Agile Cat — in the cloud

Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

Posted in AI ML, Cisco, Network, Security by agilecat.cloud on August 25, 2016
Cisco amps up network security with new cloud system and machine learning softwa
Teena Maddox – July 11, 2016
http://www.techrepublic.com/article/cisco-amps-up-network-security-with-new-cloud-system-and-machine-learning-software/
 
techrepublic
 
At the 2016 Cisco Live event on Monday, Cisco CEO Chuck Robbins announced a new cloud policy management system and software to provide better network security for enterprise customers.
 
この月曜日 (7/11) に開催された 2016 Cisco Live で、同社の CEO である Chuck Robbins が発表したのは、エンタープライズのために改善されたネットワーク・セキュリティを提供するための、新しいクラウド・ポリシー管理システムとソフトウェアである。
 
The Cisco Defense Orchestrator is a cloud-based portal that connects on-ground infrastructure and pulls it into the cloud. The Defense Orchestrator allows for security policy analysis, policy orchestration and automation, as well as monitoring and reporting to simplify policy management from the cloud.
 
cisco_chuckCisco CEO Chuck Robbins at Cisco Live 2016.
Image: Cisco
 
それが Cisco Defense Orchestrator と呼ばれるクラウド・ベースのポータルであり、現場のインフラを接続し、それらとクラウドに取り込むものである。そして、セキュリティ・ポリシー分析や、ポリシーのオーケストレーションと自動化を達成し、さらには、クラウドからのポリシー管理を簡素化するための、モニタリングとレポートの機能を実現する。
 
“We’ve got this deployed with early customers. We find customers have different policies across their entire network,” Robbins said. The Orchestrator, however, will give them consistent security management from the cloud and allow users to react to emerging threats faster.
 
Robbins は、「すでにアーリー・ステージの顧客に対して、すでにデプロイメントが開始されている。そして、私たちは、ネットワーク全体を、異なるポリシーで管理している顧客を探しているところだ」と述べている。そして、Orchestrator は、クラウドから一貫したセキュリティ管理を提供し、顧客が遭遇する新たな脅威に対して、迅速な対応を可能するものでもある。
 
“When you see a critical threat, you need to be able to move quickly,” Robbins said.
 
Robbins は、「重大な侵害が見つかれば、それを、迅速に切り離す必要があるはずだ」と述べている。
 
In the morning’s second announcement, Robbins said that Cisco is using advanced machine learning to detect threats. The Cisco Stealthwatch Learning Network License is a simple software upgrade that gives organizations the ability to determine where the most advanced threats are within their network, no matter how deep it goes.
 
この日の二つ目の発表において、Cisco はセキュリティ上の脅威を検出するために、高度な機械学習を使用していると述べた。その Cisco Stealthwatch Learning Network License は、シンプルなソフトウェア・アップグレードとして提供され、顧客に対して新たな機能を提供するものとなる。具体的に言うと、顧客のネットワーク内に潜み、破壊力を最も高めている脅威を、あらゆる深度において見つけ出す能力が提供されるという。
 
“Perimeter security isn’t sufficient any more,” Robbins said.
 
Robbins は、「境界線を保護するだけのセキュリティでは、もはや十分な対処が不可能になっている」と発言している。
 
cisco_stealthImage: Teena Maddox TechRepublic
 
The announcements were made to the more than 28,000 attendees at Cisco Live, which is being held at the Mandalay Bay Conference Center and runs through July 14. The company will touch on a variety of topics throughout the week, including IoT, drones, connected cities, and the cloud.
 
一連のアナウンスメントは、Mandalay Bay Conference Center で 7月14日までを回開催された Cisco Live で、28,000名の参加者に対して発信された。同社は、IoT/ドローン/コネクテッド・シティ/クラウドなどを含む、さまざまなトピックに触れていた。
 
“A year ago I joked technology had moved from the basement to the boardroom. But now technology is fundamentally the strategy of every organization,” Robbins said.
 
「テクノロジーは地下室から役員室へと移動すると、一年前に冗談を言った。しかし、いまやテクノロジーは、すべての組織における戦略の基本となった」と、Robbins は発言している。
 
Innovation in technology has to start at the top, whether it’s a CEO of a company, a mayor of a city, or the prime minister of a country, Robbins said.
 
そして彼は、テクノロジーにおけるイノベーションは、企業の CEO や、自治体の市長、または国家の首相といった、トップから始まっていると述べている。
 
“We hit an inflection point in 2015,” Robbins said. “We moved through this time where we were discussing what it was, what is IoT, IoE, digitization, what is it. We’ve moved to a place now where every organization is trying to understand what does it mean to me, what does it mean to us, and what should we be doing in the context of all the technology that is available.”
 
さらに彼は、「私たちは、2015年に、進むべき方向性の変化に遭遇した。その時期をくぐり抜けながら、私たちは、これまでの事につて、そして IoT/IoE/ディジタライゼーションについて、議論を重ねてきた。そして、私たちがたどり着いた場所は、個人にとって、また、社会にとって意味のあるものを、それぞれが理解しようとする世界だった。言い換えるなら、あらゆるテクノロジーの文脈の中で、私たちが進めるべきものが、実現されていく世界である」と述べている。
 
Robbins also talked about Cisco’s push to acquire companies, mentioning that Cisco has already acquired more than 190 companies, and 15 of those have happened since he became CEO in May 2015. Recent acquisitions include Jasper Technologies.
 
Robbins は、Cisco における企業買収についても触れた。同社は、これまでに 190h社以上の企業を買収してきたが、彼が CEO に就任した 2015年5月以来、その数は15社に昇るという。もちろん、直近の買収は、Jasper Technologies である。
 
“Jasper is the largest commercially-available IoT platform in the world. There are currently 31 million devices connected to Jasper. That’s a good start. We’re adding a million a month right now. As an example, there are 8 million connected vehicles on the Jasper platform today. This is a really important acquisition for us,” Robbins said.
 
「Jasper は、世界で最大の 商用 IoT プラットフォームである。現時点で、Jasper は 3100万のコネクテッド・デバイスを有している。それは、私たちにとって素晴らしスタート・ポイントであり、また、いまは 100万/月のペースで、デバイスが追加されている。たとえば、現時点で 800万のコネクテッド・カーが、Jasper にはある。つまり、私たちにとって、きわめて重要な買収なのである」と、Robbins は述べている。
 
After an acquisition, knowing when to integrate it quickly, or keeping it separate is key. With the acquisition of Lancope, they quickly integrated it in order to hone Lancope’s Stealthwatch product into the one that Cisco announced today.
 
なんらかの買収が行われた後には、素早く統合するのか、もしくは、別々の状況を維持するのかというという判断が、とても重要になる。たとえば、Lancope の買収の場合は、今日の Cisco がアナウンスしたように、そのプロダクトの中に Lancope の Stealthwatch を統合するという判断が下された。
 
“Our acquisition strategy is core. It’s core to our overall innovation strategy,” Robbins said.
 
「私たちの買収戦略は、コアに直結するものになる。つまり、その事自体が、全社的なイノベーション戦略の中核なのだ」と、Robbins は述べている。
 
Innovation will likely continue at Cisco, with the company spending $6 billion annually on R&D, and with $2.2 billion invested in startups around the globe, he said.
 
Cisco では、R&D に年間で $6 billion を費やし、また、世界中のスタートアップに $2.2 billion を投資することで、そのイノベーションが継続されるとも、Robbins は発言している。
 
Last August, Apple and Cisco announced a strategic partnership for iOS enterprise users. At the keynote, Robbins said he’s often asked what happened to that deal and for its status. He said, “Well, we went to work. We’re almost ready to launch.”
 
昨年の 8月に、Apple と Cisco は、エンタープライズ iOS ユーザーのために、戦略的パートナーシップを発表した。今回のキーノートで Robbins は、その契約の内容や状況について質問されることが多いと説明していたが、「両社は協調しており、立ち上げの準備がほぼ整ってきた」とも発言している。
 
Apple CEO Tim Cook appeared in a video at the keynote, and mentioned the Cisco partnership, but didn’t give specifics on the partnership, other than mentioning Cisco’s new Spark app and how it will integrate with the iPhone and iOS 10.
 
キーノートには、Apple の CEO である Tim Cook もビデオで出演し、Cisco とのパートナーシップについて述べている。しかし、Cisco の新しい Spark アプリが、iPhone と iOS10 に統合されると言及したのみであり、それ以外のパートナーシップについては、詳細は提供されていない。
 
As reported in ZDNet, Cisco’s third quarter earnings were better than expected, with fiscal third quarter earnings of $2.3 billion, or 46 cents a share, on revenue of $12 billion. Although, that’s down from $12.1 billion during the same period the previous year. Excluding the company’s divested video business, sales were up 3%. Non-GAAP earnings were 57 cents a share, two cents ahead of expectations.
 
ZDNet がレポートしたように、Cisco の業績は予想を上回るものとなっている。同社の会計年度 Q3 (2月〜4月) は、$12 billion の売上と、$2.3 billion の純利 (1株あたり46セント) となるが、前年同期の $12.1 billion と比べると、若干のダウンとなる。同社が売却したビデオ事業を除くと、売上高は 3% ほど増加している。また、Non-GAAPベースの利益は、1株あたり 57 セントであり、予想を  2セント上回っている。
 
ーーーーー
Cisco文中の、「テクノロジーは地下室から役員室へ」という話は、最近のトレンドを表す、とても面白い表現だと思います。先週に、「NEC と 機械学習:未知のサイバー攻撃を検出し、ダメージを最小に抑える」という抄訳をポストしていますが、大まかなところで、同じ方向性を示しているように思えます。未経験のサイバー侵害を、クラウドと機械学習により防ぐという、この Cisco のソリューションに注目ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google や Microsoft などから出資を取りつけた!
 

Comments Off on Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

ネットワーク障害でトラフィックが欧州から香港へ:これもヒューマン・エラー!

Posted in .Selected, AI ML, Data Center Trends, Network by agilecat.cloud on August 23, 2016
Outage that rerouted European traffic to Asia blamed on ‘human error’
21 June 2016 By Michael Hurley
http://www.datacenterdynamics.com/content-tracks/security-risk/outage-that-rerouted-european-traffic-to-asia-blamed-on-human-error/96425.fullarticle
 
_ DC Dynamics
 
A major network outage affecting disparate services such as WhatsApp, Reddit, CloudFlare and AWS on Monday was apparently caused by an engineer at TeliaSonera, who misconfigured a router and accidentally sent most of Europe’s traffic to Hong Kong, the Register reports.
 
この月曜日 (6/20) に生じた、大規模なネットワークの障害により、WhatsApp/Reddit/CloudFlare/AWS といった多様なサービスに影響が生じた。それは、TeliaSonera のエンジニアが誤ってルータを設定し、Europe における大半のトラフィックを、Hong Kong ヘ向けて送信したことに原因があると、Register がレポートしている。
 
The downtime started at 12:10 UTC when, according to a blog posted on CloudFlare’s website, the Internet security and content delivery service provider detected ‘massive’ packets of data had been lost on Telia’s network.
 
このダウンタイムは、6月20日 12:10 UTC に始まったと、CloudFlare サイトのブログに掲載されている。このインターネット・セキュリティとコンテンツ配信を提供するサービス・プロバイダーは、大量のデータ・パケットが、TeliaSonera のネットワーク上で失われたことを検出している。
 
CloudFlare reported that a fix was implemented at 13:43 UTC, with the issue resolved by 14:22.
 
そして、CloudFlare は、13:43 UTC に問題への対処が実施され、UTC 14:22 に問題が解消したと述べている。
 
datacenterImage – pixabay
 
Data package
 
Data packets are units of data contained in one package so they can be transported along a network path. In this case the transit provider, Telia, appeared to have dropped packets before they reached their destination.
 
データ・パケットとは、データがネットワーク経路に沿って転送されるようにするために、一連のデータをパッケージに取り込んだ単位のことである。今回のケースでは、トランジット・プロバイダーである TeliaSonera が、ディスティネーションに到達すべきパケットを、ドロップしてしまったと推定される。
 
The Register said the issue was caused by an individual engineer redirecting European traffic to Hong Kong.
 
そして Register は、あるエンジニアが、Europe のトラフィックを Hong Kong にリダイレクトしたことにより、障害が引き起こされたと述べている。
 
During the outage, CloudFlare’s status page said the company was “observing network performance issues in some European locations.”
 
この障害が生じていたとき、CloudFlare のステータス・ページには、「いくつかのEurope のリケーションで、ネットワーク・パフォーマンスの問題が検知されている」という状況が示されていた。
 
Such was the severity of the incident that, hours after it ended, TeliaSonera sent a note to other network operators apologizing for the downtime.
 
それは、問題が FIX してから数時間も影響が残るという、深刻な事故であった。そして TeliaSonera は、このダウンタイムいついて謝罪するメモを、他のネットワーク・オペレータたちに送っていた。
 
Telia reliability questioned
 
Swedish multinational TeliaSonera is a Tier 1 network provider operating its own global fiber backbone, delivering a foundation for the exchange of Internet traffic around the world. CloudFlare uses a number of transit providers, including TeliaSonera.
 
Sweden ベースの多国籍である TeliaSonera は、自身のファイバ・バックボーンをグローバルに展開する Tier-1 ネットワーク・プロバイダーであり、世界のインターネット・トラフィックをエクスチェンジするための、基盤を提供する企業でもある。そして CloudFlare は、TeliaSonera を含む、複数のトランジット・プロバイダーを利用している。
 
In response to the downtime, CloudFlare’s chief executive officer Matthew Prince tweeted: “Reliability of Telia over last 60 days unacceptable. Deprioritizing them until we are confident they’ve fixed their systemic issues.”
 
このダウンタイムへの反応として、CloudFlare の CEO である Matthew Prince は、「この 60日間において、TeliaSonera の信頼性は受け入れられない。私たちは、同社の問題が修正されたと確信できるまで、その優先順位を下げる」とツイートしている。
 
In its blog post, TeliaSonera said it has moved towards automation of its systems to help deal with this type of incident and minimize future outages.
 
また、TeliaSonera のブログには、「それは、この種の事故が発生しないための、また、将来におけるダウンタイムを最小限に抑えるための、システムの自動化に向けた移行で生じたものだ」という発言がポストされている。
 
Meanwhile CloudFlare is already working on a mechanism that proactively detects packet loss and moves traffic away from providers experiencing an outage. This system is only currently activated in its most remote locations so did not trigger in Monday’s incident, but capability will be extended over the next fortnight to all of the company’s points-of-presence.
 
その一方で、すでに CloudFlare は、パケットロスを積極的に検出し、障害を起こしているプロバイダーからトラフィックを回避させるという、メカニズムに取り組んでいる。ただし、このシステムは、同社におけるリモート・ロケーションで、限定的に運用されるものであり、今回の事故で発動されることはなかった。同社は、これから二週間の間に、この機能を すべての PoP (points-of-presence) に拡張すると述べている。
 
AWS also reported that its services had been affected by interrupted connectivity. “Between 5:10am and 6:01am PDT an external provider outside our network experienced an issue which impacted internet connectivity between some customer networks and the EU-WEST-1 Region,” said an AWS representative. “Connectivity to instances and services in the region was not impacted by the event. The issue is resolved and the service is working normally.”
 
AWS も、今回のコネクティビティ障害の影響を受けていたと、レポートしている。AWS のスポークスマンは、「PDT 5:10〜6:01 の間で、私たちのネットワーク外のプロバイダーに障害が発生し、いくつかのカスタマ・ネットワークと、EU-WEST-1 Region で、インターネット接続に影響が生じた。ただし、この Region にあるインスタンスおよびサービスへの接続が、この障害に影響を受けることはなかった。すでに問題は解決され、サービスは正常に作動している」と述べている。
 
ーーーーー
Networkこの記事を訳していて、2011年に起こった AWS の障害のことを思い出しました。それは、O’Reilly が「Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる」というタイトルでポストした、クラウドにおける冗長性の考え方を整理するものでした。しかし、クラウド・プロバイダーの外側で起こるエラーだと、対処しようのない状況に陥ることは、いまでも変わらないのですね。そして、大半のケースにおいて、ヒューマン・エラーが原因となっているようです。この領域でも、機械学習による自動化が必須になっていくのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Automation の調査: インターネット・トラフィックの 50% を Bot が占めている!
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代!
世界のクラウド・トラフィックを 2014〜2019 で分析/予測:その結果を1枚のチャートで!
4G LTE に占める TD-LTE の比率は 34.4%! 中国マーケットの爆発的な成長が!
 

Comments Off on ネットワーク障害でトラフィックが欧州から香港へ:これもヒューマン・エラー!

2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す

Posted in .Chronicle, Data Center Trends, Network, Telecom by agilecat.cloud on December 28, 2015
テレコムとデータセンターの動向を振り返る・・・
December 28, 2015
 
AC 2015
 
こうして、インフラ関連のトピックを並べてみると、アジアの情報が多いことに気づきます。背景として、Cloud News Asia のために、アジアのメディアをウォッチし続けてきたことがありますが、このマーケットの動き自体が、とても活発であったことが最大の要因です。たとえば、スマフォの普及率が飽和点に近づいている中国では、モバイル通信の方式が 3G から 4G へと切り替わっていきます。具体的に言うと、China Mobile の 4G ユーザーだけでも 2.5億人に届くと予測されており、同社のインフラも大幅に進化しているようです。
 
2015-ihs-infonetics-100g-coherent-opticalこうした動きと平行して、100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していくという記事も、ポストされていました。ここで説明されているのは、100G ポートの価格が、大幅に下落しているという話なのですが、その要因として、China Mobile での大量採用があったと指摘しています。つまり、中国マーケットの動きが、世界のインフラ業界に大きな影響を及ぼすようになってきたのです。スマフォの世界で、たとえば Android の廉価版が日本でも使えるのは、途上国マーケットがあるお陰なのですが、それと似たような状況が、プロフェッショナルが利用するインフラ機器にも生じているのです。
 
China Mobile が大量に採用する機器ですから、前述の 100G ファイバー・ポートは Huawei のものだと推測できます。 そして、BTVorafone といったヨーロッパのテレコムたちが、Huawei との関係を強化していることも指摘しておきたいです。 2015 Asia では、Alibaba の躍進について触れましたが、テレコム関連での Huawei の活躍も、同様に特記すべき出来事だったと思います。
 
なにやら、またも中国勢の話になってしまいましたが、データセンターをめぐる NTT Com と Equinix の戦いも、この一年でかなりヒートアップしてきました。 ヨーロッパでは Equinix が Telecity を買収しましたが、同様に NTT Com も 独 e-shelter を 買収しています。さらに、Equinix が Bit-isle を買収したのに対して、NTT Com がインドネシアの PT.Cyber を買収するなど、グローバルで勢力争いが繰り広げられている状況です。この両社は、シンガポールや香港でもデータセンターを拡張しており、今後の展開から目を離せないという感じです。
ーーーーー
 
Q1
 
台湾の無印サーバー:Quanta は出荷量の 90% 以上:Wiwynn は前年比で 100% 増
Google も Cloud Exchange に乗った:これで Equinix は Cloud Big-3 を手中に!
HGST の予測:今年の DC 市場では、ヘリウム充填型の HDD が大きく伸びる
TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアは独自路線へと進むのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!
Facebook 第四艦隊 Iowa DC が、ネットワーク・アーキテクチャを刷新して出撃!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:そして、今年の末には 2.5億人になる?
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
ARM と サーバー市場:2020年には シェア 20% を獲得すると豪語している!
 
Q2
 
Transcend の SSD 出荷数が、前年比で倍増しているらしい:台湾からのレポート
Nokia と Alcatel-Lucent の統合:Huawei と Ericsson との勢力図は?
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?
NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!
中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート接続:香港を介して中国と世界はつながるのか?
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
 
Q3
 
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba との勝負が はじまる!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC の相互利用で提携! 急接近の欧州と中国
 
Q4
 
NTT の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに拡張された! 北米/東南アジアとの距離が削られる
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
NTT Com がインドネシア最大の DC 事業者を買収:ジャカルタの中心に Tier III の拠点!
ギガ 蓄電池 のマーケット: 2015年の 0.2GW から 2025年の 12.7GW へと急成長する!
香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!
Google と Akamai が 提携: Google Cloud Platform のスピードとコストは?
Facebook のデータセンターが、台湾に構築されるという ウワサが出てきた!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
 
ーーーーー
AC_temp今年のインフラ関連ポストですが、その中に占めるアジア関連のトピックが、Q1 で 8/15本、Q2 で 13/18本、Q3 で 8/11本、Q4 で 5/9本もありました。 そして、この傾向は、2016年も続いていくだろうと予測しています。 おそらく、来年は、インドのインフラ・トピックがたくさん拾えるはずです。 今年も、Flipkart がクラウド構築に着手というポストを訳しましたが、来年は、そこに Microsoft や Amazon のデータセンター・トピックが加わってくるでしょう。 _AC Stamp
 

Comments Off on 2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す

香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!

Posted in .Chronicle, Asia, Huawei, Network, Telecom by agilecat.cloud on December 1, 2015
HKT, Huawei demo 4.5G 1Gbps network
Enterprise Innovation editors | 2015-11-03
http://enterpriseinnovation.net/article/hkt-huawei-demo-4-5g-1gbps-network-344296644
 
_EI_Red
 
HKT (Hong Kong Telecommunications) and Huawei have demonstrated the world’s first 4.5G (4.5th generation) 1Gbps (Gigabit per second) mobile network at the Global Mobile Broadband Forum 2015 in Hong Kong.
 
Global Mobile Broadband Forum 2015 in Hong Kong で、HKT (Hong Kong Telecommunications) と Huawei が、世界初の 4.5G(4.5世代)による、1Gbps 通信を実証した。
 
Legislative_Council_Building_in_Hong_KongWikipedia
 
With a peak download speed of as high as 1.2Gbps, the two partners delivered the fastest network specification in the world.
 
このデモンストレーションにおける、ダウンロード速度のピークは 1.2Gbps であり、世界で最速のネットワーク仕様を達成したことになる。
 
The two companies said this is a significant milestone towards the commercial availability of 4.5G, which is expected to be as early as 2016.
 
両社の発言によると、4.5G の重要なマイルストーンであり、また、早ければ 2016年の商用利用が期待されるという。
 
In partnership with Huawei, HKT launched Hong Kong’s first two component carrier (2CC) carrier aggregation (CA) network in 2014, offering single-user peak download speed of 300Mbps.
 
HKT は Huawei との提携により、Hong Kong では初めての 2CC (two component carrier) CA (carrier aggregation) ネットワークを、2014年に立ち上げている。 そして、300 Mbps というピーク・ダウンロード速度を、シングル・ユーザーに対して提供している。
 
Earlier this year, HKT and Huawei demonstrated the world’s first IP-RAN based 3CC CA with a single-user peak rate of 450Mbps.
 
そして、今年の初めに HKT と Huawei は、450 Mbps のシングル・ユーザー・ピークレートを有する、世界で初めての IP-RAN ベース 3CC CA を実証している。
 
The demonstration introduced a world-first 4CC CA network, with a peak download speed that is 2.6 times faster than the 3CC CA network record to mark the arrival of the 4.5G era.
 
このデモンストレーションでは、世界で初の 4CC CA ネットワークが導入され、3CC CA ネットワークの 2.6倍という、ピーク・ダウンロード速度を達成している。それは、4.5G 時代の到来を記すものとなる。
 
ーーーーー
Telecomまず、ここで用いられている CA (carrier aggregation) というテクノロジーですが、ケータイ Watch では、「複数の LTE 搬送波を同時に用いて通信を行う技術。LTE で使われている搬送波を1つの搬送波コンポーネント単位として扱い、連続、あるいはバラバラの周波数帯でもこれらを複数同時に利用する技術」と説明されています。そして、この香港での実験は、4CC (component carrier) が導入されたとのことなので、4つの搬送波を同時に利用しているわけです。5G の登場は 2020年あたりになりそうですが、それまでの間は、このような 4.x G テクノロジーが注目を集めるのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
中国勢に DoCoMo も乗って、さらに勢いを増す TD-LTE
DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!
DoCoMo の最新テクノロジーが、コンサルティング・サービスとして海外展開される!
Ericsson の予測: LTE サブスクリプションは、2020年には 7倍に成長する
 

Comments Off on 香港で 4.5G 1Gbps ネットワーク: HKT と Huawei のチームが実験に成功した!

Google と Akamai が 提携: Google Cloud Platform のスピードとコストは、どのように変化するのか?

Posted in .Selected, Google, Network by agilecat.cloud on November 24, 2015
Akamai, Google establish direct interconnects between Akamai Intelligent Platform and Google Cloud Platform
Networks Asia staff – November 23, 2015
http://www.networksasia.net/article/akamai-google-establish-direct-interconnects-between-akamai-intelligent-platform-and-google
 
_Network Asia
 
Akamai Technologies, Inc. is collaborating with Google Cloud Platform as part of the Google Interconnect Program. Akamai’s participation is designed to reduce hosting and egress costs and improve performance for Akamai customers taking advantage of Google Cloud Platform.
 
Akamai Technologies, Inc. と Google Cloud Platform の提携が、Google Interconnect Program の枠組みの中で立ち上がる。Akamai の参加は、ホスティングおよびアウトバウンドにおけるコスト削減を意図したものであり、また、Google Cloud Platform を活用する Akamai の顧客にとっては、そのパフォーマンスを改善するものとなる。
 
World_map_of_submarine_cablesWikipedia
 
Akamai’s participation as a Google Cloud Platform CDN Interconnect Provider is intended to ensure that the Google Cloud Platform serves all in region traffic destined for the Akamai Intelligent Platform via Akamai regions. Customers are expected to benefit from performance improvements and save up to 66 percent on Google Cloud Platform egress costs.
 
Akamai が Google Cloud Platform CDN Interconnect Provider として参加することで、Google Cloud Platform からのサービスは、Akamai Intelligent Platform を行き先とするリージョン・トラフィックの中で、つまり Akamai リージョンを経由するかたちで、適切に処理されていく。それにより顧客は、パフォーマンスの向上を享受し、さらには、Google Cloud Platform からのアウトバウンド・コストが、66% まで低減すると期待されている。
 
“As more and more enterprises come to rely on cloud-based computing and storage resources to drive their businesses, it’s critically important that performance is maximized and cost effectiveness is maintained,” explained Bill Wheaton, executive vice president and general manager, Media Products Division, Akamai.
 
Akamai の Media Products Divisionで、Executive VP and GM を務める Bill Wheaton は、「それぞれのビジネスを効率よく推進するために、クラウド・ベースのコンピューティングおよびストレージ・リソースに依存する企業が、これまで以上に増えてきている。そして、きわめて重要とされるのが、最大のパフォーマンスを得ながら、費用対効果を維持していくという戦略である」と述べている。
 
“As the operator of the world’s largest distributed CDN platform, we’re collaborating with Google Cloud Platform to ensure that our joint customers can pass traffic directly from Google Cloud Platform to the Akamai CDN, empowering them to take full advantage of their cloud investments.”
 
そして、彼は、「世界で最大の分散 CDN プラット・フォーム・オペレーターとして、私たちはGoogle Cloud Platform と協調していく。それにより、両社にとって共通の顧客は、Google Cloud Platform から Akamai CDN へと向けて、そのトラフィックをダイレクトに送信していく。つまり、クラウドへの投資を最大限に活用するという特権が、それらの顧客に提供されることになる」と続けている。
 
ーーーーー
Networkこの提携は両社にとって、そして顧客にとって、大きなメリットを提供するでしょうね。 つい先日ですが、Ericsson のレポートを読んでいたら、2014年 Q3 と 2015年 Q3 の間で、モバイル・トラフィックが  65% も伸びていると記されていました。 そして、モバイル・サブスクライバーの数ですが、すでに 34億に達しているとのことです。これは、スマホだけという意味ではなく、ガラケーや IoT デバイスなども含んだ数だと思いますが、それにしてもタイヘンなものです。さらに言えば、かなりの数がアジアに集中しているはずであり、しかも急増していくわけです。 ネットワーク・リソースへの新たな投資も欠かせませんが、既存プラットフォームの有効利用も重要になってきますね。 Akamai の今後に期待です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?
Microsoft も参加する 海底ケーブル NCP は、太平洋を 80T bps で横断する!
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに拡張! 距離が大きく削られていく!
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
 

Comments Off on Google と Akamai が 提携: Google Cloud Platform のスピードとコストは、どのように変化するのか?

CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

Posted in .Selected, Baidu, Cisco, CloudFlare, Network, Security by agilecat.cloud on September 23, 2015
What started as a class project at Harvard just raised $110 million from Fidelity, Google, and Microsoft
Eugene Kim – September 22, 2015
http://www.businessinsider.com/cloudflare-raises-110-million-2015-9
 
_ Business Insider
 
It didn’t take too long for CloudFlare cofounders Matthew Prince and Michelle Zatlyn to realize they were on to something big when they launched their startup as a class project at Harvard Business School.
 
CloudFlare の C-Founders である Matthew Prince と Michelle Zatlyn は、Harvard Business School のクラス・プロジェクトとして立ち上げたスタートアップを、それほど時間をかけること無く、大きな存在へと変容させていった。
 
CloudFlare, a web-performance and security startup, was seeing quick traction after winning a contest at Harvard Business School in 2009. What started out as a class project to get course credit was turning into a real business that venture capitalists were lining up to invest in.
 
Web のパフォーマンスとセキュリティをソユーションとする、この CloudFlare というスタートアップは、2009年の Harvard Business School コンテストで優勝してからも、素晴らしいスピードで走り続けた。つまり、単位を取得するためにスタートしたクラス・プロジェクトが、投資を望むベンチャー・キャピタリストたちを従える、リアルなビジネスに変身したのだ。
 
20100929_techcrunch_mw_058Flickr
TechCrunch
 
CloudFlare
CEO
Matthew Prince
 
“I remember sending an email to Michelle that said, ‘I ran the numbers and here’s my prediction of what’s going to happen: I predict that Google will buy CloudFlare for $500 million within 2 1/2 years,'” Prince told Business Insider.
 
Prince は Business Insider に対して、「 Michelle に送った電子メールを覚えている。そして、これから起こることに、私は賭けたいと説明した。 具体的に言うと、2年半以内に Google が、$500 million で CloudFlare を買いに来る、と予言したのだ」と述べている。
 
Zatlyn, usually the more conservative one, was even more bold with her response: “If my numbers are right, I think CloudFlare will go public in seven years at a valuation of around $4 billion.”
 
いつもは控えめな Zatlyn だが、そのときの反応は、さらに大胆であった。「私の勘が当たっているなら、CloudFlareは 7年間以内に上場し、$4 billion の評価額を得ると思う」と、彼女は答えたのだ。
 
Fast forward six years, and Zatlyn is turning out to be closer to right. CloudFlare is now one of the fastest-growing startups in the world, with a valuation well north of a billion dollars.
 
そこから、あっという間に 6年の歳月が流れたが、Zatlyn の考え方が正しかったと、証明されようとしている。いまの CloudFlare は、この世界で最速で成長しているスタートアップであり、$1 billion 以上の評価を得ているのだ。
 
An early unicorn
 
On Tuesday, CloudFlare announced another huge round of funding that shows its rapid growth: It is raising $110 million in a round led by Fidelity and joined by Google Capital, Microsoft, Baidu, and Qualcomm Ventures.
 
この火曜日(9/22)に、CloudFlare は急速に成長している状況を、新たなラウンドの結果としてアナウンスした。この、$110 million と付けたラウンドは Fidelity がリードするものであり、そこに Google Capital/Microsoft/Baidu/Qualcomm Ventures といったメンバーが続いている。
 
CloudFlare was already reported to be a billion-dollar startup when it raised its $50 million Series C round in December 2013. Prince declined to mention the exact value of his company for that round, jokingly saying only that it was worth “multibillion dollars.”
 
伝えられるところによると、すでに CloudFlare は、2013年12月の $50 million Series C ラウンドにおいて、A Billion Dollar スタートアップになっているようだ。Prince の冗談めかした説明は、そのラウンドにおいて CloudFlare は、Multi Billion Dollars の企業になったというものであり、正確な評価額については言及していない。
 
So what exactly is making investors go crazy over CloudFlare?
 
なせ、それ程までに、投資家たちは CloudFlare に夢中になるのか?
 
CloudFlare basically works as a “digital bouncer” in that it filters all the internet traffic before it reaches its customers’ websites. It can clean that traffic, identifying the good and the bad, and accelerate traffic to the most efficient route.
 
CloudFlare は基本的に、デジタルの世界における警備員として機能する。つまり、すべてのインターネット・トラフィックに対して、それらが顧客の Web サイトに到達する前に、フィルタリングしていくのだ。その結果として、トラフィックの掃除が行われ、適切/不適切が識別され、さらには、最も効率の良いルートへと向けてトラフィックは加速していく。
 
Its service is as varied as the routing and switching that helps computers connect to the web, to load balancing and performance acceleration that helps ensure servers don’t get overloaded and makes websites run faster. And it doesn’t cost as much as some of the services from established companies, making its technology available to a lot of small and medium-size businesses as well.
 
このサービスは、Web/ロード・バランサー/パフォーマンス・アクセラレータなどに接続するコンピュータを、ルーティングとスイッチングのように変化しながら、支援していくものとなる。また、従来型の企業とは異なり、そのサービスはきわめて安価である。したがって、中小企業であっても、CloudFlare のテクノロジーを利用できるのだ。
 
Cisco as a service
 
“It’s happening at a fraction of a second and can decrease the load in the back-end infrastructure by over 80%,” Prince said. “On top of all that, we protect you from attacks. We’re almost like Cisco as a service.”
 
Prince が言うには、「 それは、秒単位で起動され、バックエンド・インフラにおける負荷を、80% も低減できるのだ。そして、すべてにおいて、アタックからの保護を実現していく。つまり、Cisco as a service という言い方が、もっとも当てはまるものだ」となる。
 
Prince says 5% of all internet requests go through CloudFlare’s network, with more than 4 million people across 30 countries using the company’s service. CloudFlare initially started out as a service focused mostly on small and medium-size businesses, but now nearly half of its customers are big enterprises, including Goldman Sachs, Salesforce, and the US State Department, Prince said.
 
そして Prince は、すべてのインターネット・リクエストの 5% が、CloudFlare のネットワークを通過し、また、30カ国にまたがる400万人以上の人々が、同社のサービスを利用していると言う。当初の CloudFlare は、中小企業にフォーカスするサービスとして立ち上がったが、しかし、いまでは半分近くが大企業ユーザーであり、そこには、Goldman Sachs/Salesforce/US State Department(米国国務省)などが含まれると、Prince は述べている。
 
CloudFlare turned profitable in 2014 and is expected hit a $100 million revenue run rate by the end of this year, Prince added. All signs point to a possible initial public offering, but Prince would not commit to anything yet — except to acknowledge that he thought Zatlyn’s early IPO prediction was a bit delusional.
 
CloudFlare は、2014年に黒字に転化しており、また、2015年末までに $100 million の売上に達すると、Prince は付け加えている。
 
すべてが、IPO へと向けた兆しとなっているが、Prince は何もコミットしたくないようだ。とは言え、以前に Zatlyn が言っていた、IPO という予測について、少し妄想的だと思ったことが、誤りだったとは認めているようだ。
 
“I think all founders have early confidence,” he told Business Insider. “It’s what allows you to walk away from much more sure paths. It’s typically delusional. We were delusional too. But we’ve been very fortunate to have built a great team, executed, and, in doing so, turn what originally was delusional into a real business.”
 
彼は Business Insider に対して、「すべての Founder たちは、そのスタートにおいて、自信に満ちあふれている。だが、その自信により、適切な道筋から外れやすくなる。つまり、得てして妄想に陥るのだが、私たちも同じであった。しかし、とても幸運なことに、素晴らしいチームを得ることができた。 それにより、妄想に過ぎなかったものが、実際のビオジネスへと、着実に転換されていく」と述べている。
 
SEE ALSO: This $1 billion startup handles 5% of all web traffic and is ready to take on Cisco
 
ーーーーー
Networkウワサの CloudFlare ですが、ついに軌道に乗ったようですね。出資者の顔ぶれも豪華ですし、顧客にも恵まれているようです。 2014年2月に、「この月曜日に、記録破りの DDoS 攻撃が仕掛けられた!」という抄訳をポストしましたが、そこに Prince のコメントが載っていました。 その後も、CloudFlare を追いかけてきましたが、あるインタビューで、「今後のサービスは?」と聞かれたときに、「Cisco のカタリストを見てほしい」と答えていたのが印象に残っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
BitTorrent と DDoS 攻撃の関連性: 放置すると、その UDP が悪用されるかもしれない
 

Comments Off on CloudFlare は ”Cisco as a Service” :ついに、Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm からの出資を取りつけた!

香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!

Posted in .Selected, Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on August 25, 2015
Global Cloud Xchange to Expand Singapore-India Connectivity
August 21, 2015
http://prnw.cbe.thejakartapost.com/news/2015/global-cloud-xchange-to-expand-singapore-india-connectivity-2.html
 
_ Jakarta Post
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ — Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications (RCOM), today announced the expansion of Singapore-India connectivity to a broader base of global enterprises and carriers.
 
SINGAPORE, Aug. 21, 2015 /PRNewswire/ —  Reliance Communications (RCOM) の子会社である Global Cloud Xchange (GCX) が、Singapore と India を接続するためのネットワークを強化し、グローバルにおける多様なエンタープライズおよびキャリアに提供すると発表した。
 
GCX will acquire capacity on the TIC cable between Singapore and Chennai, which will be extended across the seven Indian Capital Cities on GCX domestic network within India. This terrestrial and submarine network will play a key role in Reliance’s expansion of its Cloud Xchange (Cloud X) nodes which will be the terminal points across this new network.
 
GCX は、Singapore と Chennnai を結ぶ TIC ケーブルのキャパシティを取得し、自社の国内ネットワーク上における 7つの Indian Capital Cities へ向けて拡張することになる。この、地上と海底のネットワークを組み合わせることで、Reliance の Cloud Xchande(Cloud X)上での Reliance の拡張を実現し、そのネットワークの終端となるノードを構築していく。
 
GCX“We are pleased to utilize the existing subsea cable infrastructure to deliver immediate capacity to meet growing requirements of our global business customers,” said Bill Barney, CEO of Reliance Communications (Enterprise) and GCX. “This will also support our digital backbone as we complete deployment of our Cloud X nodes across India.”
 
Reliance Communications (Enterprise) and GCX の CEO である Bill Barney は、「この、既存の海底ケーブルをインフラストラクチャとして利用することで、グローバルで事業を展開している顧客たちに対して迅速にキャパシティを提供し、急速に成長しているビジネスをサポートできる。そして、India 全土に展開している Cloud X ノードを完全なものにするための、デジタルバックボーンのサポートまで可能になる」と述べている。
 
Based on current 100G technology, GCX will be able to deliver significant capacity across this important Singapore-India route with the ability to further upgrade in the future based on technological advancements and market demand. The new capacity will interconnect with RCOM’s established network of data centers, connected by India’s largest terrestrial fiber network which also connects seamlessly into GCX’s global infrastructure – the world’s largest privately owned subsea cable system.
 
現状における 100G テクノロジーをベースに、GCX にとって重要な Singapore − India ルートに充分なキャパシティを加えることが可能となり、また、将来におけるテクノロジーの進化とマーケットの要求に応えるための、さらなる前進が約束される。この海底ケーブルから得られるキャパシティも、RCOM のデータセンター・ネットワークと相互接続され、また、India で最大の地上ファイバー・ネットワークと接続され、さらには、GCX のグローバル・インフラにシームレスに接続される。つまり、民間が所有する海底ケーブル・システムとしては、世界で最大級の構成が実現されることになる。
 
While RCOM’s infrastructure already constitutes a vital core of India’s digital backbone, the enhanced Singapore-India connectivity will deliver further diversity to meet growing market demands. “This will be a mission-critical component in the digital transformation of India and its connectivity to the world,” Barney added.
 
すでに RCOM のインフラは、India におけるデジタル・バックボーンの、重要なコアを構成しているが、Singapore – India 接続の強化により、これまで以上の多様性が提供され、成長するマーケットの需要が満たされていく。Barney は、「 今回の拡張は、India における次世代デジタルを実現する構成要素であり、また、世界への接続を約束するものになる」と付け加えている。
 
About Global Cloud Xchange
 
Global Cloud Xchange (GCX), a subsidiary of Reliance Communications, offers a comprehensive portfolio of solutions customized for carriers, enterprises and new media companies. GCX owns the world’s largest private undersea cable system spanning more than 67,000 route kms which, seamlessly integrated with Reliance Communications’ 200,000 route kms of domestic optic fiber backbone, provides a robust Global Service Delivery Platform.
 
Reliance Communications の子会社である Global Cloud Xchange(GCX)は、キャリアやメディアなどを含むエンタープライズに対して、カスタマイズされた包括的なソリューションによるポートフォリオを提供している。また、GCX が所有する、世界でも最大級のプライベート海底ケーブル・システムは、全長で 67,000 Route km におよぶものとなる。それらは、Reliance Communications が国内に展開する、200,000 Route km の光ファイバ・ネットワークとシームレスに接続され、堅牢な Global Service Delivery Platform のベースとなっている。
 
With connections to 40 key business markets worldwide spanning Asia, North America, Europe and the Middle East, GCX delivers Managed Services to more than 160 countries and offer extensive VPLS-enabled Ethernet network capabilities globally. GCX is equipped to support businesses through the deployment of next generation Enterprise solutions across its Cloud Delivery Networks.
 
Asia/North America/Europe/Middle East における、40の主要マーケットに広がるワールドワイド・ネットワークにより、GCX は 160カ国以上に Managed Services を提供し、また、大規模な VPLS-enabled Ethernet ネットワーク機能を、グローバルに提供している。そして GCX は、同社の Cloud Delivery Networks を横断する、次世代エンタープライズ・ソリューションの展開を通じて、あらゆる企業をサポートしている。
 
For More Information, contact:Genevieve LiTel:  +852-6028-8236Email:  gli@globalcloudxchange.com
 
ーーーーー
india-endorses-full-foreign-ownership-of-mobile-telcosTelecomこの Global Cloud Xchange という名前が気になって、ついつい訳してしまいました 🙂   インドでは年間で1億台くらいのスマホが売れていますし、シンガポールはデータセンター・ラッシュですし、、、というわけで、何かの関連性があるとは思っていましたが、こんな展開になっているのですね。 いまから2年ほど前に、「インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?」という抄訳をポストしましたが、そこには Reliance Communications(RCOM)の名前は入っていません。 おそらく、モバイル・キャリアという位置づけではないのでしょう。 そして、Wiki で Reliance を調べると、インドで4番手のテレコム事業者だと説明されています。 また、GCX 自体は、香港ベースの企業のようです。インドもシンガポールもホットですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Equinix が シンガポール DC を再拡張:Singtel に続く二番手の規模へ!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!

Comments Off on 香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!

Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?

Posted in .Selected, Asia, Google, Network by agilecat.cloud on August 18, 2015
Google’s 60Tbps Pacific cable will have highest-ever capacity across Pacific Ocean
Tim Hornyak | June 24, 2015
http://mis-asia.com/tech/industries/googles-60tbps-pacific-cable-will-have-highest-ever-capacity-across-pacific-ocean/
 
_ MIS
 
With bottles of bubbly and a purification ceremony, a Google-backed undersea cable was given a warm welcome on a beach in Japan last week, a critical step in building the highest capacity data link in the Pacific ever created.
 
シャンパン・パーティーと厳かな儀式。 Google が支援する海底ケーブルが、先週(6/24)に Japan サイドに陸揚げされたとき、そんな温かい歓迎を受けたようだ。最大のキャパシティで太平洋を横断する、このデータリンクを構築する上で、それも重要なステップだったのだろう。
 
google-faster-cableThe 9,000-kilometer FASTER cable will have a peak capacity of 60 terabytes per second (Tbps) when it enters operation next year, joining Japan with Oregon on the West Coast of the U.S. Apart from Google, the project is backed by telecom carriers KDDI of Japan, SingTel of Singapore, Global Transit of Malaysia, China Mobile International and China Telecom Global.
 
この 9,000km の FASTER ケーブルは、来年に運用が開始されると、60 Tbps (terabytes per second)という最大キャパシティで、Oregon と Japan を接続することになる。このプロジェクトには、Google だけではなく、Japan の KDDI/Singapore の SingTel/Malaysia の Global Transit/China Mobile International/China Telecom Global といった、テレコム・キャリアたちも相乗りしている。
 
At the landing site in Shima, Mie Prefecture, east of Osaka, a machine pulled the cable onto the beach from an offshore cable-laying ship while stacks of armored pipes, which shield the link from anchors near the shore, were piled nearby. A Shinto ritual was held to pray for the success of the project, which will cost roughly US$300 million. The cable was routed into a landing station building that houses optical equipment.
 
Mie Pref の Shima サイトでは、敷設船から海岸線へと、ケーブルが陸揚げされている。そして、このリンクは、何重にも装甲されたパイプにより、船のイカリから守られている。神道による祈願も、この US$300 million のプロジェクトを、成功へと導いていた。そして、光学機器を収容したステーションへと、このケーブルは無事に陸揚げされた。
 
The FASTER cable will also be connected to existing infrastructure offshore at Chikura, Chiba Prefecture, southeast of Tokyo, next month. With six fiber pairs and 100 wavelengths, it will have a peak capacity 300 million times greater than the TAT-1 transatlantic cable of 1956, which could handle 36 telephone calls, or roughly 200kbps, Google said.
 
FASTER ケーブルは、来月には Chiba Pref の Chikura でも、既存のインフラストラクチャに接続される。この 6 Fiber ペアと 100 Wavelength を有するケーブルは、1956年から運用されている TAT-1 海底ケーブルと比較すると、約 3億倍の最大キャパシティを有することになる。その当時は、200 Kbps のキャパシティにより、36回線の通話をサポートするものに過ぎなかったと、Google は述べている。
 
KDDI said it was 3000 times faster than the 20Gbps TPC-5 cable system, which began service in 1995. Consumers on either side of the Pacific, however, won’t have the option of choosing which of the several undersea cables their data goes through.
 
また、KDDI の説明によると、このケーブルは、1995年から運用されている 20Gbps TPC-5 システムに対して、約 3000倍の高速性を誇るものになるという。つまり、太平洋を挟んで通信する利用者たちは、どちらのケーブルを望むのかという点で、選択肢を持ち得ないことになる。
 
“It just means that there’s more capacity between United States and Japan, and the throughput will be better,” said Shota Masuda, a senior manager at the Submarine Network Division at NEC, which is building the new cable system. “You might feel that the Internet experience is a little smoother or faster.”
 
NEC Submarine Network Division の Senior Manager である Shota Masuda は、「U.S. と Japan を、これまで以上のキャパシティで接続することで、そのスループットも向上するだろう。そして、より高速で滑らかな、インターネット・エクスペリエンスを得るだろう」と述べている。
 
Roughly 99 percent of all transoceanic Internet data goes through submarine cables, which are designed to last decades. Several hundred systems link various parts of the world, and the FASTER cable is scheduled to be ready for service in the second quarter of 2016.
 
大海原を横断していくインターネット・データの約99%が、10年〜20年も前にデザインされた海底ケーブルを通過し、この世界における各地を、数百のシステムがリンクしている。そして、FASTER ケーブルは、2016年 Q2 にはサービス・インの予定である。
 
ーーーーー
google-55aこの FASTER ですが、約20年前の TPC-5 に対して、3000倍というキャパを持つようですね。Android フォンの Google Now で、音声が瞬時に解析されたときに、ビックしたのですが、それ以上の驚きが次々に登場してくるのでしょう。 海底ケーブルによる遅延が限りなくゼロに近づき、また、データセンターへの電力供給 (自給) の問題が解決されたとき、どんな災害にも負けないインターネット網が、ほんとうの意味で確立されるのです。楽しみですね〜〜〜 🙂 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: ユーザー企業が賞賛!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
 

Comments Off on Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?

%d bloggers like this: