Agile Cat — in the cloud

欧州からのチャレンジ:Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -New York を 68ms で接続する!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Hybrid by Agile Cat on December 3, 2014

Europe’s most distributed cloud comes to America
http://wp.me/pwo1E-84q
Interoute Virtual Data Centre takes its IaaS cloud platform global
London, 18 June, 2014
http://www.realwire.com/releases/Europes-most-distributed-cloud-comes-to-America

Interoute, owner operator of Europe’s largest cloud services platform, has today launched a new Interoute Virtual Data Centre (VDC) zone in New York in a move that will further expand its cloud services globally. With latency as little as 68ms[1] between Interoute’s London and New York VDC zones, users of Interoute’s IaaS (Infrastructure as a Service) platform have the benefit of a low latency, globally distributed cloud at their fingertips.

Europe 最大のクラウド・サービス・プラットフォームを所有する Interoute だが、今日のアナウンスメントにより、新たな Interoute Virtual Data Centre (VDC) ゾーンを New York に立ち上げ、そのクラウド・サービスをグローバルへと向けて、さらに拡大していくことを明らかにした。London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms [1] で接続することで、Interoute IaaS のプラットフォームのユーザーたちは、低レイテンシのメリットを享受しながら、グローバル・スケールの分散クラウドを容易に展開できる。

[1] 68ms measured with a Ping test from the Interoute VDC London zone to the Interoute VDC New York zone conducted 6/6/2014.

Interoute CTO, Matthew Finnie, commented, "European developers and businesses with their sights set on the US need more than just a data centre to effectively gain a foothold there. They need a networked cloud to give them the speed and performance to compete. Interoute VDC provides massively distributed cloud architecture, globally, and we’ve thrown in the network for free. Opening our first US zone in New York is part of Interoute’s expansion beyond our European base, following the launch of our Hong Kong zone earlier this year.”

Interoute の CTO である Matthew Finnie は、「 US マーケットを視野に入れる、Europe の開発者や企業は、そこに足掛かりを得るだけの、単に効率だけを考えたデータセンター以上のものを必要としている。そこで必要となるのは、充分なスピードとパフォーマンスを提供する、ネットワーク化されたクラウドである。Interoute の VDC は、大規模な分散クラウド·アーキテクチャをグローバルに提供しており、また、その顧客たちはネットワークを自由に活用できる。最初の US ゾーンを New York にオープンすることは、Europe をベースにする Interoute の拡大政策の一部であり、年初の Hong Kong に続くものだ」と、コメントしている。

Interoute has VDC zones in eight countries across the globe, with six in Europe. Interoute VDC is built into the foundations of Interoute’s international MPLS and internet backbone, a key part of the internet in Europe, bringing businesses closer to their customers. The network extends beyond the data centre, providing connectivity to customers worldwide.

Interoute は、グローバルで 8カ国に VDC ゾーンを持ち、そのうちの 6つが Europe に置かれている。Interoute の VDC は、その International MPLS と Internot Backborn の上に構築されており、また、それらが Europe のインターネットにおける主要な部分を形成するため、企業と顧客の距離を縮めることが可能になる。 このネットワークは、最寄りのデータセンターの先へと伸びているため、顧客とのコネクティビティをワールドワイドで実現できる。

Interoute VDC customers are given access to the entire network of computing resource across the platform and can choose to create custom compute and storage in any location globally. Customers can also use quick deployments from the Interoute CloudStore to instantly create their machines through a series of simple menu-driven options. Interoute VDC offers the option of public, private (MPLS) or hybrid cloud services as standard, defined at the network level.

Interoute VDC の顧客は、このプラットフォームを横断するかたちで、コンピューティング・リソース・ネットワーク全体へのにアクセス権を与えられ、グローバルにおける任意のロケーションで、カスタムなコンピューティングとストレージを選択/作成することが可能となる。また、顧客たちは、一連のメニュー・オプションを介して、Interoute CloudStore から自身のマシンを作成し、瞬時にディプロイできる。そして、Interoute VDC では、Public/Private(MPLS)/Hybrid の各オプションを選択できるが、それらも、ネットワーク·レベルのスタンダードとして定義されている。

Customers have the flexibility to move and store data where it is needed, whether that is in Europe, North America or Asia. This high level of location density and automation means customers can restrict their data to a single location or distribute it rapidly across new geographies and markets to provide a faster end-user experience by minimising latency in their cloud architecture and  help ensure business compliance with relevant data legislation. Because the computing power of Interoute VDC is built into the network, data transfer between international Interoute VDC zones is free.

顧客たちは、それが Europe/North America/Asia であろうが、必要とされるロケーションへデータを移動して、ストアするという柔軟性を手にする。この、ロケーションに関するハイ・レベルな密度設定と自動化により、ビジネスとして取り組む新たな地域や市場で、分散されたデータをエンドユーザーたちに迅速に提供することが可能になる。 その一方で、単一のデータを集約するという制約を設けることも、もちろん可能となる。そして、それらを実現する要因として、このクラウド·アーキテクチャにおける最小化されたレイテンシと、適切なデータ法規を用いたビジネス・コンプライアンスの支援という側面が挙げられる。 その理由は、Interoute VDC のコンピューティング・パワーが、そのネットワークに組み込まれたものであり、International Interoute VDC ゾーン間でのデータ転送が無料になるところにある。

Jon Collins, Principal Advisor at Inter Orbis & Analyst at GigaOm Pro, commented: "Much of the focus in recent years has been on Infrastructure as a Service aspects of cloud computing – that is, how to make best use of the vast pools of hosted, virtualised servers now available. The benefits of this approach are widely appreciated and give us a direction of travel for future development. As our understanding has increased, so has the awareness that the traditional approach to cloud computing of "somewhere" in the cloud, without taking physical limitations of transmission into account, limits the potential scope and sophistication of applications. The next phase in development is total integration, incorporating networking constraints and opening the door to a massively distributed approach to computing. This shift will see increasing emphasis on the network as a differentiator, as use of the cloud continues to grow.”

GigaOm Pro において、Inter Orbis & Analyst の Principal Advisor である Jon Collins は、「 近年におけるクラウド·コンピューティングでは、大半の注目を IaaS が集めている。つまり、ホストされている仮想化されたサーバーの広大なプールを、その時々に最大限に活用するための方式が論じられている。このアプローチにおけるメリットは広く認識されており、また、将来のデプロイメントに関する方向性を与えてくれる。そして、私たちの理解が高まるにつれて、このクラウド・コンピューティングに対する伝統的なアプローチは、クラウド内の「どこか」という意識をもたらすようになる。しかし、そこには、考慮すべき物理伝送の制限や、アプリケーションの範囲と精度に関する潜在的な制限などは存在しない。次に開発すべきフェーズは、ネットワークに制約を取り込みながら、大規模コンピューティングへ向けた分散アプローチのドアを開くための、トータルなインテグレーションである。そのシフトにより、差別化要因としてのネットワークと、クラウド利用を継続して拡大させるネットクークの、重要性が増していくだろう」と、述べている。

ーーーーー

以前にも、この Interoute の香港 Virtual Data Centre (VDC) に関する抄訳をポストしましたが、アジアだけではなく北米をも含む 仮想データセンター・ゾーンに拡大しているようですね。 とは言え、その他の情報は少なく、以前としてナゾに包まれた Interoute ですが、このところの、たとば Google をめぐる EU の対応などをみても、そう簡単にはアメリカのクラウドには乗ってこないのかもしれませんね。 また、London と New York の Interoute VDC ゾーンを、わずか 68ms で接続といのもスゴイです。引き続き、この Interoute の動きは追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!
これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増している!

Comments Off on 欧州からのチャレンジ:Interoute の 仮想 DC ゾーンは London -New York を 68ms で接続する!

Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表:放置すれば クラウドの普及が IP アドレスの問題を悪化させる

Posted in Data Center Trends, Digital Ocean, Network by Agile Cat on October 9, 2014

Upstart cloud player Digital Ocean to roll out IPv6 worldwide
http://wp.me/pwo1E-7Wg

By Barb Darrow – Jun. 17, 2014
https://gigaom.com/2014/06/17/upstart-cloud-player-digital-ocean-embraces-ipv6/

_ Giga Om

Summary: Digital Ocean needs a ton more IP addresses for all those compute “droplets” it runs for customers. So it’s moving all its data centers to IPv6 by years’ end.

Summary: Digital Ocean は、その顧客たちが実行する、Droplets という名のコンピューティングのために、膨大な IP アドレスを必要としている。 それ故に、今年の末までに、すべてのデータセンターを IPv6 に移行するという。

photo
Digital Ocean

We’ve heard the IPv6 wave is coming — although none too soon — and Digital Ocean is going to ride it. The New York City-based IaaS provider plans to announce Tuesday that it is adding support for the new protocol — which will open up millions of new IP addresses — in its data centers in Singapore, Amsterdam, New York, and San Francisco.

以前から、IPv6 の波は来ているのだが、誰もが知らぬ素振りをする中で、Digital Ocean は乗ると決めたようだ。この New York ベースの IaaS プロバイダーは、無数の IP アドレスへ向けてドアを開ける新しいプロトコルのサポートを、Singapore/Amsterdam/New York/San Francisco のデータセンターに加えると、火曜日(6/17)に発表する予定である。

It’s a sort of rolling release, however. Singapore is up first, where the support will be tested out and the company will use that experience to implement across the other data centers, CEO Ben Uretsky said in a recent interview. All of those data centers should be fully aboard IPv6 by years’ end, he added.

しかし、このリリースでは大雑把すぎる。CEO である Ben Uretsky が最近のインタビューで語ったところによると、そのためのテストを行なっている Sigapore が、最初に IPv6 サービスを立ち上げ、そのエクスペリエンスを他のデータセンターに展開していくようだ。この年末までに、すべてのデータセンターは、完全に IPv6 に乗っているはずだと、彼は付け加えている。

With more mobile devices, sensors and — face it — virtual machines running in clouds coming online by the minute, the demand for unique IP addresses is exploding and that’s leading to IPv4 IP address exhaustion. “The issue is that IPv4 provides something like 4 billion unique addresses, which seemed sufficient in 1980 when the protocol was created, but nowadays there are billions of smartphones alone,” he noted. There are IPv4 workarounds, but they are not elegant, he said.

大量のモバイル・デバイスとセンサーに対応するためには、クラウド上の仮想マシンを次々と立ち上げ、オンライン接続していく必要がある。ユニークな IP アドレスに対する需要は爆発的なものとなり、また、IPv4 IP アドレスは枯渇へと向かっていく。Ben Uretsky は、「 IPv4 プロトコルが作成された 1980年当時には、40億の IP アドレスで充分だと思われていたが、そこに問題が生じている。しかし、いまでは、スマートフォンだけでも数十億台が存在しているのだ。IPv4 による、その場しのぎの回避策もあるが、エレガントではない 」と、指摘している。

The regional IP address authorities — the American Registry for Internet Numbers (ARIN) in the U.S. — have pretty much hit the bottom of the barrel. Uretsky said there are about 15 million IPv4 addresses left in the U.S. with Europe and Asia pretty much sold out, while there is some remaining capacity in Latin America and Africa. (Microsoft already occasionally assigns IP addresses from other regions to U.S. workloads and if Microsoft can’t get new IPv4 addresses you know we’re in dire straits.)

US におけるリージョナル IP アドレス管理組織である American Registry for Internet Numbers (ARIN) は、その枯渇を訴えている。 それでも、US には 1500万ほどの IPv4 アドレスが残っているが、Europe と Asia の状況は悪化しており、Latin America と Africa には若干の余裕があると、Uretsky は述べている。(すでに Microsoft は、US のワークロードに対して、他の地域からの IP アドレスを割り当てている。 このようなかたちで、Microsoft が新たな IPv4 アドレスを取得できなくなると、私たちは苦境に陥ると認識すべきだ)

Source: Akamai

“Cloud computing has accelerated pace of IP address consumption — each of these Droplets we sell and every single Amazon EC2 server needs one. Cloud vendors lowered the barriers to entry but we also exacerbated this address problem,” Uretsky said.

「 クラウド・コンピューティングにより、IP アドレスの消費ペースが加速している。 私たちが販売している個々の Droplets や、それぞれの Amazon EC2 などが、1つの IP アドレスを必要とする。クラウド·ベンダーにより参入障壁が引き下げられたが、このアドレスの問題を、私たちは悪化させている 」と、Uretsky は発言している。

What this means is that all the big cloud providers — Microsoft Azure, Amazon Web Services, Google etc — need to get off the stick vis-a-vis IPv6 support in their clouds which should happen sooner rather than later. (Google App Engine does support IPv6, as does Amazon’s ELB load balancing service.) IBM SoftLayer already supports IPv6 and Verizon Cloud, due out this year, also supports IPv6.

彼が言いたいのは、すべての大手クラウド・プロバイダーたち(Microsoft Azure/Amazon Web Services/Google など)が、IPv6 サポートに関する睨み合いをやめて、それぞれのクラウドにおいて、直ちに対応すべきという点に集約される(Google App Engine や、Amazon ELB load balancing service などは、IPv6 をサポートしている)。IBM Softlayer は、すでに IPv6 をサポートしている。 また、Verizon Cloud も、年内には IPv6 をサポートするとしている。

Related research

What developers should know when choosing an MBaaS solution Sept 2013
The importance of benchmarking clouds June 2014
Consumer products will drive enterprise breakthroughs June 2014

ーーーーー

最後のマトメを読むと、それぞれのクライド・プロバイダーが、IPv6 サポートに取り組んでいるようですが、この元気の良いスタートアップが、それらの先輩たちを急かしているように見えてきます。 文中にもあるように、1980年当時は 40億の IP アドレスで充分と思われたとしても、少なくとも 10億台近いスマホが、今年だけで増えそうというご時世なのですから、やはり、クラウド事業者には考えて欲しい問題ですよね。

ーーーーー

<関連>

これが DigitalOcean だ! AWS 以上のペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Akamai と OpenDNS が提携:もっと もっと Web を速くしたい!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
Facebook と Open Compute から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!

Comments Off on Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表:放置すれば クラウドの普及が IP アドレスの問題を悪化させる

iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Asia, Mobile, Weekend by Agile Cat on September 23, 2014

Meet the foot soldiers in the massive iPhone 6 grey market (video)
http://wp.me/pwo1E-7Tq

September 22, 2014 – by Terence Lee
http://www.techinasia.com/meet-foot-soldiers-massive-iphone-6-grey-market-video/

_ tech in asia

In China, where licensing problems prevent the iPhone 6 from getting sold, these devices fetch thousands of dollars on the grey market.

ライセンスの問題から iPhone 6 の発売が先送りになっている China では、膨大なキャッシュが、このデバイスにより、グレー・マーケットへと流れ込んでいる。

But where do these sellers get their phones? Apparently, from the hordes of stand-ins who sat in line for days outside Apple stores. These folks – the old woman who doesn’t speak a word of English, a mother huddled with her child in a blanket, a screaming lady who got arrested by the police after an unspecified altercation – were vividly captured in a mini-documentary shot in New York (below) by film producer Casey Neistat.

しかし、そのマーケットでの売り手は、どこで iPhone を仕入れるのだろう? どうやら、Apple Store の前で、何日も前から座り込んでいる、大量のダミー・ユーザーから調達しているようだ。それらの人々の New York における数日を、つまり、英語を話さない老婆や、子どもと一緒に毛布に包まる母親、そして、口論の末に警察に逮捕されて悲鳴をあげる女性たちの数日を、映画プロデューサーである Casey Neistat が、ミニ・ドキュメンタリーとして鮮やかに映し出している。

Youtube

The video gives a quick glimpse of how the massive Apple grey market works. Scalpers pay foot soldiers to stand in line, and they often crowd out  the Apple fans at the front of the queue. It’s a trend noticed not just in New York, but stores in San Francisco, Seattle, Louisville, and Kentucky too. The shadowy middlemen then round up the phones and ship them to wherever they’re sold. It’s probably a nice bit of side income for those who stood in line, but bigger profits for the brains behind the operation.

このビデオを観れば、Apple を取り巻く巨大グレー・マーケットが、どのように機能するのかを容易に把握できる。ダフ屋は、歩兵たちにキャッシュを掴ませ、待ち行列の前方に並ばせる。 そして、大半の Apple Store で、それらの群衆により、本当の Apple ファンは弾き出されてしまう。つまり、New York だけではなく、San Francisco や、Seattle、Louisville、Kentucky などでも、同じような光景が見られたのである。そして、彼らから iPhone を買い上げた仲買人たちは、それらを販売するところへと出荷していく。おそらく、何日も並んだ人々にも、かなりの副収入が転がり込むのだろうが、それを背後で操作する闇ビジネスは、法外な利益を手にするはずだ。

The documentary ends with the quote: “I don’t think this kind of business is good for anyone.” But even if Apple agrees and steps in, there’s not going to be a foolproof way to stop resellers from getting to the phones.

このドキュメンタリーは、“I don’t think this kind of business is good for anyone” という言葉で完結する。 そうは言っても、かりに Apple が同意し、こうした騒ぎに介入するにしても、転売という行為を確実に止める方法は見つからないだろう。

ーーーーー

なんというか、夢を売るはずの Apple が、とてもリアルな欲得の世界を、こんなにも鮮やかに、しかも世界中の人々に、イヤというほど見せつけていることが、とても皮肉に感じられます。それは、Apple が望んだことではないのですが、それを、回避できるのも Apple だけです。 今年は、おそらく北京政府の突然の翻意で、騒動が大きくなったのでしょうが、来年は繰り返されないという保証は、どこにもありません。 店頭に待ち行列を作らせて、人気をアピールするという手法が、変化してしまった世界に追い付いていけず、逆効果になっている感じです。 

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 が 中国マーケットで異常事態:ウラ市場では $5,000 の値付けとか?
Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
iPhone 6 のイニシャル・オーダーは、7000〜8000万台 規模になるらしい
China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?

Comments Off on iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない

AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX

Posted in Netflix, Open IX, Telecom by Agile Cat on March 5, 2014

Netflix becomes first AMS-IX New York customer
Joins NYC internet exchange as result of Open IX initiative
http://wp.me/pwo1E-7h5

3 December 2013 by Yevgeniy Sverdlik
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2013/12/netflix-becomes-first-ams-ix-new-york-customer

_ DC Dynamics

Netflix has become the first customer of AMS-IX New York, the European internet exchange operator’s recent foray into the US market.

Netflix が最初の顧客となった相手とは、Europe のインターネット·エクスチェンジ事業者として、先日にアメリカ市場に進出した AMS-IX New York である。

Netflix headquarters in Los Gatos, California

The deal is a result of the emergence of Open IX, a non-profit industry organization built recently to create standards for internet exchange operators and data center operators that can host those exchanges. The organization’s main goal is to dilute the control a few data center operators, including Equinix, Telx and Verizon Terremark, have of all key US internet exchanges.

この契約には、Open IX の出現という背景がある。つまり、この非営利の業界団体が、最近になって作成した、IX オペレータと DC オペレータのためのスタンダードにより、Netflix などの事業者のためのインターネット・エクスチェンジ機能がホスティングされるのだ。この団体のメインの目的は、Equinix/Telx/Verizon Terremarkといった、少数のデータセンター事業者によるコントロールを希釈することで、アメリカにおける主要インターネット・エクスチェンジを手に入れることである。

No exchange or data center operator has been certified by Open IX, Josh Snowhorn, VP and general manager of interconnection at CyrusOne and a committee member at Open IX, said. The data center and exchange operators that have been involved with the organization have been making Open IX-related announcements, however, expecting they will eventually be endorsed since they know what the requirements are going to be.

Open IX により認定されたエクスチェンジ/データセンター・オペレータは、現時点では、まだ、存在しないと、CyrusOne の VP and GM of Interconnection であり、Open IX の Committee Member である Josh Snowhorn は発言している。このデータセンター/エクスチェンジ・オペレータは、Open IX に関わっていくというアナウンスメントを発している。 そして、その要件策定が進行中であることを、彼らは知っているため、最終的には承認されると推測される。

Job Witteman, CEO of AMS-IX, said, “We are very pleased to have Netflix as the first customer of AMS-IX New York. One of the main reasons to broaden our scope to the US is to offer our US-based customers the value of a neutral and distributed internet exchange.”

AMS-IX の CEOである John Witteman は、「 AMS-IX New York の最初の顧客として、Netflix が手を上げてくれたことに、とても喜んでいる。アメリカ市場においてスコープを拡大していく主な理由として、私たちのアメリカ・ベースの顧客に対して、中立性と分散性を備えたインターネット·エクスチェンジがもたらす、その価値を提供してくことがある」と述べている。

The agreement follows Netflix’ connection to AMS-IX (Amsterdam Internet Exchange) in Amsterdam earlier this year.

今回の契約は、2013年の初めに Netflix が、AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)との接続を開始したことに続くものである。

David Temkin, director of network architecture and strategy and Netflix ans chair of the board of directors of the Open IX Association, said the video-streaming company had been one of the key drivers behind the Open IX initiative.

デビッド·テムキン、ネットワークアーキテクチャおよび戦略担当ディレクターとOpen IX協会の理事会のNetflixのANS椅子は、ビデオストリーミング、同社がオープンIXイニシアチブの後ろの主な要因の一つであったと述べた。

Netflix の Director of Network Architecture and Strategy であり、Open IX Association の Chair of The Board of Directors でもある David Temkin は、Open IX Initiative を背後から支える、主要メンバーとしての同社の存在を認めている。

“With our connection to AMS-IX New York we can finally get benefit from the European Internet Exchange model in the US,” he said. “Moreover, our experience with AMS-IX in Amsterdam made it an easy choice to connect to AMS-IX New York as well.”

「 AMS-IX New York への接続により、最終的に私たちはアメリカ市場において、この European Internet Exchange モデルから利益を得るようになる。さらに言えば、Amsterdam における AMS-IX とのエクスペリエンスにより、AMS-IX New York との接続に関しても、容易に判断することができた」と発言している。

AMS-IX’s US subsidiary has recently made deals with Digital Realty Trust, DuPont Fabros Technology, Sabey Data Centers and 325 Hudson to build and operate an Open-IX-endorsed internet exchange within the wholesale data center providers’ facilities in the New York-New Jersey region.

最近のことだが、AMS-IX のアメリカ子会社は、Digital Realty Trust/DuPont Fabros Technology/Sabey Data Centers/325 Hudson などと契約を交わしている。つまり、それにより、New York-New Jersey リージョンの卸売データセンター·プロバイダーのファシリティ内で、Open IX が承認したインターネット·エクスチェンジを構築/運用していくことになる。

Depending on the market demand and the willingness of other data center providers to partner with AMS-IX, additional locations may be added, the exchange operator said. AMS-IX also plans to deploy exchanges in the Chicago and Silicon Valley markets, which are currently planned to go live in the first and second quarters of 2014, respectively.

マーケットにおける需要と、AMS-IX との提携を望むデータセンター・プロバイダーに応じて、別のロケーションも追加されるだろうと、このオペレータは述べている。 そして AMS-IX は、Chicago と Silicon Valley のマーケットにエクスチェンジを展開するプランを持っており、現時点では、それぞれが、2014年の Q1 と Q2 に稼動するという予定で進行している。

Recommended links

ーーーーー

最近の Netflix といえば、数あるコンテント・プロバイダーの中で、トラフィックを最も多く消費する存在として知られています。この記事は、昨年の 12月にポストされたものであり、同社の Open IX シフトが明示されています。そして、インターネットのタダ乗り論が再燃してきたり、CATV 業界では Comcast と Time Warner の統合が話題になるなど、Netflix をめぐる興味深い展開が、同時多発的に起こっているという感じもします。それらは、これまでにも、何度も繰り返されてきた類のことなのかもしれませんが、そこに Open IX という新たな要因が加わることで、何が起こるのかと考えると、ますます面白くなってきます。目が離せませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!
Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Comments Off on AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX

AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Open IX by Agile Cat on February 26, 2014

AMS-IX Opens Internet Exchange in the New York Market
http://wp.me/pwo1E-7fD

November 6th, 2013 – By: Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/11/06/ams-ix-opens-internet-exchange-in-the-new-york-market/

_ DC Knowledge

The European Internet exchanges keep coming. The latest provider to enter the US market in AMS-IX (Amsterdam Internet Exchange) today announced plans to create an exchange spanning four data centers in New York and New Jersey. The move reflects growing momentum for Open-IX, the movement to spread the European model for exchanging traffic between major networks.

Europe  のインターネットエクスチェンジがやってくる。 最近になって、AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)の米国市場に参入することになった、このプロバイダーだが、本日、New York と New Jersey に展開される 4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画を発表した。この動きは、主要ネットワーク間のトラフィックを交換するために、ヨーロッパモデルを広めるという、Open-IX ムーブメントの勢いを反映したものとなる。

An aerial view of the DuPont Fabros NJ1 data center in Piscataway, New Jersey, which will be one of the sites for a new Internet Exchange from AMS-IX. (Photo: DuPont Fabros Technology.)

AMS-IX USA Inc. has struck deals with Digital Realty, DuPont Fabros Technology, Sabey Data Centers and 325 Hudson in the New York/New Jersey area to build and operate a distributed Internet Exchange, named AMS-IX New York.

AMS-IX USA Inc は、AMS-IX New York という名前の分散インターネットエクスチェンジを構築運用するために、New Jersy エリアにおける Digital Reallity および、DuPont Fabor Technology、Sabey Data Center、325 Hudson などと契約を結んでいる。

AMS-IX says it will also deploy new Open-IX exchanges in the Chicago and Silicon Valley markets, which will go live in the first and second quarter of 2014, respectively. This new business initiative is a response to the certification process by the Open-IX Association for the setup of neutral and distributed Internet Exchanges in the United States.

AMS-IX が言うには、Chicago と Silicon Valley にも、新しい Open IX エクスチェンジがディプロイされ、それぞれが、2014年の Q1 と Q2 に稼動するらしい。この新しいビジネス·イニシアチブは、アメリカ市場において、中立を維持する分散型インターネットエクスチェンジを構築するための、Open IX Association によるサーティフィケーション・プロセスに責任を持つ。

Surge of Entrants from Europe

This makes AMS-IX the third major European exchange operator to enter the US market this year. The London Internet Exchange (LINX) is launching the LINX NoVa exchange across three sites in northern Virginia, while Frankfurt-based DE-CIX is setting up an exchange in the New York market.

今回の AMS-IX による進出は、アメリカ市場に参入する主要ヨーロッパ・エクスチェンジとして、今年に入ってから三度目の出来事となる。London Internet Exchange(LINX)は、Virginia 北部の 3つのサイト連携する、LINX Nova エクスチェンジを立ち上げている。その一方で、Frankfurt ベースの DE-CIX は、New York 市場におけるエクスチェンジを立ち上げている最中だ。

The recent rise of the Open-IX movement has reinvigorated efforts to bring the European approach to exchanges to the US market. In the European interconnection model, Internet traffic exchanges are managed by participants, rather than the colocation providers hosting the infrastructure. This model has struggled to establish itself in the U.S., where peering has been focused on commercial exchanges, especially thoses operated by Equinix. The Open-IX framework is emphasizing a neutral governance model and the technical compliance of any participating data center providers.

このところの Open IX ムーブメントの盛り上がりは、アメリカ市場のエクスチェンジに対して、ヨーロッパのアプローチを持ち込もうとする展開を、さらに活発にしている。このヨーロッパ相互接続モデルにおいては、インターネット・トラフィック・エクスチェンジの管理が、インフラをホスティングするコロケーション·プロバイダーではなく、そこへの参加者により行われている。アメリカ市場において、このモデルがポジションを確立するのに苦労しているのは、ピアリングが商用エクスチェンジに集約され、さらに言えば、それらが Equinix により運営されているからである。Open IX フレームワークは、中立的なガバナンス·モデルを大切にし、また、そこに参加する、あらゆるデータセンター·プロバイダーによる、テクニカル・コンプライアンスを重視しているのだ。

The new AMS-IX exchange will be spread across three data centers in Manhattan and one in central New Jersey:

この新しい AMS-IX エクスチェンジは、Manhattan における 3つにデータセンターと、New Jersey のセントラルデータセンターに分散される。

  • Digital Realty Trust, 111 8th Avenue, New York
  • DuPont Fabros Technology, Piscataway, NJ
  • 325 Hudson Street, New York
  • Sabey Data Centers, Intergate.Manhattan (375 Pearl Street) in New York

AMS-IX said it could add more locations in the New York market if it sees market demand and interest from other data center providers. In Amsterdam, the AMS-IX exchange platform is distributed across 12 different data centers serving more than 600 IP networks from around the globe. Established in the early 1990s, AMS-IX has a traffic peak of around 2.5 terabits per second.

AMS-IX が言うには、マーケットにおける需要と、他のデータセンター·プロバイダーからの関心が見いだせるなら、より多くのロケーションを、New York 市場に追加していくようだ。 Amsterdam において、AMS-IX エクスチェンジ・プラットフォームは、12 ヶ所のデータセンターに分散され、世界と連携する 600 以上の IP ネットワーク・サービスを提供している。 1990年代の初頭に設立された AMS-IX は、毎秒約 2.5 Tera Bit のピーク・トラフィックを有する。

“The opportunity to start neutral, distributed Internet Exchanges in the US with the endorsement of the Open-IX community fits our strategy of building Internet Exchanges in connectivity hub locations around the world,” said Job Witteman, Chief Executive Officer of AMS-IX. “We believe the model will bring the North American IP interconnection market tremendous value by decreasing complexity as well as the associated costs. AMS-IX is committed to bringing about this market transformation, and is pleased to have found initial partners in two major market participants Digital Realty and DuPont Fabros Technology.”

「 Open-IX コミュニティ に承認された分散型の Internet Exchanges を、アメリカにおいて中立を維持しながら運営していくチャンスは、世界にまたがる接続ハブに適したロケーションで、Internet Exchanges を構築していくという、私たちの戦略に適合している。このモデルにより、複雑さが低減されるだけではなく、関連するコストが圧縮されることで、North American IP インターコネクションに莫大な価値をもたらされると、私たちは確信している。AMS-IX は、このマーケットに変革をもたらすことを約束し、また、Digital Realty と DuPont Fabros Technology という、2つの初期のパートナーを迎え入れられたことを喜んでいる」と、AMS-IX の Chief Executive Office である Job Witteman は述べている。

“We are pleased to be collaborating with AMS-IX on this important initiative,” said Michael Foust, Chief Executive Officer at Digital Realty (DLR). “By helping establish a truly open Internet Exchange environment, we are supporting the Open-IX community’s desire for neutral exchanges that are more efficient and cost-effective than those available today. The end result for our customers will be access to enhanced interconnectivity and Internet peering capabilities.”

「 私たちは、この重要なイニシアチブにおいて、AMS-IX とコラボレートできることを喜んでいる。真にオープンな Internet Exchange 環境の立ち上げを支援することで、現時点で利用できるものよりも、さらに効率と費用対効果に優れる、中立的なエクスチェンジを望む Open IX コミュニティを支援することになる。そして、強化された相互接続性とインターネット・ピアリング機能へのアクセスが、私たちの顧客にとっての最終的な結果となる」と、 Digital Realty の Chief Executive Office である Michael Foust は述べている。

Customer Benefit Seen

“Building upon our carrier-neutrality principle, we are glad to support the Open-IX Association and encourage the deployment of the AMS-IX New York Internet Exchange in our Piscataway NJ1 data center,” said Hossein Fateh, President and Chief Executive officer of DuPont Fabros Technology (DFT). The AMS-IX Internet Exchange at NJ1 will complement the network providers and the New York Stock Exchange currently providing connectivity services to our customers. We expect our customers to benefit from this open Peering and Interconnectivity environment.”

「 キャリアに対して中立で臨むという、私たちの原則を確立するために、喜んで Open-IX Association を支援していく。 そして、私たちの Piscataway NJ1 データセンター内への、AMS-IX New York Internet Exchange のディプロイメントを推進していく。 NJ1 における AMS-IX Internet Exchange は、私たちの顧客に対して、現時点でサービスを提供している、ネットワーク・プロバイダー や  New York Stock Exchange を補完するものとなる。私たちは、このオープンな Peering と Interconnectivity の環境から、顧客たちが恩恵を被ることを期待している」と、DuPont Fabros Technology の President and Chief Executive Office である Hossein Fateh は述べている。

“We are very happy to partner with AMS-IX New York on this important market-changing initiative. Offering more choice in the New York City market to carriers and customers is good for everyone,” added John Sabey, President of Sabey Data Centers.

「 私たちは、マーケットを変えていこうとする、この重要なイニシアティブを確立するために、喜んで AMS-IX New York と提携していく。キャリアとカスタマのための選択肢が、New York City マーケットで増えることは、誰にとっても素晴らしいことだ」と、Sabey Data Centers の President である John Sabey は述べている。

AMS-IX New York is currently accepting orders in the 111 8th Digital Realty facility, where it says it is ready to provision customer ports.

現時点において AMS-IX New York は、すでにカスタマーにポートを提供する準備を整えている、111 8th の Digital Realty ファシリティでオーダーを受け付けている。

“With our experience of building and managing Internet Exchanges in Europe, Asia, the Caribbean and East Africa we have a blueprint for rolling out new exchange platforms,” Henk Steenman, Chief Technical Officer of AMS-IX. “All of the configurations, management and monitoring systems are pre-defined and ready for deployment. The main priority is to extend the organization, the team and to deploy the equipment and local Dark Fiber between the several data centers, as well as with other companies that are willing to partner with AMS-IX, and are Open-IX certified and commercially feasible.”

「 Europe/Asia/Caribbean/East Africa などで、いくつかの Internet Exchange を確率/運用してきた経験により、新しい Exchange プラットフォームを展開するための青写真を手にしている。すべての、コンフィグレーション/マネージメント/モニタリングのためのシステムが、すでに定義され、また、デプロイメントの準備も整っている。そして、優先されるべき事柄は、この環境をディプロイするための組織とチームを拡張し、いくつかのデータセンター間に、ローカルな Dark Fiber を展開していくことである。 それに加えて、AMS-IX との提携を望む企業と連携し、Open-IX サーティフィケーションを推進し、商業的な可能性を具体化していくことになる」と、AMS-IX の Chief Technical Officer である Henk Steenman は述べている。

RELATED POSTS:

German Internet Exchange DE-CIX Enters NY Market
Open Internet Exchange Movement Organizing
London Internet Exchange Enters U.S. Market With EvoSwitch in Virginia
Digital Realty Launching Open Internet Exchange Initiative
CoreSite Connects With Amsterdam’s AMS-IX

ーーーーー

10月に相次いで発表された、London Internet Exchange (LINX) の Virginia 進出に続いて、11月には AMS-IX(Amsterdam Internet Exchange)のアメリカ市場進出が発表されました。 それが展開されるリージョンは、New York と New Jersey であり、4ヶ所のデータセンターにまたがる、エクスチェンジを構築していくという計画です。そして、本文では触れていませんが、このファシリティは NetFlix にも採用されたようです。昨日の Wireless Wire に「米でネットワーク中立性に赤信号 – ネットフリックス、コムキャストへの支払いに合意」という記事が掲載されていましたが、この Open IX をめぐる動向と、ひょっとすると絡み合っているのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Open IX のアメリカでの展開が加速する:バージニアで勢力を拡大する London IX
Open IX 陣営に参加する CoreSite が、北バージニアで 新たな IX を立ち上げる
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する

Comments Off on AMS-IX が New York 市場に参入:Open IX が勢いづく!

世界のデータセンター・スペース : 余っているのか? 不足しているのか?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Research by Agile Cat on December 12, 2013

New York’s data centers have a vacancy issue, while Seattle co-lo is on the rise
http://wp.me/pwo1E-71j

By Stacey Higginbotham – NOV. 18, 2013
http://gigaom.com/2013/11/18/new-yorks-data-centers-have-a-vacancy-issue-while-seattle-co-lo-is-on-the-rise/

_ Giga Om

Summary: Companies that rent out data center floor space to companies are seeing their business boom as more services move to the cloud. Yet, not all markets or players are created equal.

Summary: ユーザー企業に対してデータセンターのフロア・スペースを貸し出す事業者たちは、より多くのサービスがクラウドに移行するにつれて、自分たちのビジネスが繁盛すると思っている。しかし、すべてのマーケットやプレイヤーが、同じように作り出されているわけではない。

photo: Jordan Novet

Believe it or not, there is a glut of data center capacity in London, New York, Frankfurt and Paris, according to research out Monday from analyst firm Telegeography. The report notes that vacancy rates in those markets are now at 40 percent. Meanwhile cities such as Seattle, Dallas, Toronto and Paris are seeing new data center construction at a pretty rapid clip, with those cities having a total of 8.1 million square feet of floor space between them. For perspective, however, the world’s largest city for co-location space, New York City, has 5.5 million square feet of space.

信じられない話かもしれませんが、Telegeography が月曜日に配信した調査レポートによると、London/New York/Frankfurt/Paris などにおけるデータセンターは、そのキャパシティが供給過多になっている。このレポートでは、それらのマーケットにおける空室率が、40% になっていると指摘されている。 その一方で、Seattle/Dallas/Toronto/Paris などでは、新しいデータセンターの建設が、かなりのペースで進んでいるようだ。 ちなみに、それらの都市における、データセンター床面積の合計は、8.1 million 平方フィートであり、また、世界最大のコロケーション・スペースを有する New York の床面積は 5.5 million 平方フィートとなる。

Wait, Paris is experiencing both high vacancy and a 25 percent growth in new square footage? Paris now has 2.6 million square feet of co-location space. TeleGeography analyst Jon Hjembo explains in the release why this contradiction really isn’t:

ちょっと、待って! Paris であるが、空室率が高くて、25% の増床率って、いったい どういうことなんだろう? 現時点における Paris のコロケーション・スペースは、2.6 million 平方フィートとされる。 TeleGeography のアナリストである John Hjembo が、以下のリリースにおいて、そこに矛盾が生じない理由を説明している。

‘However, vacancy rates fluctuate widely within metro areas. Colocation sites that are in high demand have consistently limited or non-existent availability, warranting expansion, while operators of other sites may struggle to gain a foothold.’

「 どうあれ、都心部における空室率は、大きく変動する。大きな需要を抱えるコロケーション・サイトは、常に供給が制約されるため、需要に追い付いていかない。 そして、適切な増床が行われる一方で、ビジネスを上手く展開できない事業者も存在し得るだろう」

Much like in other businesses, if you’re good, you have customers and if you’re mediocre, unknown or too far off the metro fiber ring, you’re experiencing vacancies. Plus, if you’re a city that has a huge co-location market, it will be harder to grow the overall square footage. After all data centers consume a lot of space and power, plus you’re growing from a larger base.

つまり、その他のビジネスと同様である。その経営が上手くいっていることは、たくさんの顧客を抱えていることの証明である。また、可もなく不可もない経営状況であり、また、メトロ・ファイバー・リングから遠く離れているというなら、空室率が気になるだろう。それに加えて、巨大なコロケーション市場のある都市なら、全体的な増床は難しくなる。結局のところ、すべてのデータセンターは、広大なスペースと、大量の電力を消費するが、それ以上のペースでビジネスが拡大しているのだ。

As we shunt more of our lives to the cloud the demand for data center space has gone up. But unless you’re a web giant building your own data center from the ground up isn’t really an option. So companies rent space for their servers in data centers owned by Equinix, NTT, Switch and other large co-location providers.

私たちの生活を支える大量のリソースが、クラウドへと移行するにつれて、データセンター・スペースに対する需要が上昇している。そして、Web ジャイアントでもない限り、独自のデータセンターをゼロから構築していくという選択肢はあり得ない。 したがって、それらを必要とする企業群は、Equinix/NTT/Switch などの、大手コロケーション・プロバイダー所有するデータセンターを借りて、自社サーバーを展開するスペースを確保することになる。

But leasing data center space, like much other estate is all about location. The closer your servers are to the end customers, the faster it is to get information to them. Generally it’s cheaper too, especially if you’re with a large data center provider who can offer a customer a wide variety of choice in bandwidth and other services.

しかし、データセンター・スペースをリースする場合には、他の不動産のケースと同様に、そのロケーションが重要となる。エンド・ユーザーの近くにサーバーを置くことで、情報の供給が高速化される。一般論となるが、帯域幅やサービスにおいて幅広いオプションを提供できる、大規模なデータセンター·プロバイダーと付き合っているなら、それらの対価は、きわめて安価である。

So as demand for online services grows, we expect the growth in data center co-location offerings to grow in more places.

したがって、オンライン·サービスへの需要が拡大するにつれて、コロケーション・データセンターは成長し、より広いスペースが提供されるようになると、私たちは予測している。

Related research

ーーーーー

image231先日のにポストした、『 Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える 』という抄訳では、ーーー こうした間違えは、面積だけにフォーカスし、面積あたりのコンピューティング容量(もしくはキロワットあたりの容量)を、計算していないところから生じる ーーー という、新しい視点を提供していましたが、それにしても、絶対的な床面積が不足すると、Telegeography は主張しているのですね。 こうしたビジネスからの需要と、電力とネットワークの供給が上手くバランスされて、すべてのベースとなるデータセンターが活性化して欲しいと思います。image

ーーーーー

<関連>

Facebook と OCP : オープン・スイッチ仕様を Broadcom と Intel と Mellanox が提出
Data Center の調査 : DC 内 IP トラフィックが 2017年には 3倍に増大する
Google の洋上データセンター : SF に続いて 東海岸にも出現!
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?

 

Comments Off on 世界のデータセンター・スペース : 余っているのか? 不足しているのか?

New York City が取得した .nyc ドメインと、経済における目論見

Posted in .Selected, Government, Weekend by Agile Cat on July 20, 2013

New York City gets its own top-level domain, letting businesses identify with its massive brand
http://wp.me/pwo1E-6ol

Ricardo Bilton – July 2, 2013
http://venturebeat.com/2013/07/02/new-york-city-top-level-domain/

_ VB NYC

New York City is bringing its immense offline influence further into the online world.

New York City は、オフラインの世界における巨大な影響力を、オンラインの世界にも取り込もうとしている。

Shutterstock.com

The city announced today that it’s been handed the rights to its own top-level domain, .nyc. With new the domain, New York City businesses (e.g, Shake Shack) can replace their websites’ .com addresses with something far more interesting. As New York City Mayor Michael Bloomberg pointed out in a statement, this is all about letting businesses identify with one of the strongest brands in the world.

今日、同市がアナウンスした内容は、トップ・レベル・ドメインである .nyc を、自身で行使する権利を得たというものである。 この新しいドメインにより、New York City の企業(たとえば Shake Shack)は、その方が面白いと思うなら、.com から .nyc へと、自分の Web サイトを変更することが可能になる。 New York City の Michael Bloomberg 市長が、そのアナウンスメントで指摘したように、すべての  New York City の企業を、世界最強のブランドで識別させるものとなる。

The new top-level domain won’t be open to just New York City businesses, however. The city also plans to allow organizations, city government entities, and residents to join in (though it isn’t entirely clear what all of this might cost).

しかし、この新しいトップ・レベル・ドメインは、New York City の企業だけに開放されるわけではない。同市では、さらに公共組織や、行政機関、そして住民がに参加できるようにしたいと言っている(ただし、コストの面において、すべての問題がクリアされているわけではない)。

The move comes as the Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN) is mulling a major expansion of top-level domains, which could include additions as broad as .book and .app. New York City’s choice, by contrast, is a lot more specific and should rapidly generate returns on the $185,000 New York City paid to apply for it.

この動きにより、Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN) が、大幅なトップ・レベル・ドメイン拡大をを検討するという結果が生じている。たとえば、.book や .app といった、広範囲におよぶドメインが追加される可能性がある。それとは対照的に、今回の New York City の決断は特殊なものであり、それを適用するために支払われた $185,000 というコストを、収益の構造へと急いで転化するする必要がある。

While I’m not quite sure that .nyc will create the sort of  ”unprecedented local civic and economic activity” that New York City claims it will, the move no doubt fits well into the city’s larger ambitions to be the world’s next great tech hub.

個人的な意見として、New York City が実現すると主張する、「 前例のない、市民と地元企業に対する経済活動 」というものが、達成されるかどうか分からないが、世界における Next Great Tech Hub になるという同市の大きな野望に、今回の動きが上手くフィットするのは間違いないようだ。

ーーーーー

weekend2まぁ、なんてカッコ良いのでしょう! New York というと、以下の<関連>にあるように、ステキな Apple Store があったり、地下鉄でのスマホ・チケットが検討されたりと、IT との相性がよさそうな感じがします。 そして、ついに .nyc ドメインまで、使えるようになるなんて、NYC ベースの店舗などは大喜びでしょうね 🙂 これからのインターネットは、もっとローカルとの結びつきが強くなっていくように思えますが、その先鞭を YNC がつけるというのも、とても順当な感じがします。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Apple – Grand Central – Store in NYC って?
NY の地下鉄では、スマホ・チケットの試みが始まるらしい
New York City の地下鉄では、クラウド API が吊り広告に?
地下鉄の階段がピアノの鍵盤だったら
公園のゴミ箱が ヒュ~ン と 唸ったら

 

Comments Off on New York City が取得した .nyc ドメインと、経済における目論見

コ・ロケーションのための、データセンター Hotsopt を探せ!

Posted in .Selected, Data Center Trends by Agile Cat on January 9, 2013

Check out some of the new data center hotspots (for co-lo that is)
http://wp.me/pwo1E-5vX
Nov 29, 2012 – By
Stacey Higginbotham
http://gigaom.com/2012/11/29/check-out-some-of-the-new-data-center-hotspots-for-co-lo-that-is/

_ Gigaom

Data centers are the manufacturing floor of the web and cloud computing, so it makes sense that the amount of data center capacity added in the last two years as been measured in millions of square feet. But where it’s added is changing.

データセンターは、Web とクラウド・コンピューティングの製造フロアである。 したがって、この 2年間で追加されたデータセンターの容量が、何百万平方フィートにも及ぶところに意味が生じてくる。 ただし、その容量が付け加えられた場所が、変化しているのだ。

photo: Shutterstock
/ Oleksiy Mark

The demand for data centers just isn’t subsiding. And to serve the companies that can’t build their own data centers, there’s there has been a boom in retail co-location space around the world, according to Telegeography. The places in which this boom is happening may surprise you.

データセンターの需要は沈静化していない。 Telegeography によると、自前のデータセンターを構築できない企業にサービスするために、世界中のリテール・コ・ロケーションのスペースがブームとなっている。 このブームが起こっている場所を聞くと、誰もが驚くかもしれない。

While traditional data center locales such as New York and San Francisco are getting new data centers, non-traditional places such as Bangalore, Austin, Texas and Hong Kong are also seeing big increases in data center capacity. Austin, my hometown, saw the largest gain, with a mere two providers –Data Foundry and CyrusOne — adding over a million square feet of raised floor space from 2010 to 2012. The addition of a massive amount of space driven by one or two vendors is a trend of sorts, with Bangalore’s 937,000 new square feet provided almsot entirely by one company — Tulip

New York や San Francisco といった、従来からの DC ロケールに新たなデータセンターが構築される一方で、Bangalore/Austin/Texas/Hong Kong などの新興 DC ロケールも、そのデータセンター・キャパシティを増加させている。 私の故郷である Austin は、最大の上昇率を示しているが、2つのプロバイダである Data Foundry と CyrusOne だけで、2010年~2012年に百万平方フィート以上も増床しているのだ。 大規模なスペースが、1つあるいは2つのベンダーにより加えられていくのは、ある種の傾向である。Bangalore では、937,000 平方フィートの大半が、Tulip 社だけにより提供される。

クリックで拡大 ⇒

The same trends driving the growth of mega data centers by cloud providers and web companies is pushing demand for more co-location space as well. Inside these centers, companies ranging from small web sites to Twitter have servers, while other servers might host a nascent cloud provider or a private cloud. This is certainly the case at the SuperNAP in Las Vegas, which houses a who’s who of customers and plans to expand to more than 2 million square feet.

クラウド・プロバイダと Web カンパニーが、メガ・データセンターの成長を促進するという同じトレンドにより、コ・ロケーション・スペースへの需要が、より以上に高まっている。 これらのデータセンターには、小さな Web サイトから、Twitter にまで至る企業群が、サーバーを配置している。その一方で、他のサーバーは、新しいクラウド・プロバイダあるいはプライベート・クラウドを、ホストしているのかもしれない。 また、確実な話として、Las Vegas の SuperNAP でのケースでは、顧客たちの who’s who をハウジングするために、2百万平方フィート以上の拡張を計画している。

And for those wondering where to go to find the most colocation facilities, Telegeography provided me a list of the top 5 cities in the world by the amount of square feet.

そして、潤沢なコ・ロケーション・ファシリティを探している人々のために、Telegeography が 私に提供してくれたリストは、データセンターの床面積を誇る、世界の都市 Top-5 が記されているのだ。

  • New York – 3.53 million gross square feet with 15 percent growth over the past 2 years
  • San Francisco Bay area – 3 million gross square feet with 7 percent growth over the past 2 years
  • London – 2.65 million square feet with negligible growth over the past 2 years, though 160,000 gross square feet will be launched this quarter and another almost 100,000 square feet will be launched early next year.
  • Chicago – 2.14 million gross square feet with negligible growth over the past 2 years
  • Washington D.C.- 2 million gross square feet with 8 percent growth over the past 2 years
  • New York – 3.53 million 平方フィート: この 2年間で 15% の成長。
  • San Francisco Bay area – 3 million 平方フィート: この 2年間で 7% の成長。
  • London – 2.65 million 平方フィート:この 2年間で、ほどんど成長せず。ただし、この四半期で 160,000 平方フィートが、また、来年には 100,000 平方フィートが増床する。
  • Chicago – 2.14 million 平方フィート:この 2年間で、ほどんど成長せず。
  • Washington D.C.- 2 million 平方フィート:この 2年間で 8% の成長。

Subscriber Content

ーーーーー

imageAustin はともかく、Hong Kong に、そのためのスペースが、これ程まで費やされているのには、とても驚きました。 ちょっと、話がずれますが、今年は Google の アジア・データセンター群も、続々とオープンする年になります。 また、東京および、その近郊、さらには地方都市でも、増床が計画されているはずです。頑張れ、日本のデータセンター! image

ーーーーー

<関連>

Facebook は Open Compute を、コ・ロケーションにも適用する
DC サービス市場の規模は、どうなっている?
クラウドにより、どこまで データセンターの効率は高まるのか?
Google データセンターの、南米への進出が始まった
みんなを支える Data Center 2012 特集

 

Comments Off on コ・ロケーションのための、データセンター Hotsopt を探せ!

%d bloggers like this: