Agile Cat — in the cloud

Web ブラウザ世界大戦: IE と Chrome の7年間の興亡をマップで眺めてみる

Posted in .Chronicle, Google, Microsoft, Research by agilecat.cloud on July 22, 2016
See how Chrome beat out its competitors to become the most popular browser in the world
Nathan McAlone – Jul 14, 2016
http://www.businessinsider.com/web-browser-popularity-since-2008-2016-7
 
_ Business Insider
 
There was a time when Microsoft’s Internet Explorer ruled the world. That doesn’t mean that everyone liked it, but Microsoft’s firm commitment to the web browser meant it made its way onto most computers.
 
かつて、Microsoft の Internet Explorer が、世界を支配した時代があった。誰もが気に入る IE というわけでは無かったが、Web ブラウザに対する Microsoft の確固たるコミットメントにより、大半のコンピュータ上へと広まっていった。
 
IE_ChromeClick to Large >>>
 
But as these maps, created by Jody Sieradzki at Dadaviz show, there’s only so long you can prop up a product that most people despise. These maps show the change in popularity of internet browsers from 2008 to ’15, as Chrome, Firefox, and Internet Explorer fought to see who would emerge as the web browser of the future.
 
Dadaviz の Jody Sieradzki が作成したマップには、ユーザーに支えられたプロダクトと、見向きもされないプロダクトの、興亡がのみが示されている。これらのマップは、Chrome/Firefox/Internet Explorer などによる戦いの歴史であり、また、2008年〜2015年におけるインターネット・ブラウザの人気の変化を示すものである。 将来の Web ブラウザとして、何が浮上してくるのだろうか?
 
ーーーーー
google-55aWikipedia で、Chrome の歴史を調べてみたら、2008年のデビューと記されていたました。そして、このマップを見ると、その当時は IE の全盛時代であったことが分かります。Agile Cat も、そのころは Windows 上で IE を使っていましたが、メインとサブの PC で、ブックマークが共有できないことが不満でした。 そして、Firefox + Delicious の組み合わせに移行し、Opetra を長いこと使った後に、Chrome で落ち着いているという経緯があります。あらゆるプラットフォームに対応し、共有するものを選択できる点が、Chrome の良さだと思っています。でも、最近の Edge は、動画の再生などで素晴らしいパフォーマンスを発揮しているようなので、これからが楽しみです。Chrome のように、そして Office 365 のように、Edge ではマルチ・プラットフォームに取り組んで欲しいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Chromebook の出荷台数が、ついに MacBook を上回った: 米市場からのレポート
ヨーロッパにおける Google の占有率: Search/Android/Chrome のシェアをチャートで!
Android N の N は、Nutella の N :Chrome OS との統合は どうなる?
iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on Web ブラウザ世界大戦: IE と Chrome の7年間の興亡をマップで眺めてみる

AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Amazon, Microsoft, Research by agilecat.cloud on July 14, 2016
Microsoft could overtake Amazon in the cloud, Morgan Stanley survey finds
Brandon Butler – July 8, 2016
http://www.mis-asia.com/resource/cloud-computing/microsoft-could-overtake-amazon-in-the-cloud-morgan-stanley-survey-finds/
 
_ MIS
 
In what could be foreshadowing a momentous shift in the IaaS public cloud computing market, investment bank Morgan Stanley’s survey of CIOs found they’re more likely to use Microsoft Azure compared to Amazon Web Services in the coming years.
 
パブリック・クラウドの IaaS 市場で、どのような変化が起こるのかを調べるために、投資銀行である Morgan Stanley が、CIO たちを対象に調査を実施した。それによると、Amazon Web Services と比較して、Microsoft Azure を使用する可能性が高くなるという結果が得られた。
 
The results of the survey are noteworthy because since the dawn of the IaaS cloud computing market Amazon Web Services has been seen as the top vendor. Morgan Stanley’s 2016 State of the CIO report shows that could be changing though.
 
IaaS クラウド・コンピューティング市場の黎明期から、Amazon Web がトップ・ベンダーとして認識されているという事実があるため、この調査結果は注目に値する。つまり、Morgan Stanley の 2016 State of the CIO には、それが変わるという可能性が示唆されているのだ。
 
morgan-stanley-azure-awsClick to Large >>> 
 
Just over 20% of CIOs reported they’re using Amazon Web Services today, while about 10% said they’re using Azure. In three years, however, those ratios change: More respondents say they plan to use Azure compared to AWS by a small, single-digit percentage point margin.
 
対象となった CIO たちの中で、Amazon Web Services を使用しているのは 20% 以上であるが、Azure は 10% 程度である。しかし、3年後の予測となると、この比率が変化してくる。その差は数パーセントであるが、Azure を使うと予測する回答者が、AWS を使うと予測する回答者を上回っている。
 
Tim Crawford, an independent CIO advisor at AVOA says he’s seen a shift in the market. “On the ground, I’ve seen folks sliding more toward using Azure than AWS in the corporate IT space,” he says. Most large businesses are already using some Microsoft products so adding Azure on to their existing enterprise license agreement is relatively easy. Crawford says Microsoft should be more forthcoming with big-name customer wins. Amazon, meanwhile, won’t be resting on its laurels in the cloud market, he says.
 
AVOA に所属し、CIO たちのアドバイザーを務める Tim Crawford は、マーケットにおける変化を見続けている。そして、「コーポレート IT の現場では、AWS よりも Azure を使用するという人々が増えている」と、彼は述べている。大半のエンタープライズは、いくつかの Microsoft プロダクトを試用しているため、既存のエンタープライズ・ライセンスに Azure を追加する方が容易なのだ。Microsoft は、いまよりも大口の顧客を勝ち取っていくはずだ。その一方で Amazon は、クラウド・マーケットにおける王冠を維持できなるかもしれないと、Crawford は述べている。
 
Overall, CIOs Morgan Stanley spoke with reported a strong willingness to use public cloud services. On average, CIOs expect 30% of application to be in the public cloud by the end of 2017; that’s up from 14% of their apps in the public cloud now. Even as IT budget growth is slowing (budgets are expected to grow at 3.7% this year, compared to 4.8% last year), cloud, business intelligence/analytics and security are the top spending priorities for CIOs this year, the survey found.
 
Morgan Stanley に回答した CIO たちだが、全体的に見て、パブリック・クラウド・サービスを利用するという、強い意欲を持っているようだ。パブリック・クラウド上でアプリケーションを、2017年末までに運用したいと答えた CIO たちは 30% に達しており、現時点の 14% という数字から大きく伸びている。IT 予算の伸びは、昨年の 4.8% から、今年は 3.7% へと鈍化している。それにもかかわらず、今年はクラウド/BI/分析/セキュリティなどが、CIO たちのトップ・プライオリティになると、この調査は物語っている。
 
ーーーーー
MSクラウドの利用という点で、マーケットの動向を見ながら、時間をかけて検討してきた大手企業が、既存の Microsoft エンタープライズ・ライセンスに、Azure を追加していくというのは、あり得そうな展開ですね。おそらく、それらの企業は、急いでクラウド化を推進する必要のない、なんらかの既得権を持っている、安定した企業なのでしょう。 AWS と Azure の競争も興味深いですが、このチャートで注目すべきは、これからの 3年間で No Public IaaS が激減していくという展開です。ハイブリッドは伸びていくのでしょうが、オンプレやプライベートで運用されている IaaS が、きわめて限定された領域に絞りこまれていくことで、このような数字になるのでしょうか? これも、興味深いデータですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft の クラウド 2016 Q1: このペースでいけば $10 billion ビジネスへと成長する
Microsoft のクラウド売上を分析:Azure + Office 365 を、Amazon AWS と比較してみた!
SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!
Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?
現実の世界で危機に直面したとき、Siri/Cortana/Google Now は助けてくれるのか?
 

Comments Off on AWS と Azure のシェアが 3年後には逆転する? Morgan Stanley の調査結果を1枚のチャートで!

Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!

Posted in .Selected, Asia, Facebook, Microsoft, Network by agilecat.cloud on June 24, 2016
Microsoft-Facebook laying trans-Atlantic Internet line
May 27, 2016
http://www.straitstimes.com/tech/microsoft-facebook-laying-trans-atlantic-internet-line
 
_straits_times
 
SAN FRANCISCO (AFP) – Microsoft and Facebook on Thursday (May 26) announced they will work together to lay a high-speed Internet cable across the bottom of the Atlantic Ocean.
 
SAN FRANCISCO(AFP) – 5月26日のことだが、Microsoft と Facebook は、大西洋の海底に高速インターネット・ケーブルを敷設するために協力すると発表した。
 
A new, sub-sea “Marea” cable was expected to be completed by late 2017, with the aim of meeting growing demand by the tech companies’ customers for fast, reliable data connections.
 
そして、この新しい海底ケーブル Marea は、2017年の後半には開通する予定であり、テック・カンパニーの顧客たちに高速/高信頼のデータ接続を提供すると期待されている。
 
cables27PHOTO: PRIMETRICA
 
“As the world is increasingly moving toward a future based on cloud computing, Microsoft continues to invest in our cloud infrastructure to meet current and future growing global demand for our more than 200 cloud services,” Microsoft data centre strategy general manager Christian Belady said in a release.
 
Microsoft の Data Centre Strategy GM である Christian Belady は、「この世界が、クラウド・コンピューティングへの依存度を高めるにつれて、Microsoft は現在と将来のクラウド・インフラに対して継続的に投資し、私たちの200種類以上のクラウド・サービスの、グローバルでの成長を達成していく」とリリースで述べている。
 
Marea will be the highest-capacity sub-sea cable ever crossing the Atlantic, with an expected capacity of some 160 terabytes per second of data, according to the companies. The 6,600km cable system will also be the first connecting the United States and southern Europe, running from Northern Virginia to Bilbao, Spain, said Microsoft and Facebook.
 
Marea のキャパシティは 160 Tbps (terabytes per second) であり、大西洋を横断する海底ケーブルとしては、これまでで最大級のものになると、同社はコメントしている。また、Microsoft と Facebook は、この 6,600km のケーブルは、North America (Northern Virginia) と Sourh Europe (Bilbao, Spain) をつなぐ、初めてのものになると述べている。
 
From Spain, the data network will link to hubs in Africa, Asia, the Middle East and other parts of Europe, according to the companies. Microsoft and Facebook said that they are working with global communications company Telxius, owned by Telefonica, on the cable project.
 
この Spain に陸揚げされるデータ・ネットワークは、Africa/Asia/Middle East/Europe の各ハブにリンクされる。そして Microsoft と Facebook は、この海底ケーブル・プロジェクトでは、Telefonica 傘下のグローバル通信企業である、Telxius と協業していると述べている。
 
“We’re always evaluating new technologies and systems in order to provide the best connectivity possible,” said Facebook vice-president of network engineering Najam Ahmad. “We want to do more of these projects in this manner – allowing us to move fast with more collaboration.”
 
Facebook の VP of Network Engineering である Najam Ahmad は、「私たちは、最善のコネクティビティを提供するために、新しいテクノロジーやシステムを常に評価している。さらなるコラボレーションへ向けて加速していくために、こうしたプロジェクトを数多く実現したいと思っている」と述べている。
 
ーーーーー
Networkそれにしても、160 Tbps はスゴイの一言ですね。Google が太平洋に施設した FASTER が 60 Tbps ですから、それと比較してみれば Marea の規模が伺い知れます。アメリカとヨーロッパをつなぐケーブルの話なので、最初はセーフ・ハーバーに関連するものかと思いましたが、それならアイルランドやイギリスに陸揚げされますよね。シンガポールから西へ向かう SEA-WE-ME 5 が、すでにフランスに陸揚げされたようです。この 2つの海底ケーブルが接続されると、アジアと世界が、ますます近くなっていきます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
南太平洋の海底ケーブルが着々と強化されている:年末までに 20TB のキャパシティを追加
2015 Infrastructures: アジアのインフラ投資が、グローバルな潮流を生み出す
激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに! 北米/東南アジアとの距離が削られていく!
100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!
 

Comments Off on Microsoft と Facebook が、大西洋に 160Tbps の海底ケーブルを敷設する!

AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!

Posted in AI ML, On Monday by agilecat.cloud on June 13, 2016
Machine Learning: Major Push by All Major Tech Companies to Advance Artificial Intelligence
By Dick Weisinger – June 10th, 2016
http://formtek.com/blog/machine-learning-major-push-by-all-major-tech-companies-to-advance-artificial-intelligence/
_ formtek
Machine Learning algorithms are becoming widely used.  Microsoft, Google, IBM and Amazon, for example, have all added machine learning options to their cloud offerings.  Facebook has open-sourced its hardware design. Yahoo has also released an open-source AI tool called CaffeOnSpark. Chinese giant Baidu has also released open-source AI software.
 
機械学習のアルゴリズムが、広く利用されるようになってきた。たとえば、 Microsoft,/Google/IBMAmazonなどは、クラウドとして提供しているサービスに、機械学習のオプションを追加している。Facebook は、AI に関連するハードウェア・デザインをオープンソース化している。Yahoo は、CaffeOnSpark という AI ツールを、オープンソースとしてリリースした。そして、China の Baidu も、オープンソースのAIソフトウェアをリリースしている。
 
Gauguin_1Mark Zuckerburg, Facebook CEO, said that “the biggest thing that we’re focused on with artificial intelligence is building computer services that have better perception than people.  I think it’s possible to get to that point in the next five to 10 years.”   Both Google’s Sundar Pichai’s and Alphabet Chairman Eric Schmidt say that AI will have a major impact of future work with Alphabet/Google.  At the recent Microsoft Build 2016 event, Microsoft’s Satya Nadella said that Microsoft is targeting AI as a major focus for their business.
 
Facebook の CEO である Mark Zuckerburg は、「人工知能において、私たちが最も注目しているのは、人間寄りも優れた知覚能力を持つコンピュータ・サービスを構築していくことである。私は、これから 5年〜10年のうちに、それが達成できると考えている」と述べている。Google の Sundar Pichai と Alphabet の Eric Schmidt は、両社の機能にとって、人工知能が大きな影響を与えることになると述べている。Microsoft の Padella は Build 2016 で、同社のビジネスにおける人工知能が、主要なターゲットになってきたと述べている。
 
In December, 2015, Elon Musk became co-chair of OpenAI, a $1 billion organization that focuses on advancing artificial intelligence that will benefit humanity.
 
2015年12月に Elon Musk は、$1 billion の資金を有する OpenAI の co-chair に就任し、人類に利益をもたらす人工知能を推進していくと述べている。
 
Vinod Iyengar, Director at H2O.ai, said that “in the last five years the cost of storage has come down dramatically, as has the cost of memory. Additionally, anyone can leverage an advanced computing cluster on, say, Amazon Web services, for a few hundred dollars. All of this means that organizations or individuals can take a whole lot of data and produce powerful predictions and insights from the large data sets without facing huge costs.”
 
H2O.ai の Director である Vinod Iyengar は、「この 5年間におけるストレージのコストは、メモリのコストと同じレベルにまで、劇的に低下していきた。Amazon Web Services が提供するサービスを利用する人々は、数百ドルで先進的なコンピューティング・クラスタも活用している。つまり、すべての組織や個人が、膨大なデータの取得/パワフルな予測/洞察の生成を、巨大なコストを費やすことなく、達成できることを意味している」と述べている。
 
ーーーーー
On Mondayクラウドへの集約が進めば、これまでは高価とされてきたテクノロジーも、コモディティ価格で利用できるのですね。 人工知能や機械学習というと、なんらかの先進的なサービスを思い浮かべてしまいますが、これからはセキュリティにおいてもボットが活躍する時代になるのでしょう。 また、IoT を構成するデバイスの、精度や整合性を判断するためにも、機械学習は欠かせないものになるでしょう。そして、それらが、新たなクラウド・ネイティブを構成していく時代になるのだと思えてきます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT and Security の調査: ウェアラブル/BYOD のポリシーが、企業のセキュリティ
AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
SaaS の調査: データ損失の原因:ユーザー・エラーがハッキングを圧倒的に上回る
IoT の調査: このテクノロジーにより、情報処理と運用管理が本格的に収束していく!
 

Comments Off on AI の調査: すべてのメジャー・クラウドが、人工知能をプッシュする時代になってきた!

Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

Posted in Advertising, Baidu, Facebook, Google, Research by agilecat.cloud on June 10, 2016
The World’s Largest Media Companies
Felix Richter – Jun 1, 2016
https://www.statista.com/chart/4943/top-10-media-companies/
 
_ Statista
 
Over the past decade, the internet has replaced print media to become the second most important advertising medium behind television. The rise of digital advertising is reflected in Zenith Optimedia’s annual ranking of the world’s largest media companies.
 
これまでの 10年の間に、広告メディアとしてのインターネットは印刷媒体を追い抜き、テレビに続く二番目のポジションへと昇ってきた。世界で最大のメディア企業をランキングする、今年の Zenith Optimedia レポートにも、その結果が反映されている。
 
top_10_media_companiesClick to Large >>> 
 
 
The five digital companies ranked in the Top 30, namely Google, Facebook, Baidu, Yahoo and Microsoft who represent 65 percent of the global internet advertising market, now account for more than one third of all revenues generated by the Top 30 media owners in the world. The ranking includes all revenues from businesses that support advertising including non-ad-revenues such as circulation revenues.
 
Top-30 中の Top-5 である、Google/Facebook/Baidu/Yahoo/Microsoft は、世界のインターネット広告市場の 65% を占有している。つまり、世界の Top-30 メディアが生み出す収益の、1/3 以上を占めているのだ。このランキングは、すべての広告収益から構成されているが、その中には、サブスクリプションなどによる非広告収益も含まれている。
 
As the below chart illustrates, Google far outranks any other company in the world in terms of media revenue. The company generates tens of billions of dollars every year selling advertising across its popular online services, most importantly Google Search.
 
このチャートが示すように、メディアの収益という面では、Google が図抜けた存在となっている。同社は、人気のオンライン・サービスで $60 billions 前後の広告売上を計上しているが、
その中で最も大きな割合を占めるのは Google Search である。
 
This chart ranks the Top 10 media companies in the world based on their media revenue in financial year 2014.
 
このチャートは、世界の Top-10 メディア企業を、それぞれの会計年度 2014 の収益でランク付けしている。
 
ーーーーー
Ad2014年の末に、同じような調査を BI Intelligence が実施していましたが、その時には Google $70B、Time Warner $30B、Facebook $18B、、、というランキングになっていました。大まかなところで一致しているのでしょうが、この Zenith Optimedia の調査で目新しいのは、Baidu が 8位に示されている点です。コマースの Alibaba や、ペイメントの Tencent が躍進している状況を見れば、広告産業も伸びているはずと予測できますが、その担い手は、やはり Baidu の検索なのでしょう。グローバルの Google を比較することで、中国市場の規模を推測する指標になりそうですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook が達成した 完ぺきなモバイル・シフト: 脅威の成長エンジンを1枚のチャートで!
Facebook の8年:売上を 65倍に伸ばした Sheryl Sandberg の実績を1枚のチャートで!
ソーシャル と パブリッシャー: 新しい情報発信モデルの、凄まじい実態が見えてきた!
Facebook と Twitter : それぞれの 広告ビジネスを 比較してみる!
モバイルの調査: Apps 90% 対 Browser 10% という動向を1枚のチャートで!
 

Comments Off on Google と Facebook と Baidu が Top-10 に入った、世界のディジタル広告売上ランキングとは?

SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Posted in .Selected, Amazon, Equinix, Google, IBM, Microsoft, Oracle, Research, Salesforce by agilecat.cloud on June 1, 2016
IHS: IBM leads global SaaS cloud service market
Staff writer – May 04, 2016
http://www.telecomasia.net/content/ihs-ibm-leads-global-saas-cloud-service-market
 
_ Telecom-Asia
 
IBM currently leads the SaaS cloud service market, while Amazon leads the global cloud infrastructure market (IaaS, CaaS, PaaS) in 2015, according to a new report by research firm IHS.
 
調査会社である IHS の最新レポートによると、現時点の SaaS クラウド・サービスに関しては、IBM が 19% のシェアでマーケットをリードし、また、クラウド・インフラ・サービス (IaaS/CaaS/PaaS) では、Amazon がリードしている。
 
According to the report, Salesforce ranked the second in the SaaS cloud service market with 8% of market share, while Microsoft and Oracle had 6% and 3%. SAP had just 2% share in the global SaaS cloud service market.
 
このレポートによると、SaaS マーケットにおける二番手は Saleforce であり、そのシェアは 8% となり、その後には Microsoft (6%) と Oracle (3%) が続く。また、SAP に関しては、グローバル SaaS マーケットでみると、わずか 2% のシェアとなる。
 
AWS is the undisputed leader in the cloud infrastructure market with 17% share. Microsoft has 9% and Google has 5% share in the cloud infrastructure market last year, said IHS. Equinix and China Telecom had 4% each.
 
クラウド・インフラ・マーケットで 17% のシェアをほこる AWS は、誰もが認めるリーダーである。そして、二番手と三番手は Microsoft (9%) と Google (5%) であり、そこにEquinox (4%) と China Telecom (4%) が続くと、IHS は述べている。
 
SaaS_IaaSClick to Large >>> 
 
IHS says the infrastructure-as-a-service (IaaS) segment for on-demand servers and storage is maturing, with the big three players – Amazon, Microsoft and Google – possessing the scale and specialized knowledge to make it difficult for smaller players with undifferentiated services to compete.
 
IHS が言うには、オンデマンドでサーバーとストレージを提供する IaaS セグメントは成熟しており、Top-3 を形成する Amazon/Microsoft/Google がスケールと専門知識の面でリードしている。そのため、差別化に苦しむ中小のサービス・プロバイダーは、厳しい戦いを強いられる。
 
However, there is room for innovation in IaaS. Rackspace has expanded its professional services to third-party clouds such as Amazon and Azure.
 
ただし、この IaaS においても、イノベーションの余地はある。たとえば Rackspace は、Amazon や Azure のサードパーティ・クラウドへむけて、そのプロフェッショナル・サービスの展開を拡大している。
 
NTT announced a self-serve OpenStack orchestrated bare metal server service. Internap is expanding its bare metal server service. And CenturyLink announced the availability of its government cloud, which meets specialized compliance requirements.
 
その一方で NTT は、OpenStack ベアメタル・サーバーのための、オーケストレーション・セルフ・サービスを発表した。また、Interap は、ベアメタル・サーバーのサービスを拡大している。さらに Century Link は、特殊なコンプライアンス要件を満たる、政府機関向けのクラウドを提供すると発表している。
 
Colocation or hosting, the earliest form of IaaS, is also growing. Equinix and Level 3 expanded their data center footprints.
 
IaaS の走りとも言える コロケーションとホスティングも、依然として成長している。そして Equinix と Level 3  は、自社のデータセンターのフットプリントを拡大している。
 
Also set to bring more innovation are machine learning and analytics capabilities integrated with enterprise and mobile applications.
 
また、機械学習および分析機能を、エンタープライズやモバイル・アプリと統合するかたちの、さらなるイノベーションへの取り組みも始まっている。
 
Google released a machine learning service for developers, and IBM released three new Watson application programming interfaces (APIs) that provide developers with access to technology for sensing emotional and visual cues that deliver insights on the tone, emotional context and sentiments of voice, text and images.
 
Google は開発者のために機械学習サービスをリリースし、また、IBM は 3種類の Wataon API をリリースしている。後者に関しては、感情的および視覚的な手がかりを検知するテクノロジーへの、開発者からのアクセスを提供し、Voice/Text/Image における、感情的な文脈や言葉遣い、そして色調などに関する洞察を実現していく。
 
CSPs are making steps towards the “meta-cloud.” Google announced new dashboard and orchestration tools that can manage and migrate workloads in its own data centers as well as in Amazon’s and on-premises data centers. In addition, NTT enhanced its enterprise cloud services with the ability to connect to third-party CSP data centers.
 
CSP (Cloud Service Provider) が、メタ・クラウドへと向けた道筋を切り開いていく。Google がアナウンスした、新しいダッシュボードとオーケストレーションのツールにより、ワークロードの管理と移行が容易になる。その移行先としては、同社のデータセンターだけではなく、Amazon や オンプレミスのデータセンターも含まれる。また NTT は、そのエンタープライズ・クラウド・サービスを、サードパーティである CSP のデータセンターと接続する機能で強化している。
 
The off-premises cloud services market – including infrastructure as a service (IaaS), cloud as a service (CaaS), platform as a service (PaaS) and software as a service (SaaS) – reached $93 billion in 2015, growing 54% from 2014.
 
IaaS/CaaS/PssS/SaaS で構成される、オフプレミス・クラウド・サービス・マーケットは、2015年で $93 billion の規模にいたり、前年比での成長率は 54% となっている。
 
SaaS was the number-one off-premises cloud service in 2015, representing nearly half of all off-premises cloud revenue. IaaS was second with 39% of revenue.
 
SaaS は、2015年の No.1 オフプレミス・クラウド・サービスは SasS であり、すべてのオフプレミス・クラウド売上の約 50% を稼ぎ出している。そして、二番手は IaaS の 39% となっている。
 
The off-premises cloud service market is forecast to reach $278 billion worldwide in 2020, with a five-year compound annual growth rate (CAGR) of 25%.
 
オフプレミス・クラウド・サービス市場は、2020年のグローバル売上が $278 billion にいたり、また、5年間の複合年間成長率 (CAGR) は 25% に達すると予測されている。
 
ーーーーー
research_55SaaS のシェアに関する調査というのは、初めて見たような気がします。そして、Salesforce と Office 365 の相対的なポジションは、予想どおりという感じですが、その遥か先を走る IBM の強さには驚きです。以前にポストした、「Salesforce パートナーが懸念する、AWS 上の CRM ソリューションの台頭とは?」抄訳では、Jefferies の調査をベースにした、Salesforce のライバルたちのシェアが示されていました。徐々にではあっても、こうして SaaS の世界が可視化されてくるのは、とても興味深いことです。なお、右側のチャートは、IaaS/CaaS/PaaS の総合となっており、いつもとは異なる顔ぶれになっていますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査: 中小プロバイダーの 40% が AWS を使い、この市場を急成長させている
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する
SaaS の調査:コラボレーションとモバイルが、その成長を加速させている
 

Comments Off on SaaS 市場のシェア: IBM > SF > MS > OR > SAP で、全体の 40% を稼ぎだす!

Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

Posted in .Selected, Amazon, Google, Microsoft, Uber by agilecat.cloud on May 31, 2016
Amazon, Google, and Microsoft might be going to war to win Uber’s cloud business
Matt Weinberger – May 9, 2016
http://www.businessinsider.com/uber-outsourcing-infrastructure-to-public-cloud-2016-5
 
_ Business Insider
 
For the first time in its seven-year existence, car-hailing app Uber is outsourcing some of its server infrastructure beyond its own four walls, reports The Information.
 
これまでの 年間の実績を経て、タクシー配車アプリである Uber は、そのサーバー・インフラの一部を、初めてアウトソーシングすることになると、The Information がレポートしている。
 
Uber is apparently soliciting bids from the likes of Google, Microsoft, and Amazon — the leading players in cloud computing, where companies can punch in their credit card and get access to fundamentally unlimited supercomputing power.
 
どうやら Uber は、Google/Microosft/Amazon といった、クラウド・コンピューティングの主力ベンダーから、熱烈な勧誘を受けているようだ。なせなら、Uber と提携する企業が、クレジット・カードからの入力を受付けるために、無制限といっても過言ではない膨大なコンピューティング・パワーにアクセスすることになるからだ。

DLD 2015, Munich, Germany, 18 January 2015. Image ©Dan Taylor/Heisenberg Media - http://www.heisenbergmedia.com/ All Rights Reserved

Wikipedia
Travis Kalanick

With a global footprint across 69 countries, Uber needs to make sure that its servers and the software that makes the magic happen are as high-performance and available as possible. That means Uber wants to make sure that its server facilities are as geographically close to customers as possible. In this business, milliseconds count.
 
そして、69カ国にグローバル展開されている Uber は、そのサーバーとソフトウェアを確実に運用していく必要があるが、そこでは魔法のような高性能と高可用性が不可欠になるのだ。しかも、Uber のサーバー・ファシリティは、可能な限りユーザーの近くに配置され、ミリ秒の応答を要求するビジネスに対応していく必要がある。
 
Building close to worldwide customers is tough for any company, though, even one with Uber’s $9 billion in funding. By tapping into vast cloud computing infrastructure like Amazon’s, Microsoft’s, and Google’s, Uber would be able to bolster its global reach.
 
しかし、$9 billion の資金を有する Uber であるにしても、世界中に散在するユーザーの近くに、自前のファシリティを構築していくことは難しい。したがって、Uber はグローバル展開を強化するために、Amazon/Microsoft/Google といった、巨大なクラウド・コンピューティング・インフラを活用することになるのだ。
 
And while Uber is reportedly only looking to move relatively small chunks of its code into the cloud, just getting the company’s business would be an incredible feather in any cloud provider’s cap. A sales war may well be brewing as Amazon, Microsoft, Google, IBM, and other cloud providers trip over themselves to win Uber’s business.
 
伝えられるところによると、Uber がクラウドに移行しようとしているコードは、それほどの規模ではないようだが、同社のアウトソーシングを勝ち取るクラウド・プロバイダーにとっては、天駆ける翼となるだろう。しかし、この販売戦争は、Amazon/Microsoft/Google/IBM といったクラウド・プロバイダーに辛酸をなめさせ、Uber 勝利をもたらすように、計画されているのかもしれない。
 
Race to growth
 
Cloud computing vendors are currently in a heated race to win ever-larger businesses.
 
クラウド・コンピューティング・ベンダーたちは、かつて無い大規模なビジネスを勝ち取るためのレースに、ヒートアップしている。
 
While the Amazon Web Services cloud started off as a niche service for small developers and startups, it’s turned into a major $7 billion industry force. Microsoft and IBM have the edge that they already work with big business. And Google Cloud Platform, under industry vet Diane Greene, has made a redoubled effort to build out their enterprise platform.
 
Amazon Web Services のクラウドは、中小のデベロッパーやスタートアップを相手にした、ニッチなサービスとしてスタートを切ったが、いまでは $7 billion という業界の最大手に成長している。Microsoft と IBM は、これまでに接点を持っていた、大企業とのビジネスを展開している。そして、Google Cloud Platform は、この業界のベテランである Diane Greene を迎え、自身のエンタープライズ・プラットフォームを構築するための、さらなる努力を約束している。
 
If nothing else, with Uber’s massive scale, it would be a huge PR win for Microsoft, Amazon, Google, or whoever wins this deal. Their salespeople could point at Uber and show what’s possible, especially since the startup has become such a household name.
 
もし、仮に、Uber にあるのは巨大なスケールだけだとしても、この契約を勝ち取ることになれば、Microsoft/Amazon/Google などにとって、PR としての大きな勝利がもたらされる。そのため、各社の営業担当は、スタートアップであった Uber の名前が浸透するにつれて、自社の能力をアピールしてきたはずだ。
 
maxresdefaultYoutube
Ghetto Uber Driver
 
Uber CEO Kalanick speaks during the Baidu and Uber strategic cooperation and investment signing ceremony in Beijing
 
Uber の CEO である Kalanick は、Beijing で開催された、Baidu との戦略的な協業と投資に関する式典でコメントを述べている。
 
Complicating matters is the fact that Uber’s technology, according to that report, is “vendor-neutral,” meaning that they’re not predisposed to preferring one vendor over another.
 
前述のレポートによると、Uber のテクノロジーがベンダー・ニュートラルであることが、事態を複雑にしているようだ。つまり、他を排除して、一つのベンダーに依存することが、あり得ない状況にあるのだ。
 
In fact, hypothetically, they could partner with different cloud providers in different regions, depending on who’s got data centers where. For instance, Microsoft was the first cloud player to open its doors in India. The tools do exist to run one bit of infrastructure across multiple clouds. And the report suggests that in China, Uber may be looking at regional superpowers like Alibaba and Baidu.
 
実際のところ Uber は、それぞれの地域において、それぞれのクラウド・プロバイダーとのパートナーになれるのだ。そして、対象となる地域にデータセンターを持っているプロバイダーが有力な候補となる。たとえば、India のマーケットににおいて、最初にドアを開けたクラウド・プレーヤーは Microsoft である。同社のツールは、マルチ・クラウドを横断する、独自のインフラを実行するために存在している。そして、このレポートは、China における Uber は、Alibaba や Baidu のようなローカル・ジャイアントに注目するだろうと示唆している。
 
On a final note, while Apple moved some of its infrastructure to Google Cloud Platform, it seems markedly unlikely that Uber will follow suit. Uber is working on driverless car technology, and it may end up competing with Google in that same market. Google has also been reported to be exploring launching its own ride-sharing service, which would put it in even more direct competition with Uber, and might make Uber hesitant to store valuable business data on Google’s computers.
 
最後に指摘しておくが、Apple のインフラの一部が Google Cloud Platform へ移行したからといって、それに Uber が続くというケースは考えにくい。Uber は、無人の自律走行テクノロジーに取り組んでおり、同じ市場で Google と競合することになるかもしれない。そして、Google も、独自のタクシー配車サービスを立ち上げると、指摘するレポートも存在するのだ。それは、Uber を直接的な競争の中に置くものであり、Uber としては貴重なビジネス・データを、Google のコンピュータに格納することを躊躇する可能性もある。
 
Similarly, Uber’s push into logistics and delivery may conflict with Amazon’s initiatives to do the same. That kind of business logic may trump technical considerations.
 
同様に、Uber が見せている物流と配送への関心は、それを営んでいる Amazon と競合する可能性がある。つまり、この種のビジネス・ロジックは、テクノロジーについて考えるときの切り札になるのだ。
 
Uber did not immediately respond to a request for comment.
 
Uber にコメント求めたが、いまのことろ反応はない。
 
ーーーーー
Uber昨年の末に、「Uber の 評価額が Ford と GM を追い抜いた: それを示す1枚のチャート!」という抄訳をポストしましたが、自動車という世界のトップ・ブランドに、Uber はなっていくのかという、勢いを感じてしまいます。その半面、世界の国々のタクシー業界との間で、軋轢を起こしているという現実もあるのですが、大きな時代の流れに乗ってしまったのでしょうね。文中にもあるように、自律走行車も視野に入っているようですし、都市部における自動車の在り方を、根本から変えていく存在になっていくのだろうと思えます。なんというか、トヨタが出資したくなるのも、その気持ちがわかりますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! 爆速ビジネス・アジリティ
Uber と FB Messenger が直結した: この UX に未来を感じるのだ!
WeWork という、オフィス・スペース・プロバイダーが、SnapChat に迫る勢いで伸びている!
Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比!
Netflix の Fast.com は、かなりイケてる インターネット速度測定サイトだ!
 

Comments Off on Uber のサービスがクラウドに移行する:そして AM/GO/MS が繰り広げる争奪戦とは?

AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

Posted in AI ML, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, On Monday by agilecat.cloud on May 30, 2016
Artificial Intelligence: 2016 Shaping up to be the “Year of the Bot”
Dick Weisinger – May 25th, 2016
http://formtek.com/blog/artificial-intelligence-2016-shaping-up-to-be-the-year-of-the-bot/
_ formtek
Software robots, also known simply as ‘bots’ are suddenly coming at us from everywhere.  And it may just be the beginning.  Bots are software agents that are able to automate and speed the completion of tasks.  Wikipedia describes bots as software components designed to “perform tasks that are both simple and structurally repetitive, at a much higher rate than would be possible for a human alone.”
 
「ボット」と呼ばれるソフトウェア・ロボットは、どこからとなく、突然のように、私たちの側にやってくる。しかし、それは、単なる始まりに過ぎない。ボットはソフトウェア・エージェントでもあり、あらゆるタスクを自動化することで、その効率を高めていく。Wikipedia には、「単純なタスクだけではなく、構造化された反復タスクのためにデザインされ、人間の能力よりも遥かに高速に目的を達成していく」と、このソフトウェア・コンポーネントとしてのボットが説明されている。
 
Chagall_2Web bots that scour the internet for building updates to the search index of search engines like for Google and Bing have been around for some time.  But as computing hardware capabilities continually advance and as voice-assistant technologies like Siri, Cortana, Google Now and Amazon Echo improve, bots are becoming more sophisticated in what they can do and how they can help us.
 
Web ボットは、時間をかけてインターネットを調べまわり、検索エンジンから取り出したインデックスを更新していくが、それらの元になるのは、Google や Bing といったそれを検索エンジンである。そして、ハードウェアの能力が高まり、Siri/Cortana/Google Now/Amazon Echo といったボイス・アシスタント・テクノロジーが進化するにつれて、ボットによるユーザーへの支援は、さらに洗練されたものとなってきた。
 
David Parry, Manager at HP Innovation, told CNNMoney that “[Eventually, bots will be] able to handle very administrative tasks in a very easy way — reservations, hotels, banking — as AI is able to anticipate needs and proactively talk to you, it’ll get more exciting.”
 
HP Innovation の David Parry は、「これから先、AI がニーズを先取りし、積極的に会話するようになれば、ホテルの予約や銀行からの振り込みといったタスクを、ボットは簡単に実現していくだろう。それは、とても興味深いことである」と、CNNMoney に語っている
 
Steven Milunovich, UBS analyst, said that “In China, WeChat provides high functionality, such as paying bills, hailing a cab and checking into flights through apps within apps. ”
 
UBS のアナリストである Steven Milunovich は、「China においては、WeChat が高度な機能を提供している。このメッセージ・アプリに、他のアプリを追加することで、現金の支払/タクシーの予約/航空券の予約などを実現している」と述べている
 
Both Microsoft and Facebook have recently launched bot initiatives.  Both companies have introduced developer tools to help build bots that will run on their platforms.  Facebook has a bot platform available for its Messenger product.
 
最近のことだが、Microsoft と Facebook が、ボットに対する取り組みを開始している。この両社は、自身のプラットフォーム上で動作するボットの構築を促進するために、開発者たちにツールを提供しているのだ。ちなみに、Facebook のボット・プラットフォームとは、同社の Messenger プロダクトのことである。
 
Satya Nadella, Microsoft CEO, said that “Bots are the new apps.  An AI assistant will be a personal digital assistant that knows you, knows your world and is always with you across all your devices”.
 
Microsoft CEO の Satya Nadella は、「ボットは、新しいアプリである。あなたを知り、あなたの世界を知る、AI を活用するパーソナル・デジタル・アシスタントが台頭してきた。それは、あなたのデバイスに住みつき、常に行動をともにする」と述べている
 
Mark Zuckerberg, Facebook CEO, said that “No one wants to have to install a new app for every business or service they want to interact with.  We think you should be able to just message a business in the same way you message a friend.”
 
Facebook CEO の Mark Zuckerberg は、「ユーザーたちは、サービスを受けるために、新しいアプリをインストールすることなど考えてはいない。私たちが考えているボットでは、トモダチにメッセージを送るのと同じ操作で、さまざまなサービスを使えるようになる。もちろん、それはビジネスでも有効となる」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayまずは、言葉の理解から始まるのだと思いますが、いまのスマフォに搭載されるパーソナル・アシスタントは、みなさん優秀なのですね。先週の Microsofr de:code キーノートでも、Cortana が大活躍していました。言い換えるなら、スマフォの役割として際立つのが、パーソナル・アシスタントとしての能力であり、すでにデバイス自体を超える存在になってきているのです。そして、このパーソナル・アシスタントには、スマフォからアクセスするときもあれば、何らかのヘッドセットからアクセスするときもある、、、というふうに変化していくのでしょう。ディジタル空有に住む、私たちのボットの未来に期待したいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
 

Comments Off on AI の調査: この 2016年は、ボットの年になるだろう

%d bloggers like this: