whole purpose of cloud computing is to enable elasticity of resources to drive business flexibility, setting up an internal cloud (as opposed to provisioning data center resources) simply won’t get an enterprise far. Companies often dress up virtualization as cloud and predictably fail to get promised cloud benefits.”
 
Matt Assay は、この問題における1つの側面について、「クラウド・コンピューティングにおける全体的な目的が、ビジネスの柔軟性を促進するためのリソースに、拡大収縮性を与える点にあるとするなら、社内に構築するクラウド(DC にリソースをプロビジョニングするのではなく)がエンタープライズの域に達することは、シンプルに言って有り得ない。それらの企業の大半は、あたかもクラウドのように仮想化をドレスアップするが、約束されたクラウドの利点を得ることができずに、失敗にいたるケースが多い」と発言している
 
Assay quotes Andy Jassy, Amazon Web Services (AWS) executive, who said that “companies usually are not able to provision accurately the amount of data center capacity that they require, and this problem recurs when they create their own internal cloud infrastructure.”
 
Assay は Amazon Web Services (AWS) の幹部である Andy Jassy の発言を、「一般的に見て、ユーザー企業が必要とするデータセンター・キャパシティを、彼ら自身が正確にプロビジョニングすることは不可能だ。そして、社内クラウドのインフラを構築するとき、この問題が繰り返して発生することになる」と引用している。
 
As Gartner’s Bittman commented: “jamming cloud into your existing process model and organization structure ain’t gonna work.”
 
Gartner の Bittman がコメントするように、「既存のプロセス・モデルや組織構造に、気軽な気持ちでクラウドを溶けこませようとしても、そんなものは機能しない」となるのだろう。
 
Why do private clouds fail?  The reasons may be no different than why any kind of project can fail, for example:
 
プライベート・クラウドが失敗する理由は、いったい何処にあるのだろうか? その理由は、あらゆるプロジェクトにおける失敗の理由と、同じなのかもしれない。 以下に例を示す
 
  • Expectations aren’t properly managed. Avoid excessive hype of potential benefits.
  • Misunderstood business requirements
  • Evaluated on the wrong metrics. The cloud brings more benefits than just potential cost savings.
  • Lack of strategic planning
  • Lack of a holistic architecture
  • Lack of appropriate technical skills
  • Use of inappropriate IT tools
  • Trying to do too much at once
  • Failure to use the public cloud when appropriate
 
  • 期待値が正しく定義されていない (潜在メリットの過度の期待に惑わされる)
  • ビジネス要件を正確に理解できない
  • 誤った基準で評価してしまう (クラウドの利点はコスト削減だけではない)
  • 戦略的プランニングの欠落
  • トータルなアーキテクチャの欠落
  • 適切なテクニカル・スキルの欠落
  • 不適切な IT ツールの選択
  • 多すぎる目標を、一度に処理しようとする
  • パブリック・クラウドが適しているときに、それが使えなくなる
 
ーーーーー
On Mondayプライベート・クラウドを構築しようとしても、いろいろなレベルに、いろいろな問題が潜んでいるのだろうと思います。文中にもあるように、必要とするだけのコンピューティング・リソースを、ほんとうに社内に展開できるのか、という指摘もあるでしょう。 さらに言えば、構築されたプライベート・クラウドは、容易かつ正確に、運用されなければなりません。 そして、その責任はユーザー企業に委ねられるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

Comments Off on Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?

今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on March 29, 2015
本音がバシバシ飛び交う、とっても内容の濃い集まりになりました・・・
 
cna-banner
 
Agile_Cat もお手伝いしている、MSPJ こと 日本MSP協会が主催する、オペカンことオペレーション・カンファレンスが、先週の金曜日に開催されました。 ひとことで言うと、あの「運用でカバー」というフレーズを「この世から抹殺」するために、私たちの手離れの悪いビジネスに真摯に取り組み、すべての関係者が幸せになる道筋を探して行こうという、すばらしい目標をを持つ集まりになりました。本来であれば、Reuter や WSJ といった欧米のメディアや、Cloud News Asia がお世話になっているアジアの各メディアが取材にきて、いまごろは、その存在が世界に発信されているべきものなのですが、それは次回に乞うご期待ということで ^^; こうして Agile_Cat が、ほぼ独占的にコンテントをポストしているわけです。
 
当日は、13:30 に始まり、18:00 に終了するという、とても長丁場のカンファレンスになりましたが、約100名の参加者が、誰も途中で帰ることなく、最後まで聞き入るという展開になりました。 プログラムは、以下のとおりです:
 
MSPJ日本MSP協会設立の背景と狙い
日本MSP協会事務局長
テコラス 伊勢幸一さん
 
ザ・運用 ~ 運用とは何か、
運用とはどのようであるべきか
運用設計ラボ 波田野裕一さん
 
クラウドプロバイダとMSP
日本マイクロソフト 高添修さん
 
ここで休憩が入り、その後に「Lightning Talks:僕が、私が考えるMSP」が、クラウド利用促進機構の荒井康宏さんをチェアにして、後半の幕開けとなりました。 そして、「運用ツール大全集」というテクニカル・セッションが、ハートビーツ 馬場俊彰さん/クリエーションライン 前佛雅人さん/ニスコム 綱島政人さん/スカイアーチネットワークス 神津崇士さんによる、ディスカッション形式で続きました。
 
最後は、「マネージドサービスビジネスの最新動向と活用事例」というタイトルの、モデレータをニスコムの三石剛史さんにしたパネルディスカッションでした。パネラーとして、ハートビーツ 藤崎正範さん/ネットワンシステムズ 藤田龍太郎さん/フォネックス・コミュニケーションズ 柴崎英明さんが並び、「そこまで言っちゃって良いのでしょうか・・・」的な、とても刺激的な発言がポンポンと飛び出して、とても興味深く聴かせてもらいました。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/25: IBM to team up with Chinese company and make Obama unhappy
ChinaThe International Business Machines Corporation (IBM) and China’s Beijing Teamsun Technology recently announced their cooperation, allowing the latter based on IBM’s technologies to develop and sell domestic innovation products–a move seen provoking the Obama administration, ThePaper.cn reports.
 
② 3/24: Taiwanese developers crowned champions in Microsoft app contest
TaiwanMicrosoft Taiwan on Monday announced the winners of the company’s Community Champion app development competition, which saw two Taiwanese teams rise above 605 teams of 805 software developers from across Taiwan, Japan, and Malaysia. The competition is designed to promote Azure, Microsoft’s cloud computing platform and infrastructure.
 
③ 3/25: Panasonic Working on Royalty Free Internet of Things Software
JapanPanasonic is opening up its software and patents on Internet of Things technologies along with contributing more to the AllSeen Alliance, a major group working on open source IoT devices and software. It has sided against making all patents open source, clearly protecting some of its more valuable ideas and software.
 
④ 3/6: Japan’s P2P lending platform Crowdcredit raises $1.7 M from Itochu
JapanAs Nikkei reported last week, Tokyo-based Crowdcredit, a startup behind a peer-to-peer lending platform focused on financing emerging markets under the same name, officially announced on Monday that it has fundraised 200 million yen ($1.7 million) from Japanese trading house Itochu.
 
⑤ 3/9: Samsung receives record pre-orders for S6, Edge
KoreaBARCELONA, Spain ― Samsung Electronics has received record orders for its recently unveiled flagship devices ― the Galaxy S6 (S6) and Galaxy S6 Edge (S6 Edge). “Samsung received some 20 million pre-orders for the S6 and S6 Edge _ 15 million of S6 and five million of the S6 Edge from mobile carriers, worldwide.
 
⑥ 3/28: Oracle to hire 1,000 in Asia-Pacific, 300 in India
IndiaBENGALURU: Global datebase software product major Oracle has announced that it would hire about 1,000 people across Asia-Pacific (APAC) to expand and strengthen its sales force in the region. “About 300 of the specialized sales force will be hired in India for cloud and the expansion will help us to drive growth and support demand for our cloud solutions across the region,” the US-based multinational said in a statement here.
 
⑦ 3/10: SingPost and Trikomsel announce mysterious JV in Indonesia
IndonesiaTrikomsel, one of Indonesia’s largest mobile device retailers, and SingPost, one of Asia’s biggest logistics providers for ecommerce, announced a partnership today to take advantage of the growing opportunities of ecommerce in Indonesia. The name – and even the exact nature – of the joint venture is still a mystery. However, the two firms are certain that they will create a company that acts as a partner for local brands and merchants in the ecommerce space.
 
⑧ 3/10: Server demand from emerging markets rising, from TW
TaiwanDemand from emerging markets such as Russia and China for white-box servers directly supplied from ODMs has been increasing, pushing related ODMs to accelerate their paces on establishing full product lineups, according to sources from the upstream supply chain.
 
⑨ 3/24: Samsung to pre-install Microsoft apps on Android tablets
KoreaMicrosoft’s Office apps will be pre-installed in some Samsung tablets running Google’s Android system, extending an agreement to put some Microsoft apps on the new Samsung Galaxy S6 phone. The move is the latest in Microsoft’s efforts to get its cloud-enabled software into the hands of as many customers as possible, regardless of platform or device.
 
⑩ 3/28: Maybank partners 1337 Ventures to find SE Asia’s best startups
MalaysiaFintech seems to be a hot topic in 2015. Maybank, one of Malaysia’s leading banks, wants a piece of it. Maybank has joined the bandwagon through a partnership with 1337 Ventures, a recognized Malaysian technology accelerator, in search of the best fintech ideas in region.
 
ーーーーー
cna_6今週は、MSPJ オペカン特集ということで、普段とは違う構成になりましたが、来週からは、また、いつも通りに戻ります。 上記のとおり、今週もアジアの動きは活発です。そして、Top-10 には入りませんでしたが、SoftBank eyeing stake in Micromax という、とても興味深い記事が Times of India にポストされていました。 この投資が実現すると、どのような展開が次につながるのでしょうか? そう考えると、とてもワクワクしてきます! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた

Comments Off on 今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス

Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

Posted in DevOps, Hybrid, Private Cloud, Research by Agile Cat on May 20, 2013

Survey Says: Multi-Cloud Usage Growing, DevOps on the Rise
http://wp.me/pwo1E-687

By: Jason Verge – April 25th, 2013
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/04/25/survey-says-enterprise-cloud-maturing-devops-rising-multi-cloud-usage-growing/

_ DC Knowledge

Enterprise cloud usage has begun to hit a point of maturity, and there’s increasing preference for a multi-cloud approach, according to a survey from cloud management provider RightScale. The report also documents the rise of DevOps – the marriage and integration between Development and Operations – which has grown like a weed, taking a hold in 54 percent of respondents.

クラウド・マネージメントプロバイダである RightScale の調査によると、エンタープライズ・クラウドの用法は成熟のレベルを達成し始めており、また、マルチ・クラウドのアプローチを好む声が高まっている。 さらに、このレポートでは DevOps(Development と Operations の統合)への関心についても述べているが、それは雑草のように成長し、回答者の 54% に定着しているという。

The company assessed what stages businesses and enterprises were in their cloud strategies, with 49 percent either partially or heavily using cloud, 17 percent developing cloud strategies and 26 percent working on proof-of-concepts or first projects. That means only 8 percent of respondents weren’t thinking about or planning to use cloud.

同社は、中小から大手に至る企業のクラウド戦略についても、それぞれの状況を評価している。それによると、49% の回答者が、部分的あるいは全面的にクラウドを使用し、また、26% がクラウド戦略を立案中であり、17% は POC(proof-of-concepts )あるいは最初のプロジェクトに取り組んでいるようだ。つまり、クラウドの利用を計画していないのは、全回答者の僅か 8% に留まることになる。

Larger organizations are choosing multi-cloud and hybrid cloud strategies by a large margin. Seventy seven percent of large organizations said they’re going multi-cloud while close to half at 47 percent said they were planning or are using hybrid.  Enterprises with hybrid cloud strategies are making progress toward their goals, with 61 percent of those organizations already running apps in public cloud, 38 percent in private cloud and 29 percent in hybrid cloud environment.

大規模な組織では、マルチ・クラウドおよびハイブリッド・クラウドの戦略を、選択していケースが大半となっている。大規模組織における 77% は、マルチ・クラウドへ向かっているとし、また、半数近くにあたる 47% は、ハイブリッドを検討しているか、すでに使用していると述べている。ハイブリッド·クラウド戦略を持つ企業は、すでに、みずからの目標へ向けて進んでいる。具体的には、61% の回答者が、すでにパブリック・クラウドでアプリケーションを実行している。 そして、38% がプライベート・クラウドで、また、29% がハイブリッド・でクラウドで、アプリケーションを実行していると答えている。

The trend shows organizations moving up the maturity model, and reaping increasing benefits as they do. The top benefits reported in the survey are faster access to infrastructure, greater scalability, faster time to market with apps, and higher availability. The main issues surrounding cloud tend to disappear as these organizations move up in terms of cloud maturity.

つまり、それらの組織は、成熟したモデルへと移行しており、また、それが進むにつれて、大きな恩恵を被っているというトレンドが示されている。この調査でレポートされている主たるメリットは、インフラへの高速アクセスおよび、スケーラビリティの向上、アプリケーション開発時間の短縮、そして、高度な可用性である。クラウドを取り巻く、こうした重要な問題点は、クラウドの成熟度というが達成されることで消滅する傾向にある。

For example, security and compliance is often a major concern. It’s viewed as less of a challenge as cloud usage matures: 38 percent of beginners but only 18 percent of experienced cloud users viewed it as a challenge. Thirty percent of “Cloud Beginners” reported that they were gaining faster access to infrastructure, while 87 percent of “Cloud Focused” respondents realized that same benefit.

たとえば、セキュリティとコンプライアンスは、大半のケースにおける主たる関心事である。 しかし、クラウドの利用形態が成熟するにつれて、その課題は低減していくようだ。 具体的には、ビギナーの 38% が それを課題とするが、経験が豊富なクラウド利用者になると、課題とするのは 18% だけに留まっている。 また、Cloud Beginners の 30% が、インフラへの高速なアクセスが達成できたとレポートしているが、その一方では、Cloud Focused の 87% が、同じメリットを実現しているとレポートしている。

More cloud is being used, and it’s being used more often in a hybrid or multi-cloud situation, and DevOps has indeed taken a grip on the enterprise. RightScale has interest across the board here, from helping cloud watchers and beginners to more advanced users who want to scale out their use of cloud.  The full RightScale 2013 State of the Cloud report is available here (registration required), and last year’s survey here

クラウドの利用が伸びている。 そして、ハイブリッド・クラウドおよびマルチ・クラウドが広まりつつあり、DevOps がエンタープライズの要となってきている。RightScale は、クラウド・ウォッチャーやビギナーから、より高度なユーザーにいたるまで、クラウド利用をスケール・アウトしたいと考える組織をサポートするために、この領域に関心を払っている。RightScale 2013 State of the Cloud Report のフル・バージョンは、ここから入手できる。そして、最新の調査結果は、ここから入手できる。

RELATED POSTS:

ーーーーー

TAG indexとてもよい感じの、調査レポートですね。 すべてがクラウドへと向かい、その長所と短所を正確に理解し、また、ベンダーやプロバイダーの言いなりにならない、という意思を示しているように思えてきます。そのためには、複数のクラウドを並行していくという戦略が不可欠ですよね。 そして、開発と運用を一体化して考える DevOps も、とても重要なことだと思います。とても元気の出るレポートです! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない : それは 経営者の務めである
クラウド 導入戦線には、突撃チームと、狙撃チームが必要だ!
クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく
クラウドは未知の世界:そこを生き抜く企業のための5つの鉄則
エンタープライズ App Store :構築のための 5 Step<

Comments Off on Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

%d bloggers like this: