Agile Cat — in the cloud

Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!

Posted in Asia, Huawei, Mobile, Xiaomi by agilecat.cloud on August 22, 2015
Xiaomi reportedly developing ARM solutions, paper says
DIGITIMES: Kai-Ti Chiang, jessie Shen – Aug 5, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/08/06/xiaomi-reportedly-developing-arm-solutions-paper-says-cloud-cloudcomputing-xiaomi-arm-smartphone/
 
_ Digi Times
 
Xiaomi is engaged in the development of mobile processors based on the ARM chip architecture, and is expected to have the first in-house developed chips for handsets in early 2016, a 21st CenturyBusiness Herald report quoted sources from China’s handset industry as saying.
 
Xiaomi だが、ARM チップ・アーキテクチャをベースにした、モバイル・プロセッサの開発に取り組んでいるようだ。そして 2016年の初頭には、最初の自社開発チップを搭載するモバイル・デバイスを、マーケットに投入すると予測されている。China モバイル業界の情報筋からのウワサを引用するかたちで、21 Century Business Herald が、このように報道している。
 
Xiaomi Mi4Xiaomi has obtained the right to gain access to ARM processor technology, the report said. The report did not say specifically whether Xiaomi has an in-house chip design team.
 
このレポートは、ARM プロセッサ・テクノロジーにアクセスする権利を、すでに Xiaomi が取得していると述べている。ただし、Xiaomi 社内における、チップ・デザイン・チームの有無については、具体的に言及していない。
 
ARM disclosed recently that it has signed a new subscription licence with a major Chinese OEM which would underpin its future royalty revenue growth. Xiaomi has been identified as ARM’s new OEM partner.
 
最近のことだが、ARM のサブスクリプション・ライセンスが、China の主要 OEM ベンダーに提供されたという情報が開示されている。それにより ARM は、将来におけるロイヤリティ収入の成長を支えていくことになる。そして、もちろん Xiaomi も、ARM の新しい OEM パートナーとしてリストアップされている。
 
Nevertheless, Xiaomi already reached a deal with Leadcore Technology allowing the phone maker to get access to the chip designer’s technology patents. A May 18 EETimes report quoted a Leadcore executive as saying that “Xiaomi wants its own custom-designed processors to differentiate its products and control its destiny.” Leadcore is working with China’s fastest growing smartphone company on product, technology and patent, the EETimes report said.
 
その一方で、すでに Xiaomi は Leadcore Technology との粉タクトを開始しており、このチップ・テクノロジー・デザイナーの特許を取得するようだ。 5月18日の EE Times は、Leadcore の幹部の発言を引用するかたちで、「 Xiaomi は、プロダクトの差別化を促進するための、カスタム・デザインされたプロセッサを、社運をかけて手に入れようとしている。Leadcore は、すばらしい勢いで成長を遂げている、この China のスマートフォン・べンダーと、プロダクト/テクノロジー/パテントの面で協業していく」と報じている。
 
Qualcomm’s and MediaTek’s solutions have been mainly used by Xiaomi and other Android phone makers.
 
これまで、Xiaomi を含む Android フォン・メーカーたちは、主として Qualcomm および MediaTek のソリューションを用いてきた。
 
Leadcore, wholly-owned by China’s Datang Telecom Technology and Industry Group, designs and develops SoC solutions for smartphones and tablets.
 
そして、この Leadcore とは、China の Datang Telecom Technology and Industry Group が所有する、スマートフォン/タブレット用の SoC ソリューションを設計/開発している企業なのである。
 
ーーーーー
Asia Pacificよく言われるように、スマホ・ビジネスで利益を出しているのは Apple と Samusung だけという状況です。 その一方で、チップ・サプライヤーである Qualcomm と MediaTek が大きな利益を出しているという現実があります。 つまり、オリジナルのチップを持てない企業は、いくら売上を伸ばしても、利益をチップに吸い上げられてしまうのかもしれません。 そして、中国では、この Xiaomi 以外にも、Spreadtrum および、Huawei の 子会社である HiSilicon などが Mobile AP (Application Processor) の設計/開発に着手しています。 この、中国とアジアの巨大なマーケットが、モバイル・ビジネスの常識を、根本から覆していく様が見えてきますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:勢力図をチャートで!
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
 

Comments Off on Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!

今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

Posted in Asia Weekly, Patent by agilecat.cloud on February 14, 2015
グローバル市場へ向けて、ついに 中国が攻勢をかけ始めた ・・・
 
cna-banner
 
今週のアジアの動きで注目すべきは、なんと言っても、中国における Qualcomm のアンチ・トラスト問題でしょう。総額で $975m という罰金とは、日本円だと 1150億円であり、この種の支払いとしては最大級のものになるようです。 Reuter も、ITPro も、CNet も、3G/4G に関する特許を、つまり、通信方式に関する特許を、他の特許と分離することになったと報じていますが、その背景には、Qualcomm の複雑なライセンス体系があるようです。 12/27 の ZDNet 「Qualcomm asked to lower patent fees amid China’s antitrust probe」は、以下のように伝えています。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAーーー Bloomberg によると、これまでの5年間において Qualcomm は、US$30.5 billion というライセンス料を稼ぎだしてきた。そして、同社のライセンス構造を変更する必要がなければ、より高額な罰金を支払うと申し出ていたが、中国政府により拒否されたようだ。それにより、Qualcomm の顧客にクロスライセンス契約を強制し、他の Qualcomm 顧客との間でのロイヤルティ支払いを制限するという、同社のライセンス方式を阻止された。このチップメーカーは、顧客を侵害訴訟から保護するという、独自の自特許モデルを維持することで、大きな恩恵を被っていたとされている。ーーー
 
そして、2/13 の MIS Asia 「Qualcomm may face probe into business practices in South Korea 」には、Qualcomm に対するアンチ・トラストの調査が、韓国でも開始されると伝えています。 その一方で、Jagran 「Qualcomm deal sparks China smartphone patent skirmishes」は、ZTE が自らの特許権を主張し始めたと報じています。 2月6日にポストした、「 TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか? 」という抄訳では、TD-LTE の勢いが強まっていることをお伝えしましたが、今回の動きは、その知的財産権にまで、中国が影響力を発揮するという展開になっています。 おそらく、その先にある、グローバル市場を見据えているのでしょう。 いったい どうなるのか、興味津々ですね。
 
なお、以下のリストは、Cloud News Asia における Qualcomm 関連のポストです。こうしてみると、中国と韓国以外にも、台湾の MediaTek や TSMC などが、微妙に絡み合っているように思えてきます。
 
5/14: Qualcomm plans to shift 20nm orders from TSMC to Samsung or Globalfoundries
6/18: Qualcomm Will Sell Customized Chips For Chinese Mobile Market
6/20: Qualcomm far ahead of Marvell and MediaTek in China LTE market
9/21: Chinese regulator urges Qualcomm to help local companies make money
9/30: Chinese vendors may surpass international vendors in TD-LTE shipments
12/21: Qualcomm, MediaTek to diversify foundry sources, say industry watchers
12/29: China’s antitrust regulator says Qualcomm case to be settled soon
1/14: China’s anti-trust investigation into Qualcomm has concluded
1/15: TSMC to face tough questions on Qualcomm orders
1/30: Samsung Dropping Qualcomm Snapdragon For Galaxy S6
2/11: Qualcomm settles monopoly charges in China with $975M payout
2/11: China fines Qualcomm US$975 mil. in antitrust case
 
ーーーーー
 
以下は、今週の Top – 10 です・・・
 
① 2/2: Fujitsu Perth data centre suffers power outage
 
AustraliaFujitsu’s Perth data centre suffered a major power outage on Sunday following fierce thunderstorms, affecting customers including WA Health. The company’s general manager of data centre service, Michael Gunton, told iTnews that the Malaga facility experienced two incidents during storms that swept across the metropolitan area. He said the first incident lasted 1.5 hours and saw the WA fire brigade attend the facility.
 
② 2/5: TSMC to offer InFO-WLP technology for 16nm, eyeing Apple
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) will have its backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology ready for 16nm chips, eyeing orders for Apple’s A10 processors, according to industry sources. TSMC with its 20nm process successfully grabbed orders for Apple’s A8 processors. Samsung Electronics had been the exclusive supplier of processors to Apple before TSMC joined the supply chain.
 
③ 2/9: Foxconn to shut down Chennai unit on February 10
 
IndiaCHENNAI: Taiwanese phone-part manufacturer Foxconn, which had suspended its Chennai operations has floated a severance package for the 1,306 workers at the Chennai plant, and told them that February 10 will be the last working day. Foxconn had wound up its plant after its sole Chennai client Nokia had downed shutters in Chennai. Employees have time till February 9 to decide on the offer, delaying which workers will receive a severance amount prescribed by labour laws the next morning.
 
④ 2/8: Airtel denies talks of merger with Orange
 
IndiaNEW DELHI: Bharti Airtel, the world’s fourth-largest mobile phone operator, has denied a news report of talks with France’s largest phone company, Orange SA, for a possible merger of its African assets, although people familiar said both companies had earlier been involved in deliberations which fell through.
 
⑤ 12/1: Perth to Singapore SEA-ME-WE-3 cable severed again
 
SingaporeThe SEA-ME-WE-3 cable linking Perth to Singapore was once again cut last night and will undergo repairs. According to an iiNet fault notice, the cable was broken at 11.45 pm WST yesterday. The provider is advising that customers may experience higher than usual latency or delays in web speeds, particularly between some international destinations.
 
⑥ 2/8: Malaysia must centralise cyber security, says Communications Minister
 
MalaysiaMalaysia needs to place all agencies responsible for cyber security under one ministry to better coordinate responses to threats, the Communications and Multimedia Minister said. Currently, the agencies protecting the government systems are under different ministries. “They should be coordinated,” said Datuk Seri Ahmad Shabery Cheek.
 
⑦ 2/12: Alibaba’s global-facing ecommerce site AliExpress launches localized Indonesian service
 
IndonesiaAlibaba announced today that AliExpress, the company’s global-facing ecommerce site, has localized for better service in Indonesia. While id.aliexpress.com has been active for some time (Tech in Asia spotted it back in October), today marks its official coming out party in the eyes of the company.
 
⑧ 2/10: Google to cultivate digital advertising talent in Taiwan
 
TaiwanGoogle will begin to implement its Digital Mars Initiative, a plan to cultivate young digital marketing professionals in Taiwan, in March 2015, according to Google Taiwan managing director Chien Lee-feng. Google will allow new university or college graduates to register for free training courses on Google AdWord certification provided by Google in March and select 1,200 trainees for qualification examinations based on their digital marketing proposals, Chien said.
 
⑨ 2/2: Toshiba reportedly in talks with Nanya to form strategic alliance
 
Image3.gifToshiba has approached Nanya Technology to discuss about a potential partnership, and proposed a US$1 billion offer to invest in the Taiwan-based company, according to industry sources. Alternatively, Toshiba may end up buying US$1 billion worth of production equipment for Nanya and outsouce production to the Taiwan-based DRAM maker, the sources said.
 
⑩ 2/6: SK hynix, Toshiba to jointly develop chip tech
 
Image3.gifSK hynix agreed with Toshiba of Japan to jointly develop nano imprint lithography (NIL) technologies, the company announced Thursday. “SK hynix has entered into an agreement with Toshiba on joint development of NIL. Engineers from the two firms will start development of core technologies for the process at Toshiba’s complex in Yokohama, Japan,” said SK spokeswoman Park Seong-ae in a statement.
 
ーーーーー
cna_6昨日の Channel News Asia ですが、Bill Gates が訪中し、Minister of Science and Technology である Wan Gang と会談するというニュースが報じられていました。 この、中国における アンチ・トラスト問題は Qualcomm に限ったことではなく、Microsoft の CEO である Satya Nadella も、この件で何度か訪中しています。6億人とも言われるインターネット人口が作り出す、膨大な内需に支えられた 中国が、グローバルにおける覇権争いに参戦してきたと、捉えるべきなのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?

 

Comments Off on 今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う

Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Strategy by Agile Cat on September 13, 2013

Mark Zuckerberg on Internet.org: Connectivity key to socio-economic balance
http://wp.me/pwo1E-6CO

Nancy Dunham – Aug 29th, 2013
http://www.insidefacebook.com/2013/08/29/connectivity-key-to-socio-economic-balance-says-zuckerberg/

_ Inside Facebook

 

In a wide-ranging interview with Wired, the Facebook co-founder and CEO says that the goal is possible to meet in as few as 3 to 5 years, if governments, businesses and other stakeholders work together on the initiative dubbed Internet.org. It would be a mistake to rely solely on altruism or one entity to meet the goal, he says.

Wired との広範囲におよぶインタビューで、Facebook の Co-Founder CEO は、政府と民間における利害関係者たちが 、Internet.org を協力して推進していくなら、わずか 3年〜5年ほどで、その目標は達成できると述べている。ただし、目標を達成するために、利他的な考え方や組織だけに頼るのは間違いだろうと、彼は言う。

Mark Zuckerberg is out to change the world through building an infrastructure that will open connectivity to everyone.

The main stumbling block to connectivity is cost. No matter how low the price of mobile phones and other devices, Zuckerberg notes the price tag on data transmissions makes the technology unaffordable for many, thus limiting potential knowledge bases:

コネクティビティにおける主要な障害は、コストである。モバイル・フォンなどのデバイスを、いかに低価格にしようとも、データ転送の料金が、多くの人々からテクノロジーを遠ざけてしうまうと、Zuckerberg は指摘する。その結果として、ナレッジ・ベースの可能性が制限されてしまう:

A transition naturally has to take place. I taught at a local middle school this year, and a lot of students there didn’t have access to the Internet at home. So there’s a lot of work we need to do in the U.S. It won’t be like, ‘Snap your fingers, everyone has the Internet, and now the world is fixed.’ The Industrial Revolution didn’t happen in a decade, either. You need a foundation so that the change can happen.

この移行は、自然に行われるべきである。今年、私は地元の中学校で教壇に立つチャンスを得た。 しかし、そこで知ったのは、多くの生徒の自宅では、インターネットにアクセスできないという事実であった。したがって、私たちは、アメリカのために、実施していくべき作業を、数多く抱えていることになる。つまり、「 スナップ・フィンガー・チップで、誰もがインターネットにつながり、世界の問題が解決される」というふうにはならないのだ。産業革命は、この10年も、起こり得なかった。 変化を起こすためには、基板が必要なのだ。

Zuckerberg predicts that the next century will usher in a ‘knowledge economy’ that will replace the industrial, resource-based economy. That will even socio-economic disparities, he says:

Zuckerberg は、次の世紀から、産業/資源に立脚した経済を、知識の経済が置き換えが始まると予測する。それは、社会経済の衝突でもあると、彼は言う:

If you know something, then you can share that — and then the whole world gets richer. But until that happens, there’s a big disparity in wealth. The richest 500 million have way more money than the next 6 billion combined. You solve that by getting everyone online, and into the knowledge economy — by building out the global Internet.

あなたが何かを知っているなら、それを共有できる。 そして、世界の全体が豊かになる。それが起こるまで、大きな富の格差が生じるだろう。裕福な 5億人は、金を稼ぎだす方法を知っている人たちであり、その他である 60億人の人々の、総資産よりも多くの富を手にする。すべての人々がオンラインにつながるよう、そして知識の経済に参加できるようにすれば、この問題は解決される。 つまり、グローバル・インターネットを構築することによって。

Internet.org

Want to learn more about Mark Zuckerberg’s goal to connect the world?

Facebook joins Nokia, Ericsson, Qualcomm, others, to form Internet.org
3 simple business steps to prepare for the 5 billion additional mobile phone Facebook users thundering your way
Zuckerberg: Internet.org Not About Making Money

ーーーーー

image13以前にも、この Internet.org に関しては、『 Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた! 』という抄訳で、その成り立ちをご紹介しています。そこで、Zuck は ーーー この 9年の間、私たちは、世界を接続するというミッションに取り組んできた。 そして、いま、10億人以上と接続を果たしているが、次の 50億人と接続するには、はるかに大きな問題を解決する必要がある。 つまり、それらの人々の大半は、インターネットにアクセスできない状況にあるのだ ーーー と述べています。とても興味深い試みであり、ぜひ、成功してほしいと思います。Image(282)

ーーーーー

<関連>

Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
世界の LTE 人口 が、ついに 1億人に届いた!
LTE で 超高速ワイヤレス : ブロードバンド接続も不要になる?
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?

Comments Off on Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる

Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Mobile, Network, Post-PC, Qualcomm, Strategy by Agile Cat on August 23, 2013

Mark Zuckerberg launches Internet.org to connect ‘the next 5 billion’
http://wp.me/pwo1E-6wy

August 20, 2013 9:35 PM –
Christina Farr
http://venturebeat.com/2013/08/20/mark-zuckerberg-launches-internet-org-to-connect-the-next-5-billion/

_ VB Business

Facebook CEO Mark Zuckerberg and a slew of partners just launched Internet.org to bring digital connectivity to the world.

Facebook の CEO である Mark Zuckerberg と、たくさんのパートナーたちが、デジタル・コネクティビティを世界にもたらすために、Internet.org を立ち上げた。

According to a press release, the founding members of the initiative include Facebook, Ericsson, MediaTek, Nokia, Opera, Qualcomm and Samsung. These technology giants have committed to developing joint projects, sharing knowledge, and mobilizing governments.

プレス・リリースによると、このイニシアチブの創立メンバーには、Facebook および、Ericsson、MediaTek、Nokia、Opera、Qualcomm、Samsung などが含まれる。これらのテック・ジャイアントたちは、共同プロジェクトの立ち上げと、ナレッジの共有、行政のモバイル化を約束している。

Code.org

Aside from the societal benefits of bringing access, Facebook has plenty to gain from Internet.org. It’s a massive customer acquisition and expansion plan. Currently, one in seven people in the world use the social network. That number would drastically increase if the four billion people who live in poverty or in rural areas were granted Internet access.

Internet.org は社会的な利益をもたらすが、それとは別に Facebook は、この動きから大きなメリットを得ることになる。つまり、大量の顧客の獲得と、計画の大幅な拡張である。現時点において、世界の 7人に 1人が、ソーシャル・ネットワークを使用している。貧困地帯や農村部で生活する 40億人とも言われる人々が、インターネットへのアクセスを手にするなら、その数が大幅に増加するだろう。

Zuck announced the news on a rare Facebook status update this evening, which amassed thousands of likes in mere seconds. He wrote:

Zuck は、彼にしては珍しい夕方の Facebook ステータス・アップデートで、このニュースを発表したが、数秒のうちに何千もの Like が寄せられていた。 彼は、以下のように書いている:

For nine years, we’ve been on a mission to connect the world. We now connect more than 1 billion people, but to connect the next 5 billion we must solve a much bigger problem: the vast majority of people don’t have access to the internet.

この 9年の間、私たちは、世界を接続するというミッションに取り組んできた。 そして、いま、10億人以上と接続を果たしているが、次の 50億人と接続するには、はるかに大きな問題を解決する必要がある。 つまり、それらの人々の大半は、インターネットにアクセスできない状況にあるのだ。

“I’m focused on this because I think it’s one of the greatest challenges of our generation. I’ve attached a rough plan I’ve written outlining the work Facebook is doing to solve this and how our industry can work together to connect the next 5 billion people.”

『 この問題にフォーカスするのは、私たちの世代にとって、最大のチャレンジだと考えるからだ。私がアタッチしたラフ・プランは、この問題を解決するために Facebook 行うべきこと、そして、次の 50億の人々を接続するために、この境界が協調していく方法である 』

image1For those who are curious about the specifics, Zuckerberg admitted that he only has a “rough plan.” However, the New York Times reports that the primary goal for the project is to cut the cost of delivering Internet services on mobile phones, particularly in the developing world. The group intends to develop new business models that would allow phone companies to provide simple services like e-mail, and of course, access to social networking sites like Facebook or Twitter at no charge.

その詳細について、興味を持つ人々のために、Zuckerberg は『たラフ・プラン』しか持っていないことをを認めている。しかし、New York Times は、モバイルフォンにインターネット・サービスを提供するためのコストを、とりわけ途上国において削減することが、このプロジェクトの主要な目標だとレポートしている。このグループは、電子メールのようなシンプルなサービスを、そして、もちろん、Facebook や Twitter といったソーシャル・ネットワークを、無償で提供できるようにするための、新たなビジネス・モデルを開発しようとしている。

Indeed, developing countries in Asia and Africa offer a huge market opportunity for tech companies — if they can figure out how to get people connected.

たしかに、アジアやアフリカの発展途上国は、巨大な市場を提供するだろうが、その前提となるのは、ハイテク企業たちによる、インターネット接続の実現である。

Various tech and mobile executives voiced public support for the initiative, alongside Zuckerberg. Google is noticeably absent from the lineup, despite that the search giant has invested heavily on improving Internet access. The latest unconventional idea, dubbed “Project Loon,” would deliver WiFi — believe it or not — by balloon.

モバイル・テック業界における重鎮たちが、Zuckerberg と伴に、このイニシアチブのサポートを表明している。しかし、Google は、このラインナップから完全に外れている。このサーチ・ジャイアントは、インターネット・アクセスを改善するために、多額の投資を行っているが、何故だろう。最近では、“Project Loon” という斬新な発想で、WiFi の提供を図っている。 あなたが、信じようが信じまいが、そこでは気球が使われるのだ

In a statement, Nokia CEO Stephen Elop said the European phone maker got involved as “universal internet access will be the next great industrial revolution.” Paul Jacobs, chief executive of Qualcomm, echoed similar statements. He said, “mobile has helped to transform many people’s lives in the emerging regions where often a computing device will be the first and only mobile experience they’ll ever have.”

一連の声明の中で、Nokia の CEO である Stephen Elop は、『普遍的なインターネット・アクセスが、次の偉大な産業革命になる』ときに、欧州のフォン・メーカーとして関わったと述べている。 Qualcomm の CEO である Paul Jacobs も、同様のステートメントを発している。彼は、『 新興地域に住む多くの人々の生活を、モバイルが変革している。そこには、コンピューティング・デバイスが初めて導入されるわけだが、モバイル・エクスペリエンスが、彼らが手にする唯一のものとなるだろう』と発言している。

Be warned, it’s filled with marketing jargon — but check out the full press release here.

マーケティング用語で満たされているため、とても読みにくいと思うが、プレス・リリースをチェックしたい場合はココで。

ーーーーー

image13この 5月にポストした『 膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある 』という抄訳は、ーーー このサークルの内側にいるイスラム教徒は、その外側よりも多い。 このサークルの内側にいるヒンズー教徒は、その外側よりも多い。 このサークルの内側にいる仏教徒は、その外側よりも多い。 このサークルは、それらすべてを包み込むが、その一方では水に恵まれ、地球上で最も人口密度の低い国(モンゴル)まで含んでいる。 ーーー と、アジアの人口について述べています。

そして、2月にポストした、『 インターネット人口の分布を、タイムゾーンごとに計算してみた 』には、ーーー  タイムゾーン UTC+8 は、最も多くのインターネット・ユーザーが住んでいる。 しかし、そのインターネット普及率は 41% に過ぎず、大きな成長の余地を残している。ーーー と記されています。もちろん、アフリカにも、ものすごい潜在パワーが宿っているはずであり、こうした動きが出てくるのも、当然のことだと思うのです。 とても、興味深い展開ですね。image141

ーーーーー

<関連>

Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
世界の LTE 人口 が、ついに 1億人に届いた!
LTE で 超高速ワイヤレス : ブロードバンド接続も不要になる?
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!

 

Comments Off on Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

%d bloggers like this: