Agile Cat — in the cloud

IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

Posted in .Chronicle, IoT by agilecat.cloud on September 1, 2016
Internet Of Things To Use Fog Computing For More Efficiency Than Cloud Computing
Wednesday, August 3, 2016 7:54 AM UTC
http://www.econotimes.com/Internet-Of-Things-To-Use-Fog-Computing-For-More-Efficiency-Than-Cloud-Computing-243795
 
econotimes
 
The Internet of Things will start relying more on Fog computing in order to meet the demands of efficiency that is becoming more difficult to fill with current, conventional means. Cloud computing simply cannot offer the same level of computing speed and response time that the IoT will require, but Fog computing can.
 
IoT は、これまでの発想では満たすことのできない、効率への要求を追求するために、フォグ・コンピューティングへの依存度を高め始めている。クラウド・コンピューティングでは、IoT で必要となるスピードとレスポンスを提供できないが、フォグであれば、それも可能になる。
 
Morning FogMorning Fog.Nature
Landscapes/YouTube
 
Tech Crunch notes how IoT is quickly becoming more like the Internet of Everything or IoE, and how the future is starting to look like a futuristic sci-fi movie where the lives of people revolve around a centralized digital interface. In any case, getting to this point will require processing and computing speeds that Fog computing is perfect for, and this is thanks to its decentralized processing architecture.
 
テック・クランチは、IoT から IoE 的なものへと向けた、急速な変化が起こっていると指摘している。そして、未来の人々の生活が、センタライズされたデジタル・インターフェースを中心に展開するという、SF 映画のような光景を示唆している。いずれの場合においても、そのような状況に到達するには、フォグ・コンピューティングにとって最適な、処理と計算のスピードを要求し、また、そのための分散処理アーキテクチャが必要になるだろう。
 
In terms of how processing works with Cloud computing, it offers a huge pocket of processing capability, which makes it perfect for providing IoT with the kinds of storage presence that it needs in order to draw terabytes of information from. However, Cloud computing also suffers from a slower response time because it is essentially a huge mass, which makes it sluggish.
 
クラウド・コンピューティングにおいて、どのようにプロセスが機能するのかと考えるなら、処理能力の巨大なポケットが提供されるという表現になるだろう。それは、テラバイト・レベルの情報を取り出すために必要な、最適のストレージとしての存在感を、IoT に提供するものになる。しかし、クラウド・コンピューティングは、その巨大な質量が本質的に緩慢さをもたらすため、レスポンスの遅延という問題に苦しんでいる。
 
In comparison, Fog computing is a far more fractured system, which can determine which processes require the most attention. This allows for a faster response time, which is critical in areas like medicine or engineering.
 
クラウドとの比較において、フォグ・コンピューティングが遥かに厄介なシステムとなるのは、は、最も注意を必要とするプロセスを取り扱うためである。つまり、医療や工学などの分野において重要な、素早いレスポンスに対応するものとなる。
 
In the IoT Agenda website, Fog computing is described as a feature where “computing resources and application services are distributed in the most logical, efficient place at any point along the continuum from the data source to the cloud.” It basically takes specific information from the bulk that is Cloud storage in order to reduce the amount of time to find said information and then transport it to its destination. It might only be a few seconds or milliseconds of difference, but the impact can be huge, particularly in life and death situations.
 
IoT Agenda という Web サイトはフォグ・コンピューティングについて、「データ・ソースからクラウドへと向けて連続する、あらゆる効果的なポイントにおいて、最も論理的に分散されたコンピューティング・リソースを提供し、また、アプリケーション・サービスを提供するものである」と定義している。フォグは、ここで説明する情報というものを、検索するための時間を短縮しなだら、ディスティネーションへと転送するために、クラウド・ストレージというデータの固まりから、特定の情報を取得するものでもある。それにより短縮される時間は、ほんの数秒、もしくは、ミリ秒かもしれないが、人の生死に関わる状況では、その差が大きなものになる。
 
ーーーーー
IoTこのところ、だんだんと、フォグ・コンピューティングに関する記事が増えてきました。IoT におけるフォグの解説なので、クラウドとの差異が強調されていますが、だからといって、クラウドが不要だという話ではありません。もう少し、具体的なユースケースが紹介されるようになれば、フォグ・コンピューティングのイメージが掴みやすくなると思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: 製造業が期待する IIoT と、その市場規模について
アジアのデータセンター間ネットワークは、IoT の時代に耐えうるのか?
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT の調査: 素晴らしい世界ではあるが、マネタイズを考えている人はいるのだろうか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
 

Comments Off on IoT において、フォグはクラウドより効果的なアーキテクチャとなる!

Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

Posted in AI ML, Cisco, Network, Security by agilecat.cloud on August 25, 2016
Cisco amps up network security with new cloud system and machine learning softwa
Teena Maddox – July 11, 2016
http://www.techrepublic.com/article/cisco-amps-up-network-security-with-new-cloud-system-and-machine-learning-software/
 
techrepublic
 
At the 2016 Cisco Live event on Monday, Cisco CEO Chuck Robbins announced a new cloud policy management system and software to provide better network security for enterprise customers.
 
この月曜日 (7/11) に開催された 2016 Cisco Live で、同社の CEO である Chuck Robbins が発表したのは、エンタープライズのために改善されたネットワーク・セキュリティを提供するための、新しいクラウド・ポリシー管理システムとソフトウェアである。
 
The Cisco Defense Orchestrator is a cloud-based portal that connects on-ground infrastructure and pulls it into the cloud. The Defense Orchestrator allows for security policy analysis, policy orchestration and automation, as well as monitoring and reporting to simplify policy management from the cloud.
 
cisco_chuckCisco CEO Chuck Robbins at Cisco Live 2016.
Image: Cisco
 
それが Cisco Defense Orchestrator と呼ばれるクラウド・ベースのポータルであり、現場のインフラを接続し、それらとクラウドに取り込むものである。そして、セキュリティ・ポリシー分析や、ポリシーのオーケストレーションと自動化を達成し、さらには、クラウドからのポリシー管理を簡素化するための、モニタリングとレポートの機能を実現する。
 
“We’ve got this deployed with early customers. We find customers have different policies across their entire network,” Robbins said. The Orchestrator, however, will give them consistent security management from the cloud and allow users to react to emerging threats faster.
 
Robbins は、「すでにアーリー・ステージの顧客に対して、すでにデプロイメントが開始されている。そして、私たちは、ネットワーク全体を、異なるポリシーで管理している顧客を探しているところだ」と述べている。そして、Orchestrator は、クラウドから一貫したセキュリティ管理を提供し、顧客が遭遇する新たな脅威に対して、迅速な対応を可能するものでもある。
 
“When you see a critical threat, you need to be able to move quickly,” Robbins said.
 
Robbins は、「重大な侵害が見つかれば、それを、迅速に切り離す必要があるはずだ」と述べている。
 
In the morning’s second announcement, Robbins said that Cisco is using advanced machine learning to detect threats. The Cisco Stealthwatch Learning Network License is a simple software upgrade that gives organizations the ability to determine where the most advanced threats are within their network, no matter how deep it goes.
 
この日の二つ目の発表において、Cisco はセキュリティ上の脅威を検出するために、高度な機械学習を使用していると述べた。その Cisco Stealthwatch Learning Network License は、シンプルなソフトウェア・アップグレードとして提供され、顧客に対して新たな機能を提供するものとなる。具体的に言うと、顧客のネットワーク内に潜み、破壊力を最も高めている脅威を、あらゆる深度において見つけ出す能力が提供されるという。
 
“Perimeter security isn’t sufficient any more,” Robbins said.
 
Robbins は、「境界線を保護するだけのセキュリティでは、もはや十分な対処が不可能になっている」と発言している。
 
cisco_stealthImage: Teena Maddox TechRepublic
 
The announcements were made to the more than 28,000 attendees at Cisco Live, which is being held at the Mandalay Bay Conference Center and runs through July 14. The company will touch on a variety of topics throughout the week, including IoT, drones, connected cities, and the cloud.
 
一連のアナウンスメントは、Mandalay Bay Conference Center で 7月14日までを回開催された Cisco Live で、28,000名の参加者に対して発信された。同社は、IoT/ドローン/コネクテッド・シティ/クラウドなどを含む、さまざまなトピックに触れていた。
 
“A year ago I joked technology had moved from the basement to the boardroom. But now technology is fundamentally the strategy of every organization,” Robbins said.
 
「テクノロジーは地下室から役員室へと移動すると、一年前に冗談を言った。しかし、いまやテクノロジーは、すべての組織における戦略の基本となった」と、Robbins は発言している。
 
Innovation in technology has to start at the top, whether it’s a CEO of a company, a mayor of a city, or the prime minister of a country, Robbins said.
 
そして彼は、テクノロジーにおけるイノベーションは、企業の CEO や、自治体の市長、または国家の首相といった、トップから始まっていると述べている。
 
“We hit an inflection point in 2015,” Robbins said. “We moved through this time where we were discussing what it was, what is IoT, IoE, digitization, what is it. We’ve moved to a place now where every organization is trying to understand what does it mean to me, what does it mean to us, and what should we be doing in the context of all the technology that is available.”
 
さらに彼は、「私たちは、2015年に、進むべき方向性の変化に遭遇した。その時期をくぐり抜けながら、私たちは、これまでの事につて、そして IoT/IoE/ディジタライゼーションについて、議論を重ねてきた。そして、私たちがたどり着いた場所は、個人にとって、また、社会にとって意味のあるものを、それぞれが理解しようとする世界だった。言い換えるなら、あらゆるテクノロジーの文脈の中で、私たちが進めるべきものが、実現されていく世界である」と述べている。
 
Robbins also talked about Cisco’s push to acquire companies, mentioning that Cisco has already acquired more than 190 companies, and 15 of those have happened since he became CEO in May 2015. Recent acquisitions include Jasper Technologies.
 
Robbins は、Cisco における企業買収についても触れた。同社は、これまでに 190h社以上の企業を買収してきたが、彼が CEO に就任した 2015年5月以来、その数は15社に昇るという。もちろん、直近の買収は、Jasper Technologies である。
 
“Jasper is the largest commercially-available IoT platform in the world. There are currently 31 million devices connected to Jasper. That’s a good start. We’re adding a million a month right now. As an example, there are 8 million connected vehicles on the Jasper platform today. This is a really important acquisition for us,” Robbins said.
 
「Jasper は、世界で最大の 商用 IoT プラットフォームである。現時点で、Jasper は 3100万のコネクテッド・デバイスを有している。それは、私たちにとって素晴らしスタート・ポイントであり、また、いまは 100万/月のペースで、デバイスが追加されている。たとえば、現時点で 800万のコネクテッド・カーが、Jasper にはある。つまり、私たちにとって、きわめて重要な買収なのである」と、Robbins は述べている。
 
After an acquisition, knowing when to integrate it quickly, or keeping it separate is key. With the acquisition of Lancope, they quickly integrated it in order to hone Lancope’s Stealthwatch product into the one that Cisco announced today.
 
なんらかの買収が行われた後には、素早く統合するのか、もしくは、別々の状況を維持するのかというという判断が、とても重要になる。たとえば、Lancope の買収の場合は、今日の Cisco がアナウンスしたように、そのプロダクトの中に Lancope の Stealthwatch を統合するという判断が下された。
 
“Our acquisition strategy is core. It’s core to our overall innovation strategy,” Robbins said.
 
「私たちの買収戦略は、コアに直結するものになる。つまり、その事自体が、全社的なイノベーション戦略の中核なのだ」と、Robbins は述べている。
 
Innovation will likely continue at Cisco, with the company spending $6 billion annually on R&D, and with $2.2 billion invested in startups around the globe, he said.
 
Cisco では、R&D に年間で $6 billion を費やし、また、世界中のスタートアップに $2.2 billion を投資することで、そのイノベーションが継続されるとも、Robbins は発言している。
 
Last August, Apple and Cisco announced a strategic partnership for iOS enterprise users. At the keynote, Robbins said he’s often asked what happened to that deal and for its status. He said, “Well, we went to work. We’re almost ready to launch.”
 
昨年の 8月に、Apple と Cisco は、エンタープライズ iOS ユーザーのために、戦略的パートナーシップを発表した。今回のキーノートで Robbins は、その契約の内容や状況について質問されることが多いと説明していたが、「両社は協調しており、立ち上げの準備がほぼ整ってきた」とも発言している。
 
Apple CEO Tim Cook appeared in a video at the keynote, and mentioned the Cisco partnership, but didn’t give specifics on the partnership, other than mentioning Cisco’s new Spark app and how it will integrate with the iPhone and iOS 10.
 
キーノートには、Apple の CEO である Tim Cook もビデオで出演し、Cisco とのパートナーシップについて述べている。しかし、Cisco の新しい Spark アプリが、iPhone と iOS10 に統合されると言及したのみであり、それ以外のパートナーシップについては、詳細は提供されていない。
 
As reported in ZDNet, Cisco’s third quarter earnings were better than expected, with fiscal third quarter earnings of $2.3 billion, or 46 cents a share, on revenue of $12 billion. Although, that’s down from $12.1 billion during the same period the previous year. Excluding the company’s divested video business, sales were up 3%. Non-GAAP earnings were 57 cents a share, two cents ahead of expectations.
 
ZDNet がレポートしたように、Cisco の業績は予想を上回るものとなっている。同社の会計年度 Q3 (2月〜4月) は、$12 billion の売上と、$2.3 billion の純利 (1株あたり46セント) となるが、前年同期の $12.1 billion と比べると、若干のダウンとなる。同社が売却したビデオ事業を除くと、売上高は 3% ほど増加している。また、Non-GAAPベースの利益は、1株あたり 57 セントであり、予想を  2セント上回っている。
 
ーーーーー
Cisco文中の、「テクノロジーは地下室から役員室へ」という話は、最近のトレンドを表す、とても面白い表現だと思います。先週に、「NEC と 機械学習:未知のサイバー攻撃を検出し、ダメージを最小に抑える」という抄訳をポストしていますが、大まかなところで、同じ方向性を示しているように思えます。未経験のサイバー侵害を、クラウドと機械学習により防ぐという、この Cisco のソリューションに注目ですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IBM Watson IoT と Cisco Fog が連携: 新たな IoT の形態が生まれるのか?
IoT は、分散コンピューティングへの揺り戻し? そして Fog は?
IoT の推進には Fog コンピューティングが不可欠だ: その理由を考えてみよう!
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google や Microsoft などから出資を取りつけた!
 

Comments Off on Cisco のネットワーク・セキュリティは、機械学習とクラウドが供給する!

IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on May 26, 2014

Internet of Things(IoT): Vendors Attempt to Rename and Change the Spin
http://wp.me/pwo1E-7wg
By Dick Weisinger – May 23, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-thingsiot-vendors-attempt-to-rename-and-change-the-spin/

_ formtek

The Internet of Things(IoT) — it’s the envisioned world where everything from electric toothbrushes to hydro-electric power plants will be plugged into the internet, interconnected, monitorable and controllable, hopefully only by those with the appropriate security privileges.  Increasingly the future of IoT is already being realized today, and it is being aided and supported by technologies like big data, cloud computing and mobile.  As an IT director said, IoT is making a “billion the new million.”

The Internet of Things(IoT) — 電動歯ブラシから水力発電所にいたるまで、インターネットに接続されるという想定の世界であり、相互接続とモニタリングおよびコントロールを取り入れたものになる。そして、願わくば、適切なセキュリティ権限を有する者だけが利用できるものになって欲しい。さらなる IoT の未来が、すでに実現されつつあり、また、ビッグデータ/クラウド/モバイルといったテクノロジーによりサポートされている。ある IT Director が言っていたように、IoT は信じられないほどの利益を生み出す。

The hype around IoT has been strong as major tech vendors try to grab hold and redefine the technology in a way that best promotes their strengths.  Cisco and Intel are recasting the ‘Internet of Things’ as the ‘Internet of Everything’ (IOE).  GE has taken more of a manufacturing and enterprise view and is calling it the ‘Industrial Internet’.  Now, Microsoft, longtime vendor of personal computer software, has put their own spin on the IoT concept, trying to make the concept more personal — they’re calling it the Internet of Your Things.

このテクノロジーを、大手のテック・ベンダーが捕まえようとし、自身を強調する方向で再定義しようとするにつれて、IoT の周りに漂う誇大広告は盛大なものになっていった。 CiscoIntel は、Internet of Things を、Internet of Everything (IOE) と書きなおしている。GE は、製造業とエンタープライズの視点から、それを Industrial Internet と呼んでいる。そして、PC ベンダーとして、長い歴史を持つ Microsoft は、IoT のコンセプトに独自の解釈を加えている。つまり、よりパーソナルなコンセプトに置き換えようとし、Internet of Your Things と呼んでいる。

Microsoft’s general manager of marketing, Barbara Edson, said that the concept of 212 billion interconnected devices by 2020 is something that most people just can’t get their heads around.  She say’s it’s confusing both to businesses and consumers.  ”So many people are talking about IoT, but it’s really just a network.  A simple concept that’s blown up.  IoT is really a huge buzz word.  It’s not a revolution, it’s an evolution.  We really don’t think it’s a rip and replace.  It’s about using the infrastructure you already have, connecting the devices that are already in place.”

Microsoft の GM of Marketing である Barbara Edson は、212 Billion の相互接続されたデバイスが、2020年までに登場するというコンセプトは、ほとんどの人々にとってピンと来ないものであり、企業と消費者の双方を混乱させていると述べている。そして、「 とても数多くの人々が IoT について話しているが、実際のところ、単なるネットワークの話しである。それが、爆発的に拡大するというシンプルなコンセプトである。つまり、IoT とは、かなりのバズ・ワードであり、革命ではなく進化のことを指す。私たちは、それについて、Rip and Replace(完全な置き換え)だとは、まったく考えていない。それは、誰もが手にしているインフラを使用することであり、すでに適切な場所に配置されている、デバイスを接続することに過ぎない」と発言している。

ーーーーー

IoT がバズ・ワードなら、Cloud もバズ・ワードですし、そんなに目くじらを立てなくても、と思ってしまいます。 とはいえ、誰が言い出したのか、それが気になったので、ちょっと調べてみました。 Wikipedia には、1999年に Kevin Ashton が始めて使った用語だと書かれています。そして、この Kevin Ashton というイギリス人ですが、Procter & Gamble で RFID を研究した後に、ThingMagic と Zensi という会社を起こし、いまは Zensi を買収した Belkin の GM に収まっているようです。Belkin って、3万円もする(高くて買えない)、あの Thunderbolt Box を作っている会社です。 そんな Belkin ごときにと思うと、Cisco も Intel も GE も Microsoft も、ちょっと悔しいのかもしれませんが、おそらくユーザーであったころの、Kevin Ashton の視点から生まれたものだと思いますので、大切にしてあげてほしいですね。 ・・・というわけで、Agile_Cat は IoT 支持派であることを、ここに宣言いたします。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cloud Computing の調査:クラウドはオンプレミスを置き換えるものへとシフトしている
Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける
Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが、3兆ドル分も眠っている
Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な、外部とのコラボレーションとは?
IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす

Comments Off on IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!

%d bloggers like this: