Agile Cat — in the cloud

IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!

Posted in Cisco, IoT, Research by agilecat.cloud on June 12, 2015
These are the top industries that will benefit from the ‘Internet of Things’
John Greenough – Jun. 10, 2015
http://www.businessinsider.com/top-the-internet-of-things-industries-2014-12 
 
_ Business Insider
 
The Internet of Things (IoT) will lead to a wholesale transformation of how large globe-spanning companies do business, but adoption will start in certain industries
 
The Internet of Things (IoT) は、グローバルでビジネスを展開する巨大企業に対して、大きな転換をもたらすが、誰が採用し始めるのかとなると、特定の産業に限定されると言わざるを得ない。
 
In a report from BI Intelligence, we examine the industries currently driving growth in the enterprise Internet of Things and how various sectors of the economy will embrace IoT innovations.
 
BI Intelligence のレポートをベースに、私たちが分析したのは、現時点でエンタープライズ IoT の成長を促進している業種が何処にあり、また、どのように IoT イノベーションを受け入れる経済分野が多様化していくのか、という二点である。
 
iot industry estimates
BI Intelligence
Estimates for total IoT devices globally, by year.
 
Almost every industry can benefit from investing in the IoT, which means adding data-collecting sensors to objects such as factory machinery, office buildings, and warehouse shelves. Based on trends in industry-specific capital expenditures, global size, current use of IoT devices, and through an analysis of where IoT vendors are focused on selling, we estimate enterprise IoT spending by industry.
 
大半の産業が、IoT に投資することで利益を享受していくだろう。つまり、工場の生産ラインや、オフィス・ビル、そして、倉庫の在庫棚などを対象とした、データ収集のためのセンサーがメリットをもたらすことになる。 今回の調査でベースとしたのは、それぞれの業界ごとの設備投資の動向や、グローバルにおける規模、現時点で使用されている IoT デバイス、IoT ベンダーがビジネスを展開しようと狙っている領域などである。そこから、私たちたちは、業種ごとのエンタープライズ IoT 支出を推定していった。
 
Access The Full Report And Data By Signing Up For A Trial Membership >>
 
Here are a few of the key findings from the BI Intelligence report:
 
以下は、今回の BI Intelligence レポートから取り出した、いくつかの注目すべきポイントである:
 
  • Globally, manufacturers will invest $140 billion in IoT solutions over the next five years. Of all of the industries analyzed, manufacturers will be the earliest adopters of IoT solutions and will invest heavily in new IoT solutions for factory floors.
  • 世界的に見て、これからの5年の間に、製造業は $140 billion 相当の投資を、IoT ソリューションに対して実施していく。今回の分析における全産業の中で、先陣を切って IoT ソリューションを導入するのは製造業となる。 つまり、工場の生産ラインに IoT ソリューションを組み込むために、膨大な投資を行っていくことになる。
  • 18% of industrial machinery companies (i.e., manufacturers) are already using IoT devices, according to a SAS study.While this doesn’t measure the extent that the IoT has been implemented by manufacturers, it’s notable that almost one-fifth of manufacturing companies are already using the IoT to increase production and reduce costs.
  • SAS の調査によると、産業機械メーカーの 18% は(製造業の 18%)、すでに IoT デバイスを使用している。それは、製造業が実装している IoT の広がりを測定する値ではないが、生産性向上とコスト削減のために、すでに製造業の 1/5 が、IoT を活用している点に注目すべきだ。
  • Nearly as many automotive companies, 17%, are using IoT devices in the production of their vehicles. Volkswagen added an SAP system that keeps track of all of their parts’ supply pipeline to help them track where items are located at all times.
  • 同様に、自動車産業の 17% が、その生産ラインで IoT デバイスを使用している。Volkswagen の場合は、すべてのパーツ供給パイプラインを追跡するために、SAP のシステムを追加している。それにより、すべての品目について、常にトラッキングが機能するようになった。
  • We expect the transportation and warehousing industry, that is, logistics companies, to also invest a significant amount in automating their warehouses and shipping: roughly $112 billion in 2019.
  • 私たちは、輸送業と倉庫業において、つまり物流産業において、膨大な投資が行われると予測している。倉庫と配送の管理を自動化するために、2019年までに約 $112 billion が費やされるだろう。
  • The third-largest industry will be the information sector, including tech and telecommunications, which will expand investment to accommodate the increase in data and data-analysis demands generated by the IoT.
  • 三番目の規模を持つのは、ハイテクやテレコムなどを含む、情報産業になるだろう。 つまり、IoT から生じるデータの、解析に関する需要が高まるにつれて、その投資が拡大していく。
 
ーーーーー
IoT上記のチャートが示しているのは、6社による IoT 接続デバイス数の予測値です。 ここでは、Cisco/ABI Research/IDC がイケイケ組で、BI Intelligence/Harbor/Gartner が慎重組という感じですね。 ただし、IDC は、すでに IoT は機能しており、そんなに目新しいものではないというスタンスのようです。そして、箇条書きが示しているのが、BI Intelligence における予測の根拠です。 IoT の時代になると、FA という言葉が無くなってしまうのかもしれませんが、製造業と自動車産業における 20% 近い実績を、どのように評価するのかで、IoT の成長曲線も変わってくるのでしょうね。まだまだ、喧々諤々が続きそうです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべき
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
 

Comments Off on IoT デバイス数の予測:強気の Cisco から 控えめな Gartner までを、1枚のチャートで!

Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on March 2, 2015
Blockchain: Decentralizing Data Authentication
Dick Weisinger – Feb 23, 2015
http://formtek.com/blog/blockchain-decentralizing-data-authentication/
formtek.png
Blockchain is the technology that’s enabled the virtual currency called Bitcoin.  Using blockchain it’s possible to exchange and record digital messages in a way that the integrity of the information can be maintained and unaltered without requiring a trusted centralized third-party, like a bank, to guarantee the authenticity of the information.  All transactions of blockchain are open to the public for verification. Proponents of blockchain have described it as “transfer of trust in a trustless world“.
 
Blockchain は、仮想通貨である Bitcoin を実現するためのテクノロジーだ。この Blockchain を用いることで、デジタル・メッセージの交換と記録が可能になり、情報の信憑性が保証される。なぜなら、たとえば銀行のような、信頼できるサードパーティの集中化を必要とすることなく、トランザクション情報を維持し、また、改変を排除する方式が実現されているからである。Blockchain における全トランザクションは、検証のために公開されている。したがって、Blockchain の支持者たちは、「信頼できない世界で信頼を転送するもの」だと、それについて説明している。
 
Gauguin_8Jeff Garzik, one of the maintainers ob bitcoin, described the blockchain as “register of deeds… I don’t store bitcoins, I store private keys that show I own bitcoins.  I don’t actually send bitcoins, I just change the name on the deed.”
 
Bitcoin を支える一人である Jeff Garzik は、Blockchain について、「 証書の登録のようなものである。したがって、誰も Bitcoin を保存しない。そして、Bitcoin の所有を示す、秘密鍵を保存する。故に、誰も Bitcoin 自体を送信することはなく、証書に記載された名前を変更するだけになる 」と、説明している
 
Charles Moldow, general partner at Foundation Capital, said that ”we think one of the most promising areas in Bitcoin is in the blockchain technology layer.  It’s where the greatest innovation is happening…”
 
Foundation Capital の General Partner である Charles Moldow は、「 Bitcoin が期待させてくれる分野として、Blockchain テクノロジー・レイヤが挙げられる。 最大のイノベーションが生じているのは、まさに、そこなのだ」と述べている
 
Other uses of blockchain technology than for cyber currencies like bitcoin, are ‘smart contracts’ where the blockchain is used as the record of authenticity.  Houman B. Shadab, co-director of New York Law School’s Center for Business and Financial Law, said that “The potential to greatly reduce or even eliminate the need for litigation and courts may be the most attractive feature of smart contracts…  in principle removes the potential for parties to have a dispute.”
 
Bitcoin のような仮想通貨以外の領域で、Blockchain テクノロジーが活用されるなら、本物であることの記録として用いる、Smart Contract が挙げられる。New York Law School’s Center for Business and Financial Law の Co-Director である Houman B. Shadab は、「 訴訟という行為を大幅に低減し、さらには、その必要性を排除するという、大きなポテンシャルがある。裁判所から見ると、Smart Contract は、きわめて魅力的な機能となり得るだろう。原則的に、係争を抱える当事者が、消え去ってしまうからである」と述べている。
 
IBM has created a proof of concept, developed in partnership with Samsung, that uses a blockchain to create a decentralized network of devices.  IBM’s ADEPT paper describes the technology, saying that “applying the blockchain concept to the world of (Internet of Things) offers fascinating possibilities.  Right from the time a product completes final assembly, it can be registered by the manufacturer into a universal blockchain representing its beginning of life. Once sold, a dealer or end customer can register it to a regional blockchain.”
 
IBM は Samsung と提携することで、分散ネットワーク・デバイスを構成するための、Bblockchain の PoC (proof of concept) に取り組んでいる。IBM の ADEPT 論文は、「 IoT の世界に対して、Blockchain のコンセプトを適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる。 なんらかのプロダクトが、最終的にアセンブリされた時点から、それが利用可能になったことを表す Universal Blockchain に、マニュファクチャ−たちが登録を開始するようになる。そして、プロダクトが販売されたら、ディーラーもしくはエンド・ユーザーが、Regional Blockchain に、それを登録することになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday以前に、「 BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!」という抄訳をポストしましたが、もう少し具体的なレベルで、その意味を知りたいと思っていました。 そして、このコンテントを訳していて、その意味が少し分かったような気になっています。 とにかく、トランザクションが検証のために公開されるという点が、とても印象的です。 もちろん、そこではプライバシーとの分離が必要になるでしょうが、それを犠牲にしまで、人々は訴訟し合いながら、この世界を形成しているという、現実も思い出させてくれます。とは言え、こうした新しいテクノロジーが広まるとき、誰も利権を有することのできない、強固なプラットフォームがあると、物事が一挙に進んでいきます。 これからも、Blockchain に関するトピックを追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?

Comments Off on Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

Posted in Government, IoT, On Monday by agilecat.cloud on February 23, 2015
Internet of Things: Cooperation Between Industry and Government
Dick Weisinger – Feb 18, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-cooperation-between-industry-and-government/
formtek.png
The British government recently published a detailed report about the impact of the Internet of Things (IoT) on government, something that they’re calling the ‘second digital revolution’.  The report is called the Blackett Review, named after the Nobel Prize winner Baron Blackett, a physicist who is known for his operations research contributions during World War II.
 
最近の英国政府が公表したレポートでは、IoT が「Second Digital Revolution」として位置づけされ、その影響に関する詳細が述べられている。ノーベル賞受賞者である Baron Blackett にちなんで、このレポートは Blackett Review と呼ばれるが、この物理学者は第二次世界大戦中に、Operation Reserch で貢献したとして広く知られる存在である。
 
Renoir_5The report looks at how the Internet of Things is expected to radically transform the technologies in government, energy, transport and healthcare sectors.  While much of the data in the report are references to other studies, the Blackett Review does a good job of pulling together information about the current state of IoT.  The report also identifies many areas, particularly from the perspective of governments,  that the technology is expected to affect.
 
このレポートは、行政/エネルギー/輸送/ヘルスケアといった各分野におけるテクノロジーに注目し、それらが IoT により、どれほどまで変革されるのかを予測している。そして、他の調査による多数のデータを参照してはいるが、それらの情報と IoT の現状を結び付けるという意味で、この Blackett Review は良い仕事をしている。そして、さらに、それらのテクノロジーが影響を及ぼすと思われる分野を、とりわけ政府の観点から、このレポートは数多く特定している。
 
Some of the findings of the report include:
 
このレポートから参照される、いくつかの興味深い点を列挙する:
 
  • Recommendation for government to back open, interoperable and secure standards.
  • Establishment of a government advisory board that can advise and coordinate IoT efforts on-going between the private and public sectors.
  • Continue and expand the publishing of real-time government Open Data
  • Government and Industry need to work together to come up with best principles for security and privacy
  • Government and Industry need to work together to maximize connectivity and continuity of IoT devices
  • Data Science needs to be prioritized and encouraged in secondary and tertiary education
 
  • オープン/インターオペラブル/セキュアなスタンダードを支援すべきと、政府に対して推奨する
  • 政府内に諮問委員会を設立し、民間と公共の間で進められる IoT への取り組みに対する、助言と調整を実施すべきだ
  • 政府における Open Data のリアルタイムな公開を、継続するだけではなく拡大すべきだ
  • セキュリティとプライバシーに関する最適な原則を作り出すために、政府と産業界は協調すべきだ
  • IoT デバイスの接続性と継続性を最大にするために、政府と産業界は協調すべきだ
  • Data Science の優先順位を引き上げ、高等教育での取り組みを推奨すべきだ
ーーーーー
Blacket Review of IoTOn Mondayもし、私たちの生活や社会が、インターネットにより変化していないなら、このような IoT に関する議論は、唐突なものに過ぎないでしょう。しかし、誰もが体感しているは、モバイルやクラウドの登場に伴い大きく変化してきた、それぞれの日常 そのものなのです。それならば、IoT の将来についてもイメージが出来るはずであり、怖がらずに先へ進むべきという論調が、このところ強まってきたと感じています。 しかし、行政と民間が二人三脚で進まなければ、それも絵に描いた餅に終わります。 さて、日本は、どのように進むべきなのでしょうか。。。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する

Comments Off on IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!

IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on May 26, 2014

Internet of Things(IoT): Vendors Attempt to Rename and Change the Spin
http://wp.me/pwo1E-7wg
By Dick Weisinger – May 23, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-thingsiot-vendors-attempt-to-rename-and-change-the-spin/

_ formtek

The Internet of Things(IoT) — it’s the envisioned world where everything from electric toothbrushes to hydro-electric power plants will be plugged into the internet, interconnected, monitorable and controllable, hopefully only by those with the appropriate security privileges.  Increasingly the future of IoT is already being realized today, and it is being aided and supported by technologies like big data, cloud computing and mobile.  As an IT director said, IoT is making a “billion the new million.”

The Internet of Things(IoT) — 電動歯ブラシから水力発電所にいたるまで、インターネットに接続されるという想定の世界であり、相互接続とモニタリングおよびコントロールを取り入れたものになる。そして、願わくば、適切なセキュリティ権限を有する者だけが利用できるものになって欲しい。さらなる IoT の未来が、すでに実現されつつあり、また、ビッグデータ/クラウド/モバイルといったテクノロジーによりサポートされている。ある IT Director が言っていたように、IoT は信じられないほどの利益を生み出す。

The hype around IoT has been strong as major tech vendors try to grab hold and redefine the technology in a way that best promotes their strengths.  Cisco and Intel are recasting the ‘Internet of Things’ as the ‘Internet of Everything’ (IOE).  GE has taken more of a manufacturing and enterprise view and is calling it the ‘Industrial Internet’.  Now, Microsoft, longtime vendor of personal computer software, has put their own spin on the IoT concept, trying to make the concept more personal — they’re calling it the Internet of Your Things.

このテクノロジーを、大手のテック・ベンダーが捕まえようとし、自身を強調する方向で再定義しようとするにつれて、IoT の周りに漂う誇大広告は盛大なものになっていった。 CiscoIntel は、Internet of Things を、Internet of Everything (IOE) と書きなおしている。GE は、製造業とエンタープライズの視点から、それを Industrial Internet と呼んでいる。そして、PC ベンダーとして、長い歴史を持つ Microsoft は、IoT のコンセプトに独自の解釈を加えている。つまり、よりパーソナルなコンセプトに置き換えようとし、Internet of Your Things と呼んでいる。

Microsoft’s general manager of marketing, Barbara Edson, said that the concept of 212 billion interconnected devices by 2020 is something that most people just can’t get their heads around.  She say’s it’s confusing both to businesses and consumers.  ”So many people are talking about IoT, but it’s really just a network.  A simple concept that’s blown up.  IoT is really a huge buzz word.  It’s not a revolution, it’s an evolution.  We really don’t think it’s a rip and replace.  It’s about using the infrastructure you already have, connecting the devices that are already in place.”

Microsoft の GM of Marketing である Barbara Edson は、212 Billion の相互接続されたデバイスが、2020年までに登場するというコンセプトは、ほとんどの人々にとってピンと来ないものであり、企業と消費者の双方を混乱させていると述べている。そして、「 とても数多くの人々が IoT について話しているが、実際のところ、単なるネットワークの話しである。それが、爆発的に拡大するというシンプルなコンセプトである。つまり、IoT とは、かなりのバズ・ワードであり、革命ではなく進化のことを指す。私たちは、それについて、Rip and Replace(完全な置き換え)だとは、まったく考えていない。それは、誰もが手にしているインフラを使用することであり、すでに適切な場所に配置されている、デバイスを接続することに過ぎない」と発言している。

ーーーーー

IoT がバズ・ワードなら、Cloud もバズ・ワードですし、そんなに目くじらを立てなくても、と思ってしまいます。 とはいえ、誰が言い出したのか、それが気になったので、ちょっと調べてみました。 Wikipedia には、1999年に Kevin Ashton が始めて使った用語だと書かれています。そして、この Kevin Ashton というイギリス人ですが、Procter & Gamble で RFID を研究した後に、ThingMagic と Zensi という会社を起こし、いまは Zensi を買収した Belkin の GM に収まっているようです。Belkin って、3万円もする(高くて買えない)、あの Thunderbolt Box を作っている会社です。 そんな Belkin ごときにと思うと、Cisco も Intel も GE も Microsoft も、ちょっと悔しいのかもしれませんが、おそらくユーザーであったころの、Kevin Ashton の視点から生まれたものだと思いますので、大切にしてあげてほしいですね。 ・・・というわけで、Agile_Cat は IoT 支持派であることを、ここに宣言いたします。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Cloud Computing の調査:クラウドはオンプレミスを置き換えるものへとシフトしている
Open Source の調査:ユーザーによる主導性の確立が、人々と組織を惹きつける
Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが、3兆ドル分も眠っている
Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な、外部とのコラボレーションとは?
IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす

Comments Off on IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!

%d bloggers like this: