Agile Cat — in the cloud

Asia の調査 6/7〜6/13: Facebook の戦略は、アジアで上手く展開しているのか?

Posted in Asia Weekly, Facebook by agilecat.cloud on June 13, 2015
広告収益と、エコシステムと、Internet.org の状況は・・・
 
_ cna-banner
 
2014年 Q4 の時点で、Facebook は $12.47B の年商と、13.9億の MAU 獲得したとされています。しかし、明けて1月の TechInAsia が、アジアの Facebook MAU は 4.5億人だが収益が少なすぎると指摘していました。つまり、Asia などの途上国市場でユーザーは増えていても、その収益の大半を US/Canada/EU が支えているという論点です。 正直な話、この2つのポストを訳していて、途上国での収益性は、まだまだ好転しないだろうと、Agile Cat も思っていました。
 
Facebook India 2Flickr Gopal Aggarwal
 
ところが、6月10日の Business Insider が、Facebook is raking in massive amounts of money from one part of the world という、とても興味深い記事をポストしています。それによると、2015年 Q1 の Asia における広告売上が 57%(前年比) の成長率を達成し、途上国での売上を 51% に押し上げたようです。 この 2月の Asia 調査では、北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係というタイトルで、Air China が Facebook 広告に大きく依存していることをお伝えしました。 その一方で、Australia では Qantas の ニセ Facebook ページが騒ぎを起こしていましたが、こんな事件が生じるほど、Asia の航空会社は FB 広告に依存しているようです。 ちなみに、JAL は 110万 Likes で、ANA は 120万 Likes でした。
 
そして、航空会社だけではなく、あらゆる Asia のブランドが、その広告キャンペーンに Facebook を使い始めたのでしょう。 それが、冒頭の 57% 成長につながったのだと思います。 しかし、このような成長は、簡単に達成されるものではありません。 昨年の秋から年末にかけてポストした、この4本のコンテントが、Facebook の苦労を物語っています。
 
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook Lite というモバイル・アプリ:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
 
たとえば、India などのマーケットでは 3G といっても低品質なわけですが、そこに対して iOS-First でもなく Android-First でもなく User-First で、Facebook は取り組んでいるのでしょう。 その甲斐もあって、Asia にエコシステムが生まれようとしています。
 
1/18: China’s UC Browser teams up with Facebook in India
3/27: Singapore’s Zopim to power Facebook Messenger’s Business app
 
しかし、いまの Mark Zuckerberg が頭を悩ませている Internet.org の方は、最も重視しているはずの India で難航しているようです。 もともと、Zuck は Coca-Cola スタイルの長期スパンでと考えていたようであり、India でも4番手のテレコムである RCom との提携を模索していたようですが、そこに最大手の Airtel が割り込んできて、喧々諤々の大騒動へと発展してしまいました。 つまり、ネット・ニュートラリティに反するという批判が、各所から沸き上がってきてしまったのです。
 
2/11: Facebook to launch free mobile net app for RCom users
2/12: Mark Zuckerberg’s statement at launch of Internet.org app in India
4/18: Facebook CEO joins Internet.Org debate in India
4/20: India’s tech entrepreneurs weigh in on net neutrality controversy
4/21: Net neutrality row hits Facebook’s Internet.org in India
4/21: Internet.org launched in Indonesia. What’s in store for users?
4/22: Criticized in India, Facebook’s Internet.org goes live in Indonesia
4/28: Net neutrality: NIXI against Airtel Zero, Internet.org
5/10: Net neutrality: Facebook trying to make users think Internet.org is free internet
5/21: Facebook’s Zuckerberg wants India Inc to ‘like’ Internet.org
5/24: ‘Airtel Zero, Internet.org against net neutrality’
5/29: Net neutrality: Google India puts zero rating plan on back burner
6/5: Facebook’s Internet.org stirs up net neutrality fears in India
 
ただし、以下のとおり、Philippins/Indonesia/Pakistan では、すんなりと Internet.org が機能し始めているように見えます。
 
3/20: Facebook’s Internet.org app brings free mobile internet to the Philippines
4/20: Following Zuckerberg’s visit last October, Internet.org launches today in Indonesia
4/24: Indonesian telco explains why it ditched Zuckerberg’s Internet.org
6/1: Facebook’s Internet.org service debuts in Pakistan
 
以下、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 6/8: Singtel launches software-defined WAN service
SingaporeSingtel has announced a partnership with Viptela to launch SingTel ConnectPlus Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) service. This cloud-based solution helps enterprises in Asia Pacific, Australia, Europe and the US simplify the management of their networks.  The Singtel ConnectPlus SD-WAN solution enables enterprises to simplify and centralize their network provisioning and policy management, and configure network requirements in real-time.
 
② 6/10: Airtel’s mystery code raises privacy concerns
IndiaNEW DELHI: Telecom giant Airtel has been accused of injecting lines of code into its users’ web browsers without their knowledge, whenever they visit a web page via its 3G network. Thejesh GN, an information activist and programmer has exposed how the telecom operator inserts Javascript code and iframes into a user’s browsing session. He traced the IP address from which the code originated and found that it belonged to Bharti Airtel.
 
③ 6/12: Twitter opens Asia HQ in Singapore, and it’s hiring big
SingaporeTwitter launched its swanky new Asia-Pacific headquarters in Singapore on Thursday as the microblogging site looks to scale up its presence in the region with more than 100 new jobs. The company plans to add the jobs over the next few years – including data analytics professionals, product specialists and engineering and technology support – to more than double its headcount from 80 staff members currently.
 
④ 6/11: Intel could also be TSMC customer, says Chang
TaiwanTSMC is dedicated to providing foundry services for logic IC providers worldwide, and mergers in the industry will have little impact on the foundry’s operations, said company chairman Morris Chang in response to media queries on Altera’s recent announcement of being acquired by Intel. Many market observers consider that Intel’s acquisition of Altera, which makes use of TSMC’s foundry services, may have an adverse impact on TSMC.
 
⑤ 6/10: Indonesia cloud industry to hit $2.7B by 2018
IndonesiaThe small and medium business (SMB) clouds services market in Indonesia will grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 30% in the next three years from Rp15T (US$1.2 billion) in 2015 to Rp33T (US$2.7 billion) by 2018, according to a forecast report from Odin. The Odin SMB Cloud Insights report focuses on the cloud services that have the most current and future appeal for SMBs across four key categories: IaaS, web presence and web applications, unified communications, and business applications (also known as software-as-a-service)
 
⑥ 6/10: Microsoft exec worries new China regulations will hurt Azure
Image.gifMicrosoft’s Azure cloud computing service has been growing fast in China, but a company executive has warned that the government’s changing tech policies could slow its momentum. Authorities here have been crafting new regulations, and the government’s position on tech “can change at any time,” Gary Sun, president of Microsoft’s Asia-Pacific Technology subsidiary, told reporters in Beijing. “I think that’s the uncertainty for all businesses here,” he said.
 
⑦ 6/5: China market: MediaTek 4G chip market share likely to top 50% in 2H15
Image.gifMediaTek is set to grow substantially its 4G chip market share in China during the second half of 2015 so that the company is able to meet its target market share for all of the year, market sources have suggested. MediaTek currently has an about 20% share of China’s 4G chip market, the sources estimated. MediaTek is expected to boost its 4G chip market share in China to more than 50% in the second half of 2015, according to its target market share for the year.
 
⑧ 6/8: Telin begins construction of data centre, telco hub in Jurong
SingaporeTelin Singapore has begun construction of a 20,000 square metre, five-storey Data Centre and Telecommunication Hub located at Singapore’s Data Centre Park (DCP) in Jurong.  This new facility will be the third data centre owned and managed by Telin Singapore, a wholly-owned subsidiary of PT Telin which in turn is fully owned by Indonesia’s largest telecommunications group PT Telekomunikasi Indonesia, Tbk (Telkom Group). Telin Singapore’s existing data centres are located in Changi and Tai Seng.
 
⑨ 6/11: Lenovo aims to up market share in Malaysia
MalaysiaKUALA LUMPUR: Lenovo, a global technology leader, on Wednesday unveiled its transformation via new business models and strategy for 2015 to its Malaysian channel partners. This is part of its continuous shift on the entire device and connected ecosystem with increased emphasis on human-centric design, from wearables, smartphones, tablets, personal computers, servers, softwares as well as cloud services.
 
⑩ 5/29: TSMC to beat Samsung in 10nm race
TaiwanTSMC is confident that the company will beat Samsung Electronics in ramping up production on its 10nm lines, according to the Taiwan-based foundry. TSMC continued that in the 10nm FinFET race, Intel will be its major competitor. Samsung disclosed during a recent technology forum in the US that the company plans to enter mass production of chips using its 10nm FinFET process by the end of 2016, about the same time as TSMC.
 
ーーーーー
cna_6ちょっとインドでもたついている Facebook という感じですが、Modi 首相が 1200万 Likes を僅か1年で達成し、一国のトップとしての記録を樹立したようです。 そんな追い風もあるので、ネット・ニュートライティフリー・インターネットを両立できるよう、Facebook には粘り腰で望んで欲しいと思います。それと、今週の Top-10 を見ていて、なんとなく Agile_Cat 好みのポストが並んでいると感じました。 アジアや欧米の人たちと、同期がとれているようで嬉しいです 🙂 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
 

Comments Off on Asia の調査 6/7〜6/13: Facebook の戦略は、アジアで上手く展開しているのか?

Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on April 18, 2015
ユニバーサル・コネクティビティとネット・ニュートラリティは共存できるのか ・・・
 
_ cna-banner
アメリカのネット・ニュートラリティ問題が、歯切れの悪い FCC の説明にもかかわらず、ほぼ収束という状況になりましたが、今度はインドで大きな出来事がありました。 インドの大手モバイル・キャリアである Airtel が、同社と契約を交わしたアプリに関して、その通信量を無償にする Airtel Zero というプランを発表し、喧々諤々の議論になってしまったのです。 いまは、この Airtel Zero プランの取り下げが推測されていますが、いったい、なにが起こったのでしょうか?
 
Airtel事の始まりは、3/10 の 「Free internet: Airtel’s Mittal takes on Facebook CEO」 に書かれているように、MWC で Bharti Airtel のトップである Sunil Mittal が、Facebook の Mark Zuckerberg に噛み付いたところにあるようです。 つまり、Internet.org の発想は、モバイル・キャリアにとって困った存在であると、攻め立てたようです。
 
Mittal, who met Facebook founder and CEO Mark Zuckerberg here at the Mobile World Congress, said that the social networking major is right in its thinking that such a would expand the market, but telecom operators also need to get their revenues and charge for the services.
 
“I told him (Zuckerberg) that you are right that this (internet.org) expands the market. At the end, you must understand that we (telecom operators) need to charge you for something. SMSes have gone more or less, voice is going down and they (Facebook) recognize that,” Mittal said in a media interaction here.
 
また、Vodafone の Global CEO である Vittorio Colao も、「Internet.org は、Zuckerberg による社会貢献のようなものだが、そのコストを負担するのは我々だと同調した」と伝えられています。
 
そして、Airtel の Zero プランですが、インドのメディアに叩かれ、NewYork Times などにも叩かれ、頓挫しそうな状況へと追い込まれているようです。 さらに、今日になって、この議論に Mark Zuckerberg も参加してきたと、The Times of India が報道しています。
 
In a Facebook post Zuckerberg said: “But net neutrality is not in conflict with working to get more people connected. These two principles — universal connectivity and net neutrality — can and must coexist.”
 
Internet.org とネット・ニュートラリティの整合性を取ることは、とても難しいことであり、だからこそ、Facebook は慎重に事を進めているはずなのです。 つまり、この Airtel の短絡的なプランと、一緒にされるのは御免だという話なのでしょう。
 
4/7: Airtel Zero: Another blow to net neutrality
4/9: App developers, tech startups slam Airtel Zero
4/10: Net neutrality: Airtel Zero is threat to Digital India plan
4/14: International media supports India’s fight for net neutrality
4/15: Flipkart pulls out of Airtel’s net neutrality violating Airtel Zero
4/16: Neutral net must for India to produce next Google
4/17: Airtel may withdraw Zero plan: Analysts
 
この件は、Cloud News Asia の Net Neutrality カテゴリで、継続して追いかけていくつもりです。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
② 4/14: Dallas Buyers Club pirates could be told to ‘name a price’
AustraliaWhile much attention has been focused on how much the owners of Dallas Buyers Club might demand Australian pirates pay for sharing their film online, a new option has emerged: ‘name your price’. According to Channel News Asia, the first batch of demand letters sent by Dallas Buyers Club to 77 of 500 alleged pirates in Singapore did not demand a particular sum.
 
③ 4/5: Microsoft promises $16M in cloud services for 100 Chinese startups
ChinaOn Wednesday, Microsoft China announced that 100 Chinese tech startups are about to get lucky. The company is promising RMB 100 million (US$16 million) in cloud services and support to 100 Chinese startups. Reportedly, Microsoft is also partnering with Northern Light Venture Capital, DCM, and Gobi Partners to offer financial investments in addition to the cloud services and support. The first batch of 100 startups will be hand-picked by Microsoft and its VC partners.
 
④ 4/15: NSW govt embraces PayPal, Apple Pay, from AU
AustraliaNSW residents should be able to pay for a licence renewal or parking fine with PayPal, Apple Pay from their smartphone, or streamlined credit card payment processes like Visa Checkout within 12 months. NSW Minister for Finance and Services Dominic Perrottet today announced the state government would integrate the modern payment capabilities into Service NSW’s new whole-of-government payments platform.
 
⑤ 4/6: In vending machines, NTT introduces a practical one for SIM cards
JapanUnless this is your first day on the internet, you’re probably aware that Japan is home to some of the most bizarre vending machines on the planet. Canned bread, “used” panties, and pretty much anything in between are just a few coins away. While there’s no lack of WTF in the world of Japanese vending machines, some of the quirky stuff is far from practical.
 
⑥ 4/15: China DC server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
ChinaThe third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain. China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
⑦ 1/23: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑧ 4/13: AT&T eyes Vietnam market
VietnamSandy Verma, Senior Director in charge of Internet of Things Solutions of AT&T Asia Pacific said, according to PricewaterhouseCoopers, up to 86% of CIOs worldwide said that technology was changing their business practice. Data analysis and Internet of Things – IoT – are emerging as the most significant technologies. With IoT, mobile phones are not just used for making calls or sending text messages but can open doors, turn on smart devices in homes, and connect devices in workshops and medical devices monitoring human health.
 
⑨ 1/11: NHN Entertainment looks to offer game cloud platform service
KoreaNHN Entertainment has launched a business-to-business (B2B) game cloud platform service to make up for its weakening profits in its top income source ― gambling games. Releasing the cloud service named “TOAST Cloud,” the company said it will diversify its business portfolio to game cloud platforms from existing online and mobile games, and e-commerce to survive as a general IT company.
 
⑩ 4/15: TSMC aiming to start production of 10-nm chips by 2016: CEO
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing (TSMC), the world’s largest semiconductor contract manufacturer, has set a goal of beginning mass production of chips on the 10-nanometer technology by the end of 2016, Mark Liu, its president and chief executive officer, said Wednesday in California. TSMC last year won huge orders for Apple’s next-generation mobile device processors, which had previously been awarded to Samsung of South Korea.
 
ーーーーー
cna_6今週の Top-10 ですが、Amazon Japan の幼児ポルノ事件がトップに来ています。 3ヶ月ほど前の事件なのですが、忘れてはいけない出来事なのだと、海外の人々から釘を刺されているように感じてしまいます。 その他では、Scorpio 3.0 に関する記事が興味深いです。 OCP との時間差を考えると、この 3.0 には Widget のようなスイッチが入ってくると推測できますし、それを Huawei などが担いだら、どのような展開になるのでしょうか? アメリカと中国を秤にかける、ヨーロッパの市場が注目されます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
 

Comments Off on Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題

アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?

Posted in Asia, Facebook, Research by agilecat.cloud on February 17, 2015
Facebook hits 449M monthly active users in Asia, only monetizes $1.27 per person
David Corbin – Jan 29, 2015
https://www.techinasia.com/facebook-asia-growth-449-million-monthly-active-users/
 
_ tech in asia
 
Facebook shows no signs of slowing down in Asia Pacific.
 
Facebook の Asia Pacific 戦略からは、依然としてスローダウンの兆候が見えてこない。
 
fb-topThe social network’s 4th quarter earnings release shows that its expansion in the region continues to outpace Europe, US/Canada, and the nebulously titled, “rest of world.” Adding an additional 23 million monthly active users (MAU), Facebook now has 449 million MAUs in Asia, a 51 percent increase from the same period two years ago.
 
このソーシャル・ネットワークの 2014年 Q4 決算は、Europe/US・Canada/Rest of World(大まかな言い方だが)といった地域で、その成長が維持されていることを示している。そして、Facebook は Asia で、23 Million の MAU(Monthly Active Users)を上乗せし、2年前に対して 51% 増の 449 Million を数えるに至っている。
 
fb-mauThe “rest of world” comes in second with a 43 percent jump over two years while the US/Canada region pulls up the rear at a paltry 8 percent.
 
また、2年前との比較において、Rest of World も 43% の成長を遂げているが、US・Canada を見ると、その成長は 8% に過ぎない。
 
User growth may be slow in North America but that region is generating far more money than Asia-Pacific. The average revenue per user (ARPU) in US/Canada is a robust US$9.00, while in Asia-Pacific it is a relatively paltry US$1.27. That creates a revenue gap of US$1.7 billion to US$531 billion. Asia-Pacific accounts for 32 percent of Facebook MAUs but just a shade under 15 percent of its revenues. US/Canada is responsible for an outsized 48 percent of global revenue being generated by only 15 percent of the 1.39 billion user base.
 
たしかに、North America におけるユーザー数の伸びは遅いかもしれないが、この領域は Asia-Pacific と比べて、はるかに多くの収益をもたらす。US・Canada の ARPU(Average Revenue Per User)は、US$9.00 というレベルと確実に維持しているが、Asia-Pacific は US$1.27 に過ぎないのだ。それにより、US$1.7 billion に対する US$531 million という収益ギャップが生じている。Facebook において、Asia-Pacific の MAU は 32% に達するが、その収益は15% にも満たないのだ。言い換えるなら、グローバルにおける 1.39 billion というユーザー・ベースに対して、US・Canada のユーザーは 15% を占めるに過ぎないが、収益に関しては 48% という、大きな結果をもたらしている。
 
fb-chartsThe mixed results represent a conundrum for Facebook. The rapid adoption and spread of its service proves once again that users in Asia-Pacific are hungry for the online communities that Facebook supports. Even so, most of Facebook’s revenue comes from advertising fees and the company cannot charge North American prices in many parts of Asia-Pacific. Indonesian internet users are growing rapidly but their purchasing power is not.
 
こうした、複雑な結果が、Facebook にとっての難題を示している。同社のサービスにおける急速な普及と成長は、Facebook が提供するオンライン・コミュニティを、Asia-Pacific が渇望していることを、繰り返して証明している。しかし、そうは言っても、Facebook における収益の大半が、広告に依存しているという現実があり、また、North American のようなビジネス・モデルを、Asia-Pacific に持ち込めないのも明らかである。たとえば、Indonesia では、インターネット・ユーザーが急速に伸びているが、だからと言って、購買力を期待できるものにはなっていない。
 
How Facebook adapts to this challenge will be critical in the coming years. After all, what is the point of having a user base larger than the population of China if you cannot unlock their cash?
 
この課題に対する Facebook の取り組みは、これからの数年間で、きわめて重要なものになるだろう。結局のところ、China の人口よりも大きなユーザー・ベースを有するにしても、彼らの財布のヒモを緩められるかどうかが要点なのである。
 
See: Asia once again central to Facebook growth as region reaches 426 million monthly active users
 
ーーーーー
facebookその他のソーシャル・メディアと Facebook で、最も異なる点はというと、自前のインフラ(DC)を持っているか、持っていないかの違いだと思うのです。 普通にパブリック・クラウドを使っているのであれば、おそらく、いまのスケールを維持するのも難しいのでは、、、と想像してしまいます。 ユーザー・ベースを拡大しながら、まずはインフラの効率化を図り、途上国マーケットの成長を待つという戦略で乗りきれるのかどうか?  と言うか、なんとか乗り切って欲しいと思ってしまいますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!

Comments Off on アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?

Facebook Lite というモバイル・アプリがデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!

Posted in .Chronicle, Asia, Facebook, Mobile by agilecat.cloud on January 27, 2015
Facebook Has A New App For Emerging Markets Called ‘Facebook Lite’
http://wp.me/pwo1E-8f4
Steven Tweedie – Jan. 26, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-lite-aimed-at-low-end-android-users-in-emerging-markets-2015-1
 
_ Business Insider
 
Facebook has launched a new simplified version of its mobile app called Facebook Lite, and it’s targeted toward Android users in developing countries.
 
Facebook だが、途上国の Android ユーザーを対象とした Facebook Lite という、簡易版モバイル・アプリを発表した。
 
Designed for older and low-end models of Android phones, Facebook Lite maintains the core functionality of Facebook while only taking up 252 KB of space. The app is also designed to run on the slower 2G internet connections, which will help people in developing countries with aging internet infrastructures still connect to Facebook.
 
古くて性能の低い Android フォン用にデザインされた Facebook Lite は、必要とされるメモリ空間を 252KB だけに抑えながらも、Facebook における主要な機能に対応している。 さらに、このアプリは、旧来のインターネット・インフラである ”2G” を介して Facebook に接続せざるを得ない、発展途上国の人々をサポートするためにデザインされている。
 
facebook lite
Google Play
 
To minimize the digital footprint required for the app, Facebook has included its messaging service inside Facebook Lite, a feature that exists only as the standalone Messenger app for US smartphone users. Facebook has also allowed push notifications and camera integration, two features that will help the pared-down app feel more like the full experience.
 
このアプリが要求するメモリ空間を最小限に抑えるために、Facebook Lite はメッセージング·サービスを内部に取り込んでいる。 この機能は、西欧向けバージョンでは、独立したものとなっているが、その点が Lite では大きく異る。 また、Facebook は、このアプリのプッシュ・ノーティフィケーションとカメラの統合を実現することで、フル機能バージョンとの使用感の違いを、最小限に押しとどめている。
 
Facebook Lite is a smart move to make Facebook’s services easily accessible in developing markets like Africa and Southeast Asia, which have increasingly using Facebook.
 
Facebook Lite は、Africa や Southeast Asia などの途上国マーケットで、Facebook サービスに対するアクセスを容易にするという、なかなか優れた戦略である。したがって、Facebook の利用を促進するものになるだろう。
 
Facebook Lite is currently a limited rollout: It’s only available in Nepal, Nigeria, Bangladesh, South Africa, Sudan, Sri Lanka, Vietnam and Zimbabwe. The app’s already seen decent adoption numbers with over 10,000 downloads and an average 4.6 rating on Google Play, according to TechCrunch.
 
Facebook Lite は、現時点おいて、限られた国々でのみ提供されている。 具体的には、Nepal/Nigeria/Bangladesh/South Africa/Sudan/Sri Lanka/Vietnam/Zimbabwe であり、TechCrunch によると、すでに 1万人以上が Google Play からダウンロードし、その評価も 4.6 という平均値を得ているという。
 
If you’re in one of the countries where Facebook Lite is live, you can download it right here.
ーーーーー
facebookこのところ、Facebook における途上国マーケットへの取り組みを追いかけてきましたが、この Facebook Lite が、とりあえずの結論ということなのでしょうね。 もちろん、ビジネスの一環として構築されるアプリであり、ボランティアとか言うものでは有りませんが、物事を中期的・長期的に捉えて、それを実践していく姿勢に拍手を送りたいと思います。 それと、提供国のリストにインドがいませんが、Facebook Lite が不要なほど、インフラの整備が進んできているのでしょうか? デバイスに関しても、Micromax が素晴らしいプロダクトを提供し始めていますので、その他の途上国とは、ちょっと事情が異なるのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Comments Off on Facebook Lite というモバイル・アプリがデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!

Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Strategy by Agile Cat on January 13, 2015

Mark Zuckerberg Reveals How Facebook Could Make Money Bringing The Internet To Poor People In Distant Parts Of The World
http://wp.me/pwo1E-8c3
Eugene Kim – Dec. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/mark-zuckerberg-explains-how-internetorg-could-help-facebook-2014-12

_ Business Insider

Facebook CEO Mark Zuckerberg has always framed Internet.org, his project to bring internet access to everyone in the world, as a non-profit, humanitarian aid type of mission. One of his early pieces on Internet.org was titled, “Is Connectivity A Human Right?”

Facebook の CEO である Mark Zuckerberg は、Internet.org のことを常に考えている。この、彼のプロジェクトとは、人道的な視点に立ち、地球上のすべての人々にインターネット・アクセスを提供しようという、非営利の試みのことである。Internet.org について、以前に彼は、“Is Connectivity A Human Right?” というタイトルのドキュメントを残している。

That’s caused some scathing remarks from critics who called his project “venture humanitarianism” and “Facebook’s gateway drug.” Even Bill Gates, one of Zuckerberg’s mentors, said, "Hmm, which is more important, connectivity or malaria vaccine? If you think connectivity is the key thing, that’s great. I don’t.”

しかし、この彼のプロジェクトが引き金となり、いくつかの痛烈な発言が浴びせられた。 たとえば、「ベンチャー的人道主義」もしくは「Facebook ゲートウェイ・ドラッグ」と呼ぶ、批評家たちが出てきたのである。さらに、Zuckerberg のメンターである Bill Gates でさえ、「コネクティビティとマラリア・ワクチンの、どちらが重要なのだろう? 君がコネクティビティだというなら、それは素晴らしいことだが、私には理解できない」と述べていた。

Justin Sullivan
Getty
Facebook CEO
Mark Zuckerberg

In a recent interview with Time Magazine, Zuckerberg reiterated his point, essentially saying there’s no immediate money to be made from this project. “Traditional businesses would view people using your service that you don’t make money from as a cost,” he told Time.

最近の Times Magazine とのインタビューにおいて Zuckerberg は、このプロジェクトは本質的に、ただちに資金を回収できるものではないという、自身の観点を繰り返して説明していた。そして、彼は、「従来からの考え方で運営されてきた企業は、コストに基いて収益を上げることのないサービスを、便利に使っている人々を見ているはずだ」と、Times に語っている。

But when further pressed, Zuckerberg gave some hints of what he really sees in Internet.org: a long term project that could eventually turn profitable.

しかし、さらに突っ込んで質問されたとき、Zuckerberg は Internet.org に期待している本心について、いくつかのヒントを提供している。 つまり、最終的には収益をもたらすことのできる、長期的なプロジェクトだと考えているのだ。

He said: “There are good examples of companies — Coca-Cola is one — that invested before there was a huge market in countries, and I think that ended up playing out to their benefit for decades to come. I do think something like that is likely to be true here. So even though there’s no clear path that we can see to where this is going to be a very profitable thing for us, I generally think if you do good things for people in the world, that that comes back and you benefit from it over time.”

彼は、「 いくつかの、適切な事例となる企業があるが、ここでは、Coca-Cola について話したい。同社は、対象となる国々で、マーケットが巨大になる前に投資し、最終的には、その後の数十年にわたって利益を享受している。そのようなことが、私たちのプロジェクトでも起こるという、何らかの展開を期待している。 したがって、きわめて有益なものになると判断するための、明確な道筋が無いにもかかわらず、世界の人々のために、なんらかの良いことを行うなら、時間はかかるだろうが、やがては利益として返ってくると、いつも私は考えている」と述べている。

Coca-Cola is known for aggressively expanding beyond its core markets, often investing early at a loss in untapped markets for larger returns in the future. It first expanded to Cuba and Panama in 1906, and Asia in 1912. In 2012, it revealed a five-year plan to invest $30 billion around the world as part of its grand vision to double sales by 2020.

Coca-Cola は、そのコアとなるマーケットを飛び越えて、積極的な拡大戦略を取る存在として知られている。そして、多くのケースにおいて、未成熟な市場での損失を厭わず、将来的に大きなリターンを得るために、早期から投資を開始している。同社における最初の海外展開は、1906年の Cuba と Panama であり、1912年には Asia へと拡大している。そして、2012年には、5ヵ年計画で世界の各地に $30 billion を投資することで、その売上を 2020年までに 2倍にするという、壮大なビジョンを明らかにしている。

For Internet.org, Zuckerberg has partnered with big tech companies like Ericsson, Qualcomm, and Samsung, all under the goal of “bringing the internet to the two-thirds of the world’s population that doesn’t have it.”

Internet.org において、Zuckerberg は、Ericsson/Qualcomm/Samsung といった大手ハイテク企業と提携している。そして、それらすべての企業は、「インターネットを手にしていない、世界人口の 2/3 と言われる人々に、それを提供していく」という目標を共有している。

Its plan is to bring internet connectivity to even the most remote regions through drones and satellites. It’s also created a free app that provides lots of content to developing countries, like Zambia, Tanzania, and Paraguay. The content would come from a bunch of different apps, including AccuWeather, Google search, Wikipedia, and of course, Facebook.

その計画とは、ドローンやサテライトを介して、最も遠く離れた地域に対しても、均等なインターネット接続をもたらすことである。また、Zambia/Tanzania/Paraguay といった途上国に対して、大量のコンテントを提供するために、無料のアプリを開発している。さまざまなアプリが、それらのコンテントを提供することになるが、そこには、AccuWeather や、Google Search、Wikipedia、そして、もちろん Facebook も含まれている。

ーーーーー

Internet.org におけるマネタイズですが、どのように考えているのかと、ずっと疑問に思っていました。 そうしたら、1900年代初頭から海外投資を始めている、Coca-Cola 型という話なんだそうです。 それと比べれば、きわめて短時間で、Facebook は世界に広まっていくのでしょうが、その基盤となるモバイル・ネットワークが整備されるまで、Facebook も経済面から支援していくことになるはずです。 先進国と途上国の人々が、つまり、富める人々と貧しい人々が、なんのコミュニケーション手段も保たずに、断絶された状況が続いていくなら、これからも世界の随所で悲劇が繰り返されるでしょう。 パリでの事件と合わせて考えると、ここにも、人類が渡るべき橋があるように思えてきます。 

ーーーーー

<関連>

Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Comments Off on Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく

2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ

Posted in .Chronicle, Facebook, Open Compute by Agile Cat on December 27, 2014

意外と少なかった FB 関連のポスト数、、、でも、、、
http://wp.me/pwo1E-87I

OCP Japan をお手伝いしているという立場もあり、今年は無意識のうちに Facebook との距離感を考えていたのでしょう。 そのため、ポストするコンテントも絞り込んでいたのだと思いますが、こうして 2014年の Facebook を振り返ってみると、若さでゴリゴリ押していく企業から、大人の思慮がにじみ出てくる企業へと、そのポジションを引き上げてきた様子が浮かび上がってきます。おそらく、Open Compute Project や Internet.org といった、ノン・プロフィットの活動を生み出し、それを限りなくパブリックなものに変容させていくという Facebook のスタンスに、ある種の落ち着きが感じられるからなのでしょう。

とは言え、一介の企業が、こうした活動を推進していくためには、それを支える経済力が必要であり、また、その経営陣にはマネタイズとボランティアという、相反する局面を平行して推進していくだけの度量が求められます。 その意味でも、モバイル・アドを真っ先に成功させ、そこから生まれる余裕により、いくつかの社会貢献を成功させてきた手腕を評価したいです。

もっと現実的に見ていけば、それもビジネスなのですが、インフラに関する整備と情報共有を推進し、企業としての効率を高めた上で、そこから生まれる余剰を、途上国マーケットへ投資していくという、壮大なビジョンを実施してきたのは、この Facebook と Google だけだったと思います。 そして、一人のアジア人として、有難うと言いたいことなのです。

ーーーーー

01/28: Facebook は OCP のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
02/04: Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した
02/19: WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
02/19:
WhatsApp:② 10億人という ユーザー数に、FB よりも早く到達する? 
02/21: WhatsApp:③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
02/20: WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分ける?
02/21: WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 B も奪い取られる
02/20:
WhatsApp:⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリが破壊

ーーーーー

04/01: モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有
04/04:
Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かう?
04/09: インドの FB ユーザー数が1億人:しかも 84% がモバイル接続だ!
04/22: 快速 WhatsApp は、すでに5億ユーザーに到達している!
04/28:
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図
04/30:
Facebook モバイル艦隊の快進撃が始まる
05/15:
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
05/20: Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
05/23:
B2C は Facebook で B2B は LinkedIn:大きく異なるソーシャル・シェア
06/19: Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表!
06/20: 木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃?
06/30: Instagram:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

ーーーーー

07/15: Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
07/17:
Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay の脅威に?
07/23:
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
07/24: FB + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3
07/28:
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
09/03: Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
09/05:
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
09/22:
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国も OK!
09/26: ソーシャルと滞在時間:Engagement Index 指標で FB がダントツ!
09/26: 広告:Yahoo と AOL を統合しても、Google と Facebook は止まらない
09/29: Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく

ーーーーー

10/06: クッキーは死んだ: そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
10/16: モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
10/20:
FB アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
10/28: Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!
10/28: Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% はモバイルから
10/30: Facebook の Graph API がアップデート、そして AD API も強化!
11/05:
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
11/13:
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% を占有

ーーーーー

テック・ジャイアントには、未来を語って欲しいし、夢を見せて欲しいし、ロマンに浸らせて欲しい。 その意味で、2014年は Facebook と Google の、二強の年だったと、個人的に捉えています。そして、2015年は、それが四強に戻り、さらには五強・六強へと、育っていって欲しい年なのです。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ

iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Mobile, Research by Agile Cat on November 20, 2014

Google’s Massive Android Platform Is Driving Billions Of Dollars In E-Commerce, Apps, And Advertising
http://wp.me/pwo1E-82g
Marcelo Ballve – Nov. 12, 2014
http://www.businessinsider.com/android-e-commerce-and-market-numbers-2014-11

_ Business Insider

Android is underappreciated as a commercial platform — as a revenue driver for the e-commerce, advertising, and software industries.

Android は、コマース/広告/ソフトウェアといった業界を加速させているが、商用のプラットフォームという観点では過小評価されている。

_  space

BI Intelligence

Android is much bigger than iOS.

実際のところ、Android の規模は、iOS よりも遥かに大きい。

Consider:

  • Android is crushing it as a driver of ad revenue. In this year’s second quarter, Android’s share of mobile ad traffic passed the share controlled by Apple’s iPhone and iPad devices. Android at 39% still lags iOS in ad revenue share, but it is gaining share twice as fast.
  • Android is exploding as an e-commerce driver. Android’s share of mobile commerce orders is up 26% year-over-year. Android devices now account for just over one-fifth of all mobile e-commerce orders in the US.
  • It’s also the fastest-growing major app ecosystem. Global revenue on Google Play more than doubled year-over-year in the first quarter of 2014. That’s faster growth than iOS, according to App Annie. Some analysts believe Google Play will overtake the Apple App Store in revenue within five years.
  • Android を広告収益という視点で見ると、依然として垢抜けない状況にある。今年の Q2 には、モバイル広告トラフィックにおける Android のシェアが、Apple の iPhone/iPad がリードしていたシェアを逆転した。しかし Android の広告収入は 39% というシェアであり、iOS に遅れているが、その二倍近いスピードでシェアを増やしている。
  • Android はインターネット・コマースを爆発的に加速させると期待されている。モバイル・コマースにおける Android のシェアは、前年比で 26% の増加を示している。 しかし、現時点のアメリカにおけるモバイル電子コマースにおいて、Android デバイスのシェアは僅か 1/5 を占めるに過ぎない。
  • Android は、大規模アプリ・エコシステムにおいて、最高のスピードで成長している。2014年 Q1 のグローバルにおける Google Play は、前年比で二倍の成長を達成している。App Annie によると、その成長のスピードは iOS を上回っているとのことだ。一部のアナリストは、Google Play は 5年以内に、収益面で Apple の App Store を追い越すと確信している。

In a new BI Intelligence report, we show how Android has translated its massive audience — an estimated 1.2 billion active users globally by the end of this year — into a solid platform for mobile-based businesses.

新しい BI Intelligence レポートでは、どのようにして Android における膨大なオーディエンスが(この年末までに、グローバルにおいて 1.2 billion に至るとされる MAUが)、モバイル・ベースのビジネスのための強固なプラットフォームに変換されるのかを解説している。

Access The Full Report And Data By Signing Up For A Trial Today >>

ーーーーー

この(累計)チャートを見る限りでは、Android のアクティベーション数は 16億に届きそうなのに、マトメの部分では、今年の末で MAU は 12億と記述されています。つまり、古くなって使われていない Android デバイスが、すでに 4億台ほどあるということなのでしょう。 大ざっぱなところで、活きているデバイスは、出荷台数の 3/4 程度ということになりますが、これを iOS の 8億台(?)にも当てはめてみると、約 6億台の MAU になると推測できます。いずれにしろ、現時点では、飽和してしまった先進国ではなく、広大な伸びしろを残している途上国にフォーカスするという、Android の戦略が功を奏しているように思えます。昨日ですが、Samsung が 30% の価格引き下げを行うと発表(?)したようです。 また、インドでは、ASUS Zenfone 5 が、Budget Smart Phone Of The Year を受賞しました。富める国の人々も、貧しい国の人々も、同じサービスを利用し、同じ情報にアクセスできるところに、モバイル革命の意味があるのだろうと、最近は思うようになってきました。

ーーーーー

<関連>

2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

Comments Off on iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!

Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!

Posted in .Selected, Facebook, Internet.org, Strategy by Agile Cat on December 3, 2013

Facebook joins huge wireless carrier group as it pushes worldwide internet plans
http://wp.me/pwo1E-6Yp

By
Jacob Kastrenakes on November 11, 2013
http://www.theverge.com/2013/11/11/5091858/facebook-joins-gsm-association-gsma-to-help-internet-org


Facebook is getting more involved with wireless carriers as it kicks off its plans to bring internet access worldwide. According to FierceWireless, Facebook has joined the GSM Association (GSMA), a group made up of mobile operators and other interested technology partners that work together to standardize and promote the GSM cellular system.

Facebook は世界中にインターネット·アクセスをもたらそうという、自身のプランを立ち上げると同時に、ワイヤレス・キャリアたちとの連携を深めている。FierceWireless によると、GSM セルラー・システムの標準化と促進を目的とし、モバイル・オペレータや関連するテクノロジー・パートナーで構成される、GSM Association (GSMA)に Facebook は参加している。

Though Facebook doesn’t have any immediate investment in cell networks, it appears to be interested in playing a bigger role in their development as a way to bolster Internet.org, the organization it launched in August to help bring the entire world online. "Understanding the issues facing operators (and the industry as a whole) across regions is not only important to Facebook but to the efforts of Internet.org," a Facebook spokesperson tells FierceWireless in a statement.

Facebook がセルラー・ネットワーク対して、何らかの投資を直ちに行うことはないだろうが、Internet.org を強化するための発展で、大きな役割を果たすことに関心があるように思える。この、Internet.org こそが、世界をオンラインにつなぐために、この8月に、Facebook により立ち上げられたものである。 「 世界中のオペレータたちが直面する共通の問題(そして業界全体)を理解することは、Facebook だけにとってというより、Internet.org の活動にとって重要である」と、Facebook のスポークスマンは FierceWireless に明言している。

Of course, bringing more of the world online could help bring more of the world onto Facebook as well. And with the social network’s usage moving more and more toward mobile, it’s natural for Facebook to take an interest. "Joining GSMA reflects our focus on mobile and our continued desire to work closely and collaboratively with partners in the industry, and we look forward to playing an active role as a member," Dan Rose, Facebook’s vice president of partnerships, tells FierceWireless in a statement. As Internet.org expands — and it’s only just getting started —  it may be clearer what Facebook hopes to do as part of the GSMA, but with over 1,000 current members, its influence in the association likely won’t be felt in a drastic way.

もちろん、この世界における、より多くの人々をオンラインにつなげることは、Facebook にとっても、多くの人々に利用してもらうという展開を促進するだろう。 そして、ソーシャル・社ネットワークの用法が、モバイルへと向けて急速に移行していることを考えれば、Facebook が興味を抱くのも自然の成り行きである。「 GSMA への参加は、その業界のパートナーと緊密かつ協調的に作業を進めるという、モバイルに関連して抱き続けてきた、私たちの方向性を反映するものだ。そして、私たちは、メンバーとしての役割に、積極的に取り組んでいくことを、とても楽しみにしている」と、Facebook の VP of Partnership である Dan Rose が、FierceWireless にステートメントを提供している。Internet.org は立ち上がったばかりであるが、今後において活動が拡大していくにつれて、GSMA の一員としての Facebook が、実践してきたいと考えているものも明確になるだろう。しかし、同組織に対して影響力を持つ、1000社以上の現行メンバーは、ドラスティックな変化を求めないと思われる。

ーーーーー

TAG indexこのところ、この Internet.org の展開に興味シンシンなのですが、ここで注意すべきは、Facebook は Facebook のための戦略を持ち、その他のメンバーも、それぞれの戦略を持っている点です。つまり、純粋なボランティアではなく、いくつかのビジネス面での思惑が絡み合って、このような展開になっているわけです。 それは、Google の Loon プロジェクトも同じであり、そこに過大な夢を見てはいけないと感じています。 それを指して、Bill Gates は、この 2つのプロジェクトを避難するのでしょうが、リテラシーの問題なのだろうなぁ、と思う最近です。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!
Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Bill Gates は Google の気球プロジェクトを、なぜ 批判するのか?

 

Comments Off on Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!

%d bloggers like this: