Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

Posted in Energy, IoT, On Monday by agilecat.cloud on September 26, 2016
Internet of Things (IoT): Rapid Deployment of New and Existing Replacement Sensors Drive Smart Meter Market
By Dick Weisinger
September 23rd, 2016
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-rapid-deployment-of-new-and-existing-replacement-sensors-drive-smart-meter-market/
_ formtek
Deployment of smart meters is growing quickly.  Hundreds of millions of them have been deployed globally.  In the US there are more than 60 million smart metersEstimates are that more than one billion smart meter data points are logged every day.  The meter data management and analytics market is expected to total  from 2015 to 2024, according to a study by Navigant Research.  IDC estimates that by 2025 that 152,000 devices will connect to the network every minute.
 
グローバルにおけるスマート・メーターの展開が、億単位で急速に進んでいる。そして US では、現時点で 6000万個以上のスマート・メーターが展開されている。さらに言うなら、スマート・メーターから得られる、一日あたりの詳細なデータは、10億に達したと予測されている。Navigant Research の調査によると、2024年に2015年にかけて、全体的なメーター・データの管理/分析マーケットは、$10.3 billion に届いていると推測されている。また IDC は、2025年の時点において、毎分ごとに 152,000 個のデバイスがネットワークに接続されると推定している。
 
chagall_1Stuart Ravens, principal analyst, energy and sustainability technology with Ovum, said that “at the moment we could have a meter reading every year. With smart meters, if they read every half hour, that’s 17,500 meter readings a year. When we talk about ‘exponential’ growth of data, that is really exponential. And that is just considering the billing side.”
 
電力の継続的な供給について研究する、Ovum の主席アナリストである Stuart Ravens は、電力を継続的に供給していくテクノロジーとして、私たちは、この数年でスマート・メーターを手にすることになった。それらのメーターから、さまざまなデータを30分ずつ抽出すると、年間で 17,500個のメーターにしか対応できないことになる。この種のデータは、まさに指数関数的に成長に成長している。したがって、いまは課金という面だけを検討していることになる」と述べている
 
The increase in smart meter spending is being driven from two factors:
 
スマート・メーターを促進する要素として、以下の 2つの項目があげられる。
 
  • Sensor replacement of sensors deployed a decade previous with more advanced and capable technology.
  • The use of distributed energy resources (DER) on the edge of the utility grid.
 
  • この 10年におけるセンサーの置き換えにより、以前と比べて先進的なテクノロジーが利用できるようになった。
  • 送電網のエッジにおいて、Distributed Energy Resources (DER) が利用できるようになった。
 
Lauren Callaway, research analyst with Navigant Research , said that “there is a growing emphasis on converging data from external sources for the purpose of more advanced, predictive analytics. This has supported developments in MDA (Model Driven Architecture) technologies that have the capability of dealing with differently structured forms of data, generating prescriptive and predictive insights.”
 
Navigate Research で調査と分析に携わる Lauren Callaway は、「より高度な予測分析のために、外部のデータ・ソースを集約するという手法が、大きく成長している。そこで用いられるのは、MDA (Model Driven Architecture) というテクノロジーである。それにより、規範的な予測と洞察のためのデータを、複数のデータ・フォーマットから集約することが可能となっている」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayいまの日本は、もんじゅの廃炉で大騒ぎですが、米国ではスマート・メーターを活用する、スマート・グリッドの議論が進んでいるようですね。少数の大規模発電施設で、大量の電力を生成するという発想から、多種多様な発電敷設を、消費に応じて効率よく接続していく方向へと、すでに論点がシフトしているようにも思えます。たとえば、Bloom Energy のようなオンサイト発電を用いて、交通網や医療機関などのクリティカルな分野をカバーしながら、送電網を賢くしていくという流れのほうが、未来があると思えるのですが、日本はどうするのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
File Sharing の調査: クラウド・ファイル共有は、エンタープライズの安全性を満たさない
Mobile and IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
SaaS の調査: このマーケットの売上は、$12 B から、2024年の $50 B に成長していく
SaaS の調査:スタートアップによる業務アプリへと、マーケットの趨勢が変化している
 

Comments Off on IoT の調査: 賢いメーターとグリッドで、米国は電力ビジネスを再構築していくのか?

ギガ 蓄電池 のマーケット: 2015年の 0.2GW から 2025年の 12.7GW へと、グローバル容量が急成長する!

Posted in Data Center Trends, Energy, Green IT, Strategy by agilecat.cloud on October 23, 2015
Global new installed energy storage systems for renewable energy integration power capacity expected to reach 12.7GW in 2025, says firm
Alex Wolfgram – October 16, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20151015PR204.html
 
_ Digi Times
Variable renewable energy, or renewable energy sources that are non-dispatchable due to a fluctuating nature, like wind power and solar photovoltaics (PV), continues to proliferate, creating challenges to the electrical grid, which was designed using a centralized model with predictable power flows.
 
風力発電や太陽光発電(PV)のような再生可能エネルギーは、その変動性のために、頼りがいのある存在としてみなされていない。そのため、予測可能なパワー・フローと、センタライズされたモデルで設計された送電網への、取り組みが繰り返され、また、増殖し続けている。
 
Wind FirmWikipedia
 
As these challenges increase, so does the market for energy storage systems (ESSs) designed specifically to facilitate the integration of renewable energy generation. According to a new report from Navigant Research, new installed energy storage systems for renewable energy integration (ESRI) power capacity is expected to grow from 196.2MW in 2015 to 12.7GW in 2025.
 
しかし、こうした施策が課題を増やすにつれて、既存の送電網に対して再生可能エネルギーを容易に統合するための、新たにデザインされた ESS (Energy Storage Systems) の市場が活性化していく。 Navigant Research の最新レポートによると、再生可能エネルギー統合のために、新たにインストールされるエネルギー・ストレージ・システム ESRI (Energy Storage Systems for Renewable Energy Integration) の容量は、2015年の 196.2MW から 2025年の 12.7GW へと、大きく成長していくと予測される。
 
“It’s expected that the compensation schemes for variable generation will drive the market for ESRI, and markets with compensation structures that favor dispatchability and self-consumption of wind and solar electricity will lead the market,” said Anissa Dehamna, principal research analyst with Navigant Research. “With few exceptions, islands and isolated grids are expected to lead the market in near-term due to higher renewables penetration and little to no interconnections with neighboring grid systems to balance instability.”
 
Navigant Research の Chief Research Analyst である Anissa Dehamna は、「 再生可能エネルギーの変動幅を、補完するためのスキームが、ESRI 市場をドライブしていくと予測される。そして、こうした補完スキームが達成されることで、送電網への接続と現地での消費が具体化され、風力や太陽光による発電が、市場をリードすることになるだろう。さらに、いくつかの例外を挙げるなら、離島および孤立地域での送電網では、再生可能エネルギーの普及が早まり、近い将来において市場をリードすると期待される。そして、近隣の送電網との相互接続が不足している状況などにおいても、きわめて短期間で、適正なバランスを取り得るだろう」と述べている。
 
One of the primary drivers of the grid-tied ESS market is the decreasing cost of advanced batteries, according to the report. While system costs are still one of the biggest barriers to the industry’s growth, declining prices and a flood of new systems integrators are opening up new use cases and geographic markets.
 
ESS 市場と送電網をつないでいく、大きな推進力の1つとして、最先端蓄電池のコスト削減が挙げられると、このレポートは述べている。この産業が成長するためには、最大の障壁である費用対効果という課題をクリアしなければならないが、コストの低減とシステム・インテグレータの台頭により、新たなユース・ケースと、地域ごとのソリューションが、広く知れ渡るようになってきた。
 
ーーーーー
greenit_55風が吹くなら、お日様が照るなら、それを使えば良いでしょうというのが、Agile Cat の個人的な感覚なのですが、風は止まるし、雨の日もあるので、まだまだ先の話だろうと思っていました。 でも、人の頭は使いよう、人類の叡智は無限ということが、なんとなく証明されつつありますね。 2014年 2月に「送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー:HVDC との相性も良さそう!」という抄訳をポストしましたが、その後も順調に伸びているようで、とても安心しました。 人々の生活に欠かせない電力を、中央集権的にコントロールすると、どうしても第二の税になっていきます。 三国志の関羽も、水滸伝の盧俊義も、第二の税である「塩」と戦う義賊だったわけですが、いまの世の中、そんな物騒なことを考えなくても、蓄電池のテクノロジーを磨いていけば、電力は空気のようなものになると、このポストは伝えているのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えるべき
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SoftBank と Bloom Energy が提携 : 最新の燃料電池が日本にやってくる!
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について
 

Comments Off on ギガ 蓄電池 のマーケット: 2015年の 0.2GW から 2025年の 12.7GW へと、グローバル容量が急成長する!

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Posted in Data Center Trends, Energy, Green IT, On Monday by Agile Cat on April 14, 2014

Green Data Centers: As Data Centers Multiple so do Attempts to Make the Operations Green
http://wp.me/pwo1E-7p9
By Dick Weisinger – April 3, 2014
http://formtek.com/blog/green-data-centers-as-data-centers-multiple-so-do-attempts-to-make-the-operations-green/

_ formtek

Data centers are changing.  Increased popularity of cloud computing and increased data volumes have led to the expansion of existing data centers and the building of new ones.  A report by UBT Tech and InformationWeek found that 60 percent of IT decision makers worry that the capacity of their data centers are close to be overwhelmed and rate the state of their facilities as being ”fair, serious or urgent.”

データセンターが変化している。クラウド・コンピューティングの人気と、増大するデータ量が、これまでのデータセンターに拡大を要求し、また、新たなデータセンター構築を生み出している。UBT Tech and InformationWeek からのレポートによると、IT 意思決定者の 60% が、自身のデータセンター・キャパシティについて心配し、そのファシリティが「きわめて深刻かつ切迫」している状況にあると見ているようだ。

Data Centers rank as one of the largest consumers of energy.  An NSA data center located in Bluffdale Utah, for example, consumes 65 megawatts of energy monthly at a cost of $1 million per month, which is enough to power 65,000 homes with electricity.  Increasingly there has been a focus on how to make data centers more energy efficient, to make them more ‘green’.

データセンターは、大量の電力を消費する事業者として、あまり嬉しくないランキングに入っている。たとえば、Utah の Bluffdale にある NSA のデータセンターは、毎月 65 mW の電力を消費し、$1 Million を支払っているが、それは 65,000戸の住宅分に相当する。したがって、データセンターにおけるエネルギー効率を改善し、より GREEN にしていこうという力が働いているのだ。

Eric Woods, research director at Navigant Research, said that ”there is not a single technology or design model that makes a data center green.  In fact, the green data center is connected to the broader transformation that data centers are undergoing — a transformation that encompasses technical innovation, operational improvements, new design principles, changes to the relationship between IT and business, and changes in the data center supply chain.”

Navigant Research の Research Director である Eric Woods は、「 データセンターを GREEN にするための、単一のテクノロジーやデザイン・モデルというものは存在しない。実際のところ、GREEN データセンターは、それを支える幅広い形質転換と連動している。具体的には、テクノロジーにおける革新や、オペレーションの改善、新たなデザインの原理、IT とビジネスの接点、そして、データセンター・サプライチェーンにおける変化などが、そこには含まれる」と、述べている

The green data center market is growing quickly.  In 2014, the size of the Green Data Center market will be $22.76 billion, but this is expected to increase 27 percent annually through 2019 when the market size will reach $75.89 billion, according to a report by MarketsandMarkets.  The APAC region is expected to see the highest pace of growth, but North America will continue to hold the largest market share.

GREEN データセンターのマーケットは、急速に成長している。 Marketsand Markets のレポートによると、2014年の GREEN センター市場の規模は $22.76 Billion にまで拡大するが、その後も 27% の成長率を維持し、2019年には $75.89 Billion にいたると予想される。とりわけ、APAC 地域の成長が著しいとされるが、North America が最大のマーケット・シェアを保持するだろう。

ーーーーー

4月3日の TechCrunch が、「グリーンピース、Amazonを叩き、Apple、Google、Facebookを賞賛」というタイトルで、Greenpeace のレポートを紹介していましたが、環境負荷という問題もデータセンターにはのしかかっているようです。 Agile_Cat でも、Greenpeace の初回のレポートの対訳をポストしていますが、Facebook の Oregon データセンター・プロジェクトが進んでいる頃のものだったと記憶しています。 そのときの Greenpeace の言い分は、石炭燃料を主体とする電力会社から、電気を買うなというものですが、そう言われても無理があるというのが、当時の Facebook の回答でした。 しかし、それがキッカケとなり、Facebook はデータセンターの情報を開示するようになりました。そして、Lulea では 100% 水力発電のデータセンターを実現するなど、グリーン化に取り組んだことで、このような評価を受けたのだと思います。 また、Google は、大西洋岸の風力発電や、Virginia での地熱発電を推進するなど、再生エネルギーへの取り組みが評価されたのだと思います。このポストの文中にもあるように、なかなか難しい問題があるようですが、徐々にでも、グリーン化が進むと良いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?
Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?

%d bloggers like this: