Agile Cat — in the cloud

Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on August 17, 2015
Industry 4.0 and the Internet of Things: Innovation on the Manufacturing Floor
By Dick Weisinger – August 11th, 2015
http://formtek.com/blog/industry-4-0-and-the-internet-of-things/
_ formtek
Manufacturers are talking about moving on to a new phase, Industry 4.0.  It’s a term that started in Germany and is now being used by analysts like McKinsey and Gartner.
 
Industry 4.0 という新たな段階への移行が、製造業界では話題になっている。 この Industry 4.0 は、Germany で始まったものであるが、いまでは McKinsey や Gartner といった調査会社も、利用する用語となっている。
 
Picasso_1But if we’re already at 4.0, then what were the milestones that made up Industry 1.0, 2.0 and 3.0?  In a piece for ZDNet, Joe McKendrick summarizes it nicely:
 
しかし、私たちが 4.0 の段階に至るとするなら、Industry 1.0/2.0/3.0 では何が達成されていたのだろう? Joe McKendrick による ZDNet への寄稿が、その辺りを上手く整理している:
 
  • Industry 1.0: Water/steam power
  • Industry 2.0: Electric power
  • Industry 3.0: Computing power
  • Industry 4:0: Internet of Things (IoT) power
 
The components that are work together to drive this fourth phase of innovation include:
 
そして、第4段階目となるイノベーションは、以下のコンポーネントを組み合わせることで達成される:
 
  • Collaboration tools
  • The Internet of Things
  • Cybersecurity
  • The Cloud
  • Big Data Analytics
  • Simulation
  • Robots
 
Brian Holliday, division director of Siemens Industry Automation, said that “Industry 4.0 is a 20-year journey.  It’s not something that’s going to come about in two or five year’s time … But the work that goes in now to create the platforms, the protocols and the connections between the smart devices that will enable the digitally designed factory environments, that is envisaged by programs like Industry 4.0.”
 
Siemens Industry Automation の Division Director である Brian Holliday は、「 Industry 4.0 は、20年におよぶ旅を経験している。それは、2とか 5年とかの期間で、到達し得るものではない・・・  そして、これまでの取り組みにより、いくつかのプラットフォームが生まれてきた。 スマート・デバイス間を結ぶプロトコルとコネクションは、現場での環境にデジタル的にデザインされた何かを持ち込むだろう。つまり、それが、たとえば Industry 4.0 のような、筋書きにおいて想定されるものだ 」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayたとえば、キャリアが運用するスマート・デバイス間通信は、製造とは切り離された M2M であり、その反対に、製造業が運用するスマート・デバイス間通信は、キャリアとは切り離された M2M であるという、漠然とした切り分けがありましたが、このポストの説明には、曖昧さを切り捨てた心地よさがありますね。 それにしても、ジーメンスは流石です。 これまでの実績は主張しながらも、新たな発想を正当に評価し、それらを取り入れることで、自らの次世代をデザインしようと考えているように受け取れます。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Enterprise Mobile App の調査:情シスのキャパに対して、モバイルは5倍のスピードで突っ走る!
IT as a Service の調査:クラウドと情シスの、新しいコンペのスタイルになるのか?
Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
 
 

Comments Off on Industry 4.0 の調査: この製造業のイノベーションと、IoT との関係を説明しよう

China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?

Posted in Asia, IoT, Telecom by agilecat.cloud on June 19, 2015
Internet Of Things Platform Boosts China Mobile’s Services
May 29, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/05/29/21722-internet-of-things-platform-boosts-china-mobiles-services
_ China Tech News
 
China Mobile has launched two Internet of Things platforms targeting Chinese enterprise users.
 
China Mobile が、同国のエンタープライズ・ユーザーをターゲットに、2種類の IoT プラットフォームを立ち上げた。
 
During CES Asia 2015, the telecommunications company unveiled its Internet of Things exclusive business management platform and its OneNet device cloud platform.
 
先日に開催されていた CES Asia 2015 において、このテレコム企業は、IoT Exclusive Business Management Platform と、OneNet Device Cloud Platform を発表している。
 
China Mobile IoTThe Internet of Things business management platform combines statistical analysis and an API interface for businesses to build hardware and software tools around China Mobile’s offering. China Mobile says its IoT exclusive business management platform has already been tested on networks comprising a real-time management scenario of nearly five million devices.
 
その IoT Exclusive Business Management Platform は、China Mobile が提供するハードウェアやソフトウェア・ツールの構築を推進するために、エンタープライズのための統計分析と API インターフェイスを統合するものである。China Mobile の発言によると、この IoT プラットフォームは、約 500万台のデバイスに対応する、リアルタイム・マネージメントのシナリオを含んだ、ネットワーク上でテストされているという。
 
The OneNet device cloud platform is a cloud service and information handling platform the connects terminals and applications. It provides Internet of Things enterprises with multiple protocols and access support and it can realize connection between smart devices and applications. In addition, it provides professional PaaS cloud services, targeting product prototyping, commercial use, and daily management.
 
そして、OneNet Device Cloud Platform はというと、クラウド・サービスと情報ハンドリングのプラットフォームであり、ターミナルとアプリケーションを接続するものになる。それは、マルチ・プロトコルとアクセス・サポートを用いて、IoT エンタープライズを提供していくものとなる。さらに言えば、スマート・デバイスとアプリケーションの接続を、具体的に実現していくものとなる。それに加えて、製品プロトタイプ/商用における利用/日常での管理という流れをターゲットにした、プロフェッショナルのための PaaS クラウド・サービスも提供する。
 
China Mobile also displayed its energy consumption monitoring platform, smart community platform, and communication module for use in industrial applications. By using a wireless sensing device, the energy consumption monitoring platform can use data to dynamically adjust related equipment to promote a good allocation of energy. The smart community platform can integrate residential properties, family security services, household services and LBS applications to create a secure environment.
 
さらに China Mobile は、産業用アプリケーションで使用するための、エネルギー消費を監視するプラットフォーム、および、スマート・コミュニティのためのプラットフォーム、そして、通信モジュールを展示していた。このエネルギー消費監視プラットフォームは、なんらかのワイヤレス・センサー・デバイスを用いて、データを有効利用していく。 たとえば、相互に関連し合う生産ラインを動的に調整し、適切なエネルギー配分を促進していくようなことが考えられる。また、スマート・コミュニティ・プラットフォームは、安全な生活環境を実現するために、住宅と家族のセキュリティ・サービスや、家庭用のサービス、そして LBS アプリケーションなどを統合していく。
 
These IoT services are slowly rolling out throughout China. China Mobile says it plans to be the cornerstone service provider for all IoT services in both hardware and software areas.
 
一連の IoT サービスは、ゆっくりと時間をかけながら、China 全土に展開されていく。 China Mobile は、ハードウェアとソフトウェアにおいて、すべての IoT サービスを展開していく、不可欠なサービス・プロバイダになっていく計画だと発言している。
 
ーーーーー
IoT現時点で、6億人とか 7億人とか言われているモバイル・ユーザーを、抱え込んでいる中国の余裕を感じてしまう計画ですが、どちらかと言うと、製造業から固めていく方針のようですね。 そして、訳しながら考えていたのは、台湾や中国のような ODM を抱える国々が、独自の IoT を生産ラインに組み込んでいき、そこで生産されたプロダクトが国外の消費者に手渡されたとき、どのような状況が生じるのかという点です。 たとえば、Foxconn で製造された iPhone は、ユーザーが利用する段階になっても、Foxconn とつながっているのいないのか・・・ という疑問なのです。 もちろん、ユーザーも Apple も、それを望まないでしょうが、たとえばリコールなどが発生したときや、新たなロットを他国で製造するときに、Apple は Foxconn に頼ることなく、すべてを処理できるのでしょうか?  製造という行為に対して、IoT が新たな付加価値を与えていくように思えてきますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までをチャートで!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Comments Off on China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?

Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on March 2, 2015
Blockchain: Decentralizing Data Authentication
Dick Weisinger – Feb 23, 2015
http://formtek.com/blog/blockchain-decentralizing-data-authentication/
formtek.png
Blockchain is the technology that’s enabled the virtual currency called Bitcoin.  Using blockchain it’s possible to exchange and record digital messages in a way that the integrity of the information can be maintained and unaltered without requiring a trusted centralized third-party, like a bank, to guarantee the authenticity of the information.  All transactions of blockchain are open to the public for verification. Proponents of blockchain have described it as “transfer of trust in a trustless world“.
 
Blockchain は、仮想通貨である Bitcoin を実現するためのテクノロジーだ。この Blockchain を用いることで、デジタル・メッセージの交換と記録が可能になり、情報の信憑性が保証される。なぜなら、たとえば銀行のような、信頼できるサードパーティの集中化を必要とすることなく、トランザクション情報を維持し、また、改変を排除する方式が実現されているからである。Blockchain における全トランザクションは、検証のために公開されている。したがって、Blockchain の支持者たちは、「信頼できない世界で信頼を転送するもの」だと、それについて説明している。
 
Gauguin_8Jeff Garzik, one of the maintainers ob bitcoin, described the blockchain as “register of deeds… I don’t store bitcoins, I store private keys that show I own bitcoins.  I don’t actually send bitcoins, I just change the name on the deed.”
 
Bitcoin を支える一人である Jeff Garzik は、Blockchain について、「 証書の登録のようなものである。したがって、誰も Bitcoin を保存しない。そして、Bitcoin の所有を示す、秘密鍵を保存する。故に、誰も Bitcoin 自体を送信することはなく、証書に記載された名前を変更するだけになる 」と、説明している
 
Charles Moldow, general partner at Foundation Capital, said that ”we think one of the most promising areas in Bitcoin is in the blockchain technology layer.  It’s where the greatest innovation is happening…”
 
Foundation Capital の General Partner である Charles Moldow は、「 Bitcoin が期待させてくれる分野として、Blockchain テクノロジー・レイヤが挙げられる。 最大のイノベーションが生じているのは、まさに、そこなのだ」と述べている
 
Other uses of blockchain technology than for cyber currencies like bitcoin, are ‘smart contracts’ where the blockchain is used as the record of authenticity.  Houman B. Shadab, co-director of New York Law School’s Center for Business and Financial Law, said that “The potential to greatly reduce or even eliminate the need for litigation and courts may be the most attractive feature of smart contracts…  in principle removes the potential for parties to have a dispute.”
 
Bitcoin のような仮想通貨以外の領域で、Blockchain テクノロジーが活用されるなら、本物であることの記録として用いる、Smart Contract が挙げられる。New York Law School’s Center for Business and Financial Law の Co-Director である Houman B. Shadab は、「 訴訟という行為を大幅に低減し、さらには、その必要性を排除するという、大きなポテンシャルがある。裁判所から見ると、Smart Contract は、きわめて魅力的な機能となり得るだろう。原則的に、係争を抱える当事者が、消え去ってしまうからである」と述べている。
 
IBM has created a proof of concept, developed in partnership with Samsung, that uses a blockchain to create a decentralized network of devices.  IBM’s ADEPT paper describes the technology, saying that “applying the blockchain concept to the world of (Internet of Things) offers fascinating possibilities.  Right from the time a product completes final assembly, it can be registered by the manufacturer into a universal blockchain representing its beginning of life. Once sold, a dealer or end customer can register it to a regional blockchain.”
 
IBM は Samsung と提携することで、分散ネットワーク・デバイスを構成するための、Bblockchain の PoC (proof of concept) に取り組んでいる。IBM の ADEPT 論文は、「 IoT の世界に対して、Blockchain のコンセプトを適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる。 なんらかのプロダクトが、最終的にアセンブリされた時点から、それが利用可能になったことを表す Universal Blockchain に、マニュファクチャ−たちが登録を開始するようになる。そして、プロダクトが販売されたら、ディーラーもしくはエンド・ユーザーが、Regional Blockchain に、それを登録することになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday以前に、「 BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!」という抄訳をポストしましたが、もう少し具体的なレベルで、その意味を知りたいと思っていました。 そして、このコンテントを訳していて、その意味が少し分かったような気になっています。 とにかく、トランザクションが検証のために公開されるという点が、とても印象的です。 もちろん、そこではプライバシーとの分離が必要になるでしょうが、それを犠牲にしまで、人々は訴訟し合いながら、この世界を形成しているという、現実も思い出させてくれます。とは言え、こうした新しいテクノロジーが広まるとき、誰も利権を有することのできない、強固なプラットフォームがあると、物事が一挙に進んでいきます。 これからも、Blockchain に関するトピックを追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?

Comments Off on Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Asus と Acer に、合併というウワサが流れているらしい!

Posted in .Selected, Asia, Businesses by Agile Cat on September 23, 2013

Asus and Acer to merge into a single company?
http://wp.me/pwo1E-6FD

By:
Dusan Belic – September 22nd, 2013
http://images.intomobile.com/2013/09/22/asus-and-acer-merge-into-single-company/asus-acer/

_ into Mobile

The shrinking margins inevitably lead to industry consolidation. Acer founder Stan Shih said that the Wintel model doesn’t work anymore with Microsoft and Intel keeping all the profits. The Taiwanese company can either experiment with other platforms (like it already does) or try to further enhance its supply chain; or look to merge with some other company and benefit from the economies of scale. And guess which company they could merge with – its archrival Asus, which too is based in Taiwan.

マージンの縮小は、業界の再編を必然的に促す。Acer の Founder である Stan Shih は、もはや Wintel モデルは機能せず、すべての利益を Microsoft と Intel が維持することは有り得ないと発言している。この台湾の二社は、いずれも他のプラットフォームへの対応を試み(すでに実施している)、また、そのサプライチェーンを強化しようとしているようだ。さもなければ、他社と合併し、規模の経済の恩恵を得ようとしているように見える。そして、合併の可能性がある会社について推測すると、台湾ベースであり、最大のライバルである Asus が浮上していくる。

At the moment, the two CEOs just have “an open mind” about this. Acer’s Stan Shih said that any deal must be thoroughly analyzed in a way that gives maximum benefits to shareholders, employees, and even society as a whole. On the other hand, Asus is known for its organic growth throughout the years, but with the changing times, anything could happen. At the moment, Asus is making both Windows and Android-based products though just like Acer, it has hard time convincing operators to sell its gear.

現時点において、両社の CEO は、この件について "Open Mind" を有している。 Acer の Stan Shih は、如何なる展開になるにしても、株主/従業員/社会全体に対して最大のメリットが提供できるよう、その方式分析する必要があると述べている。その一方で、この数年を通じて Asus は、その根幹からの成長を維持している認識されているが、時代の変化にともない、あらゆる事が起こる可能性について、否定することはできない。現時点において、Asus は Windows と Android をベースにしたプロダクトを製造している。それは、Acer も同じであるが、それらのギアを販売するチャネルを、説得しずらいという時期に差し掛かっている。

So this deal is still in the “early rumors” phase, but honestly – we can see it happening. Not only do Acer and Asus have to worry about competitors from the U.S. (think: Apple, HP, Dell) but also from China, most notably Lenovo which keeps growing like it’s nobody’s business. We’ll be on the lookout for any related news and get back to you as soon as we have something worth talking about to add. Stay tuned…

したがって、この統合に関するウワサは、きわめて早期の段階のものであるが、正直なところ、それを目撃する可能性はあるのだ。Acer と Asus は、アメリカのライバル(Apple/HP/Dell と考えられる)だけではなく、中国のライバルも気にかけなかればならない、とりわけ、Lenovo は、他社を寄せ付けない勢いで成長し続けている。私たちは、あらゆる関連ニュースに目を配り、また、意味のある情報を入手したときには、ただちに報道したいと思っている。続報を、お楽しみに…

[Via: Unwired View]

ーーーーー

TAG indexこれは、ウワサとはいえ、とてもビックリな話です。 上記の Unwired と、この Intomobile の他には、Tom’s Hardware GuideUbergizmo が、このウワサについて報道しているようです。以前に、『 Asus は Windows RT から撤退するのか? 』と、『 Acer は Android と Chromebooks に賭ける : そして Windows 8 での損失を補う 』という抄訳をポストしていますが、ほんとうに、台湾のマニファクチャは、曲がり角に差し掛かっているのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google は Nexus 10 を Asus に任せるのか ? Sumsung 以上が作れるのか?
中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Baidu が展開する 中国版 Google Street View : 日本からもアクセス可能
膨大な人口を抱える Asia のサークルにこそ、スタートアップの未来がある

Comments Off on Asus と Acer に、合併というウワサが流れているらしい!

IDC モバイル調査 2012 Q2 : 世界の 50% を Samsung と Apple が分け合う

Posted in .Selected, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on July 28, 2012

IDC: Samsung and Apple responsible for 50% of smartphones shipped in Q2 2012
http://wp.me/pwo1E-4uY

By:
Anthony Domanico, IntoMobile – Friday, July 27th, 2012
http://www.intomobile.com/2012/07/27/idc-samsung-and-apple-responsible-50-phones-shipped-q2-2012/

_ into Mobile

The IDC have released their Q2 report on the mobile market, and it paints the same picture we’ve seen in quarters past. Mobile customers are adopting smartphones than feature phones en masse, with a 42% increase in smartphone sales year over year. Overall, more phones were sold in Q2 than ever before, with 406 million units sold in the quarter, representing a 1% increase from the previous quarter.

IDC はモバイル・マーケットに関する Q2 レポートを発表したが、そこに描かれる傾向は、これまでの四半期レポートに似通ったものとなっている。前年比で 42% の増加となったスマートフォンのシェアは、モバイル・ユーザーがフューチャーフォンから大挙して移動した結果である。 全体をみると、この Q2 に販売されたユニット数は 406 million を数え、Q1 に対して 1% の増加という、これまで記録を塗り替えるものとなっている。

When it came to manufacturers, Samsung and Apple continued their global domination, with the two companies combined representing nearly 50% (49.5%) of smartphones shipped in Q2. Samsung shipped a record 50.2 million smartphones devices in the quarter (up 172.8% from Q2 2011), thanks in large part to the release of the Galaxy S III flagship device and continued success with the Galaxy Note superphone, while Apple’s sales showed a more modest year over year growth of 27.5%, resulting in a net smartphone market share drop of 1.9%. Apple device shipments showed a decline from the previous quarter ahead of the Q4 launch of the next iPhone.

マニファクチャに目を転ずると、 Samsung と Apple の合計が 50%(49.5%)に達するという勢いであり、この二社が世界を支配し続けている。 Samsung は、この Q2 に 50.2 million のスマートフォンを販売するという、記録を打ち立てた( 2011 Q2 に対して 172.8% の増加)。 その要因となったのは、フラッグシップ・デバイスである Galaxy S III のリリースと、順調な販売を継続している Galaxy Note である。その一方で、Apple は前年比で 27.5% の成長を示したが、スマートフォン市場におけるシェアとしては 1% を失う結果となった。 Apple のデバイスは、Q1 と比較して低調であるが、次期 iPhone の発売が Q4 に予定されていることから、買い控えが生じた結果だと思われる。

Nokia continues to struggle in the smartphone market, with a sharp decline in smartphone shipments in the quarter due to declined sales of the company’s Symbian and MeeGo smartphones. While its Windows Phone sales nearly doubled from the previous quarter, the company’s year-over year shipments declined almost 40%. Windows Phone 8 is due out in Q4 2012, and the company hopes it will see strong gains in the important holiday sales season. HTC’s year over year shipments also showed sharp declines, though the company gained enough in Q2 to retake the number 4 spot from ZTE, sparked by sales of the HTC One Series of devices in the Asia/Pacific region.

Nokia は、Symbian と MeeGo を搭載するスマートフォンが衰退したことで、この Q2 におけるスマートフォン出荷数が急激に落ち込むという苦境にある。 また、Windows  Phone に関する販売量は、Q1 と比較して倍増しているが、全体でみると 40% を失う結果となった。 Windows  Phone 8は、2012年の Q4 に発売が予定されており、このクリスマス・シーズンにおける販売の伸びに、同社としては大きく期待しているはずだ。 HTC も、前年比では大きくシェアを落としているが、Asia/Pacific 地域における HTC One Series の販売が絶好調だったこともあり、ZTE から 4番手のポジションを取り返すことができた

Competition is expected to heat up in the coming quarters, with the next iPhone, Windows Phone 8, Android 4.1 Jelly Bean, and BlackBerry 10 all on the horizon. As it stands now, however, Samsung has many reasons to celebrate as they’ve managed to drum up a killer Q1, setting a smartphone shipment record along the way.

今後の Q3 と Q4 においても、さらに競合が激化していくと予想される。なぜなら、次期 iPhone および、Windows Phone 8、Android 4.1 Jelly Bean、BlackBerry 10 などが出そろうタイミングとなるからである。しかし、これまでと同様に、Samsung には好材料が揃っている。同社は Q1 に大躍進を果たし、販売記録を伸ばしているが、その勢いは衰えないだろう。

[via IDC, Engadget]

ーーーーー

imageSamsung に勢いがあるのは分かっていましたが、今年に入ってから、これ程までの成長を示しているとは思っていませんでした。 これから先は分かりませんが、わずか 1年の間に、四強時代から二強時代へと、マーケットが変化しているのは明らかですね。ーーー image

ーーーーー

<関連>

Google Drive/Dropbox/SkyDrive/Box の 比較テスト: 30 日間
IDC:データ分析市場は、2016年までに $51 B ビジネスに成長する
Web と jQuery のラブラブな関係を、いくつかのデータで証明する
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/6月
iGoogle がダメなら、NetVibes があるぜ! ただいま引越し中

Comments Off on IDC モバイル調査 2012 Q2 : 世界の 50% を Samsung と Apple が分け合う

%d bloggers like this: