Agile Cat — in the cloud

東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research, Telecom by agilecat.cloud on February 17, 2016
The cost of mobile data in Southeast Asia (INFOGRAPHIC)
Nadine Freischlad – Dec 30, 2015
https://www.techinasia.com/cost-mobile-data-southeast-asia-infographic
 
_ tech in asia
 
Smartphones are getting cheaper by the day – but they’re not much more than dumb bricks unless we incessantly feed them with data packages. This can become expensive.
 
スマートフォン自体は、日を追うごとに安価になってきているが、それらを大量のデータ・パッケージで使い倒すことができない限り、単なる石版以上のものにはならない。そして、その通信料は、高価になり得るものなのだ。
 
Across Southeast Asia, the cost of mobile data varies widely, as do the packet sizes and deals offered by respective carriers.
 
そして、Southeast Asia 全体を眺めてみると、各国のキャリアたちが提供するパケットの、サイズと対価が多様化するにつれて、モバイル・データにおけるコストも大きく異なってきている。
 
How affordable is 1 GB of data?
 
cost of mobile dataClick to Infographic >>> 
 
For this infographic, Tech in Asia compiled data from all Southeast Asian countries and calculated the typical price of 1GB (in US$) for each. We also looked up the minimum wage for each country.
 
このインフォグラフィックは、Southeast Asian 諸国のデータを、Tech in Asia が編纂したものである。そして、1GB のデータを送受信する際の、一般的なコストも US$ で算出している。 さらに言うなら、それぞれの国々における最低賃金との比較にも注目している。
 
 (Brunei, Cambodia, and Singapore are exceptions because they don’t have an official minimum wage. In these countries, we picked the typical wage of a low-income worker, such as in the garment or tourism industry).
 
(Brunei/Cambodia/Singapore に関しては、公的な最低賃金が定められていないため、独自の方式で算出してみた。 具体的に言うと、衣服や観光といった産業における、低所得者層の一般的な賃金を選んでいる)
 
Based on this, we calculated the estimated hours a worker has to put in to afford 1GB of data in their country. In some, it’s quite affordable. In others, not so.  There are a few surprises.
 
私たちは、こうした情報をベースに、それぞれの国において 1GB のデータを利用する際に必要となる、対価を得るための労働時間を計算した。いくつかの国々では、きわめて安価なものとなるが、そうならない国々が多々ある。 それは、驚くべきものでもある。
 
References: all data plan cost info comes from prepaid-data-sim-card.wikia.com, except Timor Leste, which is from Telcomcel.
 
ーーーーー
GDP PPPasia-pacific 2とても興味深いインフォグラフィックです。 念のために、計算の方式を説明しておきますと、それぞれの国における、1GBの料金と最低賃金を米ドルで示し、割り算することで、1GB を得るために必要な労働時間を算出する方式となっています。 つまり、それぞれの国の物価を前提にして、1GB の価値を算出しているインフィックなのです(例:マレーシアの場合には、1GB を得るために 3時間45分の労働が必要)。 まず、驚いたのが、ブルネイの裕福さです。誰もが、シンガポールが1位と予測するでしょうが、産油国の経済は、ほんと桁違いなのですね。また、まったくと言って良いほど、情報が入ってこないラオスが、中位につけているのも驚きでした。そして、東南アジア全体を眺めてみると、その中に、かなりの経済格差があるのだと、認識を新たにします。 このような、購買力平価的な視点で分析してもらえると、これまでは見えなかったものが見えてきます。とても素晴らしい調査だと思います! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on 東南アジア の モバイル通信料:どれだけ働けば、1GB が買えるのか?

Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Huawei, Hybrid, Network, Strategy, Web Scale by agilecat.cloud on July 28, 2015
Huawei’s Johor regional cloud centre off to running start
AvantiKumar – July 9, 2015
http://mis-asia.com/resource/cloud-computing/huaweis-johor-regional-cloud-centre-off-to-running-start/
_ MIS
 
Chinese ICT firm Huawei, which recently launched its first Asia Pacific Digital Cloud Exchange in Iskandar, Johor, to help drive Malaysia’s regional ambition, has announced that several new projects are already off to a strong start.
 
China の ICT 企業である Huawei は、最近になって Malaysia の Iskandar, Johor に、同社の Asia Pacific Digital Cloud Exchange 構想における最初の拠点を立ち上げ、また、いくつかの新しいプロジェクトが順調に進んでいることを発表した。
 
CES_2012_-_HuaweiHuawei Malaysia chief executive officer Abraham Liu said the new initiatives included global mobile game distributor Uzone Games’ launch of its Mini 4WD game in Malaysia as well as Les’ Copaque Production, which owns Upin & Ipin, will provide digital content to the Asia Pacific region from the Huawei Digital Cloud Exchange in Iskandar.
 
Huawei Malaysia の CEO である Abraham Liu は、Malaysia で Mini 4WD ゲームを立ち上げた Uzone Games や、Upin & Ipin というゲームを所有する Les’ Copaque Production といった企業を、この新たな取り組みが後押しすると述べている。 つまり、それらのデジタル・コンテントが、Iskandar の Huawei Digital Cloud Exchange から、Asia Pacific リージョンへ向けて配信されていくことになる。
 
“As one of the fastest growing markets in the region, we are pleased to open our first Data Hosting Centre, the Huawei Digital Cloud Exchange, in Malaysia. Our investment in this facility is a major milestone in making Malaysia our regional business gateway,” said Liu, during the launch ceremony, which was officiated by Malaysian deputy prime minister, YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin and Wu Zhengping, the Economic and Commercial Counsellor at the Embassy of People’s Republic China in Malaysia.
 
そして  Abraham Liu は、「このリージョンにおける Malaysia は、最速で成長していると思えるマーケットであり、そこに最初の Data Hosting Centre を、つまり Huawei Digital Cloud Exchange をオープンできて嬉しく思う。このファシリティへの投資は、Malaysia をビジネス・ゲートウェイにするという意味で、きわめて重要なマイルストーンになる」と、今回の立ち上げに関するセレモニーで発言している。なお、このセレモニーは、Malaysia の副首相および、YAB Tan Sri Dato の HJ Muhyiddin HJ. Mohd Yassin、そして、China 大使館の Economic and Commercial Counsellor である Wu Zhengping により主催されている。
 
“Malaysia’s investment-friendly policies, its skilled workforce and geographic advantages underline our confidence in the country’s potential as a Regional Digital Cloud Exchange,” he said.
 
Abraham Liu は、「Malaysia の投資に寛大な政策、洗練された労働力、そして地理的な利点は、Regional Digital Cloud Exchange を構築する上で、私たちの大きな自信となる」と、述べている。
 
In addition, Huawei signed memorandums of understanding (MoUs) with Uzone Games, Les’ Copaque Production, M-Mode Mobile and Elite Entertainment to promote digital business and with Universiti Teknologi Malaysia to encourage academia and industry collaborations.
 
さらに Huawei は、デジタル・ビジネスを促進するために、Uzone Games および Les’ Copaque Production、M-Mode Mobile、Elite Entertainment と MOU を交わし、また、Universiti Teknologi Malaysia と産学連携を推進している。
 
ICT convergence
 
Liu said the regional data hosting centre stemmed from an October 2013 agreement with government investment body Khazanah Nasional,
 
Abraham Liu が言うには、このリージョンにおける Data Hosting Center について、政府系の投資組織である Khazanah Nasional との契約は、2013年10月から生じている
 
Huaweis_Digital_Cloud_Exchange_JohorPhoto – YAB Tan Sri Dato’ HJ Muhyiddin, Deputy Prime Minister of Malaysia visiting Huawei’s Digital Cloud Exchange Centre at Bandar Medini, Iskandar, Johor.
 
He said ICT convergence in the world will “continue to be the enabler in driving a new round of exponential growth across industries. By 2020, there will be 4.6 billion mobile users and 5.9 billion smartphones. One hundred (100) billion connections will be made and mobile market size will be over US$3.9 trillion.”
 
世界 の ICT コンバージェンスに関して、「 業界における指数関数的な成長が、新しいラウンドの推進を実現し続けるだろう。2020年までに、46億人のモバイル・ユーザーと、59億台のスマートフォンが、この世界に溢れることになる。そして、全体で 1000億のコネクションが存在することになり、モバイル市場の規模は US$3.9 trillion を超えることになる」と、彼は述べている。
 
Huawei’s Asia Pacific Cloud Exchange in Iskandar has aggregated more than 2,100 partners worldwide and more than 200,000 pieces of digital contents, including digital music, mobile game, video, open Application Program Interface (API), traffic monetisation, B2B cloud, and M2M.
 
Iskandar における Huawei の Asia Pacific Cloud Exchange は、世界中から 2100社以上のパートナーを集めることになる。そして、Digital Music/Mobile Game/Video/Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M などが、20万種類以上といわれるデジタル・コンテンツを構成することになる。
 
“Huawei’s Digital Cloud Exchange will not only help nurture Malaysia’s creative content and the vast pool of local talent and but also create a productive and innovative digital market worth billions of USD. We are keen on partnering with the public and private sectors to turn this vision into reality,” added Liu.
 
「Huawei の Digital Cloud Exchange は、Malaysia のデジタル・コンテントをもたらし、人材の育成を大規模に展開するだけではなく、そのデジタル・マーケットの生産性を、Billions of USD レベルへと引き上げていく。そのビジョンを実現するためにも、私たちは官民との提携を熱望している」と、Liu は付け加えている。
 
“We are grateful for the enormous support from the Malaysian government that continues to encourage a partnership approach with investors. Their policies and approach to foreign investment make investing in Malaysia win-win proposition. We are happy to share our experiences with other investors looking to expand to Malaysia,” he said.
 
「 私たちは、投資家とのパートナーシップを奨励し続けてくれる、Malaysia 政府の多大な支援に感謝している。私たちのような外資に対する、同政府のポリシーとアプローチが、Malaysia との Win-Win 関係をもたらす。そして、私たちは、Malaysia を成長させようとする、その他の投資家とも、これまでの経験を喜んで共有したい」と、彼は締め括っている。
 
ーーーーー
_ Huaweiこの記事を読む限り、Huawei の Cloud Exchange には Digital Music/Mobile Game/Video だけではなく、Open API/Traffic Monetisation/B2B Cloud/M2M なども含まれるということですから、Equinix の対抗馬として捉えられるのかもしれません。 しかし、その一方で、Huawai は通信機器メーカーであり、クラウド・プロバイダーではないという認識もあります。 そして、China Tech News を見ていたら、Chinese Cloud Computing War Will Soon Begin というポストを見つけたのですが、それによると、Huawei がクラウド・プロバーイダーとして Aliyun と競合していくようです。 ほんとうにアジアの動きはダイナミックだと、あらためて認識しました。 なお、文中にある、マレーシアでの実績というのは、China Mobile の動きと絡んだものなのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
 
 

Comments Off on Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!

今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on January 31, 2015
Digital Malaysia の一環として、電子図書館がオープン ・・・
http://wp.me/pwo1E-8fQ 
 
cna-banner
 
Malaysia の Perlis 州に、政府のディジタル経済新興政策の一環として、電子図書館が開設されたとのことです。場所としては、Thailand との国境に近くで、Langkawi 島の対岸という感じです。この電子図書館により、人々はタブレットを用いて、English/Bahasa Melayu/Chinese の各言語による 4300 種類の電子書籍を利用できるとされています。 それだけではなく、電子マガジンや電子新聞も用意され、また、Kizs Zone も作られるようです。
 
National-Library-Kuala-Lumpurあの、Digital India に対抗するかのように、Digital Malaysia という ITC を活用した経済政策が推進されているようです。 Cloud News Asia では、The Star Online  と The Malay Mail Online とうメディアをよく参照しますが、両サイトともクラウド関連のコンテントを拡充しているという感じで、なかなかホットです。
 
そして、今週の Top-Posts ですが、中国関連のコンテントが上位を独占しています。① は、Facebook が Air China (中国国際航空)を表彰したという話です。 周知のとおり、中国国内では Facebook へのアクセスが禁止されていますが、この Air China は Facebook を、マーケティングに上手く活用しているようであり、それが受賞の理由とされています。 もちろん、Facebook 広告を購入したマーケティングのはずですので、このソーシャル・メディアとしては、お得意様への感謝をこめて、、、ということなのでしょう。 ② は、Davos での Jack Ma のインタビューです。 CBS の企画とのことですが、世界をリードするトップ経営者として大活躍ですね!
 
③ は、アメリカ政府が India のスマートシティ計画に乗ったという話です。 昨年の秋に Modi 首相が訪米した際に、Obama 大統領と調整してきた結果が公表されたという感じです。詳しくは、「インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!」を参照してください。 ④ は、Tencent が中国国内のスタートアップに出資した、という話です。 この Tencent グループは WeChat で有名ですが、それ以外にも、かなりの広がりと規模を有していて、その傘下に多様な企業を抱えています。 いずれ、詳しく調べたいと思っています。 ⑤ は、ちょっと気になるトピックですが、中国政府が検閲を強化するために、VPN を停止させているようです。
 
① 1/26: Air China Gets Facebook Award Despite Site Ban
Image.gifFacebook awarded Air China for its strategic use of the social networking site, despite it being blocked in mainland China. The state-owned carrier had been aggressively using Facebook as a tool for marketing. It uses the networking site to link its booking engine, promote giveaways, and even to share recipes. Facebook praised the airline for its innovative use of the social media platform, amid China’s ban on the site since 2009.
 
② 1/25: 15 of the best quotes from Jack Ma’s interview at Davos
Image.gifAlibaba founder and chairman Jack Ma returned to Davos today for the first time in years for a chat. Interviewed by CBS’s Charlie Rose, Ma – chatty and eminently quotable as ever – talked about his early days as an entrepreneur, the origins of Alibaba, and some more contemporary issues as well. Here are 15 of his best quotes:
 
③ 1/28: US joins Indian smart cities race, signs three deals
IndiaThe United States has joined the race to help India build 100 smart cities, signing memorandums of understanding with three Indian states to assist with new projects. The deals were signed this week as part of President Obama’s visit to India. The states of Andhra Pradesh, Uttar Pradesh and Rajasthan signed the deal with the U.S. Trade and Development Agency on 25 January to develop Vishakhapatnam, Allahabad and Ajmer.
 
④ 1/28: Food delivery startup Ele.me gobbles up $350M from Tencent
Image.gifThe funding round was confirmed today to be worth US$350 million, with the investment contributed by CITIC, Tencent, JD, Dianping, and Sequoia China. Tencent binds a lot of this together as it owns a 15 percent stake in JD and a 20 percent stake in the Yelp-like Dianping. This move could result in Ele.me’s food ordering service being integrated into Dianping and/or Tencent’s WeChat messaging app. The headline has been amended with the new information. The original article from January 13 is unchanged below.)
 
⑤ 1/25: China cracks down on VPN
Image.gifBEIJING — China is blocking VPN services that let users get around online censorship of popular websites such as Google and Facebook amid a wider crackdown on online information, according to technology specialists.  The virtual private network provider Golden Frog wrote on its blog that the controls had hit a wide range of VPN services. The popular provider Astrill informed its users this week that its VPN protocols for Apple mobile devices to access services such as Gmail had been blocked.
ーーーーー
cna_6まさに、China オンパレードという週でしたが、インターネットを活用して海外でのビジネス展開を狙う企業と、検閲を強化していく北京政府との間で、グレート・ファイアウォールの位置づけは変化していくのでしょうか? 以前に、「Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!」という抄訳をポストしましたが、それによると国内の検閲を維持する代わりに、中国企業の海外進出も後押する、、、という方針のように思えてきます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft
今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

Comments Off on 今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?

Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Mobile, Post-PC, Xiaomi by Agile Cat on December 5, 2014

Xiaomi Moves Overseas Mobile Phone Data Away From Chinese Servers
http://wp.me/pwo1E-84C

October 28, 2014
http://www.chinatechnews.com/2014/10/28/21076-xiaomi-moves-overseas-mobile-phone-data-away-from-chinese-servers

_ China Tech News

Hugo Barra, global vice president of Xiaomi, recently issued a statement that claims Xiaomi is moving its international user data from servers in Beijing to U.S. and Singapore.

Xiaomi の Global VP dearu Huge Barra が、同社のインターナショナル・ユーザー・データを、Beijing のサーバーから U.S. および Singapore に移行しているという、ステートメントを発表した。

This is reportedly a response to previous incidents which exposed that Xiaomi smartphones automatically returned global user data to Beijing servers. Chinese telecommunications regulations require Chinese companies to store domestic data on local Chinese servers.

それは、Beijin のサーバーへ向けて、自動的に Xiaomi スマホから送信されていた、グローバル・ユーザー・データの漏洩という、最近の出来事への対応だと伝えられている。China における電気通信法では、同国内のユーザー・データに関しては、China のローカル・サーバーにストアすべきと規制されている。

Is this move by Barra enough to quell security and privacy concerns that a Chinese mobile phone company may be in cahoots with the Chinese government for harvesting global user data?

この Barra のアクションにより、グローバルにおけるユーザー・データを刈り取るために、China の政府とスマホ・メーカーが共謀しているという、セキュリティとプライバシーの懸念は、鎮静化されるのだろうか?

According to Barra the international user data migration aims to improve experience of users all over the world, cut down latency and reduce failure rates. At the same time, it will help the company maintain high privacy standards and comply with local data protection regulations.

Barra の説明によると、今回のインターナショナル・ユーザー·データの移行は、グローバルにおけるユーザー・エクスペリエンスの向上および、レイテンシの低減、障害の回避を目指すものとなる。しかし、それと同時に、高度なプライバシー基準の維持と、それぞれの国々におけるデータ保護規制の遵守にも寄与するはずだ。

Based on Xiaomi’s plans, the company will first migrate their global e-commerce platforms and user data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in California, U.S. and Singapore, which is expected to be completed at the end of October 2014. It will benefit users in all international markets, including Hong Kong, India, Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, and Taiwan.

Xiaomi は、今回の計画に基づき、グローバルなコマース・プラットフォームとインターナショナル・ユーザー・データから、全面的な移行を開始する。それは、Beijing のデータセンターから、California, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ向けたものであり、2014年10月末までに完了すると予測されている。 その結果として、Hong Kong/India/Indonesia/Malaysia/Philippines/Singapore/Taiwan などを含む、すべてのインターナショナル・マーケットのユーザーにメリットがもたらされる。

For the second step, Xiaomi will migrate their MIUI services and corresponding data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in Oregon, U.S. and Singapore, realizing the migration of Mi account, cloud messaging and Mi cloud services. The migration is expected to be completed at the end of 2014.

次のステップで Xiaomi は、すべてのインターナショナル・ユーザーのための、MIUI サービス(カスタム ROM?)と、それに対応するデータを、Beijing のデータセンターから、Oregon, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ移行する。それにより、Mi Account/Cloud Messaging/Mi Cloud Service の移行が達成される。それらは、2014年末までに完了するという。

Finally, Xiaomi plans to improve user experience in emerging markets such as India and Brazil in 2015. Due to the lack of Amazon AWS services in those markets, Xiaomi will cooperate with local data center providers.

最後になるが、Xiaomi が意図しているのは、2015年に急成長が期待される India や Barazil での、ユーザー・エクスペリエンスの向上である。 ただし、それらの国々では、Amazon AWS のデータセンターが欠落しているため、Xiaomi 自身がローカルのデータセンター・プロバイダと協調していくことになるだろう。

ーーーーー

とても興味深い展開ですね。これまで、すべてを呑み込んできた中国市場から、今度は外へと飛び出す企業が出てきたわけです。 この背景には、いわゆるバック・ドア問題が有ったわけですが、Xiaomi としては潔白を証明したいのでしょうし、北京政府としても同社のグローバル化を妨げることが、中国のためにならないと判断しているのでしょう。 GOOD ですね!

ーーーーー

<関連>

中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
Apple と China Telecom :中国人ユーザーのデータは、中国本土の DC へ
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!

 

Comments Off on Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!

China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?

Posted in Asia, Mobile, Telecom by Agile Cat on August 12, 2014

China Mobile May Acquire 20% Stake In Malaysian Carrier
http://wp.me/pwo1E-7KE
August 12, 2014 
http://www.chinatechnews.com/2014/08/12/20803-china-mobile-may-acquire-20-stake-in-malaysian-carrier

China Mobile is reportedly negotiating with Axiata Group Bhd, a leading mobile operator in Malaysia, to acquire a 20% stake in the Malaysian firm.

伝えられるところによると China Mobile は、Malaysia 最大のモバイル・キャリアである Axiata Group Bhd の、20% に相当する株式を取得しようとしているようだ。

Calculating with Axiata’s latest closing price, China Mobile needs to pay about USD3.7 billion for the 20% stake. So far, the two parties have not yet reached any agreement, according to reports in foreign media. Axiata and its controlling shareholder Khazanah Nasional Bhd are reluctant to sell that large amount of shares; meanwhile, the price offered by China Mobile is reportedly too low. Khazanah, a Malaysian national investment company, currently owns a 38.8% stake in Axiata.

いまの Axiata の株価で計算すると、この 20% 相当の株式を購入するために、おおよそのところで China Mobile は US $3.7 billion を支払う必要がある。ただし、外国メディアからのレポートによると、これまでのところ、両社が何らかの合意に達しているという状況にはないようだ。 Axiata 自身と、その大株主である Khazanah National Bhd は、今回の株式の大量売却について消極的だとされる。 その一方で、China Mobile から提示された価格が低すぎるという声もある。Malaysia 政府が管理する投資会社 Khazanah は、現時点において、Axiata における株式の 38.8% を所有している。

In June 2014, China Mobile invested USD881 million in the acquisition of a 18% stake in True, a leading telecom carrier in Thailand. If China Mobile is able to reach a final agreement with Axiata to acquire the 20% stake for USD3.7 billion, it will be the largest overseas transaction of the Chinese telecom operator and it will also become the largest telecommunication transaction in Southeast Asia since 2007.

China Mobile は、2014年6月に、Thailand 最大のテレコム・キャリアである True の、18% に相当する株式を US $881 million で取得している。もし、China Mobile が、Axiata における 20% の株式を US $3.7 billion で取得することになると、China のテレコム事業者による最大の海外企業買収となる。さらに言えば、Southeast Asia では 2007年以来で最大の、テレコム事業者同士の取引となる。

According to Axiata’s website, the company operates in eight countries in Southeast Asia and East Asia and it has over 250 million users. In addition, its subsidiary in India acquired a local operator for USD868 million this year.

Axiata の Web サイトによると、同社は Southeast Asia と East Asia の 8カ国で事業を展開し、250 million 以上のユーザーを有しているという。また、India における子会社が、今年になって US $868 million で、ローカルのオペレータを買収している。

Related Links : http://www.chinamobile.com.cn

ーーーーー

ついに、China Mobile の海外展開が本格化するようですね。 タイの True のときは、初の海外提携が China Mobile という状況でしたが、もし Axiata の話がまとまると、その先にいる 8カ国のモバイル事情にも、なんらかの影響力が生じそうですね。 周知のとおり、China Mobile が推進しているのは TD-LTE であり、国際標準である FDD-LTE と真っ向から衝突するものです。 とは言え、昨年に iPhone が、中国市場に入り込めたのも、この TD-LTE に対応したからであり、その一方では、Sprint と Nokia が、TD-LTE の大規模な実験を試みるなど、将来におけるモバイル通信方式は、まだまだ不確定要素を残しているという感じです。 中国は、国家戦力として TD-LTE を押してくるでしょうし、尖兵である Huawei が嫌われる背景には、そんな要因があるのかとも思えるのです。

ーーーーー

<関連>

アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT
China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる

Comments Off on China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か? 背景には LTE の方式をめぐる熾烈な戦いが?

NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした

Posted in Asia, Data Center Trends, Telecom by Agile Cat on May 27, 2014

NTT Com builds fourth datacentre to meet demand for outsourcing services
http://wp.me/pwo1E-7wo

by chong jinn xiung – April 25, 2014
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/04/25/NTT-Com/

With the rising demand for outsourcing services, as well as interconnected and managed datacentres, NTT Communications has opened its Rimba Digital 2 – Global Solution Center & Malaysia Cyberjaya 4 Data Center.

Malaysia におけるアウトソーシング·サービスの需要に応えるだけではなく、インターコネクションとマネージドをキーワドとする、NTT Communications の Rimba Digital 2 がオープンした。 つまり、Global Solution Center & Malaysia Cyberjaya 4 Data Center である。

The Rimba Digital 2 comes just after two years of launching Rimba Digital – Technology Center & Malaysia Cyberjaya 3 Data Center. It’s NTT Com’s the fourth datacentre in Malaysia and its 146th worldwide. Cyberjaya4 will meet the demand for datacentre facilities and services, which industry experts expect to remain strong over the next few years.

この、Rimba Digital 2 は、それに先立つ Rimba Digital の 2年度にローンチされた。Rimba Digital とは、Technology Center & Malaysia Cyberjaya 3 Data Center のことであり、NTT Com にとって、Malaysia では 4番目で、ワールドワイドでは 146 番目のデータセンターのことである。Cyberjaya4 は、データセンターのファシティおよびサービスへの需要に応えるものであり、業界の専門家たちは、今後の数年間で堅調に推移すると予想している。

Malaysia is one of the world’s top-three destinations for IT outsourcing, said president and chief executive officer of NTT MSC Sdn Bhd, Fumitoshi Imaizumi. “Cyberjaya4 offers customers from all sectors, particularly the financial services industry with a large number of advanced features like enhanced data security for high integrity, reliability and performance,” he said. “Services include not only co-location but also hosting, managed services, disaster recovery and security.”

Malaysia は、IT アウトソーシングにおいて、世界の Top-3 に入る国であると、NTT MSC Sdn Bhd の CEO である Fumitoshi Imaizumi は言う。「 Cyberjaya4 は、すべての分野に対応するものであるが、その中でも、とりわけ金融サービスの業界を対象としている。そこでは、データのセキュリティを強化するための高度な整合性と信頼性、そしてパフォーマンスが重視される。 一連のサービスには、コロケーションだけではなく、ホスティング/マネージド/DR/セキュリティなども含まれる」と彼は付け加えている。

Similar to its Cyberjaya3, the new facility features tenantable office space at its Global Solution Center, providing customers with space for remote offices or backup sites, a unique service among datacentres in this region, the company claimed.

Cyberjaya 3 と同様に、この新しいファシリティは、Global Solution Center のテナントのためのオフィス・スペースも提供している。この、リモート・オフィスやバックアップ・サイトのためのスペースを、顧客に提供するデータセンター・サービスは、この地域ではユニークなものとなると、同社は主張している。

Its flexible cabling system allows customers to virtually expand facilities or modify functionality — it’s great for companies that need customised, dedicated systems to fully control their data and equipment.

同データセンターにおける、柔軟なケーブリング・システムにより顧客たちは、仮想的にファシリティを外部に展開したり、機能をモディファイすることも可能になる。つまり、自身のデータや機器を完全にコントロールするために、カスタマイズされた専用のシステムを必要とする企業にとって、最適なものとなる。

The facility is also designed with 42,000sqft  of white space for future infrastructure expansion, eliminating the need for NTT Com to finance and build another facility.

このファシリティには、将来におけるインフラ拡張に対応する、42,000平方フィートのホワイト・スペースも取り込まれている。それにより NTT Com は、別のファシリティのための資金調達や構築から、当面の間は解放されることになる。

The Cyberjaya4 has a total floor space of 87,000sqft, a twofold increase compared to Cyberjaya3. The extra space will accommodate higher human capacity, as well as amenities to support daily operations. These include the Network Operation Center, security room, meeting rooms, and staging areas.

Cyberjaya 4 の総床面積は 87,000平方フィートであり、Cyberjaya 3 と比べて 2倍に増床されている。この増えたスペースは、業務効率を高めるだけに適用されるのではなく、日々の作業に従事する人々をサポートするためにも用いられる。具体的には、Network Operation Center および、セキュリティ・ルーム、ミーティング・ルーム、ステージング・エリアなどが含まれる。

The facility also features NTT Com’s Cloud platform, and is certified to the latest global standards, including TIA-942 Tier 3 and ISO 27001:2005. Cyberjaya 4 is self-owned, self-built and self-operated by NTT Com.

なお、このファシリティは、NTT Com の Cloud Platform を特徴とし、TIA-942 Tier 3 および ISO27001:2005 といった、最新のグローバル・スタンダードとしてのも認定されている。Cyberjaya 4 は NTT Com により、所有され、構築され、運用される データセンターである。

ーーーーー

TAG index先週に、「コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する」という抄訳をポストしましたが、NTT Com のアジアへの投資は、まだまだ止まらないようです。Cyberjaya というのは、クアラルンプール近郊の IT 特区のことらしく、マレーシアで4番目のデータセンターであることから、Cyberjaya 4 と名付けられてりるようです。この記事を読む限り、かなりハイグレードなデータセンターのようであり、人にもマシンにも優しい、いわゆるキャリア・ホテルという感じですね。image

ーーーーー

<関連>

AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
NEC と Alcatel が 海底ケーブルを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Comments Off on NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした

Agile_Cat アジア 特集 : クリックすると元気が出てくるリンク集です!

Posted in .Selected, Asia, Research by Agile Cat on May 6, 2013

需要が支えるアジアの底力が、だんだんと形になってきた
http://wp.me/pwo1E-64R
May 7 2013

image

Agile_Cat が、アジアのマーケットを強く意識するようになったのは、2012年7月に『Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている 』という Pingdom のレポートを訳した時からです。ここでは、アメリカとドイツに続いて、中国が第3位としてのポジションを、固めている状況が示されていました。 ただ、その時は、Great Firewall に囲まれたモバイル大国としては当然というふうにしか、Agile_Cat は受け止めていませんでした。つまり、海外からのサービスが提供されないが故に、その代替として国内サイトが活躍しているという程度にしか捉えていなかったのです。

それでも、今年に入ってからは、意識的に中国とアジアに関連のプログ・ポストを追いかけきました。 そして、代替えとして提供される品質の悪いサービスを、仕方なしに使っているという、それまでの推測とは、ずいぶん異なる状況にあると思えてきました。 なぜなら、iOS も Android も、それぞれのデバイスを送り込むことには成功しているのですが、アップストアを中心とするエコシステムに関しては、中国独自の勢力に進出を阻まれている状況が見えてきたからです。つまり、中国には独自のモバイル・エコシステムが構築され、きわめて品質の高いサービスが提供されているのです。とんだ勘違いで、たいへん失礼しました。。。

また、中国以外の東南アジア諸国に目を向けてみると、シンガポール/ベトナム/インドネシなどを中心とした新たなマーケットが、アジアのオリジナル・サービスを消費しながら、凄まじい勢いで成長している様子も見えて来ました。 そして、その西側には、次のモバイル大国となるインドが控えています。以下のリンク集で、このアジアの勢いを感じてもらえればと思っています。

___space

2012年

Apr 30: インターネット人口が 5年で 2倍になった:あれこれ推測してみる
May 10: 共同謀議のセオリー:Nokia には死んで欲しいから、Win Phone を無視する
May 31: アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
Jun 6: Samsung が Linux Foundation のボード・メンバーに!
Aug 11: iPad のシェアが 72.6% もある、中国のタブレット市場
Nov 18: Android の脅威のシェア : 中国市場で 90% を超える
Dec 2: Apple は Qualcomm に頼ることなく、モバイル途上国を制するのか?
Dec 27: 約2億台の スマホを飲み込んだ、2012年の中国市場
Dec 29: Samsung の Galaxy Music Duos が、ついにインドで発売される

2013年 1月~3月

Jan 2: Samsung は Tizen で、Google と Apple に牙をむく: Docomo もサポート?
Feb 7: Cisco 予測 2017年 : 世界のモバイル・トラフィックは 11.2 EB/月
Feb 12: Facebook が目指すのは、FB フォンではなく、FB チップなのだ!
Mar 6: 中国の Android 依存性シンドロームと、政府に渦巻く危機感
Mar 16: Samsung CEO が、Microsoft と Windows に別離宣言?
Mar 16: 中国製 iPhone 5S イミテーションは、Android ベースで $150 だ!
Mar 18: Docomo と SingTel が手を組む、Firefox OS と HTML5 の戦略とは?
Mar 22: LINE の ベトナム進出 : テレコムの抱き込み戦略は 上手くいくのか?
Mar 23: iPhone の廉価版が 6月~7月 には登場する : プラスチック製で Non-Retina
Mar 28: 中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる

2013年4月

Apr 2: Tencent ユーザーがピンチだ :中国のキャリアが課金を検討か?
Apr 3:
Open Compute と Quanta:台湾の無印サーバーが米国マーケットを席巻!
Apr 9:
中国の UC Browser が、1億人の海外ユーザーを獲得!
Apr 9:
China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す
Apr 10:
Line の Kawaii キャラクター TV アニメ・シリーズ : 海外での評判は?
Apr 10:
クラウド・ビジネスに最適な国は? : 日本が1位に輝く BSA の調査
Apr 12:
中国の スマホ 比率は、全ケータイの 73% に相当する : IDC 調査
Apr 13:
Dropbox : アジア言語圏への本格的な進出が始まる
Apr 14:
世界最大の Web サイトは ? ビジター数をチャートで比べる!
Apr 18:
Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino にオフィス
Apr 24:
中国の モバイル eコマース : 前年比で 600% の成長を達成

Apr 29: 脅威の パズドラ 効果! 海外も注目する GungHo の時価総額 $10B

___space

ーーーーー

TAG indeximage先日の、『Yandex と CERN がコラボ! 機械学習と物理学は 共鳴するのか』という抄訳では、国境をまたいだ新しいコラボレーションを紹介しました。そして、この Yandex は、Google 抜きの Google Play キットを、アジアのキャリアたちに販売しているのです。 また、上記のリストにあるように、Docomo は SingTel と手を組みLINE は ベトナムに進出し、Baidu は Cupertino にオフィスを構えるというふうに、ダイナミックな動きが随所で起っています。

このチャートを見てもらえれば一目瞭然なのですが、UTC +8 と UTC +9 を合わせるだけで、世界のインターネット・トラフィックの 34% も消費しているのです。 そして、これらのタイム・ゾーンは、まだまだ伸びるだけの人口と経済を抱えているのです。今日でゴールデン・ウィークが終わりますが、このアジアの爆発的な勢いが、これからも続いていくことを思い出しながら、明日からの お仕事を頑張ってくださ~い!image141

ーーーーー

<関連>

1秒間に8人のユーザーが増えていくインターネットの世界
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
Facebook が 10億人に届きそう : 新規ユーザーは何処から?
5 年前にはアレがなく、10 年前にはコレがなく、15 年前には何もなかった

 

Comments Off on Agile_Cat アジア 特集 : クリックすると元気が出てくるリンク集です!

China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る

Posted in Asia, Mobile, Post-PC, Social, Tencent by Agile Cat on April 9, 2013

Out of 300 Million Total, Tencent’s WeChat Has 40 Million Overseas Users
http://wp.me/pwo1E-5WL

April 8, 2013 – by
Willis Wee
http://www.techinasia.com/tencent-wechat-40-million-overseas-users/

_ tech in asia

Yesterday at Boao Forum For Asia 2013, Tencent’s President Martin Lau revealed on stage that WeChat has over 40 million overseas users. That’s out of a total user-base of just over 300 million.

昨日(4/7)に開催された Boao Forum For Asia 2013 のステージで、Tencent の President である Martin Lau は WeChat4000万人以上の国外ユーザーがいることを明らかにした。同サービスの全ユーザー数はというと、ちょうど 3億人を超えたところである

Echoing the thoughts of Tencent founder and CEO’s Pony Ma thoughts, Lau believes that mobile internet growth has given a chance for Chinese and Asian technology companies to put themselves onto the global stage. That also includes WeChat competitors, such as NHN Japan’s Line and Korean-made KakaoTalk which has 120 million and over 70 million worldwide users, respectively. Lau also claims that WeChat has topped the app store in Malaysia, the Philippines, and Indonesia. For Malaysia and Indonesia, Lau said that WeChat has become the favorite smartphone application in the country.

Tencent の Co-Fouder であり CEO でもある Pony Ma の考えどおりに、モバイル・インターネットの成長により、China と Asia のテック・カンパニーに、グローバル・マーケットへ進出するチャンスが訪れたと、Lau も信じている。そして、WeChat のコンペティタとしては、たとえば NHN Japan の Line120 million)と、Korea の KakaoTalk70 million)などが含まれる。そして Lau は、Malaysia/Philippines/Indonesiaでのアップストアで、WeChat がトップに立っていると主張する。Malaysia と Indonesia においては、最も好まれるモバイル・アプリのポジションを、WeChat が占めているとも発言している。

Including China, WeChat has over 300 million users in total and has dedicated offices across the world, including Indonesia (a joint venture with MNC), the US and Thailand (via Sanook) to grow its user-base. Last year, Tencent generated $7 billion in revenue with an operating profit of $2.46 billion.

China を含めると、WeChat の総ユーザーは 3億人を数える。 そして、Indonesia (MNC とのジョイント・ベンチャー)や、US と Thailand (Sanook との提携) により、ワールドワイドにオフィスを展開し、ユーザー・ベースを拡大している。そして、昨年の Tencent は、$7 billion の売上と $2.46 billion の利益を計上している

ーーーーー

TAG indexう~ん、イイですね! WeChat も Line も KakaoTalk も元気があって、とても良いです!  PC 時代のアプリケーションは、どうしてもビジネス・ユースの方向へと引っ張られていましたが、Mobile と Post-PC の時代にはコンシューマへの回帰があり、それがアジアのプロバイダーに大きなパワーを与えているように思えます。デバイスが iPhone だろうが Android だろうが、ココを押さえれば、エコシステムが生まれ、成長していきます。ガンバレ Asia! ガンバレ Japan! ・・・です! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

LINE の ベトナム進出 : テレコムの抱き込み戦略は 上手くいくのか?
Tencent ユーザーがピンチだ : 中国のキャリアが課金を検討か?
中国の UC Browser が、1億人の海外ユーザーを獲得!
Docomo と SingTel が手を組む、Firefox OS と HTML5 の戦略とは?
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!

Comments Off on China と Asia のテック・カンパニーは、グローバル・マーケットを目指す: Tencent は語る

%d bloggers like this: