Agile Cat — in the cloud

モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on September 30, 2016
App Annie predicts worldwide app downloads to hit over 280 billion by 2020
Judith Balea – Sep 8, 2016
https://www.techinasia.com/app-annie-predicts-worldwide-app-downloads-hit-280-billion-2020
 
_ tech in asia
 
Imagine the day when you can order a pizza from Domino’s via a tweet or the Apple Watch, or the day you can just walk into Starbucks and add the song playing in the store to your Spotify.
 
イメージして欲しいのは、Twitter や Apple Watch からドミノ・ピザを注文する日がくることだ。さもなければ、スターバックスでコヒーを飲みながら、店内で提供されるサービスから、あなたの Spotify へミュージックを加えるような状況だ。
 
al-campa-tiatokyo2016App Annie’s Al Campa delivers a presentation during TIA Tokyo 2016. Photo credit: Tech in Asia / Michael Holmes.
 
That day may be coming sooner than later as brands worldwide aggressively adopt mobile apps to engage their customers, said Al Campa, chief marketing officer of App Annie, during a presentation at Tech in Asia Tokyo 2016.
 
そのような日常は、世界的なブランドが顧客を繋ぎ留めるものであり、積極的にモバイル・アプリを採用する以前に、意外と早くやってくるだろう。App Annie の CMO である Al Campa が、Tech in Asia Tokyo 2016 のプレゼンテーションで、そのような内容を語っていた。
 
In 2015, worldwide app downloads stood at 112 billion, with Asia accounting for around 50 percent of the tally, according to App Annie data revealed by Al. This year, the intelligence platform forecasts downloads to go up to 149 billion, and Asia will make up 81 billion – or more than half of that.
 
App Annie が集計した2015年のデータによると、グローバルでのアプリのダウンロード数は1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているという。そして、今年は、このインテリジェントなプラットフォームにおける、ダウンロード数の予測は 1490億に届くが、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになる。
 
The figures are projected to go even higher by 2020 – downloads by then will total 288 billion and Asia’s share will be 165 billion or almost 60 percent.
 
このチャートを見ると、アプリのダウンロード数は 2020年まで伸び続け、2880億に達すると予測されるが、その 60% にあたる 1650億が、アジアのマーケット規模となる。
 
 
app-annie-mobile-app-predictionClick to Large >>>
Source: App Annie
 
Yet downloads “are just the beginning,” noted Al. “If you want to monetize, you have to have good usage, you have to have good engagement with your customers, and retention.”
 
Al Campa は、「ダウンロードはビジネスの始まりに過ぎない。マネタイズが望みならば、ユーザー数を増やし、良好なエンゲージメントを、ユーザーとの間に築かなければならない」と指摘する。
 
App Annie, which started in Beijing, provides rich data and insights on apps to help companies make the right business decisions. It has worked with 94 of the top 100 app publishers and more than 700,000 app professionals globally.
 
北京で設立された App Annie は、ビジネスにおける適切な意思決定を支援するために、アプリに関する洞察と、大量のデータを提供している。同社は、グローバルにおける Top-100 アプリ・パブリッシャーや、70万人以上のアプリ・プロフェッショナルと協力してきた。
 
Al said apps are eating more and more of people’s time. “If you look at how much time we’ve spent on apps over the last two years, it’s grown over a 100 percent. This is because of the explosion in the number of devices and recent growths have come from India, Indonesia, and Vietnam.”
 
「アプリは、膨大な時間を人々に消費させる。それは、私たちも同じであり、それに費やす時間は、この 2年間で二倍になっている。背景にあるのは、爆発的に増えたデバイスの種類と、India/Indonesia/Vietnam などの急成長するマーケットだ」と述べている。
 
He said for every hour last year that people spent on their mobile devices, 51 minutes were spent in apps. That means people are spending less time in the mobile web. In the second quarter of this year, that number rose to 53 minutes of every hour, and it continues to increase, Al shared.
 
昨年の統計によると、モバイル・デバイスに費す、一人あたりの平均時間は 1時間だったが、そのうちの 51分がアプリで消費されている。つまり、モバイル・ブラウザに費やされる時間が、想像するより少ないことが分かってきた。そして、今年の Q2 には、モバイル・アプリでの消費時間は 53分に上昇し、その後も増加し続けている、と彼は述べている。
 
Subsequently, people are doing a lot more things on their devices rather than just play games. “Time spent in communication apps has grown by over 100 percent. Time spent in social apps, by 120 percent, and time spent in media and video apps has grown by over 200 percent.” “We also see apps evolving into new use areas,” he added.
 
人々がモバイル・デバイス上で行うことが、継続的に増えてきているが、単にゲームで遊ぶような用途を意味しているわけではない。コミュニケーション・アプリに費やされる時間は 100% 増であり、また、ソーシャル・アプリは 120% 増、そして、メディアやビデオのアプリは 200% 以上で成長している。しかし、新しいエリアにも、モバイル・アプリは展開され始めていると、Al Campa は述べている。
 
Companies initially used apps for sales and marketing, telling you about different products and services, but they’ve now moved to other verticals such as ticket buying, media streaming, and support services.
 
ユーザー企業は、セールスやマーケティングから、モバイル・アプリを使い始めたが、これまでとはことなるプロダクツやサービスにも、その範囲を広げ始めている。そして、いまでは、チケットの販売や、メディア・ストリーミング、サポート・サービスといった、基幹ビジネスでのモバイル・アプリの採用が始まっているのだ。
 
Banking is one really interesting area, according to Al. In Europe, for example, the number of sessions in the top 10 banking apps has grown dramatically.
 
Al Campa によると、とても興味深い領域としてバンキングがあるようだ。たとえば、ヨーロッパでは、Top-10 の銀行において、処理数が飛躍的に成長している。
 
“What’s going on here is that banks have realized banking through mobile device is popular among people under the age of 25. If they can convince people to use mobile phones to bank, it means they need less ATMs, less branches, and less workers – which means huge cost savings for these banks,” he explained.
 
彼は、「この領域で注目すべきは、モバイル・デバイスによるバンキングが推進され、25歳未満の人々の間で人気を博しているという現実である。つまり、一般消費者が、納得してモバイル・デバイスを使うようになれば、ATM の台数や店舗数が削減され、また、従業員も削減されることになる。そして、それらの銀行は、大幅なコスト削減を達成することになる」と述べている。
 
That’s not all. Banks are also facing rising competition from fintech startups – many of which are mobile-only. These startups are trying to disrupt banking services so the incumbents are playing catch-up.
 
しかし、それだけが全てというわけではない。すべてをモバイル・オンリーで攻めてくる、フィンテック・スタートアップたちとの競争に、それらの銀行は直面しているのだ。こうしたスタートアップが、バンキング・サービスに挑戦してくるため、既存勢力も対抗せざるを得ないのだ。
 
Apart from banking, other sectors that have seen dramatic growth in app usage are fast-food restaurants and retail, Al said.
 
バンキングはさておき、モバイル・アプリの使用状況において、劇的な成長を目の当たりにしてきた業界として、ファースト・フード・レストランやリテールがあると、彼は付け加えている。
 
ーーーーー
On Mondayタイトルには、2020年の 2800億という数字が踊っていますが、文中にもあるように、すでに 2015年の時点で、グローバルでのアプリのダウンロード数は 1120億であり、そのうちの 50% をアジアが占めているようです。そして、今年のダウンロード数は 1490億に届き、その半分以上の 810億を、アジアが占めることになると予測されています。このアプリのダウンロード数は、モバイルの浸透度を測る重要な数値であり、何年も前から言われてきた、アジア市場の爆発的な成長が、本物であることが証明されていますね。頑張れアジアです! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート
なぜ Google Fiber は期待されるのか? 各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!
Facebook と Tencent の規模を比較:この二社が拮抗している状況を1枚のチャートで!
欧米の Google と 中国の Baidu:その検索エンジン・シェアを1枚のチャートで!
Xiaomi と Apple が大きく低下する、中国のスマフォ・シェアを1枚のチャートで!
 

Comments Off on モバイル・アプリの DL 数は 2020年には 2800億にいたる!そして、アジアの占有率は 60% だ!

イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

Posted in .Chronicle, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on September 14, 2016
70% of IoT adopters in APAC realize significant ROI on IoT investments
By Networks Asia staff – September 12, 2016 – 22:14
http://www.networksasia.net/article/70-iot-adopters-apac-realize-significant-roi-iot-investments.1473689668
 
_Network Asia
 
A majority (70%) of IoT adopters in Asia-Pacific have seen significant return on their IoT investment, compared to 63% globally, and 61% of Asia-Pacific companies are using IoT to support large-scale business transformation, according to Vodafone’s fourth annual ‘Internet of Things (IoT) Barometer Report.
 
Vodafone が提供する、4年目の Internet of Things (IoT) Barometer Report によると、Asia-Pacific で IoT を採用している企業は、投資額の 70% にも達する利益を得ており、グローバルでの 63% を上回っている。また、Asia-Pacific で IoT に取り組む企業が、大規模なビジネスの変革をサポートしているケースは、61% に達している。
 
iot-asiaKeiichi Matsuda
Vimeo
 
For businesses in Asia-Pacific – Australia, China, India, South Korea and Japan – IoT remains a top business focus, as 84% of companies view IoT as critical for the future success of their organization. As a result, companies are focusing on how they invest in IoT, rather than whether they should. In fact, 96% of survey respondents in the region have increased their IoT spend in the past 12 months with 52% planning to launch new connected solutions in the next 12 months.
 
Australia/China/India/South Korea/Japan といった Asia-Pcific 諸国では、企業にとって IoT がトップ・クラスのビジネス・フォーカスとなっている。そして、企業の 84% が、組織の将来において、IoT が成功を導くとしている。結果として、それらの企業は必然性に迫られてというより、どのように IoT に投資していくのかという点に注力している。実際のところ、この地域における回答者の 96% は、これまでの 12ヶ月で IoT への投資を増額し、また 52% は、これからの 12ヶ月で新しいコネクション・ソリューションを立ち上げると述べている。
 
Additionally, 68% of companies have consistently given employees access to IoT data on their mobile devices, a factor in the 51% of adopters in Asia-Pacific who have seen increased staff productivity as a result of implementing IoT.
 
さらに、それらの企業の 68% において、従業員たちは自身のモバイル・デバイス上から IoT データへのアクセスを増やしている。そして、Asia-Pacific で IoT を採用した企業の 51% が、スタッフの生産性向上を確認していると述べている。
 
The Vodafone IoT Barometer also found that companies in Asia-Pacific are creating new ecosystems through IoT – almost a third of IoT adopters are using the technology to connect multiple organizations and/or industries.
 
この Vodafone IoT Barometer では、Asia-Pacific の企業が IoT を介して、新しいエコシステムを構築することが分かった。つまり、IoT を採用した企業の 1/3 ほどが、複数の組織や業種との接続を果たしているのだ。
 
Vodafone’s Head of IoT for Asia-Pacific, Justin Nelson stated, “This year’s report shows that we’ve moved from simply adopting Internet of Things technologies towards realizing the true business value that IoT can bring to organizations. Whether it’s connected supply chains for manufacturers, remote monitoring and control of industrial machines, or a connected health proposition, businesses are seeing significant results from their IoT deployments, changing the way they do business, and even facilitating new partnerships to serve customers in new ways.”
 
Vodafone の Head of IoT for Asia-Pacific である Justin Nelson は、「今年のレポートで示されたのは、単に IoT を採用するというレベルから、組織にビジネスをもたらすレベルへと、移行が進んでいることである。産業におけるサプライ・チェーンの接続や、産業機械のリモートからの監視・制御、そしてヘルスケアという分野においても、IoT を展開している企業は、大きな成果を確認している。その結果として、ビジネスの方式が変化し、新たな顧客サービスを提供するための、新しいパートナーシップが促進されている」と述べている。
 
Important component
 
On a global level, it is clear organizations treat IoT as an important component of their IT commitment. IoT is now attracting a greater share of overall IT spending as it accounts for 24% of the average IT budget – equivalent to IT spending around cloud computing or data analytics.
 
グローバル・レベルで明らかなのは、IT を促進する企業が、IoT を重要な構成要素として捉えていることだ。IoT に費やされる予算は、大きな比率に達しており、平均的な IT 予算の 24% を占めるに至っている。この比率は、クラウド・コンピューティングやデータ分析と、同等のレベンに達している。
 
A little more than half (56%) of organizations have integrated IoT data into their existing core business systems such as ERP, cloud hosting platforms, analytics tools, and mobile applications.
 
また、それらの組織の半分以上(56%)が、ERP/クラウド・プラットフォーム/分析ツール/モバイル・アプリといった、既存のコア・ビジネス・システムに IoT データを統合している。
 
This year’s research also revealed that IoT is playing a major role in helping companies redefine their business in order to meet the rapidly changing demands of today’s customers. For example, IoT data is informing business strategy in new ways, as 64% of businesses consistently use big data and analytics platforms to support decision-making.
 
今年の調査では明らかになったのは、急速に変化する顧客の要求を満たすために、ビジネスを再定義していく企業にとって、IoT が大きな役割を果たしていることだ。たとえば、意思決定をサポートするために、64% の企業がビッグデータと分析のプラットフォームを用いるように、IoT データは新しい方式でビジネス戦略を告げるものである。
 
Additionally, 48% of companies globally are using IoT to support large scale business transformations such as helping to change a manufacturing business into a service company.
 
さらに、グローバルで IoT を活用している企業の 48% が、製造業からサービス業への転身のような、大規模なビジネス・トランスフォーメーションを推進している。
 
ーーーーー
IoTとても嬉しくなるトピックですね。IoT への取り組みではなく、相対的な収益性で、アジアが世界をリードしているわけですが、どのような理由があるのでしょう。いろいろな意味で、伸びしろが大きいアジア市場ですが、その将来性が IoT ビジネスにも現れているのでしょうか? この Vodafone レポートをダウンロードましたので、時間のあるときに、ゆっくりと読んでみたいと思います。なんらかの背景が見えてくることを期待しています! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IoT の調査: IoT センサー/デバイスの数は、2018年にはモバイル・デバイスを追い越す
IoT の調査:すでに主流のテクノロジーになったことを示す、いくつかの指標を挙げてみる
IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
 

Comments Off on イケてる! アジアの IoT が、グローバルを上回る ROI を達成! ー Vodafone レポート

なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

Posted in Asia, Google, Network, Research by agilecat.cloud on September 9, 2016
Here’s why Google sees a huge opportunity to bring super-fast internet access to you
Matt Rosoff – Aug. 5, 2016
http://www.businessinsider.com/fiber-access-as-percentage-of-total-broadband-by-country-2016-8
 
_ Statista
 
Google’s parent company Alphabet has an audacious plan to bring super-fast fiber-based internet access to a lot more of the United States.
 
Google の親会社である Alphabet は、US の多くの地域において、超高速ファイバ・ベースのインターネット・アクセスを展開するという、大胆な計画を有している。
 
And there’s certainly room for improvement.
 
たしかに、そこには、改善の余地が存在する。
 
fiberClick to Large >>>
 
 
Statista
 
As this chart from Statista shows, the U.S. lags way behind most other developed countries when it comes to fiber broadband. Part of the problem is simply that the U.S. is much geographically larger and more spread out than any of these countries, which creates logistical challenges when it comes to running fiber to every home. But Alphabet’s Access and Energy group also believes that the cable and telco companies who dominate internet access today have no particular incentive to build fiber out any faster, as most Americans have been stuck with one or two local providers.
 
この、Statista によるチャートが示すように、ファイバ・ブロードバンドの視点で見ると、先進国の中で US は遅れを取っている。すべての家庭にファイバで接続するという事業を展開する上で、US 固有の問題として挙げられるのは、はるかに地理的に広く、都市部が拡散しているという現実である。しかし、いまの US でインターネット・アクセスを支配しているケーブル TV やテレコムには、より高速な光ファイバを構築するための、特別なインセンティブが無いと、Alphabet の Access and Energy グループは確信している。つまり、その結果として、1社〜2社のローカル・プロバイダーに、ユーザーは依存せざるを得ないと捉えているのだ。
 
ーーーーー
google_fiberresearch_55このポストは、Google Fiber が期待される背景である、米国におけるファイバ・ネットワークの問題を指摘するものです。たしかに、面積が広くて都市部が拡散している米国よりも、領土が狭くて密度が高いヨーロッパやアジアの方が、ファイバ事業は展開しやすいのでしょう。ただし、その一方では、ワイヤレスやメタルを使って、1G 接続を達成するプロダクトが安価に提供される時代に成りつつあります。こうしたテクノロジーとファイバの住み分けも、これからは重要になっていくでしょう。とは言え、こんなにもファイバ・サブスクリプション(FTTH/FTTP/FTTB )が浸透している、日本のインターネット・ユーザーは幸せですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Fiber:ピアリングに課金しないのは、それが Win Win Win モデルだからだ
アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
 

Comments Off on なぜ Google Fiber は期待されるのか? その背景となる、各国のファイバ浸透率を1枚のチャートで!

クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Posted in .Selected, Asia, Government, Research, Strategy by agilecat.cloud on May 24, 2016
Hong Kong overtakes Japan as most mature Asia Pacific cloud nation
James Bourne – 28 April 2016
http://www.cloudcomputing-news.net/news/2016/apr/28/hong-kong-overtakes-japan-most-mature-asia-pacific-cloud-nation/
 
_Cloud_Tech
 
Hong Kong is the most ‘cloud-ready’ Asia Pacific nation with an overall ranking higher than that of the US and UK, according to the latest analysis from the Asia Cloud Computing Association (ACCA).
 
Asia Cloud Computing Association (ACCA) の最新調査によると、Asia Pacific で最もクラウドに対応している国は Hong Kong であり、グローバル・ランキングでも US と UK を上回る結果となった。
 
hong-kongImage – Pixabay
 
Japan, previously the leader, moved down four places to #5 in the chart with an overall score of 73.0 compared to Hong Kong’s 78.1, with the latter scoring top markets in broadband quality, privacy, and data centre risk. Singapore (76.7), New Zealand (74.4) and Australia (73.2) comprised the top five, with the other categories focusing on sustainability, cybersecurity, government and regulation, intellectual property, business sophistication and freedom of information.
 
前回はリーダーだった Japan は、4つもポジションを落とし 5位となったが、そのスコアは 73.0 であり、Top である Hong Kong の 78.1 に差をつけられている。Hong Kong がスコアを稼いだのは、Broadband Quality/Privacy/Data Centre Risk の各項目となっている。Top-5 を構成しているのは、Singapore (76.7)/New Zealand (74.4)/Australia (73.2) となっている。なお、その他の項目としては、Sustainability/Cybersecurity/Government and Regulation/Intellectual Property/Business Sophistication/Freedom of Information などが採点の対象となっている。
 
Looking at the other countries, there was minimal change, with the likes of Malaysia, the Philippines and Thailand only moving one place up or down over the past year. South Korea, a certainly developed market and the second most cloud ready Asia Pacific nation in 2012, has dropped into mid-table obscurity with an overall position of #7 in 2016. The researchers argue the scoring “reflects the fact that South Korea has been moving slowly in the development of its infrastructure for cloud service[s] in the past few years.” However, ACCA did praise the “strong showing” in South Korea’s government initiatives.
 
その他の国々を眺めてみると、Malaysia/Philippines/Thailand などのランキングが動いているが、その変化の幅は最小である。South Korea は、2012年の調査で 2位となったように、クラウド先進国として認識されているが、この 2016年の調査では 7位という中断に沈み込んでいる。研究者たちは、「この数年における South Korea が、クラウド・サービスのためのインフラ開発で、遅れを取ったことを反映している」と主張する。ところが、ACCA は、South Korea 政府の取り組みに賛意を示すという、認識の違いが現れている。
 
ACCA ChartClick to Large >>> 
At the bottom of the table, Vietnam finished last on 44.0 points overall, with China surprisingly slipping into the relegation zone on 45.4 points. China achieved the lowest score on a single metric, a measly 1.6 out of 10 on internet connectivity, with India (1.7 and #12 overall) and Indonesia (1.8, #11) faring similarly poorly.
 
ランキングの下位においては、Vietnam が 44.0 ポイントで最下位だが、驚くべきことに 45.4 ポイントの China が降格している。China の場合は、Internet Connectivity の項目が 1.6 ポイントと最下位であるが、この項目では、全体で 12位の India も 1.7 ポイント、11位の Indonesia も 1.8 ポイントと振るわない。
 
This publication has in the past explored the cloud computing acumen of both China and India, with the former, back in 2013, noting evident weaknesses but expecting them to be overcome in time. Despite the report focusing more on natural resources – arguing China will naturally struggle in terms of sustainability and data centre due to vunerability for natural disasters – the result is particularly surprising given the amount of investment that has been made by major vendors in the country. According to a report from China Daily earlier this week, Microsoft announced it now has more than 65,000 corporate clients in China, raging the fuels of fire against Amazon Web Services (AWS), which has data centres in the country, and local vendor Alibaba Tencent.
 
この公開文献の以前のバージョンでは、China と India のクラウド・コンピューティングについて洞察がなされている。2013年バージョンでは、China の明白な弱点が指摘されていたが、時間の経過とともに克服されると予測していた。このレポートでは、豊富な天然資源が注目されていたのだが、自然災害への脆弱性に起因する、データセンターなどの持続性という面で苦労すると指摘されていた。その結果として、国内の主要ベンダーたちが、驚くべき規模の投資を行ってきたという経緯がある。また、今週の China Daily がレポートしたところによると、すでに Microsoft は、65,000以上のユーザー企業を、China 国内で獲得したと述べている。そして、China 国内にデータセンターを所有する Amazon Web Services(AWS)や、ローカル・ベンダーである Alibaba および Tencent に対して、凄まじい勢いで戦いをしけかけている。
 
Overall however, the prognosis is more than adequate for the Asia Pacific region. “The results put Asia in a very strong position to lead the next wave of global innovation and technology,” said ACCA chairman Bernie Trudel. “The next phase for markets is to put in place strong forward-looking policies which enable international data transfers, and address cybersecurity and privacy concerns from consumers and business.”
 
そして、全体的に見れば、この調査結果は、Asia Pacific 市場を占う上で、充分なものとなっている。ACCA の Chairman である Bernie Trudel は、「この結果は、グローバルにおけるイノベーションとテクノロジーをリードするという意味で、Asia の力強いポジションを示している。このマーケットは、次の段階においても、前向きなポリシーを力強く実践していくだろう。具体的に言うと、インターナショナルなデータ転送および、企業と消費者のためのサーバー・セキュリティとプライバシーへの取り組みが課題となる」と述べている。
 
The report, which has been produced annually for the past several years, reflects the maturation of cloud globally in terms of its content, and for the first time compared its Asia Pacific metrics with other cloud markets, developed or otherwise. The association sees the UK as having an overall score of 75.7, which would put it in third place overall, and surprisingly the US with 71.6, putting it in fifth place.
 
この年間ポートは、数年間前から継続して提供されており、グローバルにおけるクラウドの成熟度を反映するコンテントを目指している。そして、先進国と途上国で構成される他のクラウド市場と、Asia Pacific 市場を比較するための指標を提供している。ACCA は、UK のポイントを 75.7 とし、グローバルにおける 3位のポジションを与えている。そして、驚くべきことに、US のポイントは 71.6 であり、5位のポジション(7位の間違い?)に甘んじている。
 
You can download the full report (no registration required) here.
 
ーーーーー
asia-pacific 2日本がアジアの 5位というのは、ちょっと悲しい気がしますが、グローバルで見ると、日本より上位に来るのはドイツとイギリスだけとなります。つまり、グローバルにおける日本のポジションは 7位であり、アメリカは 8位です。それだけ、アジアのレベルが高いということであり、悲観するほどのものではないとも思えてきます。各項目別に見ると、日本のポイントが低いのは、Intenational Connectivity の 3.9p であることが分かります。ちなみに、その項目のトップは香港の 8.1p であり、中国本土とのゲートウェイとして機能している、同国の強みが現れています。末尾に、このレポートの DL 先が記されていますので、ご興味のある方は、ぜひ ご参照ください。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
APAC のパブリック・クラウドは、2019年に US$15B へ成長:成長率は 23% にいたる!
APAC のモバイル・データ通信:2020年までにグローバルの 45% を占有する!
Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する
SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!
Google 検索が 中国の検閲をすり抜けた 105分間: GFWの弱点が見えてきた!
 

Comments Off on クラウド 洗練度の比較: アジアの No.1 に香港が昇格し、日本は5位に転落

Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

Posted in Alibaba, Asia, Businesses by agilecat.cloud on May 16, 2016
Alibaba claims AliCloud is “one of the largest cloud providers in the world”
Mike Wheatley – May 6, 2016
http://siliconangle.com/blog/2016/05/06/alibaba-claims-its-alicloud-is-one-of-the-largest-cloud-providers-in-the-world/
 
silicon_angle
 
Alibaba Group Holding Ltd.’s cloud computing arm AliCloud is doing very nicely in its bid to become the AWS of Asia, reporting stunning growth of 138 percent in 2016 that saw it pull in $468 million in revenues.
 
Alibaba Group Holding Ltd. のクラウド・コンピューティング部門を担う AliCloud が、Asia の AWS を目指して勝負に出ているが、その業績は好調だとレポートしている。そして、2016年の成長率を 138% と予測し、売上を $468 million まで引き上げるとしている。
 
Alibaab_AliCloudAliCloud said that it had more than 2.3 million customers as of March 31, 2016. Of those, it said that more than 500,000 were paying customers.
 
AliCloud は、2016年3月31日の時点で 230万の顧客を有し、そのうちの 50万が有償であると述べている。
 
The amount of business AliCloud did last year doesn’t even compare to the likes of Amazon Web Services or Microsoft Azure, but the Chinese firm remains extremely ambitious. The company has been pursuing a policy of international cloud expansion over the last year, opening up new data center facilities in the U.S. and elsewhere, though for now it’s mostly targeting China-based companies that are looking to expand internationally. Indeed, last year Alibaba said it would invest $1 billion into AliCloud to further those expansion plans.
 
AliCloud における昨年のビジネスの実績は、Amazon Web Services や Microsoft Azure と比較できるレベルに至っていないが、この China 企業は US などにデータセンターを構築し、インターナショナルなクラウドの展開を目論んでいる。しかし、現時点における大半の顧客は、そのビジネスのインターナショナル化を目指す、China 系の企業となっている。実際のところ、昨年には Alibaba 本体が、AliCloud の拡張計画を促進するために、$1 billion を投資すると述べていた。
 
Alibaba appears to have made good on that promise, for not only has it opened new facilities but also announced key partnerships with U.S. firms like Intel and data center firm Equinix Inc. More recently, in January of this year, AliCloud forged a $1 billion partnership with chip and graphics purveyor NVIDIA Corp. aimed at bolstering its Big Data and deep learning systems.
 
Alibaba は、約束を着実に果たしているように見える。その結果として、新しいデータセンターをオープンするだけではなく、Intel や Equinix といった、データセンター事業に関連する US$ 企業とのパートナーシップが発表されている。そして、今年の 1月のことだが、AliCloud は NVIDIA との間で $1 billion 規模のパートナーシップを締結し、Big Data および Deep Learning のシステムを強化している。
 
In one of the boldest statements we’ve see in a while, Alibaba executive Joe Tsai proclaimed that AliCloud had now emerged as “one of the largest cloud computing businesses in the world”, even though its revenues amount to just three percent of Alibaba’s total revenues, and pale in comparison to those reported by AWS.
 
その後、私たちが耳にした最も大胆なステートメントは、Alibaba の幹部 Joe Tsai による、「いまの AliCloud は、世界で有数のクラウド・コンピューティング・ビジネスとして浮上してきた」という宣言であろう。それにもかかわらず、AliCloud の売上は Alibaba 全体の 3% に過ぎず、AWS の収支レポートと比較すると、その存在感は希薄である。
 
As for Alibaba itself, it did rather well too, posting a 33 percent year-on-year increase in revenues to $15.6 billion. The company, which makes the bulk of its revenues from retail, said it has 423 million annual active buyers as of March 31, 2016.
 
Alibaba 本体としては、前年比で 33% の成長を達成し、その売上総額は $15.6 billion に引き上げるという、好調な収支を発表している。なお、同社における売上の大部分は、そのオンライン・リテール事業から得られており、また、2016年3月31日時点でのアクティブ・バイヤー数は、4.23億人に達しているという。
 
ーーーーー
Alibaba 2先日に、Softbank との提携を発表した、Alibaba の AliCloud です。文中には、230万の顧客と、50万の有償ユーザーという記載がありますが、何らかのフリーミアムを展開しているのでしょうかね? これまでの、Alibaba 関するポストの中で、最も印象に残っているのは、昨年12月の「1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!」ですが、その凄まじいトラフィックをさばいていたのが、AliCloud ということなのでしょう。なお、AliCloud は Aliyun(阿里云)のブランドのはずであり、英語圏を意識した名前なのだと推測しています。_AC Stamp
 ーーーーー
<関連>
中国のオンライン・リテールは 2020年までに $1.6 trillion にいたる: 11/11 の Singles Day
Alibaba が夢見るもの:私たちの E コマースで 中国の 13億人をつなげたい!
Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!
Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港を介して中国と世界はつながる?
インドの Flipkart がクラウド構築に着手:そして Amazon と Alibaba を追いかける!
 

Comments Off on Alibaba の AliCloud: そのビジネス規模を検証する

SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Strategy, Telecom by agilecat.cloud on May 13, 2016
 Alibaba, SoftBank Team Up for Cloud Computing Service in Japan
Lulu Yilun Chen – May 13, 2016
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-05-13/alibaba-softbank-team-up-for-cloud-computing-service-in-japan
 
Bloomberg
 
Alibaba Group Holding Ltd. teamed with its largest shareholder SoftBank Group Corp. to form a cloud computing service venture targeting Japanese customers, as the Chinese e-commerce giant expands one of its fastest growing businesses.
 
Alibaba Group Holding Ltd. が、その筆頭株主である SoftBank Group Corp. と提携し、Japan の顧客をターゲットにしたベンチャーを立ち上げ、クラウド・コンピューティング・サービスを提供していく。それにより、この China における Eコマース・ジャイアントは、最も急成長しているビジネスを、さらに拡張していく。
 
AlibabaImage Wikimedia
 
The venture known as SB Cloud Corp. will open a new data center in Japan to tap SoftBank’s customers ranging from startups to global organizations, extending a battle for customers with Amazon.com Inc. Alibaba will provide services including data storage and processing services, the companies said in a joint statement.
 
このベンチャー企業は SB Cloud Corp. であり、Amazon.com との戦いを拡大するために、Japan に新しいデータセンターをオープンし、スタートアップからグローバル企業にいたる幅広いレンジで、顧客たちをサポートしていく。そして Alibaba は、データ・ストレージやコンピューティング・プロセスといったサービスを提供していくと、両社は共同声明を発している。
 
Alibaba’s cloud unit almost tripled revenue to more than 1 billion yuan ($153 million) in the March quarter. The business could account for more than $1 billion of Alibaba’s revenue by 2018 and the public cloud presents a $120 billion global market opportunity, according to research by SunTrust Robinson Humphrey Inc.
 
Alibaba のクラウド部門は、2016年 Q1 において、その売上を約三倍に成長させ、1 billion yuan ($153 million) を計上している。SunTrust Robinson Humphrey Inc. の調査によると、このクラウド事業は、2018年までに $1 billion の売上にいたり、グローバル・マーケットで $120 billion というビジネス・チャンスを提供するほどの、パブリック・クラウドへと成長するという。
 
SoftBank, owner of Japan’s third-largest phone business, will have a 60 percent stake in the new venture while Alibaba will hold the rest.
 
Japan で第三位のモバイル・キャリアである SoftBank は、この新しいベンチャーにおける 60% の株式を所有し、その他は Alibaba が持つことになる。
 
Alibaba’s Japan venture follows last month’s announcement of a partnership with one of South Korea’s largest conglomerates SK Holdings Co.
 
Alibaba におけるベンチャーは、先月に発表された South Korea の SK Holdings Co. との提携に、続くものとなる。
 
China’s biggest e-commerce operator earlier teamed up with Accenture Plc to target clients in China and Southeast Asia, and it said in April it would work with Germany’s SAP SE. It has data centers in countries including Singapore and the U.S. and is planning to open another in Europe as soon as this year.
 
この、China で最大の Eコマース事業者は、China と Souseast Asia の顧客をターゲットにするために Accenture Plc と提携し、また、Germany の SAP SE とも提携したことを、この 4月に発表している。同社は、Singapore と US などにデータセンターを所有しているが、近い将来には Europe に展開するとしている。
 
ーーーーー
Alibaba 2ついに来ました! Softbank が Alibaba と歩調を合わせて、アジアへ投資していくというケースが目立っていたので、いずれは、このような展開になると思っていましたが、それが現実のものとなりました。このところ、中国経済の減速を指摘する報道が多いですが、それを緩和し、また、新しい経済を作り出しているが、China IT ビジネスであり、そのパワーには凄まじいものがあります。今回は、日本のマーケットを意識した発表のようですが、これは、日本のサービス・プロバイダーが、アジアへ、そして世界へと、羽ばたいていくための、架け橋にもなる提携だと捉えています。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China UnionPay というクレカの怪物: APAC 市場で Visa と MasterCard をブッチギリだ!
Uber に乗った Alipay が、いきなり世界で走り出す! これが 爆速ビジネス・アジリティなのか?
Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
1.7 兆円を 24時間で 売りあげた、Alibaba の Singles Day を1枚のチャートで!
 

Comments Off on SoftBank と Alibaba が提携: アジア最大のクラウドが、ついに日本市場に参入してくる!

iPhone 6S の 浸透率でアジアが Top-3 を独占: それを示す1枚のチャート!

Posted in Apple, Asia, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on October 17, 2015
These countries are the hungriest to upgrade to the new iPhones
Matt Rosoff – Oct 16, 2015
http://www.businessinsider.com/iphone-6s-and-6s-plus-uptake-by-country-2015-10
 
_ Business Insider
 
The new iPhone is big in Japan.
 
新しい iPhone が、最も受け入れられているのは Japan である。
 
According to statistics from app marketing and analytics company Localytics, compiled here by Statista, the new iPhones already made up 6% of the total iPhone installed base in Japan after just two weeks. Hong Kong was close behind, with 5.8%, and the larger iPhone 6S Plus made up about one-third of that total. Of the countries measured, Canadians were the least hungry to upgrade.
 
アプリのマーケティングと分析を行っている Localytics の統計データを、Statista がチャートにしてくれた。新しい iPhone が発売されてから、ちょうど 2週間が経過したところだ。そして、この短い期間に、Japan における iPhone 6S と 6S Plus は、すべての iPhone に対して 6% を占めるに至っている。それに続くのが、5.8% の Hong Kong だが、ここでは、大型スクリーンの iPhone 6S Plus が1/3 を占めている。今回の調査の対象となった国々の中で、アップグレードに対する関心度が、最も低かったのは Canada である。
 
Chart-New-iPhone
Click to Large
ーーーーー
weekendなぜ、これらの国々が対象になっているのか、それが分からなかったので、リンク先をたどっていったら、iPhone 6S リリース 第一陣の、12カ国とのことでした。それにしても、Top-3 をアジアが独占というのが凄いですね。 そして、販売台数では、中国が他を圧倒していると予測できます。 とう言うわけで、Apple には、もっとアジアを大切にしてくれと言いたいですね。 あの、日本語入力を、なんとかしろと言いたいです。iPad に BT キーボードをつなげて、一度でいいから試してくれと、Tim Cook と Jony Ive に言いたいです。ハイ。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の3台に1台は中国で売れている? iPhone 6S でも中国は伸び続けるのか?
iPhone 6S だが、発売と同時に 1300万台を売り切ったようだ: 1枚のチャートで
iPhone 6S は速くなくて、iPhone 6 は遅くないのか? そんなユーザー心理をチャートで!
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める:それを示す1枚のチャート
iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない
 

Comments Off on iPhone 6S の 浸透率でアジアが Top-3 を独占: それを示す1枚のチャート!

NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに拡張された! 北米/東南アジアとの距離が大きく削られていく!

Posted in Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on October 1, 2015
NTT Communications scales Japan-U.S. network capacity beyond 1 Terabit
Sean Buckley – September 24, 2015
http://www.fiercetelecom.com/story/ntt-communications-scales-japan-us-network-capacity-beyond-1-terabit/2015-09-24
 
_ fiercetelecom
NTT Communications continues to scale the speed of its global network, announcing that the capacity on its Japan to United States route surpassed 1 Tbps this month.
 
NTT Communications は、Japan – United States ルートのキャパシティに関して、この9月中に 1 Tbps  を超えることを発表した。 つまり、そのグローバル・ネットワークの速度を、向上させ続けているのだ。
 
The service provider claims this marks the first time a Japan-U.S. network reached that speed.
 
今回の発表により、Japan – United States ネットワークが、初めて 1 Tbps に到達することになると、このサービス・プロバイダは主張している。
 
Cable_layer_shipWikipedia
 
By having this new capacity on hand, NTT said it will be able to support the forecast demand for capacity that it expects to see double over the next two years due to the growing number of Internet users on mobile smartphones and tablets and the growing adoption of broadband.
 
この、拡張されたキャパシティを手にすることで、将来において予測される需要をサポートしていけるようになると、NTT は述べている。つまり、スマホおよびタブレットからのモバイル接続や、ブロードバンドの広がりにより、これからの 2年間でインターネット・ユーザー数が倍増すると、同社は予測しているようだ。
 
It offers services via its global IP network to Japan and major countries in Asia, North America, Latin America, Europe and Oceania. The Asia-Oceania channel has reached a total capacity of over 1.5 Tbps, while the Japan-U.S. channel handles over 1 Tbps.
 
Japan および Asia/North America/Latin America/Europe/Oceania の主要国を接続する、このグローバル IP ネットワークを介して、さまざまなサービスが提供されていく。Japan – United States チャネルが 1 Tbps であるのに対して、Asia-Oceania のトータル・キャパシティは 1.5 Tbps を超えていくようだ。
 
Being a forward-looking service provider, NTT Communications said it has been making new investments in a number of new technologies, including 100 Gigabit Ethernet (GbE) and and 100G digital coherent transmission, a next-generation optical transmission technology on the PC-1 submarine cable.
 
将来を見据えるサービス・プロバイダーであり続けるために、NTT Communications は多様なテクノロジーに対して、新規投資を行っていると述べている。具体的に言うと、100 Gigabit Ethernet(GBE)と、100G デジタル・コヒレント転送伝送、そして、PC-1 海底ケーブルにおける次世代オプティカル・テクノロジーなどが挙げられる。
 
In March, NTT completed a field trial of 400 Gbps optical signals on its existing network without affecting existing 100G channels as it added and removed 400G channels in a 100G WDM system.
 
この 3月に NTT は、既存のネットワーク上で 400 Gbps の光信号を転送しても、既存の 100G チャンネルに影響を与えないという、フィールド試験を完了している。つまり、100G WDM システム上で、400G チャネルの追加/削除が可能だということだ。
 
It plans to take the result of that trial to establish optical transport systems, including optical fiber cables, and apply them commercially for a number of uses such as 400 Gbps technology and other flexible optical network technology and Ethernet technologies, including 400 GigE to compose 400 Gbps optical signals.
 
同社は、光伝送システムを確立するために、そのトライアルでの結果を活用したいと考えている。そこには、光ファイバ・ケーブルのテクノロジーと、その応用という視点が取り込まれている。まず、400 Gbps テクノロジーの、広範囲における商業利用などが挙げられる。また、400 GigE を構成するための 400 Gbps 光信号といった、Ethernet/Optical ネットワークの、柔軟な組み合わせなども取り込まれていくだろう。
 
ーーーーー
Telecom昨夜ですが、Asia の Cloud に関する RSS ポータルを作っていて驚いたのですが、つい先日までは遅くてイラついていた、アジアの Web サイトが、かなり速くなっているのです。そして、この 9/24 にポストされた記事を訳していて、9月中に NTT の海底ケーブルが拡張されたことを知りました。 ひょっとすると、この2つのことは関連するのかもしれません。 やはり、高速のネットは快適です。 もっと、もっと、速くしてくださ〜い! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC を相互利用! 急接近する欧州と中国
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
 

Comments Off on NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに拡張された! 北米/東南アジアとの距離が大きく削られていく!

%d bloggers like this: