Agile Cat — in the cloud

Pivotal と Piston が タッグ : Cloud Foundry を OpenStack 上にアジャイル展開

Posted in .Selected, Cloud Foundry, OpenStack, PaaS, VMware by Agile Cat on August 29, 2013

Piston Provides OpenStack Infrastructure to Cloud Foundry Ecosystem
http://wp.me/pwo1E-6xZ
Maria Deutscher | August 25th
http://siliconangle.com/blog/2013/08/25/piston-provides-openstack-infrastructure-to-cloud-foundry-ecosystem/

_ Silicon Angle

Piston Cloud has started a new chapter in its partnership with EMC and VMware spin-off Pivotal by setting up an OpenStack environment for the Cloud Foundry development community. The two companies had previously collaborated on an interface that allows the VMware-developed platform-as-a-service (PaaS) solution to run on top of OpenStack.

Piston Cloud は、EMC と VMware からスピンオフし、Cloud Foundry 開発コミュニティに OpenStack 環境を提供する、Pivotal とのパートナーシップにより新しい領域へと飛び込むことになった。この両社は、以前より、VMware が開発した PaaS ソリューションを、OpenStack 上で実行するための、インターフェイスの作成において協力関係にあった。

imagePiston hopes that the deployment will enable “large-scale continuous integration testing” of Cloud Foundry and OpenStack. The goal is to accelerate the growth of the former ecosystem by empowering developers to create and “easily accept contributions from anyone.”

Piston が望むのは、このデプロイメントにより、Cloud Foundry と OpenStack に関する、大規模スケールでのインテグレーション・テストが継続的に展開される状況である。その目標は、デベロッパー達による開発に権限を与え、誰からのコントリビューションも受け入れることで成長してきた、これまでのエコシステムをさらに加速させることである。

Piston Cloud co-founder and CTO Joshua McKenty is joining the Cloud Foundry Advisory Board. The companies will demonstrate the implementation at the upcoming Platform: The Cloud Foundry Conference in Santa Clara.

Piston Cloud の Co-Founder and CTO である Joshua McKenty は、すでに Cloud Foundry Advisory Board に参加している。そして、この両者は、Santa Clara で開催される、The Cloud Foundry Conference で、これから仕上がってくるプラットフォームの実装をデモンストレーションする。

“We believe that the Cloud Foundry platform has the potential to become a remarkable asset that a broader ecosystem can leverage to enable a new generation of applications for the cloud,” said James Watters, the head of product, marketing and ecosystem at Pivotal. “We are already seeing significant traction from joint customers who want to combine the agile Cloud Foundry platform with OpenStack. We are very grateful for Piston’s investment in both Cloud Foundry’s community infrastructure and Joshua’s participation on the advisory board. We look forward to growing and expanding an open Cloud Foundry community together.”

「 私たちは、Cloud Foundry プラットフォームに、きわめて重要な資産となる可能性が秘められていると信じる。それにより、より広範におよぶエコシステムが、クラウドのための新世代アプリケーションを実現していくだろう」と、Pivotal の Head of Product, Marketing and Ecosystem である James Watters は述べている。そして、「 私たちは、Cloud Foundry と OpenStack をアジャイルに接続したいという共通の顧客たちが、このプロジェクトを強力に推進しているのを確認している。Cloud Foundry コミュニティ・インフラとアドバイザリー・ボードへの Joshua の参加という、Piston の取り組みには、とても感謝している。私たちは、オープンな Cloud Foundry コミュニティを、一緒になって成長させることを楽しみにしている」 と続けている。

Pivotal’s decision to adopt OpenStack may undermine VMware, which rightly perceives the project as a threat to its core virtualization business. Chief executive Pat Gelsinger stated in an interview that “we don’t see it having great success coming into the enterprise” because most organizations are heavily invested in their VMware environments, but prominent customers such as PayPal are proving otherwise. The ecommerce giant started rolling out OpenStack in May.

Pivotal が OpenStack を採用するという決定は、VMware を弱体化させるだろう。つまり、そのコアである仮想化ビジネスに対して、脅威をもたらすプロジェクトとして知覚される。CEO である Pat Gelsinger は、「 私たちは、それがエンタープライズで大成功を収めているとは思っていない」と、インタビューで述べている。それは、大半の組織が VMware の環境に対して、大規模な投資を行っているからという理由によるのだろうが、PayPal などの著名な顧客は、他の方向性を明らかにしている。 この eコマース・ジャイアントは、OpenStack の展開を、この 5月に開始している。

ーーーーー

image本文中で述べられている Piston と Pivotal の提携という話は、以前にポストした 『 Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた! 』という抄訳に関連することだと思います。ただ、この記事で出た 2012年4月の時点での、Cloud Foundry と Pivotal の関係はというと、明らかにはされていたかったはずです。それにしても、オープンな IaaS と PaaS の代表格が、このように接続されていくことに、大きな流れが加速しているような印象を受けますね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベートとは?
Cisco が Piston Cloud に出資 : さらなる OpenStack へのコミットか?
Cloud Foundry がフォークする? : その可能性について調べてみよう
VMware は Cloud Foundry に、独自の道を歩ませるべきだ
VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?

 

Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!

Posted in .Selected, OpenStack, VMware by Agile Cat on May 1, 2012

Piston Cloud Computing to Integrate Cloud Foundry and OpenStack
http://wp.me/pwo1E-4aa
April 30, 2012, 10:09 a.m. EDT
http://www.marketwatch.com/story/piston-cloud-computing-to-integrate-cloud-foundry-and-openstack-2012-04-30

OpenStack Leader Brings Most Popular Open Source Platform-as-a-Service to the OpenStack Community

_ Marketwire

SAN FRANCISCO, CA, Apr 30, 2012 (MARKETWIRE via COMTEX) — Piston Cloud Computing, Inc., the enterprise OpenStack(TM) company, today announced a new community open source project to allow the Cloud Foundry(TM) platform-as-a-service to run on OpenStack. With cooperation from VMware(R), Piston Cloud is developing the Cloud Provider Interface that integrates OpenStack cloud infrastructure with Cloud Foundry. The company will distribute and support this new integrated capability in a future release of Piston Enterprise OS. This new project will be submitted to the OpenStack satellite ecosystem for future consideration as an OpenStack incubation project.

SAN FRANCISCO, CA, Apr 30, 2012 (MARKETWIRE via COMTEX) — Piston Cloud Computing, Inc. — 今朝のことだが、このエンタープライス OpenStack カンパニーは、新たなオープンソース PaaS プロジェクトである Cloud Foundry を、OpenStack 上で稼働させると発表した。 VMware からの協力を得るかたちで、 Piston Cloud は Cloud Provider Interface を開発し、それにより、OpenStack のクラウド・インフラストラクチャと Cloud Foundry を統合していく。 同社は、将来における Piston Enterprise OS のリリースにおいて、この、新たに統合される機能のディストリビューションとサポートするだろう。 この新しいプロジェクトは、OpenStack のインキュベーション・プロジェクトとして、これから検討していくために、OpenStack のサテライト・エコシステムにサブミットされるだろう。

imageCloud Foundry is the leading open source platform-as-a-service (PaaS) offering with a fast growing ecosystem and strong enterprise demand. OpenStack is a global collaboration of developers and cloud computing technologists producing the ubiquitous open source cloud computing platform for public and private clouds. The integration takes advantage of Cloud Foundry BOSH, the recently announced open source tool chain for release engineering, deployment and life cycle management of very large scale instances of Cloud Foundry. The Piston Cloud development team will work closely with the VMware Cloud Foundry engineering team on this integrated OpenStack and Cloud Foundry community project over time.

Cloud Foundry は、迅速なエコシステムの形成と、強力なエンタープライス・デマンドを主張する、オープンソース PaaS である。 OpenStack は、グローバルなデベロッパー・コラボレーションと、クラウド・コンピューティング・テクノロジーを推進し、パブリック/プライベートのクラウドを実現する、ユビキタス・オープンソース・クラウドコ・ンピューティング・プラットフォームを作成している。 この統合においては、Cloud Foundry BOSH の先進性が用いられる。それは、最近に発表されたオープンソース・ツールのことであり、きわめて大規模 な Cloud Foundry インスタンスにおける、エンジニアリング/デプロイメント/ライフサイクル管理を関連付けていくものだ。 Piston Cloud の開発チームは、VMware Cloud Foundry 技術チームとの、長期間におよぶ緊密な関係を構築しながら、この OpenStack と Cloud Foundry のコミュニティ・プロジェクトを統合していくだろう。

“We’re delighted to see Piston Cloud take the lead for integrated OpenStack and Cloud Foundry solutions,” said Jerry Chen, vice president of cloud and application services at VMware. “It is vital to our customers that Cloud Foundry be a true multi-cloud offering. We look forward to supporting the engineering effort as well as our mutual customers.”

私たちの顧客にとって肝要なことは、本当の意味で Cloud Foundry がマルチ・クラウドを提供することである。私たちは、喜んでエンジニアリングをサポートするだけではなく、両プラットフォームの顧客に貢献していきたい」と、VMware の VP of Cloud and Application Services である Jerry Chen は発言している。

“Today’s private cloud solutions are poised to transform IT economics for the enterprise,” said Joshua McKenty, CEO and co-founder of Piston Cloud Computing, Inc. “With our joint commitment to open source development, VMware and Piston Cloud are driving this transformation forward.”

「今日のプライベート・クラウド・ソリューションは、エンタープライスのための IT 経済学を変革しようと身構えている。私たちの 共同コミットメントは、オープンソース開発および、 VMware と、Piston Cloud に向けられたものであり、この変革を促進していく」と、Piston Cloud Computing, Inc. の  CEO and Co-Founder である  Joshua McKenty は発言している。

For more information about the new project, please visit:
https://github.com/piston/openstack-bosh-cpi

About Piston Cloud Computing, Inc. Piston Cloud Computing, Inc. is the enterprise OpenStack(TM) company. Founded in early 2011 by technical team leads from NASA and Rackspace(R), Piston Cloud is built around OpenStack, the fastest-growing, massively scalable cloud operating system. Piston Enterprise OS(TM) (pentOS(TM)) is the first fully-automated bare-metal cloud operating system built on OpenStack and the first OpenStack distribution specifically focused on security and easy operation of enterprise private clouds. Piston Cloud is based in San Francisco and funded by Hummer Winblad and True Ventures. Visit Piston Cloud online at http://www.pistoncloud.com .

VMware and Cloud Foundry are registered trademarks or trademarks of VMware, Inc. in the United States and/or other jurisdictions.

OpenStack is a registered trademark of OpenStack, LLC.

ーーーーー

TAG indexゴールデン・ウィークではありますが、あちらはフツーの月曜日。 だから、大きなニュースが続々と飛び込んできます。 その中には、「 Microsoft to Invest in Barnes & Noble’s Nook 」などもありましたが、それらには目もくれず、この Cloud Foundry と OpenStack のコラボに飛びついてしまった Agile_Cat です。 以前にも、「 Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベート・クラウドとは?」 という抄訳をポストしましたが、この Piston は、そのときから脳裏に焼き付いているブランドです。 まさに、エンタープライズへむけてまっしぐらですね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は?
VMware の考える SDN は、OpenFlow だけでは完成しない
Dell は enStratus と提携し、独自の OpenStack ビジネスを推進する
OpenStack Essex のコントリビューターたちに感謝! – including MIDOKURA
OpenStack は Essex で、どう変わったのか?
トップを快走する AWS と、それを追いかける 7人の チャレンジャー

 

Comments Off on Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた!

OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らってしまった Microsoft Hyper-V

Posted in Microsoft, OpenStack by Agile Cat on February 9, 2012

OpenStack Developers Ditch ‘Buggy’ Microsoft Hyper-V Support
http://wp.me/pwo1E-3TV
On February 2, 2012 by Eric Doyle
http://www.techweekeurope.co.uk/news/openstack-developers-ditch-buggy-microsoft-hyper-v-support-57951

image

The OpenStack open source cloud project has ditched “unmaintained” Microsoft Hyper-V code from its core module

OpenStack(オープンソース・クラウド・プロジェクト)は、Microsoft Hyper-V のコードが保守されていないとして、そのコア・モジュールから排除した。

ーーーーー

The OpenStack open source cloud project will push Microsoft’s Hyper-V out of its infrastructure as a service (IaaS) framework, blaming poor support from Microsoft.  OpenStack Cloud-building software.

オープンソース・クラウド・プロジェクトである OpenStack は、Microsoft がサポートを怠っているという理由により、その IaaS フレームワークから Microsoft Hyper-V を排除しようとしている。  OpenStack は、言うまでもなく、クラウドを構築するソフトウェアである。

OpenStack, launched in 2010, aims to offer open surce cloud services. Its code review team decided to drop Hyper-V yesterday and a patch has already been developed and approved to remove existing code.  Hyper-V can now only be available within OpenStack as a plug-in – if Microsoft chooses to commit resources to developing it.

OpenStack は、オープンソースによるクラウド・サービスの提供を目指して、2010年に立ち上げられている。 そして、昨日(2/1)のことだが、そのコード・レビュー・チームが、Hyper-V を排除すると決定した。また、すでにパッチが作成され、既存の Hyper-V コードを削除することが承認された。  今後のことだが、もし Microsoft が、開発のためのリソースをコミットするなら、Hyper-V はプラグインとしてのみ、OpenStack の中で利用が可能になる。

Borderline functional

The issue blew up last Friday in a forum comment by Thierry Carrez, an OpenStack release manager, who suggested that Hyper-V support code should be removed from the next release of the framework. On the OpenStack Launchpad developer forum , Carrez described the Hyper-V support as being “broken and unmaintained”.

この問題が露呈したのは、先週の金曜日(1/27)である。OpenStack のリリース・マネージャーである Thierry Carrez が、そのフレームワークの次期リリースから、Hyper-V のサポートを取り除くべきというコメントを、フォーラムに提出したのだ。OpenStack Launchpad デベロッパー・フォーラムで、Hyper-V のサポートは「崩壊し維持されていない」と、Carrez は説明している。

Image(317)

OpenStack has three elements: Nova, the compute module; Glance, the image service; and Swift controlling object storage. All three modules have now been “feature frozen” ready for the final debugging and testing as part of Essex, the next release of OpenStack due in March.

OpenStack は、コンピューティング・モジュールである Nova/イメージ・サービスである Glance/オブジェクト・ストレージである Swift という、3つの要素により構成される。 それらの 3つのモジュールは、3月に予定される OpenStack の次期リリースである、Essex の一部として最終的なデバッグとテストを受けるために、「機能を固定」した状態で準備されている。

Carrez is overseeing the Essex project and suggested now was the time to remove the deadwood from the code.

Carrez は、この Essex プロジェクトを監督する立場にあり、また、そのコードから無用なものを取り除く、タイミングに差し掛かったと示唆している。

“Just as Nova enters feature freeze, it sounds like a good moment to consider removing deprecated, known-buggy-and-unmaintained or useless feature code from the Essex tree, “ he wrote.

「 Nove の機能が凍結されたことで、将来のサポートが保証されないコードや、バギーであり維持できないコード、そした不要な機能のコードを、Essex のツリーから取り除くことを検討する、良いタイミングになったと感じている」と、彼は記述している。

In reply, Ken Pepple, director of cloud development at Internap Network Services, wrote: “”Hyper-V support is missing support for even the most basic functions – volumes, Glance, several network managers, etc. We investigated it for our service, but found it only borderline functional.”

その回答として、Internap Network Services の Director of Cloud Development である Ken Pepple は、「 Hyper-V は、最も基本的な機能である、ボリューム/Glance/ネットワーク・マネージャーといった、最も基本的な部分のサポートを欠いている。 私たちは、このサービスについて調査したが、ボーダー・ラインの機能のみであることを見いだした」と記述している。

Having its code removed from OpenStack will be inconvenient for Microsoft. Several of its partners, notably Dell and HP, actively support the OpenStack project which is now in use at service providers including Internap.

そのコードを、OpenStack から排除されることは、Microsoft にとって不都合なことになるだろう。 Dell や HP に代表される、同社におけるパートナーの一部は、この OpenStack プロジェクトを積極的にサポートし、また、Internap などのサービス・プロバイダーたちは、すでに、それを使用する状況にある。

Windows servers are often a key part of a cloud infrastructure and several competing hypervisors are compatible with the operating system – the lack of connecting code could damage Microsoft’s contender, Hyper-V, which already faces massive competition from VMware, Citrix and others.

Windows Server は、大半のケースにおいて、クラウド・インフラストラクチャの重要パートとなり、また、このオペレーティング・システムとの互換性を持つ、いくつかの競合ハイパーバイザーが存在している。つまり、接続のためのコードの欠如は、VMware や Citrix といったライバルたちと競合している、Microsoft の Hyper-V にダメージを与える可能性がある。

It is also a time when the Openstack initiative is gathering momentum and is set to finally break its ties with founders NASA and Rackspace Hosting to become the OpenStack Foundation sometime this year.

そして、Openstack イニシアティブは勢いを増し、また、創設者である NASA や Rackspace Hosting に擁護される形態から、年内に OpenStack Foundation へと形を変える時期に差し掛かっている。

On hearing OpenStack’s intentions, Microsoft took notice and a company statement was issued: “Microsoft is committed to working with the community to resolve the current issues with Hyper-V and OpenStack.”

この OpenStack の意図に対して、Microsoft は自覚しているようだ。 そして、「Microsoft は、Hyper-V と OpenStack における現在の問題を解決するために、同コミュニティと協調し、作業を進めていくことを約束する」という、ステートメントを公表した。

The only way into Essex

With under two months to the release date, Microsoft would have had little time to update the code and the open source development team were concerned that any changes Microsoft made would break other systems and delay the release. The only way into Essex would have meant some serious V-jazzling of the code.

2ヶ月以内に迫っているリリース日という状況において、Microsoft がコードをアップデートする時間は、きわめて限られたものとなる。そして、OpenStack の開発チームは、Microsoft が施す変更により、他のシステムが影響を受け、また、リリースが遅れることを心配している。 Essex へと取り込む唯一の方法は、対象となるコードに対して、シリアスな V-jazzling を施すことになるだろう。

imageIn Carrez’s thread on the forum, he later revealed stronger feelings about Microsoft support, “Note that Hyper-V support, if fixed, can still reappear as an externally-maintained plugin or branch… This is not a technology choice, this is about maintainability in the core project. Since random developers can’t fix it, I don’t think it belongs to core code, especially as history proved that nobody really maintains it and keeps it up to date with new features. “

そのフォーラムにおける Carrez のスレッドでは、Microsoft のサポートについて、「Hyper-V のサポートが、もし完了するなら、外部的に保守されるプラグインもしくはブランチとして、最提出される可能性がある。それは、テクノロジーの選択ではなく、コア・プロジェクトにおけるメンテナンス性を考慮したものである。 それを、任意のデベロッパーが修正することは不可能なため、私はコア・コードに取り込みたいとは思わない。 とりわけ、保守を必要としないと証明され、最新の状態に常に保たれる、ヒストリーに含むことはできない」と、彼が強く感じている事が明らかにされている

He is referring to the fact that initial enthusiasm from Microsoft to support the project in October 2010, three or four months after its launch, appears to have waned. Microsoft appointed Cloud.com to supply and maintain the code but apparently little or nothing has been done to maintain or improve the code since the OpenStack Bexar release in April, 2011.

そして、2010年10月のころには、このプロジェクトをサポートしたいという、Microsoft からの熱意が存在したが、その立ち上がりから 3~4ヶ月後に弱まったという、彼の視点からの事実が述べられている。 Microsoft は、そのコードの供給と保守に関して、Cloud.com を指名したが、2011年 4月の OpenStack Bexar リリース以来、コードの保守を改善は、ほとんど成されていなかった

“I prefer to remove [Hyper-V support] rather than shipping it broken (or in an unknown state),” Carrez said.

「私は、OpenStack の出荷に影響が生じるなら、もしくは、その状況が把握できなくなるなら、[Hyper-V support] の削除を望みたい」と、Carrez は発言している。

Why Microsoft became so distracted possibly has to do with Citrix’s acquisition of Cloud .com in July, 2011. Citrix XenServer hypervisor is a direct competitor of Hyper-V so perhaps the ownership change of Cloud.com was seen as a threat.

Microsoft が、それほどまでに注意散漫となったのは、2011年7月の、Citrix による Cloud.com の買収に関係するのかもしれない。 Citrix XenServer ハイパーバイザーは、おそらく、Hyper-V の直接的な競争相手となるため、Cloud.com のオーナーシップの変更が、脅威として映ったのだろう。

As the developers were writing the removal code, Microsoft made a last-ditch attempt to buy time. The change documentation covering the approval process records core reviewer Joshua McKenty issuing a “do not submit” message to the developers. The reason was given as: “I’m on the phone with Microsoft right now, can we hold for a week and give them a chance to commit some resources for E4 [OpenStack Release 4 (Essex)]?”

デベロッパーたちが、撤去のためのコードを書いているとき、Microsoft は時間をかせごうという、最後の試みに邁進している。 その承認プロセスをカバーするドキュメト更新には、コア・レビューワーである Joshua McKenty がデベロッパーに発信した、「do not submit」というメッセージが記録されている。 その理由として、「1週間の猶予を与えることが可能なのか? また、E4 [OpenStack Release 4 (Essex)] に対して、リソースをコミットするチャンスを与えることができるか?」と、Microsoft と電話で協議している状況を挙げている。

A little later he approved the submitted code, commenting, “Ah, never mind. They really don’t care.”

少し時間が経って、彼はサブミットされたコードを承認したが、「ああ、彼らは本当に気にかけていないから、気にしないで」と、コメントしている。

<その他の報道>

OpenStack developers consider dropping Microsoft Hyper-V support
OpenStack and Hyper-V Interoperability Said To Be ‘Broken’
Microsoft pledges support for Hyper-V OpenStack
OpenStack Removes Hyper-V Support in Next Release
Microsoft: "committed to resolve current issues" with Hyper-V & OpenStack
OpenStack removes Hyper-V support in next release

ーーーーー

TAG indexMicrosoft から OpenStack へのコミットが始まった、2010年 10月という時期からすると、その判断は Ray Ozzie や Bob Muglia によるものと推測できます。 そして、オープンソースに対する Microsoft のスタンスですが、昨日 (2/8) にポストされた日本語版 Wired の記事を、以下に引用します。

clip_image001Ramji 氏と Ozzie 氏は、Microsoft でもオープンソースを積極的に受け入れるべきと主張、また Gutierrez 氏はそれを実現するための法的な枠組みを示した。しかし、他の幹部らはこの考えに強く異を唱えた。Bill Gates 氏が立ち上がったのはその時だった。

Bill Gates 氏は Microsoft を退社する一週間ほど前、社内ミーティングに出席した。議題はオープンソース・ソフトウェアだった。それは 2008年の夏のことだった。それまで何年もの間、Microsoft はオープンソースのコミュニティから、もっとも憎むべき敵とみなされていた。7年前の 2001年には、CEO を務める Steve Ballmer 氏が Linux を「たちの悪いガン」と呼んだことがあった。

このような、Wired に書かれた経緯と、一連の OpenStack サイドからのコメント合せて考えると、Microsoft のオープンソースに対する考え方が、依然として固まっていないように思えてしまいます。 以下の関連リンクは、2010年秋から2011年初頭にかけての、Microsoft における一連の人事を記録したものです。 また、最近の Hadoop に対するコミットや、オープンソースへの対応もピックアップしています。よろしければ、合せて お読みください。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft が OpenStack に参加する背景
Microsoft を去る Ray Ozzie へ、Steveb からのメール
PDC と Silverlight について – Bob Muglia
Bob Muglia の辞任は、Windows Azure にとって悲運の呪文に?
Microsoft から Windows Azure アーキテクトが辞任する
ーーーーー
Linux を Azure に! OSS のエキスパートを求める Microsoft
Microsoft が発表した、OSS ベースのクラウド・サービスとは?

Comments Off on OpenStack のデベロッパーたちに、ひじ鉄を食らってしまった Microsoft Hyper-V

Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベート・クラウドとは?

Posted in .Selected, OpenStack, Private Cloud by Agile Cat on January 25, 2012

Piston Cloud Delivers First Cloud Operating System Based on OpenStack
http://wp.me/pwo1E-3Qx
by
Piston Cloud Staff
http://www.pistoncloud.com/press-releases/piston-cloud-delivers-first-cloud-operating-system-based-on-openstack/

Available Now, Piston Enterprise OS Offers Vendor Agnostic, Standards-Based Approach to Enterprise Private Cloud

_ Piston Cloud

SAN FRANCISCO – January 18, 2012Piston Cloud Computing, Inc., the enterprise OpenStack™ company, today announced the general availability of Piston Enterprise OS™ (pentOS™), an easy, secure and open cloud operating system for managing enterprise private cloud environments.

SAN FRANCISCO – January 18, 2012 – 今日(1/18)のことだが、エンタープライズ OpenStack カンパニーである Piston Cloud Computing は、エンタープライズ・プライベート・クラウド環境を、容易かつセキュアに、そしてオープンなクラウド・オペレーティング・システムで構成するための、Piston Enterprise OS(pentOS) を発表した。

OpenStack is the fastest-growing open source project in the world, with over 2,321 contributors and 147 participating companies including Rackspace, NASA, Citrix, Intel, Cisco, AT&T, Arista Networks, Microsoft and Dell. OpenStack is proven and ready for the enterprise and Piston Cloud plays a key role in driving the technology forward – sharing knowledge, guidance, vision and code.

OpenStack は、この世界で最も急速に成長しているオープンソース・プロジェクトであり、2,321人以上のコントリビュータを抱え、また、Rackspace/NASA/Citrix/Intel/Cisco/AT&T/Arista Networks/Microsoft/Dell などの企業が参加している。OpenStack におけるエンタープライズ対応を、証明するための準備は整っている。 そして Piston Cloud が、そのテクノロジーを促進する役割を担う。 つまり、ナレッジ/ガイダンス/ビジョン/コードの共有である。

Piston Enterprise OS is the first OpenStack distribution specifically focused on security and the easy operation of enterprise private clouds. Piston Cloud’s innovative Null-Tier Architecture™ combines storage, compute and networking on every node to deliver massive scalability with unprecedented cost efficiency. Custom built to address regulatory requirements, Piston Enterprise OS also represents the industry’s first implementation of CloudAudit, an open security standard for cloud and virtualized environments. Furthermore, pentOS is hardware vendor agnostic, ensuring users aren’t locked in to a single proprietary architecture and that the system integrates seamlessly with products from companies like Intel, Dell and Arista.

Piston Enterprise OS は、主としてエンタープライズ・プライベート・クラウドにおけるセキュリティと、容易なオペレーションにフォーカスした、最初の OpenStack ディストリビューションである。 Piston Cloud のイノベーションである  Null-Tier Architecture は、高度なスケーラビリティと前例のないコスト効率を提供するために、すべてのノード上にストレージ/コンピューティング/ネットワーキングを結合するものとなる。 カスタムなビルドとして取り組む規制に関する要件として、Piston Enterprise OS は、クラウドと仮想環境のためのオープン・セキュリティス・タンダードである、CloudAudit の業界初の実装も提示している。 さらに pentOS は、ハードウェア・ベンダー不可知論者であり、ユーザーが特定のプロプライエタリ・アーキテクチャにロックインされないことを保証する。そして、彼らのシステムが、Intel/Dell/Arista といった企業からのプロダクトと、シームレスの統合されることも保証している。

Piston Enterprise OS is built to be easy, secure and open:

Piston Enterprise OS は、容易/安全/オープンに構築されている:

Easy

  • pentOS can be installed in less than 10 minutes, and provides automatic security updates via a simple subscription service.
  • Groundbreaking Null-Tier Architecture allows customers to easily scale a high-availability private cloud, one server at a time.
  • 24×7 enterprise-level support.
  • pentOS は、10分以内にインストールできる。そして、シンプルなサブスクライブ・サービスを介して、自動t的なセキュリティ・アップデートが提供される。
  • 画期的な Null-Tier Architecture により、顧客は一台ずつサーバーを加えることで、高可用性のプライベート・クラウドを容易に実現していく。
  • 24×7 のエンタープライズ・デベルでのサポートを提供。

Secure

  • Piston CloudKey™ delivers 99.999% automated and hands-free installation of the pentOS software to servers and switches.
  • Operating on a custom-built Linux distribution, pentOS minimizes security exposure and optimizes performance.
  • pentOS is the industry’s first enterprise implementation of CloudAudit.

  • Piston CloudKey の、99.999% まで自動化された、手間いらずのインストール機能により、pentOS ソフトウェアはサーバーとスイッチ上で動きだす。
  • カスタム・ビルドされた Linux ディストリビューションにより、pentOS におけるセキュリティの脆弱性は最小に抑えられ、また、パフォーマンスが最適化される。
  • pent OS は、CloudAudit のエンタープライズ実装を業界で初めて実現する。

Open

  • pentOS is vendor agnostic and built to open standards, with a modular design that allows for integration with legacy and third-party technologies.
  • Customers can grow their private cloud using commodity hardware.
  • pentOS is interoperable with any other OpenStack-based public cloud environment, including Rackspace, Dell, Amazon, Internap, AT&T and others. 
  • pentOS は、(ハードウェア)ベンダーを選ばない、オープン・スタンダードに対して構築され、レガシー/サードパーティーのテクノロジーとの統合を考慮した、モジュラー・デザインを取り入れている。
  • 顧客たちは、普及品のハードウェアを用いて、プライベート・クラウドを成長させる。
  • pentOS は、Rackspace/Dell/Amazon/Internap/AT&Tなどを含む、あらゆる OpenStack ベース・パブリック・クラウド環境との、インターオペラビリティを実現する。

“As we continue to see security lag in the public cloud environment, it is clear that private cloud is really the only option for organizations dealing with large volumes of regulated data,” said Joshua McKenty, CEO and co-founder of Piston Cloud. “To date, VMware was the only widely accepted option for private cloud, which brought with it associated cost, complexity and vendor lock-in. Piston Enterprise OS disrupts the market with the easiest, most secure and open approach to private cloud.”

「 パブリック・クラウド環境のセキュリティ対策が、随所で遅れているのを見るにつれて、運用が規制される大規模データを取り扱う組織にとって、プライベート・クラウドが唯一の選択肢であることが、明らかになってきた。 これまで、 プライベート・クラウドの選択肢として、唯一受け入れられてきた VMware があるが、コストと、複雑さと、ベンダー・ロックインを伴うものであった。 Piston Enterprise OS は、プライベート・クラウドに対して、最も容易でセキュアなオープン・アプローチを提示することで、そのマーケットを再編していく」と、Piston Cloud の CEO and C-Founder である Joshua McKenty は発言している。

Pricing and Availability

With pricing starting at $3,500 per server, Piston Enterprise OS is available now at http://www.pistoncloud.com/. For more information, contact sales@pistoncloud.com.

About Piston Cloud Computing, Inc.

Piston Cloud Computing, Inc. is the enterprise OpenStack company. Founded in early 2011 by technical team leads from NASA and Rackspace, Piston Cloud is built around OpenStack, the fastest-growing, massively scalable open source cloud framework. Piston Enterprise OS (pentOS) is the first OpenStack-based cloud operating system, and is specifically focused on security and the easy operation of enterprise private clouds. Piston Cloud is based in San Francisco and funded by Hummer Winblad, True Ventures and Divergent Ventures. Visit Piston Cloud online at http://www.pistoncloud.com.

Media Contact
Kelly Indrieri
Kulesa Faul for Piston Cloud
+1 (650) 340 1983
piston@kulesafaul.com
Posted on: 1.18.12, 5:10 PST

ーーーーー

TAG index先日の Internap に続き、今度は Piston から、OpenStack ベースのクラウドが提供されました。 ただし、こちらは、エンタープライズ・プライベートにターゲットを絞っているため、いまのところは競合するものでは無いようです。そして、興味深いのは、pentOS がサーバーだけではなく、スイッチにも供給されると書かれている点です。なんか、意味深ですよね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AT&T が OpenStack に参加した!
OpenStack における SDN コネクションを探求する _1
OpenStack における SDN コネクションを探求する _2
Internap は $30M で Voxel を買収し、さらに OpenStack を推進する
RightScale が、OpenStack と SoftLayer へのアプローチを開始した

Comments Off on Piston Cloud が提供する、OpenStack ベースのエンタープライズ・プライベート・クラウドとは?

%d bloggers like this: