Agile Cat — in the cloud

SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Posted in .Selected, Amazon, Equinix, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on June 1, 2016
IHS: IBM leads global SaaS cloud service market
Staff writer – May 04, 2016
http://www.telecomasia.net/content/ihs-ibm-leads-global-saas-cloud-service-market
 
_ Telecom-Asia
 
IBM currently leads the SaaS cloud service market, while Amazon leads the global cloud infrastructure market (IaaS, CaaS, PaaS) in 2015, according to a new report by research firm IHS.
 
調査会社である IHS の最新レポートによると、現時点の SaaS クラウド・サービスに関しては、IBM が 19% のシェアでマーケットをリードし、また、クラウド・インフラ・サービス (IaaS/CaaS/PaaS) では、Amazon がリードしている。
 
According to the report, Salesforce ranked the second in the SaaS cloud service market with 8% of market share, while Microsoft and Oracle had 6% and 3%. SAP had just 2% share in the global SaaS cloud service market.
 
このレポートによると、SaaS マーケットにおける二番手は Saleforce であり、そのシェアは 8% となり、その後には Microsoft (6%) と Oracle (3%) が続く。また、SAP に関しては、グローバル SaaS マーケットでみると、わずか 2% のシェアとなる。
 
AWS is the undisputed leader in the cloud infrastructure market with 17% share. Microsoft has 9% and Google has 5% share in the cloud infrastructure market last year, said IHS. Equinix and China Telecom had 4% each.
 
クラウド・インフラ・マーケットで 17% のシェアをほこる AWS は、誰もが認めるリーダーである。そして、二番手と三番手は Microsoft (9%) と Google (5%) であり、そこにEquinox (4%) と China Telecom (4%) が続くと、IHS は述べている。
 
SaaS_IaaSClick to Large >>> 
 
IHS says the infrastructure-as-a-service (IaaS) segment for on-demand servers and storage is maturing, with the big three players – Amazon, Microsoft and Google – possessing the scale and specialized knowledge to make it difficult for smaller players with undifferentiated services to compete.
 
IHS が言うには、オンデマンドでサーバーとストレージを提供する IaaS セグメントは成熟しており、Top-3 を形成する Amazon/Microsoft/Google がスケールと専門知識の面でリードしている。そのため、差別化に苦しむ中小のサービス・プロバイダーは、厳しい戦いを強いられる。
 
However, there is room for innovation in IaaS. Rackspace has expanded its professional services to third-party clouds such as Amazon and Azure.
 
ただし、この IaaS においても、イノベーションの余地はある。たとえば Rackspace は、Amazon や Azure のサードパーティ・クラウドへむけて、そのプロフェッショナル・サービスの展開を拡大している。
 
NTT announced a self-serve OpenStack orchestrated bare metal server service. Internap is expanding its bare metal server service. And CenturyLink announced the availability of its government cloud, which meets specialized compliance requirements.
 
その一方で NTT は、OpenStack ベアメタル・サーバーのための、オーケストレーション・セルフ・サービスを発表した。また、Interap は、ベアメタル・サーバーのサービスを拡大している。さらに Century Link は、特殊なコンプライアンス要件を満たる、政府機関向けのクラウドを提供すると発表している。
 
Colocation or hosting, the earliest form of IaaS, is also growing. Equinix and Level 3 expanded their data center footprints.
 
IaaS の走りとも言える コロケーションとホスティングも、依然として成長している。そして Equinix と Level 3  は、自社のデータセンターのフットプリントを拡大している。
 
Also set to bring more innovation are machine learning and analytics capabilities integrated with enterprise and mobile applications.
 
また、機械学習および分析機能を、エンタープライズやモバイル・アプリと統合するかたちの、さらなるイノベーションへの取り組みも始まっている。
 
Google released a machine learning service for developers, and IBM released three new Watson application programming interfaces (APIs) that provide developers with access to technology for sensing emotional and visual cues that deliver insights on the tone, emotional context and sentiments of voice, text and images.
 
Google は開発者のために機械学習サービスをリリースし、また、IBM は 3種類の Wataon API をリリースしている。後者に関しては、感情的および視覚的な手がかりを検知するテクノロジーへの、開発者からのアクセスを提供し、Voice/Text/Image における、感情的な文脈や言葉遣い、そして色調などに関する洞察を実現していく。
 
CSPs are making steps towards the “meta-cloud.” Google announced new dashboard and orchestration tools that can manage and migrate workloads in its own data centers as well as in Amazon’s and on-premises data centers. In addition, NTT enhanced its enterprise cloud services with the ability to connect to third-party CSP data centers.
 
CSP (Cloud Service Provider) が、メタ・クラウドへと向けた道筋を切り開いていく。Google がアナウンスした、新しいダッシュボードとオーケストレーションのツールにより、ワークロードの管理と移行が容易になる。その移行先としては、同社のデータセンターだけではなく、Amazon や オンプレミスのデータセンターも含まれる。また NTT は、そのエンタープライズ・クラウド・サービスを、サードパーティである CSP のデータセンターと接続する機能で強化している。
 
The off-premises cloud services market – including infrastructure as a service (IaaS), cloud as a service (CaaS), platform as a service (PaaS) and software as a service (SaaS) – reached $93 billion in 2015, growing 54% from 2014.
 
IaaS/CaaS/PssS/SaaS で構成される、オフプレミス・クラウド・サービス・マーケットは、2015年で $93 billion の規模にいたり、前年比での成長率は 54% となっている。
 
SaaS was the number-one off-premises cloud service in 2015, representing nearly half of all off-premises cloud revenue. IaaS was second with 39% of revenue.
 
SaaS は、2015年の No.1 オフプレミス・クラウド・サービスは SasS であり、すべてのオフプレミス・クラウド売上の約 50% を稼ぎ出している。そして、二番手は IaaS の 39% となっている。
 
The off-premises cloud service market is forecast to reach $278 billion worldwide in 2020, with a five-year compound annual growth rate (CAGR) of 25%.
 
オフプレミス・クラウド・サービス市場は、2020年のグローバル売上が $278 billion にいたり、また、5年間の複合年間成長率 (CAGR) は 25% に達すると予測されている。
 
ーーーーー
research_55SaaS のシェアに関する調査というのは、初めて見たような気がします。そして、Salesforce と Office 365 の相対的なポジションは、予想どおりという感じですが、その遥か先を走る IBM の強さには驚きです。以前にポストした、「Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?」抄訳では、Jefferies の調査をベースにした、Salesforce のライバルたちのシェアが示されていました。徐々にではあっても、こうして SaaS の世界が可視化されてくるのは、とても興味深いことです。なお、右側のチャートは、IaaS/CaaS/PaaS の総合となっており、いつもとは異なる顔ぶれになっていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、この市場を急成長させている
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている
 

Comments Off on SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

DoCoMo の最新テクノロジーが、コンサルティング・サービスとして海外展開される!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Network, Telecom by agilecat.cloud on November 24, 2015
DoCoMo launches network consulting services
Dylan Bushell-Embling – November 23, 2015
http://www.telecomasia.net/content/docomo-launches-network-consulting-services
 
_ Telecom-Asia
 
Japan’s NTT DoCoMo will today commence providing mobile network consulting services to overseas mobile operators, starting with an arrangement in the Philippines.
 
Japan の NTT DoCoMo だが、今日の Philippines での展開を皮切りに、海外のモバイル・ネットワーク事業者を対象とする、商用コンサルティング・サービスを開始する。
 
The operator has been contracted to provide network consulting services to Smart Communications, focused on improving and optimizing radio network quality in capital city Manila.
 
このオペレータのネットワーク・コンサルティング・サービスは、Smart Communications との契約を介して提供され、首都 Manila における無線ネットワークの、品質を最適化することにフォーカスしていく。
 
DoCoMo BuildingWikipedia
 
 DoCoMo has previous experience advising partner operators in foreign countries, and is now turning this into a separate business model.
 
これまでの DoCoMo は、海外でのパートナー事業者に対して、アドバイスを提供するという経験を持つが、これを機に、独立したビジネス・モデルを展開していく。
 
The company will provide the consulting services via its Global Business Division, and is inviting interested operators to contact the division via a dedicated email address.
 
同社は、その Global Business Division 介して、コンサルティング・サービスを提供していくことになる。 また、専用の電子メール・アドレスを介して、関心のある事業者を募集している。
 
DoCoMo will be able to draw from its experience of operating a mobile network in one of the world’s most technologically advanced mobile markets that is expected to be at the forefront of the development and commercialization of 5G.
 
DoCoMo は、世界で最もテクノロジーの進んだ、モバイル・マーケットで蓄積した経験を、つまり、5G の開発と商用化の最前線で得られる、最新のテクノロジーを提供できるはずだ。
 
The operator’s own mobile networks support over 68 million mobile customers, more than half of the estimated population of Japan of 126.8 million. Outside of Japan the company has seven international partnerships with mobile operators as well as other companies.
 
このオペレータのモバイル・ネットワークは、Japan の人口統計が示す 1.268億人の半分以上である、0.68億人のモバイル・サブスクライバーをサポートしている。 また、Japan の国外では、モバイル事業者に代表される、7つの企業とのインターナショナル・パートナーシップを構築している。
 
ーーーーー
Asia Pacificこれは、とても興味深い展開ですね。このフィリピンだけではなく、数多くの国々が、最新テクノロジーの提供を求めているはずです。 海外のモバイル・キャリアとの提携が進めば、必ず次のステップが生まれてくるはずです。 さらに言えば、5G の世界へ移行するとき、そして IoT が爆発的に成長するときに、こうした関係が、さまざまなチャンスを生み出すはずです。すでに、飽和状態に至っている日本市場と切り離して、新しいビジネスを切り開いて欲しいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
NTT Docomo が IoT で動き出す:ここでも Gemalto を採用するようだ!
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
 

Comments Off on DoCoMo の最新テクノロジーが、コンサルティング・サービスとして海外展開される!

NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?

Posted in Amazon, Asia, Hybrid, Microsoft, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 28, 2015
NTT helps integrate private and public clouds with dedicated connectivity
Mikael Ricknäs – Aug 26, 2015
http://www.infoworld.com/article/2976189/cloud-computing/ntt-helps-integrate-private-and-public-clouds-with-dedicated-connectivity.html
 
_Info World
NTT Communications will provide its enterprise customers with direct private connectivity to Microsoft’s and Amazon Web Services’ public clouds through a new service, Multi-Cloud Connect.
 
NTT Communications だが、Multi-Cloud Connect という名称のダイレクト・プライベート接続をユーザー企業に提供することで、Microsoft や Amazon Web Services といったパブリック・クラウドの利用を促すことになる。
 
The more dependent enterprises become on public clouds, the more dependent they become on a network connection that doesn’t falter. Inconsistent Internet performance has become an impediment to widespread cloud adoption, according to NTT.
 
パブリック・クラウドに依存する企業は、より高精度なネットワーク接続に依存することになる。したがって、インターネットにおける不安定なパフォーマンスは、広範囲におよぶクラウドの適用にとって障害になり得ると、NTT は述べている。
 
NTT CloudNTT hopes to offer a better performing alternative with its Multi-Cloud Connect, which lets enterprises access public cloud services via its MPLS (Multi-protocol Label Switching) network.
 
NTT が提供したいと望んでいるのは、同社の Multi-Cloud Connect を用いた代案であり、MPLS (Multi-protocol Label Switching) ネットワークを介して、パブリック・クラウド・サービスへのアクセスを実現するものとなる。
 
The purported advantages include better reliability, faster speeds, lower latency and higher security. Enterprises can take advantage of that when building hybrid clouds where some applications or parts of applications run on-site and others in a public cloud. That could include a tiered storage architecture or a cloud-based disaster recovery solution.
 
そのアドバンテージには、信頼性/高速化/低遅延/高度なセキュリティなどが含まれるという。たとえば、特定のアプリケーションや、その一部をオン・サイトに配置し、その他をパブリック・クラウドに展開したいと考えるエンタープライズが、ハイブリッド・クラウドを構築する際などに、そのメリットを享受することになる。そして、そのようなクラウドは、階層型のストレージ・アーキテクチャや、クラウド・ベースの DR ソリューションを、容易に取り込めるようになる。
 
A dedicated connection to Microsoft Azure or Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) should also lower the bar for moving applications that depend on low latency to the cloud, such as virtual desktops.
 
また、Microsoft Azure や Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) と専用線で接続することで、対象となるクラウドは低遅延を約束されるものとなる。 したがって、たとえば仮想デスクトップなどのアプリケーションを移動させる際のロスも、低減されるはずである。
 
Multi-Cloud Connect became available in Tokyo on Wednesday, and will be expanded to London in December, followed by the U.S. and other parts of Asia.
 
この水曜日(8/26)に、Tokyo で Multi-Cloud Connect の提供が開始された。そして、12月には、London でサービス・インとなり、その後に US および Asia での運用が開始されるという。
 
Speeds from 10Mbps to 1Gbps are available when connecting to Microsoft and 50Mbps to 500Mbps to Amazon. NTT didn’t announce any pricing.
 
そして、前述のパブリック・クラウドとの接続スピードだが、Microsoft と接続するときは 10Mbps 〜 1Gbps が、Amazon との場合は 50Mbps 〜 500Mbps が提供されるという。 ただし、NTT は、それらの料金についてはアナウンスしていない。
 
NTT is far from the only company offering dedicated connectivity for public clouds. Amazon has partnered with service providers all over the world on AWS Direct Connect and Microsoft offers ExpressRoute. But the NTT launch highlights how the cloud market is maturing step by step to provide buyers with more choice and flexibility.
 
NTT だけが、専用線によるパブリック・クラウド接続を、提供する企業というわけではない。実際に、Amazon は Direct Connect を提供し、Microsoft は ExpressRoute を提供することで、グローバルにおけるサービス・プロバイダーたちと接続している。しかし、NTT が立ちあげた今回のサービスは、クラウドの利用者に数多くの選択肢と柔軟性を提供し、クラウド・マーケットを段階的に成熟させていくものとして評価できるだろう。
 
ーーーーー
Telecomこのところ、Cloud News Asia でも Hybrid 関連のトピックが目につきます。ひょっとして、アジアの企業文化がハイブリッド・クラウドを選ばせるのかと思うくらい、その数は多いと感じています。 今週は、香港ベースの Global Cloud Exchange に関する記事をポストしましたが、シンガポールを中心として Equinix Huawei も、ハイブリッド・クラウドのためのクラウド・エクスチェンジを増築しているという状況です。そして、この NTT の Multi-Cloud Connect が加わることで、アジアのマーケットは、さらに加熱していくのでしょう。 _AC Stamp
Hybrid IT and cloud-enabled technologies will define the new normal
Hybrid IT, cloud-enabled technologies fast becoming the ‘new normal’
Hybrid IT becoming the new normal in APAC
Will Hybrid IT and cloud-enabled technologies define the new normal?
Aligning IT and Lines of Business with Dynamic Hybrid Environments
ーーーーー
<関連>
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
 

Comments Off on NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?

NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について

Posted in Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on April 29, 2015

NTT Opens Shanghai Data Center
Jason Verge – November 26, 2014

http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/11/26/ntt-opens-mainland-china-data-center/ _ DC Knowledge

Japan’s NTT Communications has opened a data center in the Pudong Development Zone of Shanghai. The facility has 28,000 square feet of data center floor space, room for about 1,000 racks.

Japan の NTT Communications が、Shanghai の Pudong Development Zone (浦東開発区) にデータセンターをオープンした。このファシリティは、データセンター床面積として 28,000平方フィートを有し、約 1000 ラックを収容できる。

China data center market is growing, up around 20 percent from last year. In order to capitalize on the market, data center providers providers need local footprint. In addition to normal latency considerations, cross-border network traffic is slowed down further by what is popularly referred to as the Great Firewall of China.

China のデータセンター市場は、2013年から2014年にかけて、約 20% の成長を示している。そして、このマーケットに投資するデータセンター・プロバイダは、ローカルにおけるファシリティを必要とする。それに加えて、レイテンシの問題がある。つまり、国境を越えていくネットワーク・トラフィックは、Great Firewall of China の存在により、さらに減速してしまうのだ。

NTT Shanghai DCA rendering of the new NTT facility (Image: NTT)

CenturyLink recently launched a data center in Shanghai, citing the government’s firewall as one of the reasons, and Oracle is in discussions to establish China data center presence. Earlier this week CloudFlare announced intentions to open 12 data centers in mainland China over the next six months.

最近になって CenturyLink も Shanghai にデータセンターをオープンしているが、その理由の一つとして、この政治的なファイアウォールへの対応を挙げている。また Oracle も、China におけるデータセンター・プレゼンスを確立するために、議論を進めている最中にある。また、この 11月には CloudFlare が、これからの 6ヶ月の間に、China Main Land に 12ヶ所のデータセンターをオープンするという主旨を発表している。

The new facility will be NTT’s first China data center capable of total service design, construction, and operation for customers. The company is expanding its data center servies in the country to include cloud in addition to colocation. The data center is branded under the Nexcenter brand NTT uses worldwide.

この新しいファシリティは、NTT が China に構築する初めてのデータセンターであり、顧客のためのトータルなサービスの設計/構築/運用を実現するものになる。拡張されたデータセンター・サービスを目指しており、China におけるコロケーションに加えて、クラウドまでを取り込んでいく。なお、同データセンターは、NTT がグローバルで用いる、Nexcenter ブランドに組み入れられる。

The company claims its efficient way of building and efficient operations means 20 percent lower costs than other facilities in the area. The company is also touting its connectivity. It is carrier neutral and has direct network connections to communications companies across China to help the problem of Internet instability common in China due to inadequate connections among local carriers, according to NTT.

NTT は、効率的な構築と運用により、同エリア内の他のファシリティと比べて、約 20% の低コストを実現すると言っている。さらに同社は、そのコネクティビティについても主張している。つまり、キャリア・ニュートラルであり、China 全土の通信会社との、ダイレクト・コネクションを実現しているという。NTT によると、China のローカル・キャリアとの接続で生じる、不安定なインターネットという問題を、それにより解決していくことになる。

NTT has been expanding its data center services business elsewhere in the world as well.

また、NTT はグローバルにおける各ロケーションで、そのデータセンター・サービス事業を拡大している。

Its subsidiary NTT Facilities recently acquired EEC, a U.S. data center management firm. NTT also won a big deal with Salesforce.com in the U.K., where the company is providing the data center behind the SaaS giant’s UK expansion.

最近のことだが、NTT の子会社である NTT Facilities が、US のデータセンター管理会社である EEC を買収している。さらに NTT は、Salesforce.com との大型契約を、U.K. で締結している。それにより、この SaaS ジャイアントの U.K. 進出を、データセンター提供によりサポートしていくことになる。

Stateside, NTT-backed colocation provider RagingWire recently commenced construction on its second data center in Northern Virginia. NTT also recently expanded in Osaka.

また、U,.S. 本土での NTT は、コロケーション・プロバイダーである RagingWire を支援しており、最近では Northern Virginia での第2データセンターに着工している。それに加えて、NTT は Osaka での展開も拡張している。

ーーーーー

datacenter_55今月の Agile_Cat の仕事は、アジアのインフラについてまとめることなのですが、クリッピングしていて訳していなかった記事として、この NTT Com の上海進出がありました。 そんなわけで、慌てて訳したというわけです。話は 2012年11月の、Microsoft と 21Vianet の提携にまで遡りますが、その時は、Microsoft Azure のライセンスが、21Vianet に提供されるという契約形態であったと記憶しています。 北京政府による外資の受け入れ体制が、この 2年の間に変化したと見るべきなのでしょう。_AC Stamp

ーーーーー

<関連>

NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

 

Comments Off on NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について

DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on March 6, 2015
Nokia, DoCoMo aim for 5G ahead of Tokyo Olympics
Reuters – Mar 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Nokia-DoCoMo-aim-for-5G-ahead-of-Tokyo-Olympics/articleshow/46438309.cms
 
_ Times of India
 
BARCELONA: Japan’s NTT DoCoMo and Nokia said on Monday they are working together to develop networks running at high frequencies for use in the 5G wireless era — technology expected to be showcased at the 2020 Tokyo Olympics.
 
BARCELONA: この月曜日 (3/2) に、NTT Docomo と Nokia は、5G ワイヤレス時代に用いられる、高周波数で機能するネットワークを構築するために、協調して取り組んでいくと発表した。 つまり、2020 Tokyo Olympics における、テクノロジー・ショーケースになると予測されている。
 
tokyoThe companies said they have achieved super-fast data transmission speeds of higher than 2 gigabits per second in a joint indoor trial using Nokia Networks’ radio technology operating in the 70 gigahertz spectrum band.
 
DoCoMo, Japan’s largest mobile operator, and Nokia, the world’s third biggest telecom equipment maker, said they will be demonstrating their early technical progress on 5G radio equipment at the Mobile World Congress show here this week.
 
今週に開催されている MWC (Mobile World Congress) において、Japan で最大手のモバイル・オペレータである Docomo と、世界で三番手のテレコム機器メーカーである Nokia は、この 5G ワイヤレス設備のテクノロジーの進捗を、きわめて初期の段階から実証していくと述べている。
 
The companies said they have achieved super-fast data transmission speeds of higher than 2 gigabits per second in a joint indoor trial using Nokia Networks’ radio technology operating in the 70 gigahertz spectrum band.
 
両社の説明によると、70 G Hetz スペクトラムで運用される Nokia Networks の無線テクノロジーを、屋内で用いるジョイント・テストにおいて、2G bps 以上という超高速のデータ伝送速度が達成されているとのことだ。
 
By contrast, current 4G network specifications promise download speeds of up to 300 megabits per second. Although practical commercial speeds are typically far lower than that, 4G has fueled strong demand for watching TV and video on phones.
 
その比較対象として、現在の 4G ネットワークの仕様について確認するが、そのダウンロード速度は、わずか 300 M bps に過ぎないのだ。 商用における実用スピードの平均は、それよりも遥かに低いのだが、スマホによるビデオ再生や、TV の視聴といった使い方を、4G が盛り上げているという状況を思い出して欲しい。
 
ーーーーー
Telecomいま、Agile_Cat は、DoCoMo の MVNO SIM で、スマホの LG G2 Mini と、タブレットの Nexus 7 を、とても快適に使っています。  ですから、モバイルにおける普通の用途で、なんのために 5G が必要になるのか、よく分からなかったのですが、ここまで速くなるなら、光ブロード・バンドの置き換えが可能になります。 そして IoT が、この、次世代ワイヤレスを要求するのでしょうね。2014年 2月に、「Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?」という抄訳をポストしましたが、それが東京で商用化されるのです。 なにが、どこまで変化するのでしょう。そして、いまは想像の外にある、なにかが生まれてくるはずです。 とてもワクワクする展開ですね。
ーーーーー
<関連>
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

Comments Off on DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!

ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

Posted in Data Center Trends, Hybrid, Private Cloud, Telecom by Agile Cat on July 17, 2014

Dark fiber to inspire more confidence in cloud, says Verizon
http://wp.me/pwo1E-7FR
April 10, 2014 Written by
Jonathan Brandon
http://www.businesscloudnews.com/2014/04/10/dark-fibre-to-inspire-more-confidence-in-cloud-says-verizon/

_BCN

American telco Verizon announced the launch of a Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, using private IP addresses to connect its cloud and multiple cloud platforms together, beginning initially with Microsoft Azure. Michael Palmer, vice president of product development for Verizon said linking cloud platforms with private links will help inspire confidence in cloud service once again, which has waxed and waned over the past year.

US のテレコムである Verizon は、今週 (2014/04) に Secure Cloud Interconnect service (SCI) を立ち上げると発表した。それは、プライベート IP アドレスを用いて、同社のクラウドと多様なクラウド・プラットフォームを接続するものであり、最初のビジネスは Microsoft Azure からとなる。Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は、プライベート・リンクを用いたクラウドプラット・フォームの接続は、クラウド・サービスの信頼性をさらに高めるものであり、この1年の間、手塩にかけて育ててきたと述べている。

ーーーーー

Verizon said enterprises will be able to use its private IP service to connect to multiple cloud services including the Verizon cloud, beginning with Azure, and it expects an additional half-dozen other major cloud providers to come on board later this year. The service with Azure support is expected to go live this summer.

Verizon が言うには、自身のプライベート IP サービスを用いて、多様なクラウド・サービスとの接続を実現していく。 そこには、もちろん、Verizon のクラウドも含まれ、最初の接続先は Microsoft Azure となる。そして、今年の終わりまでには、5〜6 社の主要クラウド・プロバイダーも、そこに加えたいとしている。 なお、このサービスと Azure の組み合わせは、今年の夏には実運用に入る予定である。

Verizon announced the launch of its Secure Cloud Interconnect service (SCI) this week, which will use private IPs to connect its cloud and multiple cloud platforms together

It also said enterprises that have located their private cloud infrastructure in Equinix datacentres can directly access the service in 15 Equinix datacentres in the US, Europe and Asia-Pacific.

さらに言えば、それらのエンタープライズたちは、自身のプライベート・クラウド・インフラを、Equinix データセンターに設置することが可能であり、世界の 15ヶ所(US/Europe/Asia-Pacific)に点在する Equinix のデータセンターへと、ダイレクトに接続することも可能になる。

“With Secure Cloud Interconnect, Verizon is removing the barriers for enterprise cloud adoption,” said Michael Palmer, vice president of product development for Verizon. “The reality is that many organizations today use multiple clouds to meet their business and technical objectives, but there was no easy way to manage this environment.”

「 Secure Cloud Interconnect を用いることで、エンタープライズ・クラウドの採用における障壁を、Verizon は取り除いていく。現実に、今日における大半の法人が、自身のビジネスとテクノロジーに関する目標を達成するために、多様なクラウドを使用しているだろう。しかし、その全体的な環境を管理するための、簡単な方法は存在していなかった」と、Verizon の VP of Product Development である Michael Palmer は述べている。

“Our new offering uniquely gives enterprises everything they require in a multi-cloud environment – security, private connectivity, performance, simplicity and efficiency,” stated Palmer.

「 私たちだけが提示するサービスが、エンタープライズが多様なクラウド環境で要求する、すべての要素を提供していく。 具体的には、セキュリティ/プライベート接続/パフォーマンスであり、それらすべてが、簡潔かつ効率よく実現される」と、Palmer は言う。

The service will come with 10Gbps private links between supported cloud platforms including its own, and will boast dynamic bandwidth allocation with fully redundant connections, application performance throughput and quality of service monitoring, usage-based billing, provisioning and management via a centralised portal.

このサービスでは、自身のクラウドおよび他のクラウド·プラットフォーム間に、10 Gbps のプライベート・リンクが提供される。完全な冗長コネクションと、アプリケーション性能スループットを備えた、ダイナミック・バンドワイズ・アロケーションが実現され、また、センタライズされたポータルを介した、モニタリング/使用量ベースの課金/プロビジョニングといった、高品質のマネージメント環境が提供される。

“As enterprises look to cloud computing for speed, flexibility and efficiency, they also require a platform that offers enterprise-proven performance and reliability,” said Yousef Khalidi, distinguished Azure engineer at Microsoft.

「 エンタープライズが、クラウド·コンピューティングの高速性/柔軟性/効率性に目を向けるにつれて、そのための性能と信頼を提供してくれる、実績のあるプラットフォームが必要とされる」と、Microsoft の Distinguished Azure Engineer である Yousef Khalidi は述べている。

“We look forward to extending our cloud services to Verizon’s extensive network of clients through its security-enabled enterprise platform,” he added.

「 私たちは、セキュリティ対応のエンタープライズ・プラットフォームを介して、クライアントが利用する Verizon 大規模ネットワークに、自らのクラウド・サービスを拡張していけることを楽しみにしている」と、彼は付け加えている。

Whether in enterprises or public sector organisations, particularly the military, dark fibre has been deployed extensively to secure digital web-connected services. But many within the cloud security community view dark fibre as an essential element in the future internet, as the proliferation of cloud services and connected devices leaves organisations increasingly vulnerable to digital attack.

その対象が民間や行政であろうが、さらに言えば軍隊であろうが、Web 接続されたデジタル・サービスをセキュアにするために、ダークファイバーは広く展開されている。しかし、クラウド・セキュリティのコミュニティに参加する多くの人々は、将来のインターネットに不可欠な要素としてダークファイバーを見ている。そして、クラウド・サービスとデバイス接続の急増は、デジタル攻撃に対して脆弱な組織を、この現状の中に取り残しているのだ。

ーーーーー

このところ、いわゆるネットの中立性の問題では、FCC と並んで悪玉あつかいされがちな Verizon ですが、ダーク・ファイバーでクラウド間をダイレクトに接続していくという試みを、こうして明言することには、拍手を送りたいと思います。いまの、アメリカのキャリアたちは、ヨーロッパから入り込んできた Open-IX と、戦わざるを得ない状況にあります。 それは、Internet Exchange(IX)の在り方を再考する動きでもあり、レイテンシを削り取りながら、証券や金融などの分野にセキュアな環境を提供する『点としての IX』 と、大量のデータをより安価に、たとえばソーシャル・メディアなどのために転送する『面としての IX』を、上手く共存されていく方法論でもあると思えるのです。

ーーーーー

<関連>

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:製造業からキャリアへの転身を図るのか?
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた

Comments Off on ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon

SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?

Posted in Asia, Data Center Trends, IBM by Agile Cat on June 4, 2014

IBM Opens SoftLayer Data Center in Hong Kong as Part of $1.2 Billion Cloud Push
http://wp.me/pwo1E-7yf
by Nicole HendersonJune 2, 2014
http://www.thewhir.com/web-hosting-news/chinese-government-reviews-whether-domestic-banks-use-ibm-servers-compromises-nations-financial-security

IBM opened up a new SoftLayer data center in Hong Kong over the weekend, a month later than the company expected after a slight delay in approval from the Chinese government.

この週末に、IBM は、新たな SoftLayer データ·センターを Hong Kong にオープンした。China 政府による承認に、いくぶん時間がかかったこともあり、同社の予想よりも1ヶ月ほど遅れてのオープンとなった

The SoftLayer data center in Hong Kong is the first of 15 data centers IBM will open as part of its $1.2 billion investment to extend its cloud services around the world.

この、SoftLayer Hong Kong データセンターは、そのクラウド・サービスを世界的に拡張するために、IBM が計画している $1.2 Billion の予算で構築する、15ヵ所のデータセンターの中の最初のものとなる

“Our expansion into Hong Kong gives us a stronger Asian market presence as well as added proximity and access to our growing customer base in region,” Lance Crosby, CEO of SoftLayer said. “This new data center gives the fast-growing, entrepreneurial businesses that Hong Kong is known for a local facility to tap into SoftLayer’s complete portfolio of cloud services.”

「 この、Hong Kong における拡張により、私たちは Asia 市場でプレゼンスを得るだけではなく、この地域で成長を続ける顧客たちに対して、近い位置からのアクセスを実現できるようになる。この新しいデータセンターは、これから立ち上がってくる企業や、急成長している企業に提供される。つまり、SoftLayer のクラウド・サービス・ポートフォリオを活用する、ローカルなファシリティとして、Hong Kong は認識されるようになる」と、SoftLayer の CEO である Lance Crosby は述べている。

SoftLayer already had a strong presence in Asia through Hong Kong and Singapore. Prior to IBM, SoftLayer’s Asian operations were headquartered in Singapore, and the company opened its Singapore data center in the fall of 2011, expanding its network to Tokyo and Hong Kong. SoftLayer cloud customers in Asia include website security provider Distil Networks, online booking agency Tiket.com and digital advertising platform Simpli.fi.

すでに SoftLayer は、Hong Kong および Singapore を介して、Asia における強固なプレゼンスを発揮している。 IBM に参画する以前の、Asia における SoftLayer の展開は、Singapore に HQ を置き、2011年秋には Singapore データセンターをオープンし、Tokyo と Hong Kong へ向けてネットワークを拡大するという状況にあった。 そして、SoftLayer の Asia の顧客としては、Web サイト・セキュリティ・プロバイダーである Distil Networks や、オンライン・チケット予約の Tiket.com、そして、デジタル広告プラットフォームの Simpli.fi などが挙げられる。

SoftLayer’s Hong Kong data center has capacity for more than 15,000 physical servers and network connectivity provided by multiple Tier 1 carriers including NTT, Tata, and Equinix.

SoftLayer の Hong Kong データセンターは、15,000 台以上の物理サーバーを収容するキャパシティを持ち、NTT/Tata/Equinix を含む、複数の Tier 1 キャリアによるネットワーク接続を提供する。

Hong Kong is a popular destination for cloud computing companies looking to serve Asian customers due to its connectivity and location within China. Most recently, Alibaba’s cloud division, Aliyun, opened a data center in Hong Kong, its first in mainland China.

Asia の顧客にサービスを提供するクラウド・プロバイダーにとって、Hong Kong が人気のロケーションとなるのは、China 国内へ向けたコネクティビティに優れるからである。最近では、Alibaba クラウド部門である Aliyun が、China 本土では初となるデータセンターを、Hong Kong にオープンしている

As SoftLayer begins taking cloud orders for its new data center in Hong Kong, its parent company IBM is facing some challenges in China as a new initiative is reviewing whether its domestic banks reliance on servers from IBM is a compromise to national financial security.

SoftLayer が Hong Kong に新しいデータセンターをオープンし、クラウド関連の受注を取り始めるのと平行して、その親会社である IBM は、China におけるいくつかの課題に直面している。つまり、国内の銀行が IBM のサーバーに依存することが、財政におけるナショナル・セキュリティとして、妥協なのかどうかを検討しようという、新たな動きが生じているのだ

ーーーーー

IBM から潤沢な資金を得た SoftLayer が、どのような展開を示すのか、とても気になるところです。 その意味で、これからの需要の拡大が予測されるアジアで、そのファシリティを強化するというのは、とても理にかなったことです。 2011年 8月にポストした、「マーケットは世界 – Web ホスティングの巨人 SoftLayer の遠大な計画」という抄訳で、当時の Chief Strategy Officer である George Karidis が、ーーー 私たちの顧客の 40% が、United States of America の外に居る。インターネットが世界を平準化していっても、USA 中心のインフラでは、さまざまな制約が生じるかもしれない ーーー といったコメントを発していました。ほんと、そのとおりだと思いますので、シンガポールだけではなく、香港だけでもなく、この東京にも、ジャンジャン投資して欲しいですね!

ーーーーー

<関連>

IBM が クラウド・シフトを決断した理由:それを示す1枚のチャート
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した

Comments Off on SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?

NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした

Posted in Asia, Data Center Trends, Telecom by Agile Cat on May 27, 2014

NTT Com builds fourth datacentre to meet demand for outsourcing services
http://wp.me/pwo1E-7wo

by chong jinn xiung – April 25, 2014
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/04/25/NTT-Com/

With the rising demand for outsourcing services, as well as interconnected and managed datacentres, NTT Communications has opened its Rimba Digital 2 – Global Solution Center & Malaysia Cyberjaya 4 Data Center.

Malaysia におけるアウトソーシング·サービスの需要に応えるだけではなく、インターコネクションとマネージドをキーワドとする、NTT Communications の Rimba Digital 2 がオープンした。 つまり、Global Solution Center & Malaysia Cyberjaya 4 Data Center である。

The Rimba Digital 2 comes just after two years of launching Rimba Digital – Technology Center & Malaysia Cyberjaya 3 Data Center. It’s NTT Com’s the fourth datacentre in Malaysia and its 146th worldwide. Cyberjaya4 will meet the demand for datacentre facilities and services, which industry experts expect to remain strong over the next few years.

この、Rimba Digital 2 は、それに先立つ Rimba Digital の 2年度にローンチされた。Rimba Digital とは、Technology Center & Malaysia Cyberjaya 3 Data Center のことであり、NTT Com にとって、Malaysia では 4番目で、ワールドワイドでは 146 番目のデータセンターのことである。Cyberjaya4 は、データセンターのファシティおよびサービスへの需要に応えるものであり、業界の専門家たちは、今後の数年間で堅調に推移すると予想している。

Malaysia is one of the world’s top-three destinations for IT outsourcing, said president and chief executive officer of NTT MSC Sdn Bhd, Fumitoshi Imaizumi. “Cyberjaya4 offers customers from all sectors, particularly the financial services industry with a large number of advanced features like enhanced data security for high integrity, reliability and performance,” he said. “Services include not only co-location but also hosting, managed services, disaster recovery and security.”

Malaysia は、IT アウトソーシングにおいて、世界の Top-3 に入る国であると、NTT MSC Sdn Bhd の CEO である Fumitoshi Imaizumi は言う。「 Cyberjaya4 は、すべての分野に対応するものであるが、その中でも、とりわけ金融サービスの業界を対象としている。そこでは、データのセキュリティを強化するための高度な整合性と信頼性、そしてパフォーマンスが重視される。 一連のサービスには、コロケーションだけではなく、ホスティング/マネージド/DR/セキュリティなども含まれる」と彼は付け加えている。

Similar to its Cyberjaya3, the new facility features tenantable office space at its Global Solution Center, providing customers with space for remote offices or backup sites, a unique service among datacentres in this region, the company claimed.

Cyberjaya 3 と同様に、この新しいファシリティは、Global Solution Center のテナントのためのオフィス・スペースも提供している。この、リモート・オフィスやバックアップ・サイトのためのスペースを、顧客に提供するデータセンター・サービスは、この地域ではユニークなものとなると、同社は主張している。

Its flexible cabling system allows customers to virtually expand facilities or modify functionality — it’s great for companies that need customised, dedicated systems to fully control their data and equipment.

同データセンターにおける、柔軟なケーブリング・システムにより顧客たちは、仮想的にファシリティを外部に展開したり、機能をモディファイすることも可能になる。つまり、自身のデータや機器を完全にコントロールするために、カスタマイズされた専用のシステムを必要とする企業にとって、最適なものとなる。

The facility is also designed with 42,000sqft  of white space for future infrastructure expansion, eliminating the need for NTT Com to finance and build another facility.

このファシリティには、将来におけるインフラ拡張に対応する、42,000平方フィートのホワイト・スペースも取り込まれている。それにより NTT Com は、別のファシリティのための資金調達や構築から、当面の間は解放されることになる。

The Cyberjaya4 has a total floor space of 87,000sqft, a twofold increase compared to Cyberjaya3. The extra space will accommodate higher human capacity, as well as amenities to support daily operations. These include the Network Operation Center, security room, meeting rooms, and staging areas.

Cyberjaya 4 の総床面積は 87,000平方フィートであり、Cyberjaya 3 と比べて 2倍に増床されている。この増えたスペースは、業務効率を高めるだけに適用されるのではなく、日々の作業に従事する人々をサポートするためにも用いられる。具体的には、Network Operation Center および、セキュリティ・ルーム、ミーティング・ルーム、ステージング・エリアなどが含まれる。

The facility also features NTT Com’s Cloud platform, and is certified to the latest global standards, including TIA-942 Tier 3 and ISO 27001:2005. Cyberjaya 4 is self-owned, self-built and self-operated by NTT Com.

なお、このファシリティは、NTT Com の Cloud Platform を特徴とし、TIA-942 Tier 3 および ISO27001:2005 といった、最新のグローバル・スタンダードとしてのも認定されている。Cyberjaya 4 は NTT Com により、所有され、構築され、運用される データセンターである。

ーーーーー

TAG index先週に、「コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する」という抄訳をポストしましたが、NTT Com のアジアへの投資は、まだまだ止まらないようです。Cyberjaya というのは、クアラルンプール近郊の IT 特区のことらしく、マレーシアで4番目のデータセンターであることから、Cyberjaya 4 と名付けられてりるようです。この記事を読む限り、かなりハイグレードなデータセンターのようであり、人にもマシンにも優しい、いわゆるキャリア・ホテルという感じですね。image

ーーーーー

<関連>

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
NEC と Alcatel が 海底ケーブルを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Comments Off on NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした

%d bloggers like this: