Agile Cat — in the cloud

OK バルマー : たしかに 悪態をついてきたが、いまでは オレも Love Linux だぜ!

Posted in .Chronicle, Linux, Microsoft, Weekend by agilecat.cloud on March 13, 2016
Ballmer: I may have called Linux a cancer but now I love it
Liam Tung – March 11, 2016
http://www.zdnet.com/article/ballmer-i-may-have-called-linux-a-cancer-but-now-i-love-it/
zdnet-logo
Former Microsoft CEO Steve Ballmer no longer thinks Linux is a “malignant cancer”.
 
Microsoft の前 CEO である Steve Ballmer は、Linux について、もはや「悪性のガン」だとは考えていない。
 
With Azure moving up the food chain in Redmond, Microsoft has since 2012 softened its stance on open-source software, capped off by this week’s move to port SQL Server to Linux.
 
Redmond における弱肉強食の連鎖を、Azure が駆け上がったことで、2012年からの Microsoft は、オープンソース・ソフトウェアに対する姿勢を軟化させてきたが、今週に発表した SQL Server の Linux への移植が、その締め括りになるのだろう。
 
ballmer-sbs-v2Image: Microsoft
Ex-Microsoft CEO Steve Ballmer: Going to war with open source made Microsoft a ton of money.
 
Eleven years before that, shortly after taking the helm at Microsoft, Ballmer said, “Linux is a cancer that attaches itself in an intellectual property sense to everything it touches.” The other c-word he used for Linux was communism, accusing the Linux community of diluting Microsoft’s R&D spend by infringing on its intellectual property.
 
11年前のことだが、Microsoft の指揮権を取った直後の Ballmer は、「すべての接触するものから、知的財産を奪っていくという意味において、Linux はガンのようなものだ」と述べている。彼は Linux をコミュニズムと称し、また、Linux コミュニティに対しては、知的財産を侵害することで、Microsoft の R&D における蓄積を、希釈する存在だと批判していた。
 
Reuters reports that Ballmer still stands by his cancer analogy as right for the time. Speaking at an event earlier this week, he said going to war with open source “made a ton of money” that still contributes to Microsoft’s revenue. But he said he now considers that the threat from Linux is over.
 
Reuters のレポートによると、依然として Ballmer は、Linux をガンになぞらえる方が、状況に適したスタンスだと考えていたようだ。今週初めイベントでは、Microsoft の収益に貢献する、膨大なキャッシュを生み出すオープンソースに対して、まだまだ戦うと発言していたのだ。しかし、ついに彼は、Linux からの脅威が消えたと、述べるようになった。
 
Ballmer said he “loved” the SQL for Linux announcement and had emailed Microsoft CEO Satya Nadella to congratulate him on the move.
 
Ballmer は、SQL for Linux の発表に対して、LOVE と表現し、また、Microsoft CEO の Satya Nadella にメールを送り、今回の出来事を祝福したと述べている。
 
Yet, as Reuters points out, Microsoft’s shares lost 40 percent of their value during Ballmer’s 14-year tenure. They’ve risen 50 percent under current chief Nadella, who recently went public on Microsoft’s love for Linux.
 
Reuters が指摘するように、Ballmer が指揮していた 14年の間に、Microsoft の株価は 40% も下げている。しかし、このところ Microsoft’s Love for Linux と公言する、現 CEO Satya Nadella の下で、同社の株価は 50% 弱も上昇しているのだ。
 
Still, it would be wrong to believe the open-sourcing of Microsoft only started with Nadella. A case in point is the open-sourcing of .Net, which began three years before Nadella’s appointment.
 
ただし、Microsoft のオープンソース戦略が、Nadella だけの考えで始まったと、捉えるのは間違いだ。その一例として、Nadella が CEO に就任する 3年前に、.Net のオープンソース化が始まったことを挙げておく。
 
Ballmer said the change in the market’s perception of Microsoft is in part the result of having a new executive at the helm.
 
Microsoft における市場の変化に対する認識は、刷新された執行部がもたらした、結果の一部であると、Ballmer は述べている。
 
Perhaps his new-found peace with Linux is linked to yoga, a practice he said he has taken up after leaving Microsoft in 2014. He also said he and Microsoft co-founder Bill Gates “have gone our own paths”.
 
おそらく、彼の Linux に対する新しい発見は、ヨガの練習と安息に紐付けされるのだろう。2014年に Microsoft を離れた後に、それを再開したと、彼は述べている。また、Microsoft Co-Founder の Bill Gates については、「私たちが共有する道を進んでいる」と、Ballmer は発言している。
 
ーーーーー
weekend長い抗争に終止符が打たれ、メデタイというか、ホッとしたというか、感無量の心地です。 あちらは、知る由もなかったでしょうが、事あるごとに噛み付いてきた、Agiel Cat の長い戦いも、これで手打ちです。 この記事を訳していて思ったのですが、バルマーさんは、超リアリストなのですね。 だから、ダイレクトに数字に結びつかないオープンソースを、認めたくなかったのでしょう。 しかし、時代は変わったのです。 これまでの、組織に帰属する知的財産が、オープンソースの到来により、一人一人のエンジニアに帰属する時代へと変わったのです。 それにしても、ここでヨガを引っ張り出してくるのは、なかなかナイスです🙂 テレ隠しもあるのでしょうが、OK バルマー だぜ! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Linux という静かなる存在と、想像を絶する 12 の金字塔
Microsoft から OCP へのコントリビューション:それが Sonic Linux Networking Suite だ!
CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows
中国政府と Ubuntu が契約書にサイン : China と Linux のコラボが始まる
 

Comments Off on OK バルマー : たしかに 悪態をついてきたが、いまでは オレも Love Linux だぜ!

Microsoft から OCP へのコントリビューション:それが Sonic Linux Networking Suite だ!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Google, Microsoft, Open Compute by agilecat.cloud on March 11, 2016
Microsoft Contributes Its Sonic Linux Networking Suite to Open Compute Project
Manish Singh – March 10, 2016
http://gadgets.ndtv.com/apps/news/microsoft-contributes-its-sonic-linux-networking-suite-to-open-compute-project-811947
 
Screen Shot 2016-03-11 at 4.42.36 AM
 
Microsoft is taking a major step in the world of free, open-source software. The Windows maker has announced that it is giving away Sonic, its own designed software, to users for free.
 
Microsoft は、オープンソース・ソフトウェアという自由な世界で、大きな一歩を踏み出した。この Windows メーカーは、独自にデザインしたソフトウェア Sonic を、ユーザーに対して無償で配布するとアナウンスしたのだ。
 
microsoft_linux_nadella_officialAt the Open Compute Project US Summit, Microsoft announced that it is proposing to contribute Software for Open Networking in the Cloud (Sonic) to the project. The suite in question is utilised to control networking hardware, which typically run on programs mandated by their respective vendor. Microsoft has published the open-source project on its GitHub repository.
 
いま開催中の Open Compute Project US Summit において、Microsoft が発表したのは、このプロジェクトに対して、Software for Open Networking in the Cloud (Sonic) をコントリビュートするという提案である。一般には、それぞれのベンダーが義務付けるプログラムを用いて、ネットワーク・ハードウェアが制御されるわけだが、その方式を変更することが、ここでの論点となる。すでに Microsoft は、GitHubの リポジトリ上で、このオープンソース・プロジェクトを発表している。
 
Sonic, which runs on the Debian Linux distribution, can be deemed as a free alternative for many of Cisco‘s networking suites. “Sonic is a collection of software networking components required to build network devices like switches,” Microsoft wrote in a blog post.
 
Sonic は、Debian の Linux ディストリビューション上で動作し、また、Cisco から提供される多様なネットワーク・スイートを、無償で置き換えるものとみなされる。Microsoft は、「 Sonic は、スイッチなどのネットワーク・デバイスを構築するために必要な、ソフトウェア・ネットワーク・コンポーネントのコレクションである」と、そのブログで述べている
 
“Together with SAI (Switch Abstraction Interface — which Microsoft contributed last year), Sonic will enable cloud operators to take advantage of hardware innovation, while giving them a framework to build upon open source code for applications on the network switch. We believe it’s the final piece of the puzzle in delivering a fully open sourced switch platform that can share the same software stack across hardware from multiple switch vendors.”
 
「 SAI (Switch Abstraction Interface — 昨年に Microsoft がコントリビュート) と組み合わせることで、クラウド事業者たちにおけるハードウェア・イノベーションを促進することが、Sonic の役割である。それと平行して、対象となるネットワーク・スイッチ上で動作する、オープンソース・コードで構築されたアプリケーションのための、フレームワークを提供するものとなる。完全にオープンソース化された、スイッチ・プラットフォームを提供していくパズルにおいて、この Sinic が最後のピースになると、私たちは確信している。そのプラットフォームとは、多様なスイッチ・ベンダーから提供されるハードウェアを、同じソフトウェア・スタックを用いて共有するものである」
 
Microsoft joined the Facebook-founded Open Compute Project in 2014 as a founding member. The initiative publishes new hardware designs to improve the performance and feasibility of data centre technologies. Microsoft’s growing effort towards contributing to open source technologies is one of the many major changes the company has adopted under the leadership of Satya Nadella.
 
Facebook が設立した Open Compute Project に、Microsoft が参加したのは、2014年のことである。このイニシアチブは、データセンター・テクノロジーにおける、性能と実現性を改善するための、新しいハードウェア・デザインを発行している。このオープンソース・テクノロジーに対して、Microsoft が注力しているコントリュビューションは、Satya Nadella のリーダーシップの下で取り入れられた、同社における重要な変革の一つである。
 
Microsoft is not the only company making major news at the summit. Search giant Google also announced this week that it is joining the Open Compute Project.
 
今回の Open Compute Project US Summit において、Microsoft 以外の企業からも、重大なニュースが提供されている。あのサーチ・ジャイアントである Google が、この Open Compute Project に参加すると発表したのだ。
 
ーーーーー
open-compute昨年に Microsoft がコントリュビュートした SAI (Switch Abstraction Interface) も、今回の Sonic (Software for Open Networking in the Cloud) も、同社のデータセンターを運用するために利用されているのでしょう。 Microsoft のデータセンターでは、スイッチ・ベンダーが提供するソフトウェアは、ほとんど利用されてないのでしょうか? それとも、OCP にコントリビュートし、このコミュニティの力を借りることで、新たなデータセンター運用を実現したいと考えているのでしょうか? まぁ、いずれにしても、OCP への求心力は高まっているように思えます。 この NDTV ポスト以外にも、以下の記事が提供されています。_AC Stamp
 
Microsoft contributes to Facebook’s Open Compute Project; Cisco, are you watching?
Microsoft just joined Facebook and fired a huge shot at Cisco
Microsoft proposes SONiC contribution to Open Compute Project
Microsoft unveils software networking toolkit at OCP Summit as Google joins the party
Microsoft has released a Debian Linux switch OS. Repeat, a Debian Linux switch OS
ーーーーー
<関連>
Google が OCP に参加した! ハードウェア産業におけるゲーム・チェンジが加速していく!
OCP と テレコム: AT&T や Verizon などが、この新しいモデルに続々と参加してきた!
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack および VMware と Microsoft に対応!
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
 

Comments Off on Microsoft から OCP へのコントリビューション:それが Sonic Linux Networking Suite だ!

Container の調査: エンタープライズ DevOps を実現するためにも、コンテナは不可欠なテクノロジーとなる!

Posted in Container, DevOps, Enterprise Social, On Monday by agilecat.cloud on February 1, 2016
Containers: Enabling Build-Once-Run-Anywhere Applications
By Dick Weisinger – January 28th, 2016
http://formtek.com/blog/containers-enabling-build-once-run-anywhere-applications/
_ formtek
Containers are stand-alone lightweight packages that provide a isolated environment for an application and its configuration complete with all needed dependencies and libraries.  Containers are easily provisioned in real-time and typically use far fewer resources than virtual machines.
 
コンテナとは、それぞれのアプリケーションのための個別の環境を提供し、また、必要とされる全ての依存関係やライブラリを用いたコフィグレーションを実現する、スタンドアロンで軽量なパッケージのことである。そして、仮想マシンとの比較において、コンテナはリアルタイムでのプロビジョニングを、はるかに少ないリソースで実現するのが一般とされている。
 
Chagall_5Robert Stroud, Forrester analyst, wrote that “Containers are all the rage!… Container adoption is being driven by the promise that containers deliver the ability to build once and run anywhere, allowing increased server efficiency and scalability for technology managers.”
 
Forrester のアナリストである Robert Stroud は、「コンテナは、誰もが熱望するものである。そして、コンテナが約束する Build Once and Run Anywhere の能力により、その採用が促進されている。つまり、テクノロジーの管理者から見ると、サーバーを利用する際の、効率性とスケーラビリティが増大することになるのだ」と記している
 
The results of a survey by Robin Systems being announced today, found that:
 
今日 (1/28)、Robin Systems がアナウンスした調査結果の、以下の項目に注目したい:
 
  • Adoption of containers for running enterprise applications is growing.  More than half of enterprises are using containers in production or are experimenting with containers
  • Containers are being used for both stateless and stateful applications
  • Nearly three-quarters of respondents say that containers are the preferred method for running databases, and 40 percent say that it makes sense to use containers to run Big Data applications like Hadoop and Spark.
 
  • エンタープライズ・アプリケーションを実行する際の、コンテナの採用が増えきてきている。半分以上のエンタープライズが、実運用もしくは実験の環境で、コンテナを利用しているという。
  • コンテナは、ステートレスおよびステートフルのアプリケーションで利用できる。
  • 回答者の約 3/4 が、データベースを実行する際に、コンテナは好ましい手法になると述べている。また、回答者の 40% が、Hadoop や Spark といった、Big Data アプリケーションを運用する際に、コンテナの利用は理にかなっていると述べている。
 
Partha Seetala, chief technology officer at Robin, said that “containers are a natural platform for running performance sensitive applications such as databases, as they enable consolidation without compromising performance or predictability.  This aligns perfectly with our vision of providing enterprises a high-performance and elastic containerized platform for stateful and mission-critical applications.”
 
Robin の CTO である Partha Seetala は、「たとえばデータベースなどの、パフォーマンスを考慮しなければならないアプリケーションを実行する際に、コンテナは自然なプラットフォームとなる。予測の能力と性能を犠牲にすることなく、コンテナによる統合が実現されていくにつれて、このような見方が広まってきた。つまり、ステートフルでミッション・クリティカルなアプリケーションのための、高性能で弾力性のあるプラットフォームを、エンタープライズに提供することが不可欠になるという、私たちのビジョンと完全に一致しているのだ」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday別件で、5 cloud computing predictions for 2016 という長いドキュメントを訳したのですが、その中でも、エンタープライズにおけるコンテナの利用が、今年のトレンドになると解説されていました。つまり、今年はエンタープライズも、クラウド・ネイティ・ブアプリケーションに突入すると予測しているのですが、そうなるとアップデートのサイクルが、年に数回というレベルから、日に数回というレベルに加速していくと述べているのです。この Dick Weisinger さんのポストでも、コンテナの効率が指摘されていますが、大きく変化していく開発/運用の形態を前提に考えると、その重要性がさらに強く感じられます。 つまり、DevOps にとって、コンテナが不可欠なのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
Social Media の調査: ヘルスケア・ビジネスと、ユーザー接触と、コンプライアンス
 

Comments Off on Container の調査: エンタープライズ DevOps を実現するためにも、コンテナは不可欠なテクノロジーとなる!

Intel が IoTivity を発表:この IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援を申し出た!

Posted in .Chronicle, .Selected, IoT, Linux, Strategy by Agile Cat on January 17, 2015

Intel Unveils ‘Internet of Things’ Open-Source Framework
http://wp.me/pwo1E-8cI
Sami Ghanmi – Jan 15, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/32646/20150115/intel-unveils-internet-things-open-source-framework.htm

_China Topix

Multinational chip maker Intel Corporation’s Open Interconnect Consortium (OIC) recently unveiled IoTivity, an open-source software framework for providing connectivity to IoT devices.

多国籍チップ・メーカーである Intel だが、その Open Interconnect Consortium (OIC) が先日に、IoT デバイスに接続性を提供するための、オープンソース・ソフトウェア・フレームワークである IoTivity を発表した。

"The ability for devices and machines to communicate will unleash a whole new world of technology innovation," said Jim Zemlin, executive director at the Linux Foundation.

Linux Foundation の Executive Director である Jim Zemlin は、「このデバイスやマシンを接続する能力により、テクノロジー・イノベーションが新たな世界へ向けて解き放たれる」と述べている。

Photo : Intel
OIC’s IoTivity Open Source Software Framework

"Open-source software and collaborative development are the building blocks to get us there. IoTivity is an exciting opportunity for the open-source community to help advance this work."

そして、「オープン·ソース·ソフトウェアと共同開発が、私たちが取得すべきビルディング・ブロックである。そして、この作業を促進していくオープンソース・コミュニティにとって、IoTivity は素晴らしいチャンスとなる」と続けている。

An independent steering committee will oversee the open-source framework while communicating with Intel’s OIC.

なんらかの独立した運営委員会が、Intel の OIC と連携しながら、このオープンソース・フレームワークを監督していくことになる。

"We believe that an open-source project combined with the OIC’s standards efforts is critical to driving true interoperability for the billions of IoT devices that will be coming online over the next few years," said Mark Skarpness, Intel’s director of embedded software at its Open Source Technology Center, and the chair of the IoTivity Steering Group.

Intel の Open Source Technology Center で Director of Embedded Software を務め、IoTivity Steering Group の Chair も兼任する Mark Skarpness は、「私たちは、なんらかのオープンソース・プロジェクトと、OIC における標準化の取り組みが連携することで、数十億になるとも言われる IoT デバイスのための、ほんとうの意味でのインターオペラビリティが促進されると信じている。それらが、これからの数年間で、オンラインで接続されていく」と述べている。

"We are pleased to be working with The Linux Foundation and the open-source community to advance the project."

そして、「私たちは、このプロジェクトを前進させるために、Linux Foundationおよびオープンソース·コミュニティと協力できることを、とても喜んでいる」と続けている。

IoTivity’s features will include device-to-device connectivity, information exchange, messaging connectivity, APIs, an SDK, secure connection and device discovery.

IoTivity は、その機能として、デバイス間の接続性/情報エクスチェンジ/メッセージング接続/API/SDK/セキュア接続/デバイス検出などを取り込んでいる。

"All developers are welcome to join the community and start contributing by submitting code, bug fixes or suggestions for new features, all using IoTivity’s online project tools that are also being made available today," Skarpness added.

そして Skarpness は、「すべてのデベロッパーを歓迎する。 ぜひ、コミュニティに参加し、コードの提供や、バグ・フィックス、新しい機能の提案といった、コントリビューションを開始して欲しい。また、すべての IoTivity オンライン・プロジェクト・ツールが、今日から使用できるようになっている」と呼びかけている。

ーーーーー

なんか、来たぞ、来たぞ、という感じですね。 もちろん、Intel がコアとして存在するところに求心力を感じますが、こういう展開には Linux Foundation が不可欠ですよね。 なんというか、OSS の支援がないと、つまり、そのエコシステムが機能しないと、IoT も成り立たないという雰囲気があります。 すべての領域において、オープン・ソースが重要な役割を担っていますが、この IoT も決して例外ではないはずです。 

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
Intel が OpenStack を絶賛 : イノベーションに OSS は欠かせない

Comments Off on Intel が IoTivity を発表:この IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援を申し出た!

Agile_Cat:2014年 11月の マトメ : マルチ・デバイスとクッキーの関係

Posted in Research by Agile Cat on December 1, 2014

誰もが気になっていた、モバイル広告でのトラッキングとは・・・
http://wp.me/pwo1E-84c

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

11月のマトメですが、いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数から見ていきます。 普段の月と、だいぶ風景が違いますよね。その理由は、「クッキーは死んだ・・・」というポストが、Agile Cat が始まって以来の PV を出し、Facebook と Gunosy が大幅に伸びているからです。 その他にも、Hatena と Twitter も大健闘です。 また、先月にご説明しましたが、HTTPS の関係で Google からの参照数が減ってきているので、これまでの com と jp を1つにまとめました。 それで、こんな感じのチャートになったわけですが、12月は、いつもの状況に戻るはずなので、レンジも 9000 以下くらいに再設定する予定でいます。

_--space15

_--space15_--space14

そして、トップ・ポストの方ですが、モバイル広告をめぐる動きや、ソーシャル関連、そして、CoreOS+Docker などが、人気を集めているという感じです。また、下位の方になりますが、データセンター全般について、関心が集まっている様子が見えてきます。 そして、「19:2014年:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ」ですが、11/29 にポストした 2014年の第一弾が、二日の間にランク・インしてきました。 今年を振り返る上で、便利に使えるようになっていますので、ぜひ、お試しください。

_--space13

1: クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
2: Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
3:
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由
4:
DigitalOcean+CoreOS+Docker:大変革を引き起こす!
5:
モバイル・アド:2018年には全米デジタル広告の 50% を超える?
6: CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux を再編する
7:
Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げる
8:
IoT が 海に潜っていく: そのための、水中 WiFi テクノロジーとは?
9: Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% をモバイルから!
10: Samsung と Apple がシェアを落とす、2014 Q3 の スマホ 攻防戦
11: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/10月
12: Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% が占有!
13: 急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図!
14:
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
15:
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
16:
2017年を境に DC数は減少にいたるが、全体的なキャパは継続して成長
17: Facebook の 2014 Q3 決算を分析:モバイル広告の伸びがスゴイ!
18: iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
19: 2014年:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ
20:
Google データセンターの世界:とても豪華な写真集 
___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

ーーーーー

imageこの写真、なんだと思います?  最高のデバイスなのですが、最高に乾電池を消費してくれる、Apple のトラック・パッドです🙂 いったい、どれくらい使うものかと、空になった単3を、1年ほど捨てずにレジ袋に溜め込んでおいたら、こんな感じで、なんか違うよね・・・というわけです。 そして、充電式に切り替えたけど、1週間も保たないことが判明したので、Web で探してみたら、Mobee という USB 充電池が見つかりました。とにかく、充電しながら使えるところが、とっても有り難いです。なんというか、Apple が USB 給電ポートを付けておいてくれれば、それで済む話なのですが、やはりデザイン的に許せないのだろうと、妙に納得したという次第です。 image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 10月の マトメ : バトル・フィールドが見えてきた
Agile_Cat:2014年 9月の マトメ : VMware を巡るウワサが注目を集める
Agile_Cat:2014年 8月の マトメ : Google Maps の人気を再確認
Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの
Agile_Cat:2014年 6月の マトメ : クラウドは何処へ向かうのか?
Agile_Cat:2014年 5月の マトメ : 気になるダイレクト接続

Comments Off on Agile_Cat:2014年 11月の マトメ : マルチ・デバイスとクッキーの関係

DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!

Posted in .Chronicle, .Selected, Container, Digital Ocean by Agile Cat on November 22, 2014

Hot cloud DigitalOcean throws its support behind the Docker-friendly CoreOS operating system
http://wp.me/pwo1E-82z
September 5, 2014 – Jordan Novet
http://venturebeat.com/2014/09/05/hot-cloud-digitalocean-throws-its-support-behind-the-docker-friendly-coreos-operating-system/

_ VB

Cloud providers — those companies that store remote data — are coming around to welcome a new kind of operating system, one that updates itself not unlike Google Chrome browser. CoreOS, the fledgling startup behind this operating system, today announced that the OS can now be set up with a mouse click on the fast-growing DigitalOcean cloud.

クラウド·プロバイダーとは、顧客のデータをリモートにストアする企業であるが、そんな彼らが、Google Chrome ブラウザとは異なる方式で自身をアップデートする、ある種の新しいオペレーティング・システムを歓迎し始めている。それが CoreOS であるが、このオペレーティング・システムを支えるホットなスタートアップの発表によると、急成長している DigitalOcean クラウド上でも、マウス・クリックだけで設定が完了するようになったようだ。

Image Credit
DigitalOcean

The development points to the increasing acceptance of containers that wrap up application code and can be moved from one server environment to another with no tinkering. The startup Docker released its container technology under an open-source license last year and has accelerated the adoption of containers as an alternative to virtualization software for running multiple applications on each physical server.

それらを用いた開発のポイントは、アプリケーション·コードをラップするコンテナを受け入れ易くするところにあり、また、作成されたコンテナが、なんの苦労も必要とせずに、複数のサーバー環境間を渡り歩けるようにするところにある。そして、もう1つのスタートアップである Docker は、このコンテナ・テクノロジーを昨年に、オープンソース・ライセンスの下でリリースしており、仮想化ソフトウェア代替手段としてコンテナの採用を加速している。 つまり、それにより、各種の物理サーバー上で実行が可能な、大量のアプリケーションを生み出しているのである。

CoreOS builds on top of Docker, by enabling developers to shoot their applications inside Docker containers across scores of physical servers. Google and Rackspace have partnered with CoreOS to make it possible to easily set up the Linux-based operating system on their respective cloud infrastructures. It’s also possible to boot CoreOS on the market-leading public cloud, Amazon Web Services. And with smaller but trendy DigitalOcean hopping aboard, CoreOS could become more common for applications born in the cloud.

Docker 上に構築される CoreOS は、物理サーバー間の線引を超えていく Docker コンテナの内側に、自身のアプリケーションを詰め込みたい、デベロッパーたちの思いを実現していく。すでに GoogleRackspace は、CoreOS に関する提携をスタートしており、それぞれのクラウド・インフラ上で、この Linux ベース OS の設定を容易にするために取り組んでいる。さらに言えば、このマーケットをリードする、パブリック・クラウドである Amazon Web Services 上でも CoreOS を起動できる。そして今回、規模は小さくても、ホットでトレンディな DigitalOcean が乗ってきたことで、クラウド・ネイティブなアプリケーションにとって、CoreOS が共通項となる可能性が生じてきた。

Now CoreOS faces the grand challenge of convincing companies to run its operating system in their on-premises data centers and become a standard like Red Hat.

CoreOS にとって、現時点における大きなチャレンジとは、使い慣れた OS をオンプレミスのデータセンターで運用しているエンタープライズたちを説得し、Red Hat のようなスタンダードとして、自らのポジションを位置づけていくことである。

The recent funding round should help in that affair, along with CoreOS’ acquisition of Quay for storing private Docker files. Stay tuned to see what happens next on “The CoreOS Revolution.”

最近のファンド・ラウンドにおける資金調達は、プライベートに Docker ファイルをストアする Quay を、CoreOS が買収するという戦略を推進するはずだ。“The CoreOS Revolution” は、次に何を引き起こすのだろうか? 引き続き、注目していきたい。

ーーーーー

DigitalOcean と、Core OS と、Docker という組み合わせですが、ほんの数年前には、どれとして、この世に存在していなかったという、超フレッシュなトリオということになります。世の中の常として、大規模なプロダクトやサービスは、基本は変えずに周囲を補強することで進化していきます。 しかし、それらとて、テクノロジーの海に浮かぶ小舟であり、新たな大波に乗って登場してくるスタートアップたちに、時として本質論で厳しく攻め立てられていきます。 なんというか、大きな潮流の変化を感じるトピックですね。

ーーーーー

<関連>

DigitalOcean:AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表
CoreOS:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

 

Comments Off on DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!

CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する

Posted in Container, Linux, On Monday, Red Hat by Agile Cat on November 17, 2014

CoreOS: Linux Vendors in the Crosshairs of Disruption
http://wp.me/pwo1E-81Z
By Dick Weisinger – November 11, 2014
http://formtek.com/blog/coreos-linux-vendors-in-the-crosshairs-of-disruption/

_ formtek

Linux distribution vendors like Red Hat, Canonical, and Suse are under threat of disruption from a repackaged and streamlined minimalist product from CoreOS.

Red Hat および、Canonical、SuSE といった Linux ディストリビューション・ベンダーたちは、CoreOS が合理化と最小化を念頭に再考した、新たなプロダクトの脅威にさらされ、混乱に陥っている。

Cloud providers are intrigued with the technology, and CoreOS is now offered on AWS, Google Compute Engine, Rackspace, OpenStack and VMware.

クラウド·プロバイダーたちは CoreOS のテクノロジーに興味を覚え、いまでは AWS および、Google Compute EngineRackspaceOpenStackVMware が提供するという状況にある。

Traditional Linux distributions have become increasingly bloated as vendors have added ever more features.  Matt Assay in an Infoworld article quotes a Linux industry observer as saying that ”CoreOS is the first cloud-native OS to emerge. It is lightweight, disposable, and tries to embed devops practices in its architecture. RHEL has always been about adding value by adding more. CoreOS creates value by giving you less.”

従来からの Linux ディストリビューションは、そのベンダーたちが機能を追加し続けるにつれて、肥大化の一途を辿っている。Infoworld の記事において Matt Assay は、Linux 業界オブザーバーの発言をを引用し、「CoreOS は、初めてのクラウド・ネイティブ OS として登場している。それは、軽量で使い捨てであり、クラウド・アーキテクチャにおける DevOps プラクティスと強く結びついている。RHEL は、常に機能を追加することで、その価値を高めるという方式を取ってきた。 しかし、CoreOS は機能を削ることで、価値を生み出している」と述べている

CoreOS is designed to be cluster ready and easily maintainable.  The ideas behind the CoreOS Linux distribution, which is a fork of Google’s Chrome OS, include:

CoreOS は、クラスタに対応し、その維持が容易になるよう、デザインされている。その背景となるのは、Google Chrome OS からフォークした、CoreOS Linux ディストリビューションであり、以下のように要約できる:

  • Minimalist, consuming less than 40 percent RAM than the average Linux distribution
  • Quick updates to new versions, rather than package by package updates
  • Docker Containers used by most applications
  • Designed for clustering
  • 一般的な Linux ディストリビューションとの比較で、40% 以下の RAM 消費という、最小化のデザイン
  • パッケージのアップデートよりも高速な、新バージョンへのアップデート
  • 数多くのアプリケーションが使用する、Docker Containers に対応
  • クラスタリングに対応したデザイン

The easy upgradability is one of the shining features of CoreOS.  Patches and upgrades to OSes can be disruptive and difficult.  Recent OS vulnerabilities like Shellshock and Xen hypervisor were particularly difficult to guard against because they struck at components of the OS.  CoreOS’s design allows the OS to be non-disruptively patched, minimizing headaches related to installing patches.

容易なアップグレードは、CoreOS の輝ける特徴の1つである。時として、OS へのパッチとアップグレードは破壊的なものとなり、また、困難を伴う場合がある。ShellshockXen hypervisor といった、最近の OS に見られる脆弱性は、とりわけ OS コンポーネントの保護が困難なことに起因している。CoreOS のデザインであれば、パッチによる混乱を排除した OS が実現され、パッチのインストールに関連する問題を最小限に抑えられる。

A year ago, Lew Moorman, former Rackspace president, predicted that CoreOS “is the way a lot of modern applications are going to get built — though it’s very early days.  This is not super-mainstream today… but having a lightweight system like this where you can easily manage a huge number of machines will be very, very valuable.”

Rackspace の President を務めていた Lew Moorman は、「CoreOS は、現代的なアプリケーションを、大量に構築する方法を提供するだろうが、いまは、きわめて初期の段階にある。つまり、いまは主流というわけではないが、大量のマシンを容易に管理できる、この種のライトウェイト・システムは、とても大きな価値を持つものとなるだろう」と、1年ほど前に CoreOS の将来を予測していた

参照: InfoQ:CoreOSの最初の安定版がリリース

参照: deeet:CoreOSに入門した

ーーーーー

話は Open Compute Project に飛びますが、2013年1月の Summit のキーワドは、サーバーやラックの構成要素をゼロから再編していく、Disaggregation という概念に集約されていました。 つまり、これからの時代に必要なハードウェアとは、いったい何なのかという観点で、従来からの常識に因われることなく、再考していこうという取り組みです。 その背景には、クラウドの Before/After で激変してしまったデータセンターのデザインという視点があります。 そして、新しくデザインされるデータセンターに大量導入されるラックやサーバーを、再定義する必要性が生じたのですが、それは、Linux ディストリビューションについても言えることなのですね。 この両者の間に、とても似かよった流れを感じます。

ーーーーー

<関連>

Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!

Comments Off on CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する

Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

Posted in Bare-Metal, Container, DevOps, Linux, On Monday by Agile Cat on July 7, 2014

Cloud Computing: The Containerization of Apps
http://wp.me/pwo1E-7DY

By Dick Weisinger – July 1st, 2014
http://formtek.com/blog/cloud-computing-the-containerization-of-apps/

_ formtek

Docker, the ‘Linux Container Engine’, is open-source Linux technology that can package all components needed by an application into a single container which can then be easily moved between cloud platforms, virtual machines, or physical bare-metal servers. 

Docker は Linux Container Engine であり、また、Linux オープンソース・テクノロジーであり、アプリケーションが必要とするすべてのコンポーネントを、シングル・コンテナ内にパッケージ化することを可能にする。さらに言えば、このコンテナは、クラウド・プラットフォームや、仮想マシン、物理ベアメタル・サーバー間を、簡単に移動できるのだ。

Docker allows software to be deployable across a wide range of environments yet doesn’t require platform vendors to conform to specific cloud or VM requirements.  Docker runs on all major Linux distributions, including Red Hat, Debian, Ubuntu, Fedora, Gentoo, Suse and Arch.

つまり、Docker により、幅広い環境におけるソフトウェアのデプロイメント実現されるのだが、そこで要求される移行先が、特定のクラウドや VM であっても、プラットフォーム・ベンダーによる準拠は不要となるのだ。そして Docker は、Red Hat/Debian/Ubuntu/Fedora/Gentoo/Suse/Arch といった、すべての主要 Linux ディストリビューション上で動作する。

Despite Docker being only first released 15 months ago and still only at version ’1.0′, it is already widely used by many internet companies which include eBay, Yelp, Spotify, and Baidu. Additional stats for Docker’s popularity include:

Docker の最初のリリースからは、まだ 15ヶ月しか経っておらず、いまでも Version 1.0 なのだが、たとえば eBay/Yelp/Spotify/Baidu などを含む、数多くのインターネット企業ですでに使用されている。 なお、Docker の人気については、以下のような状況からも判断して欲しい:

  • 2.75+ million downloads
  • 12,000+ stars on GitHub
  • 450+ contributors – 95 percent of whom do not work for Docker, Inc.
  • 14,000+ “Dockerized” applications published on Docker Hub
  • 90+ community-established user groups in more than 30 countries
  • 6,500+ Docker related projects found on GitHub

Ben Golub, Docker CEO, said that ”there’s a groundswell of excitement from the Fortune 10 on down for what Docker can mean for how they build, ship and run applications.  If Docker is successful, we will have enabled the separation of application creation and management from infrastructure management.”

Docker の CEO である Ben Golub は、「 Fortune 10 から中小にいたるまで、Docker が実現するアプリケーションの構築/出荷/実行という方式について、とても大きな興奮の高まりが起こっている。このまま、Docker が成功するなら、アプリケーションの開発と管理を、インフラストラクチャの管理から分離するという、新たな方式が確立するだろう 」と述べている

Scott Johnson, senior Vice President at Docker, said that “we’re from the school of container technology which we simplified along with the packaging and shipping of the container.  There’s been 15 months of rapid innovation. There’s over 440 contributors to the project, including lots of contributions from Red Hat, Google. A lot of rapid change is going on.”

Docker の Senior VP である Scott Johnson は、「私たちは、コンテナ・テクノロジーの学校から生み出されたようなものであり、コンテナによるパッケージングとシッピングにより、ものごとを簡略化していきたいと考えている。そして、この 15ヶ月の間に、とても迅速なイノベーションが生じている。すでに、このプロジェクトには 440人以上のコントリビューターがいるが、Red Hat や Google からも、たくさんのコントリビューションを受けている。つまり、急激な変化が、あちらこちらで、現在進行形で起こっている状況にある」と発言している。

Jay Lyman, senior analyst at 451 Research, said that “enterprise organizations are seeking and sometimes struggling to make applications and workloads more portable and distributed in an effective, standardized and repeatable way.  Just as GitHub stimulated collaboration and innovation by making source code shareable, Docker Hub, Official Repos and commercial support are helping enterprises to answer this challenge by improving the way they package, deploy and manage applications.”

451 Research の Senior Analyst である Jay Lyman は、「 エンタープライズたちは、アプリケーションやワークロードの移植性を高め、また、効果的かつ標準的な方法で繰り返して配布したいと考えているが、とても苦労しているという側面もある。GitHub でソースコードを共有することで、コラボレーションとイノベーションが刺激されたように、Docker Hub および、Official Repos、商用サポートにより、アプリケーションの Package/Deploy/Manage の方式が改善され、この課題に取り組むエンタープライスの支援が促進されている 」と述べている

ーーーーー

絶好調の Docker ですが、これ程の実績を、すでに残しているとは知りませんでした。 そして Docker の良いところは、VM だけではなく Bare-Metal にも対応している点であり、すでに、その方向へと舵を切り始めている SoftLayer  RackSpace などを、側面から強力にサポートしていくはずです。 AWS の大きな功績により、マーケットが開拓され、ビジネス・モデルが確立してきたクラウドですが、そろそろ第二幕が始まりそうで、とてもワクワクしています。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれるものになる

Comments Off on Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

%d bloggers like this: