Agile Cat — in the cloud

Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on May 2, 2016
Look at how much Sheryl Sandberg has done for Facebook
Matt Rosoff – Mar. 23, 2016
http://www.businessinsider.com/sheryl-sandberg-8-years-at-facebook-2016-3?&platform=bi-androidapp
 
_ Business Insider
 
In 2008, Facebook was still a startup. Early investors were excited about its user growth — Microsoft had put $240 million into the company at a crazy-seeming $15 billion valuation the year before — but it was far from the powerhouse it is today.
 
2008年の時点で、Facebook は単なるスタートアップに過ぎなかった。そのころの投資家たちは、Facebook のユーザー数の成長に強い関心を持ったが、いまの規模にいたるとは、誰も思っていなかった(その前年に、同社は $15 billion という現実離れした評価を受け、Microsoft は $240 million を出資している)。
 
Facebook-revenue-profit
Statista/Facebook
 
That’s when CEO and founder Mark Zuckerberg made a fateful decision: he hired Sheryl Sandberg, then the VP of global sales and operations at Google, to help run the company as its chief operating officer.
 
その年には、CEO and Founder である Mark Zuckerberg が、運命的ともいえる決断を下している。当時、Google の VP of Global Sales and Operations であった Sheryl Sandberg を引き抜き、Facebook を加速させるため、COO に抜擢したのだ。
 
Today is Sandberg’s eighth anniversary at the company, and this chart from Statista shows it all. Facebook has grown its revenue more than 65x, gone from a $56 million annual loss to a nearly $3.7 billion profit, succesfully navigated an IPO and numerous public relations flaps over user privacy, and now ranks as the fourth-most valuable tech company in the world (after Apple, Google, and Microsoft) with a market value of more than $320 billion.
 
Sandberg の移籍から、今日 (3/23) で 8年目となるが、その後の軌跡を Statista がチャートで示している。この 8年間で、Facebook の売上は 65倍に伸びており、利益に関しては、$56 million の損失から $3.7 billion の黒字へと転換している。また、IPO には適切に対処し、綿密な広報活動によりユーザー・プライバシーにも配慮してきた。そして、いまでは $320 billion 以上の評価額を得て、Apple/Google/Microsoft に続く、世界で 4番目のテック・ジャイアントとしてランキングされている。
 
Sandberg would never take all the credit — a company is made up of its employees, not just its leaders. But her leadership certainly helped transform Zuckerberg’s passion and smarts into a real business.
 
Sandberg が、名声を独り占めすることは無いだろう。同社は、リーダーたちだけではなく、従業員により構成されているのだ。とは言え、Zuckerberg の情熱と知性を代弁し、現実のビジネスを形作るという意味で、彼女のリーダーシップは充分に発揮されているはずだ。
 
ーーーーー
facebook上記のチャートを見ると、IPO の年である 2012年に利益の落ち込みがありますが、その年あたりから 主体となる収益がモバイルへと切り替わり、いまの売上と利益を支える屋台骨が確立されています。いまとなれば、モバイルがビジネスの主体になることは常識でしょうが、2012年の時点でモバイル・ビジネスを確立している企業が皆無だったことを考えると(デバイスを売る Apple などは別にして)、Facebook の特異性が見えてくるはずです。Facebook はソーシャルのリーダーですが、モバイル・マネタイズのリーダーでもあるのです。人生には巡り合わせというものがあるので、能力と結果が必ずしも一致するわけではありませんが、Sheryl Sandberg を評価する声は大きいはずです。Statista と Business Insider が、このような記事を企画するのも、その現れだと思うのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
Facebook のニュース・フィード:Like 以外のボタンで、何が変化していくのか?
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!
Apple が Twitter を始めた! みんなで、@AppleSupport を使ってあげよう!
 

Comments Off on Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!

モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Advertising, Apple, Facebook, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 20, 2016
How Americans Spend Their Time on Mobile Devices
Felix Richter, Sep 22, 2015
https://www.statista.com/chart/3821/mobile-device-usage/
 
_ Statista
 
With the latest iOS update, Apple has allowed apps that block display advertising in mobile Safari, which caused a bit of a stir among online publishers. Enabling ad blocking in mobile browsers will probably mean that more and more publishers will be forced to move their content from mobile websites to designated apps where advertising cannot be blocked.
 
Apple が最新の iOS で、Mobile Safari 上のディスプレイ広告をブロックする、アプリケーションの運用を許可したことで、オンライン出版社の間で若干の混乱が生じている。モバイル・ブラウザ上でのアド・ブロッキングが有効になれば、より多くのパブリッシャーたちは、モバイル Web サイトからアプリ・サイトへと、自分のコンテントを移行せざるを得なくなるだろう。なぜなら、そうすることで、アド・ブロッキングから逃れられるからだ。
 
mobile_device_usage_nClick to Large >>>
 
This chart shows how much time Americans spend using mobile apps vs. using mobile websites.
 
 
However, for Apple to allow ad blocking in Safari may not be such big a deal, because users are spending the vast majority of their time in mobile apps anyway. According to data from Flurry Analytics, Americans spent an average of 3 hours and 40 minutes per day using mobile devices in the past quarter. Of that total, they spent 90 percent using apps and just 10 percent using a mobile browser. Considering these numbers, being forced to make their own apps could turn out to be a blessing in disguise for content providers, as consumers clearly prefer apps over mobile websites.
 
しかし、Apple が Safari でアド・ブロックを有効にしても、それほどの効果は得られないかもしれない。なぜなら、すでに大半のユーザーは、モバイル・アプリに多くの時間を費やしているからだ。Flurry Analytics のデータによると、平均的なアメリカ人は直近の四半期において、1日あたり 3時間40分を、モバイル・デバイスの利用に費やしているという。そして、そのトータル時間のうち、90% をアプリに費やしており、モバイル・ブラウザを使用する時間は、わずか 10% に過ぎないのだ。こうした数字を前提にすると、コンテント・プロバイダーに課せられる独自アプリも構築も、ユーザーたちがモバイル・サイトよりもアプリを選ぶにつれて、不幸中の幸いとなっていくのだろう。
 
ーーーーー
research_55先日にポストした、「2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測」という抄訳が、IaaS/PaaS/SaaS といったクラウドの定番カテゴリに対して、クラウド・アドという項目を加えるという、とでも興味深い分析を行っています。そして、このクラウド・アドは、2016年には $90.3 billion に達し、クラウド全体の半分近くを占めるようになると述べています。さらに言うなら、このクラウド・アドにおける売上の大半を、Google と Facebook が占めているわけで、そう考えると、いまのクラウド・パワー・バランスと一致するように思えてきます。
 
文中にある、Apple の進める Safari 上でのアド・ブロックですが、売上の大半をモバイルから得ている Facebook には、ほとんど影響が生じないでしょう。 そして、Google ですが、数で iOS を圧倒する Android の存在があるので、こちらも大したことはないのでしょう。 もちろん、アド・ブロックには、劣悪な広告を排除するという、ユーザーのための気遣いがあるのですが、クラウドのパワー・バランスを変えていこうとする、Apple の思惑があることも否定できないでしょう。 それにしても、ブラウザからアプリへと移行していく、ユーザーの動向は興味深いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:またも全面戦争か?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
各種ソーシャル・メディアが、モバイル・アプリ開発と、ネイティブ・アド供給へ走りだす!
WhatsApp が広告型の ビジネス・モデルに移行する理由:CEO の Jan Koum が語る
Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!
 

Comments Off on モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という、アメリカの動向を1枚のチャートで!

Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!

Posted in .Selected, Advertising, Facebook, Research, Strategy by agilecat.cloud on January 15, 2016
Only 3% of Facebook’s News Feed is ads
Lara O’Reilly – Oct. 20, 2015
http://www.businessinsider.com/socialbakers-finds-3-of-facebook-news-feed-is-promoted-2015-10
 
_ Business Insider
 
Just 3% of the Facebook News Feed is made up of ads, according to a study from social media marketing management company Socialbakers.
 
ソーシャル・メディア・マーケティング会社である、Socialbakers の調査によると、Facebook の News Feed に占める広告の割合は、わずか 3% に過ぎないという。
 
Sheryl SandbergFlickr
World Economic Forum
Facebook COO
Sheryl Sandberg
 
That may seem surprising to some users who might assume their News Feeds are stuffed with promotional posts, and the fact that Facebook generated $11.5 billion in advertising revenue last year, but the study found that very few of the posts they see in the feed when they are browsing on their desktops have been paid for. But the scale of Facebook means it doesn’t necessarily have to increase its ad load within the News Feed any higher (as it is often asked about by analysts) in order to keep ad revenue rolling in.
 
自分の News Feeds に、たくさんのプロモーション・ポストが詰め込まれていると思うユーザーにとって、それは驚くべきものとなるだろう。さらに言えば、2014年の Facebook が、その広告から $11 billion もの収益を上げているという事実も、驚きである。しかし、今回の調査において、ユーザーがデスクトップでプラウジングする際に、目にすることになる有償ポストが、きわめて少数であることが分かった。しかも、Facebook のスケールを考えるなら、News Feed 内での広告負荷を高めることで (アナリストたちが常に質問でする)、広告収入を維持する必要がないことも明らかなのである。
 
The research didn’t account for mobile ads (the majority of visits to Facebook are on mobile,) or Facebook’s “right-hand rail” ads, however.
 
ただし、今回の調査には、モバイル広告および、右ペインの広告は含まれない。(Facebook ユーザーの大半は、モバイルとなっている)
 
Socialbakers also found that 24% to 29% of the typical News Feed is made up of content from Pages — owned by companies, celebrities, public figures, and organizations. The fewer Pages a user likes, the higher share of sponsored Page posts they will see. Some 10% of Page posts are sponsored overall (but 97% of the content users actually see in their News Feeds is organic, not sponsored.)
 
Socialbakers は、一般的な News Feed における 24%〜29% が、企業/有名人/公共/組織などが所有する Page で構成されていることも見つけ出した。ただし、ユーザーが Like を付けた Page は、スポンサードされた Page の中でも、高い比率で参照されることになる。全体的に見て Page の10% 前後がスポンサードされている(しかし、それぞれのユーザーが News Feed の中で見る 97% のコンテントは、スポンサードではなくオーガニックとなる)。
 
Facebook AD_1Click to Large >>>
Socialbakers
 
Back in 2013, Socialbakers found that Pages owned by brands were receiving more interactions (likes, shares, and comments,) but now content from media and publishers’ Pages receive around three times more interactions compared with brand Pages.
 
2013年に実施された Socialbakers の調査では、相対的に見て BRAND 所有の Page が、数多くのインタラクション(Like/Share/Cimment)を得ていたことが分かる。しかし、いまでは、MEDIA Page のコンテントが BRAND Page に対して、3倍以上のインタラクションを得ている。
 
Facebook AD_2Click to Large >>>
Socialbakers
 
Socialbakers also looked at the order of posts in the News Feed, and uncovered some interesting insights as to how Facebook’s ranking algorithm works. The company found that if the second post on your News Feed is a Page post, there’s a 46% chance it was promoted. Later on in the feed, around one in every five posts is from a Page. And video posts from Pages seem to be equally spread, no matter how far a user scrolls down through the feed.
 
さらに Socialbakers は、News Feed 内のポストの順序について、どのように Facebook のランキング・アルゴリズムが機能するかという観点で、興味深い洞察を提供している。あなたの News Feed の、先頭から二番目のポストが、Page からのものであるなら、プロモート・ポストの可能性が 46% であるという。また、その後に続く News Feed 内では、Page からのコンテントが 1/5 前後となる。そして、Page からのビデオ・ポストも、同様に拡散されていく。News Feed をスクールさせていっても、その表示比率は変わらない。
 
Socialbakers’ study was based on activity from 900 users on more than 23,000 Facebook sessions.
 
Socialbakers の調査は、900人の Facebook ユーザーの、23,000 回以上のセッション・アクティビティをベースにしている。
 
SEE ALSO: How Facebook is stealing vast chunks of YouTube’s business
 
ーーーーー
Facebook-GoogleAdほんとうは、Facebook Mobile での有償ポスト率が知りたいところですが、それは、今後の Socialbakers 調査に期待することにしましょう。 それにしても、なんと、まぁ、羨ましい状況なんでしょう、Facebook は! 誰もが知っているように、いまの Facebook の収益の大半が、広告から生じていることを考えると、この有償ポスト率を1%だけ引き上げることで、膨大な売上が上乗せされるわけです。そして、3% が4%に変化しても、それに気づく人は、ほとんど居ないはずです。 ここが、Google にも共通する、広告(そしてメディア)のデジタライゼーションを成功させた企業の強みなのでしょう。
 
それと、最初のチャートに注目して欲しいのですが、Facebook に対する Media の依存率が、凄まじい勢いで増大しています。つまり、メディアが OTT の世界へ、すでに移行したことが証明され、そこにデジタル・ネイティブ世代の台頭が追い打ちをかけているわけです。 もし、仮に、Uber や Airbnb が、そのまま日本のマーケットに参入してきたら、大変な騒動になるはずですが、広告とメディアに関しては、それが現実のものとなっているのです。だからといって、ジャーナリズムが死ぬことは有りませんし、むしろ、政治からの影響を排除した、健全なものになっていくのだろうと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2015 Advertising: デジタル・アドの存在が、世界中のメディアを再編していく
Facebook のモバイル収益は $3.35 billion だ:2015年 Q3 までの成長を1枚のチャートで!
Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この提携を、どのように理解する?
Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
 

Comments Off on Facebook と 広告:ニュース配信に含まれる 有償ポストは3%に過ぎない!

2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on January 5, 2016
Over 2 B to use mobile devices to access the Internet in 2016
By eGov Innovation Editors | 2015-12-22
http://www.enterpriseinnovation.net/article/over-2-b-use-mobile-devices-access-internet-2016-629864290
 
_Enterprise Innovation
 
More than two billion people will be using mobile devices to access the Internet in 2016, according to research firm IDC.
 
調査会社である IDC によると、2016年のインターネットは、20億台以上のモバイル・デバイスからアクセスされるようだ。
 
The combination of lower-cost devices and inexpensive wireless networks are making accessibility easier in countries with populations that could not previously afford them. China, India, and Indonesia are leading the way and will account for almost half of the gains in access globally over the course of the next five years.
 
低コストのデバイスと、安価なワイヤレス・ネットワークの組み合わせは、膨大な人口を抱えながらも、経済で遅れを取ってきた国々に、容易なインターネット・アクセスを提供しようとしている。このレースをリードしているのは China/India/Indonesia などであり、また、これから5年の間に、グローバル・アクセスの半分ほど占めるようになる。
 
Smartphone girls AsiaFlickr
Insights Unspoken
 
“Over the next five years, global growth in the number of people accessing the Internet exclusively through mobile devices will grow by more than 25 percent per year while the amount of time we spend on them continues to grow. This change in the way we access the Internet is fueling explosive growth in mobile commerce and mobile advertising,” said Scott Strawn , Program Director, Strategic Advisory Service.
 
Strategic Advisory Service の Program Director である Scott Strawn は、「これからの5年において、モバイル・デバイスだけを用いて、インターネットにアクセスする人々の数は、年間で 25% 以上というペースで成長していく。さらに言えば、それぞれの人々がインターネットに費やす時間も、増加し続けるというのが、グローバルにおける傾向となっている。このように、私たちのインターネット・アクセス形態が変化することで、モバイル・コマースとモバイル・アドの爆発的な成長に拍車が掛かっていく」と述べている。
 
Measuring what Internet users are doing online shows that many activities are enjoyed by billions of people.
 
インターネット・ユーザーたちが、オンラインで行っていることを調べてみると、多様な目的を実現する手段として、数十億もの人々がメリットを得ている状況が明らかになる。
 
For example, more than a billion people use the Internet to bank online, to stream music, and to find a job. More than two billion use email and read news online. And more people than ever before are making purchases online.
 
たとえば、10億以上の人々が、オンライン・バンキングや、音楽ストリーミング、そして仕事探しなどに、インターネットを使用している。また、20億以上の人々が、電子メールやオンライン・ニュースなどで、インターネットを使っている。そして、オンライン・ショッピングも、これまで以上に利用されるようになった。
 
In 2015, more than $100 billion will be spent online on each of the following categories: travel, books, CDs and DVDs, downloading apps, and online classes. These purchases are enabled by online payment platforms that are making payments, online and off, easier and more secure.
 
2015年が終わる時点で、オンラインにおける 旅行/書籍/CD・DVD/アプリ/教育といった分野で、$100 billion の対価が費やされているはずだ。そして、一連の購入は、オンラインとオフラインでの支払いを簡単かつ安全に実現する、オンライン・ペイメント・プラットフォームで決済されていく。
 
IDC said advertisers are recognizing this and shifting their spending accordingly. Almost all of the growth in advertising spending across all of its forms is attributable to the growth in mobile advertising and online video.
 
IDC が言うには、こうした変化を広告主も認識しており、それに応じて支出先をシフトしているようだ。すべての広告形態の中で、モバイル・アドとオンライン・ビデオだけが、成長しているという状況にあるのだ。
 
ーーーーー
android-ios-cumulativeresearch_55世界の人口が 70億人だとして、そのうちの 40億人が就労人口とすると、約 50% の人々がモバイル・デバイスを所有し、そこからインターネットにアクセスする時代になるのです。このチャートは、約一年前の調査結果を示したものですが、その時点におけるモバイル・ユーザー数は、12億〜14億ほどだと読み取れます。また、先月にポストした IDC の予測によると、2015年だけで 14億台ほどのモバイル・デバイスが出荷されたようです。そう考えると、2016年の 20億台という数字が少ないように思えますが、買い替えにより廃棄されているデバイスが大量にあり、また、出荷ベースとアクティベーション・ベースでは、大きな差異も生じるはずなので、まぁ、妥当な数字ということなのでしょう。そして、いわゆるデジタル・ネイティブ世代が、次々と社会に送り出されていく現実と重ね合わせてみると、 あらゆるものがモバイル・デバイスからアクセスさせる世界へと、私たちが突き進んでいる状況が容易に把握できます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Youtube や Facebook などの、7つのアプリがモバイル・トラフィックを支配している!
Facebook と Daily Average Users: 10億人が 毎日という、新たなマイルストーンを達成!
Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
いまから5年で、スマホは死んでいく? そんな可能性を 示唆する Ericsson の調査とは?
 

Comments Off on 2016年の インターネットは、20億台+の モバイル・デバイスに 使い倒される!

Facebook の イケてる Mobile-First:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Selected, Facebook, Mobile, Research, Social by agilecat.cloud on November 26, 2015
Facebook is officially a mobile-first company
Matt Rosoff – Nov 5, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-mobile-only-users-most-common-2015-11
 
_ Business Insider
 
Facebook has done a better job of capitalizing on the move to mobile than any other major internet company.
 
Facebook は、モバイル移行における投資で、他の大手インターネット企業よりも良い仕事をしている。
 
Facebook Mobile-First
Statista
 
When it went public in May 2012, it had just launched a mobile advertising business. Now, mobile advertising makes up the vast majority of its revenue — 78% in the quarter ended September 30.
 
同社は 2012年5月に株式を公開したが、まさに、そのタイミングで、モバイル・アドの事業を立ち上げている。そして、9月30日に終了した四半期で、モバイル・アドの収益は全体の 78% に達し、同社の大黒柱に成長している。
 
As this chart from Statista shows, the number of mobile-only Facebook users has grown 7x since the beginning of 2012, and last quarter it surpassed the number of mobile-and-desktop users for the first time. A lot of that growth comes from developing countries where people are using their mobile phones as their only computers, and Facebook has done a lot over the last couple years to make sure the site works well over slow mobile connections.
 
この Statista のチャートが示すように、モバイル・オンリーの Facebook ユーザー数は、2012年の初頭と比較して7倍ほどに成長し、また、直近の四半期では、モバイル+デスクトップのユーザー数を、初めて上回ることになった。 この成長を支えるのは、途上国のモバイル・ユーザーであり、そのうちの大半の人々にとって、スマホだけが唯一のコンピュータとなっている。それらの国々は、モバイルの通信速度が遅いという状況にあるが、この数年において Facebook は地道な作業に取り組み、自身のサイトが適切に機能するよう対応してきた。
 
SEE ALSO: Groupon had already lost 80% of its value before Tuesday’s CEO change
 
ーーーーー
facebook昨日の、インドのインターネット人口が4億に届くという話が示すように、真正面から途上国マーケットに取り組んでいくためには、否が応でもモバイル・ファーストになっていきます。 そのような背景が、このチャートには隠されているわけですが、たとえば、そのインドの通信事情というと、まだ 2G の世界ですし、その品質も悪いようです。 昨日も、インドの政府筋が、2G で 24.59%、3G で 16.13% という、Call Drop 率を是正するよう勧告していたようです。 インドについて、さらに言うなら、Facebook が初めてのモバイル・アプリとなる人々に、セキュリティという概念を教える役割まで担っていると思えるのです。そんな努力があって、達成された数字だと評価したいです。 以下の関連リンクも、ぜひ、ご参照ください。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook の 2015-Q3 決算の詳細: 売上は絶好調だし、MAU は 15億人を超えた!
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
 

Comments Off on Facebook の イケてる Mobile-First:それを示す1枚のチャート!

Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この両社の提携を、どのように理解すべきなのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Advertising, Facebook, Google, Mobile, Strategy by agilecat.cloud on November 18, 2015
Google’s mobile search just got a boost from Facebook
Jillian D’Onfro – Nov 17, 2015
http://www.businessinsider.com/googles-mobile-search-just-got-a-boost-from-facebook-2015-11
 
_ Business Insider
 
 Facebook just gave Google a nice boost in its quest to make search more useful on your smartphone. Facebook has begun allowing Google’s search engine to crawl and to index The Big Blue app, The Wall Street Journal reports.
 
Facebook から Google に、いま以上にスマホ検索を便利にするための、ステキな回答が手渡された。 The Wall Street Journal のレポートによると、The Big Blue アプリをインデックス化し、Google 検索エンジンによるクロールを許可するという、Facebook の判断がくだされたようだ。
 
Google with Facebook 3Google searches from Android smartphones will now display information from public Facebook profiles, Pages, Groups, and Events, and if a user clicks on a Facebook link, they’ll be directed to the right place within Facebook’s app.
 
それにより、Android スマホの Google 検索から、Facebook でパブリックになっている Profile/Page/Group/Event などを、探し出せるようになった。 つまり、それらの Facebook へのリンクをタップすると、Facebook アプリ内の適切なコンテントへとジャンプできるのだ。
 
This practice of making apps searchable in such a way that they launch to specific pieces of content via search is called “deep linking.” Google has been trying to convince all developers to index their apps to make it possible. If they don’t, Google’s mobile searches are much less useful (which could ultimately leads to fewer ad dollars from smartphone searches).
 
このような方式で、アプリを検索しようとする、Deep Linking と呼ばれる試みは、コンテントの特定部分を検索することで実現される。Google はデベロッパーたちに対して、彼らのアプリも Deep Linking インデックスに対応するよう説得している。この呼びかけに応じてもらえないと、Google のモバイル検索は、有用なものになれないのだ(つまり、スマホ検索から得られる広告費が増えていかない)。
 
Google has already convinced many other apps to index themselves for deep linking, too— the company says it has 100 billion app deep links total from upwards of 1,000 apps (all on Android). However, it’s not always the easiest sell: Deep linking can take up as much as 5% of the time it takes to develop an app, Alex Matjanec of ad agency AD:60 told Bloomberg earlier this year.
 
すでに Google は、数多くのサードパーティ・アプリが、この Deep Linking インデックスに対応したと確信している。さらに、同社の発言によると、1000本以上の Android アプリから、1000億ほどの Deep Link を得ているようだ。しかし、広告代理店である AD:60 の Alex Matjanec が、今年の初めに Bloomberg に語ったところによると、この方式により、広告の売上が、一挙に増大するわけでもない。なぜなら、Android アプリに Deep Linking を組み込むことで、5% ほどの開発時間が上乗せされるからだ。
 
This cooperation between the two tech giants also comes not long after Facebook revamped its own search function. That content — posts and photos that users see while they are logged in — still won’t be searchable through Google search, mobile or otherwise. Google’s search engine is not getting any additional Facebook content from this feature that it wasn’t getting on desktop search previously.
 
Facebook が独自の検索機能を刷新すると、このテック・ジャイアント同士の協力関係も、変化していくだろう。実際のところ、ユーザーが Facebook にログインしている状態であっても、このソーシャル上のポストやフォトを、Google を介して検索することは不可能だ。Google の検索エンジンが、Deep Linking インデックスを活用するにしても、Facebook 上の詳細なコンテントは取得できていない。それは、これまでのデスクトップ検索でも、実現されていないのだ。
 
For Facebook, allowing Google to start crawling its app might not have been an agonizing decision. If more people find their way onto Facebook through Google searches on mobile, that’s free traffic. And once they’re there, perhaps they’ll be distracted by the other content and stay even longer. Earlier this year, when Google announced on its earnings call that Etsy was seeing more traffic because of deep links in mobile search, stock of the arts-n-craft site exploded.
 
Facebook にとって、Google にアプリ・クロールを許可することが、それほど難しい判断になるとは思えない。まず、Google のモバイル検索を介して、より多くの人々が Facebook に到達するのであれば、そのトラフィックは無償で得られるものとなる。そして、Google 検索から Facebook に入ってきたユーザーは、他のコンテントにも興味を示すだろうし、長時間の滞在になる可能性もあるのだ。今年の初めの収支報告会において、Etsy のトラフィックが伸びていると、Google がアナウンスしたのは、モバイル検索の Deep Linking により、この arts-n-craft サイトの株価が急騰していたからである。
 
But the move is still fairly surprising considering how the two companies are starting to become bigger and bigger rivals as they fight for ad dollars, video views, and even the spread of connectivity.
 
ともあれ、この両社が、広告売上とビデオ・ビューにおいて、さらにはコネクティビティの普及方式において、巨大なライバル同士として戦っていることを考えると、今回の動きは、驚きに値する出来事である。
 
SEE ALSO: Power players: the most important Facebook execs you’ve never heard of
 
ーーーーー
facebookとても興味深い、展開ですね! 背景として、いろいろなことが考えられますが、一番に挙げられるのは、Facebook のモバイル広告戦略が確立され、強固なものに成長していることです。 それにより、Google に侵略されない領域が確保できたと、Facebook は判断しているのでしょう。 ただし、Google+ ほどに、Deep Linking インデックスを作り込んでいないのは、まだ様子見の状況だからだと推測できます。また、Facebook を見下していた(と思われる)Larry Page と Sergey Brin から、Sundar Pichai へと代替りしたことも、この提携の大きな要因になっていると考えられます。 さらに言えば、Apple の広告ブロックに対抗するという目論見が、両社で共有されているのも確かです。 Apple としては、Google と Facebook が連携することは無いという前提で、あらゆる戦略を考えてきたはずなので、なんらかの見直しが行われる可能性もありますね。 ーーー 今回の提携により、いろいろな影響が生じるはずなので、このトピックは追いかけ続けたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Android Marshmallow では、アプリ内でのダイレクト翻訳が実現される!
Google の RankBrain は、検索のための人工知能/機械学習だ!
2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
Apple Music の Android 版がリリースされた! ベータ だけどネ!
 

Comments Off on Google の Deep Linking を Facebook が受け入れた! この両社の提携を、どのように理解すべきなのか?

Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

Posted in .Selected, Advertising, Businesses, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on October 24, 2015
Google goes nuts after earnings
Jillian D’Onfro – Jul 17, 2015
http://www.businessinsider.com.au/google-q2-earnings-2015-7
 
_ Business Insider
 
この記事ですが、訳しておきながら、ポストし忘れていました。
もう、Q3 の収支報告が始まりますよね・・・ 🙂
 
ーーーーー
 
Google just reported steller Q2 earnings which sent the stock flying. Here are the numbers:
 
つい先ほど(7/17)、Google が発表した 2015年 Q2 の収支報告は、その株価を急上昇させる勢いを見せた。 以下は、その概要ある:
 
  • EPS: $US6.99 vs $US6.73 expected
  • Gross revenue: $US17.7 billion vs $US17.79 billion expected
 
Revenue is up 11% year-over year, and Google says that revenue would have been up 18% if it weren’t for currency fluctuations.
 
この期の売上は、前年比で 11% 増となっている。 そして Google は、為替が変動が少なければ、18% 増という売上になっただろうと述べている。
 
Larry PageGoogle CEO Larry Page
 
Stock was up more than 11% after hours on the beat, which included unexpectedly high paid click growth. Investors were also pleased that Google’s operating expenses decreased from last quarter.
 
株価に関しても、収支が発表された数時間後に 11% 増となったが、その背景には、予想外に高かった Paid Click の値がある。さらに投資家たちは、Google の運用コストが、2015年 Q1 よりも減少していることを歓迎していた。
 
This was the the first quarter under the leadership of new CFO Ruth Porat, and investors clearly felt encouraged both by Google’s numbers and what she said on the earnings call.
 
今回は、CFO に Ruth Porat が就任して最初の四半期であったが、Google の決算が示す数値と内容に対して、投資家たちは明らかに納得していたと思われる。
 
In particular, Wall Street has been barking for more disciplined spending, and Porat assured listeners that Google was taking great care to pour most of its money into the core business, while still taking advantage of strategic opportunities.
 
具体的に言うと、Wall Street 筋は、これまで以上に規律のある支出を求め、Porat はコア事業に大半の資金を注ぎこむと約束してきたが、その一方で Google は、依然として戦略的なチャンスにおいて先進を維持している。
 
Google still very much follows its “70 / 20 / 10″ rule: 70% of time, money, and effort goes to core competencies, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots” like smart contact lenses and internet balloons). As Google’s core business growth has decellerated, investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
 
つまり、いまでも Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に順守しているのだ。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。Google におけるコアビジネスの成長が減速するにつれて、最近では投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google に、あまりを好感を持たなくなってきたが、それが真実ではなかったことを、Porat が裏付けている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
 
Two of the most important numbers Google reports every quarter are cost per click, how much Google can charge for its ads, and paid clicks, how many times people click those ads.
 
Google が四半期ごとにレポートする、2つの重要なデータがある。 Cost Per Click という数値は、Google が広告に課金できた金額を指し、Paid Click という数値は、それらの広告を人々がクリックした回数を指す。
 
This quarter, CPC was down 11% year-over-year and paid clicks were up 18% year-over-year. Analysts were only expecting an increase of 14%. Last quarter, CPC was down 7% year-over-year and the number of paid clicks was up 13%.
 
この四半期だが、CPC は前年比で 11% のダウンとなり、また、Paid Click は前年比で 18% のアップであった。Paid Click に関するアナリストたちの予測は、14% アップというものであった。なお、前期における数値に関しては、CPC が前年比で 7% ダウンであり、Paid Click が前年比で 13% アップという状況だった。
 
CPC has been decreasing for a while — last quarter, Google attributed that decrease to the impact of YouTube ads, which don’t make as much money as regular ad clicks yet, which upset the popular theory that CPC is declining because advertisers don’t want to spend money on mobile ads. Paid click growth has experienced deceleration as well, so the jump from 13% growth to 18% growth is also likely behind Google’s stock surge.
 
このところ、CPC は減少し続けている。前記の決算において Google は、YouTube 広告の減少が全体的な CPC に影響をおよぼしているが、検索における広告とくらべて、取るに足らない存在であると述べている。つまり、広告主がモバイル広告を買わないから、CPC が低下するという理論を、Youtube 広告が混乱させているのだ。その一方で、Paid Click も減速の傾向にあったが、前期の 13% から、今期の 18% へと、大きくジャンプしたことが、Google の株価を急伸させる背景となった。
 
On the company’s earnings call, Porat and chief business officer Omid Kordestani also said that the monetisation gap between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says.
 
今回の収支報告において、Porat and Chief Business Officer である Omid Kordestani は、モバイルとデスクトップの広告における、収益性に関するギャップが縮小していると述べている。ただし、「モバイル CPC がアップしているのであり、デスクトップ CPC がダウンしているのはない」と、彼は付け加えている。
 
↓ Click to Large ↓
Google Ad Chart
 
Here are the other important numbers from Google’s report:
 
以下の各項目は、Google のレポートから抽出した、重要な数値である:
 
  • Google site revenues were $US12.4 billion, up 13% year-over-year, while Google Networks revenues were $US3.6 billion, up 2% year-over-year
  • That brought the total advertising revenues to $US16 billion, up 11% year-over-year
  • Other revenues, which includes Google’s enterprise business as well as Google Play Store revenues, were $US1.704 billion, up 17% year-over-year
  • Non-GAAP net income was $US4.82 billion, up 16% year-over-year
  • Operating expenses were $US6.31 billion down from $US6.5 billion last quarter, but up from $US5.58 billion Q2 2014
 
  • Google Site の売上は $US12.4 billion であり、前年比で 13% アップとなる。 また、Google Networks の売上は $US3.6 billion であり、前年比で 2% アップとなる。
  • 双方の合計である広告売上は $US16 billion であり、前年比で 11% のアップとなる。
  • Google Enterprise ビジネスと、Google Play ストアなどを収益を含む、Other の売上は $US1.704 billion であり、前年比で 17% アップとなる。
  • 非公式な純利益は $US4.82 billion であり、前年比で 16% アップとなる。
  • 営業経費は、前期の $US6.5 billion から $US6.31 billion へとダウンしたが、2014年 Q2 の $US5.58 billion との比較ではアップとなる。
Now, time for the Q2 earnings call.
 
Porat starts by highlighting growth in YouTube revenues and strength in mobile search as factors behind the strong quarter.
 
Porat は、この堅調だった四半期の要因として、YouTube における売上の伸びと、モバイル検索の強さから、その説明を開始した。
 
“Growth in watch time on YouTube has accelerated and is now up over 60% year over year, the fastest growth rate we’ve seen in two years,” Porat says. “Mobile watch time has more than doubled from a year ago.”
 
Porat は、「YouTube における再生時間が、大幅に拡大している。その成長率は、前年比で 60% 以上となっており、このような年次比較では最大となっている。 また、モバイルでの再生時間は、前年比で二倍以上に伸びている」と述べている。
 
Porat also says that Google continue to close gap between mobile and desktop search monetisation.
 
さらに Porat は、Google 検索におけるモバイルとデスクトップの、収益性に関するギャップが縮小し続けていると述べている。
 
Google’s operating expenses decreased from last quarter, and CAPEX spend was lower than both last quarter and year-over-year.
 
Google における営業費用は、この前の四半期と比べて減少している。 また、設備投資は、前四半期との比較においても、前年同期との比較においても減少している。
 
Porat also reiterated Google plans to be disciplined in managing expenses, while still pursuing strategic opportunities.
 
また、Porat は、Google が経費の管理について、継続して精査していく一方で、戦略的な機会を追求していくとも述べている。
 
“A key focus is on the levers within our control to manage the pace of expenses while still ensuring and supporting our growth,” she says. “We will do this while we continue to invest in engineering talent to keep us preeminent in innovation globally.”
 
彼女は、「私たちがコントロールしていくべき主要なポイントは、支出におけるペースを管理しながら、企業としての成長を確実にサポートする点に集約される。それを実行に移しながら、グローバルでの傑出したイノベーションを維持するための、優れたエンジニアリングに継続して投資していく」と述べている。
 
Google’s chief business officer, Omid Kordestani, also spoke on the call. One interesting tidbit he gave was that the number of people who start their YouTube viewing sessions on the the site’s homepage — versus coming in through a specific video — is up 3x year-over-year. That’s achieving Google’s goal of making the YouTube experience more like that of television, where users tune in, knowing they will find a variety of things they want to watch.
 
この収支報告では、Google の Chief Business Officer である Omid Kordestani も発言している。彼が提供してくれた、興味深いトピックとして、YouTube サイトのホームページからビデオを再生する比率が、前年比で 3倍以上の伸びたという話があった(他サイトからのリンクではなく)。YouTube のエクスペリエンスを、TV のようなものにしていくという、Google の目標が達成されようとしているのだ。そこにユーザーが来たときに、彼らが見たいと思う多様なビデオが存在することを、認識するようになる。
 
On mobile, the average viewing session is now more than 40 minutes, up more than 50% year-over-year.
 
モバイル環境においては、平均的なセッションは 40分以上となり、前年比で 50% 以上の伸びとなっている。
 
Time for questions:
 
When one analyst asked about Google’s priorities, Porat said that the priority is revenue growth, but that pursuing revenue growth is not inconsistent with expense management.
 
あるアナリストが、Google における優先順位について尋ねたとき、収益における成長が優先するが、それを追求することが、支出の管理と矛盾してはならないと、Porat は回答していた。
 
Why has YouTube seen this resurgence in growth? one analyst asks.
 
YouTube の成長力が、復活している理由について、あるアナリストが質問していた。
 
“I think it’s really a combination of all the strengths of YouTube coming together,” Kordestani says. More than 1 billion people use YouTube, and we’re doing a much better job with our products and our salesforce, he says. “It’s really all the pieces coming together for us, but we still see a lot of opportunities ahead.”
 
Kordestani は、「YouTube の持つ強みが、一体化した結果だ。10億以上の人々が YouTube を使用し、私たちは製品と広告の展開を、とてもうまくこなしている。すべての要素が、ほんとうの意味で一体化してきたが、私たちは、これまでの以上のチャンスを見出すだろう」と答えていた。
 
Kordestani also touched upon ways that Google’s trying to make its search ads better across different screens, including through local inventory ads and product listing ads. Retailers can now better see how their Google search ads influence their in-store sales.
 
また、Kordestani は、Googleのは、複数のディスプレイを横断するかたちで、検索広告を改善しようとする、Google の試みにも触れていた。 たとえば、プロダクト・リストの広告と、手元の在庫に関する広告を、連携して表示できるようになる。Google の検索広告により、ストア内での販売に生じる影響を、小売業者たちは確認できるようになっている。
 
Porat once again celebrated the fact that the price difference Google can charge between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says. It took time to fully develop the pricing model for desktop, and we’re continually working on developing that ecosystem for mobile, she adds.
 
再び Porat は、Google 広告における、モバイルとデスクトップのギャップが、縮小しているという事実を歓迎していると述べていいた。「モバイル CPC がアップしているが、デスクトップ CPC は低下していない」と、Porat は発言している。デスクトップのための、完全な価格設定モデルを開発するために、膨大な時間を費やしてきた。そして、いま、モバイルのためのエコシステムの開発に、継続的に取り組んでいると、彼女は付け加えている。
 
She also once again assured investors that Google still very much follows the “70 / 20 / 10″ framework that it always as. That is, 70% of time and effort goes to core competences, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots”). Investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
 
そして、彼女は再び、Google が、 Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に守っていることを、投資家たちに保証した。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google を心配しているが、Porat は、事実とは異なると述べている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
 
ーーーーー
google-55aちょっと、時間が空いてしまいましたが、Google の 2015年 Q2 の決算に関するレポートです。これまでの、収益性の低かったモバイル広告が、次第にデスクトップ広告とのギャップを埋め始めているというのは、Google が待ち望んできた状況なのだと思います。 Larry Page が CEO として、Google の決算を報告するのは、今回が最後となるわけですが、とてもよいかたちで、Sundar Pichai への引き継ぎが完了したようです。 そして、これからも、Google には 70 / 20 / 10 のルールを、守り続けてもらいたいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:全面戦争か?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう 
各種のソーシャル・メディアが、モバイル・アプリの開発と、ネイティブ・アドの供給へ走りだす!
 

Comments Off on Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!

Posted in Advertising, Businesses, Facebook, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 2, 2015
All of Facebook’s revenue growth since it went public comes from one source: mobile ads
Matt Rosoff Jul 31, 2015
http://www.businessinsider.com.au/facebook-mobile-ads-responsible-for-all-growth-since-ipo-2015-7
 
_ Business Insider
 
Facebook HQHistory of Facebook
Wikipedia
 
Facebook reported solid earnings yesterday, beating expectations on both revenue and earnings. It also revealed that more than 75% of its ad revenue comes from mobile advertising.
 
昨日 (7/30) の Facebook だが、売上と利益の双方で予測を上回るという、力強い決算内容を報告した。さらに言えば、同社の広告収入における 75% 以上が、モバイル・アドから生じていることも明らかにした。
 
That’s remarkable because when Facebook went public in May 2012, just three years ago, it had no mobile advertising business at all.
 
Facebook が株式を公開したのは、ちょうど 3年前の 2012年5月であり、そのときにモバイル広告は立ち上がっていなかっただけに、現状には目を見張るばかりだ。
 
Click to Large
Facebook Revenue Chart 2015 Q2
 
In fact, if you look at this chart from Statista based on Facebook earnings reports, it’s clear that mobile advertising is Facebook’s business. All of the company’s revenue growth since it went public came from mobile ads — desktop ads and payments revenue have remained about flat.
 
実際のところ、Facebook の決算報告をベースにして Statista が作成したチャートを見れば、モバイル広告こそが Facebook の基幹ビジネスであることが明らかになる。同社が株式を公開してからというもの、その収益面での成長は、すべてをモバイル広告が埋めつくしているのだ。また、デスクトップ広告や、ペイメントによる収益は、ほぼ横ばいで推移している。
 
ーーーーー
facebookそれにしても、お見事としか言いようのない展開ですね。 ただし、単にモバイル・ブームに乗っただけでは、このような成長は得られません。 スマホの小さなディスプレイで、ユーザーに嫌がれない広告のフォーマットを、試行錯誤しながら洗練させ、この結果に結びつけているのだろうと思います。 それだけではなく、Facebook Lite による途上国のプアな通信環境への対応や、徹底したモバイル・チューニング、そして、モバイルで消費する帯域の削減といった、とても地味な作業も積み重ねてきています。 そう考えると、得るべくして得た成功・・・ となるのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを分析する!
Facebook 広告:アジアからの収益が急成長し、名実ともにグローバル企業へ!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った! それを示す1枚のチャート
 

Comments Off on Facebook の モバイル広告: すべての収益の 75% を埋めつくす、すばらしい成長を達成!

%d bloggers like this: