Agile Cat — in the cloud

iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Mobile, Research, Xiaomi by agilecat.cloud on June 9, 2016
The Smartphone Price Gap
Felix Richter – Jun 2, 2016
https://www.statista.com/chart/4954/smartphone-average-selling-prices/
 
_ Statista
 
When Apple’s iPhone sales started showing signs of stagnation recently, one of the most cited reasons for the slowdown was the iPhone’s steep price tag compared to the competition.
 
最近になって、Apple の iPhone が低迷の兆しを見せ始めたとき、減速の理由として最も引き合いに出されたのは、競争相手と比べて高額な価格帯であった。
 
smartphone_average_selling_pricesClick to Large >>>
This chart compares the average selling price of iOS and Android smartphones since 2008.
 
And while it’s probably right to assume that a lower price would boost iPhone sales, the question is: why should the iPhone’s price suddenly be more of a problem than it used to be? After all, it has always been more expensive than most Android phones, but that didn’t stop Apple from outperforming the market many times over the past few years.
 
その価格の引き下げが、iPhone の売り上げを伸ばすと考えることは、おそらく正しいのだろう。しかし、疑問もある。iPhone の全盛期には言われなかった価格のことが、なぜ急に、問題視されるようになったのだろう? たしかに、Android フォンと比べると常に高価ではあったが、これまでの数年間において iPhone はマーケットで優位に立ち、Apple の勢いが削がれることはなかった。
 
First of all, the smartphone market has changed. In highly developed regions such as North America and Europe, the market is pretty much saturated – most people who want a smartphone, already have one. Much of today’s smartphone growth comes from emerging markets, where price is much more of an issue.
 
まず、スマフォ・マーケットの変化を指摘したい。North America や Europe などの高度に発展した地域では、そのマーケットが飽和に近い状態であり、ほとんどの人が既にスマフォを所有している。今日のおけるスマフォの成長は、その大半が途上国マーケットで生じており、そこでは価格が大きな問題となっているのだ。
 
At the same time, the price gap between iPhones and Android phones has widened considerably over the years. As our chart, based on data from KPCB, illustrates, the difference in average selling prices grew from $218 in 2008 to $443 in 2016. While high-end Android phones, such as Samsung’s top-of-the-line devices still cost about as much as an iPhone, there is a large number of manufacturers (mostly from China) who sell Android smartphones for a fraction of the iPhone’s price these days.
 
それと同時に、iPhone と Android フォンの価格差が、この数年において大きくなってきている。KPCB のデータを基にしたチャートが示すように、平均的な販売価格の差は、2008年 の $218 から 2016年の $443 へと拡大している。周知のとおり、Samsung などのハイエンド Android フォンは、依然として iPhone と肩を並べる価格帯で販売されている。その一方では、主として China で製造される大量の Android スマフォが、いまでは iPhone の何分の一という価格で販売されているのだ。
 
ーーーーー
mobile_55これは、それぞれの OS やデバイスの優劣という話より、それぞれの性格の違いだと捉えるべきものなのでしょう。企業であるからには、その売上を伸ばして株価を高めていくべき Apple と、途上国マーケットを前提に、競合していく Android フォン・メーカーたちでは、価格という要件に対する姿勢が、おのずと異なってしまいます。それが、このような価格差を作り出してきたわけです。Agile Cat が、いまスマフォを買い換えるとしたら、断然 Xiaomi の Remi 3 になるでしょう。eBay などで探してみると、2万円を切る価格帯で、この 8-Core のデバイスが買えることが分かります。「Google Play は入っていますか?」と、ディーラーに確認したこともあるのですが、「もちろん」という答えが返ってきました。3G/4G の周波数帯域もバッチリなので、日本でも充分に利用できるスマフォになるはずです。 ついに、中国製のデバイスが、インターナショナル・マーケットに進出してきたわけであり、Apple が価格を維持するなら、この差は、さらに開いていくと思えるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国には、7.8億人のモバイル・インターネット・ユーザーと、11.3億台のスマフォが存在する!
スマフォのデータ・プリロード:大量のトラフィックとバッテリが消費されていますよ!
ココまで来たぁ! インドの最安 Android スマフォは、14ドルで販売されるのか?
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
iPhone の売行きに暗雲:8年間も続いた栄光の歴史が終わるのか?
 

Comments Off on iPhone と Android:平均価格が 50% 差から 200% 差へと変化した、9年間を1枚のチャートで!

インド の Micromax から ノートPC がデビュー:Intel Atom 4-Core と Windows 10 が搭載され、なんと US$157 という価格だ!

Posted in .Chronicle, Asia, Microsoft, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on May 14, 2016
Micromax launches Canvas Lapbook L1160 laptop at Rs 10,499
TOI Tech – May 4, 2016
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/more-gadgets/Micromax-launches-Canvas-Lapbook-L1160-laptop-at-Rs-10499/articleshow/52110483.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Indian consumer electronics company Micromax has added yet another entry-level laptop to its Lapbook series with the launch of the Canvas Lapbook L1160. Made in association with Microsoft and Intel, the L1160 is priced at Rs 10,499. The laptop will be available exclusively on Amazon India starting May 4.
 
India の家電メーカーである Micromax が、Canvas Lapbook L1160 というラップトップ PC を立ち上げ、このマーケットにも参入してきた。Microsoft および Intel との提携により、この L1160 には Rs 10,499 (US$157) という価格が設定され、5月4日から Amazon India で独占的に販売される。
 
micromax_canvas_lapbook_l1160Micromax Canvas LapBook L1160 has an 11.6-inch non-detachable display with 1366×768 pixels resolution, The device runs on Windows 10 operating system and is powered by an Intel Atom Quad-core processor clocked at 1.83GHz.
 
Micromax Canvas LapBook L1160 には、脱着型のディスプレイとして、1366×768 Pixel の 11.6-inch のスクリーンが提供される。また、このデバイスでは、Windows 10 オペレーティング・システムおよび、1.83GHz の Intel Atom Quad-Core プロセッサが搭載される。
 
The laptop comes with 2GB of RAM and 32GB eMMC flash storage which can be further expanded up to 64GB using a microSD card. On connectivity front, there are two USB 2.0 ports, one HDMI port, one Ethernet port, along with Wi-Fi and Bluetooth radios. The L1160 weighs 1.13kg and is backed by a 4,100 mAh battery.
 
また、このラップトップには、2GB の RAM と 32 GB の EMMC フラッシュ・ストレージが実装されるが、microSD カードにより 64 GB まので拡張が可能となっている。
 
接続性に関しては、2つの USB 2.0 ポート、HDMI ポート、Ethernet ポートが提供され、また、Wi-Fi と Bluetooth にも対応している。そして L1160 の重量は 1.13kg であり、バッテリー容量は 4100 mAh となる。
 
Recently, the company also announced a complete overhaul of its market strategy, in order to combat slowed growth in the smartphone sector. Although originally a smartphone brand, the company has slowly expanded its focus to products as diverse as tablets, PCs, LED TVs and laptops.
 
最近の同社は、スマフォ分野の成長が緩やかであることから、そのマーケット戦略の刷新を発表したところだ。元々はスマフォのブランドとして設立された Micromax であるが、最近は Tablet/PC/LED TV/Laptop などにもフォーカスし、多様なプロダクト・ラインへ向けて、ゆっくりとビジネスを拡大している。
 
Micromax is also looking forward to increasing domestic production in order to lessen its reliance on imports, part of its ‘Make in India’ strategy.
 
また、Micromax は、輸入への依存を軽減する、Make in India という国家戦略の一環として、国内生産の増大を目指していくという。
 
ーーーーー
weekendAcer PCなかなか頑張る Micromax ですね。いまの PC が、どのくらいの価格で売られているのかを調べてみたら、最新の Acer Aspire 11.6′ Flagship Cloudbook が、Amazon で $148 とのことでした。ただし、こちらは 2-Core であり、RAM は 2GB で、フラッシュ・ストレージは 16GB です。そう考えると、Micromax の L1160 の方が、わずかながらコストパフォーマンスが良いことになります。おそらく、インド市場をターゲットにしたものであり、グローバル狙いの Acer とは比較にならないのでしょうが、インドのデバイス産業が、あっという間に、ここまで来たことに驚いてしまいます。スマフォは 5,000円で、ノート/タブレットは 10,000円という世界が、この日本でも、そこまで来ている感じがします。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
インドの Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで、なんと $140 なのだ!
ココまで来たぁ! インドの最安 Android スマフォは、ほんとうに 14ドルで販売されるのか?
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B 規模へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
 

Comments Off on インド の Micromax から ノートPC がデビュー:Intel Atom 4-Core と Windows 10 が搭載され、なんと US$157 という価格だ!

激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on November 25, 2015
India to overtake US next month with 402 million internet users
Malavika Velayanikal – Nov 18, 2015
https://www.techinasia.com/india-overtake-us-with-402-million-internet-users/
 
_ tech in asia
 
The number of internet users in India will reach 402 million next month, nearly 50 percent more than what it was last year, according to a study by the Internet and Mobile Association of India (IAMAI) and IMRB International. With the latest surge, India will overtake the US to have the second-largest internet user base in the world, next only to China. This will be music to the ears of mobile and internet-based businesses targeting the fast-growing digital market in India.
 
India のインターネット・ユーザー数だが、2015年12月には 4.02 億人に達し、前年同期との比較において 50% 増になると、 Internet and Mobile Association of India (IAMAI) および IMRB International の調査結果が伝えている。この急成長により、India は US を追い抜き China の後を追うという、世界で第二位のインターネット・ユーザー・ベースを手にすることになる。それは、India で急成長しているデジタル・マーケットを、モバイルとインターネットをベースに開拓している企業にとって、とても心地よい響きとなるだろう。
 
Mobile_IndiaFlickr
Maciej Dakowicz
 
It took a decade for India to move from 10 million internet users to 100 million, but only four years to quadruple that figure. The primary driver of this takeoff is the boom in affordable smartphones over the past couple of years. But two-thirds of India’s population remain outside the internet, and broadband availability is poor. Most people still access the internet on outdated 2G networks. So there’s a lot more scope for improvement in India’s digital infrastructure.
 
India においては、そのインターネット・ユーザーが、1千万人から1億人に増えるまでに、10年の歳月を必要としていたが、その後の僅か4年で、その数を4倍に増大したことになる。この急成長を支える主な要因は、この数年にブームを引き起こした、廉価版スマホとなるだろう。しかし、India の人口における 2/3 は、依然としてインターネット接続を持たず、また、ブロード・バンドの信頼性も低い。 さらに言えば、大半の人々が、旧世代の2Gネットワークで、インターネットにアクセスするという状況にある。したがって、India のデジタル・インフラを改善するためには、より広い視野で取り組む必要がある。
 
India Internet UasgeClick to Large >>>
 
Gender divide
 
There is also a stark gender divide, with less than 30 percent of internet users being women. The rate of growth among male and female users is roughly the same – 50 percent and 46 percent, respectively. But the good news is that urban India is seeing a faster growth in the number of female users (39 percent) compared to male users (26 percent).
 
インターネット・ユーザーに占める女性の割合が、依然として 30%未満に留まるという、手強いジェンダー格差がある。ただし、男性の場合は 50% で、女性の場合は 46% というように、両者の成長率はほぼ同じである。そして、Good News として注目すべきは、都市部での成長率で、男性ユーザー(26%)を女性ユーザー(39%)が上回っている点である。
 
In rural India, nearly 90 percent of internet users are male, and three-quarters of them are in the 18-30 age group.
 
しかし、農村部においては、インターネット・ユーザーの約 90% が男性で占められており、そのうちの 3/4 は、18〜30歳という年齢層に属する。
 
Mobile first
 
The report puts the number of mobile internet users at 284 million in October – that is over three-quarters of the 375 million total internet users last month. What’s more, a survey of non-users in 35 cities across India revealed that two-thirds of those who plan to access the internet will do so on mobile devices.
 
このレポートが指摘しているのは、この 10月におけるモバイル・インターネット・ユーザー数が、2.84 億人に達していることであり、また、全インターネット・ユーザー数である 3.75 億人の、3/4 を超えている点にある。しかも、India の 35都市で実施した、インターネット非利用者に対する調査では、約 2/3 の人々が、モバイル・デバイスを介して、近い将来にインターネット・アクセスを手に入れるとされている。
 
Tech startups rolling out a mobile-first or mobile-only strategy for the market in India appear to have got that right.
 
India マーケットにおいて、mobile-first もしくは mobile-only で取り組む、テック・スタートアップたちの戦略は、きわめて妥当だと思えるのだ。
 
ーーーーー
Asia Pacific昨年の今ごろに、「2015年の デバイス市場:中国の $1.8B に対して、インドは $4.8B の成長だ!」という抄訳をポストしましたが、そこに含まれるチャートを見れば、インド市場の成長力がひと目で分かります。そして、気になる中国との対比ですが、それに関しては、「中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!」を参照してください。昨年の春に、「インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される」という記事を見たときに、ものすごい衝撃を感じたのですが、こうした動きが原動力となり、ユーザー数という切り口で、ほんとうにインドが二位になってしまうのですね。驚くべき、成長力です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!
Facebook Lite というモバイル・アプリ:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
インドの Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで、なんと $140 なのだ!
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、10位にインドの Micromax が大躍進!
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
 

Comments Off on 激変のインターネット人口動態: インドが4億人に達し、二位のアメリカを追い抜く!

Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Huawei, Microsoft, Mobile, Research, Xiaomi by agilecat.cloud on June 7, 2015
Micromax ranks among world’s top 10 mobile makers: Gartner
PTI | Jun 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Micromax-ranks-among-worlds-top-10-mobile-makers-Gartner/articleshow/47526365.cms
 
_ Times of India
 
NEW DELHI: Homegrown handset maker Micromax ranks among the top 10 global handset vendors with 1.8 % market share during the January-March quarter, according to research firm Gartner.
 
NEW DELHI: Gartner のモバイル調査によると、India のハンドセット・メーカーである Micromax が、1月〜3月期に 1.8% のシェア獲得し、世界の Top-10 にランク・インしている。
 
Micromax
Gartner’s data showed the total sales (features and smartphones) stood at 460.3 million units during the first quarter of 2015, a 2.5% increase from the year-ago period.
 
今回の Gartner のデータは、グローバルにおけるガラケーとスマホの総出荷台数が、2015年 Q1 に 4億6000万台となり、前年比で 2.5% の成長を達したことを示している。
 
Korean firm Samsung led by tally with 21.3% share, followed by Apple (13.1%), Microsoft (7.2%), LG (4.3%) and Lenovo (4.2%). Others in the top 10 include Huawei (4%), Xiaomi (3.2%), TCL Communication (3.1 %), ZTE (2.7 %) and Micromax (1.8 %).
 
Korea の Samsung が、21.3% のシェアでトップとなっている。 そして、それを、Apple (13.1%)、Microsoft (7.2%)、LG (4.3%)、Lenovo (4.2%)、Huawei (4%)、Xiaomi (3.2%)、TCL Communication (3.1 %)、ZTE (2.7 %)、Micromax (1.8 %) が追う展開となっている。
 
Mobile Top-10 B“In light of their strong smartphone sales in the emerging markets, the Indian and Chinese phone manufacturers increased their footprint during the first quarter of 2015. Six of them were in the top 10 in the first quarter of 2015,” Gartner Research director Anshul Gupta said.
 
Gartner Research の Director である Anshul Gupta は、「力強いスポットライトが途上国マーケットに当たる中で、この India のメーカーと、いくつかの China のメーカーが、2015年 Q1 に勢力を増大させている。それらの 6社が、2015年 Q1 Top-10 に入っている」と述べている。
 
Global smartphones sales to end-users witnessed 19.3 % increase to 336 million units during the first quarter of 2015, led by strong growth in emerging markets (excluding China).
 
その一方で、グローバル・スマホの出荷数も、China 以外の途上国に引っ張られるかたちで、2015年 Q1 は 3億3600万台となり、19.3% の成長が達成されている。
 
The fastest growing regions were emerging Asia-Pacific, Eastern Europe and the Middle East and North Africa, Gartner said.
 
Gartner は、最も成長している地域として、Asia-Pacific および、Eastern Europe、Middle East、North Africa などを挙げている。
 
“During this quarter, local brands and Chinese vendors came out as the key winners in emerging markets. These vendors recorded an average growth of 73 % in smartphone sales and saw their combined share go up from 38 % to 47 % during the first quarter of 2015,” Gupta said.
 
Gartner の Gupta は、「この四半期において、それぞれの新興マーケットでは、ローカル・ブランドと China ベンダーが勝者となっている。それらのベンダーのスマホ販売は、平均で 73% という成長率を記録している。さらに言えば、それらのベンダーによるシェアの合計は、2015年 Q1 の間に、38% から 47% へと伸びている」と述べている。
 
Samsung had 24.2 % share of the global smartphone market in the January-March 2015 quarter, followed by Apple (17.9 %), Lenovo (5.6 %), Huawei (5.4 %) and LG (4.6 %).
 
このスマホの領域でも、Samsung が 24.2% でトップとなり、それを Apple (17.9 %)、Lenovo (5.6 %)、Huawei (5.4 %)、LG (4.6 %) が追いかけている。
 
ーーーーー
mobile_55ものすごいスピードで、世界は変化しているのですね。 この Top-10 からは、Blackberry と Nokia だけではなく、HTC と Mortorola と Sony も消えています。 そして、あっという間に、インドの Micromax が、リストアップされる規模へと成長しています。。。 それと、Microsoft の 3位というポジション(ガラケーを含む 7.2%)が、スマホの Top-5 入っていないというもの、とても興味深いです。 Nokia ブランドの 105 シリーズが売れているのでしょうか? この $20 ガラケー、、、使ってみたいです 🙂 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Micromax が放つ 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:しかも 84% がモバイル接続だ!
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する:それを示す1枚のチャート
 

Comments Off on Gartner のモバイル調査:1位 Samsung、2位 Apple、そして 10位にインドの Micromax が大躍進!

今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホとスペクトラム・オークション

Posted in Asia Weekly, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on April 4, 2015
Digital India の確立へ向けて、爆走する政府と市場・・・
 
cna-banner
 
今週の Cloud News Asia で目立っていたのは、インドにおける 3/31 の激安スマホの発表です。 まず、Micromax が Bolt S300 のオンライン販売を開始しましたが、価格は Rs 3,300 ($53) とのことです。 それに続いて、Asus が Zenfone 2 を 4月にリリースし、Xiaomi も廉価版スマホを 4/8 にリリースすると発表しています。
 
Smartphone in IndiaHarsh Agrawal
Flickr
 
また、その他の目立った動きとしては、3/29 に Xiaomi がスマホを店頭で販売すると発表しています。 ちょっと、中国国内の動きが見えませんが、海外でのオフライン販売となると、インドが始めてになるのでしょう。 そして、Motorola も同じような展開を見せています。
 
その一方で、スペクトラム・オークションに関連するニュースも数多く報道されていました。 その内容を、詳細まで把握できているわけではありませんが、全体のトーンとしては、渋々ながらも入札するテレコム各社を、インド政府が急かしているという感じがします。以下が、そのリストです・・・
 
3/18: Telcos may face funding blues
3/18: Spectrum windfall hits record Rs 1.07L crore
3/19: Spectrum wars: Vodafone takes on RJio
3/23: Spectrum auction kitty dips to Rs 1.05 lakh crore
3/25: Reliance Jio Infocomm reignites 2G spectrum battle
3/26: Telecom spectrum auction concludes after 19 days
3/27: India’s top three telcos spend Rs 85k crore in auction
3/29: Tata Tele a surprise with its strong bids in spectrum auction
3/30: Why Idea isn’t losing sleep over spectrum bill
3/30: How telcos fought the bruising battle for spectrum
4/1: Airtel, Idea, Vodafone partly pay their upfront amount
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 3/31: TCS, Infosys, HCL Tech, Tech Mahindra in race to buy US IT firm
IndiaWhile the Indian IT firms are getting aggressive in buying smaller ticket size companies in the US, sources with direct knowledge share that one such candidate, Sierra-Cedar with HQ in Georgia, US is close to launching a sale process soon. Valuation expectation for a complete sale of Sierra-Cedar is pegged at around $350 million, a source said.
 
② 4/2: Asia-Pacific Cyber Security Market 2015-2019 – Cloud-based Solutions
APACThe analysts forecast the Cyber Security market in the APAC region to grow at a CAGR of 15.15 percent over the period 2014-2019. Demand for cloud-based security solutions is one key trend emerging in this market. End-users prefer cloud-based security solutions because they are cost-effective and can be easily managed. Therefore, both large enterprises and SMEs in the APAC region are increasingly adopting cloud-based cyber security solutions.
 
③ 4/2: What is going on with Chinese EC site Wowo’s long-delayed IPO?
ChinaChinese ecommerce and daily deals site Wowo (also known as 55tuan) is having a bit of a bumpy ride on its way to the US market. Wowo has been planning a US IPO for some time now, and was originally scheduled to list on the NASDAQ under the tag WOWO back in February. But that date came and went without an IPO. So did a subsequent date in March. Now, the company is reportedly scheduled for an April 1 IPO. But there are signs that might not come off either.
 
④ 1/28: Inotera on schedule to transition to 20nm process technology
TaiwanInotera Memories is making progress in transitioning to a newer 20nm node technology, according to the Taiwan-based DRAM memory maker. Industry observers recently indicated that four-gigabit DDR4 memory is unlikely to become mainstream for PCs until the first quarter of 2016, due to some chipmakers’ difficulty in transitioning to 20nm process technology that requires huge capital investments. Micron Technology has been identified as one of the suppliers facing the difficulty.
 
⑤ 4/2: Microsoft to Offer Free Cloud Service to Chinese Start-ups
ChinaMicrosoft has announed it plans to offer 100 million yuan worth of free cloud-computing services and software tools to 100 Chinese startups. The promotion is seen as bid to bolster its cloud-computing business in China. The new initiative will be launched in the next 6-months. Start-ups involved will have access to Microsoft’s Azure cloud-computing service, software and development tools.
 
⑥ 3/28: Oracle to hire 1,000 in Asia-Pacific, 300 in India
IndiaBENGALURU: Global datebase software product major Oracle has announced that it would hire about 1,000 people across Asia-Pacific (APAC) to expand and strengthen its sales force in the region. “About 300 of the specialized sales force will be hired in India for cloud and the expansion will help us to drive growth and support demand for our cloud solutions across the region,” the US-based multinational said in a statement here.
 
⑦ 3/25: Cloud association study lifts the veil on Asia’s SMEs
APACIT is a mantra uttered so often that it has become a commonly accepted statement of fact: That Asia will power the new global economy. “It’s become such a buzz topic,” said Lim May-Ann, executive director of the Asia Cloud Computing Association, who spoke to Digital News Asia (DNA) in Manila. “If we accept that Asia is going to be the engine of the new economy, and also that 99.95% of companies in the region are small and medium enterprises (SMEs), then it stands to reason that SMEs are going to be the ones powering the new economy.
 
⑧ 3/14: Xiaomi MiPad and budget Redmi 2 set to launch in India
IndiaAt an event this morning in Delhi, Chinese gadget maker Xiaomi revealed that its tablet, the MiPad, and the updated version of its cheapest phone, the Redmi 2, are set to launch in India on March 24. The budget-oriented Redmi 2 first launched in China in January, while the MiPad dates back to May 2014.
 
⑨ 3/31: Spotify comes to PlayStation, replaces Sony’s Music Unlimited
JapanNEW YORK: Spotify is coming to the PlayStation, replacing Sony’s own Music Unlimited service, as the company continues to expand the game console into an entertainment hub beyond video games. Spotify hits the PlayStation 3 and 4 on Monday, with a new app adapted for large television screens. Sony says partnering with Spotify expands its music service to 41 countries, rather than the 19 available with Music Unlimited, and offers better tools for playlists and music discovery.
 
⑩ 3/31: NewSat forced to halt trading over satellite funding
TaiwanNewSat has been forced to halt trading on the Australian Stock Exchange as it continues to battle to have funding for its Jabiru-1 satellite project reinstated. The company revealed mid-last year that financing for the satellite project had been put on hold over “alleged technical or documentary breaches of financial facilities” related to the drawdown of its loan from Ever Tycoon.
 
ーーーーー
cna_6昨日 (4/3) のことですが、Venture Beat が「Google and Mozilla decide to ban Chinese certificate authority CNNIC from Chrome and Firefox」という記事をポストしていました。エジプトの MCS Holdings という中間認証局(CA)から発行された、不正なデジタル証明書が発見され、そこに CNNIC が関連しているため、Google と CNNIC が共同で調査を行ったとのことです、その結果、これから CNNIC が発行するルート証明書を、Google サービスでは認識しないことにし、それに Mozilla も追随するということです。 その一方では、Microsoft が中国のスタートアップに対して、無償でクラウド・サービスを提供したり、Github に対して中国から大規模な DDoS が仕掛けられたりと、この二国の間に、さまざまな出来事が起こっています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き
今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る
 

Comments Off on 今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホとスペクトラム・オークション

今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る

Posted in Asia Weekly, Patent by agilecat.cloud on March 1, 2015
Ericsson の矛先は、Apple にまで及ぶのか・・・
 
cna-banner
 
今年に入ってからですが、インドの高裁が OnePlus と Xiaomi に差し止めの命令を出すという、ちょっと異常な事態が発生しています。 ちょうど、Micromax が立ち上がるときであり、国内産業の露骨な保護が始まったのかと思いましたが、この段階では、そこまでの話ではなかったようです。
 
China Indiaまず、OnePlus への差し止めですが、独自の Andriod OS バージョンを開発する CyanogenMod という ROM メーカーが、インド市場での独占権を Micromax に与えたことが背景にあります。 そのため、インド進出に取り組んでいた OnePlus が、出鼻をくじかれるという状況に陥っています。
 
もう一方の Xiaomi ですが、こちらの相手は超大物の Ericsson です。 なにやら、Xiaomi のデバイスをインドで売ると、Ericsson の特許に抵触するとのことで、Xiaomi も高裁の判断に従っているようです。 しかし、並行輸入業者だと思うのですが、そのラインから Xiaomi のデバイスが流れ込んでいるらしく、その業者を Xiaomi が訴えるという事態になっているようです。
 
そうなると、シンガポールやインドネシアはどうなるの? ・・・という疑問が湧いてきますが、アメリカでのビジネスを準備中の Xiaomi が、スマホ自体の販売は先送りする背景には、この Ericsson との特許問題があるのかもしれませんね。そんなことを考えていたら 「Ericsson seeks US iPad, iPhone ban as it sues Apple over patents」というニュースが Gigaom から報じられました。 斜め読みすると、2G および 4G/LTE に関する Ericsson の特許に、iPhone/iPad が抵触することは Apple 自身も認めているのですが、その対価が法外であるため交渉中だと主張しているようです。
 
11/30: Micromax-Cyanogenmod Tie up, Put OnePlus One at Stake in India
12/03: OnePlus One arrives in India, ready to battle Xiaomi and Micromax
12/24: OnePlus-Micromax dispute: HC reserves verdict
12/24: Our operating system is different from that of Micromax: OnePlus
ーーーーー
02/07: Ericsson accuses Xiaomi of violating HC order
02/07: Xiaomi blames rogue reseller for reigniting legal troubles in India
02/22: Xiaomi to take legal action against websites selling its phones illegally
 
ーーーーー
 
以下は Top-10 です・・・
 
① 2/21: Lenovo caught pre-installing adware on laptops
ChinaComputer giant Lenovo has come under fire from users and security pundits after its consumer laptops were found to contain pre-installed adware/malware which could be used to intercept and hijack encrypted Transport Layer Security communications in Microsoft Windows. The ‘Superfish’ adware is a third-party application that was, until last month, installed on all Lenovo consumer laptops.
 
② 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
③ 2/21: Re-skilling, not layoffs, will address new challenges: Infosys
IndiaMUMBAI: Even as the furore over layoffs in the IT sector is yet to die down, Infosys has said re-skilling talent is the answer to rapidly changing technologies in the software landscape. “It is not that there are tens and thousands of people (available) with experience in new technologies. The idea is to re-skill people. If technology changes and people don’t have those capabilities, you’ve to re-skill them and re-orient them,” Infosys, Chief Operating Officer, Pravin Rao said on the sidelines of an industry event last week.
 
④ 2/26: iiNet, DBC face three-week wait for piracy ruling
AustraliaiiNet and Dallas Buyers Club face a three-week wait to find out whether the rights holder can obtain the names and residential addresses of almost 5000 people it claims downloaded its movie without paying last year. In the final hearing of a preliminary discovery trial between the rights holder to the Dallas Buyers Club film and the internet service provider, Justice Nye Perram today withheld his judgment for three weeks on whether iiNet should hand over the customer details.
 
⑤ 2/21: India 2015: IT-ITeS industry seeks clarity on Rs 10k-crore
IndiaHYDERABAD: The local IT and ITeS industry has sought more clarity on the Rs 10,000-crore startup initiative announced by the Centre in last Budget. The industry here is also keen on tapping the potential of ‘Make in India’ initiative. “Hyderabad is very well positioned for the ‘Make in India’ initiative as the city has a strong presence in defence and aerospace besides pharma & lifesciences,” said Ramesh Loganathan, Vice President and MD, Progress Software and President of Hyderabad Software Enterprises Association.
 
⑥ 2/25: Airtel, BSNL to sign pan-India roaming pact
IndiaNEW DELHI: Telecom operators Airtel and BSNL are likely to sign a pan-India roaming pact within a month to strengthen their 2G mobile services in areas where either of them is having a weak or negligible presence. “We are soon going to sign a pan-India intra-circle roaming agreement with Airtel with a focus to strengthen coverage in rural areas. Commercials are being worked out. This is most likely to signed within a month,” BSNL Chairman and Managing Director Anupam Shrivastava told PTI.
 
⑦ 2/26: Jakarta to develop mobile app to track bus arrivals
IndonesiaJakarta’s public bus operator TransJakarta will develop a mobile app for people to track the arrival times of buses at bus stops. The app will allow people to track the location of bus drivers and estimate when buses will arrive at the bus stops, said Steve Kosasih, CEO of TransJakarta. The city will work with the makers of a popular delivery tracking app, Go-Jek, and will use the same system for the bus app. Go-Jek allows people to track the location of their deliveries through the GPS on the drivers’ smartphones.
 
⑧ 2/18: Samsung Galaxy S4 gets a big price cut
KoreaNEW DELHI: Samsung’s 2013 flagship smartphone, Galaxy S4, has got another price cut ahead of the expected unveiling of the Galaxy S6 in March. The phone is available online on Amazon.in at Rs 17,999 in both white frost and deep black colour variants. It was previously available at Rs 21,900. Samsung’s official online store is still selling the phone at the old price. It’s worth mentioning that Amazon is also offering a Rs 1,000 gift card with the purchase of the phone.
 
⑨ 2014: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑩ 2/24: NextDC takes customers on ExpressRoute to Microsoft Azure
AustraliaDatacentre-as-a-Service provider, NextDC (ASX:NXT), has inked an agreement with Microsoft for direct connectivity to Azure via ExpressRoute from its Melbourne, Sydney, Brisbane, Canberra and Perth data centres. ExpressRoute will connect NextDC customers directly to Azure through a private, high speed, low latency fibre connection rather than a general internet-based connection.
 
ーーーーー
cna_6冒頭で、インド政府の国内産業保護について触れましたが、この週末に「India Budget 2015: Imported mobile, tablets price may go up, local producers gain」という記事がポストされていました。一言でいって、海外から輸入されるスマホへの関税を引き上げるようですが、MictomaxKarbonn などが育ってきたタイミングで、このような政策を打ち出して、中国からの影響を排除していくのは、当然のことなのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する

Comments Off on 今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る

2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 26, 2015
Android powers 81.5% of smartphones globally: IDC
AFP – Feb 25, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Android-powers-81-5-of-smartphones-globally-IDC/articleshow/46366055.cms
 
_ Times of India
 
Google Android dominated the global smartphone market in 2014, holding an 81.5% market share, with Apple’s iOS second and no strong third player, market tracker IDC said.
 
Google の Android は、2014年のグローバル・スマホ市場を、81.5% シェアで支配した。それに続くのは Apple の iOS であるが、第三のプレイヤーは存在感に乏しいと、マーケット調査会社である IDC は述べている。
 
Android
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million.
 
Despite Apple’s late surge on its newly released iPhones, the California giant saw its market share for the year drop slightly to 14.8%. The fourth quarter was better for Apple as it claimed 19.7%, IDC data showed.
 
新しくリリースされた iPhone により、直近では Apple が市場を賑わしているが、この California の巨人のシェアは 14.8% であり、前年比で多少だが下落している。ただし、2014年 Q4 のシェアは 19.7% であり、Apple にとって素晴らしいものであったと、IDC のデータが示している。
 
With Android and iOS holding some 96% of the market, there has been little progress from alternative platforms, with Windows Phone losing momentum and BlackBerry nearly disappearing, IDC said.
 
Android と iOS を合わせると、マーケットの の 96% に達してしまう。そして、Windows Phone は勢いを失い、BlackBerry は消えつつありという具合に、代替となるプラットフォームには、ほとんど進展が見られなかったと、IDC は述べている。
 
“Instead of a battle for the third ecosystem after Android and iOS, 2014 instead yielded skirmishes, with Windows Phone edging out BlackBerry, Firefox, Sailfish and the rest, but without any of these platforms making the kind of gains needed to challenge the top two,” said Melissa Chau, an IDC analyst.
 
「 Android と iOS に続く、第3 のエコシステム争いどころか、Windows Phone と BlackBerry と Firefox と Sailfish などが小競り合いしただけというのが、2014年の特徴であった。そして、これらのプラットフォームのすべてが、Top-2 に挑戦するために必要な力を得られなかった」と、IDC のアナリストである Melissa Chau は述べている。
 
“This isn’t to say that vendors aren’t making moves, especially for the growth segments — the low-end markets. With Microsoft bringing ever-cheaper Lumia into play and Tizen finally getting launched to India early this year, there is still a hunger to chip away at Android’s dominance.”
 
「 ただし、それらのベンダーが、成長の著しいローエンド市場へ向けて、まったく動きを見せていないと言うわけではない。Microsoft は最も安価な Lumia を投入し、今年のインドでは Tizen も立ち上がっている。つまり、Android 独占している市場を、貪欲に削り取ろうとしているのだ」
 
IDC said Android phone makers sold over one billion handsets of the 1.3 billion delivered globally, with Apple selling 192 million. Windows phone saw its market share slip to 2.7% in 2014 from 3.3% a year earlier. And BlackBerry managed just 0.4%, sliding from 1.9% in 2013.
 
IDC が言うには、Android フォンのメーカーたちは、グローバルで 13億台以上のデバイスを販売し、それに続くApple は 1.92億を販売したことになる。 Windows Phone のシェアは前年の 3.3% から、2014年は 2.7% に下げている。BlackBerry は、2013年の 1.9% から、わずか 0.4% へと下げている。
 
ーーーーー
mobile_55Android と iOS で 96% というのは、とても興ざめという感じがしますが、Agile_Cat 的に気になるのは、この Android の内訳なのです。 つまり、Google Play にアクセスする純正 Android 派と、Xiaomi などの AOSP 派の比率に、一番に注目したいと思っています。 途上国のローエンド市場では、それほど純正 Android が伸びているはずもなく、また、Android を一括りにしてしまうのも、実態から乖離していると思えるのです。 昨年は、2月7日の「 Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか? 」というポストで、それが明らかになっていたのですが・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人?
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使用!
TD-LTE がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

Comments Off on 2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!

iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Mobile, Research, Samsung by agilecat.cloud on February 11, 2015
Apple is taking 93% of the profits in the smartphone industry now
http://wp.me/pwo1E-8iD
Jay Yarow – Feb. 9, 2015
http://www.businessinsider.com/apple-is-taking-93-of-the-profits-in-the-smartphone-industry-now-2015-2
 
_ Business Insider
 
Apple is basically the only company making money from smartphones anymore.
 
もはや、スマホから利益を生み出す企業は、Apple だけになっている。
 
Every quarter, Canaccord Genuity analyst Michael Walkley takes a look at the state of the profits of smartphone companies. This quarter, Walkley found Apple had a record breaking 93% of the industry’s profits.
 
Canaccord Genuity のアナリストである Michael Walkley は、デバイス・メーカーたちの利益に関して、四半期ごとにデータをまとめている。そして、2014年 Q4 においては、全スマホ業界の利益の 93% を、Apple が手にするという記録が達成されたとしている。
 
smartphone-profits-2014-q4
BI Intelligence
 
Apple is always the leader, but for a short while, it looked like Samsung was going to catch Apple. Those days are long gone. Apple has blasted away from the pack.
 
この統計において、Apple は常にリードし続けてきたが、一時的には Samsung が追いつくようにも思われていた。 しかし、いまとなれば、それも終わっている。 つまり、Apple は、その戦いから抜けだしたのだ。
 
Samsung’s share of the industry’s profits is down to 9%, its lowest point since 2008 as its profits crater. Samsung is under attack from Apple at the high end with the iPhone 6 and 6 Plus, which both have big screens.
 
Samsung の利益は、この業界の 9% に過ぎず、2008年以降における最大の落ち込みを記録している。ハイエンド市場で Apple と戦う Samsung は、大型スクリーンの iPhone 6 および 6 Plus に攻め立てられているのだ。
 
It’s also under attack at the low-end from cheap Chinese phone makers like Xiaomi. Walkley doesn’t have Chinese phone maker Xiaomi in his table, saying, “since Xiaomi is a private company, we are unable to get their sales and profit metrics. If I could get their profit metrics, then I would certainly include.”
 
Samsung はローエンド市場においても、China の Xiaomi などのメーカーから攻められている。ただし、Walkley のデータには、Xiaomi が入っていない。そして、「 Xiaomi は未上場企業であるため、同社の売上と利益に関するデータが取得できない。 もし、Xiaomi の指標が得られるなら、ただちに取り込みたい」と、Walkley は述べている。
 
Apple sold 74.5 million iPhones last quarter, generating roughly $12.6-$13.5 billion in profits.
 
2014年 Q4 において、Apple は 7450 万台の iPhone を販売し、$12.6-$13.5 billion ほどの利益を手にしている。
 
ーーーーー
mobile_55Mobile OS 2015-01いわゆるハイエンド・スマホ市場は、Apple が独占していくという展開なのでしょうね。 そして Samsung のモバイル・デバイス部門は、2014年 Q4 の収支で、前年比 64% ダウンという状況に陥ったようです。 その一方で、昨年の秋ごろから、スマホの価格帯を 30% も引き下げるという方針を打ち出しているようです。ということは、Samsung も薄利多売の戦略に切り替えるのかもしれません。 とはいえ、次期 iPhone のチップに関しては、メイン・サプライヤーのポジションを確保したようであり、iPhone が売れると Samsung も儲かるという図式は維持されそうな感じです。 こうしたハイエンド機に縁のない Agile Cat にとっては、雲上の戦いに見えてしまうのですが、それにしても業界の 93% というのはスゴイです。 そして、iPhone と Android Phone のトラフィックを比較してみると、このチャート(クリックで拡大)が示すように、Apple とは異なるビジネス・モデルが動いているように思えるのです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple App Store 対 Google Play:アプリのタイトル数で G が A を逆転したが・・・
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが?
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
 
 

Comments Off on iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める:それを示す1枚のチャート

%d bloggers like this: