Agile Cat — in the cloud

Microsoft が Genee を買収:その AI が Office 365 を変えていく?

Posted in .Selected, AI ML, Microsoft by agilecat.cloud on September 8, 2016
Microsoft buys AI firm Genee to bolster Office 365
Jane McCallion – Aug 23, 2016
http://www.cloudpro.co.uk/collaboration/6241/microsoft-buys-ai-firm-genee-to-bolster-office-365
 
cloudpro
 
Microsoft has bought artificial intelligence (AI) business Genee for an undisclosed sum, in a bid to boost Office 365’s productivity suite.
 
Microsoft は、Office 365 のプロダクティビティ・スイートを促進するために、Genee という未公開の AI カンパニーを買収した。
 
office_365Acquisition will improve “intelligent experiences” in Office 365
 
Currently, Genee’s product offers an intelligence-driven power scheduling tool that helps users find slots in their diary for meetings, calls and similar events without them having to consult their calendars manually.
 
現時点における Genee のプロダクツは、インテリジェンスで駆動するケジューリング・ツールである。具体的に言うと、手作業によるカレンダーの参照に依存することなく、会議/通話/イベントのスロットを、見つけ出すことが可能になるというものだ。
 
scheduling-tool-geneeClick to Large >>>
 
The service, which also allows users to check their schedule for the day without having to consult a calendar and set up reminders, works via email, text message, Twitter, private messaging and Facebook Messenger.
 
このサービスでは、カレンダーを参照することなく、その日のスケジュールのチェックが可能になる。そして、電子メール/テキスト・メッセージ/プライベート・メッセージ/Twitter/Facebook Messenger などを介した、リマインダーの設定が可能になる。
 
 
However, following the acquisition by Microsoft, Genee will be shutting down on 1 September while it is integrated into the Redmond giant, where it will be incorporated into the Office 365 suite.
 
しかし、Redmond の巨人に買収された Genee は、9月1日にシャットダウンされ、Microsoft Office 365 スイートに組み込まれることになる。
 
screen_shotIn a blog post, Rajesh Jha, corporate VP of Outlook and Office 365, said: “With today’s news, I’m excited to welcome the Genee team to Microsoft. As we continue to build new Office 365 productivity capabilities and services our customers value, I’m confident the Genee team will help us further our ambition to bring intelligence into every digital experience.”
 
VP of Outlook and Office 365 である Rajesh Jha は、「今日に報道された、Micorosft への Genee の参加を、心から歓迎する。私たちは、新しい Office 365 の生産性と、顧客に提供する価値を高め続けていく。Genee のチームが、すべてのデジタル・エクスペリエンスに、インテリジェンスを持ち込むことで、私たちの望みが拡大していくと確信している」と、プログ・ポストで述べている。
 
Genee’s co-founders, Ben Cheung and Charles Lee, added in their own blog post: “We consider Microsoft to be the leader in personal and enterprise productivity, AI, and virtual assistant technologies, so we look forward to bringing our passion and expertise to a team that is committed to delivering cutting-edge language and intelligence services.”
 
Genee の Co-Founder でる Ben Cheung と Charles Lee は、「Microsoft は、パーソナルとエンタープライズにおける、プロダクティビティと人工知能と仮想アシスタントのリーダーである。したがって、言葉と知能という最先端のサービスを提供していくチームに、私たちの情熱と能力を提供することを、とても楽しみにしている」と、同社のブログ・ポストに書き加えている。
 
Michael Hack, senior vice president of EMEA operations at network monitoring firm Ipswitch, said: “Today’s announcement that Microsoft has acquired AI technology company Genee signals the starting whistle for AI in the enterprise. Businesses and IT teams are ready and willing to explore the opportunities that intelligent systems bring.”
 
Ipswitch の EMEA 担当 VP である Michael Hack は、「Microsoft のアナウンスメントは、同社が AI テクノロジーの企業である Genee を買収することで、エンタープライズにおける AI が発進することを知らしめることにある。企業と IT のチームは、インテリジェントなシステムがもたらす機会に対して準備を整え、その研究を楽しみにしている」と述べている。
 
“However, IT professionals need to approach intelligent machines with their eyes wide open,” Hack added. “Despite the speed of adoption, a study carried out by Ipswitch revealed] that IT decision makers are finding it difficult to assess the full extent of risks, challenges and threats posed by intelligent systems. Security, funding constraints and lack of knowledge were all named as primary obstacles to adoption and use.
 
そして、彼は、「ただし、IT プロフェッショナルたちは、目を大きく開いて、インテリジェントなマシンにアプローチする必要がある」と加えている。Ipswitch の調査で明らかになったように、AI の採用におけるスピードにもかかわらず、IT の意思決定者は、インテリジェント・システムがもたらす全体的なリスク/課題/脅威を評価すことが困難だと捉えている。具体的に言うと、セキュリティおよび、資金の制約、知識の欠如が、採用と利用における主要な障害として指摘されている。
 
“As network managers grow more confident with intelligent systems, they will become increasingly willing to tackle more complex applications. However, they need to ensure they have the right tools in place to enable them and support the IT team to manage the impact effectively.”
 
そして、彼は、「ネットワーク管理者が、インテリジェントなシステムに対する信頼を深めることで、より複雑なアプリケーションへの取り組みが進んでいく。しかし、影響を効果的なものにするためには、それを実現するための適切なツールを手にし、また、IT チームをサポートしていくことが、必要である」と、付け加えている。
 
Brent Kenwell, a writer with financial market tracking site Seeking Alpha, also welcomed the move.
 
金融市場に目を向ける Seeking Alpha で執筆している Brent Kennel も、この動向を歓迎している
 
“If Intel and Nvidia were any indication, the deep-learning and artificial intelligence field has been coming to life faster than anyone seems to realise. But Microsoft isn’t planning on missing out either,” Kenwell said.
 
Intel と Nvidia が暗示しているように、機械学習と人工知能の分野は、誰もがが想像する以上に素早く、私たちの日常に到来する。そして、Microsoft は、どちらの領域でも、ビジネスを立ち上げようと考えている」と述べている。
 
“Microsoft has also been making strides in chat capabilities and employee scheduling systems. But this is what the company has to do in order to keep relevant. With what Alphabet can do for its Android systems and Apple for iOS, Microsoft has to keep pace with its own applications if it doesn’t want to lose users,” he added.
 
そして、彼は、「また、Microsoft は、チャットに関する機能や、従業員のスケジュール・システムで前進を続けている。しかし、それは、同社が相対的な位置関係を保つために、進めているアクションである。Alphabet が、Android と iOS の実現している機能に合わせて、Microsoft もユーザーを失わないよう、そのアプリケーションにおける進化のペースを保っている」と述べている。
 
ーーーーー
MSどのような AI が、Office 365 を加速させてくれるのでしょうか? とても楽しみですね。以前に、「Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!」という抄訳をポストしましたが、この機能により、ドキュメント間の関連性がなどが許可されるはずです。そこに、Genee の AI が加われば、ドキュメント・ライブラリーの構成を知っている、パーソナル/チーム・アシスタントなどが成立するのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
シンガポール政府と Microsoft が提携:チャットボットで新しい電子政府を!
パーソナル・アシスタント:2016年の 5億人から、2021年の 18億人に急増していく!
Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!
サーバー・セキュリティにおいて、自動化が必須となる理由を説明しよう
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
 

Comments Off on Microsoft が Genee を買収:その AI が Office 365 を変えていく?

Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!

Posted in .Selected, Amazon, Businesses, Microsoft by agilecat.cloud on May 22, 2016
Microsoft is struggling to close a $2 billion gap with Amazon
Matt Weinberger – May 4, 2016
http://www.businessinsider.com/microsoft-azure-cant-catch-up-to-amazon-web-services-2016-5
 
_ Business Insider
 
Microsoft’s cloud business may be growing faster than Amazon’s gargantuan $7 billion Amazon Web Services, but it’s still not enough to close a $2 billion gap between them, says Barron’s.
 
Microsoft のクラウド事業(Azure 単体)は、7 billion の売上と言われる Amazon Web Services よりも素早く成長しているが、両者のギャップである 2 billion(四半期あたり)を埋めるのは容易なことではないと、Barron’s は述べている。
 
To back up its argument, Barron’s took a deep dive into Microsoft’s financials from its last quarterly earnings statement.
 
この論点を補足するために、Barron’s が取り上げているのは、Microsoft の直近(2015年Q4 ?)の四半期収支レポートの詳細である。
 
Satya NadellaMicrosoft
 
Microsoft CEO Satya Nadella
 
For its cloud businesses, including Azure and Office 365, Microsoft only discloses year-over-year growth rates, not total revenue (to former CEO Steve Ballmer’s chagrin), but Barron’s made some educated guesses.
 
Microsoft のクラウド・ビジネスに関して、同社が公表しているデータは、Azure と Office 365 などを含むものであるが、その内容は対前年成長率であり、総売上ではない(前 CEO である Steve Ballmer を残念がらせた)。しかし、Barron’s は、その経験に基づき、いくつかの推察を提供している。
 
Just as bad, if not worse than the Amazon competition, Barron’s estimates that the Microsoft Azure cloud — which lets customers rent fundamentally unlimited supercomputing resources from Microsoft’s data centers on a subscription basis — isn’t growing fast enough to offset sinking sales of Microsoft’s lucrative Windows Server and other legacy server products.
 
Amazon との競合において、不利かも言えるし、不利ではないとも言える。たしかに、Microsoft Azure により、サブスクリプション・ベースのユーザーたちは、無限ともいえるコンピューティング・リソースを、同社のデータセンターから引き出せるようになった。しかし、その成長スピードとなると、Windows Server などのドル箱レガシー・サーバー・プロダクトの落ち込みを、相殺するには至っていない、と Barron’s は推定している。
 
But there’s some good news: Despite a period of cannibalization, revenue from sales of the Office 365 cloud productivity suite to businesses is finally catching up with the boxed Office software.
 
しかし、その一方では、いくつかの良いニュースもある。 いわゆる、共食いの期間にあるのだが、ついに企業向けの Office365 クラウド・プロダクティブ・スイートが、ボックスで販売される Office ソフトウェアに追いついてきたのだ。
 
Here are the takeaways from the Barron’s report:
 
以下は、その Barron’s レポートの要点である:
 
  • Despite Azure’s reported 120% growth over the same period in 2015, it’s the second quarter in a row where there was a projected $2 billion-ish gap between Microsoft Azure and Amazon Web Services.
  • Again despite Azure’s growth, it only accounts for an estimated 12% of Microsoft’s Server Products & Cloud Services revenue, which booked a 6% decline last quarter. With Server Products sinking an estimated $600 million from the last quarter, the $300 million growth in Azure couldn’t offset it.
  • Office 365 commercial revenue was $2.1 billion in the quarter, estimates Barron’s, versus $3 billion for boxed Office commercial sales.
  • As computer manufacturers shift to the newer Windows 10 operating system, Microsoft has seen less turbulence from the shrinking PC market than expected. But as we approach the one-year anniversary of Windows 10, Barron’s says, that buffer will dissipate.
  • Finally, Barron’s estimates that revenue in Microsoft’s Surface tablet and laptop division grew an estimated $400 million from the last quarter, versus a decline of $292 million in the Windows business. But that may not last forever, as consumers buy fewer PCs overall.
 
  • 2015年 Q4 において、Microsoft Azure は $560 million の売上を達成しているが、Amazon Web Services は $2.466 billion に伸びている。
  • 2015年の同期に、Azure が 120% の成長を達成したにもかかわらず、この、同社における 2015年 Q2 では、Microsoft Azure と Amazon Web Services のギャップは、$2 billion ほどだと思われる。
  • 再びであるが、その成長にもかかわらず、Microsoft の Server Products & Cloud Services 部門において、Azure の売上は 12% を占めるに留まっている。ちなみに、同部門の売上は、2015年 Q4 で 6% のマイナス成長となっている。Server Products の売上は、2015年 Q4 の時点で、前年から $600 million の売上減であるが、Azure の成長は $300 million であるため、それを相殺することができなかった。
  • この四半期において、Office 365 の売上は $2.1 billion であり、ボックスで販売される Office は $3 billion であると、Barron’s は推定している。
  • コンピュータ・メーカーたちは、新しい Windows 10 オペレーティング・システムに移行しているが、予想していたほどには、PC 市場は縮小していないと、Microsoft は見ている。しかし、Windows 10 のデビューから 1年目に近づくにつれて、そのバッファが減っていくと、Barron’s は予測している。
  • Microsoft の Surface Table/Laptop 部門は、前四半期との比較で $400 million の成長を達成したが、Windows 部門は $292 million のマイナス成長であると、Barron’s は推定している。グローバルで見て、PC を購入する消費者が減っている以上、永遠に続くビジネスではないのかもしれない。
 
Overall, it doesn’t paint an especially rosy picture for Microsoft: Those Microsoft Office stats are encouraging, and Microsoft Azure is growing fast. But Amazon Web Services is the one for Microsoft to beat in the cloud market, and this all indicates that it’s not gaining ground quickly enough to offset the diminishing demand for its traditional cash-cows.
 
全体的に見て、Microsoft のバラ色の未来は、まだ描ききれていない。しかし、Microsoft Office は有望な状況にあり、また、Microsoft Azure も急速に成長している。クラウドの世界において、Microsoft は Amazon Web Services を叩く必要があるが、これまで膨大なキャッシュを生み出し、いまは利益を減少させている、従来からのプロダクト・ラインを、すみやかに置き換えるだけの勢いには、まだ達していないことになる。
 
ーーーーー
MSまず、お断りしておきますが、Barron’s のレポートが示す直近の四半期というのは、2015年 Q4 のことだと思われます。文中における AWS の売上額などと照らし合わせると、そのように解釈したほうが矛盾が生じません。おそらく、Barron’s の 2015年を分析するレポートが、この1月〜3月期に公表され、そこでの記述を、Business Insider が、そのまま引用していると推定しています。 ーーー 先月にポストした、「いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく」という抄訳を見ると、その中のチャートから、2012年 Q4 の AWS が、約 600 million の売り上げで、91% の対前年成長率であったことが読み取れます。そして、3年後の Azure はというと、 $560 million の売上で、120% の対前年成長率と記されています。今後の Azure が、どのような成長曲線を描くのでしょうかね。 そして、やはり SaaS の売上は大きいと、誰もが納得してしまう、Office 365 の存在です。端的に言って、Azure + Office 365 対 AWS で比較すると、両者のクラウド・ビジネスは、ほぼ同列に並んでいることになります。さらに言うなら、ボックスで売られている Office が、まだ、3 billion/四半期のマージンを残しているとも言えるのです。これからが楽しみな、Microsoft と Amazon のクラウド対決ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
AWS が、安定して利益を生み出すエンジンになってきた: それを示す1枚のチャート!
Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?
PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
 

Comments Off on Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!

Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する

Posted in .Chronicle, Amazon, Microsoft, Research by agilecat.cloud on May 13, 2016
Microsoft cloud growth slowed this quarter, but no cause for panic yet
Matt Rosoff – Apr. 21, 2016
http://www.businessinsider.com/microsoft-cloud-run-rate-by-quarter-2016-4
 
_ Business Insider
 
In yesterday’s earnings report, Microsoft noted that the company was at a $10 billion annualized “run rate” for its cloud businesses. That’s only a $600 million gain, or 6%, from the last quarter.
 
昨日 (4/20) の収支報告レポートにおいて、クラウド・ビジネスの年間 Run Rate が $10 billion に達したと、Microsoft は述べている。ただし、その伸び率は 2015 Q4 と比較して 6% であり、また、上げ幅は $600 million に過ぎない。
 
microsoft_cloud
Statista
 
That may seem like a problem at first glance, given that Microsoft is betting so heavily on cloud customers to make up for slowing software sales. But in fact Microsoft’s cloud run rate grows in fits and starts, and is timed with its traditional enterprise sales cycle. Typically, large organizations sign and renew their big licensing deals with Microsoft in the December quarter (the end of many companies’ fiscal year) and June quarter (the end of Microsoft’s fiscal year, where managers are under the greatest pressure to close deals before the year ends). So, as this chart from Statista shows, the September 2015 quarter also showed slow growth, but it picked up at the end of the year.
 
Microsoft が、クラウド・マーケットに大きく投資し、減速しているソフトウェア販売を補完していることを前提にすると、この成長率は問題だと思えるかもしれない。しかし、Microsoft のクラウド Run Rate には、従来からのエンタープライズ・セールス・サイクルと同期するというムラがあるのだ。 その典型として、12月で閉まる Q4(会計年度末となる企業が多い)において、多くの大手企業が Microsoft と契約を交わし、また、既存の契約を更新している。また、6月で閉まる Q2 は、Microsoft における会計年度の締めであり、同社のマネージャーたちに大きなプレッシャーが掛かることになる。したがって、この Statista のチャートは、2015年 Q3 の成長が低く、その分が Q4 に寄せられるという状況を示している。
 
If the number stays low next quarter, though, that could signal a problem.
 
したがって、次の四半期である 2016年 Q2 が低調にあると、問題が生じたというシグナルになる。
 
That said, “run rate” is a pretty loose measurement — it’s supposed to measure the amount of money Microsoft is collecting from cloud contracts right now, if the value of those contracts are extrapolated out to twelve months. But it depends on things like the duration you’re measuring and the nature of the contracts signed.
 
たしかに、Run Rate は、かなり緩い基準である。このチャートにおける売上は、クラウド契約から得られた収益を集めたものであるが、その契約に記された金額が、12ヶ月間におよぶことを前提としている。ただし、それは、契約の期間と性質といったものに依存した、測定の方式でもあるのだ。
 
ーーーーー
MSおそらく、Agile Cat としては初めてとなる、Microsoft のクラウド売上予測です。冒頭で指摘されていますが、このチャートは Run Rate による年間の売上を、四半期ごとの予測値で示すものです。Agile Cat も、この Run Rate について調べてみましたが、ひとことで言うと、2016年 Q1 の成長率から年間の売上を推測すると、$10 billion に至るというものです。ちなみに、2016年 Q1 の AWS は US$2.56 なので、その差が縮まっている感じがしますが、Microsoft のクラウド売上には、Offce 365 などが含まれるため、AWS と Azure の比較というものにはなりません。それにしても、大まかなところで、両社の規模感が分かりますよね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
いかに AWS が強力であっても、その成長率は減速していく:それを示す1枚のチャート
PC 出荷台数:急落が止まり、年間で 2.5億台のペースで落ち着きそうだ!
OK バルマー : たしかに 悪態をついてきたが、いまでは オレも Love Linux だぜ!
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
Google が抱く、クラウドへの大いなる野望とは?
 

Comments Off on Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する

クラウド・ワークフローの Nintex が、日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Microsoft by agilecat.cloud on March 16, 2016
Asia Pacific Cloud Adoption Grows Through Japan Datacenter From Nintex
Anthony S -March 11, 2016
http://en.jknus.com/articles/2446/20160311/asia-pacific-cloud-adoption-grows-through-japan-datacenter-nintex.htm
 
JKNUS
 
Nintex, in cooperation with Microsoft, will deploy and operate its cloud-based services within the Microsoft Azure Japan datacenter to ensure greater reliability, security, scalability, and sustainability of its software for customers and partners doing business in Asia Pacific.
 
Microsoft パートナーである Nintex が、Microsoft Azure Japan データセンター内で、クラウド・ベースのサービスを展開/運用するようだ。その目的は、Asia Pacific で事業を推進しているカスタマーやパートナーたちに、高度な信頼性/安全性/持続性と、スケーラビリティを約束するためだという。
 
Mount_FujiWikipedia
 
“Microsoft has invested $15 billion in its global datacenter infrastructure which it has managed for more than a quarter of a century,” said Nintex CEO John Burton.
 
Nintex の CEO である John Burton は、「Microsoft は、グローバル・データセンター・インフラに $15 bollion も投資し、また、これまでの 1/4 世紀以上にわたって、そのビジネスを管理してきた」と述べている。
 
“We’re pleased to be among the one billion customers who rely on the cloud-scale and 24x7x365 capabilities of Microsoft datacenters to get work done. We know our customers and partners doing business in Asia Pacific will appreciate the assurance of security and reliability of Nintex being located within the Microsoft Azure Japan datacenter.”
 
そして Burton は、「 Micsordoft ののデータセンターが提供する、クラウド・スケールと 24x7x365 の能力に、10億人以上の顧客が依存しているはずだ。それらの人々に囲まれ、日々の作業を達成していくことは、私たちにとって大きな喜びとなる。私たちの顧客が、Asia Pacific で事業を展開していることは、充分に認識している。彼らは、Microsoft Azure Japan データセンターに配置される Nintex が、信頼性と安全性を約束することに、かならず感謝するはずだ」と続けている。
 
Operating within the Microsoft Azure Japan Datacenter, the Secure & Reliable Infrastructure will improve bandwidth & enhance data protection for the market-leading workflow platform.
 
このマーケットをリードするワークフロー・プラットフォームが、Microsoft Azure Japan データセンターで運用されることで、信頼性と安全性を備えたインフラが、帯域幅を向上させ、また、データ保護を強化していく。
 
Nintex end users in Japan will benefit from greater uptime, enhanced data security and more bandwidth from the Microsoft datacenter which will help them more effectively respond, manage, and scale deployments of Nintex Workflow for Office 365, as well as migrate from Nintex Workflow for SharePoint to cloud or hybrid scenarios.
 
日本の Nintex エンド・ユーザーも、Microsoft データセンターが実現する素晴らしいアップタイムや、強化されたデータ・セキュリティ、そして高帯域幅といった恩恵を被る。それにより、Nintex Workflow for Office 365 の応答/管理/拡張の面において、さらなる効率化が達成されるだけではなく、Nintex Workflow for SharePoint のハイブリッドへの移行も促進されていく。
 
Nintex, http://www.nintex.com, entered the Japanese market 2009. Since that time Nintex has worked with its sales channel, including partners like SoftBank, Japan Business Systems, and InfoShare to help organizations design, implement, and scale business processes, workflows, and mobile applications easily, driving increased productivity gains, and broad-based revenue growth.
 
Nintex(www.nintex.com)が日本市場に参入したのは、2009年のことである。そのときから、同社は販売チャネルを開拓し、SoftBank/Japan Business Systems/InfoShare などを含む、数多くのパートナーと協力してきた。それにより、組織のデザインを刷新するための、ビジネス・プロセスの運用や拡張、そして、ワークフローとモバイル・アプリの促進を支援してきた。結果として、エンド・ユーザーの生産性の向上させ、ブロードバンド・ベースの収益を成長させることに、同社は成功した。
 
“Nintex is committed to helping our customers successfully do business in the cloud,” said Nintex VP APAC Sales, Brian Walshe.
 
Nintex の VP APAC Sales である Brian Walshe は、「Nintex は顧客に対して、そのクラウド・ビジネスの成功させるための、支援を惜しまないと約束する」と述べている。
 
“Operating Nintex technology within the Microsoft Azure Japan datacenter will help businesses simply and securely harness the power of workflow, mobile apps, and forms to expedite digital transformations of Japanese workplaces.”
 
「Microsoft Azure Japan データセンターで、Nintex テクノロジーを運用することで、ワークフローのパワーとモバイル・アプリを、簡単かつ安全に結びつけていく。それにより、日本企業におけるワークスペースの、デジタル・トランスフォーメーションを促進していく」と付け加えている。
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本のデータセンターから、アジアの市場へ向けて、高品質なサービスを提供する。とても、良い響きです! これまでの3年にわたり、アジアのマーケットに注目してきた Agile Cat としては、そのような戦略を明らかにしてくれる Nintex に、ほんとうに有難うと、お礼を言いたい気分です。 いまのアジア市場には、湯水のごとく資金が注ぎ込まれ、あちらこちらで海底ケーブが拡張されているという状況です。 つまり、アジアとの距離が、日に日に近くなってきているのです。 今回はアメリカ発のクラウド・データセンター・モデルですが、もっと、もっと、日本のクラウドがアジアで使われて欲しいと願っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?
 

Comments Off on クラウド・ワークフローの Nintex が、日本の Azure DC に進出: アジアへ向けて 高品質サービスを提供していく!

Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

Posted in .Selected, Microsoft, Open Graph, Strategy by agilecat.cloud on February 2, 2016
Microsoft Graph promises open developer access to Office 365 data
Mikey Campbell – November 18, 2015
http://appleinsider.com/articles/15/11/18/microsoft-graph-promises-open-developer-access-to-office-365-data
 
Apple Insider
 
Microsoft at its Connect (); conference on Wednesday flipped the switch on Microsoft Graph, née Office 365 Unified API, a set of APIs that let developers integrate, manage and tap into vast expanses of data stored in the Office 365 cloud.
 
Microsoft は 11月18日に開催された Connect () カンファレンスにおいて、これまで Office 365 Unified API と読んでいたものを、Microsoft Graph と改名した。この API セットは、Office 365 クラウドにストアされたデータに関する、デベロッパーによる統合/管理/関連付けを、促進するものである。
 
Network TheoryClick to Youtube >>>
 
For Microsoft it’s all about unification. In the hands of developers, the graph’s unified API promises not just an endpoint for building in Office 365 and other software integrations, but a starting point for new intelligent interactions.
 
それは、Microsoft にとって、すべての統合を司るものとなる。つまり、この Graph の Unified API は、デベロッパーの手による、Office 365 を含むソフトウェア統合の構築を、推進するためのエンド・ポイントを約束するだけではなく、最新の知的インタラクションのためのスタート・ポイントにもなっていく。
 
According to Microsoft GM of Office Extensibility Rob Lefferts, the graph represents a gateway to intelligence and insight capable of harnessing user data to solve everyday problems. From common queries like “what files do I need for this meeting,” to more complex requests dealing with user trends and customized insights, developers can tailor their app or service as they see fit without jumping through hoops.
 
Microsoft の GM of Office Extensibility である Rob Lefferts によると、この Graph が表現するゲートウェイは、ユーザー・データを活用することで日常の問題を解決するための、知能と洞察という側面を提供するものとなる。たとえば、「このミーティングで必要なファイルは?」といった一般的なクエリーから、「ユーザーの動向」や「カスタムな洞察」を取り扱うような複雑なクエリーにいたるまで、デベロッパーたちのアプリやサービスは対応が可能になるが、そのための、難しい処理を要求されることはない。
 
“It would be our reimagining of what it means to be productive in a modern world,” Lefferts says, referring to solutions mobile, cross-platform and cloud-integrated solutions. “The way that people work has changed, it’s much more connected, people are more collaborative.”
 
Lefferts は、「最先端の世界で生産的であることは、何を意味するのかという、私たちの観点を再構成するものになるだろう」と発言している。つまり、モバイル/クロス・プラットフォーム/クラウド・インテグレーションといった、ソリューションを視野に入れたものになるのだろう。そして、彼は、「人々が働くときの、発想が変化している。 具体的に言うと、これまで以上に結びつきが重視され、より協調的になってきている」と続けている。
 
Graph-l
 
Microsoft’s data pool is deep. Lefferts says some 500 petabytes of information already live in Microsoft’s cloud, with Office 365 users generating 4 trillion emails and creating 850 million meetings every month. The number of data points is bound to increase once currently siloed Office 365 information is offloaded to the graph. The company is even looking into Skype integration.
 
Microsoft のデータ・プールは、かなりの深層にまで展開されている。Lefferts が言うには、500 Peta Byte 程度の情報が、すでに Microsoft クラウドに蓄積されているが、Office365 ユーザーが生成する4兆の電子メールと、8.5億のミーティング・スケジュールが、毎月のように、そこに追加されていくようだ。それらのデータ・ポイントの数は、サイロ化される Office 365 関連情報に応じて、一時的に増大していくが、その後に Graph へとオフロードされる。
 
Access to rich data is the bedrock of intelligent analytics, where another prong of Microsoft Graph comes in. The Redmond software giant uses advanced machine learning algorithms fed by data and user behavior to dish out query responses in a format familiar to developers. Secure access to client activities — documents, contacts, meetings, etc. — is authorized through a single token, meaning apps don’t have to fetch multiple authorizations for different services.
 
リッチ・データへのアクセスは、インテリジェントな分析の基盤であり、そこに Microsoft Graph が絡んでくる。この、Redmond のソフトウェア・ジャイアントは、デベロッパーたちが慣れ親しんでいる形式でクエリー・レスポンスを配信するために、データとユーザーの動きを機械学習する、高度なアルゴリズムを用いている。ドキュメント/コンタクト/ミーティングといった、クライアントのアクティビティに対して安全にアクセスするために、シングル・トークンを介した許可が用いられる。つまり、それぞれのアプリが複数の認証を取得し、個々のサービスに接続するという必要性がなくなるのだ。
Graph-2-l
 
Lefferts stressed the idea of an open graph, something easily accessible by coders of any ilk. To that end, Microsoft built out client libraries and SDKs for iOS, Android and .Net for the graph’s launch, with work on other platforms like Node.js, Python, Java, Ruby currently underway.
 
Lefferts は、イーブンな関係にあるプログラマー同士が、相互にアクセス可能な、Open Graph という発想を強調している。そのために Microsoft は、この Graph の立ちあげに際して、クライアント・ライブラリを構築し、また、iOS/Android/.NET のための SDK を構築する。そして、さらに、Node.js/Python/Java/Ruby といったプラットフォームに関しても、すでに作業に取り掛かっている。
 
“We’ll handle the authentication, we’ll handle the common queries, we know how to interpret the responses,” he says. “The real pitch there is all about making sure that developers can start coding in five minutes.”
 
Lefferts は、「認証の処理方式と、コモン・クエリーに取り組んでいく。 私たちは、それらのレスポンスを、どのように解釈すべきかを知っている。ほんとうの意味での競争は、すべてのデベロッパーが、5分以内でコーディングに取り掛かれる状況を、約束できるか否かにかかっている」と述べている。
 
Prior to the graph’s public release, Microsoft collaborated with select service partners like SkyHigh Networks, Uber, Smartsheet and Zendesk to refine its backend implementation, an exercise that resulted in interesting integrations.
 
Microsoft は、この Graph のパブリック・リリースに先立ち、SkyHigh Networks/Uber/Smartsheet/Zendesk といった選ばれたパートナーとのコラボレーションを推進し、洗練されたインテグレーションを実現するために、そのバックエンドの実装を進化させてきた。
 
For example, in a quest to make meetings more productive, Do.com pulled data from Outlook and Exchange, documents in OneDrive and other assets directly from the graph to provide deep insights into meeting planning, agenda strategy, post-meeting follow-ups and more. Everything was integrated into Outlook, ensuring users had a seamless data-driven experience.
 
Do.com のケースで言うと、より生産的なミーティングを実現するために、Outlook と Exchange からのデータ、および、OneDrive 内のドキュメント、Graph などからの情報を引き出し、ミーティングの計画/アジェンダの戦略/ミーティング後のフォローアップなどに、より深い洞察を提供するようになった。そして、ユーザーは、すべてが Outlook に統合された、シームレスなデータ駆動型のエクスペリエンスを得るようになった。
 
The main thrust, Lefferts says, is to get data out of silos and into the hands of developers, who can “offer more in terms of being seamless, being smart and being effective.”
 
Lefferts が言うには、主な推進力は、データをサイロから取り出し、デベロッパーに手渡すことに集約される。 そうすれば、彼らは、「よりシームレスで、よりスマートで、より効果的な観点で、その先の処理を考えてくれる」と述べている。
 
Data privacy is a hot-button topic and Microsoft is making security a high priority with the graph. The system is designed not only to protect raw data from prying eyes, but also any insights Microsoft Graph’s intelligence engine gleans from that data.
 
データに関するプライバシーは、最もホットなトピックであり、この Graph におけるセキュリティは、Microsoftにとって優先度の事項となっている。このシステムは、詮索好きな目から、生データを保護するようにデザインされているが、それらのデータから Microsoft Graph が拾い集める、あらゆる洞察についても、同様の保護機能が提供されている。
 
“It’s built into the business model,” Lefferts says about privacy. “There are parts of Microsoft that are driven by advertising, but Office 365 is very much organization-facing. […] And that means that we have to make sure we’re not misusing the information for anything inappropriate, we’re not sharing information with people who shouldn’t see it, whether that’s outside the organization or other people inside the organization.”
 
Lefferts はプライバシーについて、「それはビジネス・モデルに組み込まれるものだ。Microsoft のビジネスには、広告という側面もあるが、Office 365 が向き合うのは多様な組織である。そして、私たちは、それらの情報を、不適切なかたちで悪用していないことを、あらためて確認する必要がある。その対象が、組織内の人物であっても、組織外の人物であっても、情報を参照してはならない人と、共有することはない」と述べている。
 
Developers interested in taking Microsoft Graph for a test spin can visit graph.microsoft.com for more information.
 
Microsoft Graph を試したいと思うデベロッパーは、graph.microsoft.com を訪れて、詳細な情報を取得して欲しい。
 
ーーーーー
Open Graph言うまでもなく、いまのコンピュータのアーキテクチャは、ファイルとツリーという概念に、大きく依存しています。OS を構成するモジュールも、ミュージック・プレイヤーで楽しむ MP3 も、すべてファイルであり、それらがツリー上の所定の場所に置かれていることで、コンピュータは動くわけです。しかし、このファイルとツリーは、コンピュータにとって便利なものであっても、人間の曖昧な記憶との相性は最悪であり、「アレはどこだ?」とか「コレが見つからない!」とかいう、人類に共通するフラストレーションを、世界中で生み出しているのです。そんなことから、Agile Cat は「ファイルを作らない」をモットーにしていますが、その現実はというと、大量のファイルを生み出してしまう毎日なのです。
 
そこで Microsoft Graph なのですが、文中のチャートが示すように、人間から見て都合の良い場所に、Office 365 のファイルを配置してくれるという、とても優しいテクノロジーだと評価したいです。Microsoft Graph の概要というドキュメントを眺めてみると、自分というノードと他者というノードを、各種の関係というエッジで結びつけるための、Graph API を用いたクエリが示されています。 なんか Facebook に似ている、、、という思う方も多いかと思いますが、あのソーシャルでは、一人一人のユーザーがノードとしてハンドリングされ、「トモダチ」や「イイネ」といったアクションは、そのすべてがエッジとして機能しているはずです。それが、Social Graph から Open Graph へと発展した、Facebook のコア・アーキテクチャなのです。Google も、Knowledge Graph を活用しているはずであり、たとえば検索クエリの意味を判別/読解して、もっとも適切と思われる答えを導き出すというのも、その一例だと思われます。その点では、Google Now も同じなのでしょう。
 
Facebook や Google だけではなく、Microsoft もグラフに取り組んでくれるというのは、とても嬉しいことです。前述の、Microsoft Graph の概要には、「自分の周囲を流れているファイルの取得」というクエリがあるのですが、なんか、イイ感じですよね! 2011年8月にポストした、「クラウドへ行ったら、もう ファイルなんか触らないぞ!」という抄訳は、Agile Cat にとって忘れられないコンテントなのですが、そんな世界が実現しそうでワクワクしています🙂 それにしても、この記事、なんで Apple Insider なのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した:とても残念!
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
 

Comments Off on Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!

Posted in .Selected, Enterprise Social, Google, Microsoft, Research by agilecat.cloud on January 22, 2016
These charts show just how popular Microsoft still is with big businesses
Max Slater-Robins – Jan 21, 2016
http://www.businessinsider.com/gartner-microsoft-is-the-most-popular-big-business-email-provider-2016-1
 
_ Business Insider
 
Gartner has published research that shows which companies provide the online services used by multi-billion-dollar companies.
 
Gartner が、いわゆる Multi Billion Dollar 企業が利用する、オンライン・サービスのプロバイダーについて、調査結果を発表した。
 
The report, titled “Microsoft Dominates Clould Email in Large Public Companies,” looks at how Office 365, the cloud services component, compares to Google’s Apps for Work. Garnter looked at over 5,000 companies in total.
 
この、Microsoft Dominates Clould Email in Large Public Companies というタイトルのレポートは、クラウド・サービス・コンポーネントである Office 365 と、Google Apps for Work の違いに注目している。そのために Gartner は、合計で 5,000社以上の企業を調査したという。
 
Office365RetailPackWikimedia
 
According to the research, Microsoft is the winner when it comes to really big business. The top category — a company with over 100,000 employees or revenues of over $10 billion (£7 billion) — sees Microsoft with an 85% share.
 
今回の調査によると、ユーザー企業が超大手の場合に、勝者となるのは Microsoft となる。たとえば、対象となるユーザー企業が、(チャートの左端)10万人以上の従業員を持つケースや、$10 billion (£7 billion) 以上の売上をもたらすケースでは、Microsoft のシェアが 85% だと示されている。
 
The second top category — a company with over 5,000 employees or revenues between $1 billion (£650 million) and $9 billion (£6.3 billion) — has Microsoft with an 80% share.
 
続いて、(チャートの左から2番め)従業員数が 5万人以上のケースや、売上が $1 billion (£650 million) 〜 $9 billion (£6.3 billion) のケースでは、Microsoft が 80% のシェアを得ている。
 
Google’s popularity grew as the companies became smaller, but Microsoft was the clear winner with companies that bought tens of thousands of subscriptions to software services.
 
ユーザー企業の規模が小さくなるにつれて、Google の人気が上昇していくが、数万のソフトウェア・サービスをサブスクリプションする企業の領域となると、明らかに Microsoft が勝者だ。
 
Here are the charts (via CMSWire):
 
Share of online software services in companies, ranked by number of employees.
 
従業員数でランク付けしたときの、オンライン・ソフトウェア・サービスのシェア。
 
2016-19-01 microsoft google cloud email share by enterprise employees
Gartner
 
Microsoft has the biggest share of online cloud services among businesses with over 100,000 employees.
 
Microsoft は、10万人以上の従業員を抱えるユーザー企業の領域で、最大のオンライン・クラウド・サービス・シェアを獲得している。
 
Share of online software services in companies, ranked by revenue.
 
売上でランク付けしたときの、オンライン・ソフトウェア・サービスのシェア。
 
2016-19-01 microsoft google cloud email share by enterprise revenue
Gartner
 
Microsoft has the largest share of online software services among companies with revenues of over $10 billion (£7 billion).
 
Microsoft は、$10 billion (£7 billion) 以上の売上を生み出すユーザー企業の領域で、最大のオンライン・クラウド・サービス・シェアを獲得している。
 
NOW WATCH: This is what your phone looks like when you have 8 million Instagram followers
 
ーーーーー
MSこういう傾向だろうと、予測はしていましたが、かなりの差が付いているのに驚きました。ほんと、長い時間をかけて蓄積された、ユーザー・エクスペリエンスの力を感じてしまいます。 そして、これらのチャートは、単に Office 365 だけではなく、Acrtive Directory までを含めた、エンタープライズとしてのユーザー・エクスペリエンスが機能していると、示唆しているのでしょう。さらに言えば、このパワーが、Azure をブーストしていくと推測できます。今年の Microsoft からは、ほんと、目が離せませんね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?
PC の販売台数が、ついに3億台を下回った 2015年:その興隆と衰退を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!

Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・

Posted in .Chronicle, Microsoft, Post-PC, Research by agilecat.cloud on January 13, 2016
Microsoft’s Windows 10 running on 200 million devices
Reuters | Jan 5, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Microsofts-Windows-10-running-on-200-million-devices/articleshow/50450716.cms
 
_ Times of India
 
SAN FRANCISCO: Microsoft’s latest operating system, Windows 10, is running on 200 million devices in what the company said was the fastest adoption rate of any of its operating systems.
 
SAN FRANCISCO: Microsoft の最新オペレーティング・システムである Windows 10 だが、すでに 2億台のデバイス上で走っているようだ。 同社の発言によると、これまでの、あらゆるオペレーティング・システムの中で、最速の普及率を示しているという。
 
wall-house-window-loftImage PEXELS
 
The latest version Microsoft’s OS, Windows 10 replaced Windows 8, which was heavily criticized.
 
Windows 10, which the company released as a free download in July, powers both personal computers and devices like phones. It replaced Windows 8, the heavily criticized system dating from 2012.
 
Microsoft は 2015年7月に、無償のダウンロード・バージョンとして、PC と Mobile といったデバイスにパワーを供給する Windows 10 をリリースしている。そして、2012年から厳しく批判され続けてきた Windows 8 を、次々とリプレイスしている状況にある。
 
Just over two months ago, chief executive officer Satya Nadella said 110 million devices were running Windows 10, meaning the system is now on almost double the number of phones and PCs compared to before the holiday season.
 
つい 2ヶ月前のことだが、同社の CEO である Satya Nadella は、Windows10 が 1.1億台のデバイスで走っていると発言していた。そう考えると、このシステムは、クリスマス・シーズンを挟んで、約2倍の Phone/PC に浸透したことになる。
 
ーーーーー
PC Tablet OS WWMSすばらしい出足の Windows 10 ですね! 2015年9月に、「Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!」という抄訳をポストしましたが、その勢いが続いているようです。この数年における PC の総出荷台数は、年間で3億台〜4億台のはずですから、約半年で2億台というのは、かなりのペースト言えるでしょう。そして、トラフィックについても調べようと思い、久々の StarCounter で、Desktop/Tablet OS の WorldWide 比較を参照したら、このチャートが出てきました(クリックで拡大)。2015年7月から、急激に立ち上がっている Windows 10 ですが、早ければ1年くらいで Windows 7 に追いつくかもしれません。ちなみに、Agile Cat が iPad を片手に、よくノマドするスタバでも、最近は Sarfece 勢に包囲される日が多くなってきました🙂  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている!
 

Comments Off on Windows 10 が絶好調:すでに2億台のデバイスで走っている・・・

Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?

Posted in .Selected, Microsoft, Mobile by agilecat.cloud on January 9, 2016
Microsoft CEO Satya Nadella explains why it doesn’t matter if only a handful of people have a Windows phone
Max Slater-Robins – Dec. 31, 2015
http://uk.businessinsider.com/satya-nadella-on-windows-10-mobile-marketshare-2015-12
 
_ Business Insider
 
Microsoft CEO Satya Nadella has explained in an interview with BuzzFeed why the company is not concerned about the market share of its mobile operating system, which is about 1.7% globally.
 
Microsoft の CEO である Satya Nadella は、同社のモバイル OS のシェアが、グローバルで 1.7% に過ぎないことについて、さしたる問題になっていないという認識を、BuzzFeed とのインタビューで披露している。
 
Windows PhoneFlickr
Kārlis Dambrāns
 
He said the company would be doing a “disservice” to itself by measuring its success solely by market share. “If you think of this more like a graph,” he said of how people use products, “these [devices] are all nodes. Sometimes the user will use all of these devices … sometimes they’ll use only one or two of our devices and some other platforms — so be it.”
 
マーケット・シェアだけで成功を測ることは、Microsoft 自体を害することに繋がると、彼は述べている。そして、「もう少し、Graph 的な発想を持ってもらえるなら、すべてのデバイスが Node として機能することが分かるはずだ。ときには、すべての Microsoft デバイスが、ユーザーにより使用されるだろう。 ときには、Microsoft デバイスは1つか2つであり、他のプラットフォームも使用されるというケースもあるだろう。 したがって、それを可能にすることが大切なのだ」と、人々が同社のプロダクトを利用するときの、捉え方ついて語っている。
 
For Nadella, this is an important point: The company can work on Windows phones even if no one uses them because people use Windows 10 or Xbox or Office — and they’re all one and the same.
 
Nadella が重要だと指摘するのは、たとえ、Windows Phone が使用されないとしても、Windows 10/Xbox/Office が使用されるなら、そこに Windows Phone を促進する理由があるという論理だ。 つまり、それら、ずべては1つのものであり、同じものだという捉え方である。
 
“We want to make sure that we are completing the experience across all of these devices,” he said.
 
そして、「私たちは、それら、すべてのデバイスを横断するエクスペリエンスが、完全なものになることを、確認していきたい」と、彼は述べている。
 
ーーーーー
MSこのところ、セミナーなどで、「Windows は Office を売るための OS」で、「iOS は デバイスを売るための OS 」で、「Android は 広告を売るための OS」というふうに、まことに自分勝手な意見を振り撒いている Agile Cat ですが、大きくは外してはいないだろうと思っています。 なんというか、プロダクト/サービスと金銭が交換されるという、これまでのピュアなマーケット構造に、第三者の財布から広告費を引き出して充当するという、掟破りの Android が登場したことで、デバイスの価値が変容したのです。そして、Android はケンカする相手ではなく(ついでに iOS も)、利用すべき相手なのだという Microsoft の変身ぶりが、この Satya Nadella インダビューに現れていると思えるのです。 さらに踏み込むなら、文中でのグラフとノードいう比喩は、いうまでもなく Azure Graph への伏線です。 話は、昨日の香港に飛びますが、AIA という保険会社が、Ofiice 365 と Azure を大量導入するというニュースが報じられていました。 ここでも、Windows Phone が、1つのノードとして機能しているのでしょう。 最近の Microsoft は、とてもクールでステキです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft と 中国 : 政府を対象とした カスタム Windows 10 が提供される?
Microsoft と Xiaomi :Windows 10 を走らせる、最新タブレット Mi Pad 2 とは?
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処に?
 

Comments Off on Satya Nadella が語る、Windows Phone のシェアが低くても、深刻な問題にならない理由とは?

%d bloggers like this: