Agile Cat — in the cloud

Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?

Posted in API, On Monday, PaaS by agilecat.cloud on July 18, 2016
Serverless Architecture: The Cloud is Killing Open Source
Dick Weisinger – July 13th, 2016
http://formtek.com/blog/serverless-architecture-the-cloud-is-killing-open-source/
_ formtek
Serverless architecture. It’s the promise of products like Amazon AWS Lambda.  The idea is that it’s not that there it doesn’t require servers and hardware, it’s a higher abstraction that thinks about computing resources as services rather than hardware, virtual machines or containers.
 
サーバレス・アーキテクチャとは、Amazon AWS Lambda などのプロダクトが約束するものだ。ただし、この発想は、サーバーとハードウェアが不要になると、言っているわけではない。コンピューティング・リソースを、ハードウェア/仮想マシン/コンテナというより、サービスとして捉えることで、抽象レベルを引き上げるものとなる。
 
Seurat_10Amazon AWS explains it as follows:  “Serverless architectures allow you to build and run applications and services without having to manage infrastructure. There’s a lot of undifferentiated heavy lifting to be building and running applications, such as installing software, managing servers, coordinating patch schedules, and scaling to meet demand.  Your application still runs on servers, but all the server management is done for you… Serverless architectures can make it easier to build, manage, and scale applications in the cloud by eliminating much of the heavy lifting involved with server management.”
 
Amazon AWS は、「サーバレス・アーキテクチャでは、インフラ管理を必要とすることなく、アプリケーションやサービスの構築/実行が可能になる。アプリケーションの構築と実行においては、区分されていないハードワークが沢山ある。ざっと見渡すだけでも、ソフトウェアのインストール/サーバーの管理、パッチ・スケジュールの調整/需要に応じたスケーリングなどが、すぐに浮かび上がってくる。あなたのアプリケーションは、いまもサーバー上で走っているだろうが、そのために、すべてのサーバー管理が必要とされている。サーバレス・アーキテクチャは、サーバー管理に関するヘビーなものを大胆に排除することで、クラウド・アプリケーションの構築/管理/スケーリングが容易になる」と説明している
 
Matt Assay, open source evangelist, recently wrote: “Open source is dead. The cloud has killed it. Maybe “dead” is too strong… all signs point to the convenience of cloud supplanting the convenience of open source in the hearts of developers. Why? Because cloud is just that much more convenient, and new services like Amazon Web Services’ Lambda take that convenience to extreme—and welcome—levels.
 
オープンソース・エバンジェリストである Matt Assay は、「オープン・ソースは死ぬ。クラウドが、それを殺す。おそらく、それは大量死というレベルのものだ。すべての兆候が示すのは、開発者が抱くオープンソースの利便性に、クラウドの利便性が取って代わるという展開である。なぜだろう?その理由は、クラウドの方が、かなり便利であるからだ。そして、Amazon Web Services の Lambda のような、新しいサービスは極端に便利なものであり、また、歓迎されるレベルに達していると思われる」と、つい先日に述べている
 
ーーーーー
On Monday原文では、Kill という表現が用いられていますが、ちょっと穏やかなものに変えてしまいました。たしかに、サーバレスの時代になると、かなり抽象度が上がることになり、開発者に求められるものも変わってくるのでしょう。そして、クラウドへの移行というフェーズが終了し、クラウド・ネイティブの時代が始まると、サーバレスという考え方が広まっていくのでしょう。先日にポストした、「AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!」という抄訳で、No Public IaaS が激減していくという、Morgan Stanley の調査結果を紹介しましたが、なんらかの関連性があるのかもしれません。このサーバレスのトレンドには、これから注目していきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
サービス・プロバイダーが暗号化に走る:政府が要求する情報開示に対抗するためなのか?
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
nternet Speed の調査: ワイヤレスやメタルを使って1G 接続を安価に達成!
Machine Learning の調査: Google のニューラル・ネットワークが、機械学習を身近にする
AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!
 

Comments Off on Serverless Architecture の調査: 利便性においてクラウドがオープンソースを上回る?

OK バルマー : たしかに 悪態をついてきたが、いまでは オレも Love Linux だぜ!

Posted in .Chronicle, Linux, Microsoft, Weekend by agilecat.cloud on March 13, 2016
Ballmer: I may have called Linux a cancer but now I love it
Liam Tung – March 11, 2016
http://www.zdnet.com/article/ballmer-i-may-have-called-linux-a-cancer-but-now-i-love-it/
zdnet-logo
Former Microsoft CEO Steve Ballmer no longer thinks Linux is a “malignant cancer”.
 
Microsoft の前 CEO である Steve Ballmer は、Linux について、もはや「悪性のガン」だとは考えていない。
 
With Azure moving up the food chain in Redmond, Microsoft has since 2012 softened its stance on open-source software, capped off by this week’s move to port SQL Server to Linux.
 
Redmond における弱肉強食の連鎖を、Azure が駆け上がったことで、2012年からの Microsoft は、オープンソース・ソフトウェアに対する姿勢を軟化させてきたが、今週に発表した SQL Server の Linux への移植が、その締め括りになるのだろう。
 
ballmer-sbs-v2Image: Microsoft
Ex-Microsoft CEO Steve Ballmer: Going to war with open source made Microsoft a ton of money.
 
Eleven years before that, shortly after taking the helm at Microsoft, Ballmer said, “Linux is a cancer that attaches itself in an intellectual property sense to everything it touches.” The other c-word he used for Linux was communism, accusing the Linux community of diluting Microsoft’s R&D spend by infringing on its intellectual property.
 
11年前のことだが、Microsoft の指揮権を取った直後の Ballmer は、「すべての接触するものから、知的財産を奪っていくという意味において、Linux はガンのようなものだ」と述べている。彼は Linux をコミュニズムと称し、また、Linux コミュニティに対しては、知的財産を侵害することで、Microsoft の R&D における蓄積を、希釈する存在だと批判していた。
 
Reuters reports that Ballmer still stands by his cancer analogy as right for the time. Speaking at an event earlier this week, he said going to war with open source “made a ton of money” that still contributes to Microsoft’s revenue. But he said he now considers that the threat from Linux is over.
 
Reuters のレポートによると、依然として Ballmer は、Linux をガンになぞらえる方が、状況に適したスタンスだと考えていたようだ。今週初めイベントでは、Microsoft の収益に貢献する、膨大なキャッシュを生み出すオープンソースに対して、まだまだ戦うと発言していたのだ。しかし、ついに彼は、Linux からの脅威が消えたと、述べるようになった。
 
Ballmer said he “loved” the SQL for Linux announcement and had emailed Microsoft CEO Satya Nadella to congratulate him on the move.
 
Ballmer は、SQL for Linux の発表に対して、LOVE と表現し、また、Microsoft CEO の Satya Nadella にメールを送り、今回の出来事を祝福したと述べている。
 
Yet, as Reuters points out, Microsoft’s shares lost 40 percent of their value during Ballmer’s 14-year tenure. They’ve risen 50 percent under current chief Nadella, who recently went public on Microsoft’s love for Linux.
 
Reuters が指摘するように、Ballmer が指揮していた 14年の間に、Microsoft の株価は 40% も下げている。しかし、このところ Microsoft’s Love for Linux と公言する、現 CEO Satya Nadella の下で、同社の株価は 50% 弱も上昇しているのだ。
 
Still, it would be wrong to believe the open-sourcing of Microsoft only started with Nadella. A case in point is the open-sourcing of .Net, which began three years before Nadella’s appointment.
 
ただし、Microsoft のオープンソース戦略が、Nadella だけの考えで始まったと、捉えるのは間違いだ。その一例として、Nadella が CEO に就任する 3年前に、.Net のオープンソース化が始まったことを挙げておく。
 
Ballmer said the change in the market’s perception of Microsoft is in part the result of having a new executive at the helm.
 
Microsoft における市場の変化に対する認識は、刷新された執行部がもたらした、結果の一部であると、Ballmer は述べている。
 
Perhaps his new-found peace with Linux is linked to yoga, a practice he said he has taken up after leaving Microsoft in 2014. He also said he and Microsoft co-founder Bill Gates “have gone our own paths”.
 
おそらく、彼の Linux に対する新しい発見は、ヨガの練習と安息に紐付けされるのだろう。2014年に Microsoft を離れた後に、それを再開したと、彼は述べている。また、Microsoft Co-Founder の Bill Gates については、「私たちが共有する道を進んでいる」と、Ballmer は発言している。
 
ーーーーー
weekend長い抗争に終止符が打たれ、メデタイというか、ホッとしたというか、感無量の心地です。 あちらは、知る由もなかったでしょうが、事あるごとに噛み付いてきた、Agiel Cat の長い戦いも、これで手打ちです。 この記事を訳していて思ったのですが、バルマーさんは、超リアリストなのですね。 だから、ダイレクトに数字に結びつかないオープンソースを、認めたくなかったのでしょう。 しかし、時代は変わったのです。 これまでの、組織に帰属する知的財産が、オープンソースの到来により、一人一人のエンジニアに帰属する時代へと変わったのです。 それにしても、ここでヨガを引っ張り出してくるのは、なかなかナイスです 🙂 テレ隠しもあるのでしょうが、OK バルマー だぜ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔
Microsoft から OCP へのコントリビューション:それが Sonic Linux Networking Suite だ!
CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
 

Comments Off on OK バルマー : たしかに 悪態をついてきたが、いまでは オレも Love Linux だぜ!

Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!

Posted in Advertising, Google, Mobile, Strategy, Twitter by agilecat.cloud on October 8, 2015
Google will crank the mobile web up to warp speed with Accelerated Mobile Pages
Mark Wilson – Oct 7, 2015
http://betanews.com/2015/10/07/google-will-crank-the-mobile-web-up-to-warp-speed-with-accelerated-mobile-pages/
 
_ beta news 2
 
Google today announced a project which has the aim of speeding up the web for mobile users — Accelerated Mobile Pages, or AMP. While there are clearly benefits for users in speeding up the web, Google is pushing the benefits that advertisers could reap: if a page takes too long to load, visitors may give up and not see any ads at all.
 
先ほど (10/7) Google は、モバイル・ユーザーのために Web を高速化する、AMP(Accelerated Mobile Pages)というプロジェクトについてアナウンスした。この、Web における高速化は、ユーザーにとって確かに喜ばしいものであるが、Google としては広告主に対してもメリットをプッシュしていくようだ。つまり、ページの読み込みに時間がかかりすぎる場合、ユーザーは参照をあきらめてしまい、まったく広告が表示されないという状況に陥るからだ。
 
warp_imageFlickr
Christian Ortiz
 
The AMP project is an open source initiative that gives publishers the ability to optimize their site code for mobiles so it will “load instantly everywhere”. The aim is to be as platform independent as possible, allowing for optimize-once workflow. The result of a collaboration between Google, Twitter, WordPress, LinkedIn and others, a new open framework called AMP HTML has been put together from existing web technologies.
 
この AMP プロジェクトは、オープンソースとして促進されるものであり、パブリッシャー・サイトのコードをモバイルに最適化していく。 したがって、何時でも何処でも、インスタントなロードが可能になっていく。また、プラットフォームへの依存性を可能なかぎり払拭することで、Optimize-Once のフローを実現していくことを目標にする。この AMP HTML と呼ばれる新しいオープン・フレームワークは、Google/Twitter/WordPress/LinkedIn などによるコラボレーションの結果であり、既存の Web テクノロジーと共存するものとなる。
 
If the idea of pages loading “instantly” seems a little far fetched, Google says that smart caching and prediction help to facilitate it. As this is an architecture built with existing tools, publishers are free to continue creating and hosting their own content without having to worry about using new templates. The AMP Project website not only explains how the technology works and why it came about, but also demonstrates AMP HTML in action.
 
ページ・ロードを「瞬時」に処理するという考え方は、現状では難しいと思われてきたようだが、スマート・キャッシュと予測に基づいた読み込みにより、Google は容易に達成できるとしている。 また、既存のツールで構築されたアーキテクチャであるため、新しいテンプレートなどを必要とすることもない。 したがって、パブリッシャーは自身のコンテントの作成と配置を、これまでと同様に、自由に行えることになる。 AMP プロジェクト・サイトは、このテクノロジーの背景や機能を説明するだけではなく、AMP HTML のデモンストレーションにも取り組んでいる。
 
The framework is an extension of the idea of pre-rendering pages:
 
このフレームワークは、pre-rendering pages という考え方を拡張したものである:
 
Browsers have long supported pre-rendering through the <link rel=prerender> tag, but they need to be conservative about this mechanism because prerendering can be expensive. With AMP HTML we added the ability to tell a document: render yourself, but only as far as what is visible above the fold and only elements which are not CPU intensive to minimize the cost of pre-rendering. With this mechanism in place, referrers of AMP document can initiate rendering of docs before the user acts much more aggressively, so that in many cases the document will be done rendering by the time the user clicks.
 
ずっと以前から、各種のブラウザはプリ・レンダリングを、<link rel=prerender> タグを用いることでサポートしてきた。 しかし、プリ・レンダリングが大量のリソースを消費するため、このメカニズムが積極的に利用されることはなかった。AMP HTML において、私たちは、「伝える能力」をドキュメントに追加した。 つまり、エレメントは自身をレンダリングするが、その対象は Above The Fold なものに限定される。さらに、CPU に負荷をかけないエレメントだけに限定することで、プリレンダリングによるリソース消費を、最小限に抑えることが可能になっていく。つまり、AMP ドキュメントから参照される側は、このメカニズムを適切に配置することで、ユーザーが積極的にページを切り替える前に、対象となるドキュメントのレンダリングを開始できる。その結果、大半のケースにおいて、ユーザーがクリックする前に、レンダリングが完了することになる。
 
At the moment it is possible to speed up page load times by 15 to 85 percent, but as more work is done on optimizing the ecosystem, everyone using AMP HTML will automatically benefit — no need to go back and change code.
 
現時点でも、ページの読み込み時間を、15%〜85% ほど短縮することが可能であるが、エコシステムにおける最適化のための作業が、さらに推進されていくだろう。 AMP HTMLでは、コードの改変が不要となるため、すべての人々が自然にメリットを享受していく。
 
Google says that it already has nearly 30 publishers on board, and more will join the project as it develops and spreads. The company also says that a “core goal” of the AMP project is to support paywalls and subscriptions, giving publishers more ways to monetize their sites.
 
Google の話によると、すでに 30社ほどのパブリッシャーが、この話に乗っているという。 そして、このプロジェクトにおける開発と普及が進むにつれて、より多くが参加するだろうと、付け加えている。また、同社は、AMP プロジェクトの核心となる目標として、有償コンテントのサブスクリプションに関するサポートを挙げている。 それによりパブリッシャーは、自社のサイトにおけるマネタイズの方法を見つけ出していくだろう。
 
If you’re interested in getting started with AMP, the resources you need are on GitHub.
 
もし、AMP による開発をスタートしたいなら、必要となるリソースを GitHub で入手できる。
 
ーーーーー
google-55a昨夜は早寝だったので、夜中の 12時ころに目が覚めてしまい、なにげなくアジアの情報を眺めていたら、この AMP (Accelerated Mobile Pages) の話題で、世界中が盛り上がっていた・・・ というわけです 🙂 あまりにも、ニュース・ソースが多かったので、どれを読もうかと悩んでしまったのですが、この Beta News が面白そうでした。この他にも、HTTP/2 の話もありますし、100G Fiber もあれば、2020年の 5G もあるという、とても楽しみな展開になってきましたね。 _AC Stamp
 
Telegraph – Google announces AMP, a much faster way to load news articles
Engadget- Google wants to make mobile web browsing faster
ZDNet – Google launches project to speed up mobile, take away ad blocker
WSJ – Google’s ‘Accelerated Mobile Pages’ Promises Faster Loads
BI – Google has launched a major project that aims to make the entire mobile
ーーーーー
<関連>
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに拡張! 北米/東南アジアが近くなる!
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング:またも全面戦争か?
 

Comments Off on Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!

Windows の OSS 化:ChefCon で Mark Russinovich が爆弾発言

Posted in .Chronicle, .Selected, DevOps, Microsoft, Strategy by agilecat.cloud on April 8, 2015
Microsoft mulls an open source Windows
Senior engineer spills the beans at ChefCon.
Russell Brownon – Apr 7, 2015
http://www.itnews.com.au/News/402396,xxxxx.aspx
 
_ it news
 
A senior engineer from Microsoft has hinted that the company could one day open source the entire Windows operating system.
 
Microsoft のシニア・エンジニアが、Windows オペレーティング・システム全体に関するオープンソース化について、いずれは実現するかもしれないと示唆している。
 
Mark Russinovich, a Microsoft technical fellow and senior engineer, dropped the bombshell in front of several hundred people during a panel discussion at the ChefCon DevOps conference in the United States.
 
Microsoft の Technical Fellow and Senior Engineer である Mark Russinovich が、United States で開催された ChefCon DevOps カンファレンスのパネル・ディスカッションで、数百人の聴衆を前にして、この爆弾を落とした。
 
Russinovich told the crowd it was “definitely possible” that Microsoft could, in the future, choose to open up the Windows source code.
 
Microsoft が将来的に、Windows ソースコードのオープン化を選択することは、「可能性として間違いなく有り得る」と、Russinovich は聴衆に語っている。
 
“It’s a new Microsoft,” he said.
 
そして、「それが、新しい Microsoft だ」と、彼は付け加えている。
 
ChefConThe prospect is not as surprising as it might once have been. Last November, the company announced plans to open source the full server-side .NET core stack and bring the open-sourced .NET core to Linux and Mac OS X – with everything happening in plain view on code repository GitHub.
 
こうした見通しは、これまでの経緯をみれば、それほど驚くべきことではない。 昨年の 11月に同社は、サーバー・サイドの .NET Core Stack を完全にオープン・ソース化し、その .NET Core を Linux および Mac OS X 上に提供するという、計画を発表している。さらに言えば、コード・リポジトリである GitHub 上で、すべての計画は進められるようだ。
 
The company now has more than 1000 software repositories on GitHub, but until now Windows, a US$4 billion (A$5.27 billion) a quarter cash cow, has looked untouchable.
 
現時点において同社は、GitHub 上に 1000 以上のソフトウェア・リポジトリを有している。しかし、四半期で US$4 billion ものキャッシュを稼ぎだす Windows は、そうならないだろうと、これまでは推測されてきた。
 
Russinovich asked for a show of hands from the audience on how many attending solely ran Windows. One single hand was raised from a crowd of hundreds.
 
Russinovich は、Windows の利用率を確認するために、聴衆に挙手を求めたが、数百の手が挙がるという結果が示された。
 
Russinovich – Microsoft’s chief technical officer of Azure – said in the company’s cloud computing service, almost 20 percent of virtual machines are Linux already.
 
Microsoft PDC
 
Microsoft Azure の CTO でもある Russinovich は、同社のクラウド・コンピューティング・サービスに関して、ほぼ 20% の仮想マシンが、すでに Linux で動いていると述べている。
 
He acknowledged that in the past it “would have freaked people out to think about Microsoft running Linux in our cloud”.
 
これまでも、「私たちのクラウドで、Microsoft が Linux を走らせることに、とても熱狂する人々がいる」と、彼は認めていた。
 
“Every conversation you can imagine about what should we do with our software — open versus not-open versus services — has happened,” he said. “It’s really a matter of choice. We’re going to continue to innovate and deliver cool stuff in Windows [while] we see customers that are making other choices.”
 
「 みなさんがイメージする、すべてのディスカッションにおいて、Open 対 Not-Open 対 Services という議論が生じている。それは、まさに選択の問題だ。 私たちは、さらにクールな Windows を目指して、イノベーションを継続していくが、他の選択肢を望むカスタマーがいることも知っている」と彼は発言している。
 
While developers were absorbing the news, Microsoft’s founder Bill Gates sent an open letter to the company’s staff as part of its 40th anniversary celebrations urging them to focus not on Microsoft’s legacy, but on its future.
 
このニュースに、デベロッパーたちは夢中になっている。その一方で、Microsoft の Founder である Bill Gates は、40周年の祝辞の一環として、全社員に公開書簡を送っている。そして、その内容はというと、Microsoft の歴史にではなく将来に対して、集中を促すものになっている。
 
Amid the birthday celebrations, the company confirmed the last few hundred of the 18,000 layoffs it began making last year.
 
こうした、お祝いムードの中で、昨年から進められている 18,000人 のレイオフの、最後の数百人が確定するという現実もある。
 
Copyright © iTnews.com.au . All rights reserved.
 
ーーーーー
MS昨年の 11月3日に、「Microsoft の決断:フル .NET サーバー・コア・スタックをオープンソース化する!」という抄訳をポストしていますが、それもオーストラリアの iT News でした。そして、今回の Open Windows というニュースですが、、、Microsoft は Office 365 などにより、本質はサービスに有りという路線へ、すでに転換していると推測できます。 もちろん、手元のデバイスに価値が無いという話ではありませんが、Apple が主張する価値というより、Google の考え方に近いところへと、移行を完了しているように思えます。 それにしても、Mark Russinovich さんは、いつも歯切れがよくて、ナイスですね! これからが、とても楽しみです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に・・・

Comments Off on Windows の OSS 化:ChefCon で Mark Russinovich が爆弾発言

Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!

Posted in DevOps, Facebook by agilecat.cloud on March 11, 2015
Facebook’s 2014 Open-Source Highlights
David Cohen on December 23, 2014
http://www.adweek.com/socialtimes/2014-open-source-highlights/440228
 
_ Social Times
 
Facebook OSS2014 was a big year for open-sourcing at Facebook, and the social network presented its highlights in that sector for the year in the form of a 12 Days of Open Source blog post by head of open-source projects James Pearce.
 
Facebook のオープン・ソースにとって、2014年は Big Year であった。そして、このソーシャル・ネットワークは、Head of Open-Source Projects である James Pearce のブログ・ポスト 12 Days of Open Source で、この年のハイライトを発表した。
 
Pearce highlighted:
 
  • React won a photo-finish over HHVM to become the first Facebook flagship open-source project to reach 10,000 stars on GitHub, with both achieving the milestone on the same day. Next up on that list, according to Pearce: Pop.
  • React は、大接戦の末 HHVM を上回り、ついに Facebook のフラッグシップ・オープンソース・プロジェクトとなった。どちらも同じ日に、GitHub で 10,000 Star を獲得するという、マイルストーンを達成している。Pearce によると、このリストで次に続くのは Pop となる。
  • Facebook launched 107 new open-source projects in 2014, totaling 65,000 stars on GitHub and more than 6,000 forks.
  • Facebook は、2014年に 107 のオープン・ソース・プロジェクトを新たに立ち上げ、GitHub 上で 65,000 Star を獲得し、6,000 以上のフォークを生み出した。
  • The top five open-source projects in terms of stars on GitHub were: Pop (more than 9,000 in just eight months), Shimmer, immutable-js, AsyncDisplayKit and Flow, with honorable mentions going to osquery, Flux, Tweaks, Bolts, KVOController, WebScaleSQL, Proxygen, Chisel, Jest and fb-flo.
  • それまでの GitHub では、Pop (8ヶ月で 9,000+ Star を取得)、Shimmer、immutable-jsAsyncDisplayKitFlow が、Top-5 を形成していた。そして、osqueryFlux、Tweaks、Bolts、KVOController、WebScaleSQLProxygen、Chisel、Jest、fb-flo などが、あとに続いていた。
  • Pearce called out the following collaborators and users on certain projects: React (Adobe, Khan Academy, Pinterest), Rebound (Flow, Jelly, Tumblr), HHVM (Baidu, Box, Wikipedia) and Presto (Airbnb, Dropbox, Netflix).
  • Pearce が言うには、いくつかのプロジェクトでは、以下のような協力者とユーザーがいる:React (Adobe, Khan Academy, Pinterest)、Rebound (Flow, Jelly, Tumblr)、HHVM (Baidu, Box, Wikipedia)、Presto (Airbnb, Dropbox, Netflix)。
  • More than 1,000 external developers contributed to Facebook’s open-source projects in 2014, with 200 making five or more commits.
  • 2014年の Facebook オープン・ソース・プロジェクトには、1,000人以上の外部デベロッパーがコントリビュートし、200人が 5つ以上をコミットしている。
  • More than 5,500 pull requests were made on the social network’s open-source projects in 2014.
  • このソーシャル・ネットワークのオープン・ソース・プロジェクトでは、2014年に 5,500回以上のプル・リクエストが発行されている。
  • There were more than 28,000 commits on Facebook’s public projects in 2014, and more than 17 percent of those came from external developers, with projects such as PHP SDK and React seeing nearly one-half of their commits come from external contributors.
  • 2014年の Facebook パブリック・プロジェクトには、28,000以上のコミットを受け付けており、そのうちの 17% 以上は、外部デベロッパーからのものであった。PHP SDK と React などのプロジェクトを含めると、約半分のコミットが外部コントリビューターからのものとなる。
  • The top five external contributors in 2014 were: Ben Alpert (399), Tim Siebels (137), Joerg Maier (98), Ankit Gupta (87) and Cheng Lou (81).
  • 2014年における、外部コントリビューターの Top-5 は、Ben Alpert (399)、Tim Siebels (137)、Joerg Maier (98)、Ankit Gupta (87)、Cheng Lou (81) である。
  • The two security-related releases in 2014 were osquery and Conceal.
  • 2014年の、セキュリティに関するリリースは、osquery と Conceal の 2つである。
  • Developers from Facebook spoke at seven Open Source Convention (OSCON) sessions in 2014.
  • 2014年の  Open Source Convention (OSCON) では、Facebook のデベロッパーが、7つのセッションを担当した。
  • The average age of pull requests decreased by three times in 2014.
  • プル・リクエストの平均間隔は、2014年に 1/3 にまで短縮された。
 
ーーーーー
facebookFacebook のオープンソースというと、古いポストになりますが、2010年の「Facebook を 1.8 倍速に、WordPress を 2.7 倍速にする、HipHop とは ?」が強烈な印象として、記憶に残っています。そして、それが、HipHop Virtual Machine(HHVM)として活躍し続けているのを、このポストで知りました。 ほんと、Facebook はオープンソースの宝庫であり、素晴らしい活動を継続していると思います。 ちょうど昨夜から(3/10〜3/11)、Open Compute Project Summit 2015 も開催されています。 今年は、ちょと事情があって参加できませんでしたので(涙)、これから Web で追いかけてみたいと思っています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の 超絶 Web パフォーマンス : その秘密を解析する
Google App Engine が PHP をサポート:75% の Web をカバーしているから
Facebook が発表した Folly は、宝石のような オープンソース C++ ライブラリ
Facebook 探検隊: どのようなソフトウェアでスケールを達成しているのか
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!
 

Comments Off on Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!

Open Source の調査:コミュニティとプロプライエタリの間に、商用オープンソースという第3の選択肢が!

Posted in On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on February 2, 2015
Commercial Open Source: Better Rankings for Cost, Quality, Security and Control
http://wp.me/pwo1E-8g9
Dick Weisinger – Jan 28, 2015
http://formtek.com/blog/commercial-open-source-better-rankings-for-cost-quality-security-and-control/
 formtek.png
 Open Source is no longer just about getting low-cost or free software.
 
もはやオープンソースは、低コストや無料で得られるソフトウェアという観点で、単純に語るものではないようだ。
 
Rob Howard, Zimbra CTO, said that “open source provides way more benefit than cost savings alone. Open source delivers on quality and control; it empowers IT to make an impact on more than just the bottom line… there is significant opportunity for open source also to play a central role in the future of security and privacy… ”
 
Zimbra の CTO である Rob Howard が言うには、「オープンソースが提供するものは、単なるコスト削減ではなく、より多くのメリットを実現するための方式である。オープンソースは、クォリティとコントロールを提供する。 つまり、それにより、IT 部門に与えられる権限が、最低限のラインよりも膨れ上がってくるのだ。 さらに言えば、将来におけるセキュリティとプライバシーを、オープンソースが中心となって担っていくという、大きな期待感も存在する」となる。
 
Chagall_11Olivier Thierry, Zimbra CMO, wrote that “with a pure open source model, the community is accountable for security; whereas, in a proprietary model, the software vendor is responsible. A third model exists, commercial open source, which provides a risk-appropriate blend of incentive-based vendor accountability and community-driven code transparency.”
 
Zimbra の CMO である Olivier Thierry は、「純粋なオープンソース・モデルでは、その対象となるコミュニティが、セキュリティについても責任を持つ。 その一方で、プロプライエタリ・モデルでは、ソフトウェアを供給するベンダーが、その責任を持つ。第3のモデルとして、商用オープンソースというものが存在する。 そこでは、インセンティブ・ベースのベンダーによる義務と、コミュニティが主導するコードの透明性というかたちで、最適なリスク・ブレンドが達成される」と述べている
 
A Ponemon/Zimbra survey on Open Source found that IT professionals rank open source software above proprietary software on cost, business continuity, quality and control.  Specific rankings are as follows:
 
オープンソースに関する Ponemon/Zimbra の調査では、そこで生じるソフトウェアのコストおよび、ビジネスの継続性、品質/制御という視点において、オープンソースの方がプロプライエタリを上回っていると、IT プロフェッショナルたちが評価している状況が見えている。いくつかの項目において、オープンソースが得ている評価は、以下のとおりである:
 
  • Better business continuity (67 percent)
  • Higher quality (60 percent)
  • Greater control (57 percent)
ーーーーー
On Monday商用オープンソースというと、CloudStack と Citrix の関係を思い浮かべてしまいますが、規模の大小を問わなければ、それ以外にも数多くのケースが存在するようです。 文中にもリンクが貼られていますが、Wikipedia の List of commercial open-source applications and services を見ると、かなりの数の商用オープンソースが存在しているという実態が見えてきます。とりわけ、セキュリティとプライバシーに関しては、あらゆるオープンソースが取り組むべき、基盤としてのレイヤが確立し、また、ビジネスとして責任をもつ企業が登場してくるというモデルが、充分に考えられると思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!

Comments Off on Open Source の調査:コミュニティとプロプライエタリの間に、商用オープンソースという第3の選択肢が!

IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on January 19, 2015

Internet of Things (IoT): 10 Predictions for the Future
http://wp.me/pwo1E-8de
By Dick Weisinger – Jan 14, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-10-predictions-for-the-future/

_ formtek

“If you think that the internet has changed your life, think again. The IoT is about to change it all over again!” says Brendan O’Brien, Chief Architect and Co-Founder of Aria Systems

「もし、Internet が、あなたの人生を変えたと思えるなら、もう一度、イメージしてみないか。 IoT が、まったく同じようなことを、再び実現しようとしているのだ」と、 Aria Systems の Chief Architect and Co-Founder である Brendan O’Brien が述べている

Just hype and bluster from another vendor?  What does the future really hold for the Internet of Things (IoT)? In December, IDC published predictions for IoT:

それは、ベンダーによる、単なる妄言や空手形なのか? 実際のところ、IoT は将来において、何をもたらすのか? この 12月に IDC が、IoT に関する予測を発表している

  • The cloud will become the focus of IoT. Within five years 90 percent of all IoT data will be hosted in the cloud
  • IoT data breaches are certain to happen. Within two years, 90 percent of IoT systems will have had a security breach.
  • Processing of IoT data will move closer to ‘the edge‘.  In three years, 40 percent of IoT processing will be done on the edge.
  • IoT data will overwhelm some systems. As many as 10 percent of networks are expected to be affected
  • Data centers and enterprises will need to change their current policies and business models to adopt to BYOD and IoT
  • Within five year, all industries will roll out IoT initiatives. The principle IoT activity today (50+ percent) is centered in manufacturing, transportation, smart city, and consumer applications
  • By 2018, local government spending will account for a quarter of all government spending as local governments attempt to build innovative and sustainable smart cities
  • Within three years, 60 percent of IT solutions that originally were designed as proprietary and closed-source will move to open source
  • Within five years, wearables will challenge smartphones as an alternative
  • In three years, Millennials will be in a position to further accelerate adoption of technologies like IoT
  • クラウドが、IoT においてもフォーカスされる。 5年以内に、全 IoT データの90% が、クラウド上にホストされる
  • IoT データへの侵害は、確実に起こるだろう。 2年以内に、IoT システムの 90%が、セキュリティ侵害に遭遇するだろう。
  • IoT データの処理は、「エッジ」へ向かって移動していく。 これからの 3年以内に、IoT プロセシングの 40% がエッジで行われる。
  • IoT データは、いくつかのシステムの許容量を上回るだろう。最大で 10% のネットワークが、影響を受けると予想される。
  • データセンターとエンタープライズは、BYOD および IoT に対応するために、現行のポリシーやビジネス・モデルの変更が必要になるだろう。
  • 5年以内に、すべての産業が、IoT イニシアティブを展開していく。 今日における基本的な IoT アクティビティ(50% 以上)は、製造/運輸/スマート・シティ、そして、コンシューマ・アプリの中央に配置されている。
  • 2018年までに、地方の自治体は、革新的で持続可能なスマート・シティの構築に取り組むことになる。それにつれて、自治体への支出は、政府における全支出の 1/4 を占めるようになる。
  • 3年以内に、当初はプロプライエタリやクローズド・ソースとしてデザインされた IoT ソリューションの、60% がオープン・ソースへと移行する。
  • 5年以内に、スマホに代わるものとして、ウェアラブルがチャレンジを開始する。
  • 3年以内に、現代に生きる私たちは、IoT のようなテクノロジーを加速させるポジションに座る。

Vernon Turner, SVP of Research at IDC, said that “the Internet of Things will give IT managers a lot to think about.  Enterprises will have to address every IT discipline to effectively balance the deluge of data from devices that are to the corporate network. In addition, IoT will drive tough organizational structure changes in companies to allow innovation to be transparent to everyone, while creating new competitive business models and products.”

IDC の SVP of Research である Vernon Turner は、「 IoT は、IT マネージャーたちに、数多くの考察を提供するだろう。各種のデバイスから企業のネットワークへと向かう、大洪水のようなデータのバランスを効果的にコントロールするために、エンタープライズは全ての IT 規律に対して、取り組んでいく必要があるだろう。それに加えて IoT は、企業における組織構造に対して、断固とした変革を要求する。それにより、誰に対しても透明なイノベーションが実現される一方で、新たな競争のためのビジネス・モデルやプロダクトが生まれてくる」と述べている

ーーーーー

注記:FBページで、Millennials  には「2000年代に成人を迎える人々」という意味があると教えていただき、訳を修正しました。 これで、最後の項目の文脈がはっきりしました。 ありがとうございます!

ーーーーー

あくまでも予測なので、そういうものとして参照すべきなのですが、「2年以内に、IoT システムの 90% がセキュリティ侵害に遭遇する」といのは、早急に対処すべきものが山積みになっているという、警告とも受け取れます。 また、つい先日に、Intel が IoTivity という、IoT のための OSS フレームワークを発表しましたが、「IoT ソリューションの 60% がオープン・ソースへと移行」という予測と、方向性が合致しているようにも思えます。 そして、最後の項目に関してですが、「26年目以降のウェブに必要なもの:WWW の生みの親から4つのヒント  – Wired」という Tim Berners-Lee の寄稿にあるように、まさに Web を知る前の私たちと、いまの私たちの置かれた状況が、重なって見えてくるのです。

ーーーーー

<関連>

SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が紛れ込んでいるのか?

Comments Off on IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ

Posted in .Chronicle, On Monday by Agile Cat on December 29, 2014

クラウド全体を俯瞰する視点から・・・
http://wp.me/pwo1E-889

今年から、月曜日の朝にポストし始めたシリーズであり、On Monday という名前を付けていますが、その大元は、Formtek の Dick Weisinger さんのブログです。 彼が毎日のようにポストするコンテントから、今週の1本を選んで訳しています。 この Weisinger さんのコンテントの特徴は、有益な情報をシンプルかつタイムリーに提供してくれるところです。さらに言えば、あまり各論には踏み込まず、最も重要なポイントを大づかみにしていくところが、気に入っています。

そして、近視眼的になりがちな Agile Cat を、クラウド全体を俯瞰する位置へと、週の始まりに引き上げてくれるという、とても有り難い存在になってきています。 なにぶん、内容がシブめなので、どれくらいの人が読んでくれるのかと、当初は不安だったのですが、回を追うごとに PV も増えてきて、とても嬉しい気分で年末を迎えることができました。

それにしても、この Weisinger さんは、どのようにして情報を集めているのでしょうかね? 視野の広さと、すばらしい選別眼がなければ、こんなに沢山の、しかも 有益性の高い情報を、集められるものではありません。 そんなわけで、Agile Cat 的には、High Scalability の Todd Hoff さんと並んで、二大スター・ブロガーとして尊敬する存在になってきているのです。世界は広い!

ーーーーー

12/12: 2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
12/30:
Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?
12/31:
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10

ーーーーー

01/13: IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーだが課題が山積
01/20: Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
01/22: Cloud の調査:Top-100 プロバイダーの 25% が買収される
01/31:
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
02/17: Hadoop と Big Data の調査:問題点は信頼性/使い易さ/解決策の欠落
02/26: Mobile Security の調査:エンタープライズと Androidと フリー・アプリ
03/04: Web Programming の調査:Google Dart が Javascript を置換える?
03/10: Hybrid File Sharing の調査:パブリックとオンプレの自由なブレンド!
03/17: IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索
03/18: Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

ーーーーー

04/03: Green DC の調査:ビジネスでの優位性と、環境への影響
04/04:
Storage の調査:Long-Term Low-Costのコールド・ストレージは 5PB?
04/15: IoT の調査:データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす
04/18: Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な外部との協調とは?
05/02: Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが 3兆ドル分!
05/06:
Open Source の調査:ユーザー主導の確立が、人々と組織を惹きつける
05/16: Cloud Computing の調査:オンプレミスの補完から置き換えへ
05/23:
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
05/27: Data Center の調査: 未来の DC は、小型で手元に置かれるものになる
06/06: Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ
06/10:
IoT の調査: 見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
06/19:
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
06/24:
Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?

ーーーーー

07/01: Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化と大きな実績!
07/11: SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供!
07/16: Cloud の調査:マイグレ期間から、クラウド・ネイティブ・アプリ時代へ
07/25: Big Data の調査:Google DataFlow は、MapReduce の正当な継承者?
07/29: Hybrid の調査: 企業データの分析と、20-60-20 の 仕分けシナリオ
07/30: Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題を根絶
08/08: Cloud の調査:クラウドだからといって、プロジェクトの失敗は減らない
08/19: Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける
08/27:
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、約2兆円の節約
09/04: Security の調査: 優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供
09/08: Technology の調査:IBM による 7 NANO チップへの取り組み
09/09:
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へと向かう
09/24:
Open Source の調査:OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
09/25: SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく

ーーーーー

10/08: IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT に応用できるはずだ!
10/13:
Gartner の調査:私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
10/23:
Security の調査:Google と Dropbox の Simply Secure とは?
10/24:
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
11/06:
Social の調査:Twitter と MIT が、膨大なソーシャル・ストリームを分析
11/11: CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux を再編する
11/18: Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げる
11/28:
Mobile App の調査:エンタープライズからコンシューマへ流れる開発者
12/03: Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が?
12/09:
Cloud の調査:DC トラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る
12/16: Cloud の調査:クラウドへの投資は、2018年までにオンプレを追い越す

ーーーーー

それと、月曜の朝を爽やかな気分で迎えられるようにと思い、Agile Cat のお気に入り画家の、しかも雲が描かれた作品を差し込んでいるのですが、気に入ってもらえているでしょうか? ポストの内容を自分なりに考え、季節にも気遣いながら、1枚の絵を選んでいるのですが、それが、月曜の朝の、ちょっとした楽しみになってきました。 来年も、今年と同様、絵付きでお届けしていきま〜す!

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ

%d bloggers like this: